Operated by Ateam Inc.

イーデス

プロミス延滞後の取り立てと対処法、リアルな遅延損害金額は

最終更新日:

プロミス延滞後の取り立てと対処法、リアルな遅延損害金額は
プロミス
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

キャッシング・カードローン利用時において、返済は非常に重要なキーワードだと思います。

しかしながら、「今月はどうしても返済できない」「プロミスを滞納してしまった…」という状況に陥っている場合もあるかと思います。

当然ながら、キャッシング・カードローンの延滞は非常にリスクが高く、遅延損害金等のペナルティを受けることになります。

プロミスを延滞した後は、どのような事態に繋がっていくのでしょうか。また、延滞してしまった前後はどのように対処すれば良いのでしょうか。

この記事では、以下3つをメインにお話していきたいと思います。

  • プロミスを延滞した後に起こることを時系列で解説
  • 延滞前後に活用できる対処法
  • プロミスの遅延損害金をリアルに試算

「プロミスを延滞してしまって焦っている」という方は、今後の流れをしっかり確認しておいてくださいね。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

▼プロミスについてはこちらでまるっと解説しています。

飯田道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

プロミスで返済が滞ってしまった場合、1日遅れたときから、何らかのアクションがあります。ここで大切になのは、プロミスからの案内を無視しないことです。もし電話がかかってきて対応できなかった場合には、必ず折り返しをしましょう。理想は、遅れることが分かっているなら、事前に相談することです。決められた返済額の入金が難しいときには、利息分のみ払って下さい等のアドバイスが受けられます。

気になる内容をタップ

プロミス延滞の終着駅は「訴訟」

結論から言ってしまうと、プロミス延滞の終着駅は「訴訟」です。訴訟とは、裁判所に訴えを提訴し、権利や義務の所在や法律的な確定を求める手続きのことです。

プロミスを延滞した場合、以下2点を裁判によって法律的に確定します。

  • 業者が債権(※借金を返済してもらう権利のこと)を有していること
  • 利用者に債務(※借金を返済する義務のこと)があること

そうなると裁判所の命令によって給与の差し押さえ手続き等に発展します。

つまりわかりやすくいえば、終着駅は「強制執行」だということですね。これだけを見てもわかるように、プロミスの延滞は非常にリスクが大きいです。

しかしながら、延滞初期でいきなり強制執行になるわけではありません。プロミスの延滞による取り立て(督促)は、段階を追って行われます。プロミス延滞後の取り立て順を詳しくご説明していきますね。

プロミス取り立ての流れを順に解説

プロミスの取り立てを時系列で並べると、おおよそ下記のような流れになると想定されます。

  1. STEP.1

    延滞1日目

    電話、メールでのお知らせ

  2. STEP.2

    延滞1~4週間後

    督促状の送付、自宅への電話連絡

  3. STEP.3

    延滞2~3ヶ月

    信用情報に「事故情報」が記載

  4. STEP.4

    延滞2~3ヶ月

    一括請求書が届く

  5. STEP.5

    延滞2~3ヶ月

    特別送達(裁判関係の訴状や呼び出し日など)が届く

  6. STEP.6

    延滞3ヶ月

    裁判所の命令により、差し押さえ実行

※個々の事情によっては上記と異なる場合もあります。

プロミスの取り立てを時系列順にまとめると、上記のように進行していきます。もちろん、全ての人に同じ取り立てが行われるわけではなく、個々の事情によって異なります。

例えば、途中でしっかりと連絡がつく利用者が延滞しているケースと、全く連絡の取れない利用者では、取り立ての進行度合いが大きく異なります。

当然ながら、連絡を無視しているような利用者のほうが、裁判までの時間が短くなります。「プロミスを延滞してしまっている」という場合でも、連絡の無視だけは避けるようにしましょうね。

それぞれの段階別にどのような取り立てがあるか、簡単にご説明していきます。

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
監修者 飯田道子の一言コメント!
取り立てがあると言っても、いきなり怖いお兄さんたちが会社や自宅にやってきて…等ということはなく、まずはメールや電話で入金して下さいねというトーンで返済を促されます。お金を借りている人のなかには、家族バレをしたくないと言う人も多いハズ。とはいえ、延滞期間が1週間を超えてしまうと、自宅に電話があったり、督促状が送られてきます。返済が遅れそうなときには、返済期日よりも前にプロミスに申し出て、どのように対処するべきか、相談しましょう。

飯田さん

飯田さん

①延滞1日目~

返済日を過ぎた時点から、プロミスからのお知らせメールが入るようになります。併せて、携帯電話への督促が始まりますが、初期段階では「ご返済を忘れていませんか?」という感じです。

したがって、取り立てというよりもお知らせというイメージですね。督促の回数もさほど多くありません。この段階では、1~3回程度電話に着歴が残る程度でしょう。督促状に関してもまだ送付されないと思います。

②延滞1~4週間後~

延滞し始めてから1~4週間の間に、本格的な取り立てが始まります。具体的には、督促状の送付、自宅電話への連絡などですね。といっても自宅に押しかけることはなく、あくまでも合法の範囲で行われます。

したがって、映画であるような「怒声で脅す」「土足で家の中に入る」というような強行的な取り立てはありませんので安心してくださいね。

ただし、取り立てが進行しているのは事実ですから、プロミスに相談しつつ協議によって完済を目指すのか、それとも債務整理を行うのか、しっかりと検討する必要があります。

③延滞2~3ヶ月~

延滞が2~3ヶ月の長期になると、利用者にとって非常に重要な出来事が起こります。それは、「信用情報に事故情報が記載される」というものです。

「事故情報」というと聞き慣れないと思いますが、いわゆるブラックリストですね。意外と知られていませんが、実はブラックリストというものは存在しておらず、信用情報に事故情報が記載されてしまうことをブラックリストに載る、と表現しているに過ぎないのです。

では、事故情報が記載されてどんなデメリットがあるのかといえば、「信用情報を利用するほぼ全ての審査に通らなくなる」ということです。

信用情報は消費者金融のキャッシング・カードローン審査だけでなく、クレジットカードや住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、一部賃貸物件の入居審査など、多岐に渡る用途で活用されています。

つまり、これらほとんど全てのローンを利用できなくなるということです。したがって、利用者の私生活にも大きな影響が出るといえますね。

さらに延滞を継続していると、一括での返済を求める督促状が届き、ついに「特別送達」という郵便も届きます。この特別送達には、裁判所からの訴状、口頭弁論期日呼出状などが入っています。

この郵便を無視した場合、裁判は債権者(※お金を貸している人、当記事ではプロミス)の訴えが全て認められることになります。つまり、給与差し押さえ等の強制執行が決定されてしまうということですね。

もし「特別送達を受け取ったけど、どうすれば良いか対応に困っている…」という場合は、弁護士へ相談するか、口頭弁論期日に裁判所へ行って債権者と協議を行いましょう。

④延滞3ヶ月~

延滞が3ヶ月程度になると、裁判による決定も下されて、強制執行が行われるケースが多いです。強制執行とはすなわち、給与等財産の差し押さえですね。

このような状態になってしまったら、裁判書の命令通りに返済を行うか、弁護士等に相談して債務整理を検討するしか方法が無くなりますね…。

ただし、裁判後即差し押さえが実行されるのかといえば、そうでもないケースが多いと想定されます。

裁判から1ヶ月程度の期間を空けて、差し押さえが実行される場合もあるということですね。どちらにしても裁判になってしまった以上、なるべく早急に弁護士へ相談されることをおすすめします。

延滞してしまったら、「初期対応」がとても重要になる

ここまでプロミス延滞後の取り立てについて触れてきましたが、全ての段階で共通するのは、放置が1番マズイ状態を招く、ということです。

督促による連絡を放置してしまった場合、事態も急速に悪化していきます。つまり、延滞後は初期対応が非常に重要になるということです。

では、プロミスを延滞してしまった後にどのような対応を行えば良いのか、さらに詳しく触れていきますね。

プロミス延滞の対処法

「プロミスの返済を延滞してしまった…どうしよう」と不安に駆られているときに、督促の電話がかかってきたら無視したくなる気持ちもわかります。

また、まだ延滞はしていなくとも、「今月末の返済ができない…」というような場合でも、何らかの対処は検討しなければなりません。

もちろん、督促の電話に対して無視で対応してしまうのは、事態の悪化を加速させてしまいます。したがって、無視は絶対避けなければなりません。

プロミス延滞の対処法を挙げると、以下3つになるかと思います。

  • 借り換え、またはおまとめローンの利用を検討する
  • プロミスに直接返済の相談をする
  • 弁護士を通じ、債務整理を検討する

もちろん、これらの対処法は延滞の段階によって活用できない場合もありますので、それぞれの要点をご説明していきますね。

延滞前に検討すべきは「銀行カードローンへ変更」または「おまとめローン」

「まだ延滞していないけど延滞してしまいそう…」という方もいらっしゃると思うので、延滞前の対処法にも触れておきます。「既に延滞してしまっている」という方は、次の対処法へ読み飛ばしてもらって大丈夫です。

延滞前の状態では、現状の返済額を減額したり、家計を見直したりといった対処が有効です。返済額を減額する具体的な方法を挙げると、「銀行カードローンに変更する」「おまとめローンの利用」の2つがありますね。

プロミスは、利用者から見ても非常に使いやすいサービスです。しかしながら、上限金利が17.80%と高いため、長期の返済には向いていません。

加えて、プロミスの返済額は残高に応じて高くなりやすいので、大きな金額を借入すればするほど、返済が苦しくなります。

もちろんこれは銀行カードローンも同様なのですが、商品によっては、消費者金融であるプロミスで借りるよりも、毎月の負担が少ない商品もあるのです。一例を挙げると、「ソニー銀行カードローン」もその1つですね。

ソニー銀行カードローンは金利も返済額も優秀

例えば、プロミスで90万円を借入している場合、毎月の返済額は23,000円です。対してソニー銀行カードローンなら、毎月12,000円です。一目瞭然でわかるように、ソニー銀行カードローンのほうが11,000円返済額は少ないのです。

当然ながら、毎月の返済額が減ると完済までの期間が長くなってしまうのですが、「今はとりあえず返済の負担を軽減したい」という場合には非常に有効かと思います。さらにいえば、ソニー銀行カードローンは上限金利が13.8%と低く設定されています。

つまりわかりやすくいうと、プロミスからソニー銀行カードローンへ変更するだけで、4%もの金利差が発生するということですね。金利が低くなれば利息の負担も少なくなりますから、延滞前であってもメリットは大きいでしょう。

おまとめローンなら「JCB CARD LOAN FAITH」

もう1つプロミス延滞の対処として、「おまとめローンの利用」という方法があります。

おまとめローンは、複数の借入を1つにまとめることで、返済額の軽減や利息の削減など、様々なメリットを得られる商品です。例として具体的な商品を挙げるなら、「JCB CARD LOAN FAITH」が使いやすいと思います。

JCBカードローン FAITHは金利が年12.50%に固定されている商品です。したがって、プロミスからJCB CARD LOAN FAITHに契約をまとめるだけで、利息の削減効果を得られる場合が多いです。

加えて返済期間が貸付金額500万円で残高スライド元金定額払いの場合、145回(12年1ヶ月)と非常に長いので、毎月の返済額も軽減しやすい商品内容になっています。ただしその反面、返済期間の長期化によって利息が膨らみやすいというデメリットもあるため、どこかのタイミングで繰上げ返済を行う必要がありますね。

JCB CARD LOAN FAITHは、「毎月の返済額が高くて延滞しそう…」という場合に有効な商品だといえるでしょう。

これらの対処法を駆使すれば、場合によってはプロミスの延滞を回避できるかもしれません。ご自身の状況を踏まえて、対処法を検討してくださいね。

延滞初期なら、プロミスにまず相談しよう

プロミス延滞後は、信用情報に延滞記録が載ってしまう都合上、他の銀行カードローンやおまとめローンを利用するのは難しいです。したがって、これら以外の方法で対処しなければなりません。

延滞の初期(1週間以内程度)であれば、プロミスに相談しましょう。時期に関しては、できる限り早いに越したことはありません。

プロミスに相談することで、返済期間の変更や返済額の軽減など、臨機応変に対応してもらえる可能性もあります。

ただし当然ながら、延滞後の連絡を無視し続けた後に相談すると、臨機応変に対応してもらうのは難しくなります。

できる限り早く、以下2つを検討した上でプロミスに相談することが重要だといえますね。

  • 延滞に陥った原因
  • その原因をいつ解消できそうか

どうしても返済できないなら、「債務整理」を検討しよう

「どうしても返済できない…督促に疲れた…」というような状態であれば、最後の手段として債務整理を検討しましょう。

債務整理とは以下になります。

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

法的な手段を用いて借金を軽減するための手続きのことです。

これらの手続きは、主に弁護士を通じて行います。債務整理を適用すれば、厳しい返済状況を改善することができます。

ただしもちろん、債務整理には「信用情報に事故情報が記載される」という大きなデメリットがあります。したがって、本当に最後の手段として検討しなければなりません。まずは、債務整理を専門としている弁護士へ相談されることをおすすめします。

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
監修者 飯田道子の一言コメント!
どんなに頑張っても返済できないという状態になっているなら、債務整理を検討しても良いでしょう。ただ、債務整理には3つの方法があります。それぞれメリット・デメリットがありますので、自分にあった方法はどの方法なのか、弁護士に相談すると良いでしょう。弁護士事務所の中には、無料で相談に乗ってくれるところもあります。返済が厳しいときには、一度、相談してみて下さい。

飯田さん

飯田さん

プロミスの遅延損害金をリアルに試算

遅延損害金とは、返済日を過ぎた時点から発生する、一種のペナルティのようなお金のことです。遅延損害金は通常金利の代わりに発生し、延滞者は借入残高に上乗せして支払わなければなりません。

つまりわかりやすくいえば、一種の損害賠償金のような取扱いだということですね。

プロミスの遅延損害金利率は、20.0%(実質年率)です。通常金利が年4.5%~17.8%なので、遅延損害金は非常に重い負担になっていることがわかります。

しかしながら、「実際にどのくらいの期間滞納したらいくらかかるの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思い、具体的な支払い金額をシミュレーションしてみました。

プロミスの遅延損害金支払い一覧表

プロミスの遅延損害金支払い一覧表は、下記のとおりです。延滞になりそう、または延滞している方は、試算結果を参考になさってくださいね。

プロミスの遅延損害金シミュレーション一覧
借入残高延滞期間発生する遅延損害金
5万円1ヶ月822円
2ヶ月1,657円
3ヶ月2,506円
10万円1ヶ月1,644円
2ヶ月3,315円
3ヶ月5,013円
20万円1ヶ月3,288円
2ヶ月6,630円
3ヶ月10,027円
30万円1ヶ月4,932円
2ヶ月9,945円
3ヶ月15,040円
50万円1ヶ月8,219円
2ヶ月16,573円
3ヶ月25,065円
100万円1ヶ月16,438円
2ヶ月33,147円
3ヶ月50,130円

※1円以下の端数は四捨五入で計算しています。 ※一度も返済せず、延滞を継続した場合

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
監修者 飯田道子の一言コメント!
遅延損害金の利率は20.0%(実質年率)です。一覧表を見ると、これくらいの金額で良いの?と思うかも知れませんが、この他にも利息が発生することをお忘れなく。遅延損害金が発生するのは痛い出費ですが、それ以上に信頼を失うことの方が、想像以上に大きな損失になります。借りられるお金と返せるお金は違います。借りたお金は返さなければならないことを今一度考え、借り過ぎないようにして下さい。

飯田さん

飯田さん

まとめ

冒頭でも触れましたが、プロミスの延滞は非常に高いリスクを伴います。もちろん、延滞に陥るにはなんらかの事情があるはずです。

しかしながら、それを理由に連絡を放置してしまっては、より不利な状況に陥ってしまうということなのです。

ここまでのおさらい

  • プロミスを延滞した先には、裁判と差し押さえが待っている
  • 信用情報に事故情報が記載されると、日常生活に大きな影響が出る
  • 延滞への対処法は段階によって異なる
  • 必要であれば債務整理も検討しておこう
  • 遅延損害金は非常に高い

それぞれしっかりと確認しつつ、状況に合った対処を行うようにしましょう。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

プロミスの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE