Operated by Ateam Inc.

イーデス

アイフルの金利高いかも?初めての借入で金利引き下げできない3つの理由

最終更新日:

アイフルの金利高いかも?初めての借入で金利引き下げできない3つの理由
アイフル
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「アイフルからキャッシングを考えているけど金利が高いのでは・・・」

このように、借入時に金利が高いと利息が膨らみ不安になりますよね?

アイフルを含むほとんどの大手消費者金融カードローンでは、金利は年3.0%~18.0%と設定されています。

業者名金利
アイフル年3.0%~18.0%
アコム年3.0%~18.0%
プロミス年4.5%~17.8%
SMBCモビット年3.0%~18.0%
レイク年4.5%~18.0%

できれば下限金利の年3.00%に近い金利で借入したいと誰もが思うこと。

ところが初めての借入の場合、ほぼ間違いなく初回は上限金利年18.00%が適用されてしまいます。

そして、巷で言われているような金利引き下げの方法もありません。

なぜなら、アイフルで金利を引き下げてもらえない3つの理由があるからです。

そこでこの記事では、金利引き下げてもらえない3つの理由とその解決方法について解説していきます。

ネット上に散乱している無意味な情報に惑わされずに、後悔しない正しい選択ができるようにしましょう!

飯田道子さん

飯田 道子さん / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

アイフルで借り入れをする場合は、概ね、金利は年18.0%になります。年3.0%で借りたいと思っているとき、年18.0%となってしまったら、ショックですよね。でもこの金利には決まりがあり、利用限度額が大きいほど、金利は低くなるようになっています。これは、たくさん借りて金利が高いと支払利息が多くなってしまうので、私たちの生活を守るために、このような仕組みになっているのです。

気になる内容をタップ

アイフルで返済時の金利を引き下げてもらえない3つの理由

アイフルで金利を下げる方法として、巷で推奨されているものには以下の3つがあります。

  • 借入金額を増やす
  • 返済実績を積む
  • おまとめローンを利用する

しかし、初めての借入ではこの3つの金利引き下げ方法を使うことはできません。

理由1 増額しても金利が引き下がる保障はない

アイフルでの限度額が増額しても金利見直しがされる保障はありません。

限度額が100万円以上であれば、利息制限方法により金利が「年15.0%以下」になるのは確実です。

しかし、その100万円以上の借入をすること自体が困難なのです。

口コミなどを見ていると、アイフルの限度額は30~50万円になることが多く、はじめから100万円以上で借入できるケースは稀になります。

そして、100万円以下の場合、金利は年18.00%になることがほとんどです。

▼アイフルの増額について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

理由2 初めての借入では返済実績は積められない

返済実績を積めば増額などによって金利が下がるケースもありますが、初めての借入では実績がないので、この方法は使えません。

また、増額したからといって必ず金利が引き下がるわけではなく、限度額の引き下げの恐れもあります。

なぜなら、増額時には再び審査を受けることになるため、審査結果によっては返済能力が減ったなどと、判断されてしまうこともあるからです。

その他、アイフルでは金利の引き下げを電話で(会員専用フリーダイヤル)で一応受け付けていますが、そんなに話はうまく進まないため金利の引き下げは困難です。

▼アイフルの口コミについてはこちらで紹介しています。

理由3 おまとめ目的以外でおまとめローンは利用できない

アイフルには「おまとめMAX」「かりかえMAX」という、おまとめローンがあり、これらの上限金利は「年17.5%」となっています。

通常のアイフルよりも0.5%金利が低いため、この2つのほうが低金利で借りやすいです。

しかし、この2つはおまとめ専用ローンであるため、おまとめ目的でしか利用できません。

複数社の借金をひとつにしたいときや、別のカードローンから乗換えたいときなどの専用ローンであるため、通常の借入には利用できないのです。

よって、単純に「お金が借りたい!」というときに利用できる方法ではありません。

アイフルのおまとめローンについて詳しく知りたい人は、下記の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)
監修者 飯田 道子の一言コメント!
金利が引き下げてもらえない理由は3つ。初めての借り入れのときは、いずれの理由も該当しないため、引き下げは受けられません。100万円を超えた借り入れの場合は、金利は低くなります。ただ、そのように高額になるほど、審査に通過する可能性は低くなります。基本的に初回借入は年18.0%であると、理解してください。

飯田道子さん

飯田さん

アイフルの金利が高いと感じたときの対応

ここまでお伝えしたように、新規借入時にアイフルでの金利引き下げはむずかしく、最初は上限金利の年18.00%に設定される可能性が高いです。

ですので、「金利が高い!」と感じる人がほとんどでしょう。

ただ意外にアイフルの金利を計算し確認して言っている方は少ない印象です。

本当にアイフルで借りたら金利はいくらになるのかを確認することは、とても大切なことなので必ず実行しましょう。

実際に総返済額をシミュレーションすると、以下のような結構な額になることが分かります。

アイフル総返済額シミュレーション

借入額毎月の約定返済額総返済額利息
10万5,000円119,736円19,736円
20万9,000円245,036円45,036円
30万13,000円370,892円70,892円
40万17,000円496,917円96,917円
50万21,000円623,030円123,030円

※金利18.00%・返済回数30回で算出

たとえばアイフルで30万借りたら利息は、70,892円となります。

アイフルの返済について詳しく知りたい人は、「アイフルの返済方法を見直して返済を楽にする方法とは?」を参考にしてみてください。

そこでこの章では、アイフルの金利が高いと感じたときの対応策を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

借入金額に対する金利が提示しているカードローンを申込む

借入金額に対する金利が提示しているカードローンに申し込むという手があります。

アイフルのように審査後に金利がわかる会社ではなく、審査前に金利テーブルがあるカードローンを選ぶのです。

カードローン会社によっては、次のように限度額ごと設定される金利が提示してあることがあります。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

限度額適応金利
500万円以下 400万円超年1.80%~年6.1%
400万円以下 300万円超年6.1%~年7.6%
300万円以下 200万円超年7.6%~年10.6%
200万円以下 100万円超年10.6%~年13.6%
100万円以下 10万円以上年13.6%~年14.60%

▼三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの口コミについてはこちらで紹介しています。

みずほ銀行カードローン

限度額適応金利
800万円年2.0%
600万円以上800万円未満年4.5%
500万円以上600万円未満年5.0%
400万円以上500万円未満年6.0%
300万円以上400万円未満年7.0%
200万円以上300万円未満年9.0%
100万円以上200万円未満年12.0%
10万円以上100万円未満年14.0%※

※住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

▼みずほ銀行カードローンの口コミについてはこちらで紹介しています。

楽天銀行スーパーローン

利用限度額金利
800万円年1.9%~4.5%
600万円以上800万円未満年2.0%~7.8%
500万円以上600万円未満年2.5%~7.8%
350万円以上500万円未満年2.9%~8.9%
300万円以上350万円未満年2.9%~12.5%
200万円以上300万円未満年3.9%~14.5%
100万円以上200万円未満年6.6%~14.5%
100万円未満年14.5%

※通常金利の場合

▼楽天銀行スーパーローンの口コミについてはこちらで紹介しています。

上記のような金利表のある会社であれば、金利がどのくらいになりそうか?がある程度わかります。

たとえばアイフルで20万借りたら金利年3.0%~18.0%なので、利子が39,459円に。楽天銀行スーパーローンであれば20万借りたら金利年14.5%なので、利子は31,588円となります。(どちらも24カ月で返済した場合)

そうなると今回の20万円借りた場合は、差額が7,871円になります。しかも毎月の返済額はアイフル10,000円に対して、楽天銀行スーパーローンでは5,000円です。

このように、アイフルで借り入れするよりも金利が低くなると判断できれば、そのカードローンを選ぶと良いのです。

銀行カードローンの金利についてより詳しく知りたい方は、「カードローンの金利が決まる仕組みは?金利比較や利息の計算方法を解説」を参考にしてみてください。

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)
監修者 飯田 道子の一言コメント!
できるだけ金利を低く抑えたいなら、消費者金融よりも銀行のカードローンを利用する方が良いでしょう。ただし、即日融資には対応していませんし、無利息期間もありません。目先の金利だけでなく、その後の利用方法なども総合的に考えて、借入先を選ぶようにしてください。

飯田道子さん

飯田さん

アイフルより上限金利の低いカードローンに申込む

アイフルより上限金利の低いカードローンに申込むという手も有効です。

他社のカードローンも新規契約時には、上限金利に設定されることがほとんどです。

上限金利は一番高い金利ですので、それ以上の金利になることは100%ありません。

ですので、以下のような上限金利がアイフルよりも低いカードローンであれば、アイフルよりも低金利で借入しやすくなります。

※通常金利の場合
※1.住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

アイフル
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短20分※最短20分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

おすすめポイント

  • WEB完結!最短20分で審査完了!
  • 初めてなら最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!

▼アイフルについてはこちらのまとめてを参考にしてください。

まとめ

残念ながら、はじめての借入でアイフルの金利を下げるのは困難です。

はじめての借入では実績や信用などもないため、大きな借入ができず、ほぼ間違いなく上限金利18.00%が適用されてしまいます。

そのため、アイフルで借入をするとどうしても金利が高くなり、利息も大きくなりがちです。

そこで、「できる限り低金利で借入したい!」というのであれば、今回の記事で解説した、

ここまでのおさらい

  • 借入金額に対する金利がわかる
  • アイフルより上限金利の低い

という特徴のある、アイフルよりも低金利で借入しやすい会社に申し込みをするようにしてください。

アイフルの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.