Operated by Ateam Inc.

イーデス

AI株価予想アプリのおすすめランキング!予想は本当に当たる?

最終更新日:

AI株価予想アプリおすすめランキング!予想は本当に当たる?
株のチャート・おすすめアプリ
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

おすすめのAI株価予想アプリTOP3は以下のとおりです。

おすすめAI株価予想アプリ

1

moomoo証券ロゴ

moomoo証券

AI株価予想が無料で利用できる
全世界ユーザー数2,100万人突破

2

ウェルスナビのロゴ

ウェルスナビ

AIに株価予想~運用までおまかせ

預かり資産・運用者数No.1(※)

3

ROBOPRO

ROBOPRO

AIに株価予想~運用までおまかせ

約4年で+60%以上のパフォーマンス

急速に進化するAIを活用した「AI株価予想アプリ」は、投資判断や投資行動を助ける、便利なサービスだといわれています。

なかには、株価の予想・予測機能に加えて実際の資産運用まで可能なアプリもあり、人気を集めています。

一方で、AIのアドバイスが本当に的中するのか、不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、おすすめAI株価予想アプリのランキングや、実際にAIの株価予想がどれぐらい的中しているかなどを紹介していきます。

\ダウンロード無料の投資アプリ/

moomoo証券バナー
  • 全世界ユーザー数2,100万人突破!
  • 2,500を超える投資勉強コンテンツ
  • 業界初!米国株の取引が24時間可能
  • 米国株取扱いが業界最高水準の7,000!
moomooを
ダウンロードする

【掲載情報について】
2024年4月22日時点のデータを掲載しています。

気になる内容をタップ

AI株価予想アプリとは

AI株価予想とは「AI技術を使って株価に関連する情報を収集・分析し、その銘柄の株価予想や予測を行うもの」です。

具体的なAIの活用方法はそのアプリやツールによって異なります。

例えば

  • ロボアドバイザーのウェルスナビでは、ユーザーの投資意向に沿って分散投資を行いますが、そのための商品選びや投資の実行、ポートフォリオを最適化するためのリバランスなどにAIが活用されています。
  • また、数日後に急騰する銘柄を教えてくれるStock Magnitudeでは、株の買い建てや売り建て、損切り、利益確定などの売買行動全般をAIが行っているようです。

なお、AI株価予想アプリは機能の違いなどから以下のような種類に分けられます。

自分の目的や意向に合ったものを利用しましょう。

AI株価予想アプリの機能の種類

  • AIが株価予想・予測を行うアプリ
  • アプリAIが株価予想・予測を行い運用まで行うアプリ
  • アプリAIが株価予想・予測を行い投資の助言を行うアプリ
タイアッププログラム開催中!
ここから口座開設で1,000円プレゼント!
※キャンペーン条件は公式サイトで必ずご確認ください

ウェルスナビの
詳細はこちら

    今から活用したい!おすすめのAI株価予想アプリをランキングで紹介

    では実際に、どのようなAI株価予想アプリを使えばよいのでしょうか。

    おすすめランキングはこちらです。

    おすすめのAI株価予想アプリランキング

    【選定基準】
    ※株式分析の実績が豊富か、株価予想だけでなく投資判断も行えるか、無料もしくは安価で利用できるかを基準として選出

    1.moomoo証券

    moomoo証券アプリは元々、株式のリアルタイムデータや投資家動向などの分析コンテンツを扱う金融情報アプリでした。

    それが2023年9月から米国株取引、2024年3月より日本株取引ができる証券会社のアプリとして生まれ変わっています。

    元々金融情報アプリだったこともあり、豊富な情報量と精緻な分析データを利用できることが大きな強みです。

    加えて最近はAIを積極的に活用している印象があり、高度なAI技術を活用した株価チャートAI予測機能や、AIが自動で銘柄識別するパターンスクリーナーなど、いたるところにAIが生かされています。

    NISAにも対応しており、AIを活用した銘柄分析から実際の投資行動まで、一気通貫で対応できるアプリです。

    運営会社moomoo証券株式会社
    種類AIが株価予想・予測を行うアプリ

    費用・手数料

    (税込)

    無料

    ※株式投資は手数料別途

    主な機能・株価チャートAI予測
    ・自動で銘柄識別するパターンスクリーナー
    ・パターン判定で自動的に投資リスクの見極め
    NISAの利用

    可能

    (NISA口座の開設が必要)

    moomoo証券アプリを
    ダウンロードする

    2.ウェルスナビ(WealthNavi)

    ウェルスナビは、AIを活用して自動的に資産運用が行えるロボアドバイザーのひとつです。

    サービスが開始されたのは2016年で、日本のロボアドバイザーのなかでは長い歴史があります。

    そのため利用者も多く、2024年1月には預かり資産が1兆円を突破しました。

    ウェルスナビが得意とするのは、「長期・積立・分散」をコンセプトとした、超長期の自動的な資産運用です。

    仮に2016年1月から2024年3月までウェルスナビで資産を運用していた場合、自分で取引する手間をかけずに、資産を約1.8倍に成長させられたという試算が出ています。

    このサービスは月1万円から積立投資が可能なため、AIを生かした投資を始めるハードルは低めです。

    その際は、原則として年1.1%(税込)の手数料がかかる点に注意しましょう。

    コストの低い投資信託やETFと比較すると1.1%は高いといえるため、自動運用できるメリットと比較しながら検討するのがおすすめです。

    運営会社ウェルスナビ株式会社
    種類AIが株価予想・予測を行い運用まで行うアプリ

    費用・手数料

    (税込)

    年1.1%

    ※ 3,000万円超の部分は、年0.55%
    ※「長期割」の場合、0.99%まで手数料を引き下げ

    主な機能・毎月、自動的に積立投資を実施
    ・自動的に資産を配分
    ・自動で買付、売却、リバランス
    ・自動でNISAを利用
    NISAの利用

    可能

    (NISA口座の開設が必要)

    タイアッププログラム開催中!
    ここから口座開設で1,000円プレゼント!
    ※キャンペーン条件は公式サイトで必ずご確認ください

    ウェルスナビの
    公式サイトはこちら

    3.ROBOPRO

    ROBOPROは、AIが金融市場予測を行い、その結果に基づいて投資判断を行うサービスです。

    ロボアドバイザーの一種ですが、他のサービスと比較してAIの活用度合いが大きく、金融市場を細かく先読みして投資配分を調整しています。

    ROBOPROもウェルスナビと同じく、AIの株価予想などを実際の投資行動に反映して、自動で資産運用を行います。

    その投資姿勢の特徴は、リスクとリターンのバランスを取りながらも比較的積極的に投資を行っている点です。

    仮に2020年1月から2024年2月までROBOPROで資産運用を行った場合、資産が68.84%増えていたというデータが出ています。

    ※参照元:AI投資 ROBOPRO(ロボプロ)

    なお、最低投資額は10万円からで、積立投資の場合は月1万円から行えます。

    コストとしてかかるのは、原則として年1.1%(税込)の手数料です。

    しかし、継続利用しているユーザーを対象に、抽選に当たると手数料の一部もしくは全部がキャッシュバックされる「長期積立特典 抽選プログラム」もあり、ユーザーにコストを還元するような取り組みが行われています。

    運営会社株式会社FOLIO
    種類AIが株価予想・予測を行い運用まで行うアプリ

    費用・手数料

    (税込)

    年1.1%

     ※3,000万円超の部分は、年0.55%
    ※長期積立特典あり

    主な機能・毎月、自動的に積立投資を実施
    ・自動的に資産を配分
    ・自動で買付、売却、リバランス
    NISAの利用

    不可

    ROBOPROの
    公式サイトはこちら

    4.じぶん銀行

    じぶん銀行のアプリでは、AIが今後の日本の株価動向を分析・予測する「AI日本マーケット予測」が利用できます。

    このサービスは、AIが今月の日本株価トレンドと5営業日後のTOPIX予測を行うもので、投資家はその内容を確認し、自らの投資判断に役立てます。

    利用する際は、じぶん銀行アプリにログインし、「マーケット情報」のページから確認します。

    ユーザーであれば誰でも手軽に利用でき、費用もかからない点がメリットです。

    一方、予想された情報をどう投資に生かすのか、自分で判断する必要があります。

    なお、資産運用まで行う際には、じぶん銀行ではなくauカブコム証券で口座開設する必要があります。

    その際、じぶん銀行とauカブコム証券の口座を連携させると、じぶん銀行の普通預金金利が年0.10%(税引前)上乗せされるため、効率よく貯蓄できるようになるでしょう。

    運営会社auじぶん銀行株式会社
    種類AIが株価予想・予測を行うアプリ

    費用・手数料

    (税込)

    無料

    ※株式投資は手数料別途

    主な機能・今月の日本株価トレンドの予測
    ・5営業日後のTOPIXの予測
    NISAの利用

    可能

    (auカブコム証券にて口座開設申し込み)

    じぶん銀行の
    公式サイトはこちら

    5.GROWIN

    GROWINは、日経平均株価のチャートデータに基づき、AIが翌月末の日経平均株価の騰落を予想するアプリです。

    その的中率は、2014年1月から2017年6月までの期間で勝率75%、損益率+14%と、やや古いデータながら比較的高い確率で予測を当てています。

    GROWIN自体では実際に株を売買することはできませんが、ある予想株価に来たらアラートを出す「利確タイミングメーター」が利用可能です。

    これにより、利益確定や損切りのタイミングを逃しにくくなるでしょう。利用する際には月400〜700円の費用がかかります。

    運営会社株式会社ディーボ
    種類AIが株価予想・予測を行うアプリ

    費用・手数料

    (税込)

    ・3カ月プラン:月700円
    ・6カ月プラン:月500円
    ・12カ月プラン:月400円

    主な機能・翌月末の日経平均株価の騰落・株価の予想
    ・利益確定のタイミングを知らせる利確タイミングメーター
    NISAの利用

    対象外

    GROWINの
    公式サイトはこちら

    6.Stock Magnitude

    Stock Magnitudeは、AIによって数日後に急騰する銘柄を教えてくれるサービスです。その際に“マグニチュード”で知らせる点がユニークなポイントです。

    また2024年4月1日より、株式の買い建てや売り立て、損切り、利益確定を行えるトレード型AI「ChartLBC」の提供を開始しました。これにより、AIを駆使したトレードが可能になったのがメリットです。

    一方、利用する際に月1,100円(税込)のコストがかかる点、ChartLBCが稼働してまだ時間が経っておらず、AIの学習が進んでいない点はデメリットといえるでしょう。

    運営会社Daiki Takano(個人)
    種類AIが株価予想・予測を行うアプリ

    費用・手数料

    (税込)

    月1,100円

    主な機能・AIによる急騰する銘柄の予想、アラート機能
    ・AIによるトレード機能
    NISAの利用

    不可

    Stock Magnitudeの
    公式サイトはこちら

    7.FISCO AI

    FISCO AIは、AIが上がる株・利益が出る株を判定する株価予想サービスです。

    具体的には、株価チャートの転換サインやトレンドなどを表示できるチャート機能や、上場している約4,000銘柄をスクリーニングしたランキング機能などを提供しています。

    フィスコは以前から各投資市場を分析したレポートの配信や、IRコンサルティングなどを行っており、各銘柄の分析力や蓄積された知見には大きな信頼が置けるといえます。

    一方、サービスの利用料が月3,300円(税込)と比較的高い点や、ランキング上位のサービスと比較して機能がやや少ない点に注意するとよいでしょう。

    運営会社株式会社フィスコ
    種類AIが株価予想・予測を行うアプリ

    費用・手数料

    (税込)

    月3,300円

    主な機能・AIを活用したチャート機能
    ・分析結果を表示したポートフォリオ機能
    ・上場銘柄をスクリーニングしたランキング機能
    NISAの利用

    対象外

    FISCO AIの
    公式サイトはこちら

    AI株価予想アプリを選ぶポイント

    利用するAI株価予想アプリを選ぶ際は、以下の観点から検討するのがおすすめです。

    AI株価予想アプリを選ぶ際のポイント

    AIによるチャート分析や銘柄分析などの実績が豊富か

    AIには、投入されたデータやこれまでの分析結果から学習し、より精緻な分析を行うという特徴があります。

    そのため、AIによるチャート分析や銘柄分析を長く行っていたり、これまでに分析したデータが豊富だったりと、AIがしっかりと学習を行っているかどうかが重要なポイントです。

    仮に、ピンポイントで株価予想が当たっているサービスだったとしても、AIによる学習があまり進んでいないサービスや、データの取り込み量が少ないものは信用しにくいといえるので注意しましょう。

    AIが株価予想だけでなく、投資行動まで行ってくれるか

    AIによる株価予想を参考に株式投資などの投資行動を行うのは、やや手間がかかります。

    また、株価予想を参考に自分で判断するという心理的な負担も無視できません。

    しかし、AIがその投資行動まで自動的に実施してくれるロボアドバイザーなどを利用すれば、手間や考える負担をかけずに自動的に投資ができて便利です。

    より手軽に資産形成をしたい方は特に、投資まで自動的に行えるサービスを利用するようにしましょう。

    費用・手数料が無料もしくは安価か

    AI活用により投資の勝率が上がったとしても、毎回大きなコストがかかっていたら利益を減らすことにつながります。

    そのため、サービスの費用や手数料がなるべくかからないものを選ぶことも意識しましょう。

    AIを用いた株価予想!
    無料で利用できる投資アプリ

    moomoo証券アプリを
    ダウンロードする

    AI株価予想アプリのデメリット・注意点

    AI株価予想アプリを利用する際のデメリットや注意点は、以下のとおりです。

    AI株価予想アプリのデメリット・注意点

    AIの予想が外れる可能性がある

    もっとも心得ておきたいのは、AIの予想が外れるかもしれないということです。

    AIは過去のデータや経験則に基づいて予想や予測を行うため、イレギュラーな事態に強くない傾向にあります。

    仮にリーマンショックやコロナショックのようなイレギュラーなイベントが発生したとき、大きく予想を外す可能性があります。

    また、通常時でも必ずしもAIの予想が合っているとは限りません。あくまで1つのアドバイス・参考として扱うようにしましょう。

    手数料が多くかかる可能性がある

    AIに運用まで任せるロボアドバイザーなどを利用した場合、自分で株式や投資信託を運用するよりも大きな手数料がかかる可能性があります。

    一方、AIによって分析や自動運用を行ってくれているという利便性もあるため、メリットとコストを天秤にかけて検討するとよいでしょう。

    投資に関する経験やノウハウが自分に蓄積されない

    投資判断や投資行動をAIに任せきりにしていると、投資に関する経験やノウハウを蓄積できなくなります。

    そのため、AIに頼らずに自分で資産運用を行おうと思ったときに困ってしまうかもしれません。

    AIのアドバイスをあくまで「ひとつの意見」と捉え、自分でも銘柄分析を行って値動きの仮説を立てるなど、自分のなかに投資経験を蓄積していくような工夫をするとよいでしょう。

    AI株価予想アプリを利用するメリット

    AI株価予想アプリを利用するメリットは、以下のとおりです。

    AI株価予想アプリを利用するメリット

    投資判断の材料が増える

    投資は買いや売りの判断の連続で、自分の判断に自信が持てなくなる場面も多々あります。

    そんなとき、過去のデータや値動き動向などからはじき出したAIによるアドバイスは、強い味方になります。

    投資判断の材料が増えることで、より信頼性の高い投資行動が行えるでしょう。

    利益を上げやすくなる可能性がある

    AIによるアドバイスが加わった結果、投資の勝率が上がり、より大きな利益を上げやすくなる可能性があります。

    また、人間には「損をしたくない」という心理があるため、損切りをためらうシーンもあるかもしれません。

    しかしAIによって機械的に損切りを行うことで、大きな損失を避けられるようになります。結果として、負けにくく勝ちやすいトレードが行える可能性が高まるでしょう。

    自分で取引するよりも手数料が下がる可能性がある

    株式や投資信託などを自分で何度も取引すると、原則としてそのたびに取引手数料がかかります。

    しかしロボアドバイザーなどのサービスを利用すると、都度かかる手数料ではなく年1%などの定額手数料になるため、結果として取引にかかるコストを下げられる可能性があるのです。

    ただし証券会社によっては、NISA口座での手数料を無料にしているケースも見受けられます。そのため、実際に利用する証券会社やロボアドバイザーなどの手数料を比較して、どちらがお得か検討するとよいでしょう。

    よくある質問

    無料で利用できるおすすめのAI株価予想アプリはどれ?

    AIを積極的に活用している点、AIの予想を実際の取引に反映しやすい点などから、moomoo証券がおすすめです。

      株価チャートAI予測機能や、自動で銘柄識別するパターンスクリーナー機能など、投資判断の質を高めるような仕組みが多く用意されています。

      AIを用いた株価予想!
      無料で利用できる投資アプリ

      moomoo証券アプリを
      ダウンロードする

      AIの株価予想って当たるの?

      あくまで予想のため、100%的中するとは言えませんが、高確率で予想を当てている株価予想も数多くあります。

        例えば、AIが翌月末の日経平均株価の騰落を予想するGROWINは、2014年1月から2017年6月までの的中率・勝率が75%でした。

        その結果、この期間の年間平均損益率は+14%となっています。

        まとめ

        AI株価予想アプリとは、AIを活用して株価などを分析し、投資のアドバイスや投資行動を行うものです。

        提供されている機能や費用はアプリによって異なります。

        なるべく投資にかける手間や時間を減らしたいならウェルスナビやROBOPROなどのロボアドバイザー、AIの助言を元に自分で取引するならmoomoo証券などの証券会社が適しています。

        自分に合ったアプリやサービスを選んで利用するとよいでしょう。

        株のチャート・おすすめアプリの関連記事

        【24年6月】移動平均線とは?見方・使い方を初心者にもわかりやすく解説!
        株のチャート・おすすめアプリ

        【24年6月】移動平均線とは?見方・使い方を初心者にもわかりやすく解説!

        2024年6月10日

        下中 英恵さん

        下中 英恵さん

        株価のリアルタイム情報が無料で見れるサービス11選!登録不要のサイトもご紹介
        株のチャート・おすすめアプリ

        株価のリアルタイム情報が無料で見れるサービス11選!登録不要のサイトもご紹介

        2024年5月31日

        佐藤 真奈美

        佐藤 真奈美

        ローソク足の見方・使い方を解説!株初心者のためのテクニカル分析
        株のチャート・おすすめアプリ

        ローソク足の見方・使い方を解説!株初心者のためのテクニカル分析

        2024年3月19日

        佐藤 真奈美

        佐藤 真奈美

        株取引で知りたい銘柄分析のやり方【ファンダメンタル分析編】
        株のチャート・おすすめアプリ

        株取引で知りたい銘柄分析のやり方【ファンダメンタル分析編】

        2024年3月19日

        下中 英恵さん

        下中 英恵さん

        「出来高」と「株価」の関係は?見方・使い方をチャートを使って解説!
        株のチャート・おすすめアプリ

        「出来高」と「株価」の関係は?見方・使い方をチャートを使って解説!

        2024年3月18日

        青野泰弘

        青野泰弘

        • Facebook
        • x
        • LINE