カードローン借り換え審査を通しやすくする方法を徹底解説!

カードローン借り換え審査
カードローンの借り換え

2022-06-14

「カードローンを利用しているけど、なかなか返済が終わらない…」

支払い金利が良い条件のカードローンだと思ったから選んだのに、イマイチ満足できていない方がとても多いです。

そのような場合は、カードローンを「借り換え」することが最善策となります。

とはいえ、実際はどのカードローンに借り換えすれば良いのか、何に気をつければ良いのかが分かりにくいかも知れません。

迷ったら、今よりも低金利かつ総返済利息を少なくできるカードローンを選ぶこと

それでもやっぱり不安だという方へ、ここではカードローンの借り換え審査について詳しく触れていきます。

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

借り換えの審査は、どうしても厳しくなります。なぜなら、すでにカードローンを利用していて、借入残高があるからです。対策としては、事前に借入残高を減らしておくことが考えられますが、それよりも「借り換え用の金利」があるカードローンを選ぶことが、賢い選択だと考えます。

塚越一央さん
塚越一央さん

ファイナンシャルプランナー
塚越FP社労士事務所

東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行及び銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士及び社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師及び相談員を務める。
また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

経営理念 「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

目次

借り換えの審査基準について


借り換えする際に必ず必要なのは、新規申し込み時と同様の審査を受けることです。

ただし、新規申し込み時の審査よりも審査基準は厳しくなる傾向があります。

なぜかというと、既に「他社の残高」があるからです。したがって、新規申し込み時よりも高い返済能力を求められます。

借り換え審査でもっとも重視されるポイントは、「ちゃんと返済してくれそうな人かどうか」です。

そのポイントを判断するための基準となる項目が以下の項目です。

カードローン借り換え審査の基準項目
項目要点
住居の種類住居の種類とは、現在居住している住居が賃貸なのか、もしくは購入したものなのか、という内容を表しています。
購入住宅は引っ越し等の心配がないことに加え、もしカードローンを返済できなくなった場合でも売却可能な資産があると判断されるため、審査時の評価はプラス評価となります。
住宅ローンの有無住宅を購入している場合、基本的には毎月住宅ローンを返済しています。

したがって、住宅ローンの返済額を加味した上で借り換えの融資額が決定されます。

住宅ローンの毎月返済額が高ければ高いほど、借り換え融資を受けることのできる金額は少なくなります。

年収単純に年収が高ければ高いほど返済能力が高いと判断されます。

したがって、年収が高い人ほど大きな金額の融資を受けることができます。

勤務先の事業規模事業規模の大きな企業ほど安定度が高いと判断されます。

特に、借り換えローンの場合、通常の申し込み時より融資枠が大きくなる傾向があるため、返済の長期化も考えられます。

したがって、企業の安定度が重視される場合が多いです。

職業職業的に収入が安定しているかどうかを判断されます。
雇用形態正社員、契約社員、期間社員、派遣社員、アルバイト・パートの順に評価されます。

特に、借り換えの金額が大きくなればなるほど、雇用形態の安定度が重視される傾向があります。

勤続年数勤続年数は、収入の安定度を判断するための重要な要素となっています。

長ければ長いほど審査時にプラス評価となります。逆に、勤続1年未満の場合、審査時にマイナス評価となることがあります。

過去の返済履歴借り換え審査の場合、過去の返済履歴が特に重要視されます。

個人信用情報に過去の延滞履歴が記載されていた場合、借り換え審査に落ちてしまう確率は高くなります。

他社の借入件数借り入れしている件数が多いほど、借り換え審査に通る確率は低くなります。
他社の借入合計額他社の借入金額が大きければ大きいほど高い返済能力が求められるため、借り換え審査の基準も厳しくなります。

上記の項目を総合的に判断し、借り換え審査の可否が決定されます。

次章は、ここまでの内容を踏まえて「借り換え審査を通りやすくする方法」に触れていきます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
お金を借りた場合、毎月の返済が重要になります。毎月の返済額は、1カ月の収入から支出を差し引いた余裕資金の範囲内で決めてください。そして余裕があれば、どんどん繰り上げ返済をして、早く完済できるように努めてください。

塚越さん

塚越さん

カードローンの借り換え審査を通りやすくする方法

カードローンの借り換え審査を通りやすくするには、以下4つのポイントを押さえておく必要があります。

  • できる限り借入残高を減らしておく
  • 利用限度額ごとに適用金利が明確なカードローンを選ぶ
  • 延滞しない
  • 勤続1年以上経ってから申し込みする

これらのうち一番簡単な方法が、「利用限度額ごとに適用金利が明確なカードローンを選ぶ」ということです。

これはどういうことかというと、あきらかにその金融機関が借り換えに対して前向きであるため、借り入れに対して理解があるということです。

具体的な例を挙げると、みずほ銀行カードローンが該当します。

このカードローンは利用限度額が上がるごとに金利が低くなるように設定されており、利用者が求めやすい状況があります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年2.0%~年14.0%※-

※住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

おすすめポイント

  • WEB完結申込なら24時間いつでも受付!
  • コンビニATMで借入も返済も可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用できる

金利が若干低めのカードローンを選択することで、お得に借り換えを行うことができ、返済にたいして前向きになりやすくなります。
つまり、借り換え審査に通りやすくするには、利用するカードローンの選び方が非常に重要だということです。
次章では、数あるカードローンの中からFPが借り換えカードローンを厳選しご紹介します。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
お金を借りた場合、毎月の返済が重要になります。毎月の返済額は、1カ月の収入から支出を差し引いた余裕資金の範囲内で決めてください。そして余裕があれば、どんどん繰り上げ返済をして、早く完済できるように努めてください。

塚越さん

塚越さん

FPが教える借り換え以外に返済を楽にする方法は?

借り換え以外で返済を楽にする方法は、約定返済額が切り替わるところまでなるべく早く返済することです。

この方法は、カードローンの約定返済額が借入残高によって段階的に設定される仕組みを利用します。

例えば、100万円を借り入れしている場合は20,000円、100万円以下になれば15,000円、というように、約定返済額が切り替わるポイントがあるのです。

その切り替わるポイントまで頑張って返済することができれば、その後の返済は非常に楽になります。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
お金を借りた場合、毎月の返済が重要になります。毎月の返済額は、1カ月の収入から支出を差し引いた余裕資金の範囲内で決めてください。そして余裕があれば、どんどん繰り上げ返済をして、早く完済できるように努めてください。

塚越さん

塚越さん

まとめ

カードローンを借り換えする場合、カードローンの選び方が非常に重要なポイントです。

しっかりとポイントを押さえ、快適なカードローンライフを実現しましょう。

さらにカードローンの借り換えについて詳しく知りたい方は「カードローンの借り換えでおすすめ低金利銀行!絶対に損をしない選び方」も合わせてチェック!

借り換え先の選び方については、「カードローンの借り換えでおすすめ低金利銀行!絶対に損をしない選び方」も参考にしてみてください。

本記事の監修者について

塚越 一央

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行及び銀行系のシンクタンクに41年間勤務。定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士及び社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師及び相談員を務める。また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

カードローンの借り換えの関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら