Operated by Ateam Inc.

イーデス

カードローンの返済方法を徹底解説!利息を少なくするためのコツを紹介!

最終更新日:

カードローンの返済方法を徹底解説!利息を少なくするためのコツを紹介!
カードローンの返済
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「カードローンを申し込みしたのはいいけれど、返済方法がいまいちよくわからない」という方、非常に多いです。

なぜなら、カードローンを申し込みする際に、返済のことを深く考えず申し込みしているケースがほとんどだからです。

つまり、実際に返済していく段になって困ってしまう方が多いということです。

ここでは、「カードローンの返済はどういう流れか」「カードローンの効率的な返済方法」など、気になる話題を詳しく解説していきます。

疑問や不安を解消するオススメ記事

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

カードローンの利用は「お金を借りられたら終わり」ではありません。 むしろ「そこから始まり」だと言っても良いでしょう。 無事に全額を返済したうえで解約することが「真のフィナーレ」なのです。 そのためカードローンと上手に付き合っていくためには返済方法をいかにマスターしておくかが非常に重要なポイントとなります。 返済方法をきちんと理解しておかないと、後々の返済トラブルに発展してしまいかねません。 逆に言えば、しっかりと返済方法をマスターしておけば、より安全&安心にカードローンを利用できるようになります。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    カードローンの返済方法の種類と流れ

    カードローンを返済する方法は、利用するカードローンによって少し異なる部分がありますが、大まかに分けて2つの返済方法から成り立っています。

    随時返済

    • いつでも可能な返済のことを指します。
      経済的に余裕ができたときや、利息削減のために多く返済する場合の返済方法です。

    約定返済

    • 毎月決められた期日に返済を行うことを指します。
      返済を行う日のことを「約定返済日」といい、借り入れ総額に応じた金額を返済します。

    さらに、具体的なカードローンの返済方法として、以下のような方法を利用することができます。

    カードローンの返済方法一覧

    • インターネットから返済
    • 返済用口座に振り込みする
    • ATMから返済する
    • 店頭窓口で返済する

    カードローンの返済方法として一番多く利用されているのは、「ATMから返済する」方法です。

    ATMは自社ATMと提携ATMに分かれ、各社それぞれ利用できるATMは異なります。

    また、最近急激に利用者の増えている返済方法が「インターネットからの返済」です。

    インターネットからの返済は主に、インターネットバンキングを利用して行います。
    インターネットバンキングを利用することで、24時間365日借り入れと返済が可能なカードローンもありますので、非常に便利です。

    カードローンの返済の流れを簡単に説明すると、

    1. STEP.1

      借り入れを行う

    2. STEP.2

      インターネット上の会員ページや返済日お知らせメールなどで返済日を確認する

    3. STEP.3

      約定返済日までに各返済方法を利用して、約定返済金額を返済する

    という流れになります。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    カードローンにおける「約定返済」は「最低返済額」と言い換えることができます。
    つまり約定返済の金額は、毎月の最低限の「返済ノルマ」とも言えるわけです。
    この毎月の約定返済額さえ返済しておけば、カードローン会社から返済を督促されることはありません。
    しかしながら約定返済額の返済だけで満足していると、なかなか返済が進まずに、完済が遠のいてしまいます。
    決して多くはない約定返済額の中には、支払利息分が多く含まれているために、借金の総額がなかなか減りにくいのです。
    そのためカードローンを上手に返済していくには「随時返済」を併用して、積極的に早期完済を目指す必要があります。

    武藤 英次

    武藤さん

    カードローンの返済利息が増えていく理由

    返済利息が増えていく理由としては、以下5つが挙げられます。

    • 必要以上の金額を借り過ぎている
    • 約定返済額が少額であるにもかかわらず、随時返済をしていない
    • 利用しているカードローンの金利が高い
    • 借入がくせになり、長期融資になってしまっている
    • 延滞していて、遅延損害金がかかっている

    これらはいずれもご自身の返済にとって大きな負担となるもので、できる限り避けなければなりません。

    返済利息が増えていく理由は、実のところ非常にシンプルです。これらの理由を踏まえてご自身の状態を見直し、対策することで、より効率的な返済も可能になります。具体的な対策方法は後述しますので、参考になさってください。

    返済シミュレーションで返済額や期間の返済計画を立てよう

    「返済計画を立てたいけど、利息の計算方法がわからない」という方もたくさんいらっしゃると思います。

    なぜなら、借り入れ時は緊急性の高い場合が多く、じっくり利息計算や返済期間の計画などを立てずに借り入れしている方が多いからです。

    しかし、カードローンを利用する以上完済時期の設定や、返済額のシミュレーション計算をしつつ返済計画を練らないと、ズルズルと返済が長期化してしまい、結果としてたくさんの利息を支払うことになってしまいます。ここでは、カードローンの返済額の計算方法をお伝えします。

    カードローンの返済額と利息額の計算式

    借入金額×金利÷365×借り入れ日数=利息金額

    上記の計算式を使って、30万円を金利18.0%で1ヶ月間借り入れした場合の利息額と返済額を求めると、

    300,000円×0.18÷365×30=4,438円

    となります。つまり、利息額は4,438円、返済額は304,438円となります。

    上記のように、利息額と返済額を求めるのは比較的容易ですが、約定返済金額を含めたシミュレーション計算は少し難しい計算をする必要があります。

    そこで、活用して頂きたいのが、「返済シミュレーション計算ツール」です。
    返済シミュレーション計算ツールは、利息を含めた一回当たりの返済金額を簡単に求めることができますので、是非利用しましょう。

    カードローン返済の事例と返済額の紹介

    それでは、具体例を挙げて返済額の紹介をしていきたいと思います。

    Aさんの返済情報
    要点内容
    借り入れ金額50万円
    金利17.8%
    月々返済可能な金額2万円
    返済についての要望できる限り利息を少なくしたい。

    Aさんは、カードローン会社から生活資金として50万円の融資を受けています。
    返済可能な金額は月々2万円までとなっていて、毎月の約定返済日に少しずつ返済を行っています。

    では、月々2万円ずつ返済を行った際の完済時期はいつごろになるのでしょうか。

    返済シミュレーション計算ツールを使用して計算した結果、月々20,770円の返済で完済時期は2年半後(30ヶ月)、合計返済金額は623,098円となります。

    したがって、利息金額は123,098円です。この事例を用いて、効率的に返済するコツや注意点、利息を少なくする方法などを次章で詳しくお話します。

    効率のよい返済方法のコツと注意点

    先述したAさんは、「できる限り利息を少なくしたい」と希望されています。上記の事例で利息を少なくするには、2つの方法が選択肢として挙がります。

    • 毎月の返済金額を増やす
    • 金利の低いカードローンに借換えする

    毎月の返済金額を増やすとどのようになるのかというと、例えば月々の返済金額を2万5千円に変更した場合、完済時期は24ヶ月後、合計返済金額は597,923円となり、利息金額は97,923円です。

    つまり、事例よりも返済期間が6ヶ月も短くなることがわかります。返済期間が短くなるということは、その分利息も少なくなるということです。

    事例の利息額は123,098円ですので、25,175円もの利息を削減することができるのです。

    次に、事例よりも年2.8%金利の低い実質年率15.0%のカードローンに借換えした場合、月々20,089円ずつ返済していったとして、完済時期は30ヶ月後(2年半)、合計返済金額は602,660円となり、利息金額は102,660円です。事例の利息金額よりも20,438円利息を削減することが出来るのがわかります。

    したがって、「どのように利息を削減したいのか」によって、返済方法を選ぶ必要があるということです。

    「毎月の返済金額を増やしたくない」という方は2の選択肢を選び、「利息を削減しつつ少しでも早く完済したい」という方は1の選択肢を選びましょう。

    これらの返済方法を選ぶ注意点として、月々の返済金額を少なくしすぎないことと、高負担すぎる返済金額を設定しないことです。

    月々の返済金額を少なくしすぎた場合、完済までの日数が増えてしまい、結果として不要な利息がかかってしまいます。

    逆に、高負担な返済金額を設定してしまうと家計の大きな負担となってしまい、延滞に繋がる恐れがあります。
    ご自身の返済能力を正確に把握し、ライフスタイルに合った返済金額を見つけましょう。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    返済シミュレーションを行うのは、カードローン利用にあたって「義務であるべき」と感じるほど大切なことです。
    ただし実際には突然の出費などで、計画通りに返済できないことは多々あります。
    ここで大切なのは「苦しい月は約定返済額でやりすごす」「余裕のある月は予定よりも多めに返済する」といった柔軟さです。
    あまりガチガチに返済計画に従おうとしても、どこかで無理が生じてきます。
    返済計画は、あくまでも計画として「返済の目安」と捉えるようにしましょう。
    もちろん甘えから計画よりも返済額が大幅に少ない状態が続いてしまうのは問題です。
    平均して返済計画をクリアできるように、しっかりと調整して下さい。

    武藤 英次

    武藤さん

    無理なく返済をするためのポイント

    カードローンを無理なく返済していくためには、

    が重要です。

    約定返済日に遅れてしまうと、遅延損害金が発生。その結果、信用情報に延滞履歴が記録され、今後の追加融資や審査などが通りにくくなってしまうので気を付けましょう。

    もし、返済が苦しくなり、金利を少しでも下げる方法が無いかとお探しの方へ、「上手な返済の仕方」についてご紹介します。

    ファイナンシャルプランナー

    FP

    必要最低限の金額のみ借り入れする

    金利の低いカードローンを選ぶ方の心理として、「金利が低いから利息がつきにくい」と考えがちです。しかし、カードローンの返済方式は「リボルビング返済方式」といって、毎月の残高をもとに返済額を設定します。

    つまり、「金利が低いから」といって余計な金額を借入すると、必然的に残高が大きくなり、利息額も比例して大きくなってしまうのです。加えて、金利が低いことで安心感やお得感があるように思いやすく、利息が膨らんでいることに気付きにくいというデメリットもあります。

    カードローンを利用する際は、これらのポイントを踏まえて必要最低限の借入にとどめ、こまめに返済計画をチェックしつつ確実な返済をしていく必要があるということです。

    手数料無料の返済方法を使う

    手数料がかかる返済方法は、できるだけ避けてください。
    特に注意しなければいけないのがATM手数料です。

    手数料が有料の場合、一般的に1万円超は220円で、1万円以下は110円の手数料がかかります。
    少額だからといって毎回手数料を払うのは損をします。

    利用するカードローンの返済方法をきちんと把握して、手数料が無料の方法を選ぶようにしましょう。

    積極的に追加返済する

    どのカードローンも、借入残高にたいして毎月の最低返済額(別名:約定返済額)を設定しています。
    この最低額で毎月返済していると、完済するまでにかなりの時間がかかり、返済利息も膨らんでしまいます。

    最低返済額は「最低限これだけ返してくれれば、その月の返済はもう催促しないよ」というもの。

    お金に余裕がない時は、返済できる範囲内の最低返済額でも構いません。
    しかし、余裕がある時は積極的に追加返済をするべきです。
    ボーナスや臨時収入は散財せずに、どんどん追加返済していきましょう。

    追加返済は、特別な申し込みは必要ありません。
    ATMで多めに返済すれば、それが自動的に追加返済として扱われます。

    ※約定返済以外の任意での返済は「追加返済」「随時返済」「繰上返済」と様々な呼ばれ方をします。

    返済を延滞した場合は?

    延滞してしまった場合は、速やかにカードローン会社に連絡して下さい。

    連絡をせずに放置しておくと、法的手続きをされてしまったり精神的負荷も強いられます。

    延滞してしまった理由や、いつまでに返済可能かなどの意思を示すことで、法的手続きをされずに済んだりします。なので、まず連絡することが大切。

    カードローンの返済が延滞してしまうと、「遅延損害金」が発生します。

    すると信用情報に延滞履歴が記録されて、追加融資を受けることができなくなったり、クレジットカードの審査に落ちてしまったりと、私生活でも色々な障害になりえます。

    遅延損害金は各サービスによって異なりますが、「年20.0%前後」の所が多いです。

    遅延損害金の計算

    100万円×20%÷365×30=16,438円

    計算の結果、遅延損害金は16,438円となりました。元金と返済日までの利息に加えて16,438円を返済する必要があるということです。遅延損害金は日割り計算ですので、返済困難な状態が長くなるほど加算されていきます。したがって、カードローンの返済遅れは非常にリスクが高いことなのです。

    2級ファイナンシャルプランニング技能士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    万が一返済に遅れてしまった場合には、コールセンターから督促の電話が掛かってきます。
    「返済日にご返済が無かったようですが、お困りではございませんか?」といった優しいものですので、何も不安に思う必要はありません。
    電話に出て「〇日には返済します」と約束して実際に返済すれば、ほとんど大きな問題には発展しません。
    しかし返済に遅れてしまいそうな場合には、事前に電話相談するのがベターです。
    電話オペレーターの裁量の範囲内で、可能な限り返済日を後にずらすといった対応をしてもらえます。
    「困ったら一人で悩まずにすぐに電話」
    これで大半のトラブルを未然に防ぐことができるのです。

    武藤 英次

    武藤さん

    誰でもできるユーザーパターン別の返済のコツと効果

    ここまで触れたように、カードローンの返済にはコツがあります。しかし、全ての方に有効な返済方法というものはなく、ご自身の状態によって対策は異なります。ここでは、ユーザーのパターン別に効率的な返済方法をお話しましょう。

    必要以上の金額を借り過ぎている

    必要以上の金額を借りている場合、残高に応じてムダな利息が加算されますので、まずは「どのくらい借入すればいいのか」をしっかり計算してみましょう。ご自身の支出状況を紙に書き出すと、より簡単に計算することができます。

    そして、算出した金額を借入するまえに、返済シミュレーションを行いましょう。返済シミュレーションツールは、各カードローンの公式ホームページに設けられています。

    シミュレーション後に借入を行い、それ以上の金額を借入しないよう徹底します。そうすることで、過剰な借入によるムダな利息を節約することができます。

    約定返済額が少額だけど随時返済をしていない

    カードローンの中には、毎月2,000円からという約定返済額が非常に低い商品も存在しています。しかし、約定返済額が少ないということは、すなわち、返済がなかなか進まないことにつながるのです。

    したがって、返済を効率化するため、毎月1,000円でも多く随時返済を行いましょう。そうすることで、利息を格段に節約することができます。

    利用しているカードローンの金利が高い

    利用しているカードローンの金利が高いと、支払い利息が必然的に高くなります。したがって、金利の高いカードローンでズルズルと長期間借入すると、どんどん支払い利息ばかりがかさんでしまう可能性があるということです。

    このような場合は、金利の低いカードローンへの借り換えをおすすめします。そうすることで、金利差分の利息を節約でき、より返済しやすくなるでしょう。

    借り換えについては、
    カードローン借り換えおすすめ3選!金利が低い銀行に借換えて返済を楽する方法」を参考にしてみてください。

    借入癖がついて長期融資になってしまっている

    ちょっと困ったら追加で借入するというように、借入がくせになっている場合、対策として最も重要なのは「ローンカードを持ち歩かないこと」です。

    そうすることで余計な借入を防ぎ、効率的な返済が可能になります。まずは、借入ぐせを治すことが先決です。

    延滞していて、遅延損害金がかかっている

    すでに延滞している場合、何らかの事情があることは想像できます。どうしても返済できない場合、債務整理などの対応を検討する必要があります。

    返済できない状態で放置していると、さらに遅延損害金が膨らみ、完済が一層難しくなってしまいます。できる限り早急に、債務整理を専門とする弁護士等に相談するようにしましょう。

    このように、ユーザーの困った状況のタイプによって、返済のコツは異なります。ご自身の状況を把握して、より適した返済方法を実践しましょう。

    返済についてのQ&A

    返済が遅れるとどうなる?
    信用情報機関のデータベースに延滞記録が登録され、利用しているカードローン会社から催促の連絡が入ります。
    そのまま放置すると、法的措置を取られる恐れがあります。
    返済が困難になってきた場合の対処法は?
    返済が困難になってきたら、速やかにカードローン会社に連絡を入れましょう。
    ケースによっては、毎月の約定返済金額の減額措置や、返済期間の延長措置を取ってもらえる可能性があります。
    おまとめすることで返済しやすくなる?
    おまとめローンを利用すると追加融資を受けることができなくなり、結果として返済期間が短縮されます。
    また、複数の貸金契約を一本化できるので返済しやすくなります。
    バレずに返済することはできるのか?
    可能です。ただし、ローン専用カードの受け取りを郵送以外の手段で行う必要があります。
    さらに、延滞などがあれば自宅にも連絡が入るため、返済に遅れることのないよう注意が必要です。
    返済ができないとどうなる?
    長期間返済ができないまま放置すると、最悪の場合裁判所による財産差し押さえが行われます。
    したがって、返済ができない状況に陥る前にカードローン会社と相談した上で、任意整理等の措置をとりましょう。

    まとめ

    気軽に利用できるカードローンでも、借りたお金は必ず返済する必要があります。

    ご自身の返済能力を把握した上で、計画的に利用しましょう。

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短18分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE