カードローンの借り換え先を徹底比較!

カードローンの借り換え比較
カードローンの借り換え

2022-06-14

「カードローンを申し込みしたら思いのほか使いにくかった…」というように、現在利用しているカードローンに対して不満をお持ちではありませんか?

特に、カードローンは使用して初めてその使い勝手が体感できる商品であるため、利用後の不満が出やすいのも特徴です。
したがって、現在利用しているカードローンに不満をお持ちの方は、ぜひ「借り換え」を検討してみましょう。

今回は、カードローンの借り換えに関する比較ポイントを中心に、詳しくお話します。

低金利でおすすめ!


三菱UFJ銀行カードローン

バンクイックの3つの魅力!

最短翌日にお金を借りられる
・毎月の返済額が1,000円~
・通常金利 年1.8%~年14.6%

バンクイックの
公式サイトで申し込む

※申込の曜日、時間帯によっては最短翌日にならない場合があります。

新井 智美 / トータルマネーコンサルタント 代表

【専門家の解説】


急な出費に備えてカードローンの契約をしているにもかかわらず、使い勝手が悪いために利用をためらっているなどという事態は本末転倒です。今後もカードローンの利用を続けようと思っているならば、早めに使い勝手の良いカードローンに借り換えることをおすすめします。ただし、その際には再度審査を受ける必要がある点を忘れてはいけません。転職後や離職後などのタイミングでの借り換えは十分な注意が必要です。

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

カードローンの借り換え先の選び方の比較ポイント

「別のカードローンに借り換えたい」というカードローン利用者の方、非常に多いです。

しかし、カードローンには「おまとめローン」という商品もあり、実際の借り換えがどのようなものか、、また、「おまとめローン」との違いがあまりよくわかっていない方も多いのが実情です。

借り換えとは、より利用条件の良いカードローンへ契約変更することを指します。借り換えする際は、もともと利用していたカードローンを完済解約し、新たにカードローンを契約します。

したがって、借り換えのために新しく利用するカードローンを申し込みする際は、再度カードローン借り換え審査を受ける必要があります。

また、よく借り換えと間違えられやすいのが、「おまとめローン」です。

おまとめローンとは、複数のローン契約を1つの貸金契約にまとめ、返済の効率化を図るものです。

わかりやすく言うと、借り換えは1つの契約を条件の良い1つの契約に変更することを指し、おまとめローンは複数の契約を1つに絞るものを指すと捉えると良いでしょう。

借り換えを行う際に重要なのは、「現在のカードローンのどこが不満なのかを明確化すること」です。

しっかりと不満な点を明確化した上で借り換えを行わなければ、借り換え後も不満が解消されないままになってしまいます。不満を明確化してから、それぞれ比較対象となるポイントに優先順位を付けていきましょう。

例えば、現在のカードローンの金利が高くて不満な場合は、金利の低さを優先するようにします。借り換えする際の比較ポイントは下記を参考にしてください。

カードローンを借り換えする際のポイント
比較ポイント選び方
金利金利は高ければ高いほど利息がかさむため、できる限り低金利なものを選択する
提携ATMの利用可能時間提携ATMの利用可能時間帯はカードローンによって異なるため、
利用可能時間帯があまりにも短いものは利便性が良くない
約定返済額約定返済額とは、返済時に必要となる毎月の固定返済額のこと。
約定返済額はカードローンによってそれぞれ異なり、少ないものもあれば高いものもある。
あまりに約定返済額が高いカードローンは、返済に対してのプレッシャーが強くなる
利用手数料の有無カードローンの借入・返済時には、主に自社ATMや提携ATMを利用するが、
その際に発生する手数料のこと。
カードローンの中には一切利用手数料のかからないものもある。
返済が長期化する場合は手数料がかさんでしまうため、できる限り無料のものを選択する
田自社ATMがあるかどうかカードローン利用時に非常に便利なのが自社ATM。
自社ATMは利用手数料がほとんどかからず、自宅の近隣にあれば非常に便利。
基本的にネットバンクは自社ATMを設置していないので、選択する際は注意が必要
返済手段返済手段もカードローンによって大きく異なる。
銀行振り込みやインターネットバンキングと提携できるものもあれば、
自動引き落としのみの返済に限られるものもある。
申し込み前にしっかりとしたチェックが必要

上記をご覧いただくとわかるように借り換え先を選ぶ際は、カードローンを新規で申し込みする際に優先した項目よりも、実際の使い心地に直結する部分がポイントとなります。

次章では、具体的な借り換え先をFPが厳選し、ランキング方式でご紹介します。

こちらでも消費者金融のおすすめについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考にしてください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
借り換えとおまとめローンは資金使途にも違いがあります。通常の借り換えであれば、資金使途は原則自由ですが、おまとめローンの場合は借入金の返済に限定されているものが多く見られます。また、融資方法も一括自分の口座に振り込まれ、自分でこれまでの借入先に返済する方法と、カードローン会社が自分に代わって返済する方法があります。これらの違いをしっかりと認識しておきましょう。

新井さん

新井さん

FPが銀行カードローンの借り換え先を徹底比較ランキング

「借り換えしたいけど、銀行カードローンの種類が多くてよくわからない…」と思っている方は非常に多いです。

ここでは、FPが借り換え可能な銀行カードローンを厳選し、ランキング形式でご紹介します。


FPがオススメする借り換え先銀行カードローンランキング
順位名称限度額金利
1みずほ銀行カードローン最大800万円年2.0%~年14.0%※1
2三菱UFJ銀行カードローン最大500万円年1.8%~年14.6%
3楽天銀行スーパーローン最大800万円年1.9%~14.5%※2

※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※2.通常金利の場合

それぞれのカードローンの特徴とおすすめする理由に触れていきます。

1.みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、年2.0%~14.0%※の金利となっています。さらにカードローンの利用店で住宅ローンも利用していれば、年0.5%の割引があるのでかなりお得感が感じられるカードローンとなっています。※引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%

みずほ銀行カードローンの大きな特徴は、大手銀行ということで借入に安心感があるということです。

みずほ銀行では、特に借り換え専用というカードローンはありません。したがって限度額までは借入が自由にできます。

また、みずほ銀行カードローンでは利用限度額に応じて適用金利が決まっています。そのためおおよその金利目安が分かるので、借り換えすべきかどうかの判断材料になります。

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年2.0%~年14.0%※-

※住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

おすすめポイント

  • WEB完結申込なら24時間いつでも受付!
  • コンビニATMで借入も返済も可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用できる

2. 三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローンは、年1.8%~14.6%の金利となっています。

銀行カードローン利用者の中でも非常に根強い人気があります。

また、三菱UFJ銀行カードローンでは利用限度額に応じて5段階の適用金利が決まっています。

三菱UFJ銀行カードローン
三菱UFJ銀行カードローン
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円最短翌日最短翌日
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年1.8%~年14.6%-

おすすめポイント

  • 三菱UFJ銀行ATMと提携ATMで手数料が無料
  • 銀行口座を開設しなくても利用可能!
  • 金利年1.8%~14.6%とお得

3. 楽天銀行スーパーローン(カードローン)

楽天銀行スーパーローンは、年1.9%~14.5%(通常金利)の金利となっています。さらにカードローンの審査通過後に契約をすれば、楽天ポイントが1,000ポイントもらえるのでちょっとお得感が感じられるカードローンとなっています。

楽天銀行スーパーローンの大きな特徴は、楽天市場などを経営する銀行ということで借入に安心感があるということ。

楽天銀行では、特に借り換え専用というカードローンはありませんので限度額までは借入が自由にできます。

また、楽天銀行スーパーローンでは利用限度額に応じて適用金利が決まっています。そのためおおよその金利目安が分かるので、借り換えすべきか判断材料になります。

公式サイトへ公式サイトへ

次章は、借り換え申し込みの流れと必要書類に触れていきます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
現在のカードローンの金利に不満がある場合は、消費者金融系のカードローン会社よりも金利の低い銀行系のカードローンへの借り換えがおすすめです。上限金利が消費者金融系のカードローン会社よりも低めに設定されているため、少額の借り入れでも適用される金利を抑えることができます。最終的な借り換え先は、シミュレーションサイトを利用し、同じ額を借りた場合の最終的な総返済額を比較して決めることが大切です。

新井さん

新井さん

カードローン借り換えの申し込みの流れと必要書類は?

借り換えを申し込みする際の主な流れは、

  1. STEP.1

    カードローンの公式ホームページにアクセスする

  2. STEP.2

    新規申し込みボタンをクリック

  3. STEP.3

    必要事項を入力フォームに記入する。
    その際、利用理由もしくは備考欄に「借り換え」と記入する

  4. STEP.4

    審査の実施

  5. STEP.5

    審査回答後、郵送もしくは無人契約機等の手段でローンカードを受け取る

となっています。

注意点として、審査の内容や利用状況によっては、稀に借り換え先の銀行から融資実行後に完済証明書の提出を求められることがあります。

したがって、借り換え元のカードローンを完済した際は、必ず完済証明書を申請して保存しておきましょう。

借り換えを申し込みする際の必要書類は下記のとおりです。

借り換え時の必要書類例
本人確認書類収入証明書類
(指定のものを提出)
※カードローンによって定められた金額以上の融資を受けるときのみ必要となる
運転免許証直近の給与明細や源泉徴収票
健康保険証※1課税証明書
パスポート確定申告書

※1.保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。

上記の書類を事前に用意してから審査を受けることで、スムーズに借り換えを進めることができます。
必ずチェックしておきましょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
カードローンの借り換えで得られるメリットは、金利を抑えることで、利息負担が減り、毎月の返済額の削減に繋げることができる点です。ただし、新規申し込みと同様に審査が必要になる点や、返済方式によっては結果的に返済総額が増える可能性がある点には注意が必要です。借り換えの際には、借り換え先の返済方法についてもしっかりと確認しておきましょう。

新井さん

新井さん

まとめ

借り換えを上手く活用することで、利息負担を大きく減らすことも可能です。
しっかりと借り換え先を比較し、ご自身にピッタリの借り換えローンを選びましょう。

▼カードローンの借り換えについては、更に知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

本記事の監修者について

新井 智美

新井 智美 / トータルマネーコンサルタント 代表

2006年11月卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

カードローンの借り換えの関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら