Operated by Ateam Inc.

イーデス

アイフルの初回限度額はいくら?アイフル「増額・減額」限度額の決定ポイント!

最終更新日:

アイフルの初回限度額はいくら?アイフル「増額・減額」限度額の決定ポイント!
アイフル
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

これからアイフルの申し込みを考える中で、以下のようにアイフルの限度額について不安を感じていませんか。

  • アイフルではいくらくらい借りられるんだろう
  • 必要な金額を借りることができるかな

あるいは、既にアイフルを利用している状況で、借入可能な限度額の上限を上げたいと思っている人もいるかもしれませんね。

アイフルの利用限度額は、審査によって申込者ごとに決定します。

この記事では、アイフルで初回借入する場合の限度額がいくらになるのか、限度額の引き上げや引き下げができるのかなどについて詳しく説明していきます。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

アイフルなどのカードローンは「小さな金額」を「短い日数」借りるのにピッタリの商品です。 ただしカードローンは驚くほど簡単にお金を借りられる商品である一方で、金利が最高レベルに高いことを知っておいてください。 カードローンで大きな限度額をもらえると、信用されている気分でうれしくなってしまうかもしれません。 しかし高金利のカードローンでまとまった金額を借りてしまうと、支払う利息も大変な金額になり返済が厳しくなってしまいがちです。 そのため限度額はあまり欲張って増やそうとせずに、必要最小限を心がけてください。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    アイフルで初回借入する場合の限度額とは?

    はじめてアイフルを利用する場合、申込者の属性などにもよりますが大体「50万円以下」の金額を限度額として設定されるケースが多いようです。

    アイフルは最高で融資限度額800万円以内ですが、必ずしも審査通過すれば800万円以内まで借りられるとは限らないのです。もっと言うと、初回から800万円以内といった高額を借りられる可能性はきわめて低いです。100万円でも、初回利用ではまれな利用限度額です。

    理由としては、初回利用だとその人の「返済能力」を十分に判断できないことがひとつ挙げられます。まだアイフルでの返済実績がない人に対し、多額の融資をするのは事業的にリスクが大きいからです。

    実際の借入限度額は新規申込時の審査で決定しますので、「実際にいくら借りられるのか」は申し込んでみないと分かりません。ただ、先述の理由から、初回利用で多額を借りられることはまずなく、目安は「50万円以下」と考えた方が無難です。

    「限度額」は審査で決まる

    「申込者と契約するかどうか」を決める新規申し込み時の審査ですが、同時に限度額を決定するためにも行われています。

    審査の中で決定する利用限度額ですが、審査結果が出る前に大まかな限度額の目安を知ることも可能です。それが、消費者金融などに適用されている「総量規制」という規制です。

    総量規制とは

    総量規制とは、消費者金融などの貸金業者に適用されている「貸金業法」という法律の中の規制です。

    この総量規制では、「利用者の年収の3分の1以上の金額を業者は貸付してはいけない」という決まりになっています。そのためアイフルなどの貸金業者は、総量規制によって申込者の年収の3分の1を超える限度額は設定できないようになっているのです。

    また総量規制は、貸金業者1社に対して申込者の年収の3分の1までに貸付を制限しているわけではありません。貸金業法が適用されている業者全体で、年収の3分の1までしか利用者に貸すことができないのです。

    年収300万円の場合、いくらまで借りられるか?

    たとえば、年収300万円の人が、アイフルなど総量規制対象となっている業者で借入できる金額は最高で100万円までです。

    これは年収300万円の人の場合、年収の3分の1が100万円になるためです。

    しかし、もし他の総量規制の対象となっている他の業者ですでに60万円の借入がある場合、新たな業者で借入できる最高金額は40万円になります。これは総量規制の対象となっている業者の中で、年収の3分の1までしか借入ができないという決まりがあるためです。

    総量規制の対象となっているものには、消費者金融の他に信販会社のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠などがあります。自分の年収や現在の借入状況から、最高でいくら借入ができるのか計算してみるのもよいでしょう。

    ▼アイフルの口コミについてはこちらで紹介しています。

    FP2級技能士・宅地建物取引士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    記事中に出てくる「総量規制」とは、消費者金融会社などの貸金業者からの借入を年収の3分の1までにしなさいという法律の決まりです。 なぜ年収の3分の1までしか借りられないのかと言うと、トラブルなく返済できる限界ラインが、おおむねそのあたりにあるからです。 実際に総量規制ギリギリまで借りてみると「かなりキツイな」と感じられる方が多いはずです。 年収の3分の1の借入というのは「デッドライン」あるいは「崖っぷち」と考える必要があります。 安心安全にカードローンを利用したいなら、年収の4分の1くらいまでにして、余裕をもって返済するのが理想です。

    武藤 英次

    武藤さん

    「限度額」決定のポイント

    上記で説明した総量規制による利用限度額の目安ですが、アイフルでは年収だけで限度額を決めているわけではありません。

    総量規制によって年収に対する限度額は決定しますが、さらに審査結果によってそこから限度額をいくらに設定するのかを決めていきます。

    アイフルでは審査の内容は非公開となっており、限度額が総量規制による設定よりも低い場合でも理由は教えてくれません。しかし、カードローン全般的な審査の内容から限度額が減ってしまう理由をある程度推測することが可能です。

    アイフルをはじめとするカードローンでは、基本的に以下の2つの内容にて審査が行われます。

    • 申込者の申込内容
    • 個人信用情報

    申込者の申込内容

    カードローンの審査でまず確認されるのが、申込者の申込内容です。

    アイフルに申し込みを行うと、氏名や住所の他に年収や勤務先の情報、勤務年数や扶養家族の人数などを申告します。

    カードローンの審査では、申込時に申告した内容のすべてが審査の対象になるといっても過言ではありません。審査に通過できる申告内容であっても、勤務年数が短めだったり、収入に対して扶養家族の数が多い場合などは限度額を低めに設定される可能性があります。

    また申込者の申告内容に虚偽の報告が見つかれば、一発で審査落ちとなります。少しでも限度額を高くしたいなどの理由から、虚偽の申告を行うことは絶対にやめましょう。

    個人信用情報

    申込内容の他に、審査で確認されているのが個人信用情報です。

    個人信用情報とは、個人と企業との過去のお金の貸し借りに関する履歴のようなものを言います。この個人信用情報は、日本に3つある信用情報機関という公的機関に保管されています。
    金融機関同士が共通して確認できる情報となっていて、申込者の過去の取引や現在の借入状況などが確認できるのです。

    先ほども説明した通り、総量規制では規制対象となっている業者全体で年収の3分の1までしか利用者に貸し付けることができません。
    そのため他者に現在借入がどれくらいあるのかを、この個人信用情報にて必ず確認しています。

    その他にも、他者との取引で返済遅れが多いなどの情報も確認できるのです。
    審査通過は可能だが、返済遅れが多く信用度が低いと判断されれば、その分限度額が低めに設定されてしまう可能性があります。

    ▼アイフルの返済について詳しく知りたい人は、

    を参考にしてみてください。

    FP2級技能士・宅地建物取引士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    アイフルの審査は「最短20分※」などという驚異的なスピードで行われます。 これを可能にしているのが「自動スコアリングシステム」と呼ばれるしくみです。 申込情報の項目一つ一つを点数化するなどして、いくらまでなら融資が可能かをコンピューターが自動的に判定するのです。 もちろん担当者の目によるチェックや調整も入りますが、機械判定が審査の基本となるのは間違いありません。 ちなみに最近ではAIを審査に導入する兆しもあり、従来型の審査とは違った結果も出るようになる予感がします。 なお、いずれにしても年収を「盛る」などの嘘の申告は絶対にNGですし、自分の能力以上の借入をしても良いことはありません。

    武藤 英次

    武藤さん

    ※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    アイフルで「限度額を引き上げる」方法

    このようにアイフルでは、「総量規制の範囲内」にて利用者の最高利用限度額をまず考慮し、審査後に正式な限度額が決定します。

    しかし新規申込時の審査で限度額が設定されたからといって、その後もずっと限度額が変えられないわけではありません。

    アイフルでは、「増額申請」という方法を利用して限度額を引き上げられる可能性があります。ここでは、アイフルで増額申請を行う手順や増額申請を行なった後の審査に通過するポイントを紹介していきます。

    増額申請の流れ

    アイフルで限度額を引き上げるためには、必ず増額申請を行う必要があります。増額申請は、スマホアプリから収入証明書を提出する方法のみです。

    増額審査に通るポイント

    増額審査では、以下の2つのポイントをおさえておくことで審査に通過しやすくなります。

    ポイント

    • 新規契約時よりも年収が上がっている
    • 新規契約時よりも信用度が上がっている

    先にも説明した通り、アイフルは総量規制対象の業者です。

    限度額を決める基準には、まず年収の3分の1以内であるということが第一条件となります。そのため年収が高ければ高いほど、総量規制で設定される限度額も高くなることがわかりますよね。

    年収300万円の場合は総量規制の上限は100万円ですが、年収600万円なら上限が200万円になります。

    また、新規契約時よりも信用度が上がっている場合にも審査に通過しやすくなります。勤務年数が新規契約時よりも長くなっていたり、勤務先での役職が昇格になっていたりすると審査に通過しやすいといえるでしょう。

    逆に転職したばかりで勤務年数が新規契約時よりも短くなっている場合には、審査通過が難しくなります。また、アイフルからの借入実績とその返済に遅れがないことなども、信用度を測るための重要な項目です。

    アイフルや他者取引での返済トラブルの履歴が見つかった場合にも審査落ちの可能性が高くなるでしょう。

    ▼アイフルの増額について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

    アイフル審査落ち「限度額引き上げ不可」の場合の対処法

    アイフルで増額申請をしたのに審査落ちとなってしまったという人もいるでしょう。

    増額が行えなかった場合には、他のカードローンで新規契約をして新たに限度額を設定してもらうという方法があります。

    アイフル以外の消費者金融や銀行カードローンなどに新規申込をして、他社で借入を行うのです。ただし、総量規制の対象となっている業者に申し込みをする場合には、アイフルの現在の借入額が審査に影響を及ぼします。

    また銀行などの総量規制対象外のカードローンで借入する場合でも、他社との取引は個人信用情報によって確認されているのです。他社借入のある状況でアイフルに新規申し込みをするということは、審査の段階でマイナスに働く可能性が高いといえるでしょう。

    ただしそれぞれのカードローンの審査は、申込内容や個人信用情報の総合評価で可否が決まります。そのためアイフルで借入しているからといって、絶対にその他のカードローンでは借入できないということはありません。

    複数社で借入をするのは、返済の管理がしにくいためオススメできませんが、どうしてもという場合には、利用を考えてみてもよいでしょう。

    ▼こちらでアイフル以外の消費者金融についても詳しく紹介しているので、ご参考にしてください。

    FP2級技能士・宅地建物取引士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    アイフルの増額審査に落ちてしまった場合、あなたの返済能力は限界ギリギリに既に達しているのは、ほぼ間違いありません。 転職や正社員登用などで収入が大幅に増加する、あるいは臨時収入で一括返済できる見通しがあるなどの理由があれば、他社に申込して一時的にしのぐのはアリでしょう。 しかし複数の借入は多重債務の入り口でもありますし、決して安易に新規の借入に頼ってはいけません。 負の連鎖を断ち切るのは、新規の借入ではなく「何にお金が消えているのか」を冷静に見極める理性です。 新型コロナ禍で周囲の意識も変わり、不要不急のお付き合いを減らすなどの工夫もしやすい環境と言えます。

    武藤 英次

    武藤さん

    アイフルの「限度額の引き下げ」方法はある?

    アイフルでは、限度額を引き上げるのとは反対に引き下げることも可能です。

    アイフルに問い合わせをしたところ、限度額の引き下げには増額時のような審査は不要とのことでした。ただし、限度額を引き下げるためには、限度額の変更手続きを行う必要があります。
    限度額の引き下げ手続きは以下のいずれかの方法で行います。

    限度額の引き下げ方法

    • 会員様専用ダイヤル(0120-109-437)へ電話での手続き
    • アイフル公式サイトの会員ページからインターネットでの手続き
    • 店頭窓口での手続き
    • 無人契約機での手続き

    まとめ

    今回はアイフルの初回限度額の決定方法や、増額・減額の方法などについて説明してきました。

    初回利用は限度額が50万円以下になることが多いですが、50万円もあれば現状の問題を解決できるかと思います。

    もし、「50万円以上必要なのに・・・」と思っている人は、本当にそうなのかを今一度考えた方が良いでしょう。無理な借入れは返済困難になりやすいです。

    どうすれば沢山借りられるかを考えるよりも、できるだけ借入金額を抑える努力をしたほうが賢明です。

    お金に困っている現状を解決することだけでなく、その後の返済をしっかりおこなえることも併せて考えましょう。

    アイフル
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大800万円最短20分※最短20分※
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年3.0%~18.0%30日間

    ※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    おすすめポイント

    • WEB完結!最短20分で審査完了!
    • 初めてなら最大30日間無利息!
    • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!

    アイフルの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.