アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」に向いている人とは?

アコムのおまとめローン
おまとめローン

2022-07-21

「この間A社に返済したばかりなのに、もう明日はB社の返済日・・・」

「色んなところから借りすぎて、借入総額がいくらになっているかわからない」

「消費者金融の金利が高すぎて完済できる自信がない」

このような悩みを抱えている人に最適なローン商品があります。それがアコムのおまとめローンである「借換え専用ローン」です。

借り換えに成功すれば確実に借り換え前よりも金利が下がり、毎月の返済額も下がります。 完済を本気で目指す人にはうってつけのローン商品なのです。

この記事ではアコムの「借換え専用ローン」の特徴や利用に向いている人、申込方法などを徹底解説しています。

複数ある消費者金融から借金の借り換えを検討している人は、ぜひ最後まで読んでみてください!


塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの会社で、経営基盤がしっかりしており、安心して利用できます。アコムの「借換え専用ローン」は、他社のローンをまとめることによって借入金利が下がり、支払い利息が減ることが一番のメリットです。但し、審査は通常のカードローンよりも厳しくなるので注意を要します。

塚越一央さん
塚越一央さん

ファイナンシャルプランナー
塚越FP社労士事務所

東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行及び銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士及び社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師及び相談員を務める。
また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

経営理念 「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

目次

アコムのおまとめローンとは

カードローンの借入先が2社や3社になると、それぞれの返済日を管理するだけでも大変です。どの金融機関からいくら借りているかわからなくなりがちで、完済への意欲も薄れてしまいます。

そんな時に便利なのがアコムの「借換え専用ローン」です。

複数の他社ローンを1つにまとめて借り換えるための、いわゆるおまとめローンです。

「借換え専用ローン」とカードローンとの違い

アコムの「借換え専用ローン」と通常のカードローンはどのような違いがあるでしょうか?

借換え専用ローン通常のカードローン
金利年7.7%~18.0%
限度額100万円以上:年7.70%~15.00%
年3.0%~18.0%
限度額300万円800万円
追加借り入れ可能かできない限度額の範囲内で何度でも可能
返済額を自由に変更できるかできない最低返済額以上ならいくらでも自由
返済方法口座振替のみATM、口座振替、インターネット返済など
借りたお金の使いみち他社返済のみ自由
総量規制(年収規制)対象外他社を合わせて年収の3分の1までしか借りられない

同じアコムのローン商品ではありますが、その性質は全く異なります。

▼通常のアコムカードローンの借り方について詳しい解説をこちらでしています。

借換え専用ローンはカードローンに比べると、さまざまな制約があることがわかります。

一見すると使いづらいようにも感じますが、制約が多い分だけ、大きなメリットがあるのです。

次の章で紹介していきましょう。

アコム「借換え専用ローン」4つのメリット

メリット1・借り換え前より借入金利が下がり、返済利息が減る

アコム「借換え専用ローン」で複数の他社ローンをまとめると、必ず金利が下がります。

目安として、おまとめ前の平均金利よりも1%以上は下がります。

メリット2・追加借入できないローンなので返済が早まる

アコム「借換え専用ローン」は、借り換え資金を借りた後は返済しかできません。

つまり「返済専用ローン」となるため、無駄なお金を借りる事がなくなり、返済も早まるでしょう。

一般的なカードローンでは、限度額の範囲内であれば自由に借りることができます。便利な反面、不必要な借入をしてしまう機会が増えてしまいがちです。

「借換え専用ローン」は返済専用だからこそ、完済に一直線に向かえるのです。

メリット3・返済先がアコム1社にまとまり、返済日の管理がシンプルになる

借換え専用ローンで借り入れ先をアコムにまとめると、返済日も1日にまとまります。

返済日が毎月複数あると管理が大変です。うっかり返済日を間違えて延滞してしまうこともあるでしょう。

手数料がかかる返済方法を選ぶと、毎月の返済手数料だけでも馬鹿にならない金額になってしまいます。借換え専用ローンで返済日をまとめれば、そのような心配はなくなります。

▼アコムの返済についてはこちらで詳しく解説しています。

メリット4・総量規制の例外が適用される

アコムのような消費者金融は年収の3分の1を超える借入が法律で制限されています。

しかし「借換え専用ローン」であれば年収の制限は適用されません。年収の3分の1を超える限度額でも審査に通る可能性はあります。

アコム「借換え専用ローン」3つのデメリット(注意点)

デメリット1・銀行カードローンやクレジットカードのショッピングリボ枠はおまとめできない

「借換え専用ローン」の対象となる借入は「消費者金融からの借入やクレジットカードのキャッシング」のみです。銀行カードローンや、クレジットカードのショッピングリボ枠はおまとめ対象外となります。

デメリット2・緊急時でも借りられない

アコムの借り換えローンは、契約時に他社ローンの借り換え費用を借りた後は、全く借入することはできません。

その後は返済専用のローンとなるために、もし緊急的に現金が必要になってしまっても借りられないリスクはあらかじめ理解しておきましょう。

デメリット3・おまとめ後の返済額を少なくし過ぎると、逆に完済までの期間が長引く

「借換え専用ローン」の毎月の返済額を借り換え前よりも極端に少なくしてしまうと、逆に完済が遠のいてしまうことがあります。

返済額が少ないと、それだけ元金が減りづらくなります。

せっかくおまとめローンで金利を下げても、元金がなかなか減らずに返済期間が伸びてしまえば、返済総額は逆に増えてしまうかもしれません。

アコムの「借換え専用ローン」にこのようなデメリットがあるということは、利用前に必ず頭に入れておいてください。

アコム「借換え専用ローン」を利用すべき人とは?

「借換え専用ローン」はどのような人が利用すべきでしょうか?以下のタイプの人は「借換え専用ローン」で金利を下げられる可能性が高いです。

  • 複数の消費者金融から上限金利18.00%で借りている人
  • クレジットカードのキャッシング枠で多く借りている人

消費者金融の多くは50万円以下の限度額だと、法定金利の上限である年18%の金利を設定します。

また、クレジットカードのキャッシング枠も多くの場合、年18%に近い金利設定です。

他社でこのような利用状況の人は、アコムの「借換え専用ローン」では比較的審査に通りやすく、また金利も下げられるでしょう。

低金利な銀行カードローンでのおまとめが向いている人もいる

逆に「借換え専用ローン」が向いていない人もいます。

  • 銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠をおまとめしたい人

アコムの「借換え専用ローン」は、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングリボ枠は借り換えできません。

  • 10%を下回る金利で借りている人

消費者金融で年10%を下回る金利で借りている人はほとんどいません。

アコムでも年10%よりも低金利で借りているのは全体のたったの年5%にしか過ぎません。 もし年10%よりも低金利の借り換えとなると、アコムではそもそも審査に通りづらいでしょう。

上記に当てはまる人は、アコムのような消費者金融よりも低金利な銀行カードローンでのおまとめが向いているでしょう。

アコム借換え専用ローンの審査について

借換え専用ローンの審査についても確認しておきましょう。

通常カードローンと変わらない点も多いですが「融資までにかかる時間」「審査で重視されるポイント」など、一部で異なる点も存在します。

審査は早いが融資には時間がかかる

通常のアコムのカードローンでは、申し込みに不備がなければ1時間程度で審査結果が出ます。原則として「借換え専用ローン」でも、通常のカードローンと同程度の審査時間となります 。

よほどのことがなければ即日で審査結果は通知されます。

しかし融資までには数日から2週間かかると考えておきましょう。通常のカードローンのように即日融資を受けられることはまずありません。

「借換え専用ローン」では、基本的には借り換え元の金融機関へとアコムが振込で返済します。利用者に代わって返済してくれるのです。

その分だけ手続きにも時間がかかり、融資までは日数がかかります。

「申し込んだ当日中におまとめしたい!」と考えている人は向いていません。

審査でチェックされるポイント

「借換え専用ローン」では以下の点を審査で重点的にチェックします。

  • 年収
  • 借り換え元の借入総額
  • 信用情報に登録されているブラック情報の有無

この3つの点は、通常のカードローンでも重視される点です。

カードローンのブラックリストについてより詳しく知りたい方は、「ブラックでも借りられるカードローンはある?FPがブラックの定義と解除方法を解説!」を参考にしてみてください。

それに加えて「借換え専用ローン」では、以下の点も審査基準として重視されます。

  • 借り換え元の金利

なぜ借り換え元の金利が審査で重要になるのでしょうか?

借換え専用ローンでは法律上、借り換え前よりも金利を下げなければいけません。借り換え元の金利が、アコムが貸し出せる金利よりも低い場合は、アコムとしては審査を通せなくなってしまいます。

例えば借り換え元の平均金利が、消費者金融としては非常に低い10%だとしましょう。アコムがこれよりも低い金利で貸せない場合は、自動的に審査に落ちてしまいます。

このように、おまとめローンでは借り換え元の金利が意外と重要な審査基準となるのです。

こちらでさらに詳しく借り換えについて解説しています。

在籍確認(電話)の内容

審査の際には職場に対して「在籍確認」が電話で行われます。本当にその職場に勤めているか電話でアコムが確認するものです。

(申込者の名前)さんはいらっしゃいますでしょうか?

アコムの担当者

職場の人

少々お待ちください。

このような会話が成立すれば、申込者は職場に在籍していることが確認できます。申込者本人が電話に出た際も在籍確認は取れます。

一方で、以下の例は在籍確認が取れないケースです。

(申込者の名前)さんはいらっしゃいますでしょうか?

アコムの担当者

職場の人

そのような名前の者はおりません。

これでは職場に在籍しているかどうかがアコムからは判断できません。在籍確認が取れずに審査は一時的に中断してしまうでしょう。

通常のカードローンの審査であれば、アコムは在籍確認が電話で取れない場合は他の方法を模索してくれます。社会保険証などの提出で代用してくれる場合があるのです。

しかし「借換え専用ローン」はそのローンの性質上、貸出額が多くなりがちです。

電話で在籍確認が取れないと、アコムもリスクを嫌って審査に通さない可能性があるでしょう。

▼こちらでアコムの在籍確認について詳しく紹介しているので、ご参考にしてください。

※保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

審査で決まる利用限度額

「借換え専用ローン」では、必ずしも現在の他社借入を全て借り換えできるとは限りません。

通常のカードローンと同様に、限度額は審査によって決まります。審査しだいでは、借り換え額に満たない場合も十分ありえます。

限度額の目安としては「年収の3分の1」が上限となりそうです。

「借換え専用ローン」は総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える貸出が認められています。

だからといって、年収の3分の1を大幅に超える借り入れをアコムが貸すのは、リスクが高いと判断するでしょう。

通常のカードローンとは同じく、年収の3分の1あたりが限度額の上限と考えておいてください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
アコム「借換え専用ローン」の審査で注意しなければならないことは、2点あります。まず、借り換え元の金利が、アコムが貸し出せる金利より低い場合は、審査が通らないことです。このことは、よく覚えておいてください。次に、審査は早くても融資までの時間が数日から2週間かかることに注意しましょう。

塚越さん

塚越さん

アコム借換え専用ローンの申し込み方法について

アコムの借換え専用ローンの申し込みは、通常のカードローンとは異なります。

1.電話する

まずアコムのフリーコールへの電話が必要です。公式サイト、自動契約機などでは申し込めないので注意しましょう。

  • アコム フリーコール 0120-07-1000 24時間対応

電話で借換え専用ローンの申し込み意思を伝えると、必要事項を聞かれるので答えましょう。

2.申し込み

自動契約機(むじんくん)や店頭窓口で、必要書類を持参して申し込みます。

必要書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類(運転免許証、顔写真付きマイナンバーカードなど)
  • 収入証明書(源泉徴収票、確定申告書、給与明細書など)

電話の段階で、どの書類を提出するかアコム担当者から指示があります。必要書類は審査で重要なので間違いのないように持参しましょう。

3.審査

審査結果は順調に手続きが進めば1時間以内で通知されます。

4.融資

融資資金は利用者ではなく、原則として他社に対してアコムが振り込みで返済してくれます。

振り込みでは他社へ返済できない場合は利用者へと融資されますが、その場合は他社の「完済証明書」の提出が必要です。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
アコム「借換え専用ローン」の申し込みは、アコムのフリーコールへの電話が必要です。パソコンや自動契約機では、申し込みできないので注意しましょう。また、融資資金は申し込み者ではなく、借り換え元へ振込んで返済するので、申し込み者の手元にはお金が残らないことを覚えておいてください。

塚越さん

塚越さん

まとめ

アコムの借換え専用ローンの特徴やメリット・デメリットについて、もう一度確認しておきましょう。

ここまでのおさらい

  • 金利は目安として1%以上下がる
  • 返済先がアコム1つにまとまり返済日の管理が楽になる
  • 返済専用ローンなので借りることはできない
  • 融資までには最低数日、長ければ2週間を見込んでおく

借換え専用ローンは、アコムの通常のカードローンとは大きく性質が異なるローンです。審査基準は公開されていませんが、通常カードローンよりも審査は厳しくなる傾向にあります。

気軽な気持ちでは利用できませんが、借り換えに成功すれば完済が早まるのは間違いありません。

金利が下がり返済負担は軽くなりますし、返済しかできないローンなので不必要な借金をすることがなくなります。着々と借入残高は減少するでしょう。

もし複数の消費者金融からの借入を本気で完済したいなら、アコムの「借換え専用ローン」を利用してみましょう!

▼おまとめローンについて詳しく知りたい人は、


を参考にしてみてください。

本記事の監修者について

塚越 一央

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行及び銀行系のシンクタンクに41年間勤務。定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士及び社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師及び相談員を務める。また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら