Operated by Ateam Inc.

イーデス

ペットの治療費が払えないときはどうする?諦める前に検討できる選択肢を解説

最終更新日:

ペットの治療費が払えないときはどうする?諦める前に検討できる選択肢を解説
お金がない
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

ペットの治療費は飼い主が全額自己負担しなければならず、高額になりやすいです。そのため、ペットの治療費の高さに頭を抱えている人もいるでしょう。

本記事では、ペットの治療費が払えないときの対処法について解説します。治療費の相場やもしもに備えて飼い主ができることも紹介するので、これからペットが治療を受ける人や治療費の高さにお困りの人はぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

  • ペットの治療費の相場
  • ペットの治療費が払えない場合の対処法
  • ペットの治療費を借りる方法
金子さん

金子賢司/CFP(日本FP協会会員)

【専門家の解説】

ペットがまだ若いうちは、治療費があまりかからないため心配をしていないという方もいるでしょう。しかしペットが高齢になれば、治療費がかかる傾向があります。 将来のことなので確実なことは言えませんが、ペットが高齢になったときに備えて、治療費を早めに確保するよう心がけましょう。 お金を貯める場合、時間をかけて少しずつ積み立てていったほうがはるかに負担が少なくて済みます。

  • ファイナンシャルプランナー

    監修者金子 賢司

    東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、金融に興味を持ち、資産運用やローンなどの勉強を始める。以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はフィットネス。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。

    • SNS
    • X
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

ペットの治療費の相場

ペットの種類や体格によって治療費の相場は異なります。以下で、ペットの種類別に1年間の治療費の相場を紹介します。

ペットの種類別 年間の治療費用
年間の治療費の相場
34,395円
小型犬57,727円
中型犬44,063円
大型犬68,671円

※参照元:家庭どうぶつ白書2022|アニコム

上記の表からわかるとおり、猫と犬で比較すると犬の方が年間の治療費が高い傾向にあります。また、犬の体格別に治療費を比べると大型犬が最も高く、次いで小型犬、中型犬の順に治療費が高くなっています。

猫の治療にかかる費用

アニコムの「家庭どうぶつ白書 2022」によると、猫の平均寿命は14.4年です。1年あたりの治療費の相場が34,395円であることから、生涯平均費用は495,288円となります。

猫の治療費の相場
1カ月あたりの平均費用2,866円
1年あたりの費用34,395円
生涯平均費用495,288円

※参照元:家庭どうぶつ白書 2022(1年あたりの費用)|アニコム

また、以下の表は疾患別の治療費の相場をまとめたものです。

疾患別 猫の治療費
治療内容ペットの治療費の相場
0歳1~4歳5~8歳9~12歳
循環器疾患49,725円67,132円78,814円91,470円
呼吸器疾患16,746円20,148円37,616円51,193円
消化器疾患21,897円23,042円26,643円38,779円
肝・胆道および膵の疾患40,330円51,043円68,309円96,796円
泌尿器疾患24,865円40,940円58,760円63,491円
生殖器疾患38,317円56,757円88,510円170,695円
神経疾患36,211円51,322円58,766円86,897円
眼および付属器の疾患11,075円11,085円13,650円24,269円
耳の疾患14,136円14,027円19,448円24,056円
歯および口腔の疾患18,706円29,752円37,281円48,779円
筋骨格疾患38,026円27,778円30,257円30,267円
皮膚疾患12,465円13,136円17,772円28,601円
血液および造血器の疾患41,272円91,023円117,741円172,557円
内分泌疾患23,094円51,855円119,217円136,779円
全身性の疾患17,211円18,829円24,986円37,759円
腫瘍49,816円66,870円85,391円131,782円

※参考元:家庭どうぶつ白書 2019|アニコム

疾患別にかかる治療費は異なるものの、高齢になるにつれて治療費が高くなる点では共通しています。

犬の治療にかかる費用

アニコムの「家庭どうぶつ白書 2022」によると、犬の平均寿命は14.1年です。以下の表に、算出した生涯平均費用や1カ月あたりの平均費用をまとめました。

小型犬中型犬大型犬
1カ月あたりの平均費用4,811円3,672円5,723円
1年あたりの費用57,727円44,063円68,671円
生涯平均費用813,951円621,288円968,261円

また、以下の表は疾患別の治療費の相場をまとめたものです。

疾患別 犬の治療費
治療内容犬の治療費の相場
0歳1~4歳5~8歳9~12歳
循環器疾患46,753円50,149円87,096円118,894円
呼吸器疾患16,491円21,223円36,395円60,315円
消化器疾患21,735円21,027円28,550円38,035円
肝・胆道および膵の疾患54,327円57,424円76,482円102,001円
泌尿器疾患18,699円30,849円42,038円52,537円
生殖器疾患16,219円36,826円80,318円92,081円
神経疾患49,957円63,130円76,351円87,790円
眼および付属器の疾患16,340円19,910円31,859円40,592円
耳の疾患13,354円18,207円23,234円27,500円
歯および口腔の疾患30,560円34,525円44,908円51,658円
筋骨格疾患79,665円47,956円40,396円47,174円
皮膚疾患16,402円30,279円42,766円51,254円
血液および造血器の疾患33,696円93,569円147,130円152,600円
内分泌疾患62,901円98,868円117,611円117,611円
全身性の疾患15,457円17,865円25,021円37,512円
腫瘍20,141円33,018円68,667円100,518円

疾患別にかかる治療費は大きく異なりますが、猫の治療費の場合と同様に、高齢になるにつれて治療費が高くなる傾向にあります。

ペットの治療費が高額になる理由

ペットの治療費が高額になる理由には、以下のものが挙げられます。

  • ペットの治療費は飼い主が全額負担する必要がある
  • 同じ治療内容であっても、病院ごとに料金が異なる

動物には人間のような公的医療保険制度が存在しておらず、全額を買主が負担しなければなりません。また、病院ごとに自由に診療報酬を設定できることから、ペットの治療費が高額になりやすいです。

ペットの治療費は飼い主が全額負担する必要がある

ペットの治療費が高額になる大きな理由として、治療費が全額自己負担になることが挙げられます。

人間の場合は、医療機関に保険証を提示すれば、3割の自己負担額で治療を受けることが可能です。

しかし、犬や猫には人間のような公的医療保険制度が存在しないため、治療に必要な費用は飼い主が全額を負担しなければなりません。

同じ治療内容であっても、病院ごとに料金が異なる

独占禁止法により、動物病院の治療は自由診療と定められています。獣医師団体が基準となる料金を決めたり、動物病院が協定して同じ料金を設定したりすることは禁止されているのです。

そのため、獣医が自由に診療報酬を設定することとなっており、同じ治療内容であっても病院によっては料金が異なる場合があります。

ペットの治療法に迷ったらセカンドオピニオンを活用

ペットの治療法に迷ったら、セカンドオピニオンを活用しましょう。セカンドオピニオンとは、現在の診断や治療方針に疑問を感じた場合、別の獣医の意見を求めることです。

かかりつけ医の診断や治療方針に納得がいかないときや、重要な治療の判断を迫られているときは、セカンドオピニオンで飼い主の不安を軽減できます。
たとえば、手術の必要性に疑問を持った場合、ほかの獣医師の意見を聞くことでより広い視野から治療方針を検討することが可能です。

ただし、ほかの獣医の意見を聞いた後、最終的な治療方針を決定するのは飼い主です。

セカンドオピニオンで十分な答えを得られなかった場合は、再びかかりつけ医に相談するとよいでしょう。セカンドオピニオンは転院を意味するものではなく、必要に応じてかかりつけ医に戻ることもできます。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!
獣医師の診療料金は、独占禁止法の観点から、基準料金を決めることができず、自由診療で各獣医師が料金を設定し、競争できる体制にしなければなりません。 そのため各動物病院は基準料金について、透明性・客観性は確保しているものの、違いがでるのは仕方がないことなのです。 最近では治療費の目安を表示している動物病院も多いので、事前に確認しておくと良いでしょう。 ただし治療方針なども異なるため、一概に料金だけで比較するのはおすすめできません。

金子さん

金子さん

ペット保険に加入している場合は忘れずに申請を

ペット保険に加入している場合、保険金の申請を忘れないようにしましょう。ペット保険とは、ペットの病気や怪我の治療で発生した医療費の一部を補償する保険のことです。

高額な医療費を支払った場合でも、申請後に保険金を受け取れるので、自己負担額を軽減できます。

保険金を請求するには、まず治療を受けた後にもらえる診療明細書と領収書を無くさないように管理しておきます。そして、保険会社に診療明細書と領収書、必要書類を提出すると、指定口座に保険金が振り込まれます。

ペットの治療費が払えないときはどうする?諦める前に検討できる選択肢

ペットの治療費が高額になりやすく、一括での支払いが難しくなることもあるでしょう。

そのようなときは、以下いずれかの方法を検討しましょう。

  • 病院に相談する
  • お金を借りてペットの治療費を支払う

ペットの治療費の支払いが難しいと思ったら、まずは病院に分割払いを相談することがおすすめです。病院との信頼関係があれば、分割払いに対応してもらえることがあります。
分割払いを認められなかった場合には、お金を借りて治療費を工面しましょう。

病院に相談する

長期にわたって利用している病院であれば、信頼関係に基づいて分割払いに対応してもらえる可能性があります。治療費の一括払いが難しい場合には、頭金として支払える金額を提示し、残額の分割払いを提案するとよいでしょう。

ただし、ペットの治療費は一括払いが原則であるため、分割払いの要望が受け入れられないこともあります。断られた場合には、これから説明する「お金を借りてペットの治療費を支払う」という方法を検討してください。

お金を借りてペットの治療費を支払う

病院に分割払いを断られた場合には、お金を借りてペットの治療費を支払うことがおすすめです。ペットは大切な家族の一員であり、可能な限り治療を受けさせたいと考える飼い主は多いでしょう。

治療を受けてもお金を支払わなければ訴訟に発展してしまうので、治療を受けさせるのであれば相応のお金を用意しておく必要があります。

「お金を借りる」といっても方法はさまざまです。なかには利息がかからず、今すぐお金が必要な場合に工面できる方法もあります。病院に分割払いを断られて、さらに持ち合わせがなくてもできることはあります。

ペットの治療費を借りる方法

ここからは、ペットの治療費を借りる方法を紹介します。

お金の工面しやすさだけではなく、融資スピードや審査の有無、借りられる金額の大きさなどをもとに、評価を行いました。現実的に優先順位が高いものから順に紹介していくので、参考にしてください。

対処法融資スピード審査の有無金利
ペットローンでお金を借りる1週間程度あり年3.8%~12.0%
カードローンでお金を借りる最短即日あり年3.0%~18.0%
家族にお金を借りる最短即日なし-

できるだけ利息を抑えたい場合にはペットローンの利用が向いています。金利が低い分、審査が厳しい傾向にあることから、審査に落ちてしまった場合にはカードローンを検討するとよいでしょう。しかし、カードローンの審査にも落ちてしまった場合には、家族に相談してお金を借りることがおすすめです。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!
ペットの治療ですぐにお金が準備できないときは、ローンの活用を検討しましょう。 ローンを活用すれば、治療費をまず支払って後払いにすることができます。 ただし利息がかかるため、実際に借りた金額よりも多くのお金を返済しなければなりません。 お金に余裕があるときには、少し前倒しで返済をするだけでも総返済額は抑えられます。 ローンを利用したら、毎月の返済日だけでなく任意で早めに返済するよう心がけましょう。

金子さん

金子さん

ペットローンでお金を借りる

ペットローンとは、ペット関連の費用に充てるお金を借りられるローンです。ペットの治療費のほかに、トリミング代やペットの購入費にも充てられます。

メリットデメリット
カードローンよりも金利が低い融資までに時間がかかる
最高1,000万円まで借りられるサービスもあるカードローンよりも審査が厳しい傾向にある

ペットローンはカードローンよりも金利が低いため、利息を抑えられるというメリットがあります。一方、融資までには1週間ほどかかるというデメリットもあることから、「治療を受けるまでに1週間程度は余裕がある」「できるだけ利息を抑えたい」という方におすすめの借入方法です。

カードローンでお金を借りる

カードローンとは、銀行や消費者金融が提供している融資サービスです。基本的に用途は限定されておらず、ペットの治療費以外にも使用できます。

メリットデメリット
最短即日で融資を受けられるペットローンよりも金利が高い
無利息期間を設けているサービスもある

消費者金融が提供しているカードローンの中には、最短即日で融資を受けられるものがあります。そのため、「治療を受ける日が近い」「緊急で治療費を工面する必要がある」という場合におすすめの借入方法です。

ペットローンよりも金利が高いというデメリットはあるものの、無利息期間を設けているサービスもあり、期間内に返済すれば利息0円で利用できます。

おすすめの消費者金融カードローンはプロミス

ペットの治療費をカードローンで借り入れるのであれば、プロミスの利用がおすすめです。

おすすめポイント

  • 申込から借り入れまでWebで完結
  • 最短3分※1で融資を受けられる
  • 初回借入日の翌日から30日間は利息0円※2
金利年4.5%~17.8%
審査時間最短3分
融資スピード最短3分※1
web完結
無利息期間初回借入日の翌日から30日間※2
学生の利用◯(18歳以上の場合)
※申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申し込めません。

※1.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※2.30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスは、即日融資に対応しているカードローンです。最短3分※で借入が可能であり、24時間365日いつでも申し込みできることから、「今日中にペットの治療費を用意する必要がある」という場合に役立ちます。
※申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。

利用限度額は最大500万円※で、実質年率は年4.5%~17.8%1です。ペットローンに比べて金利は高めに設定されていますが、30日間の無利息期間が設けられており、初回利用日の翌日から30日以内に返済すれば利息は発生しません※2。
※1.本審査により決定となります。
※2.30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

家族にお金を借りる

ペットローンやカードローンの審査に通らない場合には、家族にお金を借りることを検討するとよいでしょう。

メリットデメリット
審査がないため、最短即日で借りられる利息を抑えられる
金額が大きい場合には借りられない可能性がある返済できなければ信用を失う

家族からであれば審査なしでお金を借りられるので、ペットローンやカードローンの審査に落ちてしまった人でも、お金を借りることが可能です。借りたい金額が少額の場合には、最短即日で貸してもらえるでしょう。そのため、「ペットローンやカードローンの審査に落ちた」「借りたい金額が高額ではない」という場合に相談することがおすすめです。

ただし、お金の貸し借りは家族といえど信用問題に関わるため、ペットの治療費でどうしても必要な旨をしっかりと伝えましょう。「大事な家族のため」であれば、協力してくれる可能性も十分あります。

もしもに備えてペットのために飼い主ができること

ペットに治療が必要となる「もしも」のときに備えて、ペットのために飼い主ができることを紹介します。

  • 信頼できる動物病院でペットの診察を定期的に行う
  • ペット保険に加入する
  • 貯金をしておく

定期的にペットの検診を受けていれば、早期に病気に気づけるため、ペットの健康を維持できます。治療費の削減にもつながるので、信頼できる動物病院で定期的に検診を受けましょう。また、治療を受ける必要が出たときに備えて、ペット保険に加入したり、貯金をしたりしておくことも重要です。

信頼できる動物病院でペットの検診を定期的に行う

定期的にペットの検診を受けていると、病気や体調不良に早期に気づくことが可能です。治療費を抑えられるだけではなく、治療も早く始められることから重篤化を防げます。病気や体調不良について見た目では気付けないこともあるため、大切なペットのためにも信頼できる動物病院で定期的にペットの検診を受けましょう。

ペット保険に加入する

先述したとおり、ペット保険では治療費の一部を保険金として受け取れます。全額自己負担であれば受けることが難しい高額な治療であっても、ペット保険に加入していれば費用負担を軽減できるため、治療の選択肢が広がります。

ペット保険には加入時の年齢上限が設けられており、高齢になってからでは加入できるペット保険は限られます。そのため、若く健康なときに加入しておくことがおすすめです。

貯金をしておく

ペットの体調が悪化し、急に治療費が必要となる可能性があるので、ペットのために貯金をしておくことがおすすめです。貯金によってお金に余裕があれば、ペットの治療の選択肢が広がり、適切な治療を受けられます。

ペット保険に加入している場合でも、治療費は最初に自分で負担する必要があります。保険金の申請を行えば給付を受けられますが、保険金の受け取りは支払い後となるため、治療費を支払えるようにあらかじめ貯金をしておくことが重要です。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!
長期間準備できるなら、新NISAを使って積立ながら運用する方法もあります。 元本割れリスクがありますが、お金が増える可能性もあります。 新NISAはいつでもお金を引き出せるので、ペットの治療費が必要になったときの費用に充てられます。 ただし引き出しには1週間くらい時間がかかるため、急ぎのときはカードローンで借りて、NISA口座から引き出したお金で返済するという方法もあります。

金子さん

金子さん

まとめ

動物の公的医療保険制度は存在しておらず、ペットの治療費は飼い主の全額負担となるため、高額になりやすいです。ペットの治療費の支払いが難しい場合には、まず病院に分割払いに対応してもらえないか相談しましょう。分割払いが認められない場合には、ペットローン、カードローン、家族などからお金を借りて治療費を工面する必要があります。

また、本記事ではもしもに備えて飼い主がペットのためにできることについても紹介しました。定期的にペットの検診を受けていると、病気や体調不良に早期に気付けるため、健康を維持できます。治療費の削減にもつながるので、信頼できる動物病院でペットの検診を定期的に受けるようにしましょう。

お金がないの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.