Operated by Ateam Inc.

イーデス

彼女に発行できる?家族カードの発行と利用条件について解説

最終更新日:

彼女に発行できる?家族カードの発行と利用条件について解説
家族カード
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

もうすぐ結婚する彼女、または入籍をしていなくても一緒に住んでいる彼女に「家族カード」を発行できるのかと考える方もいるのではないでしょうか。

残念ながら、ほとんどのクレジットカード会社では、彼女に家族カードを発行できません。

しかし、ごくわずかですが、誰にでも家族カードを発行できるものもあります

そこで本記事では、彼女に家族カードを発行したい人に向けて、知っておきたい下記情報をまとめました。

伊藤亮太

伊藤亮太/ ファイナンシャルプランナー

皆様にとって真に必要なライフプランニングの設計、資産運用相談を承っております。中立的な立場から、ご相談に応じます。砂金取りという趣味も実益をかねて実践中です。詳しくはZIPANNINGで検索を。

【専門家の解説】

基本的に、日本でクレジットカードを作成する場合には、作成したい本人のみが作成できます。
ただし、家族カードが設定できる場合には、親、配偶者、子供に関しては作成できます
家族で同じカードを持つことで、親が支払いを行うといったケースは十分あり得ます。

子供が留学するケースなどでは、家族カードを持たせることで対応する場合があります。
まだ学生で十分収入がない場合でも、親の収入の力で作成ができるのです。

とはいえ、彼女はどうかといえば、まず作成NGです。
苗字も違えば結婚もしていないわけですから、その後の支払い等を考えるとカード会社がNGとするのもよくわかります。
わかれたらどうするのか?という問題も付きまといます。

気になる内容をタップ

家族カードの概要

クレジットカードの契約者となる本会員が家族のために作成するクレジットカードが家族カードです。

そして、家族カードを作ることによって、収入のない家族もクレジットカードを持てます

こちらでは最初に家族カードの概要を解説するので、ポイントをおさえておきましょう。

契約者は本会員

家族カードの契約名義はクレジットカードを契約する本会員となります。

収入のない方や少ない方であっても、クレジットカードを契約する本会員の家族であれば使用可能です。

特に専業主婦や学生などには便利なカードと言えるでしょう。

一般的に家族カードを発行できる条件は「1親等」まで

すでに解説したように家族カードは家族に発行できるクレジットカードですが、一般論で言われる家族の定義は「一親等」までとなります。

一親等とは、本会員のから見て「親」「配偶者」「子」とです。

そのほかは2親等以上になるため、家族カードの発行ができません。

家族カードを発行できる親、配偶者、子
家族カードは発行できない兄妹、従兄弟、叔父、叔母など

ただし、上記はあくまでも一般論です。

次に各カード会社の発行可否などについて詳しく解説していきましょう。

彼女に家族カードを発行できるかはカード会社によって異なる

一般的に一親等までの親族に発行可能とする家族カードですが、カード会社ごとに発行に関する決まりごとを設けています

たしかに最近は家族の形態も多様化していますから、彼女と家族として生活を共にしているものの戸籍上の関係はないということもあるはずです。

このようなケースの場合、発行できる家族カードはあるのでしょうか。

また、生活を共にしていない彼女に発行はできるのでしょうか。

こちらでは、それらについて詳しく解説していきます。

大半のカード会社ではNG

さまざまなカード会社でクレジットカードの発行をしていますが、大半のカード会社で婚姻関係のない彼女に家族カードを発行するのは難しい状況です。

カード会社別家族カード発行のレギュレーション

カード会社ごとに家族カード発行に関するレギュレーションがあり、主に以下のようになっています。

SuMi Trustカード1親等まで
ダイナースクラブカード
JCBカード
ラグジュアリーカード

実際にJCBの公式サイトを確認すると家族カードの申し込み対象は「本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生をのぞく18歳以上)の方」と記載。

イオンカードの公式サイトには「生計を共にする配偶者・親・子供(18歳以上で高校生を除く)が対象で3名さままで発行可能」との記載があります。

上記はあくまでも一部のカード会社のレギュレーションですが、このほかにも発行を1親等までにしているクレジットカードは多いです。

もしも、1親等までの家族に家族カードを発行するカード会社に「婚姻関係のない彼女に家族カードを発行できますか?」と聞いても、即答でNGを告げられることになるでしょう。

家族の基準を設けていないカードも一部ある

ほとんどのカード会社で家族カードの発行が可能なのは1親等までとなっていますが、家族カードを彼女に発行できるカード会社がないわけではありません。

カードを発行している会社の国がアメリカの場合、自己責任の範囲内であれば、以下のような関係性でも家族カードが発行できます。

  • 家族カードの名字が異なっている
  • 同居していない
  • 血が繋がっていない
  • 従兄弟、親族の叔父さん叔母さんなど
  • 信頼している友達

これは、アメリカが日本以上にクレジットカード社会で家族構成も多様な国のためです。

たとえば、事実婚でありながらも戸籍上で結婚ができないような理由がある場合、家族カードを発行できないなどのことになれば、訴訟大国アメリカでは裁判沙汰になる可能性もあるため、他のカードよりも家族に対する認識の幅が広い傾向にあります。

彼女の名義で申し込みをした方が発行はしやすい

彼女に家族カードを発行できるカード会社は限定的。

そのため、彼女がクレジットカードの申し込み基準を満たしているのであれば彼女の名義で発行した方がスムーズです。

クレジットカード選びの幅も広がりますし、自分に最適な1枚を選びやすくなるでしょう。

彼女に家族カードを発行できるカード会社はゼロでないことがわかりました。

次に、家族カードを彼女に発行する際の注意点を解説します。

家族カードを彼女に発行する際の注意点

家族カードを彼女に発行できるクレジットカードは一部ありますが、その際に以下のポイントに注意する必要があります。

    せっかく彼女に家族カードを発行できるクレジットカードがあるので、どのようなことに注意したら良いのかをしっかりとチェックしておいてください。

    審査は本会員の信用を参考にしておこなう

    どのクレジットカードにも共通する認識ですが、家族カードの発行審査は実際にカードを手にする家族会員ではなく契約者となる本会員の信用が重要です。

    そのため、本会員に支払い能力や信用力がなければ審査通過することはできません

    本会員の個人信用情報の内容が悪い場合は審査通過が困難

    本会員が新規でクレジットカードを申し込んだ際の審査を通過していても、家族カードに申し込んだら審査落ちするというケースも稀にあります。

    その理由が大きく2つあり、1つが本会員の経済的信用に問題があると判断された場合です。

    本会員カードの審査は通過していても、その後にキャッシングやカードローンの利用があったり、支払いが遅れていたりすれば審査に落ちる可能性が高まります

    家族カードを持つ方に問題がある場合も審査通過が困難

    本会員の信用だけでなく、家族カードを発行したい家族自身の問題で審査落ちする場合があります。

    それが、申し込みをしたカード会社と家族自身の間で過去にトラブルがあった場合です。

    たとえば、支払いの滞納をしていたり強制解約をされていたり、債務整理をおこなっているなどの問題を起こしていれば審査落ちは逃れられないでしょう。

    家族カードの審査に落ちたとしても、本会員自身の信用に傷が付くことはありません。

    しかし、家族のクレヒスに落ちた履歴が残り、最長5年間保存されます。

    支払いは本会員の口座から引き落とし

    家族カードは本会員の支払い能力と信用をもとに発行されるカードなので、利用金額の支払いは本会員の銀行口座からまとめて引き落とされます。

    もしも何らかの理由で彼女と別れることになり、その間際に利用限度額いっぱいまで使われたとしても、支払い義務があるのは契約者となる本会員です。

    そのことを覚えたうえで、本当に家族カード発行の必要性があるのかを考えてください。

    また、利用金額も本会員と家族カード会員それぞれに設定されるわけでなく、本会員に設定された金額内でおさめる必要があります。

    そのため、彼女が家族カードで利用限度額いっぱいまで使った場合、利用金額の支払いを完了させないことにはその後の利用ができません。

    発行できるカードは限定的

    すでに解説していますが、家族カードの発行基準を設定しないカード会社はかぎられています

    彼女がよく利用する店舗や施設があって、そこに特化したカードを発行したいなどのことがあるかもしれません。

    しかし、婚姻関係のない彼女に家族カードを発行することを認めていないカード会社がほとんどなので、希望するクレジットカードを発行できないことも当然出てきます。

    彼女がどうしても「このクレジットカードが良い」「このカード会社のクレジットカードが持ちたい」などのこだわりがあるのでしたら、自身名義で新規申し込みを検討することをおすすめします。

    結果として、本会員名義のクレジットカードの追加カードである家族カードを婚姻関係のない彼女に発行できることはわかったのではないでしょうか。

    まとめ

    彼女に発行できる家族カードはあるのかについて、現状や注意点、そのほかにも発行可能なおすすめクレジットカードをご紹介しました。

    最後に記事の要点を振り返ってみましょう。

    • ほとんどのクレジットカードで家族カードの発行条件は1親等まで
    • 選べるクレジットカードは限定的
    • 彼女自身の名義でクレジットカードを発行する方がスムーズ
    • 契約者の利用状況しだいでは家族カードの発行審査に落ちる
    • 家族カードの利用代金は本会員の利用分と一本化される

    結婚がもうすぐだったり一緒に生活をしていたりするなど、さまざまな理由があって彼女に自身のクレジットカードを渡して使ってほしいと考えることもあるかと思います。

    しかし、そこで自身名義のクレジットカードを彼女に渡して利用させてしまうのは規約違反です。

    そんなときに役立つ家族カードですが、記事内で解説したように発行可能とするカード会社も少ないので実際に持てるカードは限定されるでしょう。

    彼女に家族カードを発行する必要性があるのかを十分に考えてみてください。

    家族カードの関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE