きのくに信用金庫カードローン徹底解説!強みや弱み・審査・利息まで

信用金庫カードローン

2022-06-22

どうしてもお金が必要になった!きのくに信用金庫でカードローンを作りたい」このように、きのくに信用金庫でカードローンを作りたいときに気になるのが、以下の点ではないでしょうか?

  • どのような特徴があるのか?
  • 金利や限度額はいくらか?
  • 審査時間や融資時間はどれくらいか?
  • どんなメリット&デメリットがあるのか?
  • 審査はどのようにされるのか?
  • 必要な書類は?
  • どのように申込むのか?
  • どんな人に向いているのか?

そこでこの記事では、きのくに信用金庫カードローンに関して徹底解説!この記事を読めば、きのくに信用金庫のカードローンがどのような特徴があるのかや、どのような人に向いているのかまでしっかり理解することが可能です。

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー

2006年11月卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。

【専門家の解説】

きのくに信用金庫は、紀州・和歌山・南海の3つの信用金庫が合併して誕生した信用金庫です。カードローン商品としては4つ用意されており、住宅ローンの取引がある人に向けて優遇金利を設けたカードローンや、Web完結で申込みから契約まで行えるカードローンもあります。全体的に安定した収入があることや、営業エリア内に居住もしくは勤務先があることが条件ですが、条件を満たすのであれば比較的に低金利で利用できるため、魅力といえるのではないでしょうか。

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

きのくに信用金庫には4つのカードローンがある!

きのくに信用金庫には4つのカードローンがあります。まずは、それぞれのカードローンの特徴をざっくりと見ていきましょう。

しんきんカードローン

金利(年率)13.50%
限度額10万~100万円(10万円単位)

しんきんカードローンは限度額が最大100万円と低めなものの、金利が13.50%固定と低めなのが魅力的なカードローンです。

きのくに信用金庫の口座があれば、来店不要で申込も可能。口座にセットしておけば、普通預金の残高が不足した場合、限度額の範囲内でオートチャージされるので便利です。

カードローン「きゃっする」

金利(年率)年3.50%~14.50%
限度額50万円~900万円(10万円単位)

カードローン「きゃっする」は、きのくに信用金庫の中で一番メジャーなカードローンです。金利年3.50%~年14.50%と信用金庫のカードローンの中では、とくに低金利というわけではありませんが、年収制限や勤務年数の条件もなく申し込みしやすくなっています。

ふれあいネットカードローン

金利(年率)年7.5%、年11.00%、年14.00%
限度額30万円、50万円、70万円、100万円

ふれあいネットカードローンは、最大限度額100万円ですが、下限金利が年7.5%と低くなっています。ただし、原則として勤続(営業)年数1年以上、年収150万円以上の人しか申し込めません。

プラチナカードローン

金利(年率)年7.80%
限度額50万円・100万円・150万円・200万円

プラチナカードローンは、きのくに信用金庫の中で一番低金利なカードローンです。金利は年7.80%固定とかなりの低金利となっています。ただし、申込条件が若干厳しくなっていますし、審査のハードルも高くなっているかと思います。

このように、きのくに信用金庫には4つのカードローンがあるんですね。4つすべてを詳しく解説するのはむずかしいため、今回はもっともメジャーな「カードローン・きゃっする」を中心に解説していきます。

カードローン「きゃっする」の基本情報と特徴・サービス

金利(年率)年3.50%~14.50%
限度額50万円~900万円(10万円単位)
審査時間最短20~30分程度
融資時間1週間程度
申込条件・契約時の年齢が満20歳以上65歳以下

・安定した収入がある
・きのくに信用金庫の営業エリア内に居住、または勤務する個人および自営業の方
・信金ギャランティ株式会社の保証を受けられる方

融資期間3年間(原則、自動更新)
保証人・担保原則不要
保証委託先信金ギャランティ株式会社

特徴1. 金利は最大でも年14.5%!

カードローン「きゃっする」の金利は年3.50%~14.50%。最大でも年14.50%です。

信用金庫のカードローンとしては低金利というわけではありませんが、上限金利の平均が年18.0%の消費者金融と比較すると低めです。銀行カードローンの上限金利と比較しても遜色はありません。

特徴2. 限度額はどんなに低くても50万円!

カードローン「きゃっする」は、50万円から10万円単位で最高900万円まで借入が可能です。どんなに低くても50万円超は借入可能なため、ほとんどのケースに対応できるかと思います。

特徴3. きのくに信用金庫の口座があれば「Web完結」

カードローン「きゃっする」を利用するためには、通常来店が必要になります。しかし、きのくに信用金庫の口座があれば、申込~契約までネット上で完結しますので、来店不要で利用可能です。

▼カードローンのWEB完結について詳しくはこちらの記事をチェック

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
きのくに信用金庫に用意されているカードローンには、「きのくに信用金庫の営業エリア内に居住もしくは勤務先があること」と、「安定した収入があること」という共通した条件があります。そしてカードローンによっては、勤務年数や前年度の年収、さらには住宅ローンの利用が条件に含まれるものもあります。また、カードローンによって申し込み方法が異なる点も特徴となっています。なかでもカードローン「きゃっする」は電話やインターネット、FAX,携帯電話、郵送と5つの申し込み方法が用意されており、きのくに信用金庫に口座がある場合はWeb完結型を利用することができるなど、既存の利用者に向けた手厚いサービスが魅力となっています。

新井 智美さん

新井さん

大手銀行・消費者金融カードローンとカードローン「きゃっする」の違いを徹底比較

カードローン「きゃっする」は、大手銀行や消費者金融カードローンと比べてどうなのか?」こうした疑問がある人も多いかと思います。そこで大手銀行・消費者金融カードローンとの違いを比較してみました。

大手銀行カードローンと比較

カード名金利契約極度額審査時間融資時間
カードローン

「きゃっする」

年3.5%~14.50%最大900万円最短20~30分1週間程度
三井住友銀行 カードローン年1.5%~年14.5%10万~800万円非公開非公開
三菱UFJ銀行

カードローン「バンクイック」

年1.8%~年14.6%最大500万円非公開非公開
みずほ銀行カードローン年2.0%~年14.0%※最大800万円非公開非公開

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

比較から分かる、カードローン「きゃっする」のメリット

カードローン「きゃっする」と大手銀行カードローンを比較した場合、金利や限度額には大きな差は感じられません。ただし、審査時間は最短20~30分と「きゃっする」のが優れています。

比較から分かる、カードローン「きゃっする」のデメリット

カードローン「きゃっする」が、大手銀行カードローンと比較して劣っているのは融資までのスピードです。大手銀行カードローンは当日~2日程度で融資可能なのに対し、「きゃっする」は1週間程度かかってしまいます。

大手消費者金融カードローンと比較

カード名金利限度額審査時間融資時間
カードローン

「きゃっする」

年3.5%~14.50%最大900万円最短20~30分1週間程度
アイフル3.0%~18.0%最大800万円最短25分※1最短25分※1
アコム3.0%~18.0%最大800万円最短30分最短30分
SMBCモビット3.0%~18.0%最大800万円10秒簡易審査最短即日※2
プロミス4.5%~17.8%最大500万円事前審査 最短15秒回答最短30分※3

※消費者金融の審査時間に関する注意事項:申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※1.WEB申込の場合

※2.申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※3.スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで、融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。

比較から分かる、カードローン「きゃっする」のメリット

カードローン「きゃっする」が大手消費者金融より優れているのは、上限金利です。「きゃっする」の上限金利は年14.50%なのに対して、大手消費者金融は年18.0%で横並びです。

はじめて契約する場合、金利は上限金利に設定されることが多いため、上限金利の低いカードローンのほうが低金利で借入できる可能性が高いです。

よって、「きゃっする」のほうが大手消費者金融よりも低金利で借入でき、利息をおさえることができるかと思います。

比較から分かる、カードローン「きゃっする」のデメリット

カードローン「きゃっする」が大手消費者金融に劣っているのは、融資までのスピードです。大手消費者金融の融資時間が最短即日というのに対し、「きゃっする」は1週間程度かかってしまいます。

そのため、すぐに借入したいときは大手消費者金融のほうが最適です。

カードローン「きゃっする」に向いている人・向いていない人

先のメリット&デリットを踏まえて、カードローン「きゃっする」がどんな人に向いており、どんな人に向いていないのかを解説していきます。

それを知ることで、自分がカードローン「きゃっする」に申込すべきなのか否かを判断することが可能です。

向いている人

カードローン「きゃっする」に向いているのは、きのくに信用金庫の営業エリア内に居住、または勤務する人で「大手消費者金融よりも低金利で借入したい!」という人です。

上限金利が年14.50%と、大手消費者金融よりも低いの利息をおさえることが可能です。

向いていない人

カードローン「きゃっする」に向いていないのは、「即日融資してほしい!」このような人です。きゃっするの場合、審査自体は最短20~30分で終わりますが、融資までには1週間程度かかります。

そのため、即日融資は不可能です。

向いていない人におすすめのカードローン

即日融資を狙うなら、カードローン「きゃっする」は不向きです。その日に借入したい場合は、以下のような即日融資に対応している大手消費者金融がおすすめです。

これらの業者は審査も早く、即日融資にもばっちり対応しています。「今日中に借入したい!」という場合でも問題ありません。

プロミスではスマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合、最短30分融資が可能なので急ぐ方は検討する価値があります。

プロミス
プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円事前審査 最短15秒回答最短30分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
4.5%~17.8%30日間

※融資時間について:スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※無利息期間について:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※18歳、19歳の方の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短30分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

カードローン「きゃっする」を最短で融資を受ける方法と必要書類

融資を受けたいときは、「なるべく早めに!」という場合がほとんどかと思います。そこで最短で融資を受けるためのアドバイスをお伝えしていきます。

申込前に必要書類を用意しておく

最短融資を狙うなら、まず必要書類を用意しておきましょう。事前に用意しておけば、あとから用意する必要がなく、申込がスムーズになります。カードローン「きゃっする」の申込に必要な書類は以下の2点です。

本人確認書類

運転免許証、健康保険証※、パスポートなど

所得証明書類

限度額500万円を超える場合

書類準備における注意点

書類を準備するときは以下の2点に注意しておきましょう。

  • 現在有効なものを用意する
  • コピーか原本なのか把握しておく

書類は現在有効なものでなければいけません。本人確認書類は有効期限内のもの、収入証明は最新のものを用意しましょう。

契約方法によって、コピーか原本を提出すべきなのかが変ってきます。ネットで契約する場合はコピー、窓口で契約する場合は原本が基本です。事前に確認しておきましょう。

分かりやすい!申込から融資までの流れ

カードローン「きゃっする」の申込から融資までの流れは以下のようなります。

  1. STEP.1

    申込

  2. STEP.2

    申込確認

  3. STEP.3

    審査

  4. STEP.4

    契約

  5. STEP.5

    融資

申込方法は以下の5通りから選べます。

  • 電話
  • FAX
  • インターネット
  • 携帯電話
  • 郵送

申込が完了しましたら、申込確認の電話があります。その後、審査が開始され、審査中には職場への在籍確認もあります。

無事に審査に通過できましたら、きのくに信用金庫の窓口に来店して契約します。契約が完了しましたら、後日カードが郵送されてきますので、それを使ってCDやATMから借入します。

即日融資の可否と審査・融資スピード

カードローン「きゃっする」の公式サイトには、審査時間や融資までの時間は記載されていません。そこで直接、審査時間と融資時間を電話で問い合わせてみました。回答は以下のようなりました。

  • 審査時間:最短20~30分
  • 融資時間:1週間程度

審査は早ければ20~30分とのことでしたが、融資までは1週間程度かかるそうです。

そのため、即日融資には対応していません。審査自体は非常にスピーディーですが、融資まではけっこう時間がかかると思っておきましょう。

最短融資を受けるためのポイント

お金を借りるときは「なるべく早く!」という場合がほとんどです。そこで、最短融資を受けるためのポイント解説しておきます。

口座を開設しておく

カードローン「きゃっする」の利用には、きのくに信用金庫の口座が必要です。口座開設には時間がかかりますので、事前に開設しておきましょう。

必要書類を準備しておく

審査を受けるには「本人確認書類」と「所得証明書類」が必要です。こうした書類はあとから用意しようとすると大変なため、事前に用意しておきましょう。

来店できる時期に申込む

契約には基本来店が必要です。そのため、できるだけ早く来店できる時期に申込みましょう。

在籍確認ができるときに申込む

審査には職場への在籍確認もあります。在籍確認が終了しないと審査に通りませんので、在籍確認ができるときに申込むようにしてください。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
カードローン「きゃっする」を始め、きのくに信用金庫が提供するカードローンを利用する際には、きのくに信用金庫の口座を持っていることが条件です。口座の開設は初めてきのくに信用金庫と取引を開始する人であれば、アプリを利用して行うことができます。来店や郵送不要で、運転免許証を撮影するだけで手続きのほとんどが完了し、1週間から10日程度でキャッシュカードと通帳が届きますので、非常に便利です。きのくに信用金庫との取引が初めてならぜひアプリを利用して口座開設を行いましょう。

新井 智美さん

新井さん

カードローン「きゃっする」の審査を通るためのポイント

ここでは、審査に通るために注意したいことやポイントについて解説していきます。

審査の合否については、申し込み時点での「返済能力」と「信用」が大きなポイントとなります。

したがって、審査を受ける段階でジタバタしてもどうにもならないのが現実です。しかし、多少時間がかかってもよいのであれば、審査に通る確率を上げることも可能です。以下のポイントをチェックしましょう。

延滞しない

クレジットカードやローンの返済記録は、信用情報機関に記録されています。

カードローン会社はこの記録を審査時に必ず確認しますので、延滞記録があると審査にかなり不利になります。よって、クレジットカードやローンの返済は延滞しないようにしましょう。

他社の借入れはできるだけ減らす

他社の借入れ状況も信用情報機関に記録されています。他社の借入れが多いと、その分返済の負担が増えますので、返済する力を低く見られてしまいます。

そのため、他社から借入れがある場合はできるだけ減らしてから申込むのがおすすめです。

勤務年数をできるだけ延ばす

カードローン会社は安定収入をもっとも重視しています。勤務年数が長いということは、おなじ会社に長く留まる可能性が高いことになります。

よって、収入が途絶える可能性が低いと判断されやすくなりますので、審査に有利に働きます。

利用しないカードは解約しておく

利用していないクレジットカードやカードローンがあるなら、解約してから申込ましょう。こうしたカードは利用していなくても、すぐに利用できてしまうため、「将来の借金」を警戒されてしまいます。

それが審査にマイナス査定となることがあるのです。

カードローンの審査が不安な人は、審査に通るかの判断チェックシートがついたこちらの記事もぜひ参考にしてください。

1級FP技能士・CFP
監修者 新井 智美の一言コメント!
カードローン「きゃっする」に限らず、カードローンの審査全体にいえることですが、他社からの借入件数や借入額を少なくしておくことはもちろん、クレジットカードのキャッシング枠もできれば0円にしておきましょう。また、きのくに信用金庫はカードローンの審査において、収入の安定性を重視する傾向にあります。そのため、勤続年数が長ければ長いほど、審査において有利に働くことを覚えておきましょう。逆に転職してすぐなどは、申し込みを避ける方が賢明です。

新井 智美さん

新井さん

カードローン「きゃっする」の借入方法

ここからは、カードローン「きゃっする」の借入方法について解説していきます。「きゃっする」の借入方法はCD・ATMを利用します。きのくに信用金庫のATMの他に、セブイレブン等のコンビニATMも利用できます。

手数料や利用可能時間について

きのくに信用金庫ATMの場合

きのくに信用金庫ATMの場合、手数料無料となります。利用可能時間はATMコーナーにより異なりますが、基本24時間365日利用することができます。

コンビニATMの場合

コンビニATMの場合、コンビニによって利用できる時間や手数料が違います。例えば、セブンイレブンの場合ですと以下のようになります。


セブンイレブンATM
曜日利用可能時間手数料
月曜~金曜24時間(月曜のみ7:00~)110円
土曜~22:00まで
日曜8:00~24:00

ローソンは以下のようになっています。

ローソンATM
曜日利用可能時間手数料
平日24時間110円

(0:00~8:45と18:00~24:00は220円)

土曜0:00~22:00220円
日曜8:00~24:00220円

ファミリーマートなど(引き出しのみ)は以下のようになっています。

ファミリーマートなど
曜日利用可能時間手数料
平日8:00~21:00110円

(8:00~8:45と18:00~21:00は220円)

土日・祝8:00~21:00220円

カードローン「きゃっする」の返済方法

続いては返済方法の解説です。カードローン「きゃっする」の返済方法は口座振替です。よって、返済用預金口座から自動で引落されます。返済日は毎月10日(休日の場合は翌営業日)です。

余裕のあるときには、ATMにて随時、追加返済もできます。返済に利用できるATMは、きのくに信用金庫ATMとセブンイレブンATMです。利用時間や手数料は借入時のときとおなじです。

カードローン「きゃっする」返済シミュレーション~10万円の借入だと利息はいくら?

最後にカードローン「きゃっする」で、10万円の借入を想定したシミュレーションをしてみましょう。このシミュレーション見ることで利息がどれくらいになるのを確認できます。

今回は金利年14.5%とし、「借入額×金利÷365×返済期間」で算出しています。

借入期間利息額
30日1,191円
60日2,383円
90日3,575円
180日7,150円
1年(365日)14,499円
2年(730日)28,999円
3年(1095日)43,499円

上記の表をご覧のとおり、借入期間が長くなるほど利息は膨らんでいきます。借入期間が短いうちは、利息も小さくあまり気になりません。しかし、借入期間が長くなるほど利息が重くのしかかってきます。

例えば、借入期間が30日なら利息は1,191円で済みますが、1年(365日)なら14,499円です。これが3年(1095日)にもなると、43,499円とかなりの高利息となります。

このため、借入期間はなるべく短めにしたいところです。

まとめ

それでは今回のまとめに入りましょう。カードローン「きゃっする」は、金利年3.50%~14.50%・限度額50万円~900万円(10万円単位)となっています。

貸付条件に関しては、信用金庫のカードローンとして平均的ですので、とくにメリットが大きいカードローンではありません。

審査時間は最短ですと20~30分で終了しますが、融資までには1週間程度かかかります。よって、「今すぐ借入したい!」という人には向いていません。

向いているのは、きのくに信用金庫を利用中で「多少時間がかかってもいいから、大手消費者金融より低金利のカードローンが欲しい!」というような人かと思います。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら