Operated by Ateam Inc.

イーデス

Chordia Therapeutics (190A) 【IPO初値予想・上場情報】

最終更新日:

このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

Chordia Therapeutics(190A)

評価
C

予想レンジ:1.0倍〜1.5倍

メリット

  • オファリングレシオが低い
  • 公募比率が高い

デメリット

  • 上位株主にVC比率が多い
  • 業績が微妙
上場日2024/6/14
申込期間2024/5/30~2024/6/5
当落発表日2024/6/6
上場市場グロース
当選口数91,000口
主幹事企業SBI証券
黒澤

個人投資家

黒澤さんの評価

評価
D

初値予想:130円~170円

予想レンジ:~1.0倍

SHO

個人投資家

SHOさんの評価

評価
C

初値予想:145円~170円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

佐藤真奈美

金融ライター

佐藤真奈美さんの評価

評価
C

初値予想:153円~230円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

A2.0倍~

B1.5倍〜2.0倍

C1.0倍〜1.5倍

D~1.0倍

  • ※専門家の初値予想の平均値で評価A〜Dを算出しています

Chordia Therapeutics(190A)の抽選に参加できる
おすすめ証券会社

SBI証券

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
必要

公式サイト

岡三オンライン

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
不要

公式サイト

松井証券

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
不要

公式サイト

【専門家評価】Chordia Therapeuticsの初値予想

黒澤さん

個人投資家

黒澤さんの評価

「96ut.com」などの投資情報サイトを運営する個人投資家

評価
D

初値予想:130円~170円

予想レンジ:~1.0倍

専門家アイコン専門家の解説

一発当たるかのバイオIPO。売上もこれまではマイルストンのライセンス収入2回の受領のみ。2023年9月に上場予定だったが地合いを理由に中止。約9ヶ月後の再挑戦だが、バイオIPOに対する状況が良くなっているとは思えないところ。主幹事も野村證券からSBI証券へバトンタッチされているのは気になる。事業内容は「RNA制御ストレスを標的とするがん治療薬の開発」でがん治療として有用性は期待されており、後は治験がうまく進めばというところ。しかし、それまで研究資金が嵩みそう。既存株主にはベンチャーキャピタルからの出資が山盛りで、今回はロックアップに価格解除要件を付けず厳しくなった。それでも先々の売り圧となる印象は変わりなく、ストック・オプションも1~68円で発行されている。100円台の低位株を魅力と感じるか、妙味に欠けるか?は人それぞれ次第。個人的には妙味に欠けると感じる評価。

SHOさん

個人投資家

SHOさんの評価

IPO投資を中心とした個人投資家・ブロガー

評価
C

初値予想:145円~170円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

専門家アイコン専門家の解説

Chordia Therapeutics(190A)は、がんの新たな特徴として見出されたRNA制御異常を標的とするがん治療薬の開発しているバイオベンチャーです。ちなみに、2023年9月に新規上場する予定を中止していたので、仕切り直しての新規上場になります。想定価格は前回とほぼ同じですが、公募株数は減少しているため、規模も28.8億円から16億円へと小さくなっています。また、海外市場への販売や計4.5億円の親引けも予定されているので、規模はより縮小されると思います。さらに、VCの保有株には価格による解除条項なしで90日間のロックアップが掛かっているため、需給面は前回よりもかなり改善された印象です。ただ、事業内容には社会的意義があるものの、業績は赤字見込みなので、赤字のバイオベンチャーということで警戒されそうです。よって、Chordia Therapeuticsは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

佐藤真奈美さん

金融ライター

佐藤真奈美さんの評価

投資会社でファンド運用を行う金融ライター

評価
C

初値予想:153円~230円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

専門家アイコン専門家の解説

Chordia Therapeutics株式会社は、6人の元武田薬品研究者が武田薬品時代に研究していたいくつかの抗がん剤プロジェクトを引き継ぐ形で設立した、がん領域の研究開発に特化したバイオベンチャー企業です。2つの遺伝子が同時に抑制された時に細胞死が起こる「合成致死性」を利用した低分子抗がん剤の研究開発を行っています。公募比率が高いことや、オファリングレシオが低い点は安心できます。想定価格は割高ではあるものの153円と価格そのものは非常に安く、資金の少ない投資家でもチャレンジしやすい点も評価できるでしょう。上位株主の多くがベンチャーキャピタルですが、全員に期間のロックアップがかかっている点もプラス材料です。一方で、赤字続きである点は懸念されます。ベンチャーキャピタル自体がIPOでは人気を集めにくい点も気になるでしょう。それでも、想定価格が非常に安いため、それなりに買いが集まるかもしれません。

Chordia Therapeutics(190A)の抽選に参加できる
おすすめ証券会社

SBI証券

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
必要

公式サイト

岡三オンライン

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
不要

公式サイト

松井証券

新NISA対応

当選本数
-
事前入金
不要

公式サイト

Chordia Therapeuticsの公開価格・初値

想定価格153円
初値予想130円~230円
仮条件143円~153円
公開価格-
初値-
  • ※初値予想は専門家予想の下限~上限を記載しています
  • ※本記事の初値予想はあくまで予想であり、結果を確約するものではありません。

想定価格の153円を基準とすると、初値売りの予想利益は-2,300円~7,700円です。

Chordia TherapeuticsのIPOスケジュール

申込期間(ブックビルディング期間)2024/5/30~2024/6/5
当落発表日2024/6/6
購入期間2024/6/7~2024/6/12
上場日2024/6/14
  • ※証券会社によりスケジュールが異なる場合があります

ブックビルディング期間中に取り扱いのある証券会社から申込を行いましょう。
なお、当選しても購入期間中に購入申込を行わなかった場合は購入できなくなってしまうため注意しましょう。

当選しても購入申込しなかった場合、ペナルティが課される証券会社もあります。

SBI証券(※)、野村證券岡三オンラインマネックス証券などは購入辞退してもペナルティがかかりません。

  • ※IPOチャレンジポイントを使用した場合はポイントが消滅します

Chordia Therapeuticsの当選本数

公募株数9,100,000株
売出株数(OA含む)-
当選株数合計9,100,000株

Chordia Therapeuticsの単元株は100株なので、当選本数は91,000本です。

当選本数も多く、比較的当選しやすい銘柄です!

Chordia Therapeuticsの主幹事・幹事会社

主幹事の証券会社は、幹事の証券会社よりも割り当てられるIPO株数が多くなっています。

そのため、主幹事会社で応募したほうが比較的当選する確率は高いといえます。

ただし、人気の証券会社では応募者数も多く、当選倍率が高くなることも考えられます。

主幹事の証券会社に合わせて、事前入金不要で口座開設数(ライバル)も少ない「穴場証券会社」の口座を持っておくことが当選確率を上げるコツです!

Chordia Therapeuticsの基本情報

会社名Chordia Therapeutics
銘柄コード190A
上場市場グロース
設立2017/10/12
業種医薬品
資本金90,000,000円