Operated by Ateam Inc.

イーデス

楽天カードの海外旅行傷害保険がよくわかる!内容を徹底解説

最終更新日:

楽天カードの海外旅行傷害保険がよくわかる!内容を徹底解説
クレジットカードの保険
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

楽天カードは年会費無料・ポイント還元率常時1%と、他のクレジットカードに比べてお得な点が多いクレジットカードです。

年会費無料ながら、海外旅行傷害保険も付帯されています

楽天カードを持っている人や作ることを検討している人であれば、

などについて知りたくありませんか?

今回は楽天カードを持っていると海外での万が一のけがや病気、盗難でどこまで補償されるのかを徹底解説します。

また、楽天カードの種類ごとの旅行保険内容の違い他のカードとの比較などについてもご紹介します。

この記事を理解することで、自分が楽天カードに入会するべきかどうか判断できるようになるでしょう。

イーデス編集部

あわせて楽天カードユーザーが海外旅行時に気をつけるべきことも知ることができます。

海外旅行保険付きのクレジットカードについては、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

楽天カードの券面
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
  • visa
  • master_card
  • jcb
  • american_express
電子マネー
  • visaTouch
  • edy
発行スピード約1週間~10日前後
追加カード

ETCカード

家族カード

ETCカード発行手数料無料
締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
申し込み条件楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
必要書類

■公的証書(住民票の写しあるいは印鑑登録証明書)の原本いずれか1点か、下記のコピーいずれか2点 ・住民表の写し ・印鑑登録証明書 ・運転免許証 ・個人番号カード ・在留カード ・健康保険証 ・パスポート(日本政府発行)

注目ポイント

  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天市場のお買い物はいつでもポイント3倍!
    ※特典進呈には上限や条件があります
  • 電子マネー「Edy」搭載カード
  • トラブルに対応したあんしん機能が充実
公式サイトへ

    気になる内容をタップ

    各楽天カードの海外旅行傷害保険の基本内容

    楽天カードには、年会費無料のスタンダードな楽天カードのほかに楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードがあり、それぞれ付帯している旅行傷害保険の内容が異なります。

    この章では、

    などについて解説していきます。

    新井智美

    新井智美 / トータルマネーコンサルタント

    年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、そのときの経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』というスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

    【専門家の解説】

    クレジットカードに付帯している補償を比較する際には、それが「利用付帯」なのか「自動付帯」なのかということです。
    利用付帯の場合は、事前に旅行代金や商品代などをそのクレジットカードで支払っていないと補償を受けることはできません。

    また、補償の範囲(本人のみ、あるいは同伴者も含まれる)もしっかりと確認しておきましょう。
    楽天カードの場合は家族カードを持っていることが条件ですので、注意が必要です。

    海外旅行傷害保険の補償内容

    楽天カード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードの海外旅行傷害保険は、下記のような内容になっています。

    保険の種類楽天カード楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード
    付帯条件利用付帯利用付帯自動付帯
    傷害死亡・後遺障害2,000万円2,000万円5,000万円
    傷害治療費用200万円200万円300万円
    疾病治療費用200万円200万円300万円

    賠償責任

    (自己負担額なし)

    3,000万円3,000万円3,000万円
    救援者費用200万円200万円200万円
    携行品損害なし

    20万円

    (自己負担額3,000円)

    50万円

    (自己負担額3,000円)

    まず保険には、自動付帯と利用付帯の2種類があります。

    • 自動付帯
      クレジットカードを所有しているだけで保険適用となる
    • 利用付帯
      出国前に募集型企画旅行に該当する旅行代金を楽天カード決済にした場合のみ適用となる

    自動付帯であればカードを持っているだけで有効ですが、利用付帯の海外旅行傷害保険を有効とするには、出発前にツアー代金を楽天カードで支払うことが必要です

    確認すべきは最大補償額ではなく傷害治療・疾病治療・携行品損害

    旅行傷害保険の内容をチェックするときに大切なのは、最大補償額よりも、傷害治療・疾病治療・携行品損害の補償額と対象内容です。

    最大補償額である傷害死亡・後遺障害よりも、傷害治療・疾病治療・携行品損害の補償を利用する可能性が高いのがその理由。

    また、アメリカなど海外で病院にかかると日本の健康保険が適用されないため、医療費が数百万円になってしまう場合もあります

    なお、保険によっては対象となる携行品の内容に違いがあるので注意しましょう。

    年会費無料の楽天カードの海外旅行保険

    年会費無料の楽天カードの海外旅行傷害保険は全て利用付帯です

    日本を出国する前に、ツアー代金を楽天カードで支払うことで、海外旅行傷害保険が付帯されます。

    傷害治療・疾病治療は200万円まで補償されるので、海外旅行に行くのが年に1回程度という人にとっては十分な補償内容です。

    楽天カードの券面
    年会費初年度:無料
    2年目以降:無料
    ポイント還元率1.0%~3.0%
    国際ブランド
    • visa
    • master_card
    • jcb
    • american_express
    電子マネー
    • visaTouch
    • edy
    発行スピード約1週間~10日前後
    追加カード

    ETCカード

    家族カード

    ETCカード発行手数料無料
    締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
    申し込み条件楽天会員に登録済み、満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
    必要書類

    ■公的証書(住民票の写しあるいは印鑑登録証明書)の原本いずれか1点か、下記のコピーいずれか2点 ・住民表の写し ・印鑑登録証明書 ・運転免許証 ・個人番号カード ・在留カード ・健康保険証 ・パスポート(日本政府発行)

    注目ポイント

    • 楽天ポイントがザクザク貯まる
    • 楽天市場のお買い物はいつでもポイント3倍!
      ※特典進呈には上限や条件があります
    • 電子マネー「Edy」搭載カード
    • トラブルに対応したあんしん機能が充実
    公式サイトへ

      楽天ゴールドカードの海外旅行保険

      楽天ゴールドカードは年会費2,200円(税込)です。

      そして、楽天ゴールドカードの海外旅行傷害保険の内容は携行品損害の20万円以外、年会費無料の楽天カードと同じ内容です。

      ただし、楽天ゴールドカードを持っていると国内ほとんどの空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港を利用できます。

      ラウンジを利用する機会がある人であれば、楽天ゴールドカードにするメリットがあるでしょう。

      楽天ゴールドカードの券面
      年会費初年度:2,200円(税込)
      2年目以降:2,200円(税込)
      ポイント還元率1.0%~3.0%
      国際ブランド
      • visa
      • master_card
      • jcb
      電子マネー
      • edy
      発行スピード最短約1週間
      追加カード

      ETCカード

      家族カード

      ETCカード発行手数料無料
      締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日
      申し込み条件原則として20歳以上の安定収入のある方(楽天ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。)
      必要書類

      本人確認書類のコピーいずれか2点 住民表の写し・印鑑登録証明書・運転免許証・個人番号カード・在留カード・健康保険証・パスポート(日本政府発行)

      注目ポイント

      • 楽天グループ利用でボーナスポイント発生
      • 国内空港ラウンジが年2回無料で利用可能
      • 充実したポイント制度でいつでも3倍
      • 最高2000万円の海外旅行傷害保険
      • 楽天ETCカードの年会費永年無料
      公式サイトへ

        楽天プレミアムカードの海外旅行保険

        楽天プレミアムカードの海外旅行傷害保険は基本的には自動付帯で、補償項目ごとの最大補償額も楽天カードや楽天ゴールドカードより高額になっています。

        楽天プレミアムカードの券面
        年会費初年度:11,000円(税込)
        2年目以降:11,000円(税込)
        ポイント還元率1.0%~3.0%
        国際ブランド
        • visa
        • master_card
        • jcb
        • american_express
        電子マネー
        • edy
        発行スピード7営業日程度
        追加カード

        ETCカード

        家族カード

        ETCカード発行手数料無料
        締め日・支払日締め日:毎月末日・支払日:翌月27日
        申し込み条件原則として20歳以上の安定収入のある方
        必要書類

        ■公的証書(住民票の写しあるいは印鑑登録証明書)の原本いずれか1点か、下記のコピーいずれか2点 ・住民表の写し ・印鑑登録証明書 ・運転免許証 ・個人番号カード ・在留カード ・健康保険証 ・パスポート(日本政府発行)

        注目ポイント

        • 世界各国の空港ラウンジ利用ができるプライオリティ・パス無料!
        • 海外・国内旅行保険が自動付帯!
        • 楽天ETCカード年会費無料!
        • 誕生日月には楽天市場のお買い物がポイント4倍!
        公式サイトへ

          楽天カードや楽天ゴールドカードと違って、楽天プレミアムカードは「自動付帯」という条件です。カードで旅行代金を支払っていなくても、持っているだけで補償されます。

          さらに傷害死亡・後遺障害と携行品損害に関しては、日本を出国する前にツアー代金を楽天プレミアムカードで支払うことで、利用付帯の補償分が追加されて最大補償額が上がります。

          カードの年会費が11,000円(税込)かかる分、旅行傷害保険は手厚い内容になっています。

          保険が有効となる条件

          楽天カードと楽天ゴールドカードの場合、利用付帯である海外旅行傷害保険を有効とするためには、出発前にツアー代金を楽天カードで支払うことが必要です

          対象となる料金出国前の募集型企画旅行に該当する海外航空券・海外ツアー代金の一部または全部
          対象外の料金募集型企画旅行に含まれない海外ツアー、国内・海外宿泊料金、空港利用税

          補償対象期間については、日本出国日前日の午前0時から日本入国日翌日の午後12時(24時)までの間。出発から3か月後の午後12時までを限度に補償されるため、海外短期留学の場合も3か月を限度に補償されます。

          一部のツアーではクレジットカードでの支払いに対応していない場合もありますし、手配旅行は対象外となりますのでご注意ください。

          一方、自動付帯の楽天プレミアムカードは、所有しているだけで海外旅行傷害保険が有効になります

          同伴者の適用条件

          利用付帯となる楽天カードと楽天ゴールドカードについては、海外旅行傷害保険が利用付帯の楽天カードを持っている場合、同伴者にも海外旅行傷害保険が適用される場合があります。

          利用付帯:楽天カードと楽天ゴールドカードの場合
          海外旅行傷害保険が適用される人
          家族分の旅行代金をまとめて支払った場合
          • 楽天カードで支払った本人
          • 支払いに使用した楽天カードに紐づく家族カードを持っている人
          楽天カード会員同士が同伴する海外旅行代金を1人がまとめて支払った場合
          • 楽天カードで支払った本人
          • 楽天カードを持っている同伴者全員

          ※全員が同じ種類の楽天カードを持っていることが条件です。

          家族カードを持っていない家族に旅行傷害保険が付かないのは少し不便です

          しかし楽天カードを持っている人に関しては、旅行代金のまとめ払いをすると家族でなくても全員分の旅行傷害保険が付きます。

          わざわざ旅行代金を旅行保険のために別々に支払うなどの手間がかからず、手続きが非常に楽です

          なお、楽天プレミアムカードに関しては自動付帯となっている一方、同伴者の適用条件については提示されておりません。

          楽天プレミアムカードの条件については個別に問い合わせてみてください。

          海外旅行に行く前に準備すべきこと

          楽天カードを持っている人が、海外旅行に行く前に準備しておいた方がいい内容についてもここで紹介しましょう。

          • 保険が有効となる条件のチェック
          • 補償内容と保険金額、保険対象者、補償対象期間のチェック
          • 保険請求の流れ
          • 保険金請求に必要な書類のチェック(事故証明書、病院の診断書、治療費明細書および領収書、損害証明書など)
          • 保険ガイドのダウンロード
          • 付保証明書の発行(留学・ワーキングホリデー・世界の一部の国での入国時などに必要)
          • 渡航先からの相談窓口電話番号の確認

          特に海外旅行先でのトラブルに多い、スリ・盗難の被害にあった場合に必要となる携行品損害の保険請求の流れについては、必ず確認しておいた方がいいでしょう。

          なお、どのようなものが必要になるのかは、公式サイトに詳細が記載されています。

          このように、保険金請求が必要な場合に備えて準備をしておくことで、トラブルがあってもスムーズに対処可能です。

          この章では、楽天カードの海外旅行傷害保険の基本的な内容について解説してきました。

          スタンダードな楽天カードでも、海外旅行のトラブルで遭遇する率が比較的高い傷害治療・疾病治療が、利用付帯で200万円となっているので、1年に1回程度海外に出かける人であれば十分な補償内容といえるでしょう。

          次の章では、楽天カードと他のクレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険について比較していきます。

          楽天カードを他のクレジットカードの保険内容と比較

          この章では、同じく年会費無料の楽天カードとエポスカードに付帯している海外旅行傷害保険を比較していきます。

          楽天カードの海外旅行傷害保険が、他のカードと比べてどのようなメリットがあるのかもあわせてみていきます。

          楽天カードとエポスカードの比較表

          楽天カードとエポスカードの海外旅行傷害保険の最大補償額を比較すると下記のようになります。

          保険の種類楽天カードエポスカード
          年会費無料無料
          付帯条件利用付帯利用付帯
          傷害死亡・後遺障害2,000万円3,000万円
          傷害治療費用200万円200万円
          疾病治療費用200万円270万円
          賠償責任(免責なし)3,000万円3,000万円
          救援者費用200万円100万円
          携行品損害なし20万円
          (免責3,000円、
          1個・1組・1対あたり10万円限度)
          家族カード同じ補償内容家族カードなし

          エポスカードの券面
          年会費初年度:無料
          2年目以降:無料
          ポイント還元率0.5~1.0%
          国際ブランド
          • visa
          電子マネー
          • visaTouch
          • applePay
          • googlePay
          • quicpay
          • suica
          • edy
          発行スピードネット申し込みで最短即日(※)
          追加カード

          ETCカード

          ETCカード発行手数料無料
          締め日・支払日締め日:毎月4日または27日・支払日:毎月4日または27日 ※支払日によって締め日が異なる
          申し込み条件満18歳以上(高校生を除く)で日本国内に居住されている方
          必要書類

          運転免許証・パスポート・社会保険証・ 国民健康保険証・在留カード・ 特別永住者証明書 など

          注目ポイント

          • 年会費無料で最短即日発行!
          • 10,000店舗の優待でお得!
          • ポイントアップサイトを使えばポイントが最大30倍に!
          • マルイなどで年4回、期間中は何度でも10%オフ
          • タッチ決済にも対応!
          公式サイトへ
          • 1通常発行は約1週間

          エポスカードと比べた楽天カードのメリット

          楽天カードの海外旅行傷害保険には、エポスカードと比べると下記のようなメリットがあります。

          楽天カードのメリット

          • 本会員・家族会員ともに年会費無料
          • 1人の楽天カード会員が同行者分まとめて支払いすると、同行の楽天カード会員や支払いに使ったカードの家族カード会員にも海外旅行傷害保険が付く
          • 年会費無料のカードなのに十分な金額が補償される

          上記の点より、楽天カードはできるだけ少ない負担で十分な補償額のある海外旅行傷害保険を手に入れたい人におすすめです。

          次の章では、楽天カードの海外旅行傷害保険の注意点を解説していきます。しっかり理解しておきましょう。

          楽天カードの海外旅行傷害保険の注意点

          楽天カードの海外旅行傷害保険には下記のような注意点があるため、必要に応じて対策を取るのがおすすめです。

          楽天カードの海外旅行傷害保険の注意点

          それぞれの内容について、詳しく解説していきます。

          新井智美

          新井智美 / トータルマネーコンサルタント

          年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、そのときの経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』というスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

          【専門家の解説】

          最近では、年会費無料のクレジットカードでも手厚い補償が付帯しているものもあります。
          複数のクレジットカードの補償を組み合わせることで補償内容を手厚くすることもできますので、コストパフォーマンスのよいクレジットカードを保有し、補償内容を充実させることを考えることも大切です。

          楽天カード・楽天ゴールドカードでは利用付帯のみ

          楽天プレミアムカードに付帯している旅行傷害保険には自動付帯の部分もありますが、楽天カードと楽天ゴールドカードに付帯している海外旅行傷害保険は利用付帯です。旅行代金の支払いに使用しないと海外旅行傷害保険は付帯しません。

          せっかく付帯サービスに海外旅行傷害保険が付くのに、支払いで使うのを忘れてしまうと、あらためて入らなければならず、保険料として余計な出費が発生してしまいます。

          保険金限度額では必要費用に足りない可能性がある

          保険金の限度額では、現地での医療費などに足りない可能性もあります。その場合、高額な医療費が自己負担となってしまいます。

          例えば、ハワイのディナークルーズで食事を喉に詰まらせ救急車で搬送され、3日間入院した結果、372万円かかってしまったというような事例も。日本の健康保険の範囲外で病院にかかると、想定もできない巨額となる危険性があるのです。

          なお、複数枚クレジットカードを持っていれば、傷害死亡・後遺障害以外の補償額はそれぞれの最高補償額が合算された金額が保証の上限になります

          年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯のカードなどと組み合わせて持つことで、補償額が上がるのでおすすめです。

          まとめ

          今回は、楽天カードの海外旅行傷害保険について解説してきました。ポイントをおさらいします。

          楽天カードの海外旅行傷害保険まとめ

          1. 楽天カード・楽天ゴールドカードの海外旅行傷害保険は利用付帯で同じ内容最大2,000万円補償
          2. 楽天プレミアムカードの海外旅行傷害保険は最大5,000万円補償
          3. 支払いに利用したカードの家族カードを持っている同伴者にも保険適用される
          4. 1人が旅行代金をまとめ払いしても同行の同じ種類の楽天カード保有の楽天カード会員にも保険適用される
          5. 渡航前の準備として渡航先からの相談窓口電話番号を確認しておく
          6. 傷害死亡・後遺障害以外の補償額は他のカードの補償額と合算可能

          楽天カードは、比較的海外旅行傷害保険の補償が充実しているカードです。年に1回程度海外に行く人であれば、年会費無料のスタンダードなカードでも十分な補償が付いているといえるのではないでしょうか。

          今回の記事を参考にして、自身が楽天カードを作るべきか判断材料にしてみてください。

          イーデス編集部

          楽天カードをすでに持っている人は、海外旅行時に気をつけるべき内容をこの記事でチェックしておいてくださいね。

          クレジットカードの保険の関連記事

          • Facebook
          • x
          • LINE
          クレカ診断はコチラ

          © 2022 Ateam LifeDesign Inc.