Operated by Ateam Inc.

イーデス

切迫早産による入院費が払えないときの対処法!申請できる制度も解説

最終更新日:

切迫早産による入院費が払えないときの対処法!申請できる制度も解説
お金がない
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

母子ともに危険な状態である切迫早産。切迫早産の恐れがある場合、入院をして安静にする必要がありますが、当然入院費がかかってしまいます。また、出産を迎えたとしてもお金の心配がある、入院費が払えない恐れがあると不安を覚える人もいます。そのような場合、お金をどのように工面すればいいのでしょうか。

本記事では、切迫早産で入院した場合の入院費と支払い時期、入院費を工面する方法を公的なものを中心に解説します。母子ともに健康な状態で出産が迎えられるよう、入院費の心配を本記事で払拭していただければ幸いです。

この記事を読んでわかること

  • 切迫早産の入院費でかかる費用の相場がわかる
  • 切迫早産・出産にかかる費用をサポートしてもらえる公的支援がわかる
  • 公的支援以外でお金を工面できる方法がわかる
金子さん

金子賢司/CFP(日本FP協会会員)

【専門家の解説】

正常分娩の場合、妊娠・出産費用は医療保険の対象外ですが、異常分娩の場合は対象になる場合があります。 異常分娩は主に、切迫早産の他、子宮外妊娠、切迫流産などがあります。 医療保険の保障内容によって異なりますが、手術の費用を保障する「手術給付金」の他、入院した場合は「入院給付金」も支払われるのが一般的です。 すでに医療保険に加入している方は、異常分娩が分かった段階で、保険会社に相談してみましょう。

  • ファイナンシャルプランナー

    監修者金子 賢司

    東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、金融に興味を持ち、資産運用やローンなどの勉強を始める。以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はフィットネス。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。

    • SNS
    • X
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

切迫早産の費用は保険適用になる

切迫早産で入院した場合の入院費は、公的医療保険制度が適用されるため、自己負担額は3割です。ただし全額3割負担になるわけではなく、治療費と入院基本料のみで、食費や先進医療費は保険適用外で全額自己負担となります。

また、差額ベッド代と呼ばれる4床以下の病室に入る場合は、ベッド代の差額が実費請求されるものです。「安静にしたい」という理由で個室の病室に入ると、退院時に差額ベッド代の請求がかかってしまうため注意してください。

あわせて覚えておきたいのが、出産費用とは別になっている点です。切迫早産で入院し、そのまま正常分娩もしくは無痛分娩で出産すると出産費が全額自己負担になります。

出産費用および帝王切開などの異常分娩は保険適用外の医療費であるため、まとまったお金が必要です。切迫早産の項目の多くは保険適用になりますが、出産費用は全額自己負担になることを理解しておきましょう。

切迫早産の入院費用の相場

切迫早産の入院費用は、入院日数にもよりますが1日当たり2.1万円程度です。病院や地域、入院日数や治療内容などによって多少の前後はあるものの、入院費用のみを見た場合はおおよそ2万円で覚えてください。

具体的な入院費は、診療点数と呼ばれるものを計算式にあてはめて算出しなければなりませんが、2万円×入院日数でおおよその入院費が算出できる点を覚えておくと良いでしょう。

言い換えれば、入院日数が少なければ入院費は少なくなりますし、数カ月にもわたる場合は高くなります。妊娠悪阻の場合は平均して1週間程度、切迫早産は最長3カ月程度になることも多く、入院費用に大きく差が出る点は理解しておいてください。

切迫早産の入院費用の支払いはいつ?

切迫早産の入院費用を支払うタイミングは、一般的な入院・手術と同じく以下のタイミングとなります。

  • 出産後、退院するタイミング
  • 切迫早産の入院から一時退院するタイミング

一般的には退院時にまとめて精算する場合がほとんどですが、長期にわたって入院する場合は一時退院時や月末締めで清算される場合もあります。また、支払い方法についても病院ごとに異なります。現金のみ対応可能な病院もあれば、クレジットカードを切れる病院もあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

病院によっては銀行振り込みに対応していることもあり、現金では難しいがクレジットカードなら大丈夫などの支払い方法に不安があるのであれば、病院の会計窓口に相談することをおすすめします。何かしらの打開策が見つかるかもしれません。

切迫早産・出産時に申請できる制度

切迫早産で入院したときや出産する際には、国や自治体が設けている支援制度を申請して入院費の負担を軽減できる場合があります。大前提として、制度を利用するには申請が必須であるため、申請漏れがないかを本記事で確認しましょう。

具体的に利用可能な制度は次のとおりです。

  • 傷病手当金
  • 出産育児一時金
  • 出産手当金
  • 加入している医療保険
  • 医療費控除
  • 高額医療制度

それぞれ申請できる条件やタイミング、補助される金額などが異なります。それぞれの詳細を見ていきましょう。

傷病手当金

傷病手当金とは、公的医療保険制度に備わっている制度のひとつです。病気やけがで働けなくなってしまった人が利用できる制度で、最長1年6カ月間分の手当てが受け取れます。支給額は勤務先から支払われている給与の3分の2相当で、入院中だけではなく自宅療養中も機関にカウントされます。

医療保険制度に加入していれば申請できますが、自営業者やフリーランスが加入する国民健康保険は傷病手当金が支給されません。あくまでも企業や公務員として働いている人の制度であり、人によって利用できない制度であることを覚えておいてください。

出産育児一時金

出産一時金とは、協会けんぽなどに加入している人もしくは被扶養者が出産した際に支給される給付金です。加入者もしくはその被保険者が出産した場合、以下の表のとおりに給付金が支給されます。

全国健康保険協会

※引用:全国健康保険協会

出産一時金は、申請先が保険組合ではなく受診している医療機関となります。出産時に一時的に費用負担することなく、直接保険組合から病院に対して費用が支払われるため、大きな負担が発生しないのがメリットです。

ただし、上記の表を超える差額が発生していると、その差額分を保険組合から請求されます。

出産手当金

出産手当金とは、産前産後休暇中の給与の3分の2を、加入している保険組合が補填する制度です。被保険者のみが対象で、被扶養者は対象外です。

支給される金額は、出産日の42日前と出産日翌日から56日目までの費用となります。多胎妊娠の場合は出産日前の日数が98日間に延長されて支給されます。

申請は加入している保険組合に対して行い、支給額は支給開始日以前の12カ月間の平均給与を30日で割り、3分の2をかけた金額を1日分として算出するというものです。

出産予定日が遅れてもその日数分も出産手当金の日数に加算されます。こちらの制度も先の2つと同様に国民健康保険は対象外です。

加入している医療保険

個人で加入している医療保険で、切迫早産の入院費を補填できる場合があります。加入している医療保険の内容によって申請できる場合とそうでない場合があるほか、申請方法が異なる場合もあるため要注意です。個人で確認するのは難しい側面もあるため、詳細は担当の保険営業マンに確認するか、保険会社の相談窓口で確認するようにしましょう。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!
異常分娩が民間の医療保険の対象になるからと言って、異常分娩が分かってから医療保険に加入することはできません。 また加入できたとしても、子宮・卵巣・卵管などに関する治療は保障の対象外といった条件が付く可能性が極めて高いでしょう。 一般的にそのほかの健康上の問題がなければ、妊娠27週目までは医療保険に加入できるため、異常分娩が不安な方は、検討すると良いでしょう。

金子さん

金子さん

医療費控除

医療費控除とは、医療費が年間10万円を超えた場合に適用される控除です。毎年2月~3月に申請する確定申告で申告する必要で、年間10万円以上の医療費が発生した場合には忘れず申告したい項目でもあります。

計算方法は、実際に支払った医療費の総額から被保険者とその扶養家族が受け取った保険金などを差し引き、さらにそこから10万円を差し引きます。残った金額が控除額となりますが、年間総所得額が200万円未満の場合は、総所得額の5%が控除される仕組みです。

申請には病院で発行された領収書が必要となるため、必ず手元に残しておきましょう。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!
医療費控除が認められると所得を減らせるため、確定申告で税金の還付が受けられる場合があります。 医療費控除は医療費を負担した本人の医療費だけでなく、配偶者や子どもの医療費も対象になります。 全員の領収証などを確認して、医療費控除の要件を満たしているかを確認してみましょう。 なお医療費控除は5年以内なら、さかのぼって申請が可能です。 例えば2023年に支払った医療費控除は、2028年末まで申請できます。

金子さん

金子さん

高額医療制度

高額医療制度とは、切迫早産での入院や正常分娩以外の出産で子どもを出産する、などの条件を満たすことで申請できる助成制度です。上限額は年齢や所得に応じて設けられており、総合的な医療費負担を軽くできます。

この制度の対象となるのは、治療費や入院基本料といった保険適用の項目のみです。食事代や差額ベッド代は助成対象に含まれていない点に注意してください。

一時的に費用を全額負担する必要はありますが、申請することで後日差額が還付されます。申請は加入している保険組合に行い、その際に病院で発行された領収書などを添付しなければなりません。

切迫早産による入院費が払えないときの対処法

切迫早産による入院費が支払える見込みがなく、支払いが直近に迫っている場合、どのように対処するのが最適なのでしょうか。いくつかの方法が考えられるため、以下の順番で対処をしてみてください。

  • 出産育児一時金の直接支払制度・受取代理制度を利用する
  • お金を借りて出産費用を支払う
  • 病人に相談する

詳細は各章で説明しますが、最も優先順位が高いのは、出産一時金の利用です。それで費用を補填できない場合は別の方法でお金を借りる、もしくは病院へ相談する方法が考えられます。

出産育児一時金の直接支払制度・受取代理制度を利用する

切迫早産・出産時に申請できる制度」内で紹介した出産育児一時金には、直接支払制度と受取代理制度の2種類があります。直接支払制度とは、健康保険組合が分娩した医療機関に直接支払う制度を指します。被保険者や扶養者に一時金が支給されることはなく、そのまま病院に決まった額が支払われる仕組みです。

一方の受取代理制度は、小さな診療機関など小規模の医療機関などが、被保険者に代わり出産一時金を受け取る方法です。受取代理制度は出産予定日まで2カ月以内の人であり、かつ診療機関に作成してもらった受取代理に関わる資料を健康保険組合に提出することで利用できます。

いずれの場合も、差額が発生した場合は被保険者の負担となります。また、受取代理制度のほうが時間や労力などの手間がややかかります。

お金を借りて出産費用を支払う

出産一時金などの支援制度ではお金が足りない場合、別の方法でお金を借りる必要があります。出産一時金以外の支援制度は、一時的に支払わなければ制度そのものが使えません。支援制度のほとんどは、申請の際に領収書が必要になるためです。

具体的な出産費用として使えるお金の借り方は「足りない分の入院・出産費用を借りる方法」をご確認ください。

病院に相談する

何かの事情ですぐには入院費を支払えないものの、手当てが支給されてからや分割で払える場合は病院にその旨を相談しましょう。病院にもよりますが、支援制度でのお金の支給まで支払いを猶予してもらえたり、分割払いを認めてもらえたりするケースがあります。

相談先は、各病院の事務局になります。その際、ただ払えない事実を伝えるのではなく、支払い時期の目途を立ててから相談すると良いでしょう。

すべての病院が支払い猶予や分割払いに対応してくれるわけではありませんが、支払いができない点といつ支払うのかの目安を伝えておくと病院の対応も変わってくるかもしれません。

足りない分の入院・出産費用を借りる方法

退院時に支払う入院費・出産費用が捻出できない、あるいは支援制度を利用しても不足する場合、別の方法でお金を借りる必要があります。

具体的な方法として、次の借り方が考えられます。なお、紹介する順番は、融資スピードや借入限度額の大きさなどを加味した総合的な評価が高い順にしています。

対処法融資スピード審査の有無金利
親にお金を借りる最短即日なし-
出産費用貸付制度でお金を借りる2週間あり無利子

親に借りるのは、本当に時間がなく何とか間に合わせたい場合に、出産費用貸付制度を使うなら時間に余裕がある場合に使うと良いでしょう。

親にお金を借りる

入院費や出産費用が支援制度だけでは少し足りない場合、親からお金を借りるという手段で解決できる可能性があります。孫の誕生を心待ちにしている親であれば、少し大きな金額でも貸してくれるかもしれません。

メリットデメリット
家族間でのやり取りであるため心理的に借りやすい場合が多い多額の借入ができない可能性が高い
融資の審査や返済時の金利がない返済のルールを決めておかないとトラブルにつながる可能性がある

家族という近しい間柄であるため、借りるまでの心理的なハードルが低いのがメリットのひとつです。また、銀行や消費者金融でお金を借りるときに必要な審査や返済時の金利がないのもメリットと言えるでしょう。

反面、親の経済状況によっては多額の借入が難しい場合があります。そして最も注意しなければならないのが、返済時のルールです。近しい間柄でも、きちんと返済ルールを守り、家族関係が壊れてしまわないように配慮しなければなりません。

親にお金を借りるのがおすすめの人は、家族と仲が良く、返済計画をきちんと守れる自信がある人でしょう。万が一、当初の計画とおりに返済できなかったとしても、しっかりと相談ができて別の期日を持っていける、最低限のマナーを持った人がこの方法を採用するようにしてください。

出産費用貸付制度でお金を借りる

出産費用貸付制度とは、協会けんぽなどの公的医療保険制度に加入している人が利用できる貸付制度です。対象は被保険者であり、出産予定日まで1カ月を切っている、もしくは妊娠4カ月以上であり、医療機関に一時的な支払いが発生している人です。

メリットデメリット
借入上限額が33万円ある申請から融資までに2週間かかる
返済時は無利子で済む出産一時金が融資額を差し引いた差額しか支給されなくなる

借入上限額は出産一時金の8割程度の33万円となっており、返済時は無利子で済みます。被保険者で対象の医療保険制度に加入していれば申請できますが、申請から融資までに2週間を要する点と、出産一時金が返済に充てられる点に注意しましょう。

条件を満たしており、支払いまでに2週間以上の余裕がある人は、積極的に活用するのもひとつの方法です。なお、医療保険制度によっては出産費用貸付制度が存在しない場合があるため、事前に加入している保険組合などに確認しておくことをおすすめします。

それでもお金が足りない場合はカードローンでお金を借りる

出産費用貸付制度などを活用して、それでもお金が足りない場合はカードローンの利用を検討しましょう。消費者金融カードローンは最短即日で借り入れできるため、出産費用を精算するためのお金を工面できます。

出産にかかるお金は、出産時の費用のみですが、その後開始する育児までを考えるとまとまったお金はあったほうがよいでしょう。たとえばマタニティ用品やベビー用品を揃えるなど、比較的値が張るものを購入する機会は意外と多いものです。

事前に揃えておいたつもりでも、育児が始まってから「あれが必要、これが必要」となる度にお金が不足していては子供のためにも望ましくはありません。

出産費用や、出産後にお金が必要な人におすすめのカードローンは「プロミス」です。

おすすめポイント

  • 申込から借り入れまでWebで完結
  • 最短3分※1で融資を受けられる
  • 初回借入日の翌日から30日間は利息0円※2

※1.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※2.30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

金利年4.5%~17.8%
審査時間最短3分
融資スピード最短3分※1
web完結
無利息期間初回借入日の翌日から30日間※2
学生の利用〇(18歳以上の場合)※3

※1.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※2.30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。
※3.申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

プロミスでは「30日間の無利息期間サービス」を実施しており、初回借入日の翌日から30日間は利息が発生しません。その間に返済する目途がついていれば、借りた分の返済のみとなります。

※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

乳幼児の成長は早く、1日1日で変化があるものです。今必要なものは今揃えておかないといけない場合が多いため、少しでも早く足りないお金を賄っておくとよいでしょう。

また、申込から借り入れまではWeb完結が可能で、店舗に行かなければならないなど大きな手間は発生しません。返済もインターネットから可能となっています。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!
カードローンは、大きく銀行カードローンと消費者金融カードローンに分けられ、銀行カードローンは審査に時間がかかるものの金利が低い傾向がある。 消費者金融は審査が早い反面、金利が高い傾向があるという違いがあります。 お金が必要な時期に応じて、上手に使い分けましょう。 ただし、カードローンは銀行・消費者金融どちらも、ローンのなかでは金利が高い分類に入ります。 利息負担が大きくなるため、お金に余裕があるときに少しでも前倒しで返済していきましょう。

金子さん

金子さん

まとめ

切迫早産や出産時には多額のお金がかかります。国や地方自治体が扱っている支援制度を利用することで負担を減らすことはできるものの、それだけではお金が足りない可能性もあるかもしれません。そのような場合は本記事で紹介した方法を使って、支払いが遅れたり滞納したりしないようにしましょう。

特にお金の問題で切迫早産を自力で解決しようとするのは、母子の身体や生命にとってもやってはいけません。適切な医療を受けるために各種制度が用意されているため、制度を駆使して母子ともに健康な状態で退院の日を迎えらえるようにしてください。

お金がないの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE