Operated by Ateam Inc.

イーデス

プロミスの解約を簡単にする方法と具体的な手順

最終更新日:

プロミスの解約を簡単にする方法と具体的な手順
プロミス
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「プロミスの完済が間近だから、解約方法を知りたい」という場合もあると思います。

もしくは、「既に完済しているけど、解約していなかった」というようなケースもあるかもしれません。プロミスの解約手順は非常にシンプルで、選択肢もさほどありません。

したがって、方法さえ覚えておけば、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

この記事では、以下の5つを中心にご説明していきたいと思います。

  • 最も簡単にプロミスを解約する方法
  • 解約に必要なもの
  • プロミスを解約する具体的な手順
  • 解約に関する素朴な疑問をQA
  • 解約のメリット・デメリット

「とにかくすぐに解約したい」という方にもわかりやすい順番でご説明していきますので、よろしければ参考になさってください。

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

▼プロミスについてはこちらでまるっと解説しています。

武藤 英次 / 美樹ライティングオフィス 代表

【専門家の解説】

プロミスを利用している全ての方にとって、最終的な目標は借入を完済したうえでの「解約」です。
解約まで実行することで「借金からの完全な卒業」を果たすことになります。
しかし解約というと何だか「とても手続きが面倒なもの」という印象を持たれる方も多いかもしれません。
実際に最近ではインターネットで簡単に契約できるのに、反対に解約は非常に分かりづらいサービスが社会問題にもなっています。
しかしプロミスの解約はそのような複雑なことはなく、むしろ簡単と言って良いほどです。
この機会にしっかりと解約を成し遂げて、大きな達成感を味わってください。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    プロミスを最も簡単に解約する方法

    「とりあえず解約方法を教えてほしい」という方も多いと思うので、最初にプロミスの解約方法について触れていきますね。

    プロミスの解約方法は「電話」

    プロミスの解約方法は、プロミスコール(0120-24-0365/平日9:00~18:00)へ電話です。

    プロミスを解約する際に必要なもの

    プロミスを解約する際に必要なものは下記のとおりです。

    電話で手続きする場合

    • プロミスカードに記載されている「会員番号」

    電話で手続きを行う場合、必要なものはプロミスカードの番号だけです。電話では本人確認書類の提示が無くても手続きを進めることができます。

    プロミスの具体的な解約手順

    プロミスの解約方法は「電話」です。それぞれの解約手順を簡単にご説明していきましょう。これからプロミスを解約する方は、手順を参考にしつつ手続きを進めてください。

    プロミスの解約手続きを電話で行う手順

    1. STEP.1

      平日9:00~18:00の時間帯に、プロミスコール(0120-24-0365)へ電話を入れる

    2. STEP.2

      スタッフに「解約したい」と伝える

    3. STEP.3

      契約状況や借入残高がないことを確認される

    4. STEP.4

      契約者の解約意思を最終確認して解約完了

    プロミスの解約を電話で行う場合、このような手順で数分程度で手続きを終わらせることができます。
    ローンカードは基本的に本人で処分でき、解約手続き完了後にハサミで切るなどして処分しましょう。

    注意点として、書面での解約手続きや完済証明書を希望する場合、解約申込書などが登録住所への送付対応となります。
    したがって、「書類を送付されたくない」という方は、書類の郵送を希望しないこと、自宅に何も届かないようにしてほしいことを伝えておきましょう。

    「解約証明書」や「完済証明書」を希望する場合は保管に注意

    プロミスを解約した場合、希望しなければ書面はありません。しかし、「完済証明書」や「解約証明書」を希望すると発行されます。

    この書類は、借金が無いことを証明するもので、完済した事実証明も兼ねています。

    もちろん、実際に書類を利用するケースはほとんど無いのですが、稀に住宅ローンの審査で提出を要求される場合があります。

    住宅ローンは取り扱う金額が非常に大きいため、念には念を、という意味で保管しておいたほうが安心でしょう。

    特に、プロミスを完済した直後に住宅ローンを申込する場合、提出を要求される可能性があるので注意して保管しておきましょう。

    2級FP技能士
    監修者 武藤英次の一言コメント!
    解約する場合は、基本的にプロミスコール(電話)で解約するのがおすすめです。
    おおむね5~10分ほどで手続きが終わりますし、通話料もかかりません。(携帯電話からでもOKです)
    電話オペレーターは(よほどの新人でない限りは)あらゆる状況に対処できるスキルを身に付けています。
    とにかく電話して「解約したい」と伝えれば、ほとんどの場合は問題なく解約まで行けます。
    なおプロミスコールは時間帯によってはかなりつながりづらいのが難点です。
    しばらく待つか時間帯を変えれば大抵はつながるので、あきらめずに電話して下さい。

    武藤さん

    武藤さん

    プロミスの解約に関する素朴な疑問をQ&Aで解決しよう

    プロミスの解約に関する情報はインターネット上に散見されるものの、全て正しいとは限りません。場合によっては、「サイトごとに言っていることが違う…」というようなケースもあるでしょう。

    したがって、「結局こういう場合ってどうなの?」という疑問を感じている方もいらっしゃると思います。そこで当記事では、プロミスへの電話問い合わせによる事実をもとに、プロミスの解約に関する素朴な疑問を解決していきたいと思います。

    一度解約したら、再契約(口座開設)はできない?
    いいえ、プロミスを一度解約したとしても再契約は可能です。
    再契約の停止期間等もありませんので、ご自身のタイミングで再度契約することができます。ただし、再契約の際には審査も再度受ける必要があります。
    したがって、審査の結果次第では、再契約を断られてしまう可能性もあります。
    プロミスを解約する場合、「今後お金を借りる必要がないかどうか」をしっかり検討した上で判断してくださいね。
    「無利息残高」でも解約ってできるの?
    いいえ、プロミスを解約する際は、全額完済する必要があります。ちなみに、無利息残高とは、1,000円以下の端数残高のことです。
    消費者金融が取り扱う多くのキャッシング・カードローン商品では、1,000円以下の端数を無利息残高と定めており、これに該当する残高に対しては金利(利息)が発生しません。
    つまり、引き続き利用する場合には返済の必要がないということですね。
    しかしながら、無利息でも残高に違いはありませんので、解約する際は全額精算する必要があります。
    端数の返済は、「三井住友銀行ATM」「振込」等の手段で行うことができます。
    解約する際は、必ず残高を事前に確認しておきましょう。
    プロミスを解約すると他のローン審査に有利になる?
    結論からいうと、有利になる可能性はあります。プロミスを解約するとカードローンによる限度額が消滅します。
    したがって、年収に対する「返済負担割合」が大きく改善されます。
    このような背景を踏まえると、他のローン審査に有利になる可能性は十分あるでしょう。
    契約書の返却方法は?
    結論から言ってしまうと、実はプロミスは契約書を紙面で管理していません。
    したがって、紙面の契約書自体存在していないということです。プロミスの契約は全てデータベースで一括管理となっていますので、解約後はデータが消去されます。
    「完済の証拠が欲しい」という場合は、解約後に発行される「解約証明書」を保管しておくようにしましょう。
    提携ATMが1,000円単位の取扱いしかなく、少し多めに返済してしまった場合の対処は?
    提携ATMから少し多めに返済してしまった場合は、プロミスコール(0120-24-0365)へ問い合わせましょう。解約後、端数残高を振込で返却してもらうことができます。

    2級FP技能士
    監修者 武藤英次の一言コメント!
    プロミスの解約で一番ハードルが高いのは、借入残高をきっちり0円にすることです。
    口座振替返済を利用していれば自動的に0円にできますが、そうでなければ1円単位の端数まで、ぴったり返済する必要があります。
    逆に言えば残高がすでに0円になっているのであれば、解約は非常にシンプルで簡単です。
    なお解約にあたっては会員番号、カード番号などが必要ですので、あらかじめ番号のメモやカード現物を手元に用意しておきましょう。
    氏名や生年月日などの簡単な本人確認が済めば、驚くほどあっけなく解約できます。
    場合によっては多少の慰留(引き止め)の言葉もあり得ますが「もう必要ないので」と言えば問題ありません。

    武藤さん

    武藤さん

    プロミス解約のメリット・デメリット

    「今後のことを考えて解約しておこうか悩んでいる…でもいざという時に困りそうで不安」という場合もあるでしょう。

    当然ですが、プロミスのローンカードを解約せず持っておけば、「いつでもお金を用意できる」という安心感があります。

    その反面、返済できなくなるリスクがあるわけです。このような背景から、プロミスの解約を迷っているケースもあるでしょう。

    そのような場合は、プロミスを解約する上でのメリット・デメリットをしっかりと理解した上で判断する必要があります。

    プロミスのメリット・デメリットをそれぞれまとめておきました。プロミスの解約を検討中の方は参考になさってくださいね。

    メリット

    プロミスを解約するメリットには、下記のようなものがあります。

    • 返済に対する不安から解放される
    • 借入できなくなることから、借金の心配がない
    • 他のローン審査を受ける際、審査が通りやすくなる可能性がある

    プロミスを解約するメリットとしては、やはり「借金の心配や不安から解放される」というポイントが大きいですね。

    事実として、プロミスは利便性が非常に高いため、借入が癖になってしまっているケースも多いでしょう。

    そのような場合でも、プロミスを解約することで状況を改善できる可能性があります。

    また、プロミスを解約することで、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカード等の審査結果に好影響が生じる可能性があります。

    ただし、解約直後は信用情報の記録に反映されていない場合がありますので、他のローン審査を受ける場合には、解約から6ヶ月程度経過した後に申込するのが良いでしょう。

    デメリット

    対して、プロミスを解約するデメリットは下記のとおりです。

    • お金がピンチになった時にすぐに対応しづらくなる
    • 借入先が無くなることから、精神的な不安に駆られる可能性がある
    • 解約後に再度申込したとしても、審査に落ちてしまった場合再契約できない可能性がある

    プロミスを解約する際のデメリットは、「借入先が無くなる不安」ですね。例えば、「解約直後にお金がピンチになってしまった」という場合に再契約を申込したとしても、再審査に必ず通過できる保証はありません。

    万が一、再度審査に通過できなかった場合、プロミスでお金を借入できなくなってしまいます。これらは、プロミスを解約するデメリットだといえるでしょう。

    プロミスを解約する際は今後のライフプランを考えておこう

    プロミスを利用中であればご存知かと思いますが、プロミスのサービスは非常に便利かつ優秀です。

    したがって、プロミスの解約で「強い味方を失ってしまった」と感じてしまう可能性もあります。

    もちろん、プロミスの解約にはメリット・デメリットがありますから、どちらを選択するかはご自身で決めなければなりません。

    今後のライフプランを考えてみて、借金の必要が無さそうであれば解約、先が見えない状況であれば保留、というように、プロミスの解約は計画的に行うようにしましょう。

    2級FP技能士
    監修者 武藤英次の一言コメント!
    「解約」もしくは「解約しない」の二択ですと、どうしても「本当にこれで良いのだろうか」と決心が難しいケースもあることでしょう。
    そんな時には第三の選択肢として「限度額の減額」を提案したいと思います。
    いきなり解約で0にするのではなく、貯金を頑張りながら借入限度額を減らして行くという方法です。
    例えば現在30万円の限度額をお持ちなら、10万円貯金を増やせたら20万円に減額します。
    さらに20万円分貯金が増えたら10万円に減額、30万円分増えたら解約といった具合です。
    少しずつ達成感を味わいながら貯金もできるので、ぜひお試し下さい。

    武藤さん

    武藤さん

    まとめ

    プロミスの解約手続きは非常にシンプルです。手間の部分から考えてオススメは電話での手続きですが、解約申込書が自宅へ郵送されるため、注意してください。

    この記事のポイントをまとめると、

    ここまでのおさらい

    • プロミスの解約方法は「電話」
    • 解約方法によってそれぞれ必要なものが異なるので、必ず事前に確認しておこう
    • 解約手続きは平日のみの取扱い 解約後に発行される、「解約証明書」は必ず保管しておく
    • 解約にはメリット・デメリットがあるので、計画的に検討しよう

    の6つが重要です。それぞれしっかりと確認した上で、手続きを進めましょう。

    プロミス
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大500万円※最短3分最短3分※
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年4.5%~17.8%30日間

    ※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

    おすすめポイント

    • Web契約で最短3分融資も可能
    • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
    • 申込、借入、返済24時間OK!

    プロミスの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.