Operated by Ateam Inc.

イーデス

プロミスの追加融資は「審査なし」ですぐ借りられる!

最終更新日:

プロミスの追加融資は「審査なし」ですぐ借りられる!
プロミス
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

カードローンを利用に不慣れな人は、プロミスの「追加融資」を難しく考えすぎてしまいがちです。

「追加融資って手続きが必要?また審査必要なの?」といった疑問を抱いている人も多いでしょう。

そんなに難しく考えないでください。

プロミスの追加融資(追加借入)とは「通常の借り入れ」同様です。追加融資に審査は必要ありません。

限度額の範囲内であれば、いつでも何度でも追加融資を受けられます。また、他のローンのように、追加融資を受けるたびに面倒な手続きや審査は一切ありません。

追加融資の簡単さは、プロミスのようなカードローンの最大のメリットの1つです。

この記事では、以下について解説しています。

  • 追加融資を受けられる3つの方法
  • 最速で追加融資を受けられるのは?
  • 追加融資を受けると返済額が変わる
  • 追加融資を受けられなくなる5つのケースと対処法

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

▼プロミスについてはこちらでまるっと解説しています。

▼プロミスの追加融資ではなく、増額融資希望なら必見!

武藤 英次 / 美樹ライティングオフィス 代表

【専門家の解説】

プロミスに限らず、カードローンは(借入限度額までなら)いつでも自由に借入と返済ができるサービスです。
プロミスカードがあれば提携ATMなどで自分の銀行口座のような「お金を出し入れする感覚」で利用できてしまいます。
ただしこの自由さが時に「誤った使い方」を招くことがあります。
カードローンでATMから引き出したお金は、まぎれもなく「借金」であるわけです。
しかし銀行口座の預金の出し入れの感覚と似ているために、借金なのに「自由に使えるお金」と感じてしまいやすい面があります。
こうなると借入枠の上限まで借りるクセがつきやすく、支払利息が大変なことになってしまうので注意が必要です。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    プロミスの限度額を超える追加融資は「増額申請」が必要

    プロミスでは限度額以上の追加融資は一切受けられません。
    限度額を超える借入をしたければ、限度額を増やすしかありません。

    そのために必要なのが「増額申請」です。

    ▼プロミスの増額申請詳細はこちらを参考にしてください。

    増額申請をすると増額審査が行われます。

    審査に通れば限度額が増額されます。

    この増額審査は、なかなか厳しいと考えておいてください。

    増額申請は会員メニューから行えます。
    また、プロミス側から増額の案内が来ることもあります。

    審査には数日かかり、入会時と収入が大幅に変わっている場合は、収入証明書の再提出が求められます。
    また、職場への在籍確認も再度行われる事もあります。

    ▼プロミスの在籍確認についてはこちらで詳しく解説しています。

    プロミスの追加融資は申込・審査が不要


    プロミスの追加融資は審査がありません。

    限度額以内の追加融資であれば即座に融資を受けられます。
    ATMなら土日でも深夜でも融資を受けることが可能です。

    他のローンではどうでしょうか?

    • 銀行などのフリーローン
    • 目的別ローン(学費、カーローンなど)

    上記のローンは契約時に一括で融資を受けて、その後は返済のみを続けていきます。

    追加融資を受けることは基本的にできません。もし借入したければ、再度の審査が必要です。

    「審査なし」で、すぐに追加融資が受けられるのは、プロミスのようなカードローンの最大のメリットでしょう。

    ▼プロミスを利用するメリットについてはこちらで詳しく解説しています。

    ▼従来のプロミスの審査について詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

    限度額、借入残高、借入可能額を確認する方法

    会員サービスにログインして確認するのが、最も便利です。
    スマホ、PCから24時間利用できます。

    プロミスコール(0120-24-0365)への電話でも確認できます。

    2級FP技能士
    監修者 武藤英次の一言コメント!
    追加融資をいつでも受けられることで、いざという時にスマートに対応できるのはカードローンの大きな強みです。
    そして反対に「いつでも追加返済ができる」ことも非常に大きなメリットであることをぜひ知っておいて下さい。
    カードローンは借入している金額に、一日ごとの日割り計算で利息が発生します。
    そのため1日でも借りている日数を短く、そして1円でも借りている金額を少なくすることで支払う利息を少なくできるのです。
    カードローンならいつでも追加返済が自由ですから、余裕があればどんどん返済を進められます。
    これは他のローンでは得難い大きな長所ですから、積極的に追加返済を利用して利息をしっかり節約して下さい。

    武藤さん

    武藤さん

    プロミスで追加融資を受ける方法は2つ

    最も簡単に追加融資を受けられるのは「ATM」です。コンビニのATMは全国どこにでもあります。
    ローンカードを挿入して暗証番号を入力するだけで、すぐに追加融資が受けられます。

    その他の追加融資の方法も含めて、詳細を見ていきましょう。

    方法1.ATM

    ATMは最も確実に追加融資を受けられる方法です。プロミスが利用できるATMは3種類あります。

    コンビニATM

    セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニATMは全て追加融資可能です。

    他にもイーネットATMが設置されているコンビニであれば追加融資を受けられます。

    最も利用機会が多い方法かもしれません。

    ▼プロミスの提携コンビニATMについてはこちらで詳しく解説しています。

    プロミスATM

    プロミスが直接運営するATMです。
    コンビニATMに比べると数は少ないですが、手数料が無料というメリットがあります。

    銀行などの金融機関ATM

    以下の銀行ATMでもプロミスの追加融資は受けられます。

    都市銀行

    • ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、イオン銀行、セブン銀行

    地方銀行

    • 第三銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、熊本銀行、横浜銀行、東京スター銀行、十八親和銀行、広島銀行、八十二銀行

    注意点

    プロミスATM・三井住友銀行ATM以外は借入手数料がかかります。

    コンビニ、銀行などの提携ATMの追加融資手数料
    追加融資額手数料
    1万円以下110円
    1万円超220円

    方法2.瞬フリ(振込キャッシング)

    自分の銀行口座に直接振り込まれる追加融資の方法です。

    会員サービスにログインして金額を指定すれば、最短10秒程度で振り込まれます。手数料は無料です。

    全国約200の金融機関の場合
    曜日受付可能時間受振込される時間
    月~金0:00~24:00
    24時間受付
    受付後10秒程度
    土・日・祝日

    ※毎週月曜0:00~7:00はサービス停止

    ▼プロミスの瞬フリについてはこちらで詳しく解説しています。

    2級FP技能士
    監修者 武藤英次の一言コメント!
    数年ほど前までは、現金での支払いはごくごく普通のことでした。
    「給料日に銀行ATMが大行列」というのも見慣れた風景だったわけです。
    しかし最近では新型コロナウイルス感染症の影響もあって、時代は一気にキャッシュレス決済に移行しています。
    カードローンも、以前はいかに手軽に現金を引き出すかが重要なポイントでした。
    しかし現在のようなキャッシュレス時代となると、現金を手にする必要は無くなっているわけです。
    そのため最近ではキャッシュレスの決済口座への振込融資が増えてきています。
    プロミスではスマホアプリから即時に振込手続きできる「瞬フリ」があるので上手に活用してみて下さい。

    武藤さん

    武藤さん

    プロミスで追加融資を受けた場合、毎月の返済額はどうなる?

    追加融資を受けると、毎月の返済額が変わる可能性が高いです。

    増えることもありますし、逆に減ることもあります。

    プロミスは借入するたびに返済額が変わるシステム

    プロミスの返済額は「最終借入後の借入残高」で決まります。

    最後に借入した時の借入残高が基準となって、毎月の返済額を計算する仕組みです。

    計算式は以下の通りです。

    最終借入後残高返済金額
    30万円以下最終借入後残高 × 年3.61%(1000円未満切り上げ)
    30万円超~100万円以下最終借入後残高 × 年2.53%(1000円未満切り上げ)
    100万円超過最終借入後残高 × 年1.99% (1000円未満切り上げ)

    もしプロミス入会時に50万円を借りて、その後は一切追加融資を受けなければ、返済額は変わりません。

    返済額は、最後に借入した時点の「50万円」が基準となるからです。

    実際の借入残高が減少しても、返済額は変わらないのに注意してください。

    もし借入残高が10万円にまで減ったタイミングで追加融資を受けると、新しい返済額が「最終借入時点の借入残高10万円」で再計算されます。

    返済額は減ることもある

    追加融資を受けると返済額は増えると思われがちですが、逆に減ることもあります。

    どうしても返済額が用意できない時に、あえて追加融資を受けて返済額を下げる事もできます。

    例えば入会時に50万円借り入れして、その後は一切借り入れしないとしましょう。

    最終借入残高50万円基準で返済額を計算すると13,000円となります。

    その後いくら借入残高が減っても13,000円の返済額は変わりません。

    その後、返済を続けて借入残高が9万円になったタイミングで追加融資1万円を受けたとしましょう。

    最終借入後残高は10万円となります。

    つまりプロミスでの限度額を下げることになり、返済額を再計算し直すと4000円に。

    このような場合は追加融資を受けたにもかかわらず逆に減っています。

    最終借入時点の借入残高で返済額が決まるプロミスならではの現象です。

    プロミスの追加融資ができないケースと対処法

    必ず追加融資が受けられるわけではありません。ここでは追加融資できないケースとその対処法を紹介します。

    ケース1.延滞中

    延滞すると追加融資が受けられなくなります。

    延滞とは、返済日までに返済できなかった状態のことです。

    プロミスでは毎月1回の返済日までに、最低返済額を返済しなければいけません。

    対処法

    最低返済額を返済して延滞状態を解消してください。

    なお、返済してすぐに追加融資が可能になるわけではありません。

    いつ頃追加融資ができるようになるかは、返済した方法や曜日によって異なります。

    少なくとも延滞を解消した当日は無理と考えておいてください。

    ケース2.限度額いっぱいまで借りている

    >限度額を超える追加融資は受けられません。限度額を1円でも超えればもう追加融資は受けられません。

    クレジットカードのショッピング枠なら、限度額を多少オーバーしても使用できることが多いです。

    しかしプロミスのようなカードローンでは、限度額を超える借入は絶対にできません。

    対処法

    対処法は2つです。

    • 返済して限度額に余裕を持たせる
    • 限度額を増額する

    限度額の増額は「増額審査」が必要で、かなり厳しい傾向にあります。

    ケース3.収入証明書を提出せずに一時貸出停止

    審査の時に収入証明書を提出した人は、数年おきに再提出を求められます。もし再提出しないと貸出が停止される事があります。

    再提出の条件は以下の通りです。

    • 収入証明書の発行日から3年が経過した場合
    • 勤務先に変更があった場合

    対処法

    収入証明書を提出する以外に対処法はありません。

    ▼プロミスの収入証明書についてはこちらで詳しく解説しています。

    ケース4.総量規制に引っかかって貸出が停止

    総量規制に引っかかって追加融資ができないケースです。

    総量規制とは「年収の3分の1を超える借入はできない」という法律上のルールです。プロミスのような消費者金融が対象となります。

    総量規制上の借入額は「他社」も含みます。

    プロミス1社だけでなく、他の消費者金融や銀行カードローンで借りている金額を全て合わせた金額です。

    他社とプロミスの借入残高の合計が年収の3分の1を超えてしまうと、追加融資はできなくなります。

    対処法

    取れる対策は2つです。

    年収を上げる

    もし入会時よりも収入が上がっていればプロミスに伝えましょう。

    収入証明書を提出して年収の増加が確認できれば、貸出が再開されるでしょう。

    他社の限度額を減らす

    プロミスの限度額と他社限度額の合計が、年収の3分の1以下に収まるようにしましょう。

    他社で利用していないカードローンがあれば解約してください。

    完済だけでなく解約までしないと、他社との合計限度額は減りません。

    ケース5.他社でブラックリスト入り

    他社で自己破産、任意整理、長期延滞などを起こして、いわゆるブラックリストに入ってしまうと、プロミスでの追加融資が受けられなくなる事があります。

    対処法

    ブラックリストへの登録が解除されるのを待つしかありません。原則として5~10年でブラック情報は抹消されます。

    ブラックリストの詳細と、抹消期間については「ブラックでも借りられるカードローンはある?FPがブラックの定義と解除方法を解説!」を参考にしてみてください。

    2級FP技能士
    監修者 武藤英次の一言コメント!
    厳密にいうと「ブラックリスト」と言う名のリストは存在しません。
    その代わりに「個人信用情報」と呼ばれるものが信用情報会社に記録されています。
    個人信用情報には「誰が」「どの金融機関で」「どれくらいの金額を借りているか」といった情報が詳細に記録されているのです。
    万が一返済に遅れてしまうと「延滞記録」が信用情報に登録されます。
    さらに長期間延滞すると事故扱いの記録(異動情報)が登録されてしまうのです。
    これは俗に金融ブラックなど呼ばれ「ブラックリストに載った」と一般的に言われる状態となります。
    個人信用情報は提携金融機関やクレジットカード会社で共有されるため、他のローンやクレジットカードも利用不可になってしまう可能性が大きいのです。

    武藤さん

    武藤さん

    まとめ

    プロミスの追加融資について解説してきました。

    プロミスで初めてカードローンを利用する人は、追加融資の簡単さに驚くかもしれません。通常のローンの追加融資は審査が必須だからです。

    限度額内であれば、借りたい時にいつでも無審査で借りられるのはプロミスの便利なところです。

    それでは最後に重要な点をまとめておきます。

    ここまでのおさらい

    • 限度額を上げるには増額審査を受ける必要がある
    • 最速の追加融資方法はATM
    • 追加融資を受けると返済額が増減する
    • 延滞するとすぐに追加融資を受けられなくなる
    • 限度額以上は追加融資を受けられない

    最低限この5点はしっかりと抑えておきましょう!

    プロミス
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大500万円※最短3分最短3分※
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年4.5%~17.8%30日間

    ※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

    おすすめポイント

    • Web契約で最短3分融資も可能
    • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
    • 申込、借入、返済24時間OK!

    プロミスの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.