Operated by Ateam Inc.

イーデス

成人式の費用が払えないときの対処法!親が出してくれなくても諦めない方法

最終更新日:

成人式の費用が払えないときの対処法!親が出してくれなくても諦めない方法
お金がない
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

大人の仲間入りを果たす成人式ですが、前撮りや当日の着付けなど、思っている以上にお金がかかってしまいます。成人式そのものに参加費はかからないため見落としがちですが、お金がないという理由で大切な子どもの思い出を残せなかったと後悔しないためにも、何にいくら程度かかるのかを理解しておくと良いでしょう。

本記事では、成人式にかかる費用の相場や支払いのタイミング、支払えないときの対処法を解説します。そもそも成人式に参加しないといけないのかどうかも含めて解説しています。ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

  • 成人式にかかる費用の相場がわかる
  • 成人式にかかる費用の支払時期がわかる
  • 成人式の費用が払えないときの対処法がわかる
塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

成人式の費用は、10万円~50万円程度がかかります。特に女性は、振袖にお金がかかります。支払いのタイミングは、前払いのことが多いです。費用は、両親や祖父母が負担することが多いですが、本人が支払う場合は、早い時期から用意する必要があります。成人式の費用は、しっかり計画を立てて準備してください。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

成人式にかかる費用の相場

成人式にかかる費用は、男性か女性かで異なります。特に女性は振袖を購入するかレンタルするかで金額が異なる点に要注意です。総じて女性のほうが成人式でかかる費用は大きくなりますが、まとめると以下の通りとなります。

費用の相場
衣装代男性:30,000円~50,000円
女性:200,000円~400,000円
着付け・ヘアメイク代男性:5,000円~10,000円
女性:10,000円~20,000円
写真代30,000円~100,000円

それぞれの詳細を見てみましょう。

衣装代

成人式の費用でもっともお金がかかるのが衣装代です。男性の場合はスーツか袴のいずれかになりますが、スーツの場合は購入しても3万円~5万円、袴のレンタルでも2万円~5万円とされています。事前に所有していたり、代々使用している袴を選んだりする場合は衣装代がゼロになります。

女性も同様に事前に持っている振袖があれば衣装代はかかりませんが、レンタルする場合は20万円から、購入する場合は40万円からが相場です。特に購入する場合はブランドなどによっては100万円以上する場合もあるため、上限がない点にも注意しましょう。

着付け・ヘアメイク代

着付けやヘアメイクにかかる費用も、男性と女性によって変わりますが、服装によって変化することもあります。男女ともに和装の場合は着付けが必要となるため、着付けの費用が発生します。それでも男性はメイクなどが不要であるため、女性と比較すると費用を抑えられるでしょう。

一方の女性の場合、ヘアセットやメイクも必要になることが多いため、美容院にお願いすると1万円~2万円程度です。男性はそれよりも安い5,000円~1万円前後となることが多いようです。袴や振袖をレンタルした店で行う場合はすでに支払った料金に含まれている場合もあるため、よく確認してください。

写真代

写真をお願いする場合は成人式当日ではなく、前撮りと呼ばれる事前の撮影になるのが一般的です。衣装を貸し出している業者の中には前撮りとセットにしているところもあるため、一緒にお願いすることもできます。レンタルのみの業者や自前の衣装で前撮りをする場合は、フォトスタジオに依頼することになります。

撮影のみのデータ渡しであれば、費用は1万円~1.5万円程度ですが、アルバムにするとなると複数枚の写真が必要になるため高額になりがちです。総じて成人式の前撮りでは3万円~10万円前後になると想定しておくと良いでしょう。写真の枚数やアルバムの種類で金額は変動するため、事前にフォトスタジオや写真館に確認してみてください。

成人式の費用は誰が払う?

成人式にかかる費用は、家庭の事情などにもよりますが両親や祖父母が負担してくれることが多いようです。特に新品で衣装を用意する場合は費用がもっとも高額になるため、成人式を迎える本人が出すケースは少ない傾向にあります。着物を新品で購入すると、ものによっては100万円を超えることもあるため、親が中心となって支払うことが多いと考えられます。基本的には両親が負担しつつ、残りを祖父母が負担するといった具合です。

レンタルになると少し事情が変わり、両親が支払うことが多いようです。中には本人が全額負担するケースもあります。お母さんが使っていた振袖をそのまま使うことになる場合も同様で、多くは両親が負担し、残りを祖父母が出すといった具合です。

いずれの場合も、本人ではなく両親が出し、不足分を祖父母が負担するケースが主流のようです。とはいえ、中には自分で費用負担する新成人がいるため、特に決まりはありません。家族で話し合って負担割合を決めても良いでしょう。

成人式費用の支払いのタイミング

成人式の費用を支払うタイミングは、衣装代とそれ以外でタイミングが異なります。美容室や写真代は前払いか当日払いのいずれかになるケースが多く、衣装をレンタルする場合は、レンタルをしたタイミングで支払う場合がほとんどです。

支払方法は店頭での現金払いのほか、クレジットカードやローンでの支払いなどさまざまです。基本の支払方法である現金払いは、その場で全額支払うこともあれば、内金(手付金)のみを支払って後日差額を清算する場合もあります。基本的には後払いに対応していない衣装レンタル店が大多数であるため、事前に必要なお金を用意しておきましょう。

成人式の費用が払えないときの対処法

成人式の費用が払えない場合、いくつかの対処法が考えられます。代表的なものは次の2つです。

  • 親や祖父母と話し合う
  • 自分で成人式のお金を準備する

家族関係にもよりますが、最初にやるべきことはお金を借りることではなく、両親や祖父母への相談です。お金の話なので心理的に難しい場合もあるかもしれませんが、お金を借りることなく問題を解決できる可能性があります。話し合いで解決しなかったり、関係が良好でなかったりする場合は、自分でお金を準備するようにしてください。それぞれの方法について解説します。

親や祖父母と話し合う

最初に実行したい対処法が、親や祖父母と話し合いの席を設けることです。単純にお金を援助してほしいという提案もできますが、ほかに解決策がないかの提案を受けられるかもしれません。

たとえば、本人は知らなくても振袖があったり、友人や知人から貸してもらえたりする可能性があります。また、着付けができるお母さんやおばあさんがいる場合もあるため、そうなると費用の節約にもつながるでしょう。お金を援助してくれる可能性もあるため、お金を自分で工面したり諦めたりする前に実行してみる価値はあります。

ただし、相談するには親や祖父母との関係性が重要なカギを握っています。相談できる関係性ではないなどの理由で相談できない場合は、自分で成人式のお金を準備する方向で動きましょう。

自分で成人式のお金を準備する

親や祖父母との関係性が良くない、支払期日が迫っていて相談する時間がないなどの場合は、自分でお金を工面する方法があります。詳しくは次章で解説しますが、借りる以外の方法でお金を工面できるかもしれません。複数の手段を知っておくと、さまざまな対処法が取れるため、ぜひ参考にしてください。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
成人式の女性の振袖は、レンタルで20万円から、購入が40万円からが相場になります。こだわりがなければ、レンタルのほうが費用を抑えられます。支払いは前払いが多いので、事前の準備が重要です。費用の負担の問題は、家族で話し合うことをおすすめしますが、両親が出し、不足分を祖父母が出すケースが主流のようです。

塚越さん

塚越さん

親が出してくれなくても諦めない!成人式の費用を自分で準備する方法

親がお金を出してくれなかったり、支払期日まで時間がなかったりする場合は、以下の方法で成人式の費用を捻出しましょう。

  • 身の回りのものを売る
  • 働いて稼いだお金で支払う
  • お金を借りる

この中でもっとも優先順位が低いのはお金を借りることです。たしかにまとまったお金を工面できる点では優れていますが、のちのち返済しなければならないため、あまり推奨できる方法ではありません。まずは身の回りのものをうったり、アルバイトなどで稼いだりしてお金を工面する方法を検討しましょう。それでも足りない場合は、お金を借りることも視野に入れて行動してください。

身の回りのものを売る

身の回りの不用品を売って、お金を作る方法があります。売る方法にはリサイクルショップに持ち込む方法と、フリマアプリを使って売却する方法の2種類があり、どちらかを選択できます。

リサイクルショップの場合は、不用品の持ち込みその場で査定が行われるため即金性があります。家電や家具などの大きなものや人気が高いものであれば、単体で高額になることもあるでしょう。

反面、服や本などで成人式の費用を補填しようと思っている場合は、ある程度まとまった数の品数が必要となる可能性が高くなります。なかには5円や10円にしかならないケースもあるため、この方法を採用する場合は注意してください。

フリマアプリでは、自分で販売価格を決められるため、相手の言い値に左右されないというメリットがあります。スマートフォン一台で完結するうえ、店舗に持ち込む必要がないのもメリットと言えるでしょう。

一方で実際に売れるまでに時間がかかるため、即金性の観点ではリサイクルショップに劣ってしまいます。また、売買で発生する手数料もかかる点にも要注意です。

働いて稼いだお金で支払う

アルバイトやパートで働き、そのお金で支払う方法があります。一般的なアルバイト・パートでもお金を稼ぐことはできますが、振り込みが月1回では支払期日に間に合わない可能性もあるでしょう。アルバイトやパートの中には日雇いと呼ばれる単発のものがあり、即日給与が支払われるものもあるため、検討してみても良いかもしれません。

すでにアルバイトやパートをしていて、支払時期にも余裕がある場合は、勤務時間や日数を増やすことも検討してください。勤務先を増やすのもありですが、仕事に慣れている時間も加味すると、今働いているアルバイトやパートの時間を増やしたほうが効率的に稼げるでしょう。あくまでも支払いに余裕がある場合だけですが、無理のない範囲で働いて収入を増やしておくことも検討してください。

お金を借りる

身の回りのものを売る、働いて稼ぐなどの方法をしても足りない場合は、お金を借りることも検討しましょう。大学生の新成人の場合、安定した収入がないことからお金を借りられない可能性もありますが、方法次第では借りられる場合もあります。どのような方法があるのかは次章で解説しています。参考にしてお金の工面方法を理解しておくようにしてください。

成人式の費用を借りる方法はカードローンのみ

成人式の費用を借りる方法として考えられるのは、カードローンです。カードローンとは、銀行や消費者金融が提供しているフリーローンの一種です。一定の継続した収入がある20歳以上の人物であれば利用できます。

成人式の費用として利用する場合、本人が20歳以上であり、成人式までに誕生日を迎えていないと利用できません。逆にいえば、アルバイトなどである程度安定した収入がある20歳以上であれば、大学生でも利用可能です。

カードローンには銀行が取り扱っているものと消費者金融系のものの2種類があります。銀行カードローンは融資実行まで最短1日かかりますが、消費者金融であれば即日で融資ケースもあります。急いでいる場合には有効な手段ですが、返済時の金利が高い点、収入によっては希望した金額を借りられない可能性がある点に注意しましょう。

メリットデメリット
20歳以上で一定以上の継続した収入があれば借りられる消費者金融の場合、最短即日で融資が受けられる
金利が最大年18.0%と高めに設定されている収入によっては希望した金額を借りられない可能性がある

学生がお金を借りられる方法を詳しく知りたい場合は、以下の記事も参考にしてください。

おすすめの消費者金融カードローンはプロミス

カードローンの中でおすすめしたいのが、三井住友銀行の系列である大手消費者金融のプロミスです。

消費者金融のほとんどは最大金利を年18.0%に設定しています。これは保証会社がついていないため、消費者金融側が損をしないための施策ですが、この金利がプロミスは年17.8%となっているのです。年0.2%の差ですが、返済総額にすると大きな違いとなって表れるため、返済の負担を少なくしたい人におすすめです。

また、プロミスには30日間の無利息期間が設定されており、初回借入日の翌日からカウントされます。先に契約だけ済ませておいて、必要なときに借りるという手段を採用しても良いでしょう。

※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

おすすめポイント

  • 金利がほかの大手消費者金融よりも低め
  • 初回借入日の翌日から30日間は無利息
  • 契約後すぐに借りなくても無利子期間が減らない

※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

金利年4.5%~17.8%
審査時間最短3分
融資スピード最短3分※1
web完結可能
無利息期間初回借入日の翌日から30日※2
学生の利用〇(18歳以上の場合)※3

※1.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※2.30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。
※3.申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
成人式の費用を親が出してくれなくても、自分で用意することはできます。身の回り品をリサイクルショップやフリマアプリで売ってもよいでしょう。ただし、高額品が必要です。アルバイトで働いて稼ぐのもよいですが、時間がかかるので、早めに始めましょう。それでも足りない場合は、カードローンで借りることを検討してみてください。

塚越さん

塚越さん

そもそも成人式は必ず参加するもの?

大前提として、成人式は必ず参加しなければならない式典ではありません。GENERAL RESEARCHが発表したアンケート結果では、成人式が必要だと答えた人の割合は、全体の79.8%にとどまることがわかりました。

成人式に関するアンケート調査

※引用:GENERAL RESEARCH「成人式に関するアンケート調査

また、そもそも成人式に参加したという人もアンケート回答者全体の63.0%にとどまっており、参加しない人が一定数いることもわかります。主な不参加の理由としては、面倒というもののほかにも、遠方で参加が難しいなどの理由がありました。

このように、成人式に参加するかどうかは各個人の裁量にゆだねられています。参加しなくても不自然ではないため、特に成人式に思い入れがないのであれば参加しなくても問題はないでしょう。

成人式は振袖を着ないとダメ?

成人式というと、男性はスーツか袴、女性は振袖のイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、成人式には特定のドレスコードはなく、清潔感でマナー違反にならない服装であれば、個人の自由です。そのため女性でもスーツで参加するケースもあります。

ただ、ほかの友人が振袖を着ている中で、自分だけスーツ姿なことにみじめさを感じる人もいるようです。繰り返しになりますが成人式に決まった服装はないため個人の自由ではあるものの、どうしても周囲から浮いてしまうのが嫌だと感じてしまう人もいるでしょう。

難しい問題ですが、自分自身が納得できるのであればスーツでの参加も良いと思われます。振袖が正解というわけでもないため、自分がスーツでも良いと思うのであれば、胸を張ってスーツで成人式に参加してもよいでしょう。

成人式の振袖費用を安く抑える方法

どうしても振袖で成人式に参加したい場合は、振袖レンタルを検討してみてください。

成人式の費用の大部分は衣装代であるため、振袖を購入せずにレンタルにすることで費用を安く抑えられます。「衣装代」の章でも解説しましたが、新しく購入する場合は40万円以上するケースも珍しくなく、レンタルと比較すると2倍以上の差が生じています。成人式終了後の振袖の保管にも手間がかかるため、特別な理由がない限りは購入せずにレンタルすることを第一優先に考えましょう。

また、振袖のレンタルと美容室をセットでレンタルすると費用が高くなる傾向にあります。少しでも費用を節約したいのであれば、振袖レンタルと美容院は別々に予約すると良いかもしれません。特に安い美容室を自分で選択できれば、レンタル店が勧めてくる美容室よりも安価にヘアセットなどができる可能性があります。ほかにも前撮りをしない、小物類を自分で用意するなどの方法も有効です。

振袖レンタルをリーズナブルな価格で行っているお店に予約するのもありですが、人気が高いためすぐに予約が取れなくなってしまう可能性もあります。振袖レンタルの予約は、遅くても成人式の2年前までには動き出して決めておくようにしてください。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
成人式の参加は強制ではありませんが、友人が参加すると参加したくなるので、どうするか自分で決めましょう。成人式にドレスコードはないので、女性は振袖にこだわる必要はありませんが、周りを見ると振袖を着たくなるものです。振袖の費用を抑えたいならば、レンタルを利用して、予約は2年前から検討することをおすすめします。

塚越さん

塚越さん

まとめ

男女で差はあるものの、成人式には準備や当日の衣装も含めて10万円~50万円程度のお金がかかります。振袖を購入するのもひとつの方法ではありますが、振袖レンタルを活用することで費用を大幅に削減できるかもしれません。また、不要なものを削ったり自前で準備できたりするものを取捨選択することで、さらに費用負担を軽くできる可能性もあるでしょう。

基本的には両親や祖父母が支援してくれる成人式の費用でも、家族関係によっては自分で負担しなければならない場合もあります。お金を借りることも選択肢のひとつではありますが、それ以外にもお金を工面できる方法はあります。本記事を参考にして、自分でお金を工面する方法を検討したり、節約する方法を覚えたりして成人式の費用を抑えるよう努めてください。

お金がないの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE