Operated by Ateam Inc.

イーデス

PRISM BioLab (206A) 【IPO初値予想・上場情報】

最終更新日:

このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

PRISM BioLab(206A)

評価
D

予想レンジ:~1.0倍

メリット

  • オファリングレシオが低い
  • 公募比率が高い

デメリット

  • 事業内容が不人気
  • 上位株主にVC比率が多い
  • 調達金額が多い
  • 業績が微妙
上場日2024/7/2
申込期間2024/6/17~2024/6/21
当落発表日2024/6/24
上場市場グロース
当選口数40,000口
主幹事企業SMBC日興証券
黒澤

個人投資家

黒澤さんの評価

評価
D

初値予想:400円~500円

予想レンジ:~1.0倍

SHO

個人投資家

SHOさんの評価

評価
D

初値予想:400円~450円

予想レンジ:~1.0倍

佐藤真奈美

金融ライター

佐藤真奈美さんの評価

評価
C

初値予想:435円~652円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

A2.0倍~

B1.5倍〜2.0倍

C1.0倍〜1.5倍

D~1.0倍

  • ※専門家の初値予想の平均値で評価A〜Dを算出しています

PRISM BioLab(206A)の抽選に参加できる
おすすめ証券会社

SMBC日興証券

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
必要

公式サイト

SBI証券

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
必要

公式サイト

松井証券

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
不要

公式サイト

【専門家評価】PRISM BioLabの初値予想

黒澤さん

個人投資家

黒澤さんの評価

「96ut.com」などの投資情報サイトを運営する個人投資家

評価
D

初値予想:400円~500円

予想レンジ:~1.0倍

専門家アイコン専門家の解説

IPOでは定番分野の一つ赤字バイオベンチャー。内容は独自の創薬技術(PepMetics技術)を用いた新薬開発。薬のターゲットの性能で投薬治療が難しかった病気に対して有効性を高める。業績は赤字継続で株価の基準価格はあってないようなものだが、単価を安く設定して、さらに売出なしの全数公募によるIPO。公募組にギャンブルリスクを取りやすく配慮はされている。ベンチャーキャピタルからの出資が多くロックアップ(上場後90日or公開価格の1.5倍で解除)は設定されているものの売り圧が非常に大きい。ストック・オプションもかなりの枚数を乱発しており、こちらも売り圧として気がかり。上場後の潜在売り圧が大き過ぎるため、積極的に買いづらいのが難点。特にバイオ銘柄が好きなど、こだわりがない限りは期待値が低いIPOとしてパスしておいたほうが無難と考える。

SHOさん

個人投資家

SHOさんの評価

IPO投資を中心とした個人投資家・ブロガー

評価
D

初値予想:400円~450円

予想レンジ:~1.0倍

専門家アイコン専門家の解説

PRISM BioLab(206A)は独自の創薬プラットフォームであるPepMetics技術を用いて新薬の開発を目指しているバイオベンチャーです。売出し株ゼロの公募株のみで規模(吸収金額20億円)もさほど大きくなく、海外への販売も予定されていて価格も手ごろなので、一見すると需給面は悪くありません。ただ、VCの保有株が非常に多く、公開価格の1.5倍でロックアップが解除されるのは懸念材料です。また、業績は赤字なので、IPOで人気化しにくい赤字のバイオベンチャーということでも警戒されると思います。よって、PRISM BioLabは公開価格を目途に初値形成すると予想していますが、公開価格を割れる可能性も十分にありそうです。

佐藤真奈美さん

金融ライター

佐藤真奈美さんの評価

投資会社でファンド運用を行う金融ライター

評価
C

初値予想:435円~652円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

専門家アイコン専門家の解説

株式会社PRISM BioLabは、ペプチド模倣低分子化合物を用いた新薬開発を目指す2006年設立のバイオベンチャーです。独自のペプチド模倣技術である「PepMetics」を活用し、ガンや繊維症分野の治療薬開発に取り組んでいます。公募比率が高く、オファリングレシオが低い点は好印象です。想定価格は割高ですが、435円と安価で資金の少ない投資家でも参加しやすいでしょう。一方、筆頭株主をはじめとする上位株主の多くがベンチャーキャピタルであり、期間のロックアップだけでなく価格のロックアップがかかっている点は不安材料です。バイオベンチャーということもあり、業績が不安定で赤字になりやすいことも懸念されます。また、バイオベンチャーはIPOでは人気が出にくい業種であることもマイナスポイントです。調達金額がやや大きい点も気になります。将来性はありますが、不安要素が多く、初値は値上がりしても小幅なものにとどまるかもしれません。

PRISM BioLab(206A)の抽選に参加できる
おすすめ証券会社

SMBC日興証券

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
必要

公式サイト

SBI証券

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
必要

公式サイト

松井証券

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
不要

公式サイト

PRISM BioLabの公開価格・初値

想定価格435円
初値予想400円~652円
仮条件435円~450円
公開価格-
初値-
  • ※初値予想は専門家予想の下限~上限を記載しています
  • ※本記事の初値予想はあくまで予想であり、結果を確約するものではありません。

想定価格の435円を基準とすると、初値売りの予想利益は-3,500円~21,700円です。

PRISM BioLabのIPOスケジュール

申込期間(ブックビルディング期間)2024/6/17~2024/6/21
当落発表日2024/6/24
購入期間2024/6/25~2024/6/28
上場日2024/7/2
  • ※証券会社によりスケジュールが異なる場合があります

ブックビルディング期間中に取り扱いのある証券会社から申込を行いましょう。
なお、当選しても購入期間中に購入申込を行わなかった場合は購入できなくなってしまうため注意しましょう。

当選しても購入申込しなかった場合、ペナルティが課される証券会社もあります。

SBI証券(※)、野村證券岡三オンラインマネックス証券などは購入辞退してもペナルティがかかりません。

  • ※IPOチャレンジポイントを使用した場合はポイントが消滅します

PRISM BioLabの当選本数

公募株数4,000,000株
売出株数(OA含む)-
当選株数合計4,000,000株

PRISM BioLabの単元株は100株なので、当選本数は40,000本です。

当選本数も多く、比較的当選しやすい銘柄です!

PRISM BioLabの主幹事・幹事会社

主幹事の証券会社は、幹事の証券会社よりも割り当てられるIPO株数が多くなっています。

そのため、主幹事会社で応募したほうが比較的当選する確率は高いといえます。

ただし、人気の証券会社では応募者数も多く、当選倍率が高くなることも考えられます。

主幹事の証券会社に合わせて、事前入金不要で口座開設数(ライバル)も少ない「穴場証券会社」の口座を持っておくことが当選確率を上げるコツです!

PRISM BioLabの基本情報

会社名PRISM BioLab
銘柄コード206A
上場市場グロース
設立2012/4/2
業種医薬品
資本金762,246,000円