プロミスで収入証明書を求められる条件とは?無視をすると電話がかかってくることも

プロミスで収入証明書を求められる条件とは
プロミス

2022-06-14

プロミスでは、申込みの際、場合によっては収入証明書の提出を求められることがあります。

でも、わざわざ手続きをするのが面倒だし、そんなに重要そうな感じもしないし…と無視したい気持ちが出てきてしまう人もいますよね。

もし提出しなかった場合、借入に影響は出るのでしょうか?

どうしても提出できない、したくない場合に、最終的にお金を借りることができるのかも気になるところです。

今回は、プロミスに収入証明書を提出しないとどうなるのか、提出するにはどうしたらいいのかを詳しく解説します。

無視していると電話がかかってくることもあるので、それが嫌な人は要注意です!

新井 智美

新井 智美 / ファイナンシャルプランナー


【専門家の解説】

貸金業法では、「貸金業者から50万円を超えて借り入れる場合」もしくは「申込みの際の希望借入金額が、ほかの貸金業者からの借り入れ分も合わせて合計100万円を超える場合」について収入証明書類の提出を求めることとしています。したがって、これらの条件に当てはまる場合は収入証明書類の提出が必須となる点を覚えておきましょう。合わせてどのような書類が収入証明書類となるのかもしっかりと理解しておくことが大切です。書類は有効期限内のものである必要がありますので、必ず有効期限を確かめるとともに、事前にわかっているならば、常に最新のものを準備しておくようにしてください。

新井智美さん
新井智美さん

トータルマネーコンサルタント

福岡大学法学部法律学科卒業。
1995年4月 情報通信会社入社。
2006年11月 ファイナンシャル・プランニング技能士1級取得。
2017年10月 独立。

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,000本以上におよぶ。

目次

プロミスが収入証明書の提出を求めてくる3つの理由

プロミスでは、どのような人が収入証明書の提出が必要なのかが明記されています。その条件は、以下の3つのいずれかに該当することです。

  1. 最後に提出した収入証明書類の発行日から3年以上が経過
  2. プロミスでの利用限度額が50万円を超える
  3. 他社も含めた貸金業者からの借入が、総額100万円を超える

このうち、①に関しては、希望する借入限度額によらず、返済能力を確認する目的で収入証明書の提出が求められます。

貸金業者は、契約者の返済能力の調査が義務付けられているので、最新の状態で正確な収入を知る必要があるのです。一方で、法律上だけの話をすると「調査が義務付けられている」だけで、収入証明書の提出は絶対に必要なことではありません。

ただし、②と③は貸金業法の総量規制に関わるもので、分かりやすくすると以下のようなイメージとなります。

収入を証明する書類が法律上必要な場合

この条件だと、法律によってどの貸金業者でも収入証明書の提出が必須となります。

また、総量規制とは契約者の返済能力を超える貸付を禁止するためのものなので、他社からの借り入れを含めた総借入額は年収の3分の1を超えてはならないという決まりもあります。

プロミス
プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円事前審査 最短15秒回答最短30分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
4.5%~17.8%30日間

※融資時間について:スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※無利息期間について:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※18歳、19歳の方の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短30分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
上の条件以外でも、申し込み時に申告された勤務先や勤務年数、さらには年収を確認するために収入証明書の提出を求められることがあります。ただ、収入証明書を求められたからといって、審査上で何か不利な点が見つかったというわけではありませんので、すぐに書類を提出すれば大丈夫です。逆に書類提出を拒んでいたずらに審査時間を長引かせるデメリットの方が大きいと考えましょう。

新井 智美

新井さん

プロミスへの収入証明書の提出を無視していると……

プロミスに収入証明書を提出するよう言われていても、それを無視し続けているとどうなるのでしょうか。

まず、契約審査や増額審査で提出依頼を無視すると、残念ながら審査には通過できません。貸付できる資金力があるのか確認できないのに、審査通過できるはずがないですよね。

また、契約中であれば利用限度額の減額や借入れ停止処分の対象とされることがあり、かなり厳しい対応を取られます。

こちらも理由は同様で、返済能力を示すことができなければ継続して貸付はできないということになります。

もし何度も督促されているのに提出しないでいると、直接提出をお願いする電話がかかってくることもあります。

消費者金融から電話で何かを催促されるのは、決して気持ちの良いものではありませんよね。借入が周囲にバレる原因にもなってしまうので、できるだけ避けたいものです。

プロミスからの電話は、収入証明書を提出してしまえばかかってくることは基本的にありません。

督促を無視しながら、電話がかかってくるかもと不安な日々を過ごすよりは、提出を求められたら早めに提出してしまった方が精神衛生的にもおすすめです。

プロミスに提出する収入証明書の偽造は絶対にバレる

収入証明書がすぐに用意できないからと、ネット上にある画像から偽造したり、借入額を増やしたくて給与額を改ざんしたりといったことは、絶対にしてはなりません。有効期限が切れているからと、日付を書き換えるのもNGです!

これらの行為は、私文書の偽造として刑法で罪に問われることであり、バレずに審査を通過することはまずありません。

もし偽造がバレれば契約できないのはもちろん、利用中でも強制的に契約終了となることもあるなど、偽造は非常に高いリスクを抱えるだけです。

収入が下がって収入証明書を提出したくない場合でも、督促の放置や偽造はマイナスにしか働きません。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
収入証明書類もそうですが、申し込みの際の申告内容については、正確な情報を申告するようにしてください。年収などを多めに申告してバレた際には、最悪の場合審査に通らない可能性もあり得ます。嘘の申告は詐欺にあたりますし、書類の偽造も刑事罰の対象となります。このことをしっかりと意識し、お金を借りる側としても正直な内容を申告する姿勢を忘れないようにしましょう。

新井 智美

新井さん

プロミスに提出できる収入証明書の種類

プロミスに提出できる収入証明書

収入証明書の提出を無視し続けている人の中には、そもそも何を提出すれば良いのか分からないという人もいるのではないでしょうか。

会社から発行される給与明細以外にも、収入証明書となる書類はあります。以下がその一覧なので、確認してみましょう!


書類名発行場所・時期必須条件有効期限
源泉徴収票一般的には、12月に会社から発行・契約者本人の氏名が記載
・勤務先の記載
・年収の記載
発行から約1年
証明年度が前年度分のものが提出可(提出日が1月1日から2月末日の場合は、前々年分も可)
確定申告書個人事業主や副収入がある人などは、1~3月頃に作成・契約者本人の氏名の記載
・「収入額」と「所得額」が記載
約1年
証明年度は前年度分が提出可(提出日が1月1日から3月31日の場合は、前々年度以降も可)
税額通知書会社員の場合、5月頃に会社から発行 個人事業主の場合、6月に郵送・契約者本人の氏名が記載
・「収入額」と「所得額」が記載
・市区町村長の発行印がある
発行から約1年
証明年度が前年度のものが提出可(提出日が1月1日から6月30日の場合は、前々年度も可)
所得(課税)証明書・市町村役場
・マイナンバーカードの利用で、コンビニマルチコピー機からも発行可
・契約者本人の氏名が記載
・「収入額」と「所得額」が記載
・市区町村長の発行印がある
証明年度が前年度のものが提出可(提出日が1月1日から6月30日の場合は、前々年度も可)
給与明細書毎月給料日に会社から発行・契約者本人の氏名が記載
・勤務先の記載
・支給総額が記載
発行から約2カ月
支給年月が直近の連続した2ヶ月分 賞与がある場合、直近1年分の賞与明細書も提出

プロミスで収入証明書を提出せずにお金を借りる方法とは

どうしても収入証明書を提出したくない場合、残念ながらプロミスでお金を借りる方法はありません。

先述したように、貸金業法の総量規制により収入証明書の提出が義務付けられているのは、50万円超と他社合計が100万円超の条件を満たした場合です。それなら、少額だけの借入であれば可能では…と思われるかもしれません。

確かに収入証明書の提出は義務ではありませんが、返済能力を確認する手段としては最も有効な方法です。

もし契約できたとしても、利用中に提出を求めてくることがあるため、絶対に収入証明書を提出せずにお金が借りられるとは言いきれません。

他の消費者金融や銀行のカードローンでも、収入証明書の提出は基本的に求められることが多いです。

求められて提出できないのは、後ろめたいことがあると勘違いされかねないので、カードローンを利用したいなら準備しておくと良いでしょう。

源泉徴収票や税額通知書は、有効期限が約1年と長いので、発行されたら保管しておくクセをつけておけば、提出を求められた時もスムーズに対応できます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 新井 智美の一言コメント!
最初は50万円以下の少額で申し込んだとしても、利用しているうちにまとまった借り入れが必要となり、一時的にでも借入限度額が50万円を超えるケースもあり得ます。その場合は、その時点で収入証明書の提出が求められます。その時にスムーズに提出できるよう、収入証明書を用意しておくことをおすすめします。

新井 智美

新井さん

プロミスへの収入証明書の提出方法は5種類

プロミスへの収入証明書の提出方法5種類

プロミスには、その人に合った方法で簡単に収入証明書の提出ができるよう、以下のように5種類もの提出方法があります。

  1. 公式サイトからネットでアップロード
  2. スマホアプリをダウンロードして画像をアップロード
  3. 郵送(郵送用の書類をダウンロードする必要アリ)
  4. 店舗に来店(有人店舗・自動契約機ともにOK。
  5. FAX(プロミスコールに電話した後、送付用のFAX番号が伝えられるのでその番号にFAXする)

このうち、①~③はネットに接続できる環境が必須、④と⑤はネット無しでも利用可能です。それぞれについて詳しく見てみましょう。

ネットを利用して収入証明書を提出する方法

公式サイトからのアップロードは、最も手間が少ない方法です。

ネット環境に接続さえできていれば、スマホ1つで収入証明書の撮影から提出まで、すべて家から出ず無料で行うことができます。

同様にスマホを使う方法として、プロミスのスマホアプリをダウンロードする方法もありますが、まだ審査に通過する前からあえてアプリを入れるメリットはさほどありません。

また、郵送であれは専用書類をダウンロードして印刷する必要があるので、プリンターが必須です。

郵送代もかかり、手間もかかることになるのでこの中では一番おすすめできない方法となります。

これらの方法では、途中までネット上の会員ページで手続きを行う必要があり、手順も同じです。

まずは会員ページにログインし、「お客さま情報の照会・登録/変更」の項目から「収入証明書類送信」を選びます。その後、希望する方法で提出を行いましょう。

ネットを使わず収入証明書を提出する方法

もしネットの利用ができない環境なら、④店舗に来店または⑤FAXで送信する方法となります。

④の場合は、有人店舗だけでなく無人店舗での手続きも可能です。近くに店舗がある場合は良いのですが、生活圏外だとそこに向かうまでが面倒に感じられます。

最後に、FAXの利用では、プロミスコールに電話をしてから送付用のFAX番号を知らされ、そこに送信します。

こちらも二重に手間がかかり、FAXが自宅になければコンビニに行かなくてはなりません。送信ミスのリスクもあるため、少なくとも自宅にFAXを持っていなければ別の方法がおすすめです。

おすすめはプロミス公式サイトからのアップロード

さまざまな提出方法がありましたが、この中で最もおすすめできる方法は公式サイトからのアップロードです。

手順が少なく、簡単な操作だけで提出が完了するので、特に料金もかからず送信ミスのようなことも起きません。

収入証明書さえ手元にあれば、時間帯を問わずいつでも提出可能なので、忘れないうちにサクッと提出を済ませてしまいましょう。

プロミス
プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円事前審査 最短15秒回答最短30分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
4.5%~17.8%30日間

※融資時間について:スマートフォンからの申込で「少ない項目で最短15秒回答」を利用した場合。「少ない入力項目で最短15秒回答」の申込みは9:00~21:00まで。「少ない入力項目で最短15秒回答」での融資上限は50万円まで。審査回答までの時間は、状況により異なります。申込みの時間帯や、利用する銀行によって、振込みまでの時間が異なる場合あり。事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※無利息期間について:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※18歳、19歳の方の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短30分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申し込み、借入、返済24時間OK!

まとめ

プロミスでは、収入証明書の提出は少額の借入でも求められる場合があります。

これは返済能力を調べるのに、収入証明書を確認することが最も正確で有効だからです。もし提出の督促を無視し続ければ、電話がかかってきたり、借入できない事態となってしまったりします。

どんな理由があっても、借入を希望するなら収入証明書の提出は必要です。スマホさえあれば簡単に提出できるので、揃えやすい書類はあらかじめ準備して備えておきましょう!

本記事の監修者について

新井 智美

新井 智美 / トータルマネーコンサルタント 代表

2006年11月卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格であるCFP認定を受けると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)、企業向け相談(補助金、助成金の申請アドバイス・各種申請業務代行)の他資産運用など上記内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行う傍ら、執筆・監修業も手掛ける。

本記事の編集者について

ナビナビ編集部

ナビナビ編集部

専門知識がないと難しい金融商品を、正確で詳しく、わかりやすく伝えるために、記事企画・推敲・構成・編集・情報の更新を行っております。

プロミスの関連記事

人気カードローンランキング

アコムアコム

アコムアコム

  • 実質年利:3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン

  • 実質年利:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短翌日

※申し込みまではWEBで完結

プロミスプロミス

プロミスプロミス

  • 実質年利:4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円
  • 審査時間:事前審査 最短15秒回答

ランキングの詳細はこちら