Operated by Ateam Inc.

イーデス

アイフルと他ローンを比較!自分にぴったりのカードローンを見つけよう

最終更新日:

アイフルと他ローンを比較!自分にぴったりのカードローンを見つけよう
アイフル
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

この記事の目的はただ1つ。

アイフル以外で、あなたに適している他ローンサービスの可能性を見つけて欲しい」ということです。

アイフルには良いところもありますが、悪いところもあります。

本当はほかのローンの方が向いているのに、なんとなく知名度が高いアイフルに申し込んでしまっている人もいるのではないでしょうか。

これは非常にもったいないです。

ほかのローンのほうが適しているなら、わざわざ高金利のアイフルを選ぶ必要はありません。

そこで、この記事ではアイフルとほかのローン商品を比較することで、以下2つのことを皆さんに理解していただきたいです。

  • アイフルがローン商品の中でどのような立ち位置なのか
  • アイフル以外にはどのようなローン商品の選択肢があるのか

この記事でアイフルと比較するローン商品7つ

  • 大手の消費者金融
  • 小規模な消費者金融
  • 銀行カードローン
  • 銀行フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 信用金庫カードローン
  • 労働組合カードローン

記事を最後まで読んで、アイフル以外に自分にぴったりのサービスが見つからなければ、そのままアイフルに審査申し込みをしたり、利用を続けたりすればいいでしょう。

もしアイフルよりも向いているサービスが見つかれば、迷わずそちらを選んでくださいね!

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

アイフルはアコム、プロミスなどと並ぶ大手消費者金融です。テレビCMなどで一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか。 スマホですべての手続きができたり、申込当日に借入したりなど、便利さでは銀行カードローンなどよりも一歩リードしています。 ただしすべての面において優れているわけではありません。 特に大手消費者金融の金利は、カードローンのなかでも最も高い設定となっているため、1年以上といった長期間借りる用途には適していません。 アイフルも決してサービスが悪いということはないのですが、あなたによりフィットするサービスが他にないか、一度チェックしてみましょう。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    アイフルをプロミス・アコム・SMBCモビット・レイクと比較

    アイフル自身が大手の消費者金融カードローンということもあり、すべての項目で「差はない」という結果になりました。

    上限金利審査・融資スピード審査通過率
    アイフル年18.0%最短20分※134.4%
    プロミス年17.8%最短3分※241.2%
    アコム年18.0%最短20分※40.2%
    SMBCモビット年18.0%最短即日※341.2%
    レイク年18.0%Webなら最短25分融資も可能32.4%

    アイフル 月次データSMBCコンシューマーファイナンス株式会社 月次データアコム データブックSBI新生銀行 四半期決算情報
    ※1.申込の状況によっては希望にそえない場合があります。
    ※2.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
    ※3.申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    ※プロミスとSMBCモビットの審査通過率は、プロミスとSMBCモビットの連結での数字となります。

    金利の比較

    金利はまったく同じと考えてください。

    大手消費者金融カードローンの金利はほぼ横並びで同じです。

    上限金利はプロミスの年17.8%のような例外を除けば、ほぼすべて年18.0%です。

    審査・融資スピードの比較

    ほとんど変わりません。

    どこの大手消費者金融カードローンも即日融資、即日審査を掲げています。

    自動契約機でその日のうちにカードが発行される点も同じです。

    審査基準の比較

    審査基準もほとんど差はありません。

    アイフルも大手消費者金融カードローンも、審査基準は柔軟で優しい傾向にあります。

    関連記事

    FP2級技能士・宅地建物取引士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    大手消費者金融カードローンの金利がほとんど横並びで大きな違いがないのは、法律で金利の上限が決められているためです。 過去には年30.0%を超えるような金利設定もありましたが、現在では年18.0%が上限とされています。 それでも年18.0%と聞くと、「暴利」なのではと感じる方も多いかもしれません。 しかし実際には年18.0%というのは消費者金融の経営が成り立つギリギリラインでもあり、高すぎるとは言えない面もあるのです。 ちなみにアイフル、アコム、プロミスなどでは初めての利用時に30日間無利息のサービスがあります。 1カ月以内ならもちろん、2~3カ月前後の借入 であればお得に借入できます。

    武藤 英次

    武藤さん

    アイフルと小規模な消費者金融の比較

    規模の小さい消費者金融とアイフルを比較すると、審査基準で若干の違いが見られます。

    上限金利審査・融資スピード審査基準
    アイフル年18.0%最短1時間以内優しい
    消費者金融(中小)ほぼ年18.0%最短当日アイフルよりも優しいところあり

    金利の比較

    同じ消費者金融として金利面ではあまり差がありません。

    上限金利はどこも年18.0%です。

    審査・融資スピードの比較

    最短当日で融資できる中小消費者金融は多くあります。

    しかし1時間以内に融資まで完了できるところはほとんどありません。

    審査・融資スピードについてはアイフルにほんの僅かながら軍配が上がります。

    審査基準の比較

    中小の消費者金融の一部では、非常に柔軟な審査基準で融資を行う業者もあります。

    アイフルは基本的にコンピューターによるスコアリングで審査の可否が決定します。

    コンピューターが計算して審査落ちの判断を下せば、どれだけ交渉しても審査には通りません。

    しかし小さな消費者金融では、人間が審査に関わる割合が大きいです。

    そのため、通常であれば審査落ちするような人でも借りられる場合があります。

    長期の延滞や債務整理歴がある人は、アイフルより中小消費者金融の方が通りやすいかもしれません。

    FP2級技能士・宅地建物取引士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    中小消費者金融会社は、どうしても大手消費者金融とのサービス勝負ではかないません。 大手とは比較にならないほどの小さな会社がほとんどですので「1店舗しかない」「スマホサービスなし」などと、かなり見劣りするのは否定できません。 中小消費者金融が存在する意味は、大手消費者金融の審査にギリギリ通らない方を拾い上げるところにあります。 審査が「激甘」などということはありませんが、大手よりも柔軟な審査対応であることが多いでしょう。 ただし名も知られていないような中小消費者金融は、悪徳業者である「闇金」と見分けにくいという点に注意が必要です。 基本的には中小消費者金融に頼るのはリスクが高く、おすすめできません。

    武藤 英次

    武藤さん

    アイフルと銀行カードローンとの比較

    銀行カードローンは消費者金融とほぼ同じ使い勝手なのに、金利が低いという特徴があります。

    上限金利審査・融資スピード審査基準
    アイフル年18.0%最短1時間以内優しい
    銀行カードローン年14.0%台最短で翌営業日若干厳しめ

    金利の比較

    銀行カードローンに軍配が上がります。

    銀行カードローンの上限金利は年14.0%台が多く、アイフルとはだいぶ開きがあります。

    審査・融資スピードの比較

    最短で1時間以内に融資まで受けられるアイフルの圧倒的勝利です。

    銀行カードローンも2017年までは即日融資が受けられましたが、2018年以降は最短で翌営業日以降にしか審査結果がでません。

    審査基準の比較

    元々アイフルの方が若干ながら審査基準は優しい傾向にありました。

    ただ銀行カードローンは2017年頃からさらに審査が厳しくなっています。

    なぜなら、銀行を管理・監督する金融庁から、過剰な融資を控えるように通達されたからです。

    そのため、現在ではアイフルの方がはっきりと審査基準は優しくなっています。

    アイフルとクレジットカードのキャッシング枠との比較

    ショッピング枠がメインのクレジットカードですが、カードローン感覚でキャッシングできる「キャッシング枠」が付帯しているものが多いです。

    上限金利審査・融資スピード審査基準
    アイフル年18.0%最短1時間以内優しい
    クレジットカードの キャッシング枠ほぼ年18.0%数日~1週間アイフルよりも優しめ

    金利の比較

    クレジットカードのキャッシング枠の上限金利は年18.0%のものが多く、アイフルとは差がありません。

    審査・融資スピードの比較

    即日発行されるクレジットカードは珍しく、通常は審査申し込みから利用開始までは数日から1週間ほどかかります。

    1時間以内に利用できるアイフルの圧勝です。

    審査基準の比較

    一般的に、クレジットカードの審査はカードローンよりも通りやすい傾向にあります。

    もちろんゴールドカード、プラチナカードのように格の高いカードの審査は厳しくなりますが、一般のカードであればすんなりと審査に通るでしょう。

    また、所持しているクレジットカードのショッピング枠を使っているうちに、自然とキャッシング枠が多くなるのもクレジットカードの特徴の1つと言えます。

    それは継続したショッピング枠の利用により優良顧客と見なされやすいためです。

    アイフルよりも審査基準は若干優しめと言えるでしょう。

    アイフルと銀行フリーローンとの比較

    銀行のフリーローンは、カードローンとはかなり性質が異なります。

    カードローンとは違って、銀行のフリーローンは最初に借入した後、基本的に返済しかできません。

    そのため、カードローンのように限度額の範囲内でいつでも借りられる利便性はありません。

    アイフルの返済について詳しく知りたい人は、

    を参考にしてみてください。

    しかし、何と言っても魅力は低金利です。

    銀行のフリーローンは年5.0%~7.0%あたりの金利に設定されていることが多いです。

    使い方はカードローンと同じく自由です。

    習い事・車の購入・海外旅行など、最初に大きな費用がかかるものへの支払いに使う人に向いています。

    逆に、頻繁にお金を借りたい人にはまったく向いていません。

    上限金利審査・融資スピード審査基準
    アイフル年18.0%最短1時間以内優しい
    銀行フリーローン年5.0~7.0%1週間厳しめ

    金利の比較

    金利面では銀行フリーローンに圧倒的な軍配が上がります。

    アイフルと比較すると3倍近くの金利差となっています。

    審査・融資スピードの比較

    銀行のフリーローンの審査・融資は1週間程度かかるところが多いです。

    即日で融資されることはありませんし、銀行カードローンのように翌営業日で融資する銀行フリーローンもまずありません。

    すぐ借りたいなら断然アイフルです。

    審査基準の比較

    銀行フリーローンの審査基準はアイフルよりかなり厳しめです。

    ローン商品の金利は、基本的に審査基準と連動します。

    金利が高ければ審査基準は優しめに、金利が低ければ審査基準は厳しくなりがちです。

    FP2級技能士・宅地建物取引士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    銀行フリーローンとカードローンでは借りたお金の使い道が(原則)自由な点では似ています。 しかしながら商品性には大きな違いがあることも知っておかねばなりません。 一番大きな違いは、カードローンが(限度額の範囲内で)借入も返済も自由であるのに対して、フリーローンは追加の借入や途中での返済は自由にはできない点です。 そのため「留学資金を100万円借りて、計画的にコツコツ返済する」といった長期返済のケースには向いていますが、「次の給料日まで足りないお金をちょっと借りたい」といったケースには向かないのです。 まとまった金額を借りてコツコツ返済ならフリーローン、小額を短期勝負でサッと返済するならカードローンといった具合に使い分けましょう。

    武藤 英次

    武藤さん

    アイフルと信用金庫カードローンとの比較

    信用金庫カードローンは銀行カードローンと似ていますが、さらに低金利な商品が多いです。

    上限金利審査・融資スピード審査基準
    アイフル年18.0%最短1時間以内優しい
    信用金庫カードローン年13.0%前後が多い1週間若干厳しめ

    金利の比較

    信用金庫カードローンの上限金利は年13.0%前後のものが大半です。

    アイフルの年18.0%とは比較になりませんし、銀行カードローンよりも低金利な傾向です。

    カードローンタイプでアイフルと使い勝手の差はあまりないことを考えると、金利面でかなり強みを持つローン商品と言えます。

    審査・融資スピードの比較

    信用金庫カードローンは審査、融資ともに時間がかかります。

    急ぎの融資には向いていません。

    審査基準の比較

    アイフルよりも明らかに審査基準は厳しいです。

    銀行カードローンと比べても若干厳しいかもしれません。

    アイフルと労働組合カードローンとの比較

    ローン商品に詳しくない人にとって、労働組合カードローンと言われてもピンと来ないでしょう。

    初めてその存在を知った人も多くいるのではないでしょうか。

    労働組合カードローンの最大の特徴は、労働組合に加入している人を金利面で徹底的に優遇するところです。

    労働組合非加入の一般人に比べて年3.0%程度ほど金利を安くする商品もあります。

    そもそも労働組合員しか利用できないカードローンもあるぐらいです。

    上限金利審査・融資スピード審査基準
    アイフル年18.0%最短1時間以内優しい
    労働組合カードローン年6.0~7.0%前後1週間~2週間普通

    金利の比較

    金利面では比較になりません。

    同じカードローンでありながら、ここまで差がついてしまっています。

    これぞ労働組合カードローンの最大の優位点です。

    審査・融資スピードの比較

    労働組合カードローンは融資までにかなり時間がかかります。

    急いで融資を受けたい人にはまったく向いていません。

    審査基準の比較

    労働組合カードローンは金利が低い分、審査は非常に厳しいと思われがちです。

    しかし労働組合員であれば、そこまで厳しくはないです。

    所属している労働組合が保証人になるケースもあるため、審査基準はかなり柔軟です。

    アイフルに関するよくある質問

    アイフルは安全ですか?

    アイフルは金融庁認可の下、法律に則った安全なサービスを提供しています。

    アイフルの審査は厳しいですか?

    アイフルの審査通過率は、プロミスやアコムと大差ありません。安定した収入と良好な信用情報が審査通過の鍵となります。

    まとめ

    以上、アイフルとほかのローン商品を比較してみました。

    アイフルよりも自分に向いているローンは見つかりましたでしょうか?

    世の中にはさまざまなローンが存在します。

    アイフルのように知名度の高いローン商品ばかりではありません。

    知名度は低いけれど、キラリと光る特徴を持ったいい商品がたくさんあるのです。

    それらを知らずに「なんとなく有名だから」という理由で高金利のアイフルを選ぶのはもったいないです。

    最後にこの記事で紹介したそれぞれのローン商品に向いているタイプの人をまとめておきましょう。

    ここまでのおさらい

    • 小規模な消費者金融…どこのローンも落ち続けている人
    • 銀行カードローン…消費者金融と同じ使い勝手で、金利を下げたい人
    • 銀行フリーローン…最初に一括で借りて、後は返済のみでも問題ない人
    • 信用金庫カードローン…銀行カードローンよりもさらに金利を下げたい人
    • 労働組合のカードローン…労働組合に所属している人
    • クレジットカードのキャッシング枠…たまにしかキャッシングしない人

    これらにまったく当てはまらない人のみ、「アイフルなどの大手の消費者金融」を利用しましょう。

    アイフルや大手の消費者金融は、審査が通りやすい反面、高金利です。

    自分に向いているものが見つからない場合に選ぶローン商品と言えます。

    ぜひアイフルにこだわらず、自分に最適なローンを見つけてみてください!

    アイフル
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大800万円最短20分※最短20分※
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年3.0%~18.0%30日間

    ※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    おすすめポイント

    • WEB完結!最短20分で審査完了!
    • 初めてなら最大30日間無利息!
    • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!

    アイフルの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.