2021.05.21 カードローン

おすすめカードローンを金利や目的別に比較 | 専門家インタビューとユーザーへの300名アンケートも

専門家:大竹のり子さん

ナビナビ編集部が厳選 おすすめカードローンBest9
カードローン

2021.05.21

おすすめカードローンを金利や目的別に比較 | 専門家インタビューとユーザーへの300名アンケートも

専門家:大竹のり子さん

保証人や担保不要で、審査に通過すればお金を借りられる「カードローン」ですが、銀行や消費者金融など数多くの金融機関が取り扱っており、何を選べばいいのか迷いますよね。

なんとなくのイメージだけで契約をしてしまうと、
「あのカードローンの方が金利をおさえて借りられたのに……」
「違うカードローンなら審査に通ったかもしれない……」
なんて後悔をしてしまうかもしれません。

この記事では、カードローンを利用した経験のある300人へのアンケートを行い、カードローンを選んだ理由や重視したポイントなどを調査。

さらにお金の専門家であり、雑誌やテレビで人気のお金のプロフェッショナルファイナンシャルプランナー・大竹のり子さんにインタビューを行い、お金を借りる際に注意しなくてはいけないことや、アンケート結果をもとにしたアドバイスを伺ってきました。

これからカードローンの利用を考えている方や、自分にぴったり合うカードローンを利用したい方に役立つ盛りだくさんな内容でお届けします。ぜひ参考にしてください。

初めての方におすすめのカードローンはこの3つ!

ずばり、初めての方におすすめのカードローンを先に3つ紹介します!

カードローン名 カードローンの特長
プロミス プロミス プロミス プロミス ・最短30分の融資が可能
・スマホアプリ「アプリローン」利用でローンカードがなくてもセブン銀行ATMが利用できる
・審査通過率41.1%
(2021年3月期の月次データより)
アコムアコム ・借入可能かすぐにわかる3秒診断(仮審査)
・審査回答まで最短30分
・審査通過率41.2%
(2021年3月期の月次データより)
(1社目に選ばれることが多く審査通過率が高め)
楽天銀行スーパーローン 楽天銀行スーパーローン ・ネット銀行ならではの金利
・初回申込のキャンペーンが多い
(開催時期などは不定期)
・楽天会員ランクに応じて審査優遇あり
※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇をうけられるとは限りません

カードローンを利用している300名にアンケートを実施。「初めて利用したカードローンを教えてください」という質問には、以下のような結果になりました。

グラフ:初めて利用したカードローンを教えてください

消費者金融で初めて利用したカードローンは「プロミス」と「アコム」がダントツです。

後述の「お金を借りる方法としてなぜカードローンを選んだのか」や、「カードローンを選ぶ上で重視したポイント」のアンケートによると、すぐにお金が必要だったり、知名度を重視したりする人には、消費者金融のカードローンを選ぶ傾向にありました。

さらに、表内でも記載しましたが、「プロミス」と「アコム」の審査通過率は約41%、つまり2.5人に1人の割合で審査に通過していることになります。(※ともに2021年3月期の月次データより。)

アコムに、審査通過率の高さに関して問い合わせてみたところ「1社目の消費者金融として選ばれることが多いので、審査通過率が高いようです」と回答をいただきました。

上記の理由から、初めてのカードローンを消費者金融から選ぶのであれば、やはり「プロミス」と「アコム」がおすすめです。

また、いま利用しているリアルユーザーに、「これから新しくカードローンを利用するならどこがいいか」を伺ってみました。

グラフ:これから新しくカードローンを利用するならどこが良いですか?

「プロミス」と「アコム」に続き、「楽天銀行スーパーローン」を挙げる人が多くいました。

ネット銀行ならではの金利設定や、楽天会員ランクに応じて審査の優遇があることも理由のようです。(※必ずしもすべての楽天会員が審査優遇をうけられるわけではありません)

初めてのカードローンで、どれを選んだらいいのか悩んでしまうという人は、

  • プロミス
  • アコム
  • 楽天銀行スーパーローン

この3つの中から検討するのがおすすめです。

お金の専門家・大竹のり子さんに聞く!お金を借りる注意点

カードローンは融資限度額(契約極度額)の範囲内であれば、何度でも借入や返済ができるため、ともすれば「お金を借りている」ということをつい忘れがちです。

ファイナンシャルプランナーの大竹のり子さんに、ナビナビ部編集で行ったアンケートも交えながら、お金を借りる際の注意点や、カードローンを選ぶときに気をつけなくてはいけないことをお伺いしました。

本記事の専門家について

大竹のり子さん

株式会社エフピーウーマン
代表取締役 大竹のり子さん ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
ファイナンシャルアカデミー取締役

詳しいプロフィールはこちら

お金が足りないままにせず、まずは収支を合わせ貯蓄ができる仕組みづくりを

編集部岸本

カードローンを利用してなぜお金を借りたのか、その理由を伺ったアンケート結果がこちらです。

グラフ:お金を借りた理由を教えてください

編集部岸本

お金を借りる理由としては生活費がダントツでした。生活費というと、なんだか漠然としていますよね?

お金を借りる人というのは、とても千差万別です。返せるアテがあるから借りる人もいれば、返せなくても借りちゃう人、返せるかどうか分からないけどやむを得ずという人もいらっしゃいます。

この「生活費」というのは、心理的な優先順位の表れだと思うんです。日本人はとても真面目ですから、家賃を踏み倒すとか、水道光熱費などのライフラインの支払いは優先順位として高くなり、後に残されたものが「生活費」のくくりになっていると思いますね。

大竹さん

編集部岸本

医療費や冠婚葬祭などは、お金を借りた人にとっては予想外の出費ですよね。

そうですね。そのための貯蓄ができていればいいのですが、仕方がなくてカードローンを利用するという方法もあるかと思います。

その場合、毎月いくらなら返済できるのかを考え、早めに返済することを考えて上手に利用してほしいと思います。

大竹さん

編集部岸本

クレカの支払いのためにカードローンを利用してお金を借りている人もいますね……。

クレジットカードで買い物をした時には支払えると思っていたのかもしれませんし、いまちょっと手持ちがないからクレジットカードで支払ったとか、お金を借りる理由と同様に、クレジットカードを利用した理由もそれぞれだと思います。

でも毎月、クレジットカードの支払いや生活費が足りなくなってしまうという人は、収支が合うように改善した上で、少しずつお金を貯める仕組みを作ることが大切だと思います。

大竹さん

編集部岸本

毎月のお金が足りないのに、お金を貯める仕組みづくりってできるものなんですか?そのためには何から始めたらいいんでしょうか?

最初に行ってほしいのは固定費の見直しですね。わかりやすい例を挙げると、保険の見直しです。保険って、保険料が安くなっても同じ保障を得られるというのはよくある話なんです。

特に女性は節約しなければとなると、電気代を節約するためにこまめにスイッチを切るとか、食費を抑えるというところに目が行きがちです。

でも家計改善は見直すと効果が大きなもの、1回見直すと効果が続くもの、我慢がいらないものというのが大きな3つの条件で、それを満たしているモノから見直すのが鉄則なんです。

保険のほかにも、スマホ料金なども見直すといいですね。見直して節約できる金額が5,000円だったとしたら、年間で6万円も節約できることになりますよ。

大竹さん

編集部岸本

なるほど。毎月にしたらほんの少しの節約でも、年間であれば結構な額になるんですね。毎月お金が足りないな……と感じたら、すぐに対策をするのが大切ですね。

ポイント

  • 突発的な支出でカードローンを利用する場合には早く返済することを考慮
  • 毎月の生活費が足りないから借りるのであれば、収支が合うように改善
  • 毎月の収支が合うようになったらお金を貯める仕組みを作る

いつお金が必要なのか先の見通しを立てカードローンと上手に付き合う

編集部岸本

カードローンを利用している人に、お金を借りる方法としてなぜカードローンを選んだのか聞いてみました。

グラフ:お金を借りる方法としてカードローンを選んだ理由を教えてください

編集部岸本

カードローンを利用する人の半数以上(54.3%)が、すぐにお金が必要だったからと答えています。切羽詰まっていると感じてしまうのですが……。

最近の消費者金融のカードローンなどは、申し込みをしたその日のうちに借りられることが多いですよね。すぐに必要という方は、おそらく貯蓄などはゼロだと思うんです。

利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れできるからという理由も、少額で済んでいるうちはいいですが、借りることがクセになってしまうことが懸念されます。

ただ、このアンケートを見ると無利息期間サービスや金利の低さに着目して利用している人もいますよね。

1カ月以内に返済できればデメリットはないということや、他と比較して返済金額を抑えることができるという計算が働いたと思うんです。

どのみち利用せざるを得ないのであれば、カードローンと上手な付き合い方ができると良いかなと思います。

大竹さん

編集部岸本

すぐに借りられることを考えるだけではなく、カードローンを利用する際にはデメリットは無いかを考えることも必要なんですね。

お金の話は、リテラシーに尽きると思います。いつ、どんな時にどれくらいのお金が必要になるのか、先の見通しをしっかりとすること。もちろん、その通りにならないことも多いですが、先が見えていれば、そのための準備はできますし、抑止力にもなります。

何か欲しいものがあったとして、でも何年後かにこのぐらいの金額が必要だから、今はそれを買うのは我慢しようとかね。なんでもかんでも我慢するのではなく、未来のための我慢であれば無理なくできると思うんですよ。

大竹さん

ポイント

  • カードローンを利用する際には無利息期間サービスなどの活用を考える。
  • いつ、どんな時に、どれくらいのお金が必要になるのか見通しをしっかりと。

カードローンの利用は知識を持って心して向き合う

編集部岸本

初めてカードローンを利用した年齢を聞いたところ、20~29歳までの20代で約半数、意外と年齢が若い人が使っていることが分かりました。これって何が理由なんでしょうか?

グラフ:初めてカードローンを利用した年齢を教えてください

私たちが若い頃と比べて、今の20代の方ってとても堅実なんです。そんな堅実な人がカードローンを利用するというのは、やはりそれなりの事情があると思います。

例えばですが、20代前半の方であれば社会人になったばかりなのでそれほどお給料は高くないなかで、奨学金の返済が始まる人も多いんです。奨学金の返済は、決して少なくない金額です。

いまは 企業側も働く側も、ワークライフバランスをとても意識 しています。働くだけじゃなくて余暇も大切だということですね。でもそれは、残業代も付かないってことなんです。

余暇はあっても使うお金がない、お金を使ってしまったら貯金ができないという状況に陥っている結果として、20代前半の方のキャッシングにつながってしまうのではないかと思います。

大竹さん

編集部岸本

では、20代後半が多い理由はどのようにお考えですか?

一概には言えないですが、20代後半の方は、これからの人生を考えて転職したり、何かを始めたりすることも多いんじゃないかと思います。

新卒で入社した会社を辞めて新しいスタートを切るまでの転職活動中の生活費として利用しているケースも少なくないような気がします。

大竹さん

編集部岸本

なるほど、転職ですか!確かに転職エージェントなどで転職成功者の年齢を見てみると、25歳~29歳の転職割合がいちばん多いようです。

転職や新しいスタートのために貯蓄ができていれば理想ですが、20代前半は先ほどの話ではないですがお給料も高くはありませんし、かといって20代後半と言えば、両親にも借りにくい年齢だとも思います。

そういったとき、カードローンはとても便利だとは思うのですが、その一方で、カードローンは使えば使うほど賢いというサービスではありません。使う側もしっかりとした知識を持って、心して向き合わないといけないと思います。

大竹さん

ポイント

  • カードローンは使えば使うほどいいというサービスではないことを考慮。
  • 利用するならしっかりとした知識をもって、心して使うことを意識する。

目的別で見つける!おすすめカードローン9選

大竹さんに教えてもらったカードローン選びの注意点と、カードローンユーザー300人へのアンケート結果をもとに、目的別のおすすめカードローンをナビナビ編集部がピックアップしました。

自分に合うカードローン見つけることで、お金を賢く上手に借りることができるようになります。

目的 金融名 おすすめポイント
すぐに借りたい プロミス スマホ申込みなら最短15秒審査!最短30分での融資も可能
瞬フリで最短10秒振込(※瞬フリ対応の銀行口座が必要)
アコム 最短30分で審査回答&即日融資可能
楽天銀行の口座なら振替受付から最短1分
アイフル 1秒診断、最短10秒振込、急ぎ審査のお願いができるなど早さにこだわりあり
バレずに借りたい SMBCモビット WEB完結申込で勤務先への電話連絡や郵便物がなしになる
安心して借りたい 三菱UFJ銀行バンクイック 全国提携コンビニATMでいつでも何回でも利用手数料が0円!
みずほ銀行カードローン 銀行カードローン内でも金利水準が低めに設定されている
さらに住宅ローンの利用でカードローン金利が年0.5%引き下げに
損なく借りたい レイクALSA WEB申込なら60日間無利息、5万円までなら180日無利息と無利息サービスが充実
大きな金額を借りたい PayPay銀行 限度額1,000万円までの大型融資が可能
初回限定で30日間の無利息特約(無利息期間サービス)あり
借りながら得もしたい 楽天銀行スーパーローン 最大3万ポイントがもらえる。
楽天会員ランクに応じて審査優遇あり
※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇をうけられるとは限りません

すぐに借りたいなら審査と銀行振込のスピードを重視

大手消費者金融であれば、審査に最短30分、融資まで最短60分と謳っているのが一般的です。

これはあくまでも最短であるため、実際にはもう少し時間がかかると考えられます。

また、銀行カードローンは警察庁のデーターベース照会が義務付けされており、審査に時間がかかるため即日融資はできません。

そのため、申し込んだその日のうちにお金を借りたいと希望するのであれば、消費者金融を選ぶ必要があります。

さらにその中でも、融資までの早さにこだわったカードローンと言えば、「プロミス」「アコム」と「アイフル」が挙げられます。

プロミス|最短30分での融資も可能に!

プロミス プロミス
利用限度額 審査時間 融資までの時間
最大500万円 最短15秒回答 最短30分※
借入金利 無利息期間サービス 土日の借入
年4.5%~17.8% あり

※スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00、融資上限は50万円まで。※審査回答までの時間は状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって振込みまでの時間が異なる場合あり。

プロミス最大の魅力は「融資スピード」と「無利息期間サービス」。無利息期間のスタートは「初回利用日の翌日から」なので、30日間フル活用が可能!

おすすめポイント

  • Web契約で最短30分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関口座が必要)
  • 申し込み・借入・返済24時間OK!(メンテナンス時間除く)

プロミスは最短30分で融資が可能としていますが、さらに最近では、スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用すると、最短30分での融資が可能としている点に注目です!

「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00、融資上限は50万円までという縛りはありますが、最短30分融資は他の消費者金融とは一線を画しています。

ただしあくまでも「最短時間」ですので、混雑状況や審査の進み具合により時間が遅れることがあることをご留意ください。

また、カードレスでの利用ができる「アプリローン」や、三井住友銀行やPayPay銀行など全国約200の対応金融機関で24時間365日土日・夜間(※メンテナンス時間除く)でも最短10秒振込みが可能な瞬フリサービスなど、スピーディで便利なサービスが充実しています。

アコム|カードローンランキング3部門で1位を獲得※

アコム
利用限度額 審査時間 融資までの時間
最大800万円 最短30分 最短即日
借入金利 無利息期間サービス 土日の借入
年3.0%~18.0% あり ○※

※金融機関によっては17:30以降の振込受付は翌営業日の9:30になる可能性あり

三菱UFJフィナンシャル・グループに属しており、マスターカードがライセンスを与えている国内唯一の消費者金融事業者であるなど、抜群の信頼性を誇ります。

おすすめポイント

  • はじめての方は30日間金利0円
  • 最短30分で審査回答&即日融資可能
  • 楽天銀行の口座があれば振替受付から最短1分振込

「はじめてのアコム」のキャッチフレーズ通り、カードローン初心者に絶大な人気を誇るのが「アコム」です。

ナビナビの調査で「初めての人におすすめのカードローン」として冒頭に記載していますが、アコム独自のリサーチでも「初めての方にオススメ」「即日欲しい人向け」「手続きがわかりやすい」の3部門で1位※を獲得していることに注目です。

個人情報などを入力して審査を受けるカードローンだからこそ、すぐに借りれることに加え、手続きのわかりやすさは安心して申し込むことができます。

※アコムでの調査概要
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年1月8日~12日
調査概要:カードローン7社を対象にした比較イメージ調査
調査対象:2,658名(男女、20~69歳、全国)
調査実施:株式会社ショッパーズアイ
比較対象企業:「カードローン」Google検索7社
(2020年11月12日13時00分時点)
※記事・広告・まとめサイト・銀行・信用金庫を除く

アイフル|急ぎの時には申込後に電話連絡

アイフル
利用限度額 審査時間 融資までの時間
最大800万円 最短25分※ 最短25分※
借入金利 無利息期間サービス 土日の借入
年3.0%~18.0% あり

※インターネットからの申し込みに限る

通常のWEB完結でもスピーディな対応ですが、どうしても優先してほしいという人には専用ダイヤルを設けているなど利用者に寄り添ったサービスに定評あり。

おすすめポイント

  • WEB完結なら最短25分で審査完了!
  • 初めての方は最大30日間無利息
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」で24時間の相談が可能

「愛がいちばん」のキャッチフレーズでおなじみの「アイフル」は、大手消費者金融のなかで唯一、バックボーンに銀行を持っていません。

しかし地方銀行系カードローンの保証会社を数多く担うなど、他の消費者金融にも負けず劣らない信用や実績を誇ります。

アイフルでは急いで借りたいユーザー向けに、公式サイトに「お急ぎのとき」として審査時間を短縮できる方法を記載しています。

その方法は、WEB申込をした後、【アイフル】カード申込・受付完了メールが届いたらフリーダイヤル(0120-337-137)に電話をして、急ぎである旨を伝えることだけです。

電話をするだけで優先して審査を行ってくれるので、なるべく早く借りたいという人は忘れずに電話をしてください。

誰にもバレずに借りたいなら勤務先への電話も回避

カードローンを利用するうえで心配なのが、家族や勤務先に借金をしていることがバレることも挙げられるでしょう。日本人は「借金嫌い」と言われ、理由はさておき、お金を借りていることにいい印象がないからです。

カードローンを利用する際には必ず審査があり、その審査の過程で「在籍確認」という、勤務先への電話が行われます。

もちろん、各金融業者はプライバシーに配慮し、カードローンの審査で電話をしていることを職場に伝えることはありませんが、その電話からバレることを恐れる人もいるのです。

そんな在籍確認の電話を確実に回避できるのはSMBCモビットだけです。

SMBCモビット|WEB完結申込なら電話連絡&郵送物なし

SMBCモビット
利用限度額 審査時間 融資までの時間
最大800万円 10秒簡易審査 最短即日※
借入金利 無利息期間サービス 土日の借入
年3.0%~18.0% なし ○※

※申込の曜日や時間帯によっては最短即日ではなく翌日以降の取扱になる
※振込融資の場合、金融機関により翌営業日の9:30頃になる可能性あり

SMBCモビットは「WEB完結申込であれば勤務先への電話連絡はない」と公式サイトで記載されており、在籍確認の電話を避けたい人にオススメです。

おすすめポイント

  • 申込から契約までWEBで完結
  • WEB完結なら勤務先への在籍確認電話がなし
  • 三井住友銀行ATMなら手数料無料

三井住友銀行と同じSMBCグループ傘下であり、消費者金融だが銀行色の強いイメージの「SMBCモビット」。

三井住友銀行ATMであれば借り入れも返済も手数料が無料なので、三井住友銀行の口座を持っているとスムーズに利用できます。

また数多くのカードローン商品のなかで、公式サイトで「WEB申込であれば勤務先への電話連絡なし」と明記しているのはSMBCモビットのみです。

WEB完結を行うためには、以下の5つの条件をクリアする必要があります。提出する書類が通常の申込より多くなりますが、どうしても電話連絡は困る……という方には、かなりうれしいサービスになります。

SMBCモビットでWEB完結をするための5つの条件

1 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれの本人確認名義口座を持っている
2 全国国民健康保険協会発行の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証を持っている
3 運転免許証もしくはパスポートの写しを提出できる
4 現在の収入を証明できる書類として、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月分※)のいずれかの写しを提出できる
5 勤務先を確認できる書類として、社会保険証もしくは組合保険証と給与明細書(直近1ヶ月分)の写しを提出できる

メガバンクのカードローンなら信用度や安心感も抜群

ナビナビ編集部が行ったアンケートの中で、カードローンを選ぶ上で重視したポイントを3つ伺ったところ、以下のような結果になっています。

グラフ:カードローンを選ぶ上で重視しているポイントを3つ選んでください

カードローンを選ぶポイントは安心感と金利が2トップで、それぞれ4割を超えています。

安心感と金利の両方をかなえるカードローンと言えば、やはり銀行のカードローンと言えるでしょう。

銀行の中でもカードローン利用者が数多く利用していたのは、三菱UFJ銀行のバンクイックでした。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」|メガバンクカードローンの安心感が魅力

三菱UFJ銀行バンクイック
利用限度額 審査時間 融資までの時間
最大500万円 最短翌営業日以降 最短翌営業日以降
借入金利 無利息期間サービス 土日の借入
年1.8%~14.6% なし ○※

※三菱UFJ銀行ATM、並びに提携コンビニATMは毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00は利用できません

三菱UFJ銀行が提供する安心感が魅力のカードローン「バンクイック」。借入金額によるが最低約定返済額は毎月2,000円(※借入利率年8.1%超の場合)と家計に優しい返済が可能。

おすすめポイント

  • メガバンクカードローンの安心感
  • 三菱UFJ銀行ATMや提携ATMの利用手数料が無料
  • 返済日を自分好みに設定できる

国内の3大メガバンクの1つであり、東京外国為替市場のお客さま評価で14年連続第1位を誇る三菱UFJ銀行。(※2020年も獲得しているので15年連続が確定)

その三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」なので、その安心感や信頼性はピカイチと言えるでしょう。

金利に関しても、消費者金融のカードローンの多くが3.0%~18.0%に対し、バンクイックは年1.8%~14.6%と低めの設定になっています。

また、三菱UFJ銀行ATMはもちろん、提携コンビニATMの利用手数料も無料なので、余計な出費もなく利用することができるのも魅力です。

みずほ銀行カードローン|住宅ローンと利用するとさらに借入金利が引き下がる

利用限度額 審査時間 融資までの時間
10万円~800万円 - -
借入金利 無利息期間サービス 土日の借入
年2.0%~14.0%※1 なし ○※2

※1:住宅ローンの利用でカードローンの金利を年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%
※2:土曜日22:00~翌日曜日8:00、第1・4土曜日の3:00~5:00はシステム調整のため、みずほダイレクトを利用しての振込キャッシングの利用不可

三菱UFJ銀行と同様、国内の3大メガバンクの一角であり、みずほフィナンシャルグループ傘下の銀行です。宝くじを販売しているのがみずほ銀行なので、親しみやすいイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

みずほ銀行カードローンの魅力は、他の銀行カードローンと比べても金利が抑えられるところです。金利は一般的に、最高金利で比較するのですが、前述のバンクイックの金利が年1.8%~14.6%に対し、みずほ銀行カードローンは年2.0%~14.0%です。

また、みずほ銀行で住宅ローンを利用するのであれば、さらに金利が引き下がり、年1.5%~13.5%になります。

計画的に利用しつつも、なるべく利息を抑えて返済したいという人におすすめです。

余計な出費を抑えて損なく借りるなら

カードローンを利用すると、必ず金利(利息)が発生します。

例えば5万円を年利18.0%で借りると、1回で返済すれば261円、1年間かけて返済すると4,589円になります。

この出費をできれば抑え、少しでも損しないようにお金を借りるのであれば、無利息期間サービスを利用するのがおすすめです。

無利息期間サービスと言えば一般的には契約日から30日間になりますが、次に紹介する「レイクALSA」は、他とは異なる無利息期間サービスを展開しています。

レイクALSA|WEB申込で無利息期間が60日

利用限度額 審査時間 融資までの時間
最大500万円 申し込み後最短15秒 WEBで最短60分も可能
借入金利 無利息期間サービス 土日の借入
年4.5%~18.0% あり ○※

※最短即日融資は21:00(日曜日は18:00)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中の振込みが可能。初めて利用するの方への当日融資は、8:00~22:00(毎月第3日曜日は8:00~19:00) にて対応。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

「レイクALSA」は新生銀行グループの新生フィナンシャル株式会社が提供するカードローンです。

審査時間がお申込み後、最短15秒とスピーディですが、本審査があるため融資までは「WEBで最短60分も可能」となっています。

レイクALSAで特筆すべきは、無利息期間サービスのバリエーションの多さでしょう。初回契約者に限定されますが、申込方法や契約金額により30日、60日、180日を選ぶことができます。(※併用はできません)

無利息期間※ 30日 60日 180日
申込方法 電話・自動契約機 Web申込限定 電話・Web・自動契約機
契約極度額 1万~500万円まで 1万~200万円まで 1万~200万円まで
無利息の上限金額 なし
(借入全額が対象)
なし
(借入全額が対象)
5万円まで
(5万円超過分は金利発生)

※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率はご契約額および利用残高に応じて異なります。

Web申し込み限定の60日は、通常より日数も長く、金額の制限がないのでいちばんおすすめです。

大きな金額を利用したいなら最高限度額をチェック

グラフ:カードローンを選ぶ上で、一番大きな借り入れ金額を教えてください

ナビナビ編集部で行ったアンケートによると、もっとも大きなカードローンの借入金額は「100万円以上」が最多でした。

こちらを大竹さんにもお伺いしたところ、なんと実際に100万円以上をカードローンで借り入れているケースもご存じとのことでした。

独立して何かを始めたいと思ったとき、銀行に融資を通せるような事業計画はない、もしくはその書類提出が少し面倒だという場合には、カードローンでお金を工面する人もいるようです。

カードローンの中でも事業資金として利用できるものもなくはないですし、確かにスピード感や手続きの簡単さではカードローンに軍配が上がりますからね。

大竹さん

消費者金融や銀行カードローンの限度額は500万円から800万円と、100万円は優に超えています。しかしより限度額が大きければ、大きな金額を借り入れる可能性が高いと言えます。

PayPay銀行カードローン|メガバンクに並ぶスペックの高さが魅力

利用限度額 審査時間 融資までの時間
最高1,000万円 最短60分※(仮審査) --
借入金利 無利息期間サービス 土日の借入
年1.59%~18.0% あり

※審査時間は仮審査の結果が知らされる最短時間。その後、本審査があり、本審査に通過しないと利用不可

日本初のネット専業銀行(ジャパンネット銀行)が、2021年4月にPayPay銀行として生まれ変わりました。

ネット銀行ならではの金利スペックは、大手メガバンクに匹敵!さらに契約限度額は1,000万円と、カードローンの中でも大きな金額融資を可能としています。

また銀行では珍しい、30日間の無利息特約(無利息期間サービス)があり、さらに初めての借入から無利息特約がスタートするので、30日間を無駄なく活用できるのも魅力です。

借りながら得もしたいならポイント付与に注目

コロナ禍でキャッシュレス支払いが急速に進み、ポイ活をしている人も数多く見るようになりました。

借入金額に応じてポイントが貯まるカードローンはいくつかありますが、ポイ活も含めて考えると、やはり「楽天経済圏」の存在は外せません。

楽天銀行スーパーローン|登録だけでも楽天会員ステージがランクアップ

楽天銀行スーパーローン
利用限度額 審査時間 融資までの時間
最大800万円 最短翌日 最短翌日
借入金利 無利息期間サービス 土日の借入
年1.9%~14.5% あり※

※楽天銀行の普通預金口座の開設と、楽天銀行スーパーローンの申し込みを同時に行い、返済の振替口座として楽天銀行口座を登録した場合で、かつ初回借り入れのみが30日間の無利息期間の対象

楽天銀行の口座を持っていなくてもカードローンの申し込みや利用がOK。またカードローン申込と同時に口座開設を行えば特典があるなどサービスが充実。

おすすめポイント

  • 入会&利用キャンペーンを実施(期間により内容は異なる)
  • ネット銀行ならではの金利設定
  • コンビニATMやネットキャッシング手数料が無料

楽天ユーザーであればおなじみの「楽天銀行」が提供するカードローンが、楽天銀行スーパーローンです。

インターネット専業銀行のメリットを生かし、申し込みから契約まですべてWebで行える手軽さで人気を博しています。

楽天銀行スーパーローンは入会するだけで1,000ポイント、利用金額に応じて最大3万ポイントがもらえるため、かなり効率のいいポイ活が行えます。※キャンペーンは予告なく変更することがあります

また、今まで楽天銀行口座を持っておらず、楽天スーパーローンと同時申し込みをするだけで無利息期間サービスが利用でき、会員ステージが1ランクアップするなど、かなり会員サービスに力を入れています。

さらに楽天銀行のハッピープログラムにエントリーをすれば、ATM利用料が会員ランクに応じての回数分が無料になったり、楽天ポイントの獲得倍率がアップしたりと特典も数多く受けられます。

まとめ

消費者金融や銀行が提供するカードローンとは正直、縁のない生活が望ましいです。しかしどうしても急にお金が必要になってしまったとき、カードローンはとても頼れる存在であるとも言えます。

この記事では初めて利用するおすすめカードローンや目的別に応じたおすすめカードローンを、お金のプロフェッショナルである大竹さんへのインタビューや、カードローンユーザーへのアンケートをもとに導き出し、紹介してきました。

自分に合うカードローンが選べることで、お金を借りることと上手に付き合っていくことができるでしょう。

最後に、大竹さんにメッセージをいただきました。

毎日の生活の中で、目の前のお金が足りない!というときに、どうしてもカードローンなどを利用する以外の選択肢が浮かばないという気持ちは分かります。

でも、それが問題の解決にならないのも事実です。今後そういう状況にならないようにするために、先回りして先述した家計改善を考えてみてください。

固定費を見直せば、翌月から効果が出ます。一つひとつ見直すと面倒と思うでしょうが、行動することがまず大切なんです。年末の大掃除と一緒です。面倒だけどこの日は徹底的に見直しをする!と決めて、あとはネットでひたすら情報を集めたり、資料を送ってもらうなどして、どんどん見直しを行ってください。

今は比較サイトなども充実しています。そういうものも上手に活用していくと効率よく見直しができると思いますよ。

収支が合うことが0地点だとするなら、少しずつでも普段から貯蓄のクセをつけて、マイナスでの借り癖からプラスの貯蓄癖へと針を振り切る気持ちが大切です。

カードローンと上手に付き合いつつも、いつかはカードローンから卒業できるように頑張ってください。

大竹さん

本記事の専門家について

株式会社エフピーウーマン
代表取締役 大竹のり子さん ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
ファイナンシャルアカデミー取締役

金融専門書籍や雑誌の編集者を経て、2001年にファイナンシャルプランナーとして活動を開始。現在は女性ならではの視点から「お金の教養」を伝えつつ、家計管理、資産運用、不動産、保険、年金など幅広いお金の知識で新聞や女性誌への連載、テレビ・ラジオへの出演などを数多く行っている。

また、日本証券業協会(JSDA)で金融・証券教育広報委員を務めるなど、金融教育やNISA等の普及活動にも幅広く携わる。

「美しく生きる女(ひと)のお金の作法」、「老後に破産しないお金の話」、「明日からお金を増やす方法大事典」など著書・監修書は約60冊に及ぶ。

本記事の執筆者について

岸本 亜子

ナビナビ編集部 岸本 亜子

株式会社エイチームフィナジーが運営する「ナビナビキャッシング」「なるほど!カードローン」の編集者。
カードローンなど専門知識が必要な金融商品に関して自らインタビューやリサーチなどを行い、正確にわかりやすく伝えることを大切にしています。
簿記検定1級、所得税法や法人税法の資格も所持。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

本記事にて使用したアンケート概要

調査内容 カードローンの利用状況に関する調査
調査方法 インターネットによる調査
調査対象 全国にお住いの20歳~69歳で、3年以内にカードローンを利用した経験のある人
実施期間 2021年3月22日~3月23日
有効回答数 331
調査機関 fastask

© 2021 Ateam Finergy Inc.