Operated by Ateam Inc.

イーデス

火葬代(直葬費用)が払えないときの対処法!相場やよくある質問も解説

最終更新日:

火葬代(直葬費用)が払えないときの対処法!相場やよくある質問も解説
お金がない
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

ご家族が亡くなられた際、ほとんどのケースで火葬を実施することになります。その際、お金がないなどの理由で、人によっては法要を実施せず火葬のみ(直葬)で済ませるケースもあるでしょう。お金がないことを理由に直葬を選択する人の場合、火葬代がどのくらいかかるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、火葬代の相場や実際に払うのが難しい場合の対処法についてご紹介します。本記事を参考に、火葬代を工面することに役立ててみてください。

塚越一央

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

火葬とは、火葬のみをおこなう形式の葬儀で、火葬式とか直葬とも言われています。一般的な葬儀では、お通夜や告別式がありますが、火葬ではそうした儀式をおこないません。従って、葬儀の費用を抑えることができます。それでも、お金がなくて費用を支払えないときは、カードローンを利用するもの選択肢の一つです。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

火葬代(直葬費用)の相場

火葬(直葬)とは、お通夜や告別式などを行なわずに火葬だけで故人を供養する葬儀形式です。火葬だけで済ませる場合には、火葬代が一番気になるポイントかと思いますので、下表を参考に相場を確認しておきましょう。

火葬代の相場
公営無料〜4万円
民間3万円~6万円

公営の場合は、その地域に住んでいるなら無料で実施できる場合もあります。ただ、注意点として火葬代以外にもかかる費用があったりします。例えば、火葬場の控室を利用する場合はその利用料金、その他のオプションを利用する場合はそれに応じた費用が掛かるため、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

イーデス編集部

編集部

火葬代自体は、葬儀などと比べればそこまで高い費用にはなりません。ただ、控室の利用やその他オプション次第ではさらに費用が掛かってしまうので、事前に料金については窓口の人に確認を取っておきましょう。

火葬代が払えないときの対処法

もし、火葬代を自己資金で払うことができない場合には、対処法として以下の6種類があります。それぞれの内容を参考にしつつ、火葬代を工面する方法として最適な方法を検討してみてください。

火葬代が払えないときの対処法借りやすさ融資スピード審査の有無
故人の保険金で支払う-約5営業日以内なし
故人の預貯金で支払う-遺産分割の協議・手続きが終了後なし
葬儀ローンを利用して払う★★★★☆即日審査も可能。基本は支払い期限までに融資。あり
保険組合や自治体の制度を利用して支払う★★★★★申請後数日あり
クレジットカードのキャッシングを利用して支払う★★★★☆最短即日あり
カードローンを利用して支払う★★★★☆最短即日あり

お金を借りるという概念からは少し外れているものもありますが、火葬代を工面することができる可能性の高い方法をピックアップしました。すべての方法がご自身の状況にマッチしているとは限らないため、まずは確認したうえで最適な方法を実施してみてください。

故人の保険金で支払う

故人の保険金とは、いわゆる死亡保険のことです。亡くなった際に保険会社に申請すれば保険金が下りるため、その費用を火葬代に充てることができるでしょう。どのくらいの保険金が下りるのかは、加入している保険次第になってくるため、保険金を申請する場合はその際に合わせて金額も確認しておきましょう。

葬儀を実施しない分、保険金がある場合には火葬代を支払ってもお金が残る可能性があるため、そのお金は納骨費用に充てることも可能です。

故人の保険金で支払うのがおすすめな人

  • 故人が保険に加入していて、申請することで保険金を使用できる人

故人の預貯金で支払う

故人の預貯金が亡くなられた時点で残っている場合には、そのお金を火葬代に充てることができます。注意点として、故人の預貯金は亡くなられた時点で相続の対象となり、すぐに下ろすことができません。

そのため、場合によっては火葬代の支払期日までにお金を下ろせない可能性があります。さらには、親族との遺産分割次第では全額受け取ることができないため、十分な金額に達しないことも考えられます。

故人の預貯金で支払うのがおすすめな人

  • 故人の預貯金を受け取れる立場にある人

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
火葬だけで故人を供養する葬儀であれば、さほど費用はかかりませんが、関連費用が発生することがあるので、事前によく調べてください。火葬代が支払えない場合は、故人の保険金の受取人であれば、すぐに保険金を請求してください。また、故人の預貯金は、遺産分割後でないと使用できないので、注意が必要です。

塚越一央

塚越さん

葬儀ローンを利用して支払う

葬儀ローンとは、葬儀にかかる費用を借りることができる金融機関の商品です。葬儀ローンを利用すれば、返済を分割払いにできるため負担を最小限に抑えられます。返済は必須なので、その点は理解しておきましょう。

また、返済に際して利息や手数料がかかることで、借りた金額よりも多めに返済しなければいけないという点には注意が必要です。他にも、ローンを利用するためには与信審査が必要で、審査の内容次第では借りられないケースもあります。

審査に通るかどうかは、申し込まないと分からないため、申し込んだうえでローンが組めるか確認する必要があるでしょう。

葬儀ローンがおすすめな人

  • 手元にお金がない人
  • 多少の負担があっても分割で支払いをしたい

保険組合や自治体の制度を利用して支払う

葬儀を実施するにあたって、故人が保険組合や国民健康保険に加入していれば給付を受け取れる可能性があります。受け取るためにはいくつか条件を満たしている必要があるため、まずは利用できる制度は何か把握することが大切です。

保険組合や自治体の制度を利用して支払うことがおすすめな人

  • 故人が葬祭費を受け取れる条件に当てはまる人
  • 居住地域で葬儀費用に関する補助金制度がある人

次項では、利用できる可能性のある制度をご紹介します。ご自身に該当するかを確認してみてください。

  • 葬祭費
  • 葬祭扶助制度

葬祭費

葬祭費とは、国民健康保険に加入していた75歳未満の被保険者が亡くなった場合、その葬祭を行なった人が受け取れる給付金のことです。給付額は大体3万円~7万円くらいとされているため、火葬代が相場通りなら、かかる費用のほとんどを賄うことができるでしょう。

申請については、葬儀後2年以内とされています。葬儀を実施した後に申請をしなければいけないため、当日までに給付されることはありません。そのため、現金がない場合は別の方法で用意しておく必要があるでしょう。

葬祭扶助制度

葬祭扶助制度とは、生活保護法に基づきお金が支給される制度です。ご遺族が生活できないほどに困窮していると認められた場合は、自治体から葬儀費用が支給されます。最大で20万円支給される制度となっているため、火葬にかかる費用のほとんどは賄うことができるでしょう。

ちなみに、こちらの制度は故人に身寄りがなく、家族以外の人が葬儀をあげたい場合にも利用できる可能性があります。

注意点として、この制度は「ご遺族」が生活保護受給者である場合に利用できますが、故人が生活保護受給者で「ご遺族が生活保護受給者ではない」場合には利用できません。

クレジットカードのキャッシングを利用して支払う

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードに付帯しているお金を借りられるサービスのことです。手持ちのクレジットカードにキャッシング機能が付帯していなくても、キャッシング機能に対応しているカードなら申し込むことで利用できます。

キャッシング機能がすでに付帯している場合にはコンビニATMなどで借りられるため、火葬の支払いが必要なタイミングで借りることができるでしょう。

ただし、利息が高い傾向にあるため借りた額よりも返済額が多くなってしまう点には注意が必要です。できるだけ早く返済をできるような計画を立て、ムダに出費を増やさないように火葬代を借りるようにしましょう。

クレジットカードのキャッシングがおすすめな人

  • キャッシングサービスが付帯しているクレジットカードをすでに所持している人

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
葬儀ローンは、喪主が金融機関や信販会社からお金を借りて葬儀費用を支払い、返済を分割してできる金融サービスのことです。利息や手数料がかかるので、注意してください。なお、キャッシング機能付きのクレジットカードを所有していれば、ATMで現金が下せるので、火葬代もすぐに支払うことができます。

塚越一央

塚越さん

カードローンを利用して支払う

カードローンとは、限度額の範囲内で、いつでも借入・返済が自由に行える金融サービスの1つです。クレジットカードのキャッシングと違って、お金を借りることだけができるサービスとなっております。

即日融資に対応しているものも多いため、急な出費の際に活躍します。そのため、火葬代の支払い日の前日に手持ちのお金が足りないことに気づいた場合でも、対応することができるでしょう。

注意点として、火葬代が払えないほど困窮している場合、収入によっては審査が通らない可能性があります。通るかどうかは申し込んでみないと分からないため、カードローンの利用が必要な場合は、まず申し込んでみてはいかがでしょうか。

カードローンでお金を借りるのがおすすめな人

  • すぐにでもお金を確保しなければいけない人

以下では、カードローンで火葬代を賄おうと検討している人向けに、おすすめのカードローンを3つご紹介します。

おすすめのカードローン

  • プロミス
  • アイフル
  • レイク

プロミス

SMBCグループのプロミスは、最短20分で融資を受けられるカードローンです。また、365日・土日祝にも申し込めるため、火葬代の支払い期日が休日であったとしても対処できるでしょう。

プロミスはカードレスに対応しており、カードが自宅に到着するのを待たなくてもお金を借りられます。さらに、無利息期間が初回借入日の翌日から始まる点もプロミスのメリットです。プロミスと契約しても、利用するまで利息はかかりません。

※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

プロミスがおすすめな人の特徴

  • 大手の消費者金融でお金を借りたい
  • 少しでも金利の低い消費者金融でお金を借りたい

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

アイフル

アイフルなら、プロミスと同様に最短20分※で即日融資を受けられます。

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

初めての利用なら最大30日間の無利息期間も設けられており、1カ月だけ借りたいといった場合におすすめです。手持ちのお金が不足しているが、翌月の収入で火葬代を返済できる場合には最適と言えるでしょう。

アイフルがおすすめな人の特徴

  • 大手の消費者金融でお金を借りたい
  • 即日融資を受けたい
  • 借入・返済しやすいサービスを利用したい

アイフル

アイフル
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短20分※最短20分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

おすすめポイント

  • WEB完結!最短20分で審査完了!
  • 初めてなら最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!

レイク

レイクは消費者金融の中では無料で利用できるATMが最も充実しているカードローンです。

複数の無利息期間の中から任意で選択できるため、自分にとってよりお得なものを選べます。申込方法や借入額によって利用できる無利息期間は異なる点に注意が必要です。

※Web以外の無人店舗や電話で申し込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

火葬代の金額に合わせて返済プランを立てれば、無利息期間をうまく活用して負担を最小限に借りることができるかもしれません。

レイクがおすすめな人の特徴

  • 少額を長期間借り入れたい人
  • ATMを手数料なしで利用したい人
  • 即日で融資を受けたい人

レイク

レイク
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円申込み後、最短15秒Webなら最短25分融資も可能
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~18.0%60日間

※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の場合の当日融資は、8時~22時(毎月第3日曜日は8時~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

おすすめポイント

  • 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • 24時間申込みOK!
  • 初めてなら5万円まで最大180日間無利息!

火葬代に関するよくある質問

Q.火葬のみの場合、料金はいくらかかる?

火葬のみの料金は、公営の火葬場を利用した場合が「無料~4万円」、民間業者を利用した場合は「3万円~6万円」ほどかかります。

Q.葬儀費用は分割払いできる?

葬儀費用を分割で支払うことは基本的にできません。ただし、葬儀ローンを利用すれば、返済を分割にすることができるため、実質分割での支払いのような仕組みになります。

分割の返済に伴い利息はかかるので注意してください。

Q.葬儀費用は役所で申請できる?

葬儀費用やお住まいの役所に行くことで申請ができます。申請方法等については、お住まいの役所に問い合わせてみてください。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
お金がなくて火葬代が支払えない場合は、カードローンを利用するのもよいでしょう。カードローンの中でもレイクは、無利息期間サービスが3種類あるので、ご自分に合った期間を選ぶことができます。借入金額が5万円以内であれば、180日間も無利息期間サービスが利用できるのでお得です。

塚越一央

塚越さん

※Web以外の無人店舗や電話で申し込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1万円~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

まとめ

火葬代の相場は、大体6万円以下とされています。火葬だけの費用はこの通りですが、これ以外にも控室の利用料金やその他オプション次第では多くかかることがあります。

そこまで高くつくわけではありませんが、場合によっては数十万円かかることも考えられるため、手持ちのお金が不足している場合には借りるなどしてお金を工面する必要があるでしょう。

借りる方法自体は本記事でご紹介している通り、葬儀ローンやキャッシング、カードローンなどがあります。どの方法が最適なのかは、自身が持っているカードの種類や収入状況によって変わってきます。まずは、それぞれの方法について正しく理解し、自身にとってできる限り負担を抑えられる方法を選択してみてください。

お金がないの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.