Operated by Ateam Inc.

イーデス

ダイブ (151A) 【IPO初値予想・上場情報】

最終更新日:

このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

ダイブ(151A)

評価
C

予想レンジ:1.0倍〜1.5倍

メリット

  • 業績が好調
上場日2024/3/27
申込期間2024/3/11~2024/3/15
当落発表日2024/3/18
上場市場グロース
当選口数7,072口
主幹事企業SBI証券
黒澤

個人投資家

黒澤さんの評価

評価
B

初値予想:2,500円~3,000円

予想レンジ:1.5倍~2.0倍

SHO

個人投資家

SHOさんの評価

評価
C

初値予想:2,200円~2,500円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

佐藤真奈美

金融ライター

佐藤真奈美さんの評価

評価
C

初値予想:1,710円~2,565円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

A2.0倍~

B1.5倍〜2.0倍

C1.0倍〜1.5倍

D~1.0倍

  • ※専門家の初値予想の平均値で評価A〜Dを算出しています

ダイブ(151A)の抽選に参加できる
おすすめ証券会社

SBI証券

新NISA対応

当選本数
5,233本
事前入金
必要

公式サイト

SMBC日興証券

新NISA対応

当選本数
307本
事前入金
必要

公式サイト

松井証券

新NISA対応

当選本数
61本
事前入金
不要

公式サイト

【専門家評価】ダイブの初値予想

黒澤さん

個人投資家

黒澤さんの評価

「96ut.com」などの投資情報サイトを運営する個人投資家

評価
B

初値予想:2,500円~3,000円

予想レンジ:1.5倍~2.0倍

専門家アイコン専門家の解説

リゾートバイトに特化した人材派遣サービスがメイン。それに伴って自社でリゾート施設(グランピング施設)の開発をするなど観光業として活躍。若い人材の働き方改革としても注目される部分はあるか?業績はコロナ禍の煽りを受けたものの急回復で、今後も成長が見込めそうな分野。逆に想定価格に成長見込みが織り込まれてないと感じるため割安感もある。初値に対する懸念点としては、過密スケジュールで思っているほど初値上昇しない可能性もあるが、それでも公募株は買いやすい設定となっている。ベンチャーキャピタルへのロックアップに価格解除がないなど、上場時の売り圧に乏しい点も評価したい。買いも売りも少し薄い展開を予想(初値も初値後の値動きもブレやすい)。

SHOさん

個人投資家

SHOさんの評価

IPO投資を中心とした個人投資家・ブロガー

評価
C

初値予想:2,200円~2,500円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

専門家アイコン専門家の解説

ダイブ(151A)は観光施設に特化したリゾートバイト紹介サービスや地方創生事業などを行っています。規模(吸収金額12.1億円)はどちらかと言えば小さめですが、IPOラッシュ後半での3社同時上場になるので、それでも多少なりとも影響を受けそうです。ただ、VCを含む上位株主に価格による解除条項なしで180日間のロックアップが掛かっているのはプラス要素です。業績はコロナ禍の影響で一時的に落ち込んでいましたが、すでに回復しています。また、観光地での人手不足はニュースなどでも取り上げられており、インバウンドが急増していることからさらなる需要も見込めるため、事業面で注目されると思います。よって、ダイブは公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

佐藤真奈美さん

金融ライター

佐藤真奈美さんの評価

投資会社でファンド運用を行う金融ライター

評価
C

初値予想:1,710円~2,565円

予想レンジ:1.0倍~1.5倍

専門家アイコン専門家の解説

株式会社ダイブは、観光施設に特化したリゾートバイトの人材派遣や人材紹介を手掛ける企業です。年間10,000人もの観光従事者を創出し、観光施設の課題となっている人手不足の解決に寄与しています。売出比率が低い点は評価できるポイントです。コロナ禍の影響により、2020年3月期以降業績は苦戦しましたが、徐々に回復していることも安心できるでしょう。上位株主に複数のベンチャーキャピタルがいますが、いずれも期間のロックアップがかかっている点もプラス材料といえます。一方、上位株主の中にロックアップがかかっていない株主がいる点はマイナスポイントです。IPOで注目されやすい業種ではなく、同日にほかのIPOが予定されているため、人気が分散しやすいことも不安材料といえるでしょう。想定価格が割高なことも評価しづらいでしょう。以上の理由から、初値の値上がりには小幅なものになるかもしれません。

ダイブ(151A)の抽選に参加できる
おすすめ証券会社

SBI証券

新NISA対応

当選本数
5,233本
事前入金
必要

公式サイト

SMBC日興証券

新NISA対応

当選本数
307本
事前入金
必要

公式サイト

松井証券

新NISA対応

当選本数
61本
事前入金
不要

公式サイト

ダイブの公開価格・初値

想定価格1,710円
初値予想1,710円~3,000円
仮条件1,710円~1,820円
公開価格1,820円
初値3,225円
  • ※初値予想は専門家予想の下限~上限を記載しています
  • ※本記事の初値予想はあくまで予想であり、結果を確約するものではありません。

想定価格の1,710円を基準とすると、初値売りの予想利益は0円~129,000円です。

ダイブのIPOスケジュール

申込期間(ブックビルディング期間)2024/3/11~2024/3/15
当落発表日2024/3/18
購入期間2024/3/19~2024/3/25
上場日2024/3/27
  • ※証券会社によりスケジュールが異なる場合があります

ブックビルディング期間中に取り扱いのある証券会社から申込を行いましょう。
なお、当選しても購入期間中に購入申込を行わなかった場合は購入できなくなってしまうため注意しましょう。

当選しても購入申込しなかった場合、ペナルティが課される証券会社もあります。

SBI証券(※)、野村證券岡三オンラインマネックス証券などは購入辞退してもペナルティがかかりません。

  • ※IPOチャレンジポイントを使用した場合はポイントが消滅します

ダイブの当選本数

公募株数365,000株
売出株数(OA含む)342,200株
当選株数合計707,200株

ダイブの単元株は100株なので、当選本数は7,072本です。

ダイブの主幹事・幹事会社

証券会社名割当率割当株数
(主)SBI証券85.1%523,300株
SMBC日興証券5%30,700株
大和証券5%30,700株
松井証券1%6,100株
マネックス証券1%6,100株
楽天証券1%6,100株
あかつき証券0.5%3,000株
岩井コスモ証券0.5%3,000株
岡三オンライン0.5%3,000株
極東証券0.5%3,000株

主幹事の証券会社は、幹事の証券会社よりも割り当てられるIPO株数が多くなっています。

そのため、主幹事会社で応募したほうが比較的当選する確率は高いといえます。

ただし、人気の証券会社では応募者数も多く、当選倍率が高くなることも考えられます。

主幹事の証券会社に合わせて、事前入金不要で口座開設数(ライバル)も少ない「穴場証券会社」の口座を持っておくことが当選確率を上げるコツです!

ダイブの基本情報

会社名ダイブ
銘柄コード151A
上場市場グロース
設立2002/3/29
業種サービス業
資本金10,000,000円