Operated by Ateam Inc.

消費者金融の金利とは?相場や利息計算を丁寧に解説!

最終更新日:

消費者金融の金利とは?相場や利息計算を丁寧に解説!
消費者金融 ランキング

イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

消費者金融でお金を借りるなら、金利のことは絶対に知っておくべき知識です。

消費者金融は、お財布がピンチの時に最短即日でお金を貸してくれる頼れる存在です。

実際にお金は想定外に必要になることも多く、必要なときに借入が可能なカードローンは臨時出費の対応には最適と言えます。

そのように便利なカードローンも金利の知識なしで借りると、金利ばかり払い続けて返済がいつまでも終わらない等、思わぬ落とし穴にはまってしまうことにもなりかねません。

こちらの記事で正しい金利の知識を得て、賢くカードローンを利用できるように金利の知識をわかりやすく説明するとともに、あなたにピッタリのおすすめカードローンも紹介します。ぜひ最後までお読みください。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

カードローンとキャッシングの違いはあまりありませんが、金利や融資までの時間は業者によって異なります。借入事項の優先度によって、どちらにするか決めてください。いずれにしてもお金を借りる訳ですから、毎月いくら返すのか、いつまでに全額返し終えるのか、返済計画をしっかり立てて借りてください。

消費者金融については、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

塚越一央さん
塚越一央さん

ファイナンシャルプランナー
塚越FP社労士事務所

SNS

東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

気になる内容をタップ

消費者金融の金利とは?

「金利」とは、借りたお金に対して、利息の割合を%で表したものです。たとえば100万円借りたときに利息が1万円の場合、金利は1%となります。

ちなみに金融の世界では、金利の計算は1年単位で行うのが通例で、1年間の金利という意味で「年利」とも呼ばれています。

1年で1万円の利息なのか、1ヵ月で1万円の利息なのかでは全く違う意味になってしまいます。なので、金融の世界では「年利」=「金利」に統一しているのです。

金利・利息・年利…意味の違いを把握しよう

「金利」と勘違いしやすい言葉に「利息・利子」「年利・年率」「利率」「実質年率」などがあります。どれも似たように感じられるかもしれません。違いを簡単にまとめましたのでチェックしましょう。

金利・利率借りたお金に対して発生する利子の割合(%)
利息・利子借りたお金に対して支払うべき金額(円)
年利・年率1年間で計算した場合の金利・利率を表します
実質年率支払手数料、保証料などを含めて計算した「年率」のことですが、カードローンでは手数料等は基本的には発生しないため「年率」とほぼ同じ意味と考えて問題ありません

※同じ欄に並んだ言葉は、ほとんど同じ意味で使われています。

一見難しそうに感じられるかもしれませんが、同じ意味の言葉ありますので、覚えるべきことはそれほど多くないことがわかります。

上限金利は法律で設定されている

上限金利はカードローン会社が自由に設定するのではなく、法律で制限されており、法律を超えるような高金利での契約も認められません。

あまりにも高金利な契約だと、支払う利息が大きくなり、いくら返済しても借入残高が減らず、利息ばかりを返済し続けることになりかねません。

返済が追いつかなくなると、返済のために別のローンを借りるという負のスパイラルにハマってしまう人も出てきます。

法律で上限金利が設定されているのは、このような高金利で返済に困る人が続出することを防ぐためと言えます。

法律違反をする悪徳業者・闇金に注意

すべてのカードローン会社は、国の認可を受けることが義務付けられています。法律違反が発覚すると、最悪の場合、営業停止の処分を受けます。

そのため、認可を受けて法律を守っているカードローン会社であれば、高すぎる金利での契約を結んでしまう心配はありません。

しかし中には国の認可を受けずに営業している、いわゆる「ヤミ金」と呼ばれる違法な営業をしている業者も存在します。

このような業者はそもそも法律を守る気はなく、法外な金利を請求されたり、厳しすぎる取り立てをする危険が極めて高いです。

国の許可を受けているカードローン会社は必ず登録番号があり、金融庁のウェブサイトで登録情報を確認できます。

万が一登録が確認できない場合は、悪徳業者の可能性が高いため、絶対に契約しないようにしましょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
カードローンとキャッシングは、ほとんど同じです。消費者金融のキャッシングは、審査から融資までが早く、審査は通りやすい傾向ですが金利は高めです。一方、銀行のカードローンは、審査が厳しく融資まで時間がかかりますが金利は低めです。何を優先するかを考えれば、どちらがよいか自然に決まってきます。

塚越さん

塚越さん

消費者金融の金利の相場

消費者金融の金利の相場は初回申込みで適用されることの多い上限金利で考えると、ほぼ変わらないのが現状です。

貸金業法による上限金利は2021年1月現在年18.0%(貸出額10万円以上100万円未満の場合)と定められていますが、消費者金融の上限金利も年18.0%かそれに近いものとなっています。

消費者金融の金利の平均についてまとめたこちらの記事も参考にしてください

大手・中小消費者金融、銀行系の金利比較

カードローンに限ったことではありませんが、借入金の金利は支払利息に大きく影響します。こちらで大手消費者金融と銀行、そして中小消費者金融の金利について解説します。

消費者金融カードローンの金利を比較!

大手消費者金融カードローン5社の金利を一覧表で比較してみましょう。

サービス下限金利上限金利
アコム年3.00%年18.00%
プロミス年4.50%年17.80%
アイフル年3.00%年18.00%
SMBCモビット年3.00%年18.00%
レイク年4.50%年18.00%

※2021年1月現在の金利

カードローン利用を検討する際には、上限金利で比較するのが基本となります。なぜならば初回申込み時には大半の場合、上限金利が適用されるためです。

上限金利では少しプロミスが低金利であるものの、ほとんど差が無いことがわかります。

中小の消費者金融との金利比較!

中小の消費者金融も基本的には法律で定められている上限金利を守る必要があります。大手よりも低金利の中小消費者金融はほとんどありません。

サービス下限金利上限金利
セントラル年4.80%年18.00%
フクホー年7.30%年18.00%
ユニーファイナンス年12.00%年17.95%
キャッシングのフタバ年14.959%年19.945%※
ライフティ年8.00%年20.00%

※2021年1月現在の金利

10万円未満の小口融資の場合に上限金利は年20%(利息制限法の範囲内です)としている中小消費者金融もあります。

▼こちらで中小消費者金融について詳しく紹介しているので、ご参考にしてください。

銀行系カードローンとの金利比較!

消費者金融の金利と3大メガバンクであるカードローンの金利を簡単に比較してみましょう。

サービス下限金利上限金利
アコム年3.00%年18.00%
プロミス年4.50%年17.80%
アイフル年3.00%年18.00%
みずほ銀行年2.00%※1年14.00%※1
三井住友銀行年1.50%年14.50%
三菱UFJ銀行年1.80%年14.60%

※1.住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

このように銀行系カードローンは消費者金融系カードローンと比較すると上限金利で年3~4%程度低い金利となっています。

金利に年3~4%の差があると、支払利息には大きな差が生まれるため、金利の低さは銀行系カードローンの強みと言えるでしょう。

ちなみに金利に年4%の差があると、50万円を1年間借りた場合の支払金利は2万円の差が生じます。

さらに同じ条件で3年間借りたとすると支払金利の差は6万円にもなってしまうのです。

銀行カードローンの金利についてより詳しく知りたい方は、「カードローンの金利が決まる仕組みは?金利比較や利息の計算方法を解説」を参考にしてみてください。

金利で自分に合った消費者金融を選ぼう!

金利についてはわかったけど、どの大手消費者金融に向いているかを自分で判断するのは難しいですよね。各社のオススメポイントを解説します。

こんな方にはプロミスがオススメ

プロミスの上限金利はこちらで紹介する4社の中では唯一18.0%を下回る17.8%となっています。

長期間大きめの金額を借りる予定で、少しでも利息負担を少なくしたい方にはおすすめのカードローンです。

審査は、融資までものスピード対応で、WEB完結取引など基本的なサービスでも一定水準以上のものを持っているので誰にでもおすすめしやすいカードローンと言えます。

※申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。

こんな方にはアイフルがオススメ

ローンカードを内緒で受け取りたい方はアイフルがおすすめです。無人契約機の「てまいらず」というサービスでは、来店での受け取りできるなど、内緒で借りたい方への配慮がされています。

30日間無利息サービスも行っているので、短期借入の方にもおすすめです。

消費者金融の利息の計算方法

カードローンを上手に利用するには、利息を把握する必要があります。利息をしっかり把握することができれば、カードローンで失敗することが少なくなると言えます。
利息を1円単位で正確に知るにはやや複雑な計算が必要ですが、だいたいの利息金額を把握するなら下記の計算式から求めれます。

借入金額(円)×借入期間(年)×金利(%)

10万円を金利10%で借入し、3ヶ月で返済した場合

100,000円×3/12(年)×10%=2,500円

50万円を金利10%で借入して6ヶ月で返済した場合

500,000円×6/12(年)×10%=25,000円

実際には月々の返済や、途中での借入・返済などによって支払利息は変わってきますが、それほど大きな差にはなりません。

消費者金融の利息計算と返済シミュレーション

先ほど説明した利息の計算式は、大まかな利息を把握には有効です。しかしもう少し正確な数字を知りたい場合には返済シミュレーションを行う必要があります。

ちなみに返済シミュレーションシステムはカードローン会社のウェブサイトに用意されていることが多く、無料で利用することができます。
また、下記にシミュレーションを用意したので、是非活用してみてください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
お金を借りたら返済が重要になります。借りたお金に対して毎月いくら返済できるか分かれば金利は決まっているので返済期間が算出できます。計算は大変ですから、カードローン会社のWebサイトにある返済シミュレーションを利用してください。しっかり返済計画を立てて、無理のない借入を心掛けでください。

塚越さん

塚越さん

返済シミュレーション

消費者金融での支払金利をなるべく少なくする方法は?

カードローンを利用するときに、できることなら支払利息はなるべく少なく済ませたいですよね。こちらでは支払利息をなるべく少なくするコツを解説します。

長期の借入は繰上返済が効果的

長期の借入期間となる場合、利息を少なくするためには低い金利で借りることが最も効果的な方法となります。
また、なるべく借入してから早いうちに繰上返済を行い、積極的に借入額を減らしていくことも大切です。「繰上返済」とは、月々の返済に対して任意で行う追加返済のことです。

短期の借入であれば消費者金融の無利息期間を上手に活用

大手消費者金融カードローンの多くは「無利息期間」が設けられています。

これは所定の期間内に完済してしまえば利息は0円で借入できることを指します。

たとえば消費者金融最大手のアコムでは無利息期間が30日あります。一般的な上限金利18.0%で10万円を30日間借りますと利息は1,470円発生しますが、無利息期間を利用すれば利息は0円で済みます。

ちなみに「無利息期間」はいつまでも利用できるものではなく「契約日の翌日から30日間」と言ったように各社利用日数が限定されていますので気を付けましょう。

金利の引き下げ方法

カードローンの金利を引き下げるには以下の2つの方法があります。

  • 担当者と直接金利引き下げの交渉を行う
  • 増額によって適用金利を下げる

もう一方の増額による金利の引き下げも、どちらも利用実績が順調、もしくは返済余力の条件が整っていなければ実際の金利引き下げはなかなか難しいことは心に留めておきましょう。

ちなみに増額の見込みがある場合は、カードローン会社から増額の案内が来ることがあり、この場合は申請すれば増額できる可能性が高いでしょう。

いずれの方法にしても、金利を引き下げるためにはカードローン会社から優良顧客であると認められるだけの利用実績が必要となります。

消費者金融の上限金利と下限金利がある理由

カードローン商品によっては一律の金利が適用されるものもありますが、基本的には上限金利と下限金利の両方が設定され、適用金利に幅があることが大半です。

上限金利と下限金利には年10%以上の差が付くことも多く、なぜこのような差があるのでしょうか。
その答えは優良顧客になるほど大きな金額が借りられるとともに、金利も優遇されるからです。

カードローンの貸出枠は、信用の大きい優良顧客になるほど大きな貸出枠が設定可能で、金利を低くしてでもカードローン会社がお客様に借入して欲しいあらわれなのです。

そのため基本的に貸出枠が大きくなるにつれ、金利は低くなるカードローンが大半となっています。

下限金利の適応は現実的ではない

下限金利が適用されるためには原則的に借入枠が最大金額に近くになったうえ、さらにカードローン会社から「特別な優良顧客」と認められる必要があります。

年収の3分の1までに借入総額が規制される総量規制を考えてみても、仮に1,000万円の借入枠上限をクリアするためには年収3,000万円が必要です。

そのため下限金利の適用は、通常の利用ではおよそ現実的ではないと言えるでしょう。

消費者金融での借入で後悔しないための3つのポイント

「後悔先に立たず」という言葉もありますが、消費者金融の借入で後悔することのないように気を付けるべきポイントを3つご紹介します。

後悔しないためのポイント1

消費者金融で借入をする前に返済計画はしっかりと立てておく必要があります。月々の収入の中からどのくらいを返済に回せるのかを最初にしっかりと検討しましょう。

収入に見合った無理のない返済プランを立てれば、返済に困ることも少なくなります。毎月の返済額を正確に調べるには、カードローン会社のウェブサイトの「返済シミュレーション」を利用するのがおすすめです。

後悔しないためのポイント2

絶対に返済に遅れないという強い意志を持って借入するようにしましょう。

カードローンの返済に遅れてしまうといわゆる「ブラックリストに載る」ことなってしまい、クレジットカードも使えなくなるなど非常に苦労することになります。

カードローンのブラックリストについてより詳しく知りたい方は、「ブラックでも借りられるカードローンはある?FPがブラックの定義と解除方法を解説!」を参考にしてみてください。

後悔しないためのポイント3

他人にバレて困るのであれば、それなりの対策が必要となります。内緒で借りたつもりがちょっとしたことでバレてしまうこともあるのです。

たとえば、銀行口座から返済していた場合、通帳に引き落としの金額からバレることがあります。内緒の口座を利用するか、もしくはATM返済を利用すると安心です。

また延滞してしまうと、督促の電話やハガキによってバレてしまう場合があります。

郵送物なしなどの取り扱いにしていても、延滞してしまった場合は督促を止めることは原則的にできません。延滞には特に気を付ける必要があります。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
支払い利息を抑える方法は、繰り上げ返済をして借入残高を減らすことです。それには生活費を見直して支出を抑え、余裕資金を作って繰り上げ返済してください。その他、無利息期間サービスの利用も有効です。借入で後悔しないためには、しっかり返済計画を立てて、必ず返すという強い意識を持って借入しましょう。

塚越さん

塚越さん

まとめ

消費者金融カードローンの金利に関する基本的な知識を中心に説明しました。

こちらの記事をお読みいただくことで、後悔しないお得で上手なカードローンの利用法をマスターすることができたのではないでしょうか。

最後におさらいで5つのポイントを振り返っておきましょう。

ここまでのおさらい

  • カードローンの上限金利は法律で決められており、それを上回る金利を提示する会社は悪徳業者として疑いましょう。
  • 消費者金融各社の金利はどこもそこまで差はないが、銀行系カードローンは消費者金融よりも上限金利が低めに設定されている。
  • 初回利用も含め、基本的には上限金利が適用され、金利を下げるためには増枠・増額や金利の交渉が必要。
  • 長期借入ではなるべく低金利、短期借入では1日でも返済期間を短くすることで支払利息を抑えられる。
  • 消費者金融の借入は無利息期間を活用することで支払利息を抑えられる。

ぜひこちらの記事を参考に、金利との上手な付き合い方をマスターしてくださいね。

本記事の監修者について

塚越 一央

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

本記事の編集者について

イーデス編集部

イーデス編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

消費者金融 ランキングの関連記事

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.