Operated by Ateam Inc.

イーデス

各決済サービスを比較!マイナポイント紐付けに一番お得なサービスを紹介

最終更新日:

各決済サービスを比較!マイナポイント紐付けに一番お得なサービスを紹介
マイナポイント
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

マイナポイント事業は総務省が実施する事業。マイナポイントは「キャッシュレス決済の利用」「健康保険証の利用申込み」「公金受取口座の登録」をした方にキャッシュレス決済サービスを通じて付与されるポイントです。

ポイント対象となるマイナンバーカード申請は2023年2月末で終了していますが、マイナポイント申込期限は2023年9月末まで延長されています。
※申込み受付の終了時期は決済サービスによって異なります。マイナポイント公式サイトでご確認ください。

マイナポイントの申込みは、施策1~3の施策ごとにポイントをもらえる条件が異なり、最大20,000円分のマイナポイントがもらえます。施策の内容は下記になります。

  • 施策1:最大20,000円分の決済サービスのチャージ・利用で5,000円分のポイント!
  • 施策2:マイナンバーカードの健康保険証としての利用申込みで7,500円分のポイント!
  • 施策3:マイナポータルでの公金受取口座の登録完了で7,500円分のポイント!

    施策1~3の条件を満たすと最大で20,000円分の受け取ることができます。
    ただし、紐付ける決済サービスを適当に選んでしまうと、もっとお得にできたのに…と後悔することも。
    そうならないためにも、本記事では、

    について紹介します。

    本記事でご自身にとって一番のメリットのある決済サービスを見つけていただき、ぜひ実際にマイナポイントと紐づけてみてください。

    気になる内容をタップ

    マイナポイントを決済サービスに紐づける際の注意点

    マイナポイントとは、マイナンバーカードや電子決済などの普及を促すために総務省が実施している、マイナポイント事業で得られるポイントのことです。

    ポイントは、さまざまな決済サービスに紐づけできるようになっており、第1弾では最大5,000円相当のポイントが、第2弾では最大15,000円相当のポイントが還元されます。

    ここでは、マイナポイントをさまざまな決済サービスに紐づけする際にぜひ知っておきたい注意点について解説します。

    決済サービスに紐づける際の注意点

    ポイントを使いたいものに使えるのかは事前に確認する

    誰しも、ずっと欲しかったけれどなかなか手が出せなかったものや少し贅沢をしてみたいものなどがきっとあるでしょう。

    せっかくマイナポイントが手に入るならそうしたものに使いたいと考えるのが自然ですが、ポイントがすべての買い物・サービスに使えるわけではありません
    言い換えるなら、どのような決済サービスにポイントを紐づけるかによって、「本当に使いたいものに使えない」という事態も起こりえるということです。

    まずは、使いたいものに使えるポイントなのかどうかを、事前にしっかり確認してください。

    対象外の決済サービスがある

    マイナポイントを受け取る際には、QRコード決済や電子マネー、クレジットカードなどの決済サービスを指定する必要があります。

    ここで気をつけたいのが、マイナポイントは全ての決済サービスを対象としているわけではないということ。
    普段使っている決済サービスや使いたいと考えている決済サービスが対象外となっている場合があります。

    総務省公式サイトで対象となる決済サービスを確認できますので、事前に調べておきましょう。

    紐付けできる決済サービスは1つだけ&選択後に変更はできない

    日ごろいくつかの決済サービスを利用している方の中には、マイナポイントをそれらの決済サービスに割り振りたいと考える方もいるでしょう。

    残念ながら、マイナポイントに紐付けられる決済サービスは1つだけです。

    また、一度申し込むと、取り消したり、別の決済サービスに変更したりすることはできません。

    有効期限は紐付けた決済サービスによって異なる

    マイナポイントは、決済サービスごとにそれぞれ有効期限が定められています

    無期限でポイントを使えるものが多数ですが、中には期限が定められているものも。

    せっかく使おうとしたときに有効期限が切れていた…ということがないよう、申し込む前にその決済サービスで定める有効期限についても確かめておくことが大切です。

    1つの決済サービスに合算することはできない

    小さなお子さんがいる場合、親御さんがお子さんの代わりにマイナポイントを申し込み、養育費用に充てたいと考えることも多いでしょう。

    しかし、たとえ家族同士であっても、マイナポイントを1つの決済サービスに合算することはできません
    これは、未成年のお子さんのマイナポイントを紐付ける決済サービスとして、親御さんと同じ決済サービスを選べないということです。

    ただし、親御さんが1つの決済サービスを選び、親御さん名義の他の決済サービスとお子さんのマイナポイントを紐付けることは可能ですので、工夫してみましょう。

    次に、マイナポイントの対象となっている決済手段を比較できる一覧を挙げています。よりお得にマイナポイントを受け取るために、参考にしてください。

    マイナポイント対象の決済手段を比較

    マイナポイントを紐付けられる決済手段は多種多様です。

    日ごろからいくつかの決済サービスを利用している場合は、どれを選ぶべきかと迷うことも多いでしょう。

    ここでは、決済サービスをQRコード決済・電子マネー決済・クレジットカード決済・デビット/プリペイドカード決済の4つに分け、その大まかな特徴を一覧で紹介します。

    決済サービスクレジットカード決済QRコード決済電子マネー決済デビット/
    プリペイドカード決済
    年会費無料~1.5万円程度
    (一般クラス)
    無料無料無料
    ポイント還元率1.0%~
    5.0%程度
    0.25%~
    1.5%程度
    0.5%~
    5.0%程度
    0.2%~
    0.5%程度
    もらえる
    ポイント数
    20,000~
    28,000ポイント
    20,000~
    41,000ポイント
    20,000~
    21,000ポイント
    20,000円
    マイナポイントの受取方法・自動付与
    ・受け取り手続き
    など
    自動付与・自動付与
    ・チャージ
    など
    自動付与
    マイナポイントの付与タイミング

    ・決済ごと
    ・決済の後しばらくして
    ・利用した金額に応じて
    ・決まった期日に

    など

    ・決済ごと
    ・決済の後しばらくして
    など
    ・決済ごと
    ・決済の後しばらくして
    など
    決済ごと
    マイナポイントの有効期限・無期限
    ・1年間
    ・2年間 など
    ・無期限
    ・1年間
    ・4年間 など
    ・無期限
    ・1年間
    ・4年間 など
    ・無期限
    ・2年間 など

    上記の表より、ポイント還元率の高さではクレジットカード決済、受け取れるポイント数ではQRコード決済が目立ちます。

    伊藤亮太

    伊藤亮太/ ファイナンシャルプランナー

    皆様にとって真に必要なライフプランニングの設計、資産運用相談を承っております。中立的な立場から、ご相談に応じます。砂金取りという趣味も実益をかねて実践中です。詳しくはZIPANNINGで検索を。

    【専門家の解説】

    健康保険証とマイナンバーを紐づけるようになることで、マイナンバーを普及させようとする動きが出てきています。

    こうした動きから、マイナンバーカードを作る人も増える可能性があります。

    その時にマイナポイントを得たい人も増えることでしょう。

    このマイナポイントですが、紐づけられる決済手段は多種多様です。

    受け取れるポイント数から選ぶならQRコード決済、ポイント還元率の高さで考えるとクレジットカード決済がよいといえます。

    手間暇がかからない点やポイント数からQRコード決済がよいかもしれません。とはいえ、どれを利用しているか、使い勝手の良さは人それぞれです。

    そのため、マイナポイントの受け取り方や有効期限、使える店舗なども調べつつ、どのように受け取るかを検討しましょう。

    高ポイント還元率ならクレジット決済もありですね。

    なお、2022年12月末までがマイナポイント第二弾となります。

    いつまでもマイナポイントが受け取れるとは限りませんので、もらえるときにもらっておいたほうがよいかもしれませんね。

    マイナポイントは受け取れるときに何に使うかも検討しておきましょう。

    【クレジットカード決済】マイナポイント紐付けにおすすめの5選を比較

    ここではマイナポイントに紐付けできる各種決済サービスの中から、クレジットカード決済を取り上げ、代表的な5つを比較します。

    それぞれのサービスの特徴を一覧で見ていきましょう。

    マイナポイント紐付けにおすすめのクレジットカード5選

    カード名JCB CARD W楽天カード三井住友カード(NL)イオンカードセレクトセゾンカード インターナショナル
    JCB CARD W
    楽天カード
    三井住友カード(NL)
    イオンカードセレクト
    セゾンカード インターナショナル
    年会費無料無料無料無料無料
    ポイント還元率

    1.0~10.5%(※1)

    1.0%0.5~5.0%0.5~1.0%0.5%
    もらえるポイント数最大20,000ポイント
    ・マイナポイントで最大20,000ポイント

    最大25,000ポイント
    ・マイナポイントで最大20,000ポイント

    ・入会キャンペーンで5,000ポイント

    最大28,000ポイント
    ・マイナポイントで最大20,000ポイント

    ・入会&利用キャンペーンで8,000ポイント

    最大20,000ポイント
    ・マイナポイントで最大20,000ポイント
    最大20,000ポイント
    ・マイナポイントで最大20,000ポイント
    マイナポイントの受取方法自動付与自動付与自動付与マイナポイントを申し込んだイオンカードでの受け取り手続き自動付与
    マイナポイントの付与タイミング23年3月、5月、8月、12月利用金額の累積が2万円に達した月の翌々月25日累積2万円
    ・2万円に満たない場合、期間終了後、利用金額の25%分を付与
    月次

    6・9・12月末締め、3ヶ月後相殺

    マイナポイントの有効期限無期限最後に楽天ポイントが付与された日から1年間・プラチナカード4年間、
    ・ゴールドカード3年間、
    ・それ以外のカード2年間
    無期限無期限
    サービスの特長1.0~10.5%(※)と高還元でポイントが貯まりやすい年会費永年無料で楽天ユーザーの使い勝手良し最短10秒発行(※2)でセキュリティ対策万全イオンユーザーなら各種特典を受けられるポイントの有効期限がない

    ※1 最大還元率はJCB PREMOに交換した場合。
    ※2 即時発行ができない場合があります。

    1.0~10.5%と高還元でポイントが貯まりやすい「JCB CARD W」

    JCBカードWは、年会費が永年無料でポイント還元率が一般のJCBカードの2倍になる39歳以下限定のクレジットカードです。

    さらに、スターバックスやAmazon、セブン-イレブンなどパートナー店で利用する際は最大で10.5%(※1)ものポイント還元を受けることができます
    普段これらのお店をよく利用する方にはとてもおすすめのクレジットカードです。

    JCB会員向けの豊富なサービスを受けられること、無料で家族カードやETCカードを作ることができることもメリットといえるでしょう。

    また、2022年11月からは券面にカード番号を記載していないナンバーレスカードが登場し、第三者から盗み見される心配もなく安心です。

    種類は完全ナンバーレスカードのほかに、裏面に番号があるタイプから選ぶことができるのでネットショッピングの利用頻度が高い方は後者が便利です。

    JCBカード Wは即時入会(モバ即)ができるので、カードの申し込みから最短5分程度(※2)で審査が完了。その後すぐに専用アプリでカード番号などが確認できるため、プラスチックカードを受け取る前にネットショッピングや店頭での利用が可能です。

    JCB CARD W お得なキャンペーン実施中!

    • 新規入会&カード利用&Amazon.co.jp利用で最大13,000円分のポイントプレゼント!

      • JCBオリジナルシリーズ新規入会キャンペーン!
        Amazon.co.jp利用で最大10,000円キャッシュバック
        【対象期間】2023年12月5日(火)~2024年3月31日(日)
      • JCBオリジナルシリーズ新規入会キャンペーン!
        Apple Pay・Google Pay利用分最大3,000円キャッシュバック
        【対象期間】2023年12月5日(火)~2024年3月31日(日)

      その他キャンペーンも実施中!

      • お友達紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に1,500円キャッシュバック
        【対象期間】2023年12月5日(火)~2024年3月31日(日)
      • 家族カード入会で、最大4,000円キャッシュバック
        【対象期間】2023年10月1日(日)~2024年3月31日(日)
        【参加登録期間】2023年10月1日(日)~2024年4月30日(火)
      • 18歳~24歳以下限定!新規入会&MyJCBアプリログインでAmazonギフト1,000円分プレゼント
        【対象期間】2024年2月1日(木)~2024年4月30日(火)

    JCB CARD W

    3.79
    JCB CARD Wの券面
    年会費初年度:永年無料
    2年目以降:永年無料
    ポイント還元率1.0%~10.5%(※1)
    国際ブランド
    • jcb
    電子マネー
    • applePay
    • googlePay
    • quicpay
    • suica
    発行スピード最短5分程度(※2)
    追加カード

    ETCカード

    家族カード

    ETCカード発行手数料無料
    締め日・支払日公式サイト参照
    申し込み条件原則として18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
    [家族カードの場合]生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。 ※本会員が学生の場合は、お申し込みになれません。
    必要書類

    JCBからお届けする書面 ・本人確認書類 ・収入証明書類 ・収入証明書類 ※お客様のご職業、キャッシングサービス(ご融資)のご利用希望によって提出書類が異なります。

    注目ポイント

    • 【年会費永年無料】
      ポイントいつでも2倍以上!
    • 【新規入会限定】
      新規入会&カード利用&Amazon.co.jp利用で最大13,000円キャッシュバック!
    • 【期間限定】
      お友達紹介で1,500円キャッシュバック!
    • 家族カード・ETCカードが年会費永年無料!
    • 39歳以下限定のJCBオリジナルシリーズ!
    \新規入会限定/2024年3月31日(日)までに新規入会&カード利用&Amazon.co.jp利用で最大13,000円キャッシュバック!
    公式サイトへ
    • 1最大還元率はJCB PREMOに交換した場合
    • 2モバ即の入会条件
      ①9:00AM~8:00PMでお申し込み
      ②カード申し込み時に、WEBにてお支払い口座を設定
      ③顔写真付き本人確認書類による本人確認(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱いとなります。
      モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはHPをご確認ください。

    年会費永年無料で楽天ユーザー必見の「楽天カード」

    楽天カードは年会費が永年無料であるにもかかわらず、楽天市場などで各種特典を受けることができる、大変使い勝手の良いクレジットカードの代名詞になっています

    街中での通常のポイント還元率は1%ですが、楽天市場を利用したり、各種キャンペーンを利用したりすることで大きく還元率を上げることができます。

    マイナポイントとは関係ありませんが、楽天カードに新規で入会する際はまとめて楽天ポイントを受け取ることもできます。

    楽天カードの券面
    年会費初年度:無料
    2年目以降:無料
    ポイント還元率1.0%~3.0%
    国際ブランド
    • visa
    • master_card
    • jcb
    • american_express
    電子マネー
    • visaTouch
    • edy
    発行スピード約1週間~10日前後
    追加カード

    ETCカード

    家族カード

    ETCカード発行手数料無料
    締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
    申し込み条件楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
    必要書類

    ■公的証書(住民票の写しあるいは印鑑登録証明書)の原本いずれか1点か、下記のコピーいずれか2点 ・住民表の写し ・印鑑登録証明書 ・運転免許証 ・個人番号カード ・在留カード ・健康保険証 ・パスポート(日本政府発行)

    注目ポイント

    • 楽天ポイントがザクザク貯まる
    • 楽天市場のお買い物はいつでもポイント3倍!
      ※特典進呈には上限や条件があります
    • 電子マネー「Edy」搭載カード
    • トラブルに対応したあんしん機能が充実
    公式サイトへ

      最短10秒発行でセキュリティ対策万全の「三井住友カード(NL)」

      三井住友カード(NL)は、カード番号などが印字されていないナンバーレスカードです。

      カード番号・有効期限などのカード情報が見えないため、セキュリティ対策は万全。

      最短10秒で発行可能(※2)、すぐお買い物などに利用できるのもうれしいポイントです。

      通常のポイント還元率は0.5%ですが、対象のコンビニや飲食店でスマホのタッチ決済をする際は最大で7.0%の還元を受けることができます(※1)

      対象のコンビニ:セイコーマート、セブン-イレブン、ポプラ、ミニストップ、ローソン 他
      対象の飲食店:マクドナルド、モスバーガー、サイゼリヤ、ガスト、バーミヤン、しゃぶ葉、ジョナサン、夢庵、その他すかいらーくグループ飲食店、ドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェ、かっぱ寿司 他

      三井住友カード(NL) お得なキャンペーン実施中!

      • 最大6,000円相当プレゼント!

        • 新規入会&利用で最大5,000円相当Vポイント(利用金額の10%)プレゼント!
          ※期間限定ポイント(6ヵ月)
        • 新規入会でVポイントギフトコード1,000円分プレゼント!
        【対象期間】 2024年1月1日(月)~2024年4月21日(日)

      三井住友カード(NL)の券面
      年会費初年度:永年無料
      2年目以降:永年無料
      ポイント還元率0.5%~7.0%(※1)
      国際ブランド
      • visa
      • master_card
      電子マネー
      • visaTouch
      • applePay
      • googlePay
      • id
      • pitapa
      • waon
      発行スピード最短10秒(※2)
      追加カード

      ETCカード

      家族カード

      ETCカード発行手数料無料
      締め日・支払日15日締め・翌月10日支払/月末締め・翌月26日支払 ※選択可能
      申し込み条件満18歳以上の方(高校生は除く)

      注目ポイント

      • 24時間対応!最短10秒でカード番号発行(※2)
      • 年会費永年無料!
      • 対象のコンビニ・飲食店などでスマホのタッチ決済するとポイント最大7%還元!(※1)
      • 新規入会と利用で最大6,000円相当プレゼント!(2024/4/21まで)
      • セキュリティ対策のカード両面番号レス!
      《入会特典》新規入会&利用で最大6,000円相当プレゼント!(2024/4/21まで)
      公式サイトへ
      • 1 最大7%ポイント還元:ポイント還元率は通常のポイント分を含みます。
        スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済での支払いが対象です。iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外となります。
        商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
        一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し支払いただく場合があります。 その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、了承ください。
        上記、タッチ決済とならない金額の上限は、利用される店舗によって異なる場合があります。
        ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
      • 2 即時発行ができない場合があります。
      • 3前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料

      イオンユーザーは持っていて損のない「イオンカードセレクト」

      イオンカードセレクトは他のイオンカードと同じく、イオングループの対象店舗で各種特典が受けられるクレジットカードです

      WAON POINTはいつでも基本の2倍受け取ることができ、「お客さま感謝デー」は買い物代金が5%オフになります。

      また、毎月10日はイオンカードで支払うとWAON POINTの還元率がアップ。イオンでよりお得に買い物がしたいという人には見逃せないクレジットカードといえるでしょう。

      イオンカードセレクト お得なキャンペーン実施中!

      • 新規WEB入会・利用、イオンウォレット登録で最大5,000WAON POINT進呈!

        • ≪入会特典≫新規WEB入会で1,000WAON POINTプレゼント!
        • ≪利用特典≫期間中にクレジット払い利用&イオンウォレット登録で利用金額の10%相当WAON POINT還元!(還元上限4,000WAON POINT)
        【申込期間】2024年1月9日(火)~【利用期間】カード発行の翌々月10日まで
        ※イオンウォレット登録はカード発行の翌々月末まで
        ※期間中利用額、1万円以上の方が還元対象

      イオンカードセレクトの券面
      年会費初年度:無料
      2年目以降:無料
      ポイント還元率0.5%~1.0%
      国際ブランド
      • visa
      • master_card
      • jcb
      電子マネー
      • id
      • waon
      発行スピード1~2週間程度
      追加カード

      ETCカード

      家族カード

      ETCカード発行手数料無料
      締め日・支払日締め日:毎月10日・支払日:翌月2日
      申し込み条件18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます。未成年の方は親権者の同意が必要です。後日確認のお電話をさせていただきます。審査によりお申込みの意に添えない場合がございます。
      必要書類

      以下いずれか ・運転免許証 ・個人番号カード(マイナンバーカード)※顔写真付き ・パスポート※日本国政府発行のものに限る

      注目ポイント

      • WAONのチャージでポイント2重取り
      • イオンシネマの映画料金がいつでも300円割引
      • イオングループ対象店舗ならWAON POINTが2倍
      • 家族カードもETCカードも無料
      • イオン銀行を給与振込口座にしてポイントゲット
      新規WEB入会・利用、イオンウォレット登録で最大5,000WAON POINT進呈!
      公式サイトへ
      • イオンカードの「新規入会・利用特典」に関する注意事項
        【ポイント対象外】
        ・対象カード*の内、30日間で6種類以上のカードを申込みした場合は、6種類目以降の申込みカードはポイント獲得の対象外となります。
        ・家族カードはポイント獲得の対象外となります。
        ・カード申込みから3ヶ月以内にカード発行に至らなかった場合。
        ・イオンカードの別券種から切替申込みされた場合。
        ・対象カード*以外のカードを申込みされた場合。
        ・その他、著しく不正と判断される場合。

        *対象カード イオンカードセレクト、イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)、イオンカードセレクト(トイ・ストーリー デザイン)、イオンカードセレクト(ミニオンズ)、イオンカード(WAON一体型)、イオンカード(WAON一体型/ミッキーマウス デザイン)、イオンカード(WAON一体型/トイ・ストーリー デザイン)、イオンカード(ミニオンズ)、TGC CARD、イオンカード(櫻坂46)、イオンカード(SKE48)、イオンJMBカード(JMB WAON一体型)、イオンSuicaカード、イオンカード Kitaca、イオンSUGOCAカード、イオン首都高カード(WAON一体型)、イオン E-NEXCO pass カード(WAON一体型)、イオン NEXCO中日本カード(WAON一体型)、THRU WAYカード(WAON一体型)、イオンNEXCO西日本カード(WAON一体型)、コスモ・ザ・カード・オーパス、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」、マルエツカード、ナンバカード、日本点字図書館カード、ツルハドラッグカード、イオンサンデーカード、BE KOBEカード、三菱商事エネルギー・イオンカード、トイザらス・ベビーザらス・カード、JMB JQ SUGOCA、JQ SUGOCA、サンエックスカード(リラックマ)、シマムラ ミュージックカード、KASUMIカード、住友不動産ショッピングシティイオンカード、KNTカード、メイクマンカード、TOSHIBA STORE CARD、イオンスマートペイカード

        【注意事項】
        ・お問い合わせの際は、申込み完了メールに記載の識別番号(受付番号) を必ずご用意ください。
        ・他のポイントサイトからの入会を含め、同一人物による複数入会と判断された場合はポイント対象外となる可能性がございます。
        ・ポイント付与前にカードを解約されると、ポイント付与されない可能性がございますのでご注意ください。
        ・すでに同一カードをお持ちの方は、お申込み頂けません。
        ・すでに家族カードをお持ちの方であっても、ご本人様名義で新たにお申込みされる場合は対象になります。

        【イオンシネマ特典に関する注意事項】
        ・ミニオンズデザインは Visa 、 Mastercard ブランドでの発行となります。
        ・沖縄県・西日本など一部のイオン商業施設内の他社映画館や、「割引対象外」表示がある特別興行等ではご利用いただけません。
        ・対象カード会員さまが「暮らしのマネーサイト」専用販売サイトにて、イオンシネマで利用可能なシネマチケット(前売券)を優待料金で購入いただける特典です。劇場での直接購入は一般料金からの「イオンカード割引」が適用されますのでご注意ください。
        ・「暮らしのマネーサイト」ログインには、イオンスクエアメンバー ID のご登録 無料 が必要となります。
        ・利用対象興行の 3D/4D/IMAX などの特殊スクリーンやアップグレードシートなどの特別席は、座席指定時に追加料金でご利用いただけます。
        ・お一人あたりの購入枚数には上限がございます。
        ・シネマチケットの購入は「本人認証( 3D セキュア)」登録済みのイオンカード(ミニオンズ)・ TGC CARD のクレジット払いに限らせていただきます。
        ・本特典はイオンエンターテイメント(株)が提供いたします。販売画面の記載事項も合わせてご確認ください。
        ・本特典の内容が変更になる場合や予告なく終了となる場合がございます。
        ・本優待特典は、本カードの番号が発行されてからご利用いただけますので、店頭受取の即時発行カードではご利用いただけませんのでご注意ください。発行当日からご利用希望の方は、【 スマートフォン(イオンウォレット)即時発行 】 にてお申込みをお願いいたします。

      永久不滅ポイントが魅力の「セゾンカード インターナショナル」

      セゾンカード インターナショナルは、従来通りのプラスチックカードの他に、デジタルカードを選ぶこともできるクレジットカードです。

      カード不正利用補償(オンライン・プロテクション)も付帯されており、オンライン・ショッピングでも安心して利用できるのがメリットのひとつ。

      利用時には永久不滅ポイントが貯まるため、有効期限などを一切気にする必要がありません。

      また、お買い物に役立つ各種サービスも豊富です。

      ここまでマイナポイントの対象となる各サービスについて紹介してきました。

      それでは最後に、マイナポイントを紐付けられるデビット/プリペイドカード決済について見てみましょう。

      セゾンカード インターナショナルの券面
      年会費初年度:無料
      2年目以降:無料
      ポイント還元率0.5%〜1.0%
      国際ブランド
      • visa
      • master_card
      • jcb
      電子マネー
      • visaTouch
      • applePay
      • googlePay
      • id
      • quicpay
      • suica
      • pasmo
      発行スピード最短即日(※)
      追加カード

      ETCカード

      ETCカード発行手数料無料
      締め日・支払日締め日:毎月10日・支払日:翌月4日
      申し込み条件18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
      必要書類

      運転免許証などの本人確認書類

      注目ポイント

      • 年会費永年無料で最短5分発行!
      • 永久不滅ポイントが貯まる!
      • ETCカードの同時発行無料&年会費も永年無料!
      • 国内初のナンバーレスデジタルカード!
      公式サイトへ
      • 1通常発行は最短5営業日

      【QRコード決済】マイナポイント紐付けにおすすめの5選を比較

      ここでは、マイナポイントに紐付けできる各種決済サービスの中からQRコード決済を取り上げ、その中でも代表的な5つのサービスを比較します。

      最初にそれぞれのサービスの特徴を一覧で見てみましょう。

      マイナポイント紐付けにおすすめのQRコード決済5選

      決済サービスPayPay楽天ペイau PAYd払いゆうちょPay
      年会費無料無料無料無料無料
      ポイント還元率0.5~1.5%最大1.5%0.50%0.50%0.25%
      もらえるポイント数最大20,000ポイント
      ・マイナポイントで最大20,000ポイント
      最大20,000ポイント
      ・マイナポイントで最大20,000ポイント
      最大20,000ポイント
      ・マイナポイントで最大20,000ポイント
      最大20,000ポイント
      ・マイナポイントで最大20,000ポイント
      ・入会キャンペーンで+最大21,000ポイント(9月末まで)
      最大20,000ポイント
      ・マイナポイントで最大20,000ポイント

      マイナポイントの受取方法自動付与自動付与自動付与自動付与自動付与
      マイナポイントの付与タイミング決済と同時利用月の翌々月末頃に付与(小数点以下切捨て)決済ごと
      au PAY 残高チャージに対し即日~翌日付与
      決済ごと決済の2日後
      マイナポイントの有効期限無期限最後にポイントを獲得した月を含めた1年間無期限48ヶ月原則1年間
      サービスの特長利用率No.1で利用できる店舗が非常に多い最大1.5%還元で楽天ユーザーにとっては使い勝手良しauユーザー以外でも使えてau PAYとPonta加盟店ならポイント2倍キャンペーンやポイント還元特典が豊富使い過ぎ防止ができ、12月末までポイント還元上乗せキャンペーン実施中

      利用率No.1で利用できる店舗が非常に多い「PayPay」

      PayPayは、QRコードの決済サービスとしては利用率がトップです。

      コンビニや飲食店をはじめ、全国のさまざまなお店で使うことができ、使い勝手のよさが際立っています。

      また、マイナポイントの登録も最短1分で完了。チャージしたその場でポイントを受け取れるというのも大きな魅力といえるでしょう。

      最大1.5%還元で楽天ユーザー必見の「楽天ペイ」

      楽天ペイで受け取れる楽天ポイントを使えるのは、楽天市場だけではありません

      街中で利用できる店舗がどんどん増えており、コンビニやドラッグストア、大型電気店など普段利用するお店でポイントを使えるようになっています。

      また、クレジットカード払いやチャージ払い、ポイント払いなど、好きな支払い方法を選べるのも楽天ペイの魅力。マイナポイントに加え、チャージポイントや楽天ペイ利用ポイントなどを受け取れるのでよりお得です。

      auユーザー以外にもお得な「au PAY」

      au PAYという名前から、auユーザーでなければ使えないのではないかと思われがちですが、実はauユーザー以外にもメリットはあります。利用店舗も続々拡大中です。

      また、au PAYならではの特徴として、au PAYとPontaの両方に加盟している店舗なら、ポイントが2倍貯まります

      お得なキャンペーンも多数用意されているので、ポイントが貯めやすくなっています。

      電気・ガス・水道料金などの公共料金やショッピング代金などの請求書支払いが自宅で簡単にできる点も見逃せません。

      キャンペーンやポイント還元特典が豊富な「d払い」

      d払いのポイント還元は0.5%ですが、支払方法をdカードにすると、dカードのポイント還元1.0%が加わり、最大1.5%になります

      また、ドコモの回線契約を持っている場合は、電話料金合算分のポイント加算があり、さらに0.5%が加算される仕組み。ドコモユーザーなら見逃せないQRコード決済です。

      こちらも日ごろからさまざまなキャンペーンが開催されており、ポイントをよりお得に貯めたいという方に注目の決済サービスです。

      d払いの券面
      年会費初年度:無料
      2年目以降:無料
      ポイント還元率0.5%
      発行スピード即時
      追加カード

      ETCカード

      申し込み条件ドコモの回線契約をお持ちの方、またはdアカウントをお持ちの方

      注目ポイント

      • dポイントが貯まる!
      • ネットでのお支払いで100円=1ポイント
      • dカードでのお支払いでさらにお得に!
      • dポイント 1pt=1円からお支払いに使える
      • 高還元キャンペーンがたくさん!

        上乗せキャンペーン実施中!使いすぎの防止ができる「ゆうちょPay」

        ゆうちょPayの利用代金は、登録したゆうちょ口座から即時引き落とされるため、事前にチャージする手間がありません。また、利用上限金額などの設定も可能で、使い過ぎを防止できます。

        なお、ゆうちょPayで通常貯まるポイントの還元率は0.25%ですが、2022年12月までキャッシュレス決済を利用できる郵便局を対象として、郵便窓口での利用金額の5.0%相当がポイント還元されるキャンペーン中です。

        続いて、マイナポイントを紐付けするのにおすすめの電子マネー決済について見てみましょう。

        【電子マネー決済】マイナポイント紐付けにおすすめの5選を比較

        ここでは、マイナポイントに紐付けできる各種決済サービスの中から、電子マネー決済を取り上げ、代表的な5つを比較していきます。

        それぞれのサービスの特徴を一覧で見てみましょう。

        マイナポイント紐付けにおすすめの電子マネー決済5選

        決済サービスSuicaWAON楽天Edynanacomajica
        年会費無料無料無料無料無料
        ポイント還元率0.5~2.0%
        (2.0%はモバイルSuica利用時)
        0.5~1%0.5~1.5%1~5.0%
        もらえるポイント数最大20,000ポイント
        ・マイナポイントで最大20,000ポイント
        最大20,000ポイント
        ・マイナポイントで最大20,000ポイント
        最大20,000ポイント
        ・マイナポイントで最大20,000ポイント
        最大20,000ポイント
        ・マイナポイントで最大20,000ポイント
        最大21,000ポイント
        ・マイナポイントで最大20,000ポイント
        ・紐付けによる上乗せで1,000ポイント
        マイナポイントの受取方法JREポイントは自動付与 Suicaとして利用する場合は、Suicaへのチャージが必要マイナポイント予約・申込みをしたWAONカードでの受け取り(ダウンロード)赤いチャージ機・コンビニマルチコピー機等専用端末、スマートフォンアプリ(iOS・android)などを利用して受け取り手続きnanacoポイントをセブン‐イレブンのレジやセブン銀行ATM等で「残高確認」または「現金でチャージ」で受け取り1,000円以上のチャージ時に自動でポイント付与
        マイナポイントの付与タイミング1ヶ月分のチャージ額及び申込に応じて、翌月中旬頃に付与当月(1日~末日チャージ分を翌月28日に付与毎月10日に付与決済ごとチャージした2~3日後決済ごと
        マイナポイントの有効期限最後にポイント残高が変動した日から2年後の月末無期限無期限4月1日から翌年3月末日までに付与された場合翌々年の3月末日まで通常ポイントは付与日から1年間
        サービスの特長交通機関を利用する際の使い勝手がよく上乗せキャンペーンも実施中イオン系列はもちろん系列外での使い勝手も良し楽天ユーザーに特に使い勝手がよく使いすぎ防止策としても有効全国のセブン&アイグループ系列店でお得になるドン・キホーテなどでお得に使え上乗せキャンペーンも有り

        上乗せキャンペーン実施中!交通機関を利用する方必見の「Suica」

        手持ちのSuicaを登録し、それを使って鉄道に乗るとポイントがどんどん貯まるのがSuicaの大きな魅力です

        Suicaの入金残高で在来線に乗ると貯まる「在来線乗車ポイント」、Suicaの入金残高で繰り返し乗ると貯まる「リピートポイントサービス」のほか、定期券や新幹線のチケット購入などによってもポイントを貯めることができます。

        また、モバイルSuicaを利用すると50円ごとに1ポイントが付与され、ポイント還元率が2.0%になるのは見逃せないところです。

        イオン系列以外の普段使いにもおすすめの「WAON」

        WAONの使い勝手の良さは、イオン系列の店舗はもちろん、全国のコンビニやドラッグストア、飲食店などで使える点にあります

        マイナポイント受け取りのための申し込みも簡単で、最短1分で終了。アプリをダウンロードさえすれば、すぐに使用可能です。

        利用者向けにお得なキャンペーンなども随時開催されています。

        使いすぎが不安な楽天ユーザーにおすすめの「楽天Edy」

        楽天Edyは、楽天市場ユーザーにおすすめの決済サービスです。

        多種多様な店舗がそろう楽天市場で使えるため、大きな買い物から小さな買い物まで自由自在。街中でも多数の店舗で利用可能で、楽天ポイントマークがある店舗なら最大1.5%が還元されます

        クレジットカードでもチャージできますが、コンビニや一部店舗では現金でチャージできるため、使い過ぎ防止策としても有効利用できるでしょう。

        全国のセブン&アイグループ系列店でお得になる「nanaco」

        nanacoはセブンイレブンをはじめとするセブン&アイグループの店舗はもちろん、全国80万店以上で利用できます

        日常的なポイント還元こそありませんが、随時さまざまなキャンペーンが開催されているのが特徴。アプリなどをダウンロードし、各種キャンペーンをうまく活用すれば、どんどんポイントを貯めることができます。

        上乗せキャンペーン実施中!ドン・キホーテなどでお得に使える「majica」

        majicaは、チャージするたびにポイントが還元される決済サービスです。

        基本の還元率は1.0%ですが、過去1年間の購入金額に応じてランクが決まり、ランクに応じた特典が受けられるのが特徴です

        最高ランクであるプラチナ会員になると、還元率が5.0%まで上がるため、お得に買い物ができます。

        また、1000円以上の支払いで1の位を9円までカットしてくれるため、自動的に節約できるのも魅力です。

        こうした日々のお得感に加え、各種キャンペーンが随時開催されています。マイナポイントと紐付けることで1,000ポイントが受け取れるキャンペーンもありますので、チェックしてみましょう。

        ドンキホーテのマジカドンペンカードについては、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

        続いて、マイナポイントを紐付けするのにおすすめのクレジットカード決済について見てみましょう。

        【デビット/プリペイドカード決済】マイナポイント対象のカードから選ぶ

        デビット/プリペイドカード決済ももちろんマイナポイントに紐付けることができますが、ポイント還元率や付帯特典の有無などで比較すると、クレジットカードやスマホ決済に紐付けるほうがお得なのは否めません

        また、マイナポイントに紐付けできるデビット/プリペイドカードは特殊なものが多いため、普段利用している店舗やサービスで使えるカードを選ぶのがよいでしょう。

        以下に対象となるカードを記載しています。普段利用しているものであるのか事前に確認しましょう。

        ▼対象のデビットカード一覧
        ・イオン銀行CASH+DEBITカード
        ・SMBCデビット Vポイント
        ・JCBデビットカード×JCBマイナポイント
        ・りそなデビットカード(Visa)
        ・北國Visaデビットカード

        ▼対象のプリペイドカード一覧
        ・バンドルカード
        ・マキヤプリカ
        ・ほぺたんカード
        (コープみらい/いばらきコープ/とちぎコープ/コープぐんま/コープながの)
        ・マルカ
        ・フィールさくらカード
        ・駿河屋マイカード
        ・nicopi
        ・えんてつカード
        〈ポイント&プリペイド〉
        ・RARAプリカ
        ・WA!CA
        ・Aoca
        ・ヤマダマネーポイント
        ・きむらフレッシュカード
        ・Okaya Pay
        ・PLANT Pay
        ・みさとと。Pay
        ・cocona

        まとめ

        この記事では、マイナポイントを受け取る際に知っておきたいポイントに加え、各種決済サービスの特徴を紹介しました。

        決済サービスは数多くあり、QRコード決済や電子マネー決済、クレジットカード決済、デビット/プリペイドカード決済などから選ぶことができます。

        お得感を味わいつつ、使い勝手のよさを実感するには、マイナポイントの受け取り方や有効期限、使える店舗などを事前に確かめておくことが大切です。

        ほぼすべての決済サービスが無料で利用できる中、おすすめなのは、高ポイント還元率とクレジットカードならではの特典を得られる「クレジットカード決済」です。

        よりお得により楽しくお買い物を楽しむため、この記事を参考にしていただけると幸いです。

        マイナポイントの関連記事

        • Facebook
        • x
        • LINE
        クレカ診断はコチラ

        © 2022 Ateam LifeDesign Inc.