楽天カードの海外旅行傷害保険がよくわかる!内容を徹底解説

ナビナビ
おすすめクレジットカード

2022-07-26

楽天カードは年会費無料ポイント還元率常時1%と他のクレジットカードに比べてお得な点が多いクレジットカードです。

年会費無料ですが、海外旅行傷害保険も付帯されています。

楽天カードを持っている人や作ることを検討している人であれば、

などについて知りたくありませんか?

今回は楽天カードを持っていると海外での万が一のけがや病気、盗難でどこまで補償されるのかを徹底解説します。

また、楽天カードの種類ごとの旅行保険内容の違い他のカードとの比較などについてもご紹介します。

この記事を理解することで、自分が楽天カードに入会するべきかどうか判断できるようになります。


くれじい

併せて楽天カードユーザーが海外旅行時に気をつけるべきことも知ることができます。

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

各楽天カードの海外旅行傷害保険の基本内容

ノートパソコンにTravel Insuranceの文字

楽天カードには、年会費無料のスタンダードな楽天カードのほかに楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードがあり、楽天プレミアムカードのみ付帯している旅行傷害保険の内容が異なります。

この章では、

などについて解説していきます。

新井智美

新井智美 / トータルマネーコンサルタント

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

クレジットカードに付帯している補償を比較する際には、それが「利用付帯」なのか「自動付帯」なのかということです。
利用付帯の場合は、事前に旅行代金や商品代などをそのクレジットカードで支払っていないと補償を受けることはできません。

また、補償の範囲(本人のみ、あるいは同伴者も含まれる)もしっかりと確認しておきましょう。
楽天カードの場合は家族カードを持っていることが条件ですので、注意が必要です。

海外旅行傷害保険の補償内容

楽天カード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードの海外旅行傷害保険は、下記のような内容になっています。

保険の種類楽天カード楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード
付帯条件利用付帯利用付帯基本的に自動付帯
一部利用付帯
傷害死亡・後遺障害2,000万円2,000万円自動付帯 4,000万円
+利用付帯 1,000万円
傷害治療費用200万円200万円300万円
疾病治療費用200万円200万円300万円
賠償責任2,000万円2,000万円3,000万円
救援者費用200万円200万円200万円
携行品損害
(1個・1組・1対あたり10万円が限度、免責3,000円)
20万円20万円自動付帯 30万円
+利用付帯 20万円

まず保険には、自動付帯と利用付帯の2種類があります。

  • 自動付帯
    クレジットカードを所有しているだけで保険適用となる
  • 利用付帯
    出国前に募集型企画旅行に該当する旅行代金を楽天カード決済にした場合のみ適用となる

自動付帯であればカードを持っているだけで有効ですが、利用付帯の海外旅行傷害保険が有効となるには、出発前にツアー代金を楽天カードで支払うことが必要です。

楽天カード・楽天ゴールドカードは利用付帯で補償内容は同じですが、楽天プレミアムカードは自動付帯されるなど、手厚い内容になっています。

確認すべきは最大補償額ではなく傷害治療、疾病治療、携行品損害

旅行傷害保険の内容をチェックするときに大切なのは、最大補償額よりも、傷害治療・疾病治療・携行品損害の補償額と対象内容です。

最大補償額である傷害死亡・後遺障害よりも、傷害治療・疾病治療・携行品損害の補償は利用する可能性が高いです。

特にアメリカなど海外で病院にかかると日本の健康保険が適用されないため、医療費が数百万円になってしまう場合もあるからです。

また、保険によっては対象となる携行品の内容に違いがあります。

年会費無料の楽天カードの海外旅行保険

年会費無料の楽天カードの海外旅行傷害保険は全て利用付帯です。

日本を出国する前に、ツアー代金を楽天カードで支払うことで、海外旅行傷害保険が付帯されます。

傷害治療・疾病治療は200万円、携行品損害は20万円まで補償されるので、海外旅行に行くのが年に1回程度という人にとっては十分な補償内容です。

楽天カード
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
    visamaster_cardjcbamerican_express
電子マネー
    edy
発行スピード7営業日程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費550円(税込)
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.5%
旅行保険海外旅行保険
ポイント名楽天ポイント

注目ポイント

  • 13年連続顧客満足度 No.1※2021年度日本版顧客満足度指数調査 クレジットカード業種
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天市場のお買い物はいつでもポイント3倍!
    ※特典進呈には上限や条件があります
  • 電子マネー「Edy」搭載カード
  • トラブルに対応したあんしん機能が充実
《入会特典》新規入会&カード利用で5,000ポイントプレゼント!
公式サイトへ

楽天ゴールドカードの海外旅行保険

楽天ゴールドカードの海外旅行傷害保険の内容は、年会費無料の楽天カードと同じ内容です。

楽天ゴールドカードは年会費2,200円(税込)と、年会費がかかるのに同じ補償内容なのは少し残念です。

旅行傷害保険だけを比較すると、ゴールドカードにするメリットはありません。

ただし、楽天ゴールドカードを持っていると国内ほとんどの空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国の仁川国際空港ラウンジを利用できます。

ラウンジを利用する機会がある人であれば、楽天ゴールドカードにするメリットがあります。

楽天ゴールドカード
年会費初年度:2,200円(税込)
2年目以降:2,200円(税込)
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
    visamaster_cardjcb
電子マネー
    edy
発行スピード最短約1週間
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)
旅行保険海外旅行保険
ポイント名楽天ポイント

注目ポイント

  • 楽天グループ利用でボーナスポイント発生
  • 国内空港ラウンジが年2回無料で利用可能
  • 充実したポイント制度でいつでも3倍
  • 最高2000万円の海外旅行傷害保険
  • 楽天ETCカードの年会費永年無料
公式サイトへ

楽天プレミアムカードの海外旅行保険

楽天プレミアムカードの海外旅行傷害保険は基本的には自動付帯で、それぞれの補償項目ごとの最大補償額も楽天カードや楽天ゴールドカードより高額になっています。

楽天プレミアムカード
年会費初年度:11,000円(税込)
2年目以降:11,000円(税込)
ポイント還元率1.0%~5.0%
国際ブランド
    visamaster_cardjcbamerican_express
電子マネー
    edy
発行スピード7営業日程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名楽天ポイント

注目ポイント

  • 世界各国の空港ラウンジ利用ができるプライオリティ・パス無料!
  • 楽天市場のお買い物がポイント5倍!
  • 海外・国内旅行保険が自動付帯!
  • 楽天ETCカード年会費無料!
  • 誕生日月には楽天市場のお買い物がポイント6倍!
公式サイトへ

年会費無料カードやゴールドカードと違って、楽天プレミアムカードは「自動付帯」という条件です。カードで旅行代金を支払っていなくても、持っているだけで補償されます。

さらに傷害死亡・後遺障害と携行品損害に関しては、日本を出国する前にツアー代金を楽天プレミアムカードで支払うことで、利用付帯の補償分が追加されて最大補償額が上がります。

カードの年会費が11,000円(税込)かかる分、旅行傷害保険は手厚い内容になっています。

キャッシュレス診療が使用可能

楽天カード会員は海外のキャッシュレス提携医療機関であればキャッシュレスでの診療を受けることができます。

海外旅行中の病気やケガの補償はもちろん、事故や病気によるハプニングの窓口になってくれます。

具体的には、

  • 医療施設への移送
  • 本国への送還
  • 現地への医師の緊急派遣
  • 医療品類の緊急手配

などの対応をしてくれます。

費用は、海外旅行保険で補償される金額までは保険金として精算されるため、治療費などが保険の保証金額と条件の範囲内であれば、基本的に自己負担はありません。

保険が有効となる条件

まず利用付帯の楽天カードと楽天ゴールドカードの場合、利用付帯の海外旅行傷害保険が有効となるには、出発前にツアー代金を楽天カードで支払うことが必要です。

対象となる料金出国前の募集型企画旅行に該当する海外航空券・海外ツアー代金の一部または全部
対象外の料金自家用車のガソリン代、レンタカー代金、ホテルの宿泊代金、空港利用税、出国後の決済、手配旅行、空港までの電車・バス・タクシー料金

補償対象期間については、日本出国日前日の午前0時から日本入国日翌日の午後12時(24時)までの間。出発から3カ月後の午後12時までを限度に補償されるため、海外短期留学の場合も3カ月を限度に補償されます。

一部のツアーではクレジットカードでの支払いに対応していない場合もありますし、手配旅行は対象外となりますのでご注意ください。

一方、自動付帯の楽天プレミアムカードは、所有しているだけで海外旅行傷害保険が有効になります。

同伴者の適用条件

利用付帯となる楽天カードと楽天ゴールドカードについては、海外旅行傷害保険が利用付帯の楽天カードを持っている場合、同伴者にも海外旅行傷害保険が適用される場合があります。

利用付帯:楽天カードと楽天ゴールドカードの場合
海外旅行傷害保険が適用される人
家族分の旅行代金をまとめて支払った場合
  • 楽天カードで支払った本人
  • 支払いに使用した楽天カードにひもづく家族カードを持っている人
楽天カード会員同士が同伴する海外旅行代金を1人がまとめて支払った場合
  • 楽天カードで支払った本人
  • 楽天カードを持っている同伴者全員

※全員が同じ種類の楽天カードを持っていることが条件です。

家族カードを持っていない家族に旅行傷害保険が付かないのは少し不便です。

しかし楽天カードを持っている人に関しては、旅行代金のまとめ払いをすると家族でなくても全員分の旅行傷害保険が付きます。

わざわざ旅行代金を旅行保険のために別々に支払うなどの手間がかからず、手続きがとても楽です。

また、自動付帯の楽天プレミアムカードは、家族カードを所持している人のみ保険が適用されます。

家族カードは18歳以上でなければ持つことができませんのでご注意ください。

楽天カードの海外旅行保険で保険金を請求する手順

もし、現地でトラブル等にあってしまった場合、実際に保険を申請する方法についての手順を紹介しますので、しっかり確認しておきましょう。

STEP.1

まずは、楽天カード保険デスクに連絡(現地からでもOK)

STEP.2

申請書類を送ってもらう

STEP.3

必要書類を記入する

STEP.4

必要書類を返送

STEP.5

後日指定口座に保険金が入金される

STEP3の必要書類については下記をチェックしてみてください。

  • 治療状況申告書兼同意書:
    見本があるので参考に記入する
  • 保険金請求書:
    見本があるので参考に記入する
  • 領収書(原本):
    治療費、通院にかかった交通費が記載されたもの
  • 診断書:
    既定の書面、もしくは、医療機関による書面どちらかを用意する
  • 外貨交換時のレートがわかるもの:
    →クレジットカード支払いの場合:利用明細書
    →外貨で支払った場合:交換時のレートを証明する書類
  • パスポートのコピー:
    ①顔写真掲載の頁、②出国印の頁の2点
  • クレジットカードの利用を証明する書類(楽天カード・楽天ゴールドカードのみ):
    web明細書のコピーなど

【参考】楽天公式サイト

書類の種類や記入する内容は多いようですが、見本などを参考にすると意外と簡単に用意できるようです。

これまでの基本内容をふまえた上で、もしもの時に落ち着いて対処できるよう旅行前にチェックしておくことを次にまとめてみました。

海外旅行に行く前に準備すべきこと

楽天カードを持っている人が海外旅行に行く前に準備しておいた方がいいことには下記のような点があります。

  • 保険が有効となる条件のチェック
  • 補償内容と保険金額、保険対象者、補償対象期間のチェック
  • 保険請求の流れ
  • 保険金請求に必要な書類のチェック(事故証明書、病院の診断書、治療費明細書および領収書、損害証明書など)
  • 保険ガイドのダウンロード
  • 付保証明書の発行(留学・ワーキングホリデー・世界の一部の国での入国時などに必要)
  • 渡航先からの相談窓口電話番号の確認

特に、海外旅行先でのトラブルに多い、スリ・盗難の被害にあった場合に必要となる携行品損害の保険請求の流れについては必ず確認しておいた方がいいでしょう。

どのようなものが必要になるのか、詳しくは公式サイトに記載があります。

このように、保険金請求が必要な場合に備えて準備をしておくことで、トラブルがあってもスムーズに対処できます。

この章では、楽天カードの海外旅行傷害保険の基本的な内容について解説してきました。

スタンダードな楽天カードでも、海外旅行のトラブルで遭遇する率が比較的高い傷害治療・疾病治療が、利用付帯で200万円、 携行品損害に対する補償が利用付帯で20万円なので、1年に1回程度海外に出かける人であれば十分な補償内容といえるでしょう。

次の章では、楽天カードと他のクレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険について比較していきます。

楽天カードを他のクレジットカードの保険内容と比較

クレジットカードを見せ合う人たち

この章では、同じく年会費無料の楽天カードとエポスカード、年会費がお手頃で最高補償金額が高いセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードに付帯している海外旅行傷害保険を比較していきます。

楽天カードの海外旅行傷害保険が、他のカードと比べてどのようなメリットがあるのかも併せてみていきます。

楽天カードと他のカードの比較表

楽天カードとエポスカード、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの海外旅行傷害保険の最大補償額を比較すると下記のようになります。

保険の種類楽天カードエポスカードセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード
年会費無料無料初年度無料
2年目以降3,300円(税込)
家族カード
初年度無料
2年目以降1,100円(税込)/枚
付帯条件利用付帯自動付帯利用付帯
傷害死亡・後遺障害2,000万円500万円3,000万円
(家族カード1,000万円)
傷害治療費用200万円200万円300万円
疾病治療費用200万円270万円300万円
賠償責任2,000万円2,000万円3,000万円
救援者費用200万円100万円200万円
携行品損害20万円
(免責3,000円)
20万円
(免責3,000円、
1個・1組・1対あたり10万円限度)
20万円
(免責1,000円、
1個・1組・1対あたり10万円限度)
家族カード同じ補償内容家族カードなし死亡・後遺障害の補償額以外は本会員と同じ内容

表にある3つのクレジットカードでは、特に申請する機会が多めの携行品損害の補償額の上限が同じです。

自動付帯する点においてはエポスカードが便利です。

しかし、エポスカードは傷害死亡・後遺障害や救援者費用などの上限が他のカードに比べると低いため、万が一に備える、という点では少し物足りません。

補償内容としては楽天カードやセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードがおすすめです。

他のカードと比べた楽天カードのメリット

楽天カードの海外旅行傷害保険には、他の2つのカードと比べると下記のようなメリットがあります。

楽天カードのメリット

  • 本会員・家族会員ともに年会費無料
  • 1人の楽天カード会員が同行者分まとめて支払いすると同行の楽天カード会員や支払いに使ったカードの家族カード会員にも海外旅行傷害保険がつく
  • 年会費無料のカードなのに十分な金額が補償される

上記の点より、楽天カードはできるだけ少ない負担で十分な補償額のある海外旅行傷害保険を手に入れたい人におすすめです。

次の章では、楽天カードの海外旅行傷害保険の注意点を解説していきます。しっかり理解しておきましょう。

楽天カードの海外旅行傷害保険の注意点

世界地図の上にお札と飛行機と杖をついた人の模型

楽天カードの海外旅行傷害保険には下記のような注意点があるため、必要に応じて対策を取るのがおすすめです。

楽天カードの海外旅行傷害保険の注意点

それぞれの内容について、詳しく解説していきます。

新井智美

新井智美 / トータルマネーコンサルタント

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

最近では、年会費無料のクレジットカードでも手厚い補償が付帯しているものもあります。
複数のクレジットカードの補償を組み合わせることで補償内容を手厚くすることも出来ますので、コストパフォーマンスのよいクレジットカードを保有し、補償内容を充実させることを考えることも大切です。

楽天カード、楽天ゴールドカードでは利用付帯のみ

楽天プレミアムカードに付帯している旅行傷害保険には自動付帯の部分もありますが、楽天カードと楽天ゴールドカードに付帯している海外旅行傷害保険は利用付帯です。旅行代金の支払いに使用しないと海外旅行傷害保険は付帯しません。

せっかく付帯サービスに海外旅行傷害保険が付くのに、支払いで使うのを忘れてしまうと、あらためて入らなければならず、保険料として余計な出費が発生してしまいます。

保険金限度額では必要費用に足りない可能性がある

保険金の限度額では、現地での医療費などに足りない可能性もあります。その場合、高額な医療費が自己負担となってしまいます。

例えば、ハワイのディナークルーズで食事を喉に詰まらせ救急車で搬送され、3日間入院して家族が駆け付けた場合など、372万円かかってしまったような事例もあります。日本の健康保険の範囲外で病院にかかるということは、巨額の医療費がかかるのです。

もし複数枚クレジットカードをもっていれば、傷害死亡・後遺障害以外の補償額はそれぞれの最高補償額が合算された金額が保証の上限になります。

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯のエポスカードなどと組み合わせて持つことで、補償額が上がるのでおすすめです。

レンタル品の盗難は保険対象外

海外用の携帯電話などのレンタル品が盗難されてしまった場合は、楽天カードの旅行傷害保険では補償対象外ですので注意しましょう。

携行品とは、カード会員が所有・携行する身の回りの品のことなので、所有物でないレンタル品は対象外になってしまうからです。

海外に持っていくものをレンタルする際は、有料の盗難補償がある場合が多いので、加入しておくことをおすすめします。

このように、楽天カードの旅行傷害保険は万能ではありませんが、他のカードやサービスと組み合わせたり、サービス内容を旅行前にチェックしておいたりするだけで、目一杯サービスを利用できます。

楽天カード・楽天ゴールドカードは旅行代金の支払いで利用するだけで、楽天プレミアムカードは持っているだけで保険料金を支払わなくても旅行傷害保険が付きます。

サービス内容を把握することで、うまく活用していきましょう。

楽天カード
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
    visamaster_cardjcbamerican_express
電子マネー
    edy
発行スピード7営業日程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費550円(税込)
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.5%
旅行保険海外旅行保険
ポイント名楽天ポイント

注目ポイント

  • 13年連続顧客満足度 No.1※2021年度日本版顧客満足度指数調査 クレジットカード業種
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天市場のお買い物はいつでもポイント3倍!
    ※特典進呈には上限や条件があります
  • 電子マネー「Edy」搭載カード
  • トラブルに対応したあんしん機能が充実
《入会特典》新規入会&カード利用で5,000ポイントプレゼント!
公式サイトへ

楽天ゴールドカード
年会費初年度:2,200円(税込)
2年目以降:2,200円(税込)
ポイント還元率1.0%~3.0%
国際ブランド
    visamaster_cardjcb
電子マネー
    edy
発行スピード最短約1週間
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)
旅行保険海外旅行保険
ポイント名楽天ポイント

注目ポイント

  • 楽天グループ利用でボーナスポイント発生
  • 国内空港ラウンジが年2回無料で利用可能
  • 充実したポイント制度でいつでも3倍
  • 最高2000万円の海外旅行傷害保険
  • 楽天ETCカードの年会費永年無料
公式サイトへ

まとめ

今回は、楽天カードの海外旅行傷害保険について解説してきました。ポイントをおさらいします。

楽天カードの海外旅行傷害保険まとめ

  1. 楽天カード・楽天ゴールドカードの海外旅行傷害保険は利用付帯で同じ内容最大2,000万円補償
  2. 楽天プレミアムカードの海外旅行傷害保険は最大5,000万円補償
  3. 楽天カードの窓口に依頼することでキャッシュレス診療が可能
  4. 支払いに利用したカードの家族カードを持っている同伴者にも保険適用される
  5. 1人が旅行代金をまとめ払いしても同行の同じ種類の楽天カード保有の楽天カード会員にも保険適用される
  6. 渡航前の準備として渡航先からの相談窓口電話番号を確認しておく
  7. 付保証明書(※)が必要な場合は発行しておく
  8. 傷害死亡・後遺障害以外の補償額は他のカードの補償額と合算可能
  9. レンタル品の盗難は補償対象外
    (※)保険に加入していることを証明するもの。国や入国理由によっては必要になることがあります。

楽天カードは、比較的海外旅行傷害保険の補償が充実しているカードです。年に1回程度海外に行く人であれば、年会費無料のスタンダードなカードでも十分な補償が付いているといえるのではないでしょうか。

今回の記事を参考にして、自身が楽天カードを作るべきか判断材料にしてみてください。


くれじい

楽天カードをすでに持っている人は、海外旅行時に気をつけるべき内容をこの記事でチェックしておいてくださいね。

楽天カードの関連記事