Operated by Ateam Inc.

イーデス

中小消費者金融アローで即日融資を受けるには?

最終更新日:

中小消費者金融アローで即日融資を受けるには?
即日融資
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「今日中にどうしてもお金を用意しないといけない!」

こんな時に助かるのが、即日融資に対応している消費者金融。

「アロー」もそんな業者のひとつであり、最短で申込当日の融資に対応してもらえます。

しかし、アローの即日融資には知っておくべきポイントがいくつかあり、それを知らないと当日中に借入できない可能性があります。

そこで当記事では、アローで即日融資を受けるための正しい知識をお伝えします。

この記事を読んでもらえれば、アローで即日融資を受けるための方法がわかり、スムーズに申し込みから借入までできるようになります!

アロー
利用限度額審査時間融資までの時間
最大200万円最短45分最短即日
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年15.0%~19.94%--
武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

中小消費者金融であるアローの申込を検討するということは、大手消費者金融の全て審査NGであることが前提となります。 審査の柔軟性以外に大手消費者金融に勝る点は皆無と言って良いので、アローの優先順位が大手に先んずることはありません。 またアローの審査が極端に甘いということはなく、大手よりは多少審査が柔軟であるといった程度です。

▼即日融資のカードローン選びで悩んでいたら、こちらの記事を是非参考にしてください。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    アローってどんな会社?

    はじめに「アロー」がどのような会社なのかをお伝えします。

    アローは愛知県名古屋市に拠点をかまえる消費者金融です。

    いわゆる街金などを呼ばれる中小消費者金融ですね。

    アコムやプロミスなどの大手消費者金融のように知名度こそありませんが、個人への「無担保ローン」を提供しているという点では変わりありません。

    もちろん、全国利用できるのも共通です。

    そんなアローの貸付条件は以下のようになっています。

    限度額200万円まで
    金利15.00%~19.94%(実質年率)
    資金使途原則自由
    遅延利率19.94%(実質年率)
    返済方式・期間・回数残高スライドリボルビング(契約日より5年60回)

    元利均等返済(2~180回 最長15年以内)

    担保・保証人原則不要

    アローって聞いたことないし怪しい・・・。闇金じゃないの?

    アローは闇金などではなく、金融庁から営業を認められた正規の業者です。

    その証拠にアローの公式HPには以下のように、貸金登録番号※や会社の所在地などの情報がしっかりと記載されています。

    ※貸金登録番号=金融庁に営業を許可された貸金業者に与えられる番号のこと

    このため、アローは闇金などではありません。

    よって、法外な金利を設定することや、強引な取り立てをおこなうことはないため、安心して利用ができます。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    消費者金融業界は、一昔前は無数の業者がひしめいていました。 しかし貸金業法の改正で厳しい規制が行われるようになり、9割以上の業者が消滅するに至っています。
    ドラスティックな業界再編の結果、少数の大手およびそれ以外の中小零細業者が残る形となりました。
    大手とそれ以外では規模に圧倒的な差があり、例えるならゾウとハムスターくらいの大きさの違いがあります。
    規模が大きければ絶対に良いわけではありませんが、あまりにも差が大きすぎるのです。
    サービス面では中小業者は太刀打ちできないのは仕方がありません。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    アローに申込むための9つの条件(即日融資を受けるための条件)

    アローで即時融資を受けるには9つの条件があります。

    これらのすべての条件を満たさないと、当日中に借入ができませんので必ず確認しておきましょう。

    その9つの条件とは、「申込資格」と「即日融資のポイント」の2つに分けられます。

    申込資格はこの6つ

    次の6つの申込資格を満たさないことには、そもそもアローの利用ができません。

    • 年齢25歳以上及び66歳未満であること
    • 他の貸金業者からの借入が年収の1/3以内であること
    • 勤続年数が1年以上(12ヵ月以上)であること
    • 現在、他社で延滞していないこと
    • 健康保険に加入していること
    • 自営業者の場合は確定申告等年収証明が提出できること

    上記の中でとくに注意したいのが、「他の貸金業者からの借入」と「延滞」、「勤続年数」の3つです。

    他の貸金業者から借入が年収の1/3以上だとアウト!

    他の貸金業者から借入が年収の1/3以上あると、アローの利用はできません。

    アローは消費者金融なので「総量規制」の対象になります。

    総量規制とは、貸金業者※は申込者に対して、他の貸金業者の借入と合計して年収の1/3以内までしか融資してはいけないという法律です。

    ※貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社など

    このため、アローでは他の貸金業者の借入と合計して年収の1/3までしか借入できません。

    たとえば、年収が400万円であれば。1/3の133万円までが借入上限になるということですね。

    現在、アローのような貸金業者で年収の1/3以上の借入はできませんが、総量規制が執行される2010年6月以前ではそれが可能でした。

    そうした事から、2010年6月以前に貸金業者で借入をしており、その金額が年収の1/3以上ある人は、残念ですがアローで借入できません。

    現在進行形で延滞している人もNG!

    他社の返済を現在進行形で延滞している人も、アローの申込資格を満たせません。

    ここで言う他者の返済とは、以下のようなものです。

    • キャッシングやカードローン、フリーローン
    • クレジットカードの支払い
    • マイカーローンや住宅ローンなど
    • 携帯電話本体の分割払い

    こうした返済を延滞するような人は、返済能力に問題がある可能性が高いため、お金を貸すのは非常にリスクが高いのです。

    そのため、アロー側は融資をしないことにしています。

    勤続年数は「1年以上(12ヵ月以上)」必要!

    アローを利用するには、勤続年数が「1年以上(12ヵ月以上)」必要です。

    よって、同じ会社で1年以上働いている実績が求められます。

    これは正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員、自営業なども同様です。

    即日融資のポイントはこの3つ

    アローの即日融資には、以下の3つのポイントがありますので確認しましょう。

    ポイント

    • 午前中に申し込みを完了させておく
    • 郵送・FAXで申し込まない
    • 在籍確認が当日中にできること

    申し込みは午前中に!朝イチがおすすめ

    申し込みは午前中に済ませておきましょう。

    アローの即日融資は銀行振込が基本なため、銀行の営業時間内(平日9:00~15:00程度まで)に振込手続をしてもらわないといけません。

    このため、十分に間に合うよう、午前中の早い時間帯に申込手続をしてください。

    郵送・FAX はNG!申し込みはインターネットで

    郵送とFAXの申し込みは避け、必ずインターネットで行いましょう。

    アローの申込方法は「インターネット」・「郵送」・「FAX」の3つがあります。

    この中でももっとも手軽かつ、スピーディーに行えるのが「インターネット」です。

    インターネットであれば画面の指示に従っていくだけで、簡単に手続でき、申し込みから借入までWEB上で完結できます。

    しかし、これが郵送とFAXだとそうはいきません。

    とくに郵送ですと、申込情報がアロー側に届くまで数日かかります。

    よって、即日融資が100%受けられません。

    FAXの場合も、公式サイトより申込書をダウンロードし、プリントアウトして、送信するという手間がかかります。

    そうした事から、申し込みはインターネットから行うようにしてください。

    ▼カードローンのWEB完結について詳しくはこちらの記事をチェック

    在籍確認が当日中にできることも必須!

    アローで即日融資を受けるには、「在籍確認」が当日中にできることも条件です。

    在籍確認とは、申込者が申告した勤め先に在籍しているかを電話で確認するための作業のこと。

    アローの申込時には勤め先情報を申告し、審査ではその勤め先に在籍確認がされます。

    よって、この在籍確認が終わらないことには審査も終了しないのです。

    このため、即日に借入したいなら申込当日に在籍確認ができることが条件となります。

    ただし、在籍確認は必ずしも本人が対応する必要はありません。

    会社の上司や同僚などが対応し、「現在は外出中です」、「本日は出社していません」等と回答してもクリアできます。

    電話も「非通知・担当者の個人名」でされ、アローからの電話とは分からないため、安心してください。

    アローの申込みの流れと審査時間

    ここからは、アローの申し込みの流れと審査時間をお伝えします。

    まずは申し込みの流れから確認しましょう。

    申し込みの流れはこの5ステップ

    アローの申し込みから借入までは、以下のような5つのステップで進んでいきます。

      1. STEP.1

        申し込み

      2. STEP.2

        審査

      3. STEP.3

        必要書類の提出

      4. STEP.4

        借入

      5. STEP.5

        契約書の郵送・返送

    申し込みはアローの公式サイトより行います。

    ネットでお申し込み」を選択し、必要事項を記入していきましょう。

    申込情報をアロー側が受け取ったら、審査が開始。

    審査通過後は必要書類を提出します。

    必要書類はアローの公式サイトの「書類提出専用フォーム」から、アップロードで提出可能です。

    提出した書類をアローが受理すれば、銀行振込によって融資を受けられます。

    後日、契約書類が自宅に郵送されてきますので、必要事項を記入して返送しましょう。

    これにてすべての流れが完了します。

    アローの審査時間はどれくらい?

    アローの審査時間は公式HPによると、最短45分となっています。

    大手消費者金融でも最短20分という業者がほとんどですので、表記上の審査時間は大手と大差ありません。

    ただし、これはあくまで最短で終わった場合ですので、実際はもう少しかかることもあると思っておいたほうが良いでしょう。

    そうした事から、先にもお伝えしたように、申し込みは午前中のできる限り早い時間帯にしておくのがおすすめです。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    近年は大手消費者金融を中心にスマホアプリを用いたサービスが充実しつつあります。 新型コロナ禍の影響もありそうですが、利用者にとっては利便性がアップして好ましい傾向です。
    ここ最近は、中小消費者金融の一部でもアプリ対応するところが出てきました。
    アローでもiphone&アンドロイドのいずれのアプリも利用可能です。
    ただアローではアプリ利用は一次審査通過した方のみに限定され、あまり意味がない印象を受けます。
    なお「最短45分」とする審査時間には、過剰な期待は禁物です。
    相当条件が整っていて「運が良ければ45分ほどで審査結果が来ることもあり得る」程度に考えておくのが無難です。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    アローに申込むための必要書類

    ここからは、アローに申し込むための必要書類について解説します。

    アローの申し込みに必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明」の2つです。

    本人確認書類

    本人確認書類は必須です。

    以下のような身分を確認できる書類を1点用意します。

    • 運転免許証
    • 健康保険証※
    • 住民票

    ※保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングして提出ください。

    収入証明

    収入証明が必要かどうかは申込者によって異なります。

    申込者の返済能力が問題なければ不要なケースもあるようですが、そうでない場合は提出が必要なこともあります。

    また、次の条件のいずれかに当てはまる場合は例外なく必要です。

    • 限度額50万円超を希望する場合
    • アローの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合

    上記の場合、アローのような貸金業者は貸金業法で収入証明の所得義務がありますので、必ず提出を求めてきます。

    アローで有効な収入証明は以下のようなものです。

    • 源泉徴収票
    • 確定申告書
    • 給与明細
    • 年収証明

    アローで融資を受けるメリット

    この章では、アローで融資を受けるメリットをお伝えします。

    アローのメリットは以下の3つです。

    • 来店不要で即日融資が可能
    • WEB申込で24時間全国受付
    • ≪独自審査≫過去に自己破産・債務整理された方も相談可能

    来店不要で即日融資が可能

    アローは、来店不要で即日融資が可能です。

    中小消費者金融の場合、来店が必要なケースも多くありますが、アローの場合は必要がありません。

    WEB申込に対応しており、申し込みから借入までネット上で完結できますので、自宅にいながらお金を借りることが可能です。

    WEB申込で24時間全国受付

    アローのWEB申込は24時間全国受付に対応しています。

    中小消費者金融の中には、インターネットで申し込みができないケースもあります。

    また、地域制限があることもあり、お住まいの地域によっては利用ができないケースも。

    しかし、アローであればそうした制限はなく、WEB申込で24時間、日本全国どこからでも申し込みをおこなうことができます。

    【独自審査】過去に自己破産・債務整理された方も相談可能

    アローは、大手とはことなる独自の審査基準を持っていると言われています。

    このため、大手では審査に通らないような人でも、借入できる可能性があるというメリットもがあるのです。

    たとえば、過去に自己破産などの債務整理をした場合、その情報が「信用情報」にある限り、大手消費者金融の審査にはまず通りません。

    信用情報とは

    • 信用情報とは、個人信用情報機関に記録されている、あなたのクレジットカードやローンなどの利用記録のことです。 いわゆる「クレジットヒストリー」と呼ばれるものになります。

    しかし、独自の審査基準を持っていると言われる、アローであれば借入できるチャンスはあるのです。

    アローも「CIC」と「JICC」の2つの個人信用情報機関に加盟しているため、債務整理などの記録があると審査のハードルが上がるのは間違いありません。

    ただし、アローのような中小消費者金融は、大手ではダメだった人をターゲットにしている傾向が強いです。

    このため、そうした大手では門前払いになってしまうような人でも、審査に通る可能性があるんですね。

    実際に口コミサイトなどを確認すると、「大手ではまったくダメだったけど、アローならあっさり審査に通った!」というような書き込みも数多くあります。

    アローで融資を受けるデメリット

    先ほどの解説でアローのメリットは理解してもらえたかと思います。

    ただし、アローにはメリットだけでなく、デメリットもあるため、そうした点もしっかりと確認してください。

    アローのデメリットは以下の3つです。

    • 金利が高め
    • 土日祝の即日融資はまず不可
    • 返済方法が実質的に銀行振込しかない

    金利が高め

    アローの金利は高めという欠点があります。

    金利は「年15.0~19.94%」となっており、下限金利&上限金利ともにローンとしてはかなりの高金利となっています。

    中でも上限金利の「年19.94%」は、大手消費者金融よりも高いのが欠点です。

    (大手消費者金の上限は「年18.0%」)

    新規契約時は上限金利である19.94%が適応になる可能性が高く、大手消費者金融よりも高い金利で借入することになるケースが多いかと思います。

    そのため、金利差の分だけ利息も大きくなりがちです。

    土日祝の即日融資はまず不可

    土日祝の即日融資はほぼできません。

    アローの即日融資は「銀行振込」か「店舗での借入」の2つしか方法がなく、振込ですと土日祝は銀行が休業日となってしまうため、当日中に入金が反映されないのです。

    振込手続自体は可能ですが、口座へ入金が反映されるのは銀行の翌営業日以降になってしまいます。

    店舗は土日祝でも営業しており、直接の融資も可能ですが、愛知県名古屋市の1店舗しかないため、利用は現実的ではありません。

    返済方法が実質的に銀行振込しかない

    返済方法が、実質的に銀行振込しかないという点もデメリットです。

    アローの返済方法は「銀行振込」と「店舗での支払い」の2つのみ。

    しかし、先にも述べたように店舗は愛知県名古屋市の1店舗しかないという欠点があります。

    このため、返済方法は実質的に銀行振込のみになっているのです。

    そうした事から、大手業者のようにコンビニなどのATMからや、インターネット返済といった便利な返済の仕方はできません。

    アローへの返済方法

    アローでお金を借りたあとは返済をしていくことになります。

    よって、借入前に返済についてしっかり知っておくことが必要です。

    そこでこの章では、アローの返済について詳しく解説します。

    アローの返済日と返済方法

    アローの返済日は、5日・10日・15日・20日・25日・月末から選ぶことができます。(返済日が休日の場合は翌営業日)

    そして返済方法は先に述べたとおり、「銀行振込」と「店舗での支払い」の2つです。

    ほとんどの人は銀行振込で返済することになるかと思います。

    銀行振込の場合、平日の15時くらいまでに振込手続をしないと、当日に入金がされませんので返済日ギリギリに返す場合は注意してください。

    アローでお金を借りると利息はどれくらい?

    ここでは、アローでお金を借りた場合の返済シミュレーションをしています。

    借入前に「利息がいくらになるか?」という点は非常に重要ですので、参考にしてもらえればと思います。

    今回は以下の条件でシミュレーションしました。

    借入額:10万円

    金利:年19.94%

    返済期間利息
    1年19,940円
    2年39,880円
    3年59,820円
    4年79,760円
    5年99,700円

    シミュレーション結果をご覧のように、返済期間が長くなるほど利息は大きくなっていきます。

    そうした事から、返済期間はできる限り短くするのがおすすめです。

    ただし、返済期間を短くするとその分だけ毎月の返済額も大きくなりますので、収支とのバランスを考えて無理のない範囲で設定しましょう。

    また、アローでは「繰上げ返済(随時返済)」も可能ですので、お金に余裕のあるときは積極的に返済額を増やすのも有効です。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    アローの返済で最も気を付けるべき点は、返済方法が銀行振込に限定されることです。 毎月忘れずに振込手続をする必要がありますし、銀行振込ですから振込手数料を毎回負担せねばなりません。
    振込手数料は数百円程度ではありますが、回数を重ねると無視できない金額になってきます。
    せめて口座引落に対応していればと感じますが、中小消費者金融では振込返済オンリーの業者が多いので注意が必要です。
    またアローに限らず中小消費者金融は督促がシビアな傾向です。
    返済遅れの相談も、大手のコールセンターほどには優しくないことを覚悟するべきでしょう。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    まとめ

    アローでは最短即日融資が可能です。

    しかし、即日融資を受けるにはしっかりと「申込条件」を確認しておき、それを満たしているかチェックしておく必要があります。

    また、次の3つのポイントにも注意が必要です。

    ポイント

    • 申し込みは午前中には済ませておく
    • インターネットから申し込む
    • 申込日に在籍確認ができること

    こうした申込条件とポイントをきっちり把握しておけば、アローで当日中に融資を受けられる可能性が高まります。

    アロー以外の中小消費者金融についてまとめたこちらの記事も参考にしてください

    アロー
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大200万円最短45分最短即日
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年15.0%~19.94%--

    即日融資の関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.