Operated by Ateam Inc.

JCBスターメンバーズのランクの違いや特典をわかりやすく解説

最終更新日:

JCBカード

イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

日本唯一の国際ブランドである「JCB」は、カード発行会社としてさまざまなJCBカードを発行していることでも知られています。

そんなJCBが発行するクレジットカードには、利用金額によってメンバーランクが変わるJCBスターメンバーズ」という制度があるのをご存じですか?

今回はJCBスターメンバーズのランクの違い特典についてわかりやすく解説していきます。この記事を読めば、JCBスターメンバーズについて必要な情報を理解することができます。

これでJCBカードへの入会を検討している人がJCBスターメンバーズの仕組みやランクによって変わる特典を知り、自分が入会するべきかどうかの判断が付くようになります。

深野康彦

深野康彦 / ファイナンシャルプランナー

年間、100件程度の家計相談ではお金以外にその人のバッククラウンドを考慮して相談を受けるように心がけています。また、執筆や監修ではマクロやミクロなどの統計データなどにも視野を広げて有意義な情報を提供できるようにしています。得意分野は金融資産運用設計ですが、年金、税金、保険や住宅ローンなど常にお金周り全般に情報のアンテナを張るようにしています。
【専門家の解説】

JCBスターメンバーズは登録不要なうえ、家族カードの利用分も加算されるなど、使えば使いほどポイント還元が高くなります。

ただ、年会費や各種手数料、各種チャージなど一部JCBスターメンバーズの対象とならないものがあります
また、複数のJCBカードを合算することもできません。

より効率的にOki Dokiポイントを貯めるには、会員専用のWEBサービス「MyJCB」のOki Dokiランド経由で買い物や旅行予約などを行うとポイントをよりたくさん貯めることができます

なお、JCBスターメンバーズは利用額に応じて毎年メンバーランクが見直されます。

使えば使うほどメンバーランクが上がりますが(上限あり)、メンバーランクアップや維持のために使いすぎるのは本末転倒であることは忘れないようにしましょう。

JCBスターメンバーズはOki Dokiポイント以外のポイントが貯まる提携カードは対象とならないので注意しましょう。

JCBは国際ブランドではあるものの、海外での使用はVISAやマスターカードより認知度や使用できる場面が限られるのは否めません。

▼JCBカードについては、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

  • ファイナンシャルプランナー / 有限会社ファイナンシャルリサーチ

    監修者 深野康彦さん

    1962年生まれ。大学卒業後、クレジット会社を経て独立系FP会社に入社。FP業界歴33年(2021年4月現在)を誇る。
    金融資産運用設計を研鑽して1996年に独立。現在の有限会社ファイナンシャルリサーチは2006年に設立(起業2社目)。

    さまざまなメディアやセミナーを通じて、資産運用のほか、住宅ローンや生命保険、あるいは税金や年金などのお金周り全般についての相談業務や啓蒙を幅広く行っている。

    日本経済新聞夕刊「投信番付」のほか連載多数。新聞・マネー雑誌、経済誌などへの執筆・取材協力を行いながら、テレビ、ラジオにも多数出演している。また、オールアバウトではマネープランクリニックを担当しているほか、さまざまな分野のガイドを行っている。

    ■主な書籍
    お金がみるみる貯まる「家計そうじ術」入門

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      • SNS

    気になる内容をタップ

    利用金額によってランクが変わるJCBスターメンバーズの概要

    利用金額によってランクが変わるJCBスターメンバーズの概要として、

    という内容を詳しく解説していきます。

    メンバーランクの決まり方

    メンバーランクの決まり方について下表でまとめました。

    集計期間の合計利用金額(税込)下記のポイントプログラム会員
    • Oki Doki for ORIGINAL(一部対象外カードあり)
    • Oki DokiポイントCLASSIC
    • Oki Doki for Debit OS
    • Oki Doki for OS(法人)
    左記以外のポイントプログラム会員
    30万円以上スターe PLUS対象外
    50万円以上スターβ PLUSスターβ
    100万円以上スターα PLUSスターα
    300万円以上ロイヤルα PLUSロイヤルα

    JCBスターメンバーズは登録不要で、対象のポイントプログラムのカード会員(JCBオリジナルシリーズ会員)なら自動で参加することができます。
    ※一部対象外のカードもありますが、後述します。

    集計期間は入会時期にかかわらず、毎年12月16日から翌年12月15日までと固定されているため、カード入会日を12月16日にすれば初年度の集計期間をもっとも長くすることができます。

    合計利用金額には本会員だけでなく家族カードの利用分も加算され、家族全員は本会員と同じメンバーランクが適用されます。

    集計期間ごとにメンバーランクが決まるため、現在はスターαのメンバーランクであったとして、翌年はスターβにランクダウンしたりロイヤルαにランクアップしたりすることがあります。

    メンバーランクは上がれば上がるほど特典によりポイントが貯めやすくなっているため、一度上がったランクは落ちにくくなっているのが特長です。

    詳しくは記事後半の「メンバーランクの特典」で詳しく解説していきます。

    メンバーランクの確認方法

    メンバーランクの確認方法は、

    • 会員専用WEBサービス「My JCB」
    • 利用明細書の裏面

    上記2つで確認することができます。

    JCBスターメンバーズの対象ポイントプログラムに参加していれば、「現在適用中のメンバーランク」や「本年度の合計利用金額」を確認することができます。

    また「あと○○万円でスターαになる」といった情報も表示されているため、この金額を目安にすれば上位のメンバーランクを狙うことが可能となります。

    メンバーランクの特典

    メンバーランクの特典として、

    • Oki Dokiポイントがボーナスアップ
    • キャンペーンの抽選口数が通常よりアップ

    というものがあります。それぞれの具体的な特典内容をご紹介します。

    Oki Dokiポイントがボーナスアップ

    Oki Dokiポイントのボーナスアップ特典により、通常よりもOki Dokiポイントを獲得しやすくなります

    ▼ 下記のポイントプログラム会員のボーナスアップ特典

    • Oki Doki for ORIGINAL(一部対象外カードあり)
    • Oki DokiポイントCLASSIC
    • Oki Doki for Debit OS
    • Oki Doki for OS(法人)
    メンバーランク
    • JCBザ・クラス
    • JCBゴールド ザ・プレミア
    • プラチナカード
    • ゴールドカード
    • ネクサスカード
    • デビットゴールドカード
    左記以外のカード
    スターe PLUS20%10%
    スターβ PLUS30%20%
    スターα PLUS60%50%
    ロイヤルα PLUS70%60%対象外

    ▼ 上記のポイントプログラム以外のボーナスアップ特典

    メンバーランクプラチナカードとゴールドカード左記以外のカード
    スターβ10%
    スターα20%
    ロイヤルα25%対象外

    通常は利用金額1,000円でOki Dokiポイントを1ポイント獲得することができますが、ボーナスアップ特典が適用されるとさらにボーナスポイントが加算されることになります。

    例えば20%のボーナスアップ特典が適用されているときに5万円をカード利用したとすると、

    • 通常ポイント:50ポイント
    • ボーナスポイント:10ポイント
    • 合計:60ポイント

    を貯めることができます。

    そして、メンバーランクは本会員だけでなく家族会員にも適用されますから、カードを使うほどポイントが貯まりやすくなります。

    一度上がったランクが下がりにくいのは、このボーナスアップ特典ががあるからなのです。

    Oki Dokiポイントについては、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

    キャンペーンの抽選口数が通常よりアップ

    JCBスターメンバーズのランクが上がるとキャンペーンの抽選口数が通常よりアップします。

    メンバーランクJCBザ・クラス
    JCBゴールド ザ・プレミア
    JCBプラチナ
    JCBゴールド
    JCBネクサス
    JCBデビットゴールド
    左記のカード以外
    スターe PLUS2倍
    スターβPLUSとスターβ3倍2倍
    スターαPLUSとスターα6倍4倍
    ロイヤルαPLUSとロイヤルα対象外

    JCBゴールドやJCBプラチナを持っている人が年間100万円以上を利用すると、抽選口数が6倍になるのでキャンペーンに当選しやすくなります。

    ここまでJCBスターメンバーズのランク特典についてご紹介しました。続いてJCBスターメンバーズの注意点を確認しておきましょう。

    JCBスターメンバーズの注意点

    JCBスターメンバーズの注意点として、

    • JCBスターメンバーズの対象とならないカードがある
    • JCBスターメンバーズの対象とならない利用項目がある
    • 複数のJCBカードを合算することはできない

    というものがあります。

    それぞれの注意点についてさらに詳しい内容を説明していきます。

    JCBスターメンバーズの対象とならないカードがある

    JCBスターメンバーズには、対象外となるJCBカードがある点で注意が必要です。

    具体的には、

    などがあります。

    たとえば、ディズニー★JCBカードは東京ディズニーランド®、東京ディズニーシー®のオフィシャルスポンサーであるJCBが発行しているディズニー公式のクレジットカードで、Oki Dokiポイント以外のポイントが貯まるカードとなっています。
    JAL・JCBカードも同様の理由となっています。

    また、JCB CARD WとJCB CARD W plus Lはそもそものポイント還元率が2倍と高いため対象外となっています。

    集計期間のカード利用金額が300万円以上になったとしてもメンバーランク特典を受け取ることができません
    ボーナスアップ特典やキャンペーンの抽選口数を増やす特典を受けたい人は、JCBスターメンバーズの対象カードであるかを確認してから入会すると安心です。

    JCBスターメンバーズの対象とならない利用項目がある

    下記の利用項目はJCBスターメンバーズの集計対象外となる点で注意が必要です。

    • JCBカード年会費
    • ショッピングリボ払い手数料
    • 分割払い手数料
    • スキップ払い手数料
    • キャッシング1回払い(国内と海外)利用分
    • E.GO キャッシング1回払い利用分
    • キャッシングリボ払い利用分
    • カード再発行手数料
    • 遅延損害金
    • Edyチャージ利用分
    • モバイルSuicaチャージ利用分
    • SMART ICOCAチャージ利用分
    • 募金
    • JCB LINDA データ維持料
    • JCB E.GO 月会費
    • nanacoチャージ利用分
    • おさいふPontaチャージ利用分
    • 旅プリカチャージ利用分
    • JCBプレモカードチャージ利用分
    • ANA JCBプリペイドカードチャージ利用分
    • au WALLETプリペイドカードへのauかんたん決済チャージ利用分

    特に注意したいのが、電子マネーへのチャージで利用した分が対象外となっている点です。電子マネーへのチャージは、他のクレジットカードを利用することをおすすめします。

    また、公共料金で支払った分や定期券購入で利用した分についてはJCBスターメンバーズの対象となります。

    毎月の水道光熱費をJCBカードで支払えば、Oki Dokiポイントをお得に貯められるようになるでしょう。

    複数のJCBカードを合算することはできない

    複数のJCBカードの利用金額を合算してメンバーランクを上げることはできません。なぜなら、JCBスターメンバーズはカードごとの集計となるからです。

    そのため、1人が複数のJCBカードを持っていたとしても利用金額を合算することができないため、メンバーランクが上がりやすくなるということはありません。

    ただし、家族カード利用分は合算して集計されて、本会員と同じメンバーランクが適用されるメリットがあります。家族カードを有効活用すれば、効率よくメンバーランクを上げることができるでしょう。

    以上がJCBスターメンバーズの注意点となります。これらの点に注意すれば、JCBスターメンバーズに誰でも参加できるようになり、ポイントが貯めやすくなります。

    それでは最後に、JCBスターメンバーズのメリットを受けやすいJCBカードをご紹介します。

    JCBゴールドやJCBプラチナはJCBスターメンバーズのメリットを受けやすい

    JCBスターメンバーズのメリットを受けやすいJCBカードとして、

    • JCBゴールド
    • JCBプラチナ

    の2枚をご紹介します。

    さらにJCBスターメンバーズの対象外カードであるものの高い還元率を誇る「JCB CARD W」も合わせて紹介していきます。

    JCBゴールド

    JCBゴールドなら、年間100万円以上のカード利用でポイント付与が50%ボーナスアップします。

    JCBゴールドは「JCB ORIGINAL SERIES」のカードなので、メンバーランク名称にPLUSが付く表を参照します。

    そして年間100万円以上の利用だとスターαPLUSに当てはまるため、翌年度のポイント付与率が1,000円につき1.5ポイントとなります。

    ポイントが貯まりやすくなる以外にもゴールドカード特典があるので、

    • 空港ラウンジサービスの無料利用
    • 海外・国内旅行傷害保険の利用付帯
    • グルメ優待サービス
    • JCBスマートフォン保険 (※1)
    • ゴールド会員専用デスク

    ※1 補償の適用条件:事故発生の時点で補償対象スマートフォンの通信料をJCBゴールドで直近3ヵ月以上連続で支払っていること(購入後24ヵ月以内のスマートフォンが補償対象。年間補償限度額:50,000円/自己負担額:10,000円)。

    といった手厚いサービスを受けることができます。

    現在、以下のお得なキャンペーンを実施中です。ぜひこの機会に活用してみてください。

    JCBプラチナ

    JCBプラチナなら、年間100万円以上のカード利用でポイント付与が60%ボーナスアップします。

    JCBプラチナもJCBゴールド同様に「JCB ORIGINAL SERIES」のカードなので、メンバーランク名称にPLUSが付く表を参照します。

    そして年間100万円以上の利用だとスターαPLUSに当てはまるため、翌年度のポイント付与率が1,000円につき1.6ポイントとなります。

    JCBプラチナはゴールドカードの特典に加えて、

    • プライオリティ・パス(海外の空港ラウンジサービス)
    • プラチナ・コンシェルジュサービス
    • グルメベネフィット

    といったサービスを受けることができます。

    さらに国内外の旅行傷害保険などの付帯保険もゴールドカードよりも手厚くなり補償限度額も高くなります。

    また急ぎクレジットカードが必要な時も、JCBプラチナ・JCBゴールドともに即時入会(モバ即)の対象のため、Web申込から最短5分程度(※)で審査が完了し、すぐにMyJCBアプリでカード番号等の確認ができます。

    現在、以下のお得なキャンペーンを実施中です。ぜひこの機会に活用してみてください。

    しかし単純にポイント高還元を求めるならJCB CARD Wがおすすめ

    単純にポイントの還元率の高さで選ぶなら、JCB CARD Wがおすすめです。

    JCB CARD WはJCBスターメンバーズが適用されないカードですが、それでもポイント還元だけ見たらJCB CARD Wの方が多くのポイントを貯めることができます。

    なぜなら、JCB CARD Wは常に他のJCBカードに比べてポイントが2倍付与されるからです。

    そのうえ年会費無料で持つことができるので、持っているだけで損をすることはありません。

    また、2022年11月からは券面にカード番号を記載していないナンバーレスカードが登場し、よりセキュリティ―面を強化されています。

    ただし、

    • WEB入会限定
    • 39歳までの限定入会(※)
      ※ 18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある方。 または高校生を除く18歳以上で学生の方。

    • キャンペーンチャンスアップ特典を受けることはできない

    という注意点があるので、これらの点に気をつければ誰でもJCB CARD Wでお得にポイントが貯められるようになっておすすめです。

    現在、以下のお得なキャンペーンを実施中です。ぜひこの機会に活用してみてください。

    まとめ

    JCBスターメンバーズのランクの違いや特典についておさらいしましょう。

    • JCBスターメンバーズは利用金額によってランクが決まり、家族カードの利用分も一緒に加算される
    • JCBスターメンバーズのランクは「My JCB」と「利用明細書の裏面」で確認することができる
    • JCBスターメンバーズのランク特典には「ポイント付与のボーナスアップ」「キャンペーンの抽選口数アップ」がある
    • JCBスターメンバーズの注意点として「JCBスターメンバーズ対象外カード」「JCBスターメンバーズ対象外利用項目」「複数のカードを合算できない」という点に気をつける
    • JCBスターメンバーズでは最大1.7%までしかポイント付与率を上げることができないが、JCB CARD Wなら他のJCBカードに比べてポイントが常にポイントが2倍付与されるのでおすすめ

    JCB CARD WはJCBスターメンバーズの対象外カードとなりますが、ポイント還元率2.0%で断然お得です。

    しかし、JCBスターメンバーズならポイント付与率を上げるだけでなくキャンペーンの抽選確率を上げる特典もあるので、どちらが自分にとってお得なのかを見極める必要があります。

    これでJCBカードへの入会を検討している人がJCBスターメンバーズの概要について知り、JCBスターメンバーズの対象カードとJCB CARD Wのどちらがお得なのかを判断できるようになります。

    本記事の編集者について

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

    JCBカードの関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE
    クレカ診断はコチラ

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.