Operated by Ateam Inc.

イーデス

学生が即日でお金を借りるには?バレずに今すぐお金が必要な大学生必見

最終更新日:

学生が即日でお金を借りるには?バレずに今すぐお金が必要な大学生必見
お金を借りる方法
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

サークルの飲み会に合コン、デート代、友達との旅行代等、学生でもお金が必要になるケースは多々あります。

しかし、学業が本業の学生さんの場合、基本的にお金に余裕のある人は多くありません。このため、「お金が足りない・・・」といったケースも少なくはないかと思います。

そこで検討するのが「借入」です。

とはいえ、収入の少ない学生がお金を借りることは可能なのでしょうか?借りられるとしてもどのようなものが必要か、親や友人などにバレないかも気になります。

そこで、今回はそんな学生がお金を借りるというテーマについて徹底解説してきますので、「学生で借入を検討している」という人はぜひお読みください。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

学生でもアルバイトをして安定した収入があればカードローンでお金を借りることができます。但し、20歳以上という年齢制限があるので注意してください。アルバイトの収入では高額なお金は借りられませんが、借りるときにはしっかり返済計画を立て、余裕があればなるべく早く完済するように努めてください。

▼お金を借りる方法をお探しなら、こちらの記事をお役立てください。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

学生がお金を借りる手順

学生さんがお金を借入れするなら、「カードローン」が中心になるかと思います。

カードローンは年収や勤務年数などの特別な申込条件がないことが多く、審査もローンの中ではやさしい傾向にありますので、学生にも人気があります。

消費者金融カードローン

カードローンとは、消費者金融や銀行などの金融機関、ローン会社の「無担保ローン」のことを指します。無担保なので保証人や担保は不要です。

また、「多目的ローン」ですので資金使途が基本自由です。

事業性資金以外なら、基本何にでも利用可能ですので、洋服や靴などの買い物や、生活費、定期の購入代、他社の借り換え・おまとめにも利用できます。

借入方法は、発行される「ローンカード」を利用してATMから借り入れする形や、銀行振込みや店舗の窓口によっても借りることになります。

審査と融資が早いのが特徴

カードローンは審査と融資が非常にスピーディーなのが特徴です。

とくに大手消費者金融カードローンなら、以下のように審査時間は最短30分前後で、即日に借り入れが可能となっています。

カードローン名審査時間融資時間
アコム最短20分※1最短20分※1
アイフル最短18分※2最短18分※2
プロミス最短3分最短3分※3
SMBCモビット10秒簡易審査最短即日※4

※消費者金融の審査時間に関する注意事項:申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※1.審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※2.申込の状況によっては希望にそえない場合があります。
※3.申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。
※4.申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

上記のように大手消費者金融カードローンなら、審査が最短3分~30分と非常に早く、審査通過後は融資可能な時間帯であれば当日中に借りることができます。

特にプロミスなら、最短3分※で融資も可能なので急いでいる方は検討する価値があります。

※申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

ちなみに融資可能な時間帯は、大手消費者金融カードローンの場合ですと以下のようになっています。

カードローン名銀行振込みATM店頭窓口
アコム平日14:30まで基本24時間なし
アイフル基本24時間基本24時間平日18:00まで
プロミス平日14:50まで基本24時間なし
SMBCモビット平日14:50まで基本24時間なし

なお、ATMで即日借りたい場合は、「自動契約機」を利用してカードを発行する必要があります。カードを発行すれば、土日や祝日でも即日融資が受けられます。

↓↓↓ お金を借りたい方の人気記事はこちら ↓↓↓

借り入れまでの手順

借り入れまでの手順は申込方法によっても異なりますし、各社によって若干違います。ただし、おなじ申込方法であれば大きな違いはありません。

そこで、インターネットで申し込みをする場合のイメージを以下に記載しておきましたので、参考にしてください。

  1. STEP.1

    申し込み

  2. STEP.2

    審査~審査結果の通知

  3. STEP.3

    書類提出

  4. STEP.4

    契約

  5. STEP.5

    融資

1. 申し込み

インターネットの場合、パソコンやスマホ等で公式ページにアクセスして申し込みになります。

その後は画面の指示に従って個人情報を入力していきます。

2. 審査~審査結果の通知

申込みが完了しますと審査が開始されます。審査結果の通知は電話かメールになりますが、電話でするという会社が多いです。

審査中には「在籍確認」もあり、申込時に申告した職場に電話があります。

3. 書類提出

無事に審査を通過できましたら、「書類提出」をします。

書類の提出方法は各社によって異なりますが、ネット上からアップしたり、FAXや郵送でしたりするのが一般的です。

4. 契約

最後は契約です。ネット申込みの場合ですと、インターネット上からできることがほとんどです。

5. 融資

契約をすればその後はすぐに利用可能となるケースが多いです。融資は、銀行振込み・窓口で借りる・カードを発行してATMで出金するという形が一般的です。

消費者金融は「総量規制」に注意

消費者金融系のカードローンを利用する場合、注意しなくてはいけないのが「総量規制」です。

総量規制とは、「貸金業者は申込者に対して、年収の3分の1までしか融資してはいけない」という「貸金業法」の法律です。

消費者金融は「貸金業者」ですので、貸金業法で運営され、この総量規制の対象になります。

このため、借り入れは年収の3分の1までとなっており、収入がないと借り入れは不可能です。

たとえば、バイトをしていない人や、専業主婦などは収入がありませんので、借入可能額が0円ということになり、審査に100%通りません。

他社借入が総量規制に影響することもある

総量規制は「他の貸金業者」からの借り入れも影響しますので、すでに他社から借りている場合は要注意です。

他の貸金業者というのは、おもに「消費者金融」・「信販会社」・「クレジットカードのキャッシング枠」です。これらは総量規制の対象となり、年収の3分の1に含まれます。

たとえば、年収が300万円の人がいるとしましょう。
この人が消費者金融のような貸金業者で借り入れできる金額は、年収の3分の1の100万円までとなります。

ただし、すでに別の貸金業者で借りている場合はその金額もカウントされ、年収の3分の1から差引かれます。

仮に50万円の借り入れがあるとすれば、借入上限額の100万円から50万円が引かれ、貸金業者で借りられる金額はあと50万円ということになります。

そのため、新規の貸金業者で借りる場合、設定される限度額は年収の3分の1の100万円が上限ではなく、50万円が上限となるんですね。

こうしたルールがありますので、他の貸金業者で借り入れがある場合は、その分も総量規制にカウントされると知っておく必要があります。

ちなみに銀行カードローンの借り入れについては、総量規制の対象外になります。ただし、利用していると審査に影響し、限度額が少なくなってしまう可能性があります。

▼カードローンの基礎知識について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
学生がお金を借りる方法としては、消費者金融のカードローンがあります。アルバイトで一定の収入があれば審査に通ると思われます。但し、注意しなければならないのが総量規制です。消費者金融からの借入れは年収の3分の1までと法律で決められているので、すでに他から借りている場合は注意してください。

塚越さん

塚越さん

学生でも借りられる消費者金融カードローン

ここからは学生でも借りられる消費者金融カードローンを紹介していきます。
以下のカードローンであれば学生でも問題なく利用が可能です。

カード名申込条件
アコム

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する人で、アコムの基準を満たす人

アイフル満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
プロミス

年齢18歳以上、74歳以下のご本人に安定した収入のある方、当社基準を満たす方※1

SMBCモビット年齢満20歳~74歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)

※1.申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須です。主婦・学生でもアルバイト・パートなど安定した収入がある場合は申込できます。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申し込めません。また、収入が年金のみの方はお申込できません。

カードローンの場合、基本的に特別な条件があるケースは少ないため、学生でも利用できることがほとんどです。

条件は、基本的に「20歳以上で安定収入があること・申込先の審査基準を満たすこと」というものであるケースが多くなっています。

このため、成人していてアルバイト等をしており定期的に収入があり、各社の審査基準を満たせば、学生でも利用をすることができます。

ただし、申込時の年齢が未成年ですと、いくら収入があっても審査には通りません。これは親権者の許可を得てもおなじです。

申込条件で注意しておくのはこの点くらいでOKかと思います。

アコム

アコム
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短20分※最短20分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

おすすめポイント

  • 申込~借入までWEB完結!最短20分で融資可能!※
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人は、最大30日間金利0円!

アイフル

アイフル
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短18分※最短18分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

おすすめポイント

  • WEB完結!最短18分で審査完了!
  • 初めてなら最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

SMBCモビット

SMBCモビット
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円10秒簡易審査最短即日※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめポイント

  • 10秒簡易審査・WEB完結
  • 24時間ネット申し込み可能!
  • 年会費・入会金無料!

学生がお金を借りる際の必要書類

カードローンを利用するための必要な書類は、基本的に「本人確認書類」と「収入証明」の2点です。これは学生の場合でも変りありません。

書類として有効なものは各社によって若干異なることがありますが、大きな違いはありません。

そこで大手消費者金融の「プロミス」を例にして、解説していきます。

本人確認書類

本人確認書類は基本的に必要となります。

一部の銀行カードローンでは、提供元の普通預金口座があれば不要という場合もありますが、そうしたケースは例外です。このため、必要になってくると思って間違いありません。

プロミスの場合ですと、本人確認書類として有効なものは以下となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証※+他1点(例:住民票)

※保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングして提出ください。

なお、上記書類に記載された自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合、現在お住まいの自宅住所が記載された以下のいずれかの書類も1点必要になります。

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

収入証明

収入証明は消費者金融のような貸金業者ですと、以下の条件に当てはまる場合は必要になります。

  • 借入希望額が50万円を超える場合
  • 他の貸金業者の借入額と申込先の借入希望額の合計が100万円を超える場合

銀行カードローンの場合、収入証明が必要なケースは各カードによって異なりますが、大手ですと限度額50万円以上を希望する場合は必要というケースが多いです。

収入証明として有効な書類はプロミスの場合ですと、以下のいずれかになります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書・賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書)

学生の場合ですと、収入源は学業の空き時間にするアルバイトが中心になるかと思いますので、どうしても収入が少なくなります。

そのため、限度額は低めになる可能性が高く、50万円を超えるようなことはほぼありません。

そうしたことから、収入証明が必要になるケースはほとんどないかと思います。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
学生が消費者金融のカードローンを申込む条件として、安定した収入の他に20歳以上という年齢制限があるので要注意です。申込みの際の必要書類では、本人確認書類が重要です。確認書類の運転免許証などの住所が転居して記載が違う場合には公共料金の領収書や住民票の写しが必要になるので注意してください。

塚越さん

塚越さん

学生がバレないでお金を借りるためのコツ

お金を借りることは恥ずかしいことではありませんが、それでも人に知られたくないものです。そのため、多くの人が「内緒で借りたい!」と思っているでしょう。

他人にカードローンの利用が発覚してしまう可能性のあるのは、以下の2つが原因であるケースが多いです。

  • 郵送物
  • 在籍確認時の電話

そこでこの2つにどう対策すべきかを解説していきます。

郵送物への対策

カードローンはその名のとおり、カードを使ってお金を借りるローンです。そのため、申し込みをすると高確率で「ローンカード」が郵送されてきます。

また、カードローン会社によっては利用明細が郵送されてくることもあります。

カードローン会社も差出人名に配慮するなどしているため、この2つが郵送されても中身を開封されない限りは、カードローンを利用していることが発覚する可能性は少ないです。

しかし、可能性が0%というわけではありませんので、「どうしても不安がある・・・」という人もいるかと思います。そうした場合は、次の対策方法をとるのがおすすめです。

自動契約機を利用する

「自動契約機(無人契約機)」を利用すればその場でローンカードが発行されます。そのため、郵送を100%防げます

自動契約機のあるカードローンは有名どころだと、以下の7つになります。

消費者金融カードローンの場合は、カードを発行できた時点で審査が完了していますので、すぐにお金を借りることができます。

しかし、銀行カードローンに関しては、申し込んですぐにカードを受け取れますが「審査はまだ終わっていない」状態です。そのため、申し込んだその場でカードを受け取れても借り入れ自体はまだできません。

つまり、審査が完了する翌営業日以降、審査に通っていれば利用できるようになります。

消費者金融カードローンと銀行カードローンはどちらも、自動契約機があれば郵送物を防ぐことができます。しかし、上述のように「融資までにかかる時間」に大きな差がありますので注意しましょう。

バレないカードローンについては、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

カードレスで利用できるカードローンを選ぶ

カードローン会社の中には、「カードレス」で利用できるサービスを展開しているところがあります。

たとえば、プロミスの「WEB完結」やアイフルの「アプリローン」といった申込方法であれば、カードレスで利用する形になるため、カードの発行自体がありません。

こうした方法を選択すれば、カードの郵送を防止できます。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

WEB明細が利用できるカードローンを選ぶ

利用明細の郵送に関しては、「WEB明細」が利用できるカードローンを選ぶことで解決できます。WEB明細とは、ネット上で利用明細を管理できるサービスです。

大手消費者金融と大手銀行カードローンはこの形が一般的ですので、大手のカードローンを利用するなら、利用明細の郵送に関してはそれほど心配はいらないかと思います。

カードローンでは学生でも在籍確認なしにはできません

カードローンから借入するには、学生であっても在籍確認があります。

学生の場合、ほとんどの人が在籍確認される職場はアルバイト先になるかと思います。

また、在籍確認は審査担当者の個人名でされるのが一般的ですので、カードローン会社からの電話だとはまず分りません。

バイトに電話がかかってくることは稀ですので、「何の電話だったの?」とバイト先の店長や社員に聞かれる可能性があります。そのため、事前に言い訳を準備しておくのがおすすめです。

言い訳といってもシンプルに「クレジットカードを作った」、「ショッピングローンを組んだ」などでOKです。そう言っておけば深く追求されることもないかと思います。

ちなみに、在籍確認がされるのは「申込時に申請した職場のみ」です。学校や専門学校に連絡がいくことはないのでその点は安心してください。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
お金を借りていることを他人に知られるのは恥ずかしいものです。ローンカードなどの郵送物で知られないためには、自動契約機で受け取るか、カードレスでお金を借りると安心です。職場にかかってくる本人確認の電話には、あらかじめクレジットカードを申込んだと周りの同僚に伝えておくとよいでしょう。

塚越さん

塚越さん

まとめ

学生がお金を借りるなら「カードローン」が中心になるかと思います。

カードローンは年収や勤務年数などの特別な申込条件もないケースが多く、審査もローンの中では比較的やさしいため、アルバイト収入のみの学生でも利用できる可能性があります。

必要な書類も基本的に「本人確認書類」と「収入証明」の2点のみですので、申込の手間もかかりません。

他人に借入の事実が発覚しないように会社側も配慮してくれていますし、こちらで対策を立てればさらにその可能性を低くすることも可能です。

▼学生でも借りられるカードローンについて知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

お金を借りる方法の関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE