PayPayとは?支払方法やポイント付与の仕組みを徹底解説

今さら聞けないPayPayの基本と使い方
PayPayアプリ

2022-06-14

  • PayPayを使ってみたいけど何から始めればいい?
  • PayPayと他のスマホ決済は何が違うの?

ここ最近、キャッシュレス決済のユーザー獲得のため、さまざまなスマホ決済・QR決済アプリが盛んにキャンペーンを行っています。

PayPayも大きなキャンペーンを何度か行っているので、名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

今回は、PayPayの基本的な仕組みについて、支払方法とポイント付与を中心に解説します。

本記事を読むことで、ポイントをよりお得にためる方法やPayPayの始め方についても分かりますので、これからPayPayを利用しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。  

伊藤亮太

伊藤亮太/ ファイナンシャルプランナー

皆様にとって真に必要なライフプランニングの設計、資産運用相談を承っております。中立的な立場から、ご相談に応じます。砂金取りという趣味も実益をかねて実践中です。詳しくはZIPANNINGで検索を。

【専門家の解説】

PayPayはスマホ決済サービスの一種であり、慣れてくると大変利便性の良いものと感じる方も多いことでしょう。

特に、PayPayカードをお持ちの方は、クレジットカード払いにすることで還元率が最大1.5%と高くなっています。
また、他のクレジットカードの場合、クレジットカード側のポイントのみの還元率となります。

また、PayPayカードはPayPay残高へのチャージが唯一できるクレジットカードでもあります。
最も望ましいのはPayPayカードを選ぶことです。
PayPayでの利便性重視ならばこの際にPayPayカードを作ってみてはいかがでしょうか。
なお、PayPayはどのクレジットカードでも利用できるわけではありません。
また、限度額も決まっていますのでその点にも注意すべきといえます。
この他、ポイントの上限が決まっています。高額な商品を購入すれば制限なくポイントがもらえるわけではありませんので、その点も注意してください。

周囲でもPayPayを利用する人は多くなってきました。利用の仕方で還元率が高くなります。ただ利用するだけではなく、ポイント部分も考えて利用しましょう。

伊藤 亮太さん
伊藤 亮太さん

スキラージャパン株式会社 代表取締役
スキラージャパン株式会社

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。

目次

PayPayとはQRコードまたはバーコードを使ったスマホ決済

PayPayは、スマホひとつあれば無料で簡単にキャッシュレス決済が可能なスマホ決済サービスのひとつです。

ソフトバンクとヤフーの合弁会社がインドのPaytm社と提携し、PayPayのサービスを提供しています。

PayPayでの決済方法には、QRコード決済とバーコード決済の2種類があります。これらの決済方法がどう違うかについて確認しておきましょう。

QRコード決済:ユーザーがQRコードをスマホで読み取って支払額を入力

QRコード決済は、スマホのPayPayアプリを使ってユーザーが店頭にあるQRコードを読み込み、支払額をユーザー側が手入力して送信することで決済をする方法です。

ユーザー側は手間がかかりますが、店舗側はPOS端末などを導入しなくてもPayPayのシステムが使えます。

小さな店舗でも初期投資の負担なく導入できるため、サービスを開始する店舗が多く、使えるお店がどんどん増えている点がPayPayの強みです。

QRコード決済について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

バーコード決済:バーコードを店舗側のPOSシステムで読み取って会計完了

バーコード決済は、ユーザー側がスマホのPayPayアプリでバーコードを表示し、店舗側がPOSシステムでバーコードを読み取ることで会計が完了します。

ユーザー側は支払額を手入力する必要がありません。すでにPOSシステムが行き渡っているコンビニなどでよく見かける支払方法です。

PayPayのアプリDL

PayPayの決済方法を簡単に説明しました。

次に、PayPayで支払う場合、どのような手段が使えるかについて解説します。

PayPayで利用可能な2種類の支払方法

PayPayで可能な支払方法は、以下の2種類です。

これらの支払方法について、順番に説明します。

チャージしたPayPay残高から支払う

チャージしたPayPay残高からの即時決済は、PayPayのポイント還元で優遇されている支払方法です。

現金と同じ即時型のキャッシュレス決済をイメージしてください。

PayPayのチャージ方法は6パターンありますので見ていきましょう。

PayPay残高へのチャージ方法は6パターン

PayPayのチャージ方法は以下の6パターンです。

  • PayPayカード
  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • ギフトカード
  • ヤフオク!
  • ソフトバンクまたはワイモバイルまとめて支払い

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、現在のところPayPayカードだけです。

PayPayカードを持っていない人は、銀行口座またはセブン銀行のATMから入金する方法が利用しやすいでしょう。

ギフトカードやヤフオク!で得たお金も、PayPay残高にチャージできます。

PayPayカード
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
    visamaster_cardjcb
電子マネー
-
発行スピード1週間~10日程度
限度額審査により決定
ETC年会費550円(税込)(発行手数料は無料)
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)
旅行保険国内旅行保険
ポイント名PayPayポイント

注目ポイント

  • 年会費永年無料!
  • Yahoo!ショッピングでの還元率が3.0%
  • PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカード
  • ポイント還元率が常時1.0%
  • 安心のカード番号レス!
公式サイトへ

クレジットカードを使った後払いでの決済

2つ目の支払方法は、クレジットカードを使った後払いでの決済です。

多くのカードは決済用のクレジットカードとして登録できますが、以下のクレジットカードは、現在のところPayPayには登録できません

  • American Express
  • Diners Club
  • JCB(PayPayカードを除く)

PayPayで利用できるクレジットカードの国際ブランドは、VISAまたはMastercard、PayPayカードのみJCBも可能、ということになります。

今後の動向は分かりませんが、PayPayをクレジットカード決済で利用したいと考えている方は、自分のカードが使えるかどうか確認しましょう。

PayPayでポイントをお得にためるには支払方法が重要

PayPayのポイントキャンペーンは大々的に行われていることもあり、もっとも気になる部分ではないでしょうか。

PayPayのポイント還元率は通常0.5%で、他のスマホ決済と差はありません。しかし支払方法によっては、ポイント還元率に大きな差があります。

この章では、PayPayのポイント還元制度について説明しつつ、どうすればお得なポイント還元を受けられるのかについても説明しましょう。 

PayPayカード以外のクレジットカード払いはすべて0.5%

PayPayでは、ほとんどのクレジットカード払いの場合、ポイント還元率はすべて0.5%となっています。

ただしPayPayカードだけは例外で、ポイント還元率は3%です。

ソフトバンク・ヤフーが関係している決済サービスなので、PayPayカードユーザーにとってはメリットが大きいと言えます。

ただしクレジットカードのポイントは二重取りが可能

クレジットカード払いのポイント還元率は0.5%ですが、それとは別に、決済金額分はクレジットカード自身のポイント還元もあります。

例えば、還元率1%のクレジットカードで支払った場合、クレジットカードのポイント1%、PayPayでのポイント還元率は0.5%なので、合計1.5%の還元率です。

ポイント還元率の高いクレジットカードを使うことで、さらに多くのポイントが得られます。  

プリペイドカード「Kyash」なら三重取りで2.5%とお得

プリペイドカードの「Kyash」(キャッシュ)は、カードにチャージして支払うと、1%(※)のキャッシュバックが受けられます。
※2019年9月30日までは2%キャッシュバックですが、同年10月1日より1%に変更となります。

Kyashにお金をチャージする際、クレジットカードでチャージするとクレジットカード側のポイント還元も受け取り可能。

さらに、PayPayにKyashを登録すると通常のクレジットカード扱いになり0.5%のポイント還元となり、ポイントの三重取りも可能です。

クレジットカードのポイント還元率が1%の場合、合計2.5%ものポイントがゲットできます。

PayPay残高・PayPayカード

PayPay残高、PayPayカードのいずれかで決済をすると、0.5%~最大1.5%のPayPayポイントが還元されます。

ただしPayPayカードを持っていない場合、PayPay残高にチャージするには銀行口座またはセブン銀行のATMの利用が必要です。

PayPayカード
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
    visamaster_cardjcb
電子マネー
-
発行スピード1週間~10日程度
限度額審査により決定
ETC年会費550円(税込)(発行手数料は無料)
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)
旅行保険国内旅行保険
ポイント名PayPayポイント

注目ポイント

  • 年会費永年無料!
  • Yahoo!ショッピングでの還元率が3.0%
  • PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカード
  • ポイント還元率が常時1.0%
  • 安心のカード番号レス!
公式サイトへ

キャンペーンも支払方法を限定して適用されることが多い

PayPay残高、PayPayカードを使った支払方法は、超PayPay祭りなどのキャンペーンで優遇されることが多い傾向にあります。

キャンペーン期間中は、PayPay残高かPayPayカードで支払う方法を選択しておき、ポイントをお得にゲットしましょう。

PayPayのアプリDL

ここまでで、PayPayで使える支払方法とポイント還元率、お得なポイントのため方について説明しました。

次に、今までのPayPayキャンペーンにて、支払方法以外に優遇措置のあった条件についても紹介します。

PayPay利用の際の注意点4点

PayPayを利用するうえで注意したいポイントは以下の4点です。

それぞれの内容について詳しく説明します。

PayPayに登録できないクレジットカードがあることに注意

PayPayに登録できないクレジットカードがいくつかあることに注意してください。

ステータスの高いアメックスやダイナースクラブ、国内で使い勝手のいいJCB系も、PayPayカード以外は使えません。

利用上限額がある

PayPayは、支払い時やチャージ時など、さまざまな条件によって利用上限額があります。

また、本人確認が終わっているかどうかでも、利用上限額は異なるので注意が必要です。

例えば、本人確認ができていない状態でクレジットカード払いをする場合、1日の上限・過去30日の上限ともに5,000円までと、あまり使い勝手は良くありません。

本人確認終了後は、1日の上限は2万円、過去30日の上限は5万円と若干アップします。

さらに、青いバッジがついている場合は、1日の上限・過去30日の上限ともに50万円までOKとなり、日常生活での支払いも十分カバーできる金額に。

PayPay残高やYahoo!マネーの場合は、さらに上限が緩和されて1日上限が50万円、過去30日上限が200万円と優遇されます。

なお、1回でできるチャージ金額の上限額なども決まっていますので、チャージがうまくいかない場合はチャージ上限に達していないかどうか確認しましょう。

ポイント付与にも上限がある

PayPayのポイント還元には上限があることにも留意してください。

1回の支払いで付与されるポイントの上限は15,000円分、1ヶ月の合計付与上限は30,000円分です。

PayPay残高チャージで使えるクレジットカードはPayPayカードだけ

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、現在のところPayPayカードのみです。

PayPayカードを持っていない場合、PayPayの魅力である高いポイント還元率の恩恵は受けられません

現金が手元に多くある場合は、銀行口座からチャージするようにしておけば大丈夫ですが、PayPayカード以外のクレジットカードを使っている方の場合、ポイント付与率の面で少々不利になります。

ここまでで、PayPayを利用する上での注意点について述べました。

次に、PayPayを使う手順について解説します。

PayPayを使う手順

PayPayを使い始めるには、アプリのインストールだけでなく、支払情報の登録や本人認証が必要です。

ここではPayPayを使うまでの手順について、順番に説明します。 

PayPayのアプリをインストール

最初に、自分のスマホにPayPayアプリをインストールしましょう。

以下のURLよりアプリをダウンロードしてください。

PayPayのアプリDL

アプリを自分のスマホにインストールしたら、早速アプリを起動しましょう。

銀行口座やクレジットカードの登録

PayPayアプリを起動したら、PayPay残高にお金をチャージするための銀行口座、または支払いに使用するクレジットカードを登録しましょう。

銀行口座を登録するには、Yahoo!JAPAN IDおよびYahoo!ウォレットの預金払い用口座への登録が必要です。

Yahoo!JAPAN IDを持っていない場合は、IDの登録作業から始め、Yahoo!ウォレットの預金払い用口座の登録も済ませましょう。

クレジットカードの場合は、Yahoo!ウォレットに登録しているクレジットカードをインポートしてもいいですし、直接クレジットカード情報を入力してもOKです。 

クレジットカード払い以外はPayPay残高にチャージ

PayPay残高にチャージしたい場合は、以下の方法で行います。

  • PayPayカード
  • ギフトカード
  • ヤフオク!
  • セブン銀行のATM(現金でチャージ可能)
  • ソフトバンクまたはワイモバイルまとめて支払い(PayPayアプリのバージョン1.31.0以降)
  • 登録した銀行口座

クレジットカード払いの場合は、決済方法にクレジットカードを指定しておけば大丈夫です。

PayPayを使えるお店で支払う

PayPayではGPSを使い、近所でPayPayを使える店舗が探せます。PayPayを使えるお店を見つけたら、早速支払いを済ませましょう。

QRコード決済かスマホ決済かは、店舗によって対応が違います。どちらで支払えばいいか分からない場合は、レジの店員さんに確認してください。

ドラッグストアやコンビニなど、利用できる店舗はどんどん増えているので、近くのコンビニで買い物をした際などにも役立てましょう

必要に応じて本人確認をする

登録するクレジットカードの本人認証サービス(3Dセキュア)を使うことで、支払いやチャージ額の上限を上げることができます。

クレジットカードによってやり方は違いますが、いずれも無料です。PayPayをよく使う方は、本人確認をしておくと、上限額がアップして、使い勝手が良くなります。

以上で、PayPayを使い始める手順について解説しました。

最後に、PayPayの利用においておすすめのクレジットカードをご紹介します。

PayPayでおすすめのクレジットカードは現状PayPayカード一択

PayPayで唯一PayPay残高にチャージできるPayPayカードは、PayPayを使う上で最強のクレジットカードです。

その他のクレジットカードは、いずれもPayPay残高にはチャージできません

ただ、クレジットカードが使えずPayPayでの決済は可能な店舗がある場合などに備えて、PayPayに登録だけはしておくといいでしょう。

PayPayカード
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
    visamaster_cardjcb
電子マネー
-
発行スピード1週間~10日程度
限度額審査により決定
ETC年会費550円(税込)(発行手数料は無料)
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)
旅行保険国内旅行保険
ポイント名PayPayポイント

注目ポイント

  • 年会費永年無料!
  • Yahoo!ショッピングでの還元率が3.0%
  • PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカード
  • ポイント還元率が常時1.0%
  • 安心のカード番号レス!
公式サイトへ

まとめ

PayPayの基礎知識と、支払方法やポイント還元率について紹介してきました。

PayPayのポイントをお得にためるには、現金でのチャージまたはPayPayカードとの連携が必要です。

今後PayPayを多く使う機会がありそうな方は、PayPayカードの作成を検討してみてはいかがでしょうか。

PayPayを利用する際は、チャージや支払額などに1日あたりの上限、1ヶ月当たりの上限も設定されていることに注意してください。

ある日突然使えなくなって慌てることのないよう、各上限額についてはしっかり把握しておきましょう。

PayPayアプリの関連記事