Operated by Ateam Inc.

イーデス

プロミスの営業時間は何時から何時まで?店舗・電話など受付時間を解説

最終更新日:

プロミスの営業時間は何時から何時まで?店舗・電話など受付時間を解説
プロミス
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

プロミスの営業時間(電話でのお問い合わせ)は、平日の9時~18時です。女性専用ダイヤル レディースコールも同様です。

プロミスの申し込みを検討している方は、申し込み方法によって異なるので事前に確認しておきましょう。

なお、どの方法も土日祝日も対応しています。
当日中の融資を希望する場合は、どの申し込み方法で早めに申し込むようにしましょう。

最短融資を希望であれば、WEB(インターネット)での申し込みがおすすめです。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

▼プロミスについてはこちらでまるっと解説しています。

飯田道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

プロミスには、複数の申し込み方法があり、それぞれ営業時間が異なっています。もっとも長く営業しているのはインターネットで申し込む方法で、365日24時間いつでも申し込むことが可能です。とはいえ、24時間いつでも審査をしていることではありません。申し込むタイミングによっては、即日融資ではなく、翌日融資になってしまうこともあります。自分が申し込みたい方法は、何時から何時まで対応しているのかをチェックしてから申し込むようにしましょう。

気になる内容をタップ

申込方法によって異なるプロミスの営業時間

プロミスの申込方法は、主に以下の3つです。

ただし、営業時間はそれぞれの方法によって大きく異なり、場合によっては、「申込しようとしたけど営業時間外だった…」というような状況に陥ってしまう可能性があります。

そのような事態を避けるためには、自身が利用する方法の営業時間を事前に把握しておかなければなりません。

ここでは各申し込み方法の営業時間と、あわせて申し込みの流れも紹介します。

WEB(インターネット)で申し込み

WEBからの審査申込は、24時間365日利用することができます。

WEBでの申込手順は下記のとおりです。

STEP.2

「新規お申し込み」ボタンから審査を申込する

STEP.3

必要書類をアップロードする

STEP.4

審査の実施

STEP.5

メールまたは電話にて審査結果の連絡が入る

STEP.6

インターネットまたは自動契約機で契約手続き完了

STEP.7

ローンカードレスでの振込キャッシング、または自動契約機でローンカードを発行後のキャッシング実施

注意点として、プロミスのWEB審査受付は24時間365日ですが、審査業務自体は9:00~21:00までとなっています。

したがって、審査業務時間外に申込を完了したとしても、審査の実施自体は業務時間内になっていますので、深夜や早朝は短時間での回答を得ることができません。

お急ぎの方は、覚えておいてくださいね。

自動契約機で申し込み

プロミス自動契約機の営業時間は、9:00~21:00(土日祝日含む)です※。
※契約機により営業時間が異なります。

自動契約機での申込手順は下記のとおりです。

STEP.1

プロミス公式ホームページ

「店舗・ATM」から最寄りの店舗を検索する

STEP.2

必要書類を持参の上、最寄りの自動契約機へ行く

STEP.3

画面の指示に従い、必要情報を入力する

STEP.4

必要書類を自動契約機で読み取る

STEP.5

審査の実施

STEP.6

審査結果の回答

STEP.7

契約手続き

STEP.8

契約書類とローンカードを受け取る

STEP.9

ローンカードをATMに挿入し、現金を借入する

自動契約機で申込する場合、必ず必要書類を持参してください。

また注意点として、自動契約機の営業時間は9:00~21:00※となっていますが、営業終了ギリギリに申込をしてしまうと、審査回答が翌営業日になってしまう可能性があります。
※契約機により営業時間が異なります。

そのため、自動契約機で申込する場合はできる限り営業時間終了の1~2時間前に手続きを完了するようにしておきましょう。

▼プロミスの自動契約機についてはこちらで詳しく解説しています。

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
監修者 飯田道子の一言コメント!
自動契約機の営業時間は9:00~21:00※なのですが、即日融資を狙うなら、19:00くらいまでを目安に申し込むと良いでしょう。これなら、仕事帰りでも間に合いそうですよね。ここで気を付けておきたいのが、申し込み場所です。職場の近くなどでは、手続きしていることを見られてしまう可能性があります。知り合いにバレたくないなら、職場の近くを避けた方が良いでしょう。

飯田さん

飯田さん

※契約機により営業時間が異なります。

電話で申し込み

プロミスの電話窓口は、「プロミスコール(0120-24-0365)」という名称になっています。
プロミスコールの営業時間は9:00~21:00(土日祝含む)となります。ただし、オペレーター対応は18時までです。

電話での申込手順は下記のとおりです。

STEP.1

プロミスコール(0120-24-0365)へ電話する

STEP.2

質問に返答する形で審査の申込手続きを進める

STEP.3

審査の実施

STEP.4

必要書類を持参の上、最寄りの自動契約機へ行く

STEP.5

必要書類の提出、または端末での書類読み取り

STEP.6

契約書類とローンカードが発行される

STEP.7

ローンカードをATMに挿入し、現金を借入する

他の申し込み方法と異なり、プロミスコールの営業は早めに終了するため注意しましょう。

▼プロミスの土日審査についてはこちらで詳しく解説しています。

申込する前に用意しておくべき書類

それぞれの営業時間をご説明する前に、申込前に用意しておくべき書類を簡単にまとめておきます。プロミスの申込に必要となる書類は下記のとおりです。「これから申込を進める」という方は、しっかりと書類が揃っているかどうかを確認しておいてくださいね。

プロミスの申込に必要な書類

全員用意が必要なもの

  • 本人確認書類
    運転免許証。運転免許証をお持ちでない場合はパスポートまたは健康保険証+1点(例:住民票)
    ※書類記載の住所が現住所と異なる場合は、「国税・地方税の領収書」「納税証明書」「社会保険料の領収書」「公共料金の領収書」「住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書」のうち、いずれか1点が別途必要となります。
    ※健康保険証について:保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングして提出ください。

プロミスで「50万円超」の借入を希望する方、または他社との借入合計残高が「100万円を超える」方

  • 収入証明書類
    源泉徴収票、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月+賞与明細1年分)

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
監修者 飯田道子の一言コメント!
営業時間を気にする理由は、即日融資ができるかどうかではないでしょうか?ただ、営業時間内であっても、必要な書類が準備できていなければ、即日融資ができないことも考えられます。自分の場合はどのような書類が必要なのかを知っておくことは大切です。分からないようならコールセンターに電話をして、どのような書類が必要になるのか、確認するようにしましょう。

飯田さん

飯田さん

プロミスで借入をしたい場合

審査に無事通過できたら、実際にお金を借りる手続きへと進みます。プロミスで利用できる借り入れ手段は下記のとおりです。

口座振込

  • インターネット振込
  • 電話(プロミスコール)

直接融資

  • ATM(プロミスATM、提携ATM)

上記のように、プロミスの融資手段を大まかに分けると、振込と直接融資の2通りの方法を利用することができます。

2通りの方法から、さらに具体的に6種類の手段に分かれていますね。それぞれ営業時間や注意点が異なりますので、1つずつ解説していきます。

利用する手段があらかじめ決まっている方は、利用しない部分を飛ばして読んでもらっても問題ありません。

口座振込希望

口座振込を希望する場合、

  • 全国約200の金融機関への振込
  • 電話での振込

という2つの取り扱いがあります。同じ銀行振込での融資ですが、それぞれ営業時間が異なりますので注意してください。

全国約200の金融機関への振込

全国約200の金融機関への振込は、「インターネット振込」というサービスを活用する形になります。

インターネット振込はプロミスの会員サービス(インターネット)から利用することができます。振込受付時間と反映時間の一覧は下記のとおりです。

全国約200の金融機関へ振込する場合の対応時間表
曜日振込受付時間実際に振込が反映される時間
平日(月曜日~金曜日)24時間受付受付完了から10秒程度
土日祝日

※毎週月曜日0:00~7:00はサービス停止

全国約200の金融機関への振込は、24時間365日受付しており、反映されるまでの時間も受付完了から10秒程度と非常に速いです。

手数料も無料なので、利用者としては非常に使いやすい借入手段だといえますね。

ただし注意点として、プロミス自体のシステムメンテンスが毎週月曜日0:00~7:00に実施されるため、その間は振込を反映することができません。

またこれに加え、振込先が三井住友銀行の場合は毎週日曜日21:00~月曜7:00までの間、サービス停止となります。

▼プロミスの銀行振込で返済についてはこちらで詳しく解説しています。

深夜にキャッシングされる方は、「毎週日曜日深夜~月曜の早朝はシステムメンテンスなので利用できない」と覚えておくと良いでしょう。

▼プロミスのインターネット振込についてはこちらで詳しく解説しています。

電話での振込

プロミスコール(0120-24-0365)でも振込でのキャッシングを受付しています。営業時間は下記のとおりです。

プロミスコールから振込する場合の対応時間表
曜日プロミスコール営業時間受付時間実際に振込が
反映される時間
平日(月曜日~金曜日)

24時間(自動音声)

※オペレーター対応は 平日9:00~18:00のみ
0:00~9:00当日9:30頃
9:00~14:50受付完了から10秒前後で反映
14:50~24:00翌営業日の9:30頃
土日祝日0:00~24:00

※毎週月曜日0:00~7:00はサービス停止
※口座登録が未完の方でも、プロミスコールからオペレーター対応による口座登録が可能です。

プロミスコールからの振込は、通常の振込キャッシングと同様の取り扱いになっています。したがって即日での融資を希望する場合は、平日の14:50までが最終の受付時間となります。それ以降は翌営業日の振込反映となりますので、注意してくださいね。

プロミスの即日融資についてこちらで詳しく紹介しているので、ご参考にしてください。

直接融資を希望

直接融資を希望する場合、以下の手段を利用することができます。

  • ATM

それぞれ営業時間や注意点が異なりますので、1つずつご説明していきますね。

ATMでの借入

ATMでの借入は、以下の2通りで取り扱いが異なります。

  • プロミスATM
  • 提携ATM

それぞれ営業時間も異なりますので、分けて触れていきます。

プロミスATMでの借入

プロミスATMの営業時間は、原則として7:00~24:00(土日祝含む)※です。手数料も必要なく、自動契約機で発行されたローンカードを使ってお金を借入する形になります。

※ ATMにより営業時間、休日が異なります。

提携ATMでの借入

提携ATMの営業時間は、提携先のATMによって取り扱いが大きく異なります。特に便利な提携先を挙げると、コンビニ内に設置されているATMですね。コンビニATMは原則24時間365日利用することができます。

ただし提携ATMを利用する際は、1万円以下の利用1回につき110円、1万円超の利用1回につき220円の手数料がかかりますので、注意しておいてくださいね。(※三井住友銀行ATM除く)

オススメのATMは、三井住友銀行のATMですね。

三井住友銀行ATMは同グループ間での処理になるため、いつでも手数料無料で利用することができます。

三井住友銀行ATMは設置されている台数も多く営業時間も比較的長いため、利用者としても活用しやすいでしょう。

▼プロミスの提携ATMについてはこちらで詳しく解説しています。

プロミスで返済をしたい場合

ここまでプロミスの借入に関する営業時間に触れてきましたが、次は返済時の取り扱いにも触れておきましょう。プロミスの返済時に利用できる方法は、以下の4つですね。

  • ネット返済(インターネットバンキング)
  • 口座振替
  • ATM(プロミスATM、提携ATM)
  • 銀行振込

こちらもそれぞれ取り扱いが大きく異なりますので、1つずつ触れていきます。

ネットで返済

インターネットでの返済は、24時間365日いつでも利用することができます。ネットで返済する場合は、金融機関の営業時間にかかわらず即時反映となるため、スピーディーかつ非常に便利な返済手段だといえますね。

ただし注意点として、事前にプロミスと提携しているインターネットバンキングへ登録しておく必要があります。利用できるインターネットバンキングは、
約1100の金融機関で利用可能です。これら以外のインターネットバンキングから返済する場合は、通常の銀行振込と同様の取り扱いになってしまいますので、注意してください。ネット返済の利用手数料は無料です。

口座振替による返済

口座振替で返済する場合、以下の取り扱いになっています。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行…毎月5、15、25、末日のいずれか任意指定した日
  • 上記以外の金融機関…毎月5日

引き起こしは返済日当日に実行されますので、必ず返済日の前日までにお金を入金しておきましょう。口座振替を利用する際の手数料は無料です。

ATMでの返済

ATMでの返済は、以下2通りで取り扱いが大きく異なります。

  • プロミスATM
  • 提携ATM

それぞれ分けて触れていきますね。

プロミスATMでの返済

プロミスATMの営業時間は、原則として7:00~24:00(土日祝含む)です※。

※ATMにより営業時間、休日が異なります。

です。この時間帯であれば、発行されたローンカードを使って返済することができます。手数料は無料です。

提携ATMでの返済

提携ATMでの返済は、提携先や設置場所によって大きく異なります。使いやすい提携先を挙げると、以下の2つですね。

  • 三井住友銀行ATM
  • コンビニATM

三井住友銀行ATMは唯一手数料無料で利用できる提携先で、営業時間も比較的長めです※。
※設置場所によって異なります。

メガバンクの運営しているATMということもあり台数が多いので、どんな方でも利用しやすいかと思います。

▼プロミスの提携ATMについてはこちらで詳しく解説しています。

コンビニATMは、原則として24時間365日利用することができます。設置されているコンビニは以下などですね。

  • ファミリーマート等(EnetATM)
  • ローソン
  • セブン-イレブン

コンビニATMは営業時間や設置台数の面で見ると非常に利用しやすいものの、利用する際には手数料が必要となります。

手数料は1万円以内の利用1回につき110円、1万円超の利用1回につき220円という取り扱いになっています。したがって、何度も繰り返し利用してしまうと手数料がかさみますので、できるかぎり三井住友銀行ATMを優先的に利用するようにしましょう。

▼プロミスの提携コンビニATMについてはこちらで詳しく解説しています。

銀行振込での返済

銀行振込でプロミスを返済することも可能です。営業時間は、振込元の金融機関によって異なります。

ただし注意しなければならない点として、「原則として振込が当日中に反映されるのは、平日15:00までの受付分」というポイントがあります。

したがって、平日15:00以降に振込したとしても、翌営業日の着金となってしまいます。返済日の翌営業日の着金になってしまうと、プロミスとしては返済遅延という扱いになりますので、できるかぎり返済日の前営業日までに振込操作を完了させておいてくださいね。

振込の際に発生する手数料は利用者負担となります。

問い合わせ

プロミスの問い合わせ窓口は、以下2通りです。

インターネット

  • 24時間受付 ※9:00~21:00までの受付分は21:00以降の回答

プロミスコール(0120-24-0365)

  • カード紛失、盗難は24時間受付。自動音声での問い合わせも同様24時間受付。
  • オペレーター対応は平日9:00~18:00

解約時はプロミスコールからの対応になりますので、平日9:00~18:00の間に連絡を入れるようになさってくださいね。

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
監修者 飯田道子の一言コメント!
申し込み方法だけでなく、返済方法もバリエーションに富んでいるのがプロミスの特徴です。いずれの返済方法でも、返済期日を守ることは鉄則です。また、お金に余裕があるときには、繰上返済をして、できるだけ早く完済することを心がけて下さい。プロミスおよび三井住友銀行のATMなら、手数料なしで利用することができます。繰上返済を狙うなら、手数料の有無を確認して、利用することをお勧めします。

飯田さん

飯田さん

プロミスの年末年始

プロミスは、例年原則として年末年始の元旦のみサービスを停止する対応になっています。

したがって、GW等の長期休暇でも通常とおり申込することができます。

ただし注意点として、振込融資等は金融機関の営業時間に準じる形になっています(※インターネット振込サービスは除く)。
大型連休中は多くの金融機関が振込の反映を停止するため、必ず事前に確認しておきましょう。

返済時も同様、元旦以外は原則としてサービスの利用が可能ですが、金融機関の営業時間が絡む振込での返済は、着金が遅れる場合があります。

まとめ

プロミスの営業時間は、利用できる手段が多い分少し複雑です。

特に注意が必要なのは、振込での借入・返済ですね。

プロミスは三井住友銀行ATMを自由に活用できる、非常に優秀なキャッシングサービスです。ご自身のライフスタイルに応じた手段を最大限活用できるよう、よく使う手段の営業時間はしっかりと把握しておきましょう。

プロミスの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE