中央リテールは滞納中でも利用できる?審査基準と契約までの流れを解説

中央リテール
おまとめローン

2022-06-14

中央リテールは、東京都渋谷区に店舗を構える小規模な消費者金融です。

消費者金融の中でも非常に珍しく、「おまとめローン」を専門として扱っています。

おまとめローンとは、複数の借入を1つにまとめることで、利息の削減および返済の効率化を図るサービスです。したがって、「返済がキツくてなんとかしたい…」という人にとっては、かなり魅力的な商品内容になっていますね。しかしながら、

  • 滞納中の自分でも審査に通過できるかどうか
  • あまり聞いたことのない業者だけど、闇金ではない?
  • 利用する上でのデメリットはあるのか

というような不安をお持ちの方も多いと思います。

そこで当記事では中央リテールにスポットを当てた上で、基本的な商品内容から審査基準、契約の流れまで、あらゆる面から詳細解説していきます。


中央リテールを検討中の方は、よろしければ参考になさってくださいね。

中央リテール おまとめローン
中央リテール おまとめローン
利用限度額審査時間融資までの時間
最高500万円※--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年8.2~年13.0%×-

※不動産担保ローンの場合、最高3000万円

おすすめポイント

  • 複数のローンを中央リテールで一本化すると、計画的に返済できます
  • 返済は毎月1回になり、支払総額の軽減も期待できます
  • 融資額は、無担保おまとめローンで最高500万円、不動産担保ローンで最高3,000万円

武藤 英次 / 美樹ライティングオフィス 代表

成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務等を幅広く担当。
2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

【専門家の解説】

中央リテールは渋谷の道玄坂で借換ローンを専門に取り扱う金融業者です。
資本金6000万円と中小金融としてはそれなりの規模がありますが、いわゆる大手とは比べ物にならない小規模と言えます。
よく言えば「職人肌の貸金業者」と例えられるかもしれませんが、やはり大手のような「誰でも気楽に利用できる」という安心感まではありません。
中央リテールを利用するには、ある程度の覚悟とメンタルの強さが求められるでしょう。
繊細な心をお持ちの方が誰にも相談せずにいきなり申込するのは正直おすすめできません。
あらかじめ国の設立した「法テラス」などの無料相談窓口を利用しておくと、より安心です。

武藤英次さん
武藤英次さん

ファイナンシャルプランナー
美樹ライティングオフィス

成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務等を幅広く担当。
2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

目次

中央リテールの特徴

中央リテールは知名度が低い分、インターネットを探してもなかなか有力な情報は出てこないですよね。
まずは、中央リテールのサービス内容を一覧にまとめてみました。

中央リテールの商品内容
サービス内容無担保おまとめローン不動産担保ローン(おまとめ)
融資限度額500万円3000万円
金利(実質年率)10.95%~13.0%8.2%~9.8%
融資までの期間最短1日最短4日
返済期間10年(120回)

中央リテールが取り扱っているサービスは、

  1. 無担保おまとめローン
  2. 不動産担保ローン(おまとめ)

の2種類です。

どちらもおまとめ専用のサービスになっているので、借り換え以外の目的では利用することができません。

おまとめローンだけを取り扱っている消費者金融はかなり珍しいので、中央リテールならではの特徴だといえますね。その他、中央リテールの特徴をまとめると、下記のようなポイントがあります。

  • 平成15年に設立された小規模な消費者金融
  • おまとめローン専門
  • 東京都渋谷区に店舗がある
  • 設定金利は低め 契約の際には来店が必須
  • 返済期間が最長10年と非常に長い
  • 他社では審査落ちの可能性がある5件以上の借入もおまとめできる
  • 審査回答まで最短2時間 オンラインから申し込み可能

中央リテールの特徴の中では、やはり「おまとめローン専門」という点が目を引きますね。

他社であれば、通常の融資と併せておまとめローンを取り扱っているケースがほとんどなので、中央リテールのような例はかなり珍しいといえます。

ただし、「おまとめローンってどんなサービスなの?」という疑問をお持ちの方も多いと思うので、おまとめローンについても触れていきますね。

おまとめローンとは

おまとめローンを一言でいえば、「複数の借入を1つにまとめて、返済を効率化するための商品」です。

したがって、借り換えではなく、単にお金を借りたいだけのケースには利用することができません。

この点は、カードローンやキャッシングとは異なる特徴ですね。

おまとめローンの利用に適したケースとしては、「消費者金融から借入していて返済がツライ…」というような事例です。

このようなケースでは、消費者金融とおまとめローンの金利差で利息を削減することができ、加えて完済までに要する期間も短くなります。
つまりわかりやすくいえば、結果的に返済が楽になるということです。

これだけを見れば、すでに他社で借入している人にとってかなり魅力的なサービスでしょう。

しかし当然ながら、おまとめローンにはデメリットも存在しています。

デメリットを踏まえた上で活用しなければ、思わぬ落とし穴にハマってしまう可能性もあるということです。
おまとめローンのメリット・デメリットについてもご説明しておきますね。

メリット

おまとめローンのメリットは、下記のようなポイントです。

  • 複数の返済日を1つにまとめられるので、返済の管理が楽になる
  • 金利差によって利息が減る
  • 借入先ごとの返済が1つにまとまるので、毎月の返済額が少なくなる
  • 借入期間が長いので、コツコツと着実に返済することができる

おまとめローンのメリットを一言でいえば、「返済の負担を軽減できる」という点です。

おまとめローンを上手く活用すれば利息額を軽減することができ、結果として毎月の返済額を軽くすることもできるわけです。

「返済がツライ…」という方にとっては、このようなメリットは非常に魅力的だといえるでしょう。

デメリット

対しておまとめローンのデメリットは下記のようなポイントです。

  • 返済期間延長によっては、元契約より利息が増えてしまう可能性もある
  • 追加融資を受けることができない
  • 1度借入すると長期返済になりやすい

おまとめローンのデメリットの中で特に重要なポイントが「返済期間延長によっては、元契約より利息が増えてしまう可能性がある」という点。

先述したように、おまとめローン自体は返済の負担を軽減するためのサービスです。

しかしながら、元契約とおまとめ先の金利差があまりにも小さかったり、元契約よりおまとめ先の借入期間が著しく長かったりすると、おまとめすることで逆に利息が増えてしまう場合もあるのです。

この点はおまとめローンのリスクであり、デメリットだといえますね。

また、おまとめローンで借入を1本化した後は、完済まで「返済専用」の商品になります。

したがって、お金がなくてピンチになったときでも、追加融資を受けることができないわけです。
これも、おまとめローンのデメリットでしょう。

このように、おまとめローンにはメリット・デメリットがあります。
利用する際は両方をしっかりと把握した上で検討なさってくださいね。

▼おまとめローンについて詳しく知りたい人は、

を参考にしてみてください。

中央リテールの金利はおまとめに有利な水準

おまとめローンのメリット・デメリットについて触れましたが、重要なポイントはやはり「元契約とおまとめ先の金利差」です。

なぜかというと、金利差があればあるほど利息削減によるメリットは大きく、逆に金利差がない場合は利用する際のデメリットも生じやすくなるからです。

つまり、おまとめローンを利用する上で最も大切なポイントが「金利」だということです。

このような観点から中央リテールの金利を見てみると、無担保おまとめローンの場合で年10.95%~13.0%と比較的低い金利帯に設定されています。

一例として、消費者金融の適用金利は多くのケースで年15.0%~18.0%程度ですから、一般的な消費者金融から中央リテールに借り換えるだけで、年2~7%程度金利を下げられることになります。

したがって、中央リテールの金利はおまとめに有利な水準だといえるでしょう。

2級FP技能士
監修者 武藤英次の一言コメント!
中央リテールの貸付利率は年10.95%~13.0%となっており、低金利とまでは言えませんが大手と比べて高金利というわけではありません。
ただし小規模業者であるため、返済は振込のみとなっている点に注意が必要です。
大手のように口座振替や無料ATMのサービスなどは一切ありません。
そのため毎月の振込手数料が意外と大きな負担になりがちです。
少しでも負担を軽減するためには、手数料の安いネット銀行や振込手数料無料サービスを探すなどして節約するなどの工夫が必要となります。

武藤さん

武藤さん

実際に中央リテールで借入した場合の返済シミュレーション

中央リテールはおまとめに有利な金利だとお伝えしましたが、多くの方が気になるのは「実際にどの程度利息が少なくなって、毎月の返済額がどのくらい軽減されるのか?」というポイントだと思います。

そこで、実際に中央リテールで借入した場合の返済シミュレーションを行ってみました。

具体的な返済シミュレーション

  • 借り換え元の契約は消費者金融5社
  • 各50万円ずつ、金利年18%で計250万円を借入中
  • 毎月の返済額は15,000円×5社で合計75,000円

上記の前提条件から、そのまま完済まで同条件で返済し続けた場合と、中央リテールのおまとめローンへ1本化を行った場合のケースで返済シミュレーションを試算してみました。結果は以下のとおりです。

中央リテールの返済シミュレーション比較
【おまとめせず、そのまま完済まで同条件で返済した場合】【中央リテールに1本化した場合】
①「返済額軽減」を優先したシミュレーション②「利息額削減」を優先したシミュレーション
借入合計額2,500,000円
適用金利(年)18.0%(消費者金融5社)13.0%
毎月の返済額75,000円60,000円70,000円
完済までに発生する利息991,660円843,079円678,303円
完済までの月数(返済回数)47回56回46回
総合計返済額3,491,660円3,343,079円3,178,303円

【結果】

  • ①のケースでは、1本化で利息が148,581円削減され、毎月の返済額も15,000円少なくなるが、返済回数は借り換え前に比べて9回増える。
  • ②のケースでは、返済回数はほぼ同等だが、毎月の返済額が5,000円減り、利息額も「313,357円」節約できる。

具体的な返済シミュレーションを比較すると、消費者金融から中央リテールへのおまとめで大きな返済軽減効果を得られることがわかります。

ただし、これはあくまでも金利年18%から金利年13%へ借り換えを行ったケースなので、同じ消費者金融だったとしても借り換え元が年15%程度の金利だった場合には、利息削減効果も少なくなります。

このように、中央リテールのおまとめローンは返済負担の軽減に効果的であるものの、借り換え元の契約内容によっては、利息削減効果がさほど得られない場合もあるということです。

したがって、中央リテールを活用する際は必ず詳細な返済シミュレーションを立てた上で比較検討するのが重要だといえるでしょう。

上手く利息を削減するためのポイント

中央リテールは低金利なおまとめローンですが、だからといって「どんな借入でもとにかく1本化すれば良い」というわけではありません。

当然ながら、上手く利息を節約するためには、押さえておくべきポイントがあるからです。

上手く利息を節約するためのポイントは、

ポイント

  • 借り換え元と中央リテールの金利に年2%以上の開きがあることをあらかじめ確認しておく
  • おまとめ前とおまとめ後で必ず返済シミュレーションを行い、利息合計額を比較する
  • おまとめ後も毎月の返済だけでなく、余裕ができたときに繰り上げ返済していく

の3つです。これら3つのポイントさえ押さえておけば、より上手に利息を削減することができます。
これから中央リテールを申し込みされる方は、必ずチェックしておきましょう。

中央リテールを契約するまでの手順

中央リテールの商品内容について解説してきましたが、ここからは契約手続きや必要書類、注意点について詳しくご説明していきます。
「中央リテールでおまとめしたい」という方は、しっかりとチェックしておいてくださいね。

基本的な流れ

中央リテールを申し込み、融資を受けるまでの基本的な流れは下記のとおりです。

  1. STEP.1

    中央リテール公式サイト内、「オンラインお申し込みはこちらから」ボタンをクリック

  2. STEP.2

    画面の指示にしたがい、必要情報を入力

  3. STEP.3

    入力内容を確認し、申し込みの完了

  4. STEP.4

    返済計画と返済額等の確認のため、本人に連絡が入る

  5. STEP.5

    審査の開始

  6. STEP.6

    審査完了後、審査結果の連絡が入る

  7. STEP.7

    必要書類を持参し店舗へ行く

  8. STEP.8

    必要書類を確認の上、契約手続きを行う

  9. STEP.9

    契約完了後、融資金を受け渡し

  10. STEP.10

    融資金を使って借入先を全て完済する


中央リテールでは、契約の際の来店が必須となっています。
したがって、オンラインで全ての手続きを完結できるわけではありませんので、注意してくださいね。
来店の際には所定の書類を提出する必要があるので、そちらも詳しく触れていきましょう。

必要書類

中央リテールの必要書類は下記のとおりです。

【本人確認書類】・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
※上記のうち、いずれか1つ
【収入証明書類】・源泉徴収票
・確定申告書
・所得証明書
※上記のうち、いずれか1つ

【不動産担保ローンの場合】

所有している不動産価値、権利等を証明できる書類

中央リテールの必要書類は、「本人を確認できる公的書類」と「収入を公的に証明できる書類」の2つが基本となります。

加えて不動産担保ローンの場合は、所有している不動産関連の書類を併せて提出する必要があります。

これらの書類の中には用意に時間を要するものもあるので、申し込み前にあらかじめ準備しておくのがベストでしょう。

▼土地や家を担保にお金を借りることについてはこちらで詳しく解説しています。

申し込みする際の注意点

中央リテールを申し込みする際の注意点としては、やはり「来店が必須」というポイントですね。

申し込み条件として地域が指定されているわけではありませんが、店舗の所在地である東京都へ出向くことができなければ、契約することもできません。

必ずご自身が来店可能かどうかを確認した上で申し込みするようになさってください。

2級FP技能士
監修者 武藤英次の一言コメント!
中央リテールのオンライン審査は、あくまでも「仮審査」であることに注意が必要です。
仮審査通過後に来店が必須ですが、来店時に面談による「本審査」が行われます。
大手の場合は仮審査を通過すれば、本審査は書類確認程度なことも多いものです。
しかしながら中央リテールでは本審査がむしろ本番と言っても過言ではありません。
つまり仮審査は「門前払い」をするための位置づけであって、ある程度見込みがある人だけが本審査に進むことができると考える必要があります。
本審査で落ちるケースも多々あるため、仮審査通過で決して安心はできません。

武藤さん

武藤さん

中央リテールの審査について解説

中央リテールの利用を検討されている方の多くは、審査に対して不安を感じていらっしゃるかと思います。

確かに、おまとめローンの審査は厳しいのが一般的な認識ですし、落ちてしまうとキツイ返済を続けなければならない場合もあるでしょう。
しかし実は、中央リテールは他社とは異なり、独自の審査基準を持っています。

したがって、他社のおまとめローンの審査で落ちてしまった人が、中央リテールでは通過できる可能性もあるわけですね。想定される審査基準や審査落ちする人の特徴について解説していきます。

審査にかかる時間は?

中央リテールの審査に要する時間は、「最短2時間」となっています。

また、審査回答時間は平日9:00~18:00で、土日祝日の申し込みは翌営業日の回答になります。
もちろん、最短の審査回答時間はあくまでも目安なので、できるかぎり時間の余裕を確保した上で申し込みしたほうが良いでしょう。

滞納中でも利用できる?

中央リテールの申し込み条件として、「2ヶ月以上の延滞をしていないこと」と公式サイトにも表記されているので、短期間の滞納であれば対応してもらえる可能性もあります。

ただし、過去10年以内に債務整理等の金融事故歴が信用情報に記載されていると審査に落ちる可能性が非常に高いので、その点だけ注意しておいてください。

想定される審査基準

中央リテールで想定される審査基準は、下記のとおりです。

中央リテールの想定審査基準

  • 20歳以上~55歳前後
  • 他社の借入残高200万円以上
  • 他社の借入件数が5件以上
  • 来店可能かどうか
  • 雇用されていて給与所得があるかどうか

上記の審査基準は、中央リテールの公式ページ内に設置されている、「クイック診断」の内容をもとに分析したものです。クイック診断の結果がNGだった場合に、

  • 他社の借入が5社以上、かつ残高が200万円以上ある方が対象
  • 契約手続きは来店必須
  • 契約時に信用情報で確認できる借入先以外に資金を充てることはできない
  • 2ヶ月以上の延滞、金融事故歴有りの方は利用不可
  • 事業主の方は対象外

という5つの条件が表示されるので、これらをクリアできなければ審査に落ちてしまう可能性が非常に高いでしょう。ご自身に当てはめてみて、クリアできているかどうかをチェックしてみてくださいね。

審査落ちする人の特徴

中央リテールの審査に落ちてしまうと思われる人の特徴を簡単にまとめると、下記のようになります。

審査落ちしてしまう可能性が高い人の特徴

  • 直近10年以内に2ヶ月以上の延滞をしたことがある
  • 直近10年以内に債務整理手続きを行った
  • 無職
  • 借入金額が200万円未満
  • 借入件数が5件未満
  • 職業が個人事業主または法人代表者

これらの特徴に該当している人は、審査に落ちてしまう可能性が非常に高いです。
もし該当してしまった場合は、他社のおまとめローンも含めて別の手段を検討してみましょう。

審査通過のポイント

審査に通過するためのポイントは、

  • 借入件数5件以上
  • 借入残高200万円以上

という条件をクリアしていることと、他社の同時申し込みを極力避けることですね。

先述したように、中央リテールの審査基準はかなり特殊なもので、あまりに借入残高が少なかったり、借入件数が少なかったりすると、融資対象から外れてしまいます。

また他社の同時申し込みは履歴で確認されてしまうので、極力1社ずつ申し込みしたほうが、貸付側の印象は良いでしょう。

これから審査を受ける方は、これらのポイントを必ず押さえておいてください。

返済を2ヶ月以上延滞中、債務整理直後は通過できない可能性大

中央リテールはかなり特殊な審査条件を設けている消費者金融ですが、

  • 返済を2ヶ月以上延滞中
  • 債務整理直後

というようなケースでは、残念ながら審査落ちしてしまう可能性が非常に高いでしょう。

ご自身の状況を整理した上で、該当していないかどうかをしっかりと確認しておいてくださいね。

2級FP技能士
監修者 武藤英次の一言コメント!
中央リテールは小規模金融業者であるため、初めて名前を聞いたという方も多いかもしれません。
大手が対応できない案件を拾い上げるポジションに位置すると言っても、あながち間違いではないでしょう。
そのため「審査の甘さ」を期待されがちなのも無理なからぬところです。
しかし実際のところは、そこまで審査が甘いことは決してありません。
大手の審査がギリギリ通らなかった方が、もしかしたら中央リテールなら通るかもしれない程度に考えておいた方が良いでしょう。
正規の金融業者であって闇金ではないので、緩い審査をしていたら経営が成り立たないのです。

武藤さん

武藤さん

中央リテールは闇金ではなく正規の消費者金融

「中央リテールは闇金?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、結論から言ってしまえば、中央リテールは正規の消費者金融です。なぜわかるのかというと、

  • 日本貸金業協会の会員企業として登録されている
  • 東京都に貸金業者として登録されている

という2つのポイントを満たしているからです。

これらの登録番号を偽ることはできませんから、中央リテールは闇金ではなく正規の貸金業者だといえます。
もちろん、融資利率も適法な範囲で設定されていますので、安心なさってくださいね。

中央リテール おまとめローン
中央リテール おまとめローン
利用限度額審査時間融資までの時間
最高500万円※--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年8.2~年13.0%×-

※不動産担保ローンの場合、最高3000万円

おすすめポイント

  • 複数のローンを中央リテールで一本化すると、計画的に返済できます
  • 返済は毎月1回になり、支払総額の軽減も期待できます
  • 融資額は、無担保おまとめローンで最高500万円、不動産担保ローンで最高3,000万円

まとめ

中央リテールはかなりマイナーな貸金業者ですが、融資利率はかなり低めです。
したがって、おまとめ先としてはメリットの大きいサービスだといえますね。
ただしその反面、契約の際には来店が必須ですから、遠方の方は少し難しいかもしれません。

おまとめローンを利用する際は、

ここまでのおさらい

  • 必ず詳細な返済シミュレーションを行った上で利息総額を把握する
  • 金利差を事前に確認しておく
  • 商品の特性上、追加融資が不可になると理解した上で契約する

というポイントをしっかり押さえた上で、計画的に活用するようにしましょう。

本記事の監修者について

武藤英次さん

武藤英次 / 美樹ライティングオフィス 代表

成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務等を幅広く担当。
2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら