銀行カードローンの金利丸わかり!金利比較~利息算出方法まで徹底解説

銀行カードローンの金利
カードローンの金利

2022-07-19

どこ会社のカードローンを利用するにしても必ず登場する「金利」。

「金利」は重要な比較項目のひとつにも関わらず、「難しくて分かりづらい」と感じている方も多いと思います。ましてや初めてカードローンを利用する方にとってはなおさらです。

しかし、金利について正しく理解しておかなければ、損をすることになります!

例えば10万円借りるケース。金利など諸条件によっては、2万円近く利息が発生してしまいます。

金利のことをよく知らずに今すぐ必要なお金を借りてしまうと、返済の際に予想以上に大きな金額になるかもしれません。

この記事では、気になる各社の金利比較から、そもそも金利と利息の計算方法など、金利にまつわることをあらゆる視点からご紹介します。

一見難しそうな金利・利息の計算も、実はいたってシンプルです。一度覚えてしまえば不安になることもありません。

この記事を読み終わるころには、金利について苦手意識や不安点がなくなり、迷わず自分に最適なカードローンを選択できる状態を目指しましょう!

疑問や不安を解消するオススメ記事

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

カードローンを利用するにあたって金利の理解は必須です。 しかし金利という言葉は、日常の生活ではめったに見るものではありません。 専門用語っぽくて難しく感じてしまうのも理解できます。 しかし一度理解してしまえば難しいことはないので安心してください。 また完璧な理解でなくても、だいたいの意味が分かればOKです。 支払う利息がいくらぐらいになるのかざっくりとイメージできれば問題ありません。 なにも1円単位の利息を金利から計算できるようになる必要はないのです。 こちらでは「サクッと理解」くらいの気軽な気持ちで読み進めてみて下さい。

武藤英次さん
武藤英次さん

ファイナンシャルプランナー
美樹ライティングオフィス

成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務等を幅広く担当。
2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

目次

低金利カードローン比較ランキング

どこの業者でカードローンを借りるか悩まれている人にとって、各社の金利は気になるものです。

当然、低金利であるほど利息も低く済み、返済額の総額も抑えることができるため、とにかく金利重視で選びたい!と考えるのは当然のことです。

金利重視で選びたい方は、

  • 「上限金利」が低利率であること
  • 安心して利用できる銀行カードローン

を選ぶことがオススメです。
各銀行系カードローンの金利を上限金利が低い順に、ランキング形式でまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

注意

当サイトで扱う「低金利」の定義とは、消費者金融に比べ銀行ならではの水準の金利を指します。

銀行カードローン金利比較ランキング

※1.住宅ローンのご利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※2.通常金利の場合
※3.プレミアムコース:年1.59%~7.99%・スタンダードコース:年8.99%~14.79%
※4.表示金利は、「au限定割 誰でもコース」です。通常金利(1.48%~17.5%)、au限定割 誰でもコース(1.38%~17.4%)、au限定割 借り換えコース(0.98%~12.5%)※3.通常金利の場合

さらに詳しく銀行カードローンの金利比較について知りたい方は、「カードローンの金利を徹底比較! FPがおすすめする低金利カードローンランキング」参考にしてみてください。

銀行カードローン金利の決まり方と比較ポイント

金利の決まり方

そもそも金利とはどのように決まるのでしょうか。
カードローンの金利は「業種」によって決められる部分と、「審査結果」に応じて決められる部分の2つのポイントがあります。

業種によって決められる部分とは、カードローンを取り扱っている業者が消費者金融なのか銀行なのかによって、金利に差があるということです。

大まかに言えば、消費者金融カードローンは審査スピードや利便性を重視しているため、金利は高めに設定されています。対して、銀行カードローンは、融資上限額の大きさと金利の低さを重視しているため、金利は低い傾向があります。

審査結果に応じて金利が変わる部分として、「融資金額の大きさ」があります。

原則として、融資金額が大きくなればなるほど金利は低くなり、融資金額が小さくなればなるほど金利は上がります。一部の銀行カードローンでは、融資金額の大きさに応じて段階的に金利を設定しているものもあります。

▼銀行カードローンの審査については、こちらの記事をご参考にしてください。

金利で比較するときのポイント

カードローンの金利を比較する場合、「適用金利表」と「上限金利」を確認すると良いでしょう。

各社カードローンの商品詳細を見ると、実質年率○%(下限金利)~△%(上限金利)といった表記がされています。低金利にしたい気持ちから下限金利が低い商品を選びたくなりますが、はじめての利用で下限金利が適用されることは少ないです。

各社が公開してる適用金利表で、自身が借りる金額から適用金利帯を探し、その上限金利を確認しましょう。

低金利にこだわれば、利便性がなくなることも

「低金利カードローンの方がいい!」と考える方がほとんどでしょう。

しかし、低金利を求めるあまり、利便性や特典などを軽視するのはあまり得策とは言えません。低金利にこだわるボーダーラインとして、年14.5%前後を目安にすると良いでしょう。

銀行カードローン金利と利息の関係
お金を借りた場合、借り入れ金額だけでなく「利息」を併せて支払う必要があります。

「金利が低ければ低いほど、利息は安くなるのはわかる。でもその利息額はどのようにして決まるの?」このような疑問をもつ方も多いと思います。

利息がいくらかかるのかは借り手にとって無視できない重要なポイントです。

利息を計算する上で必要になるのが「金利」です。

お金を借りるときの金利とは「借り入れたお金に対して、どの程度の利息が発生するか」を示すものです。

基本的にお金を1年間借りた場合の「年率」であることがほとんどで、パーセンテージ(%)で表します。

金利

「借り入れたお金に対して、どの程度の利息が発生するか」をパーセンテージで示したもの。

利息

借り入れたお金に+αで返済する、利用料のようなもの。金利をもとに算出される。

よって、カードローンを検討するときは「金利」がとても重要な情報となるのです。

FP2級技能士・宅地建物取引士
監修者 武藤 英次の一言コメント!
「金利(年率)」と「利息」の関係をもう少しだけ簡単に説明しておきましょう。 たとえば金利年率12%で100万円を1年間借りた時の利息はいくらになるでしょう?
 100万円×12%=12万円
このようになりますね。
次に同じ金利年率12%で100万円を1か月借りた時の利息はどうでしょう?
 100万円×12%÷12=1万円
ということになります。(※厳密な利息計算は日割り計算となるため若干異なります)
ここで感じていただきたいのが「借りる期間が短いほど支払う利息は少なくなる」ということです。 逆に言えば長い間借りてしまうと、支払う利息はどんどん増えていくということになります。 「可能な限り短期で返済すること」がとても重要であることをぜひ覚えておいて下さい。

武藤 英次

武藤さん

銀行カードローンの金利から利息を計算する簡単な方法

カードローンの利息計算は以下の計算式を利用します。
数字を当てはめるだけで簡単に計算することができますので、覚えておきましょう。

  • 借入金額×実質年率÷365×借入日数=利息額

この計算式を用いて、例題を解いてみましょう。

【例題】銀行カードローンを下記条件で利用した場合の利息額

借入金額 20万円
実質年率 14.5%
借入期間 1ヶ月間(30日)
200,000円(借入金額)×0.145(実質年率)÷365×30日(借入日数)=2,383円(利息額)

計算の結果、実質年率14.5%の銀行カードローンで20万円を1ヶ月間借りた場合の利息額は「2,383円」になります。

実際の銀行カードローン利息・返済額をシミュレーション

上記で触れた利息額の計算式は、カードローンを比較する際に非常に役立ちます。

しかし、実際の返済回数や返済金額を求める場合は、計算が少し異なります。なぜなら、毎月の返済金額を考慮しなければならないからです。

ほとんどのカードローンはリボルビング返済方式となっており、毎月の借入残高に応じて利息金額を算出します。つまり、徐々に残高が減っていくことで、利息も毎月少しずつ減少していくということです。
この計算は難易度が高いため、返済シミュレーターツールを活用すると良いでしょう。

  • 返済金額を知りたい
  • 返済期間を知りたい
  • 借入可能額を知りたい

借入希望額と返済期間から毎月の返済金額を算出します。

万円
ヶ月
%
あなたの毎月の返済金額予想
9,167円になると思われます
  • ※最終回のご返済金額は端数調整のため多少変動します。
  • ※実際のご利用の際は、月の日数の相違などにより、この表の金額とは多少異なる場合があります。
  • ※このシミュレーションでの試算結果は参考値です。実際のご返済内容とは異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用してください。

シミュレーターツールによる計算結果を下記にまとめました。

カードローン金利のシミュレーション計算結果早見表
借入金額金利返済回数合計利息額合計返済額
10万円年15%1回1,232円101,232円
12回8,180円108,180円
24回16,088円116,088円
年18%1回1,479円101,479円
12回9,860円109,860円
24回19,465円119,465円
30万円年15%1回3,698円303,698円
12回24,551円324,551円
24回48,281円348,281円
年18%1回4,438円304,438円
12回29,584円329,584円
24回58,423円358,423円
50万円年15%1回6,164円506,164円
12回40,919円540,919円
24回80,475円580,475円
年18%1回7,397円507,397円
12回49,312円549,312円
24回97,375円597,375円
100万円年15%1回12,328円1,012,328円
12回81,847円1,081,847円
24回160,961円1,160,961円

※100万円以上の貸付は上限金利が15%以下に規制されているため、18%は記載無し

銀行カードローンの金利以外の特徴や特典で得する考え方

カードローンで借入する際にはどうしても金利のみに目がいきがちで、「低金利なほど良いサービスだ」と思いがちです。
ただ、金利以外にどのようなポイントを考えれば、より得することができるのでしょうか。

例えば、都市銀行並みの上限金利である「楽天銀行スーパーローン」は、金利以外の特徴や特典が非常に魅力的です。

楽天会員ランクに応じて審査が優遇される!

楽天会員では、過去半年間のポイント獲得回数などによってユーザーに対して会員ランクが設定されます。

会員ランクには「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」「ダイヤモンド」があります。

しかし、ランクに応じて優遇されることは公式サイトに記載されていますが、どの会員ランクがどのような優遇をされるかは明確に公表されていません。

ダイヤモンド会員且つ一定の信用度がないと持つことができない楽天カードを頻繁に使用し、加えて延滞暦がないというような人が信用度が高くなることは言うまでもありません。

このように会員ランクや楽天カードの使用回数、延滞暦が結果的に優遇されるか否かにかかわってくる可能性があります

※必ずしもすべての楽天会員が審査の優遇を受けられるとは限りません

スマホでお申込が完了し、コンビニでのATM手数料が0円!

ご利用できない時間帯・利用手数料が発生するATMもありますが、コンビニの利用手数料が「0円」です。

ネットでの手数料も「0円」なので、頻繁に利用する人や長期的な利用を検討されている人にとっては非常に魅力的な特徴です。

FP2級技能士・宅地建物取引士
監修者 武藤 英次の一言コメント!
利息の金額も重要ですが、その他にも気にしておきたいのが手数料です。 カードローンで特にチェックが必要な手数料は、何と言ってもATMの利用手数料です。 ATMは借入&返済に非常に便利ですが、有料のATMを何度も利用すると支払う手数料が無視できない金額になってしまいます。 借入した銀行直営のATM手数料は無料のことが多いですが、24時間営業のコンビニATMも無料で利用できればかなり便利です。 また通勤等の道沿いに無料で利用できるATMがあると理想的でしょう。 どのカードローンを利用するか迷った時には、手軽に利用できる無料ATMの有無を判断基準にしてみましょう。

武藤 英次

武藤さん

銀行カードローンと消費者金融の金利を比較

ここまで読み進めていただき、「金利のことは大体わかったけど、どのカードローンにしようかな」と、お悩みの方もいらっしゃるかと思います。

お金のニーズは人それぞれですので、ご自身に合ったカードローンを選ぶためには複数のカードローンを比較する必要があります。

金利は利息額に直結するため低ければ低いほど良いとも言えます。

しかし、金利を重視するあまり利便性を軽視してしまうと、使いづらいカードローンを長期間利用し続けることになってしまいます。

金利を比較した上で、利便性などのバランスを加味してカードローンを選択するようにしましょう。

例として、「アコム」と「三菱UFJ銀行カードローン」の2つのカードローンを比較してみます。10万円を1年間、返済回数を12回で借り入れしたとし、比較してみましょう。

10万円を1年間、返済回数12回で借り入れしたケースの返済額比較
業者金利利息額合計返済金額
アコム年18.0%9,860円109,860円
三菱UFJ銀行「バンクイック」年14.6%8,077円108,077円

上の比較表だけ見ると、低金利の三菱UFJ銀行カードローンのほうが低金利かつ、支払い総額が少なく済み、いいカードローンのように思えてきます。

しかし、「急遽今日中にお金が必要になった」ということであれば話が変わります。

アコムは審査時間が最短30分のため、条件さえクリアしていれば即日融資できる可能性は高く、急いでいる方にとっては利便性が高いカードローンと言えます。

しかし三菱UFJ銀行カードローンは、審査結果がでるのが最短翌営業日以降の回答となり、即日融資は不可能です。

いかがでしょうか。

ぜひ金利だけの軸ではなく、ご自身の置かれている状況であればどのようなカードローンが最適か、さまざまな軸からカードローンを比較する際の参考にしてくださいね。

都市銀行カードローン比較一覧表

先述したように、カードローンを選ぶ際には複数のカードローンをご自身の置かれている状況に応じてさまざまな軸から比較する必要があります。

「各社カードローンがたくさんありすぎて、いちいち調べるのが面倒」という方もいらっしゃると思いますので、利用者から人気の高い都市銀行カードローンのリストを下記に記載します。

都市銀行カードローンデータ一覧表
カードローン名金利契約極度額10万円を1ヶ月間借りた場合の合計返済金額
三菱UFJ銀行「バンクイック」年1.8%~14.6%最大500万円101,200円
りそなカードローン年3.5%~13.5%最大800万円101,025円
三井住友銀行 カードローン年1.5%~14.5%10万~800万円101,191円

※合計返済金額は参考値ですので、実際の利用時と多少異なる場合があります。
※合計返済金額は各カードローンの上限金利に設定し、「借入金額×実質年率÷365×30日」の計算式で算出しています。

低金利で借りたい人はみずほ銀行がおすすめ!

おすすめポイント

みずほ銀行カードローンの魅了句的なポイントは、
他の消費者金融と比べて金利が低い事です。
金利:年2.0%~年14.0%※

※住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

借入金額10万円で返済期間12ヶ月の場合

金利毎月の返済額累計返済額
年18%¥9,167¥110,011
年14.0%¥8,978¥107,736

¥2,275の差が出ます。

少しでも総返済額を減らしたい人におすすめです!

公式サイトへ公式サイトへ

▼カードローンを金利比較した結果が知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

FP2級技能士・宅地建物取引士
監修者 武藤 英次の一言コメント!
消費者金融の強みは、銀行カードローンにはできない「即日融資」に対応していることです。 またアコム、アイフル、プロミス、レイクALSAでは、初回申込時に「無利息期間サービス」を利用できます。 その名の通り、無利息期間には利息が1円もかかりません。 極端な話、無利息期間内に完済してしまうなら利息0円でお金が借りられるわけです。 また無利息期間を考慮すると、おおむね半年以内の借入であれば無利息期間のない銀行カードローンよりも利息を節約可能です。 逆に言えば、借入が長期になればなるほど銀行カードローンの低金利が効いて消費者金融より有利になってきます。

武藤 英次

武藤さん

※レイクALSAの無利息期間について:Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

銀行カードローンの金利を下げるコツは?

カードローンを利用したことのある方なら、「なんとかして金利を下げたい」と思ったことが一度はあると思います。

しかし、インターネットに書かれているような審査で金利を下げる方法は、リスクの高いものがほとんどです。

したがって、金利を下げるコツよりもカードローンを徹底的に比較し、ご自身の返済計画にピッタリのカードローンを見つけることのほうが、結果として得をするケースが多いのです。

また、すでに借入しているカードローンの金利見直しをしたいなら、カードローンの借り換えを検討してみましょう。

カードローンを選ぶ際のポイントについては、「カードローンを選ぶ際のポイントをFPが徹底比較!あなたにおすすめなカードローンはこれだ!」を参考にしてみてください。

グレーゾーン金利

グレーゾーン金利とは、合法と違法の中間、いわば「グレーゾーン」に設定された金利のことです。

グレーゾーン金利は利息制限法以上の金利かどうかで調べることができます。

銀行カードローン以外で低金利なお金の借り方はないのか?

結論からいうと、資金の利用用途が限定されるような商品であれば、カードローンよりも低い金利でお金を借りることは可能です。

ただし、カードローンのように自由に借り入れ・返済を繰り返すことや、コンビニATMなどで気軽に借り入れすることはできません。

したがって、気軽にご自身のタイミングでお金を借りたいのであれば、カードローンが最善の選択だと言えるでしょう。

まとめ

カードローンの金利は利用者にとって非常に重要なポイントです。

シミュレーション計算を行ってから返済計画を立てつつ、ご自身の置かれている状況に応じてさまざまな軸から比較にピッタリのカードローンを見つけましょう。

本記事の監修者について

武藤英次さん

武藤英次 / 美樹ライティングオフィス 代表

成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務等を幅広く担当。
2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら