海外旅行保険付きおすすめクレジットカード9枚をご紹介!難しい保険の内容も易しく解説

海外旅行保険付きクレジットカードを選ぶ際の注意点
海外でクレジットカードを使う

2022-06-14

「旅行や出張のたびに保険会社の保険に加入するのは億劫…」

という人には、クレジットカードに付帯する海外旅行保険が便利でおすすめです。

補償内容の充実した海外旅行保険を付帯するクレジットカードを1枚持っていれば、別途保険に加入する必要はありません。

しかし、「海外旅行保険」として十分な内容なのかを判断するには、約款を丁寧に確認しなければなりません。補償額は充分なのか、自動付帯なのか、家族も補償対象なのか…。

補償内容が充分そうに見えても、条件によって補償金額が変わったり補償してもらえなかったりする場合があります。

そこで本記事では、海外旅行保険として十分な機能を持つおすすめクレジットカードを厳選しました。補償内容など基礎知識とともに紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

伊藤亮太

伊藤亮太 / ファイナンシャルプランナー

皆様にとって真に必要なライフプランニングの設計、資産運用相談を承っております。中立的な立場から、ご相談に応じます。砂金取りという趣味も実益をかねて実践中です。詳しくはZIPANNINGで検索を。
【専門家の解説】

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は、どれも同じというわけではありません。

まず確認したいのが、補償金額です。
同じゴールドカードでもカードによって補償金額は異なります
そのため、ご自身にとってどのぐらいの補償を得たいのか考えてください。
また、どのような補償を得たいのかも確認が必要です。

次に、利用付帯自動付帯か。

自動付帯であればよいですが、利用付帯の場合にはカードを利用して旅行代金を支払っているのが前提です。注意してください。

いざ海外旅行保険を適用したいときに、調べてみたら適用されないことがわかった。
これでは意味がありません。
そのため、どういった場合に適用できるのか、補償条件はあらかじめ確認しておく必要があります。

また、家族会員も対象となるのかどうかも確認しましょう。
もし補償が不足する場合には別途海外旅行保険に加入することも検討すべきかもしれません。
クレジットカードの補償だけで大丈夫>かどうか、条件や補償金額をしっかり確認してくださいね。

年会費が無料もしくは格安で、ある程度の海外旅行保険の補償がつくものを選ぶのか、まとまった補償がつくかわりに年会費がある程度かかるものを選ぶのか、どちらがご自身にとってメリットがあるか検討してくださいね。

伊藤 亮太さん
伊藤 亮太さん

スキラージャパン株式会社 取締役
スキラージャパン株式会社

慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。
2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。

岩田昭男さん
岩田昭男さん

消費生活ジャーナリスト
株式会社岩田昭男事務所

1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

主力はクレジットカード&電子マネーの研究で、すでに30年間に渡って業界の定点観測をしている。

主な著書としては、

「Suica一人勝ちの秘密」(中経出版・現カドカワ)
「信用格差社会」(東洋経済新報社)
「信用偏差値」(文春新書)
「クレジットカード・サバイバル戦争」(ダイヤモンド社)
「ドコモが銀行になる日」(PHP)
「キャッシュレス覇権戦争」(NHK出版)
また、クレジットカードのムックも50冊以上監修しキャッシュレスの生き字引として情報発信を続けている。

ウエブは、「岩田昭男の上級カード道場」、まぐまぐでメルマガを毎月二回発行。

2021年からYouTubeチャンネル「岩田昭男のキャッシュレス道場」オープン。

趣味は「猫」と「キートン」

目次

海外旅行保険の有無や内容はカードによって異なる

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険は、旅行好きや出張の多いカードユーザーには重視してほしいサービスのひとつです。

慣れない旅先ではどんなトラブルが待ち受けているか分からないものです。

また、カードに付帯する海外旅行保険の、

などはクレジットカードによって異なるため、クレジットカードを選択する際には細かくチェックしたいポイントとなっています。

下位ランクのカードは海外保険が付帯しないもの・補償額の低いものが多い

クレジットカードに付帯する旅行傷害保険は別途保険料がかかるものではなく、無料で利用可能です。

反対に言うと、カード会社は保険料を捻出しなければなりません。

その主な原資は、

  • カード会員が支払う年会費
  • 旅行代金のカード決済手数料

などです。

そのため、一般的には年会費の額によって保険内容が変わります。

上位カードと下位カードでは保険内容に大きな差があることも珍しくありませんし、年会費無料もある下位カードでは海外旅行保険が付帯しないものが多くなります。

例:「三井住友が発行するカード」の場合

  • 年会費が11,000円(税込)、ゴールドカードの「三井住友ゴールドカード
    最高5,000万円の海外旅行保険が付帯。
  • 年会費条件付き無料、一般カードの「三井住友カード」
    最高2,000万円の海外旅行保険が付帯。
  • 年会費条件付き無料、学生向けカードの「三井住友デビュープラスカード」
    →海外旅行保険は付帯なし

同ランクのカードでも付帯内容はカードによって差がある

下位カードよりも海外旅行保険の内容が充実している上位ランクのカードですが、同ランクであれば補償内容も全く同じというわけではありません

カードによって金額や補償条件に差があるため、細かい内容までしっかりとチェックしておきましょう。

例えば同じ「ゴールドカード」の場合

JCBゴールドカードの年会費は11,000円(税込)でネット入会なら初年度無料になっており、三井住友ゴールドカードと同じといえます。

ただし、三井住友ゴールドカードには翌年度以降も年会費の優遇を受けられる仕組みがあります。

付帯条件が利用付帯のカードと自動付帯のカードがある

海外旅行保険付きのクレジットカードを選ぶ際、付帯の有無の次に着目すべきは付帯条件が、

  • 自動付帯
  • 利用付帯

のどちらであるかという点です。

もし利用付帯のカードを選んだ場合、カード自体のサービスとしては海外旅行保険が付帯しているにもかかわらず実際には補償が受けられないケースがあります。

基本的には、自動付帯のクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

カード会員なら無条件で適用されるのが自動付帯

自動付帯は、カードユーザーであれば何もしなくても海外旅行時に保険が付帯します。

もちろん、事故の発生状況などの補償条件を満たす必要はありますが、カードを全く使っていなくとも、持ってさえいればいざというタイミングで補償を受けることができます。

カードによっては自動付帯で補償される額に利用付帯分が上乗せになるものもあります。

クレジットカード決済が付帯条件となるのが利用付帯

利用付帯は文字通り、カードを利用することを条件として保険が付帯という仕組みです。

「旅行代金を事前に当該カードで決済する」などの条件を満たす必要があるため、旅行の手配をするときには注意しなければなりません。

次の章では海外旅行保険の主な補償内容について解説します。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険の主な補償項目は6つ

海外旅行保険で補償される内容には主に以下の6つがあります。

主な補償項目補償内容
死亡・後遺障害旅行中の事故で負った怪我が原因で死亡または後遺障害が残った場合の補償
傷害治療費用旅行中の事故で負った怪我が原因で治療や診察を受けた場合の補償
疾病治療費用旅行中に病気を発症したことが原因で治療や診察を受けた場合の補償
救援者費用旅行中に遭難や入院してしまった際、家族が現地に駆け付ける場合の補償
携行品損害旅行中に持ち物が盗難に遭ったり、壊れてしまった場合の補償
賠償責任旅行中に他人に怪我をさせたり他人の物を壊してしまった場合の補償

それぞれどのようなシチュエーションで必要になるものなのか、チェックしていきましょう。

死亡・後遺障害

死亡・後遺障害は、「旅行中の事故で負った怪我が原因で死亡または後遺障害が残った場合の補償」です。

死亡・後遺障害補償が必要となる例

  • 旅行中に交通事故に遭い、全身を強く打ったことにより死亡した
  • 旅行中に転倒してしまい、頭を打ったことにより右半身不随になった

急激かつ偶然発生した外来の事故を対象としており、たとえば事故後180日以内など、死亡や後遺障害発生までの期間が定められています。

また、死亡保険金の場合支払いは一般的に法定相続人に対して行われます。

傷害治療費用

傷害治療費用は、「旅行中の事故で負った怪我が原因で治療や診察を受けた場合の補償」です。

障害治療費用補償が必要となる例

旅行中に交通事故に遭い、腕を骨折したため病院で治療費が発生した

傷害について事故の日から一定期間内に医師の治療を受けて負担した費用が補償されます。

通院にかかる交通費なども含まれる場合があるため、個別の詳細確認が必要です。

疾病治療費用

疾病治療費用は、「旅行中に病気を発症したことが原因で治療や診察を受けた場合の補償」です。

疾病治療費用補償が必要となる例

旅行中に現地で流行していた感染症を発症し、病院で治療費が発生した

海外旅行中に発症した疾病だけでなく、帰国後一定期間内に発症した海外旅行中に原因がある疾病の治療費が補償されます。

補償の中身は傷害治療費と同様で、直接負担しない部分の補償はありません。

救援者費用

救援者費用は、「旅行中に遭難や入院してしまった際、家族が現地に駆け付ける場合の補償」です。

救援車費用補償が必要となる例

旅行中に病気を発症し、3日以上入院することとなったため家族が駆けつけることとなった

海外で急激かつ偶然発生した外来の事故により、

  • 行方不明になった
  • 傷害や病気で死亡した
  • 長期入院が決まった

といったケースで、法定相続人など救援者現地へ向かうのに必要な費用が補償されるというものです。

対象は交通費や滞在費、捜索費用などです。

携行品損害

携行品損害は、「旅行中に持ち物が盗難に遭ったり、壊れてしまった場合の補償」です。

携行品損害補償が必要となる例

  • 旅行中にカメラを落として壊してしまった
  • 旅行中に鞄を盗られてしまった

携行品損害補償では、壊れたり盗難に遭ったものの時価額か修繕費用が補償されます。

ただし、数千円程度の自己負担額が設定されているケースが多い点や、年間の限度額が設けられているケースなどに注意が必要です。

賠償責任

賠償責任は、「旅行中に他人に怪我をさせたり他人の物を壊してしまった場合の補償」です。

賠償責任補償が必要となる例

  • 旅行中に車を運転している際に人を轢いて怪我をさせてしまった
  • 旅行中に宿泊していたホテルの壁を壊してしまった

厳密に言うと、海外旅行中に他人の生命・身体・財産に損害を与え、法的な賠償義務を負ったときに賠償金や弁護士費用などが補償されます。

ただし、賠償責任全般にいえることですが、保険会社が知らないところで賠償額の取り決めをすると補償されない可能性があるため要注意です。

岩田昭男

岩田昭男 / 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。
【専門家の解説】

死亡・後遺障害の保険金額に目を向けてしまいがちですが、利用頻度から考えて重要なのはケガや病気治療費用の補償です。
複数枚のカードがある場合、死亡・後遺障害はその中の最高補償額が適用されますが、ケガ・病気治療費用などは、すべて合算した補償額が限度額になります(例外あり)。
使っていないカードでも自動付帯であれば補償額に加えられます。
利用付帯でも、条件を満たせば適用されます。旅行前に一度どれぐらい補償額があるか、確認しておくといいでしょう。

カード付帯保険だけでは、不十分と感じるときは、必要な補償を買い足せるネット保険(「off!(オフ)」)などで補完するといいでしょう。
そうすれば、カード付帯保険の補償を無駄なく使うことができます。

次の章では、海外旅行保険の主な注意点について解説します。

海外旅行保険付きクレジットカードに関する3つの注意点

クレジットカードに付帯する海外旅行保険については、自分で保険を選んで加入するわけではないため細かい点を知らないままというユーザーも少なくないでしょう。

しかし、いざという時に蓋を開けてみれば自分の持っているカードでは補償されない!なんてことは避けたいですよね。

ここでは、海外旅行保険のクレジットカードを活用するために知っておきたい3つの注意点を解説します。

補償条件は細かく設定されているため事前に確認すること

同じ海外旅行保険が付帯するカードであっても、付帯条件が「利用付帯」と「自動付帯」があるように、補償される条件にもそれぞれ細かな設定があります。

中でも重要なのは、補償期間の部分で、出発から帰国後までどの時点からどの時点までが対象となるかです。

1日あるいは1秒でも違えば補償を受けられなくなるため、事前によくチェックしておきましょう。

家族カード会員の補償額は低いケースがあることに注意

クレジットカードの家族カードは、一般に基本カードよりも年会費が安いことが多いです。

ただ同時に、海外旅行保険の補償額が低いケースもあります。

例えばアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの場合

  • 年会費が31,900円(税込)の基本カード
    最高1億円の海外旅行保険が付帯。
  • 年会費が13,200円(税込)の家族カード
    最高5,000万円の海外旅行保険が付帯。

また、そもそも家族会員は保険の対象外という場合も多いので、家族での海外旅行に備えたい方は「補償の対象が誰なのか」はしっかり確認しておいた方が良いでしょう。

複数の保険があっても補償総額が増えるわけではない

クレジットカードに付帯されているのは一般的な損害保険である旅行傷害保険です。

損害保険は取り決めた保険金額の範囲内で実際の損害を補填するものであり、複数のカードで同種の保険が付帯していたとしても単純に補償総額が増えることはありません

クレジットカード以外の損害保険に加入している場合も同様です。

一般的に複数の保険がある場合は、その中での最高額または合算額を限度額として、実際の損害額を各社各カードで按分する形式となります。

岩田昭男

岩田昭男 / 消費生活ジャーナリスト

日本でのクレジットカードの黎明期から取材を始めてとうとうキャッシュレスの時代までやってきました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ウエアラブル決済など次々と新しいツールが出てきては消えていきますが、これからもその浮沈を見つめつつ上手な利用方法をアドバイスしていきたいと思います。
【専門家の解説】

海外での治療費は、利用者立替えが一般的ですが、付帯保険の中にはキャッシュレスサービスを利用できるものもあります。
保険会社が直接治療費を支払ってくれるため、立替えの必要はなくなります

このように付帯保険ごとに利用できるサービスは随分異なります。
知らなかったばかりに不利益を被ることもあるかもしれません。
海外でトラブルが起こった際には、すぐサポートデスク(海外ホットライン)に報告できるよう連絡先を控えて渡航することが大切です。

次に、海外旅行におすすめできる旅行保険が充実したクレジットカード6選と、特定のホテル利用者におすすめのクレジットカード3選を紹介します。

海外旅行保険が充実したおすすめのクレジットカード6選

数あるクレジットカードの中から、「保険が自動付帯であるか・各補償金額の手厚さ・家族会員が対象であるか」の観点で旅行保険の充実したカードを厳選しました。

に分けて、それぞれ3枚ずつご紹介します。

保険の内容はもちろん、どのカードのスペックがご自身に合っているかという部分にも注目してみて下さいね。

持ちやすさを重視!海外旅行保険の充実した一般カード3選

まずは、出来るだけ年会費をかけずに手軽に持てるカードをお探しの方へ向けて、以下の一般カード3枚をご紹介いたします。

カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
エポスカード
エポスカード
ライフカード「旅行傷害保険付き」
ライフカード「旅行傷害保険付き」
年会費初年度無料
2年目以降3,300円(税込)
※25歳以下は無料
永年無料初年度無料
2年目以降1,375円(税込)
付帯条件利用付帯自動付帯自動付帯
補償対象家族カード会員も対象会員本人のみ対象家族カード会員も対象
障害死亡・後遺障害最高3,000万円最高500万円最高2,000万円
障害治療費用最高300万円最高200万円最高200万円
疾病治療費用最高300万円最高270万円最高200万円
リンク

保険の内容を重視するなら!セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、

  • 初年度年会費無料
  • 2年目以降年会費3,300円(税込)

のクレジットカードです。

また、25歳以下の方であれば2年目以降も年会費無料で持つことが出来ます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度:無料
2年目以降:3,300円(税込)※1
ポイント還元率0.5~1.0%
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePayidquicpay
発行スピード最短3営業日
限度額30〜150万円
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.30%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名永久不滅ポイント

注目ポイント

  • ゴールドカード並みの旅行保険付き!
  • 25歳以下は年会費無料!学生におすすめ!
  • ポイント有効期限なし!
  • 海外での利用でポイント2倍
  • 空港から自宅までの手荷物配送1個無料!
公式サイトへ

※1 25歳以下無料!

主要スペック

保険付帯条件利用付帯
家族カード年会費:1,100円(税込)
海外旅行保険:補償の対象
※4枚まで発行可能
利用可能枠30~150万円
主な特徴
  • 海外での利用時はポイントが2倍
  • 貯めたポイントは有効期限なし
  • 空港から自宅までの手荷物配送1個無料

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 本会員:最高3,000万円
家族会員:最高1,000万円
傷害治療費用 1事故につき最高300万円
疾病治療費用1疾病につき最高300万円
携行品補償 1旅行につき最高30万円
賠償責任 1事故につき最高3,000万円
救援者費用 1旅行につき最高200万円

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、お手頃な年会費で持つことのできる一般カードの中ではトップレベルの補償額を誇るカードです。

補償項目のどれか1つだけが手厚いというわけではなく、各項目バランスよく補償金額が高いため、「とにかくどんなトラブルにも備えておきたい!」という方におすすめの1枚です。

所持コスト0で気軽に持てる!エポスカード

エポスカードは、丸井が発行する年会費永年無料のカードです。

エポスカード
年会費初年度:無料
2年目以降:無料
ポイント還元率0.5~1.0%
国際ブランド
    visa
電子マネー
    visaTouchapplePayquicpaysuicaedy
発行スピード最短即日
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

マイレージ還元率(最大)-
旅行保険海外旅行保険
ポイント名エポスポイント

注目ポイント

  • 年会費無料で最短即日発行!
  • 10,000店舗の優待でお得!
  • ポイントアップサイトを使えばポイントが最大30倍に!
  • 年4回、期間中は何度でも10%オフ
  • タッチ決済にも対応!
公式サイトへ

主要スペック

保険付帯条件自動付帯
家族カード発行なし
利用可能枠公式サイト参照
主な特徴
  • テキスト年に4回マルイで10%OFFイベントが開催される
  • 10,000店舗ある優待店でお特な割引が受けられる
  • 即日発行が可能

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 1事故につき最高200万円
疾病治療費用1疾病につき最高270万円
携行品補償 1旅行につき最高20万円
※1個・1組・1対あたり最高10万円
賠償責任 1事故につき最高2,000万円
救援者費用 1旅行につき最高100万円

エポスカードの強みは、年会費が一切かからないにも関わらず持っているだけで海外旅行保険の補償の対象となる点です。

また、その内容も決して見劣りせず、どんな方でも必要となる可能性の高い「疾病治療費用補償」が最高270万円補償と、むしろ他カードより高額です。

海外旅行保険付きのサブカードを探している方や、海外旅行先での病気に備えておきたい方におすすめのカードです。

家族会員も本会員と同水準の補償内容!ライフカード「旅行傷害保険付き」

ライフカード「旅行傷害保険付き」は、

  • 初年度年会費無料
  • 2年目以降年会費1,375円(税込)

のクレジットカードです。

ライフカード「旅行傷害保険付き」
年会費初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
ポイント還元率0.5%〜1.5%
国際ブランド
    visamaster_cardjcb
電子マネー
    visaTouchapplePaygooglePaysuicananacoedy
発行スピード最短3日
限度額200万円
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.60%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名LIFEサンクスポイント

注目ポイント

  • 誕生月はポイント3倍!
  • ライフカードに強力な旅行傷害保険付き
  • 年50万円利用で次年度ポイント1.3倍
  • 年150万円利用で次年度ポイント2倍
  • 多彩な利用先でポイントが使いやすい
公式サイトへ

主要スペック

保険付帯条件自動付帯
家族カード年会費:440円(税込)
海外旅行保険:補償の対象
※4枚まで発行可能
利用可能枠200万円
主な特徴
  • 年200万円利用で次年度ポイント2倍
  • 海外旅行を日本語でサポートしてくれる「LIFE DESK」
  • L-Mallでの利用でポイント最大25倍

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 本会員:最高2,000万円
家族会員:最高2,000万円
傷害治療費用 1事故につき最高200万円
疾病治療費用1疾病につき最高200万円
携行品補償 1旅行につき最高20万円
賠償責任 1事故につき最高2,000万円
救援者費用 1旅行につき最高200万円

ライフカード「旅行傷害保険付き」も、一般カードの中では珍しく海外旅行保険自動付帯かつ手厚い補償額を備えたカードです。

また、このカードの大きな特徴は、家族会員の方も本会員と同じ金額の補償を受けられる点です。

家族会員の方も補償の対象というカードは他にもありますが、本会員と同水準の補償を受けられるカードは貴重です。

家族旅行によく行かれる方にはぜひ検討してほしい1枚です。

より手厚い内容を重視!海外旅行保険の充実したゴールドカード3選

次に、お手頃さよりもとにかく保険の内容を重視したい!という方へ向けて、以下のゴールドカード3枚をご紹介いたします。  

カード
JCBゴールド
JCBゴールドカード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
三井住友カード ゴールド
三井住友ゴールドカード
年会費初年度無料
2年目以降11,000円(税込)
31,900円(税込)初年度無料
2年目以降11,000円(税込)
付帯条件自動付帯
※一部利用付帯
利用付帯利用付帯
補償対象家族カード会員も対象家族カード会員も対象家族カード会員も対象
障害死亡・後遺障害最高1億円最高1億円最高5000万円
障害治療費用最高300万円最高300万円最高300万円
疾病治療費用最高300万円最高300万円最高300万円
リンク

年会費と補償内容のバランスが強み!JCBゴールドカード

JCBゴールドカードは、日本発の国際ブランドJCBのプロパーカードとして人気の高いゴールドカードです。

JCBゴールド
年会費初年度:無料※1
2年目以降:11,000円(税込)
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短翌日※2
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • JCB最高峰のカードを目指すための登竜門!
  • 【新規入会限定】Amazon利用で最大20,000円キャッシュバック!
  • ゴールドカードなのに翌日発行可能!
  • ハワイや国内空港ラウンジ利用可能!
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険!
\新規入会限定/Amazon.co.jpで利用すると最大20,000円キャッシュバック!
公式サイトへ

※1 オンライン入会申込限定。資料請求での申込、お切り替えの方は対象外。

※2 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください

主要スペック

付帯条件自動付帯
※一部利用付帯
家族カード1,100円(税込) 
※1枚目は無料基本カードが無料なら家族カードも無料
利用可能枠審査によって個別に設定
主要サービス
  • テキスト空港ラウンジ無料利用が可能
  • ゴールド会員専用デスクサービス付き
  • 飲食店の優待が利用可能

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 最高1億円
※自動付帯は5,000万円
傷害治療費用 1事故につき最高300万円
疾病治療費用1事故につき最高300万円
携行品補償 1旅行につき最高50万円
※保険期間中に100万円まで
賠償責任 1事故につき最高1億円
救援者費用 1事故につき最高400万円

年会費11,000円(税込)のカードでありながら最高1億円の補償が付帯しているため、補償額を最重視するユーザーにはお得なカードです。

また、賠償責任の最高額も他のカードと比べて圧倒的です。

海外旅行に便利な特典が豊富!アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは世界的に高いステータスを誇る人気のカードです。

カードランクも他社より1つ上ともいわれており、アメックスのゴールドなら他社のプラチナに相当します。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費初年度:31,900円(税込)
2年目以降:31,900円(税込)
ポイント還元率0.3~1.0%
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePaysuicapasmoedy
発行スピード2週間程度
限度額300万円を限度に個別に設定
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.90%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名メンバーシップリワード

注目ポイント

  • 新規入会者は最大35,000ポイントの獲得が可能!
  • ゴールドカードならではの安心・充実サービス!
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険!
  • 空港VIPラウンジ年会費も無料!
  • 家族カードの年会費も一枚無料!
新規入会&カード利用で最大35,000円ポイントプレゼント!
公式サイトへ

主要スペック

付帯条件利用付帯
家族カード年会費13,200円(税込)
※ただし1枚目は無料
利用可能枠一律の設定はなく個別に対応
主な特徴
    • H.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクが利用可能
    • 手荷物無料宅配サービス付き
    • プライオリティ・パス付帯

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 1事故につき最高300万円
疾病治療費用1事故につき最高300万円
携行品補償 1旅行につき最高50万円
賠償責任 1事故につき最高4,000万円
救援者費用 1旅行につき最高400万円

VISAカードを選びたい場合は!三井住友ゴールドカード

三井住友ゴールドカードには、VISAとMastercard2つの国際ブランドが用意されており、両方を持つことが可能になっています。

また、カード年会費の優遇制度が大きな特徴のカードです。

三井住友カード ゴールド
年会費初年度:無料
2年目以降:11,000円(税込)※
ポイント還元率0.5%~2.5%
国際ブランド
    visamaster_card
電子マネー
    visaTouchapplePaygooglePayidwaon
発行スピード最短翌営業日
限度額50万~200万円
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.5%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名Vポイント

注目ポイント

  • 三井住友カードゴールドがリニューアル!
  • 新規入会で最大8,000円相当プレゼント!
  • Web入会者は初年度年会費無料、翌年度も条件付きで4,400円(税込)に割引!
  • Webなら最短翌営業日で発行!
  • 世界中で使える安心のVISAブランド
《入会特典》最大8,000円相当のポイントプレゼント!
公式サイトへ

※マイ・ペイすリボ登録+年1回以上のリボ払い手数料のお支払いで翌年度以降は半額(カードご利用代金WEBサービスご加入でさらに1,000円引)

主要スペック


付帯条件利用付帯
家族カード1,100円(税込)
※ただし1枚目は無料
利用可能枠50万~200万円
主な特徴
  • 空港ラウンジ無料利用が可能
  • ドクターコール24・ゴールドデスクなどのサポート制度

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 最高5,000万
傷害治療費用 1事故につき最高300万円
疾病治療費用1事故につき最高300万円
携行品補償 1旅行につき最高50万円
※1年に50万円まで
賠償責任 1事故につき最高5,000万円
救援者費用 1旅行につき最高500万円

特定のホテルを利用する人向けクレジットカード3選

ここでは、世界二大ホテルと言われる、「マリオット」と「ヒルトン」系列のホテル利用者必見のカードを紹介します。

マリオット系列のホテル利用者必見!Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードの後継カードとして2022年2月24日から提供開始のカードです。

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードをご利用中の方は、2月24日から自動的にサービスが切り替わり、カード本体は有効期限が切れ次第切り替わります。

マリオット系列のホテルを楽しむサービスが充実したカードで、年会費は49,500円(税込)です。

外資ホテルグループ「マリオット」の系列ホテルで利用すると、特典として様々なVIP待遇を受けることが出来ます。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード お得なキャンペーン実施中!

  • 最大39,000ポイントプレゼント!

    • ご入会後3ヶ月以内に30万円のカードご利用で30,000ポイントプレゼント!
    • 30万円のカード利用で獲得できる利用ポイント9,000ポイントプレゼント!

    【対象期間】2022年4月26日(火)~終了日未定

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
年会費初年度:49,500円(税込)
2年目以降:49,500円(税込)
ポイント還元率3.0%~6.0%
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePay
発行スピード2週間程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)1.0~2.0%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名Marriott Bonvoyポイント

注目ポイント

  • 条件達成で無料宿泊特典プレゼント!
  • Marriott Bonvoy「ゴールドエリート」会員資格が付与される!
  • 家族カードの年会費が1枚無料!
  • 毎年継続のたびに15泊の宿泊実績プレゼント!
  • ポイントを使って宿泊券やマイルに交換可能!
新規入会&カード利用で最大39,000ポイントプレゼント!
公式サイトへ

主要スペック

付帯条件自動付帯
※一部利用付帯
家族カード1枚無料/2枚目以降24,750円(税込)
利用可能枠
主な特徴
  • 入会者にはMarriott Bonvoyのゴールド会員資格が自動付与
  • 更新かつ年間150万円以上の利用で毎年無料宿泊特典プレゼント

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 最高1億円
※自動付帯は5,000万円
傷害治療費用 

1事故につき最高300万円

※自動付帯は200万円

疾病治療費用

1事故につき最高300万円

※自動付帯は200万円

携行品補償 1旅行につき最高50万円
賠償責任 1事故につき最高4,000万円
救援者費用 

1旅行につき最高400万円

※自動付帯は300万円

ヒルトン系列のホテル利用者必見!ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード

2021年3月9日、6年振りにアメリカン・エキスプレス・カードから新登場したクレジットカードです。

年会費は16,500円(税込)です。

ヒルトン系列のホテル優待を受けることのできる、ヒルトン系列のホテル利用者には見逃せない1枚です。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会後3ヶ月以内のカード利用で最大16,000ポイントプレゼント!

    • 入会後3か月以内に30万円のカード利用で10,000ポイントプレゼント
    • 30万円のカードご利用で獲得できる通常ご利用ポイント6,000ポイントプレゼント

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度:16,500円(税込)
2年目以降:16,500円(税込)
ポイント還元率公式サイト参照
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePaysuicaedy
発行スピード2週間程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

マイレージ還元率(最大)
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

注目ポイント

  • ご入会でヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスをご提供!
  • カードご利用&ご継続で1泊宿泊プレゼント!
  • 最短60秒審査がオンライン上で可能!
  • 条件クリアで最大16,000ポイント+無料宿泊券1泊分獲得可能
  • 対象ホテルやレストランで優待が受けられる!
新規入会で最大16,000ポイント
公式サイトへ

主要スペック

付帯条件利用付帯
家族カード6,600円(税込)
※ただし1枚目は無料
利用可能枠公式サイト参照
主な特徴
  • 入会者にはヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが自動付与
  • カード利用&継続で1泊分の宿泊特典プレゼント

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 最高6,000万円
傷害治療費用 1事故につき最高100万円
疾病治療費用1事故につき最高100万円
携行品補償 1旅行につき最高30万円
※1年に100万円まで
賠償責任 1事故につき最高3,000万円
救援者費用 1旅行につき最高200万円

ヒルトン系列愛用者にはグレードアップした1枚も!ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードのスペックを、さらにグレードアップしたクレジットカードです。

年会費は66,000円(税込)です。

ヒルトン系列のホテルでよりお得な優待を受けることができ、年会費無料になる家族カードの枚数が増えるといったメリットも魅力的です。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カード お得なキャンペーン実施中!

  • 新規入会後3ヶ月以内のカード利用で最大39,000ポイントプレゼント!

    • 入会後3か月以内に30万円のカード利用で30,000ポイントプレゼント
    • 30万円のカードご利用で獲得できる通常ご利用ポイント9,000ポイントプレゼント

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カード
年会費初年度:66,000円(税込)
2年目以降:66,000円(税込)
ポイント還元率公式サイト参照
国際ブランド
    american_express
電子マネー
    applePaysuicaedy
発行スピード2週間程度
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

マイレージ還元率(最大)
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

注目ポイント

  • ご入会でヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスをご提供!
  • カードご利用&ご継続で1泊宿泊プレゼント!
  • 最短60秒審査がオンライン上で可能!
  • 条件クリアで最大39,000ポイント+無料宿泊券2泊分獲得可能
  • 対象ホテルやレストランで優待が受けられる!
新規入会で最大39,000ポイント獲得可能
公式サイトへ

主要スペック

付帯条件利用付帯
家族カード13,200円(税込)
※ただし3枚目までは無料
利用可能枠公式サイト参照
主な特徴
  • テキスト合計200万円以上の利用(1月から12月の1年間中)でヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータスを提供
  • カード利用&継続で最大2泊分の宿泊特典プレゼント

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 1事故につき最高300万円
疾病治療費用1事故につき最高300万円
携行品補償 1旅行につき最高50万円
※1年に100万円まで
賠償責任 1事故につき最高4,000万円
救援者費用 1旅行につき最高400万円

まとめ

今回この記事を読んでいただき、海外旅行保険が必要となった際、クレジットカードの付帯保険でも十分補償を受けられることをおわかりいただけたかと思います。

ただし、最高額になるのは条件に沿って旅行代金をカード決済した場合などの注意点もいくつかあるのが事実です。

クレジットカード本来の目的は商品やサービスの代金を決済することであり、海外旅行保険だけを目的としたカード保有がお得かどうかは別に検討する必要があります。

特定カードの海外旅行保険が絶対的に必要という場合は別にして、基本的なスペックやその他のサービスも考慮したトータルでお得なカード選びをしてみてくださいね。

関連記事