Operated by Ateam Inc.

イーデス

車の修理代が払えないときの対処法!ローンに通らない・保険に入っていない場合はどうすればいい?

最終更新日:

車の修理代が払えないときの対処法!ローンに通らない・保険に入っていない場合はどうすればいい?
お金がない
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

車が故障してしまった場合は修理が必要です。

しかし、故障の度合いによってはかなりの修理代がかかるケースもあるため、修理代を工面できない場合は何か策を考える必要があるでしょう。実際、故障した車を前にして修理すべきかどうか、修理するにしても支払いをどうするべきか、といった悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

具体的な策としては、売却して買い替えをする方法や、資金を確保して修理に出す方法などがあり、どの選択をとるべきか自身の状況を考慮する必要があります。

本記事では、車が故障した場合に「修理すべきか」「買い替えるべきか」や、修理する際の支払いが工面できない場合の対処法を解説します。後半では修理をせずに車を放置してしまう場合のリスクの解説もします。

この記事を読んでわかること

  • 車が故障した場合に修理すべきか、買い替えるべきか
  • 修理代が払えないときの対処法
  • 車を修理しないまま放置した場合のリスク
塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

車が故障した場合、修理するか、買い替えるか迷います。走行距離が10万km以下であれば修理、10万km超なら買い替えと決めるのも一つの方法です。
修理と決めても修理代がない場合は、車を売却するか、お金を借りるかになります。お金を調達する方法はいろいろあるので、よく考えてから決めてください。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

車が故障したら修理する?それとも買い替える?

車が故障した場合、基本的には修理と買い替えのどちらかを選択しなければいけません。どちらを選択すべきかは状況によって変わります。たとえば、売却して買い替えたほうが安く済むのなら買い替えの選択がありますし、思い入れのある車なら修理をして使い続けるといった選択もあるでしょう。

いずれにせよ、その人の状況次第で正解は異なるため、まずは修理が好ましいケースと買い替えが好ましいケースの両方の例を知っておく必要があります。いくつかの例を知っておけば、自身が選択する際の参考になるでしょう。

修理を選んだほうが良いケース

修理を選んだほうが良いケースは以下の通りです。

  • メーカー保証で修理ができるケース
  • 走行距離が10万キロ以下のケース
  • ローンの残債があって売却できないケース
  • 今後使用していくにあたって大きな支障のない故障であるケース
  • 買い替えできるほどの経済的余裕がないケース
  • 愛着のある車で乗れなくなるまで乗り続けたいと考えているケース

重度の故障の場合は別ですが、修理できる範囲内なら修理したほうが買い替え程の費用はかからないです。ただし、走行距離が10万キロを超えている車は部品の消耗や劣化が進んでおり、すぐに故障してしまう可能性が高いため買い替えのほうが適しているかもしれません。

また、ローンの残債がある場合は残債を返済しきらないと売却できないケースもあるため、ローンの契約内容によっては修理をして返済するまで乗り続ける必要があるでしょう。

買い替えを選んだほうが良いケース

修理を選んだほうが良いケースとは対照的に、買い替えを選んだほうが良いケースは以下の通りです。

  • 新車購入後から10年が経過している、10万キロ以上走行しているケース
  • 高額な修理代がかかってしまうケース
  • 水没による故障のケース
  • 安全性にかかわる故障が発生したケース

新車購入後から10年が経過している、もしくは10キロ以上走行している場合、部品の劣化等が進んでいるため買い替えのほうが結果的に費用負担を抑えられる可能性があります。部品が劣化していると自然と故障する回数は増えてくるため、そのたびに修理をしているとかなりの金額になってしまうでしょう。

また、故障の度合いが重度の場合も買い替えが好ましいです。たとえば、重度の故障では修理代が何十万円とかかってしまうケースがあるため、そのような負担をするよりも買い替えたほうが負担を減らせることもあります。水没の場合も同様で、重要な部品が損傷している可能性があるため修理の負担が大きくなる可能性が高いです。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!

車が故障したときに修理した方が良い場合は、メーカー保証で修理できるときやローンの残債があって売却できないときです。買い替えができるほど資金がないときも、修理した方が良いでしょう。
買い替えが良い場合は、高額な修理代がかかるときや、購入から10年を経過しているときと、安全性にかかわる故障があるときです。

塚越さん

塚越さん

車の修理代が払えないときの対処法

車が故障して、修理をする選択をした場合には修理代を工面しなければいけません。修理代は故障の内容によって異なり、場合によっては数十万円とかかるケースもあるでしょう。そのため、もし修理代を工面できない場合は以下5つの対処法の中から適した方法を選択することになります。

車の修理代が払えないときの対処法

  • 中古車・廃車買取業者に売却する
  • 保険金を利用する
  • 分割払いや後払いの交渉をしてみる
  • 消費者金融で借入する
  • マイカーローンを利用する

修理代が払えない場合の対処法は大きく分けると、「故障したまま売却するケース」と「修理代を借入するケース」の2パターンです。何とか修理をして乗り続けたい場合には借入をするしかないため、消費者金融やマイカーローンの検討が必要になるでしょう。

中古車・廃車買取業者に売却する

故障の内容が安全性に関係する場合、乗り続けることで事故が発生するリスクが高まるため、修理をせずに中古車・廃車買取業者に売却するのも一つです。完全に動かなくなった車でも、一部の部品が生き残っていれば買い取ってくれることがあるため、手放す予定がある場合は一度査定に出してみましょう。

補足として、「修理をしたほうが高く売れるのでは?」と疑問に思う人もいますが、基本的に査定前に修理に出すことはおすすめできません。なぜなら、キズによって査定上で減額される金額よりも修理代のほうが高くつく可能性が高いためです。

まずは査定に出して、そこからどうするべきか考えても遅くはないため、手放す場合には「まず初めに査定」と覚えておきましょう。

保険金を利用する

自動車保険に加入している場合、申請すれば修理代を保険金で補える可能性があります。保険金で補えれば自己負担を最小に抑えつつ修理ができるため、修理代の全額を工面できなくても問題ないでしょう。

ただし、保険金を利用すると次回以降の更新から保険料の支払いが高くなってしまいます。軽微な故障に対する修理の場合は、修理代よりも値上がりのほうが割高に感じられるケースも少なくないため、保険金を利用すべきかは値上がり分を考慮して検討する必要があるでしょう。

なお、どのくらい高くなるかは保険会社によって異なるため、加入している保険のカスタマーサポートや担当者に確認をとりましょう。

分割払いや後払いの交渉をしてみる

車を購入した店舗での修理や普段から修理を依頼している業者での修理を検討している場合、分割払いや後払いの交渉をしてみるのも一つです。必ず分割払いに応じてもらえるわけではありませんが、関係性によっては応じてくれる可能性があります。

相談すること自体はタダであるため、分割払いで支払える目途が立っているのなら交渉してみる価値があるでしょう。この際、支払いができる目途が立っている旨をしっかりと説明できれば、応じてくれる可能性は高まるかもしれません。

なお、分割払いにしたい場合はクレジットカードの利用もおすすめです。クレジットカードなら分割払いが指定できますし、カードによっては一括で支払った後に分割払いへ変更できるものもあります。クレジットカードの利用可能額の範囲内で修理代が収まる場合には、この方法での支払いも検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融で借入する

消費者金融でお金を借りられれば、比較的早く現金で修理代を確保できます。利便性が高く、借入限度額の範囲内で自由に借入・返済ができるため、返済できるだけのお金が貯まれば一括ですぐに返済が可能です。そのため、借金を抱えること自体に不安を抱く人でも利用しやすいでしょう。

ただし、消費者金融で借入をする場合は金利が高い点には気を付けなければいけません。目安ではありますが、年3.0%~18.0%の金利がかかり、借入してから完済までの期間が長くなればなるほど利息負担額は大きくなります。

なお、利息負担額を最小限に抑える方法として、無利息期間が設定されている商品を利用するのもおすすめです。たとえば、次項でご紹介するプロミスであれば30日間の無利息期間があるため、利用方法次第では利息負担をグッと抑えて借入できます。

おすすめの消費者金融を知りたい人はこちらの記事も参考にしてみてください。

一時的な借入なら即日審査可能なプロミス

車の修理代を支払うために一時的な借入をするのなら、プロミスがおすすめです。プロミスでは、無利息期間が設定されており、初回の借入をした日から30日間は無利息期間として扱われます。そのため、借入をしてから30日以内に返済ができれば、利息負担額0円で借入が可能です。

また、プロミスであれば最短3分(審査内容によっては時間がかかるケースもあり)で融資を受けられるため、その日のうちに現金が必要な場合にも適しているでしょう。仮に審査に通らなかったとして、その結果をすぐに知れるため、次の対処法に素早く切り替えられます。

【おすすめポイント】

  • 初回借入日の翌日から30日間利息0円!※1
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!
  • 最短3分で借入可能!※2

※1.30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。
※2.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。

実質年率年4.5%~17.8%
融資限度額500万円※1
融資スピード最短3分※2
審査時間最短3分
Web完結
土日の対応インターネット・アプリを利用する場合は土日対応有り。
コールセンターを利用する場合は平日9:00~18:00。
在籍確認一部、必要な場合もある。
郵便物の有無アプリを利用する場合はなし
カードレス
申し込み条件年齢18歳~74歳のご本人に安定した収入のある人。
返済方法残高スライド元利定額返済方式

※1.新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。
※2.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。

プロミスについて詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

マイカーローンを利用する

マイカーローンとは、車を購入する際に利用できる融資金の使途が限定されたローンです。基本は車を購入するためのローンですが、商品によっては修理目的で借入できるものもあります。

たとえば、JAバンクのマイカーローンだと使途に「修理」という項目があるため、修理目的での利用が可能です。

消費者金融で借入するよりも金利は抑えられているため、利息負担を最小限に抑えたい場合には適しているでしょう。ただし、審査が消費者金融よりも厳しい傾向にあるため、収入や他社の借入状況によっては利用できないケースも考えられます。

おすすめのマイカーローンを知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!

修理代がない場合は、車を売却するかお金を借りるかの選択になります。借入をする前に、自動車保険の保険金で補えないか確認することも大事です。
また、分割払いや後払いができないか交渉もしてください。借入は、消費者金融を利用すれば早く借りられますし、マイカーローンであれば利息を抑えることができます。

塚越さん

塚越さん

車を修理しないまま放置するリスク

車を修理してそのまま乗り続けたい場合でも、修理代を工面できなければその間は故障した箇所を放置することになります。放置すれば修理代をすぐに支払わずに済むものの、以下2点のリスクがあることを知っておきましょう。

車を修理しないまま放置するリスク

  • 事故を起こす可能性が高くなる
  • 乗っていなくても税金が発生する

まだ乗れる範囲の故障だと軽視して、修理せずに乗り続ければ事故を引き起こしてしまう可能性が高まるでしょう。万が一、大きな事故につながるようなことがあれば後悔しても手遅れです。そのため、まだ乗れる範囲の故障だとしても基本は修理をしてから乗ることを推奨します。

また、車には自動車税がかかりますが、これは故障していても同じです。乗っていないのに税金がかかってしまうのはムダな出費になるため、税金を払い続けてでも所有する価値があるのかをよく考えなければいけません。

事故を起こす可能性が高くなる

「警告ランプがでている」「ガソリンメーターの表記が故障している」などの故障は、車が完全に動かないわけではないため修理せずに乗り続けられてしまいます。仮に乗り続けると、一つの故障からその他の箇所の故障を招くことも考えられますし、その故障から事故につながることも考えられます。

車の故障は命にかかわる重大な事故につながることも十分に考えられるため、車に乗る以上は、事故を起こすリスクを最小限に抑えなければいけません。命を失っては元も子もないため、修理代を工面できるまでは乗らないで放置しておくことを強く推奨します。

乗っていなくても税金が発生する

故障した車を修理せずに放置し続けた場合、修理代の支払いはせずに済みますが自動車税の支払いは発生します。自動車税は毎年かかる税金で、総排気量により税額が決まります。自動車の場合は数万円かかるため、修理代の支払いができずに悩んでいる人にとって、この負担はかなり大きく感じてしまうでしょう。

そのため、故障した車に将来的に乗り続ける予定がない場合には、ムダな出費を支払わないためにも売却するといった選択が求められます。仮に現時点で修理できなくても、お金が工面できたら修理して乗りたい場合には、その間も税金を支払うデメリットを許容したうえで所有し続けなければいけません。

修理できないが車が必要なときの対処法

修理代は工面できないが、日常から車を使用する必要がある場合には以下の対処法を検討しましょう。

  • レンタカーを借りる
  • カーリースを利用する

必要なときだけお金を支払えば利用できるレンタカーや、契約期間における毎月定額の支払いで車を所有できるカーリースといった方法があります。

とはいえ、修理代が払えない場合は直近のお金を工面することが難しいケースがほとんどでしょう。そのため、いきなりカーリースにするよりも「レンタカー」の次に「カーリース」の順番で検討することをおすすめします。

レンタカーを借りる

レンタカーは必要なときだけ車を借りられるサービスです。毎日は乗らないものの週1回~2回は利用することが多い、といった場合には適しています。

また、レンタカーなら自動車税や車検代といった所有の際に発生する費用を支払う必要もありません。最小限の出費で車に乗れるため、修理代を工面できない場合には、必要なときだけレンタカーを利用してみてはいかがでしょうか。

なお、レンタカーは車を所有し続けるよりも料金が割高になる場合もあります。頻繁に利用すると「購入したほうが割安」といった事態にもなりかねないため、レンタカーと所有のどちらを選択すべきかは、利用頻度と支払う料金を考慮して決める必要があるでしょう。

カーリースを利用する

カーリースとは、決められた契約期間に定額料金を支払い続けることで車を所有できるサービスです。初期費用がかからないため、「修理代を工面できない」といったように手持ちがない人が車を所有したい場合に適しています。

また、カーリースとの料金には税金が含まれているものがあるため、それを利用すればまとまった出費が必要になるケースも少なくなるため、貯蓄がしやすくなるでしょう。貯蓄がある程度できれば、次に修理が必要になった際にまとまったお金を用意しておける可能性が高まります。

車の修理代が払えないときのよくある質問

Q.ローンに通らない場合はどうすればいい?

ローンに通らない場合は審査基準を満たせていない可能性があります。希望借入額を下げるなど対策してから再度申し込みしましょう。

それでも借入できなかった場合は、車を売却したり、修理せずに放置して税金だけ払っておくといった対処法をとることになるでしょう。

Q.保険に入っていない場合はどうすればいい?

修理代がすべて自己負担となるため、修理代を払えない場合は売却もしくは放置しておかなければなりません。すぐにでも修理したい場合はローンなどを利用して借入するのも一つの方法です。

Q.相手の修理代が払えないとどうなる?

事故を起こして相手の車の修理代を負担しなければならないにもかかわらず、その費用を工面できない場合は、最悪の場合訴訟を起こされる可能性があります。そのため、払えない場合には一度相手方に相談するなどの対処も必要になるでしょう。

Q.故障車を修理しないまま放置するとどうなる?

故障車を修理しないまま放置しても基本的に問題はありません。ただし、自動車税は毎年発生するため、乗っていなくても所有していればその支払い義務は発生します。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!

車を修理しないでそのまま乗り続けると、事故を起こす可能性が高まるためおすすめできません。故障した車を修理せずに放置すると、修理代は発生しませんが自動車税は発生するので、早く修理した方がよいでしょう。
修理代を払えなくて、車が必要なときは、レンタカーかカーリースを利用するとよいでしょう。

塚越さん

塚越さん

まとめ

車が故障してしまった場合、まずは修理をすべきかどうかの判断をしなければいけません。なぜなら、故障の度合いがあまりにも大きい場合は、修理よりも買い替えたほうが安く済む可能性があるためです。

結果として、買い替えよりも修理を選択した場合は修理代を工面する必要がでてきます。仮に費用を工面できなかった場合は、借入や分割払いの交渉を検討し、費用を工面した後に修理します。

なお、借入は利息が発生するため、提示された修理代よりも多くのお金を支払わなければいけません。少しでも利息の負担を抑えるためには、プロミスが設けている無利息期間を有効活用するなどして支払い総額を抑えることが大切です。

お金がないの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE