Operated by Ateam Inc.

イーデス

ガス代を払えないときの対処法!お金がない場合に検討すべき手段と滞納したときのリスク

最終更新日:

ガス代を払えないときの対処法!お金がない場合に検討すべき手段と滞納したときのリスク
お金がない
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

日常生活において欠かせない「ガス」は、毎月請求がくるガス代を支払わないと利用し続けられません。ガス代はとくに冬になると負担が大きくなりやすく、場合によっては1万円を超える請求がくることも珍しくありません。

それゆえに、想定外の請求がきてしまって費用を工面できずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

本記事では、ガス代が払えない場合に費用を工面する対処法や、払わずにいた場合のリスクなどを解説します。
健康な生活を維持するためにも支払いを工面する方法を押さえておきましょう。

この記事を読んでわかること

  • ガス代が払えない場合の対処法
  • ガス代を払わない場合のリスク
  • どうしてもガス代を工面できない場合の最終手段としての生活保護や任意整理に関する詳細
金子さん

金子賢司/CFP(日本FP協会会員)

【専門家の解説】

世界情勢が混沌としており、将来的にエネルギー価格の変動が大きくなる可能性がないとは言えません。万が一のときは政府の援助があるかもしれませんが、永続的ではないでしょう。

今よりもガス代が上がるケースは十分考えられるため、支払いに不安を感じたら早めに対策を立てておくことをおすすめします。

またガス代は冬場のほうがたくさん消費するため、増える傾向があります。家計管理するときは、ガス代の季節性も考慮しておきましょう。

  • ファイナンシャルプランナー

    監修者金子 賢司

    東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、金融に興味を持ち、資産運用やローンなどの勉強を始める。以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はフィットネス。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。

    • SNS
    • X
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

ガス代を払えない場合の対処法は?

ガス代を払うためのお金を工面できない場合の対処法として、以下3つが挙げられます。

ガス代を払えない場合の対処法

  • 猶予措置を申請する
  • 公的貸付制度を利用する
  • 金融機関などから借入する

ガス代を払えない場合は、まずガス会社に猶予措置を相談するところから始めましょう。猶予措置が認められない場合には、公的貸付制度や金融機関からの借入を検討します。

なお、これらの対処法は、検討する優先度の高い順に上から並べています。以降の内容を順番に確認し、その方法を実施するべきかを判断してください。

猶予措置を申請する

契約しているガス会社に猶予措置の相談・申請をすることで、支払い期限を延長してもらえる可能性があります。

数か月の延長ができるケースもあるため、もし申請が受理されればガス代を工面するための期間を得られるでしょう。ただし、支払いが免除されるわけではないため注意が必要です。

なお2023年までは新型コロナウイルスの影響を考慮して、経済産業省から各ガス会社へ猶予措置の要請があったため、どの電力会社でも猶予措置を受け入れていました※。しかし、2024年の現時点では対応していないところも多く、猶予措置が必ず受理されるわけではありません。

※参照元:2023年新型コロナウイルス感染拡大に伴うお客さまに対するガスならびに電気料金の特別措置の追加対応について|エネルギー・フロンティアTOKYOGAS

公的貸付制度を利用する

公的貸付制度とは、国からお金を借りられる制度です。低収入者や生活困窮者を救うために作られた制度であり、申し込みのうえで審査に通ればお金を借りられます。

この制度を利用できる主な対象者は以下の通りです。

  • 必要な資金を他から借りることが困難な「低所得者世帯」
  • 障害者手帳などの交付を受けた人が属する「障害者世帯」
  • 65歳以上の高齢者が属する「高齢者世帯」

※参照元:生活にお困りで一時的に資金が必要な方へ「生活福祉資金貸付制度」があります。|政府広報オンライン

なお、公的貸付制度にはさまざまな種類があり、ガス代が支払えない場合に利用できる制度は「生活福祉資金貸付制度」になります。

生活福祉資金貸付制度によって借りられる資金にもさまざまな種類があり、ガス代の支払いに充てられる資金は以下の2種類です。

  • 緊急小口資金:緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用
  • 一時生活再建費:生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費でまかなうことが困難である費用

※参照元:生活にお困りで一時的に資金が必要な方へ「生活福祉資金貸付制度」があります。|政府広報オンライン

対象者の要件に自身が該当しており、実際に利用したい場合はお住まいの管轄の役所に赴いて、生活福祉資金貸付制度を利用したい旨を伝えましょう。

金融機関などから借入する

銀行や消費者金融といった金融機関から、ガス代の不足分を借入することで滞納を防げます。

借入するためには審査に通る必要があるものの、審査に通ってしまえば最短当日、長くても1週間程度で借入できるため比較的早くガス代を支払えるでしょう。

なお、ガス代の支払いに借入金を充てる場合は、使途が決められていないカードローンやフリーローンといった金融商品を利用します。

どちらを利用するか悩んだ際は、借入可能額の範囲なら自由に借入できるカードローンを選びましょう。仮に、ガス代以外にも工面しなければいけないものがある場合は、フリーローンが適しているケースもあります。

また、カードローンやフリーローンなどの商品はやや金利が高めに設定されており、公的貸付制度と比較すると返済負担が大きいです。まずは公的貸付制度の利用可否を確認したうえで、利用が難しい場合には金融機関からの借入を検討しましょう。

ただし、カードローンの中には無利息期間サービスを提供しているものもあるため、一時的にお金を借りたい人は検討してみてください。該当するおすすめのカードローンは次で紹介しています。

カードローン

カードローンとは、消費者金融や銀行といった金融機関が提供する金融商品の一つです。

カードローンには借入可能額が設定されており、その範囲内であればATMを利用して自由に借入が可能です。

ただし、毎月の返済額は決められているため、自由に借入できる一方で、返済計画はしっかりと立てておきましょう。でないと、借入総額が増加し続けて負担が大きくなる可能性があります。

なお、余分に返済したい場合はATMでの随時返済が可能です。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!

ガス代を支払えない原因が、一時的な支出増加であれば問題はありません。

しかしガス代が支払えない状況が続くような場合、カードローンで借りて支払っても根本的な解決になりません。状況を放置しておくとカードローンの借入残高が増加し、さらに家計を圧迫してしまうことも考えられます。

ガス代を支払ったら、すぐに家計の見直しに取りかかることをおすすめします。

金子さん

金子さん

カードローンでの借入ならプロミスがオススメ

カードローンを利用してガス代の支払いを検討している人には、プロミスの利用がオススメです。

プロミスなら最短3分で融資が受けられるため、ガス代の支払いを急いでいる場合に適しています。金利は年4.5%~17.8%と他の消費者金融系ローンと比べると低めで、利息負担を気にしている人にもオススメです。

また、プロミスには無利息期間が設けられており、初回利用日の翌日から30日間は利息0円で借入できます。無利息期間内でガス代の借入分を返済できる目途が立っているのであれば、利用してみる価値は十分にあるでしょう。

【オススメポイント】

  • 初回利用日の翌日から30日間利息0円!
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!
  • 最短3分で借入可能!
実質年率年4.5%~17.8%
融資限度額500万円
融資スピード最短3分
審査時間最短3分
Web完結
土日の対応◯(インターネット・アプリを利用する場合)
※コールセンターを利用する場合は平日9:00~18:00
在籍確認原則、電話による在籍確認はなし
郵便物の有無アプリを利用する場合はなし
カードレス
申し込み条件18歳~74歳の本人に安定した収入のある人
返済方法残高スライド元利定額返済方式

プロミスについて詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

カードローンについて詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

銀行フリーローン

銀行フリーローンとは、銀行が提供している使途制限がないローンです。
銀行が提供するローンのなかには、住宅ローンやマイカーローンなど使途が制限されているものも多いですが、フリーローンは使途を問われないためガス代の支払いにも利用できます。

前項のカードローンと異なる点は、借入する回数と金利です。
カードローンは可能額の範囲内なら何回でも借入できますが、フリーローンの場合は借入額を一括で受けとるため、再度借入する場合にはその都度申し込まなければいけません

また、金利においてはフリーローンのほうがやや低めに設定されている傾向にあります。
前項で紹介したプロミスの場合は、金利が年4.5%~17.8%であったのに対し、次項でご紹介する横浜銀行フリーローンの金利は年1.9%~14.6%と低めの設定です。

カードローンとフリーローンのどちらを利用すべきかは、借入回数と金利を考慮して判断する必要があるでしょう。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!

一般的に消費者金融よりも銀行カードローンのほうが金利が低い傾向があります。

ただし銀行カードローンは即日審査が終わっても、実際にお金を借りられるのは翌営業日以降になることがほとんどのため急いでガス代を支払いたいときには向いていません。

ガス代の支払期限が迫っているときは、消費者金融のカードローンを検討すると良いでしょう。初めての利用であれば、多くの大手消費者金融では無利息期間を設けているので、すぐに返済すれば利息がかかりません。

金子さん

金子さん

フリーローンでの借入なら横浜銀行フリーローンがオススメ

横浜銀行のフリーローンは、返済期間を最長10年で設定できるローンです。金利は年1.9%~14.6%で、借入可能額は10万~1,000万円になります。

ガス代の支払いにフリーローンを利用する場合、10万円以上の金額をまとめて借入しなければいけないため、余分にお金を借りなければいけない可能性があります。
そのため、約1万円のガス代を払った場合に余った借入金は早急に返済するか、再度ガス代が不足したときなどのためにとっておくのが好ましいでしょう。

なお、横浜銀行フリーローンはWEBで24時間受け付けているため、利用しようと思ったときにすぐ申し込むことが可能です。来店も不要であるため、自身の都合に合わせた申し込みが可能です。

【オススメポイント】

  • PCスマホで24時間受付可能!
  • 返済期間が最長10年!
  • 来店不要で申し込み可能!
実質年率年1.9%~14.6%
利用限度額1,000万円
融資スピード最短2営業日
審査時間最短翌日
Web完結
土日の対応
在籍確認-
郵便物の有無
申し込み条件
  1. 契約時に満20歳以上69歳以下の人
  2. 安定した収入のある人、およびその配偶者(パート・アルバイトも可。学生は不可。年収には年金を含みます。)
  3. 次の地域に居住またはお勤めの人
    >神奈川県内全地域・群馬県内の以下の市
    >東京都内全地域前橋市、高崎市、桐生市
  4. 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる人
  5. 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意できる人
返済方法元利均等返済

フリーローンについて詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

ガス代を払わなかった場合のリスク

ガス代を払わずに放置した場合、ガスが止められてしまうのはもちろんのこと、それ以外にも以下のようなリスクがあります。

ガス代を払わなかった場合のリスク

  • 延滞利息が加算される
  • 滞納が続くと裁判になる可能性もある

滞納している金額に対して延滞利息が発生するため、本来のガス代よりも多くの額を支払わなければいけなくなります。また、滞納が続けば支払いを求めて裁判になるケースもあるでしょう。

基本的にガス代を滞納したらデメリットしかないため、支払いができなくならないようなお金の管理が大切です。

延滞利息が加算される

延滞利息とは、遅延損害金とも呼ばれ、期日までに請求額を支払わなかった場合に発生する損害金のことです。延滞利息は決められた一定の利率に基づいて算出され、滞納期間が長くなるほど利息が高くなります。

たとえば、東京ガスの場合は、経過日数に応じて1日あたり0.0274%の利率がかかります。仮に1万円のガス代を50日間支払わずにいた場合、延滞利息は以下のようになります。

延滞利息(東京ガスの場合)=1万円×0.0274%×50(日)=137円

※参照元:お支払い期限と延滞利息|エネルギー・フロンティアTOKYOGAS

わずか137円ではありますが、ガス代の支払いが難しい人にとっては大きな痛手となるでしょう。そのため、滞納をしてしまったとしても、なるべく早く支払いを済ませて利息を抑えることが、負担を最小限に抑えるポイントです。

滞納が続くと裁判になる可能性もある

ガス代を滞納し続けると、最悪の場合、提訴されて裁判になる可能性があります。提訴はすぐに行われるわけではなく、督促状が送られた後、長期間にわたって滞納し続けている場合に提訴されるケースが多いです。

なお、滞納が続くとガス会社はグループ会社や債権回収会社に対して滞納分の回収を委託する場合があります。そのため、仮に督促状がガス会社以外のところから送られてきたら、裁判等に発展する可能性があることを覚えておきましょう。

裁判等への発展を防ぎたい場合には、督促状の送付元である会社に対して連絡をとり、一度相談をしてみるのも一つの方法です。支払う意思があるのならそれを伝えれば、最悪の事態にまで発展する可能性を抑えられるかもしれません。

ガス代を滞納したらガスはいつ止まる?

ガス代を滞納した場合、ガスの供給が停止するのは検針日翌日から50日程度※とされているケースが多いです。
※参照元:Q料金の支払いが遅れた場合、ガスや電気がいつ止まってしまうのか知りたい。|エネルギー・フロンティアTOKYOGAS

検針とは、毎月のガス料金を算定するための調査であり、検針員が使用量を確認してガス代を算出します。その検針が行われた日の翌日から、約50日後の時点で滞納していた場合は供給が停止されるでしょう。

なお、ガスの供給が停止しても滞納を続けた場合、次のステップとして強制解約に至る可能性があります。強制解約になると、ガス会社との契約が切れてしまうため、再度ガスを利用したい場合には、ガス会社と再契約を結ばなければいけません。

ガス会社によっては、強制解約になると再契約ができないケースもあるため、別のガス会社との契約が必要になります。

ガスが止まったらいつ供給再開できる?

再度供給を開始してもらう方法は、滞納している分を支払うだけです。そのため、ガス代の請求書は捨てずにとっておくことを推奨します。仮に手元にない場合は、ガス会社に連絡をとってどうするべきかきか相談する必要があるでしょう。

なお、復旧するまでの工程はガス会社によって異なるため、場合によっては、支払いをした当日に供給が再開されない場合もあります。たとえば、東京ガスでは平日の14時までに支払いが完了していればその日のうちに供給が開始されますが、14時を過ぎると翌日以降の供給開始になってしまいます※。
※参照元:Q料金未払いで停止したガスの供給再開に必要な手続きを知りたい。|エネルギー・フロンティアTOKYOGAS

どうしても払えない場合は生活保護や任意整理など検討する

どう頑張ってもガス代を工面できない場合は、生活保護や任意整理によって解決を試みるのも一つの方法です。

ガスは料理や暖房器具など生活に欠かせない部分で必要となるため、健全な生活を続けるためにも、費用が工面できない場合は生活保護等の利用を検討してみてください。

生活保護は、お住まいの地域を管轄している各自治体の福祉事務所または支庁に相談すれば申し込みが可能です。

なお、生活保護を利用するためには以下の条件を満たしている必要があるため、確認したうえで当てはまる可能性があるようであれば相談してみてください。

生活保護を受給する条件

  • 世帯全体の収入が最低生活費を下回る。
  • 不動産、自動車、預貯金等のうち、直ちに現金化して活用できる資産がない。
  • 親族(3親等以内)からの援助が受けられない。

※参照元:厚生労働省

続いて任意整理とは、債務整理の一つで抱えている借金を整理する際に利用できます。利息をカットしたうえで、毎月の元金の支払いを無理のない額に調整できるため、支出を抑えることが可能です。

ただし、任意整理を実施すると信用情報に傷がつくため、ローンが組めないなどのデメリットがあります。このデメリットを許容してでも借金の返済負担を軽減したい場合には、任意整理の実施を検討してみてください。
なお、任意整理は実施したい場合は弁護士に相談します。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!

任意整理をするときは、一般的に弁護士か司法書士に依頼することになるため、報酬を用意する必要があります。

しかし任意整理を利用するような状況で、どのように報酬を用意すれば良いのか不安に感じるのではないでしょうか?弁護士や司法書士に依頼すると、一時的に金融機関への返済がストップします。その間にお金を貯めて報酬を準備する形になります。

また任意整理は、財産を手放したり、第三者に知られるリスクが小さい代わりに、元本の返済はしていかなければなりません。

金子さん

金子さん

まとめ

ガス代を払えずに滞納した場合、そのまま放置しているとガスが止められ、最悪の場合は滞納分の支払いに対して提訴される可能性があります。

主な対処法として、公的貸付制度を利用して借入する方法、金融機関を利用して借入する方法があります。

公的貸付制度を利用できれば、少ない金利で借入できるため返済負担を最小限に抑えつつ借入が可能です。
ただし、公的貸付制度が利用できなかった場合は、カードローンやフリーローンといった金融機関の商品の利用を検討しましょう。

金融機関の商品は金利が高い傾向にありますが、ある程度まとまった金額を借りられるため、他の支払いが不足している場合にも利用しやすいです。

特に、一時的にお金を借りたいといった人は、プロミスのような無利息期間サービスを提供している金融機関からの借り入れもオススメです。

お金がないの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE