エポスのETCカードのメリットとデメリットをわかりやすく解説!

エポスのETCカード最大のメリットはすべて無料で発行できること
エポスカード

2022-06-14

エポスETCカードはエポスカードの追加カードとして発行することができます。

最大のメリットはすべて無料で発行できることです。

  • クレジットカードの年会費が無料
  • 発行手数料が無料
  • ETCカードの年会費が無料

「クレジットカードの年会費が無料なら、ETCカードも無料が当たり前じゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、実はクレジットカードの年会費が無料でも、ETCカードの年会費がかかったり発行手数料がかかることがあります。

エポスETCカードはすべて無料で維持費もかからないため、作る時に心配のない発行しやすいETCカードです。

この記事ではエポスETCカードの「メリットデメリット」、「こんな人におすすめ」を中心に、エポスETCカードの情報をわかりやすく紹介しています。

エポスETCカードを作ろうか悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

エポスカード
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率0.5~1.0%
国際ブランド
    visa
電子マネー
    visaTouchapplePayquicpaysuicaedy
発行スピード最短即日
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

マイレージ還元率(最大)-
旅行保険海外旅行保険
ポイント名エポスポイント

注目ポイント

  • 年会費無料で最短即日発行!
  • 10,000店舗の優待でお得!
  • ポイントアップサイトを使えばポイントが最大30倍に!
  • 年4回、期間中は何度でも10%オフ
  • タッチ決済にも対応!
公式サイトへ
新井智美

新井智美 / トータルマネーコンサルタント

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

エポスETCカードは、ETC利用分もエポスポイントの対象となることから、現在エポスカードを所有しており、有料道路の利用が多い方におすすめです。

ただし、1枚しか発行できない点に注意してください

ETCカードの利用状況は「エポスアプリ」もしくは「ご利用明細Web照会サービス」を利用することで、スマートフォン上でいつでも確認することができます

また、リボ払いへの変更手続きも画面上で行えますので、使いやすさも特徴の一つといえるでしょう。

気をつけたいのは、ETCカードもエポスカードと同様に有効期限があることです。

お手元のエポスカードが更新された際には、新しくETCカードも届いているかを確認するようにしてください。

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

エポスETCカードの概要

ETCカード

まず初めに、エポスETCカードの概要をご紹介します。これでエポスETCカードがどのようなカードなのかが分かるようになります。

エポスETCカードはエポスカードに付帯するETCカード

エポスカードに付帯するETCカードのことを「エポスETCカード」といいます。

あくまでもエポスカードに付帯する「追加カード」として発行するため、エポスETCカード単独で持つことはできません。

エポスETCカードを持つには、エポスカードの発行が必要となります。

エポスカード
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率0.5~1.0%
国際ブランド
    visa
電子マネー
    visaTouchapplePayquicpaysuicaedy
発行スピード最短即日
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

マイレージ還元率(最大)-
旅行保険海外旅行保険
ポイント名エポスポイント

注目ポイント

  • 年会費無料で最短即日発行!
  • 10,000店舗の優待でお得!
  • ポイントアップサイトを使えばポイントが最大30倍に!
  • 年4回、期間中は何度でも10%オフ
  • タッチ決済にも対応!
公式サイトへ

エポスETCカードはエポスカードと一緒に支払請求される

エポスETCカードで支払ったETC通行料金は、エポスカードと一緒に支払請求されます。

ETC通行料金の支払いは1回払いで決済されますが、後から分割払いやリボ払いにすることも可能です。

ポイントについての詳しい解説は、後述する「エポスポイントが貯まる」でご確認いただけます。

申し込める枚数

エポスETCカードは、エポスカード1枚につき1枚まで申し込むことができます。

ETCカードに紐づけされるエポスカードも1人1枚しか作ることができないため、エポスETCカードだけでなくエポスカードも複数枚申し込むことはできません。

他のETCカードであれば、本会員カードが1枚あれば家族全員分の家族カードと、家族カード1枚ごとにETCカードを発行できるものもあります。

どうしても複数枚のETCカードが必要ということであれば、他のETCカードを検討することをおすすめします。

ETCカード発行にかかる日数

エポスETCカードの発行までにかかる日数は約2週間です。

登録されている住所へ送付されるため、入会したときに登録した住所と現住所が違う場合は、住所変更手続きをしてからエポスETCカードを申し込むようにしましょう。

ここまでエポスETCカードの概要についてお伝えしました。続いて、エポスETCカードのメリットをご紹介します。

エポスETCカードのメリット

車の周りで話す若者たち

エポスETCカードには、

  • 年会費が永年無料
  • 発行手数料が無料

という2つのメリットがあります。それぞれのメリットを詳しく解説します。

年会費が永年無料

エポスETCカードは年会費無料で持つことができるETCカードです。

実は、クレジットカードに付帯するETCカードはすべてが無料ではありません。年会費が無料のクレジットカードでもETCカードのみ年会費が550円(税込)かかることがあります。

エポスは通常のエポスカードを選べば、クレジットカードもETCカードも両方の年会費が無料で維持費を気にしなくて良いのがメリットです。

エポスカード
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率0.5~1.0%
国際ブランド
    visa
電子マネー
    visaTouchapplePayquicpaysuicaedy
発行スピード最短即日
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

マイレージ還元率(最大)-
旅行保険海外旅行保険
ポイント名エポスポイント

注目ポイント

  • 年会費無料で最短即日発行!
  • 10,000店舗の優待でお得!
  • ポイントアップサイトを使えばポイントが最大30倍に!
  • 年4回、期間中は何度でも10%オフ
  • タッチ決済にも対応!
公式サイトへ

ステータスの高いエポスゴールドカードとエポスプラチナカードを選んだ場合は年会費がかかります。

  • エポスゴールドカード年会費:5,000円(税込)
  • エポスプラチナカード年会費:30,000円(税込)

エポスゴールドカードについては、以下の方法で年会費を無料にすることも可能です。

  • エポスゴールドカードを年間50万円以上利用すると翌年度以降の年会費が永年無料になる
  • エポスカードを年間50万円以上利用し、インビテーションでゴールドカードに切り替えると入会初年度から年会費永年無料

ゴールドカードならではのお得な特典を無料で受けることができます。ETC通行料金でお得にポイントを貯めたい人はエポスゴールドカードの検討をおすすめします。

新井智美

新井智美 / トータルマネーコンサルタント

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

エポスETCカードの保有を考えるなら、エポスゴールドカードへのランクアップをおすすめします

エポスカードにはないポイントアップサービスが用意されているほか、通常であれば2年間となっているポイントの有効期限が無期限となる点は非常に魅力といえるのではないでしょうか。

発行手数料が無料

エポスETCカードは発行手数料が無料のETCカードです。

実はクレジットカード、ETCカードの年会費が無料でも発行手数料のみかかるETCカードもあります。発行手数料はクレジットカードによって異なりますが、550円(税込)、1,000円(税込)ほどです。

金額は一見大きくなく感じるかもしれませんが、余分なお金がかからないにこしたことはありませんよね。

エポスETCカードは年会費も手数料無料なため、気軽にETCカードを発行できます。

続いて、エポスETCカードを作る前に知っておきたいデメリットを確認しておきましょう。

エポスETCカードのデメリット

困った顔でカードを見る女性

エポスETCカードには、

  • 家族カードが発行できない

という2つのデメリットがありますが、これらのデメリットを回避する方法もあります。

エポスETCカードのデメリットと回避方法を知れば、納得した上で申し込めるようになります。

家族カードが発行できない

エポスカードには家族カードが発行できないというデメリットがあります。

また、エポスカードには以下のような特徴があります。

  • エポスETCカードはエポスクレジットカード1枚につき1枚のみ発行
  • エポスクレジットカードは1人につき1枚のみ発行

そのため、本会員カード1枚で複数枚のETCカードを持つことができないのです。

しかし、ETC車載器が搭載されている車が1台しかないということであれば、エポスETCカードは1枚でも十分対応可能です。

ETCカードを複数枚持つ必要がないという人なら、エポスETCカードのデメリットは大きな問題とはならないでしょう。

ここまでエポスETCカードのデメリットをご紹介しました。

ここまでお伝えしてきたエポスETCカードのメリットとデメリットを踏まえて、最後に「エポスETCカードはこんな人におすすめ」をご紹介します。

これで自分が作るべきカードなのかを判断しやすくなります。

エポスETCカードはこんな人におすすめ

車の中からカードを見せる女性

エポスETCカードは、

  • マルイを良く利用する人
  • 年間50万円以上をカード利用する人

におすすめします。

おすすめする理由をお読みいただき、エポスETCカードをお得に使いましょう!

マルイを良く利用する人

エポスETCカードはマルイを良く利用する人におすすめのカードです。

なぜなら、エポスETCカードに紐づけするエポスクレジットカードには以下のようなお得な特典があるからです。

  • マルイやモディでエポスポイントが貯まる
  • 年に4回開催される「マルコとマルオの7日間」で10%OFF特典が受けられる
  • 貯めたエポスポイントはマルイやマルイ公式通販サイトでポイント支払いができる

マルイを良く利用する人なら、他社のETCカードよりも年会費無料のエポスETCカードが断然お得です。

年間50万円以上をカード利用する人

年間50万円以上をカード利用する人も、エポスETCカードがおすすめです。

なぜなら、年間50万円以上カード利用する人ならエポスゴールドカードを翌年から永年無料で使うことができるからです。

そしてエポスゴールドカードがあれば、

  • エポスポイントの有効期限が無期限になる
  • 選べるポイントアップショップでETC通行料金をポイント3倍にできる
  • 年間50万円以上利用で2,500ポイントプレゼント
  • 国内線と国際線の空港ラウンジを無料で利用できる
  • 海外旅行傷害保険(最高補償額1,000万円)が自動付帯される

という、さらにお得な特典を受けることができます。

エポスゴールドカードの年会費を永年無料にするためには、

  1. 初年度は年会費5,000円を支払ってエポスゴールドカードに新規入会し、入会初年度に50万円以上のカード利用をして2年目以降の年会費を確実に無料にする
  2. 年会費無料のエポスカードVisaを使い続け、エポスカードからインビテーションが届くのを待つ

という2つの方法があります。

1の方法なら、入会初年度に年会費5,000円を支払うことになりますが、年間50万円以上の利用で2年目以降の年会費を確実に無料にすることができます。

2の方法はエポスカードからインビテーションが届くのを待たなければなりません。

インビテーションが届くまでは上記のゴールドカード特典を受けられないため、ポイントをお得に貯められる機会を逃すことになります

インビテーションが届く基準は「年会費無料のエポスカードVisaを1年間で50万円以上利用する」と言われていますが、インビテーションを発行するかどうかはあくまでもカード会社が判断するものです。

入会初年度からエポスETCカードでポイント3倍のお得な特典を受けたい場合は、1の「年会費5,000円を支払ってエポスゴールドカードに入会する」方法をおすすめします。

まとめ

エポスETCカードについて、最後にもう一度おさらいしましょう。

▼ エポスETCカードの概要

  • エポスETCカードはエポスクレジットカードに紐づけて使うことのできるカードである
  • エポスETCカードが手元に届くまで2週間かかる

▼ エポスETCカードのメリット

  • 年会費が無料
  • 発行手数料が無料

▼ エポスETCカードのデメリット

  • 家族カードが発行できない

エポスETCカードは1人1枚しか作れないというデメリットがありますが、家族全員で1枚のETCカードを使える環境であれば特に問題ありません。

またエポスポイントの有効期限は「有効期限延長手続き」や「エポスゴールドカードやエポスプラチナカードへの切り替え」で無期限にすることが可能です。

これでエポスETCカードに入会しようか迷っている人が、エポスETCカードのメリットやデメリットを知り、自分が入会するべきかを判断できるようになります。

特に、年間50万円以上カード利用する人やマルイを良く利用する人におすすめです。

エポスカード
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率0.5~1.0%
国際ブランド
    visa
電子マネー
    visaTouchapplePayquicpaysuicaedy
発行スピード最短即日
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

マイレージ還元率(最大)-
旅行保険海外旅行保険
ポイント名エポスポイント

注目ポイント

  • 年会費無料で最短即日発行!
  • 10,000店舗の優待でお得!
  • ポイントアップサイトを使えばポイントが最大30倍に!
  • 年4回、期間中は何度でも10%オフ
  • タッチ決済にも対応!
公式サイトへ

エポスカードの関連記事