Operated by Ateam Inc.

イーデス

虫歯の治療費が払えないときの対処法!経済的な理由で治療できない人の対処法も解説

最終更新日:

虫歯の治療費が払えないときの対処法!経済的な理由で治療できない人の対処法も解説
お金がない
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

風邪などとは異なり、虫歯は自然治癒することがありません。放置しておくと歯以外の体の部位に異常をきたす恐れがある恐ろしい病気なのです。

しかし、虫歯だとわかっていても、さまざまな理由から治療費が払えないと困っている人もいるでしょう。そもそも、虫歯の治療費の相場を知らないという人もいるかもしれません。

本記事では、虫歯の治療費の相場や放置した結果起こりうるリスク、治療費が払えないときの対処法を解説します。虫歯の治療の費用が気になるという人は、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

  • 虫歯の治療費の相場が、重症度別にわかる
  • 虫歯を放置しておくと起こりうるリスクがわかる
  • 虫歯の治療費が足りないときの対処法がわかる
塚越一央

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

虫歯の治療費は、虫歯の進行度合いによって異なります。虫歯が悪化すると、1回の治療では済まず、何回も通院するので治療費もかさみます。虫歯の治療費を抑える方法は、早期治療が一番の近道です。治療費が高額になり、お金が足りないときには、デンタルローンやカードローンなどを利用することも検討してみてください。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

虫歯の治療費の相場

虫歯の治療費の相場は、虫歯の進行度合いによって大きく変化します。治療の回数が少なければ治療費は安くなりますし、回数が多ければ総合的な治療費が高くなります。

また、医療保険制度が使える治療と自由診療で治療を受ける場合でも、大きく費用が変わることを理解しておきましょう。

初期・軽度の虫歯の場合

初期虫歯とは、歯の表面にあるエナメル質と呼ばれる部分が溶け出している状態です。また、痛みはないものの小さな穴が開いている状態も初期虫歯や軽度の虫歯と診断されます。治療は1回で終わることが多く、相場は保険診療の場合1,500円~3,000円程度です。

治療法は、穴が開いている場所の周辺を少しだけ削って、そこにレジン(CR)と呼ばれる樹脂を詰めるというものです。麻酔も必要なく、その後は虫歯の進行が見られないかを定期的に観察するだけであるため、虫歯の治療費としては1回しかかかりません。

中度の虫歯の場合

エナメル質を超えて象牙質と呼ばれる部分まで進行している虫歯を、中度虫歯といいます。中度虫歯になると、冷たいものや甘いものを口にした際にしみるようになり、虫歯であることが医師の判断なしでもわかる段階になっている状態です。神経まで達してしまうと、何もしていなくても激痛が走るようになり、日常生活に支障をきたす場合もあります。

中度虫歯の場合はレジンを詰めるだけでは治らない場合が多く、型を取ってインレーという詰め物を作って詰め込まなければなりません。治療においても麻酔を使用したり、初期虫歯より広い範囲を削ったりしなければならなくなるため、治療の回数も増えます。相場としては2,000円~1万円程度を見込んでおきましょう。通院も2回以上になるのが一般的です。

なお、インレーは保険適用されるため3割負担で済みますが、審美性を求めてセラミックやエステニアなどを選択すると自由診療となります。金属アレルギーの関係でインレーではなくゴールドプラチナを使用する場合も自由診療扱いとなり、治療費が2万円~10万円になるケースが多いです。

重度の虫歯の場合

虫歯が歯の根にまで進行してしまっている状態を、重度虫歯といいます。重度虫歯になると神経が死滅して痛みを感じなくなりますが、根幹治療と呼ばれる歯の根の消毒治療をしても歯を残せない状態となってしまいます。放置しておくと周囲の歯に悪影響を及ぼす恐れがあるため、抜歯をしてインプラントやブリッジなどの治療をしなければなりません。

歯を残せる状態でも、欠損や治療で歯の上部のほとんどを失ってしまうため、中度虫歯と同じインレーを用いた治療でも7,000円~2万円が相場となります。自由診療のセラミックなどを選択すると、20万円近い治療費になる可能性もあるでしょう。

抜歯してしまった部分を埋める治療となった場合は、保険治療でブリッジや入れ歯を作って1万円~2万円、インプラントやブリッジ・入れ歯の素材にこだわる場合は自由診療となり、100万円以上になることもあります。治療回数は進行度合いによりますが、相当な回数通院しなければなりません。

虫歯を放置するとどうなる?

虫歯は治療しなければ悪化の一途をたどるばかりで、自然治癒することはありません。それどころか、虫歯になった歯を感染源にして、周囲の歯に虫歯が伝染してしまうのです。虫歯だらけになってしまっても「歯がボロボロすぎて歯医者に行けない」と躊躇していると、最悪の場合、歯をすべて失ってしまいかねません。

また、虫歯によって穴が空いた歯から菌が入り込むなどの事態が発生すると、別の感染症を起こす可能性もあります。虫歯を放置しても良いことは何もないため、違和感や痛みを感じた時点ですぐに歯医者を受診しましょう。早めの対処が歯の健康、口腔内の健康を守ります。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
虫歯の治療には、健康保険などの3割負担が適用される保険診療と、保険が適用されず10割負担する自由診療があります。虫歯の詰め物に審美性を求めて、セラミックなどを選択すると自由診療となり、治療費が高額になるので要注意です。また、虫歯を放置するとほかの歯にも悪影響を及ぼすので、早く治療してください。

塚越一央

塚越さん

虫歯の治療費が払えないときの対処法

虫歯があり治療が必要とわかっていても、治療費が払えない場合は次の方法で対処しましょう。

  • 病院に相談する
  • お金を借りて虫歯の治療費を支払う
  • 借りる以外の方法でお金を工面する

お金を借りる前にしておきたいのが、病院への相談です。状況や説明の仕方にもよりますが、何かの対処をしてくれる可能性があります。

それでもダメであればお金を借りて治療費を支払い、借りたお金を返済する方法を採用しましょう。何かしらの事情でお金を借りられないという人は、借りる以外の方法でお金を工面してください。

病院に相談する

虫歯の治療費が払えない場合にまず取るべき行動が、病院への相談です。基本的に保険診療の虫歯の治療費は、治療を受けた当日に支払う必要があります。しかし、何かしらの事情で当日の支払いが難しい場合、病院が対処策を提示してくれる可能性があるのです。

例えば、現金での支払いが難しい場合は、クレジットカード決済を提案してくれる場合があります。特に自由診療ではクレジットカードでの分割払いに対応してくれる歯科医院もあるため、一度相談してみると良いでしょう。

ただし、治療費の相談は、治療を受ける前にするのが基本です。治療後に払えない旨を伝えると良い顔はされません。また、初診の病院では相談しても分割や別日での支払いに応じてくれない可能性もあります。相談して分割や後日払いをする希望する場合は信頼関係ができている、かかりつけ医のクリニックで相談することをおすすめします。

お金を借りて虫歯の治療費を支払う

病院と相談しても、分割払いや支払い延期ができない場合、お金を借りて虫歯の治療費を支払わなければなりません。その場で払わなかったとしても、病院側から指定された期日までに支払いができなければ、訴訟や財産差し押さえ(強制執行)をされてしまう可能性があります。

具体的なお金を借りる方法は、「虫歯の治療費を借りる方法」で解説しています。いくつかの方法があるため、自身の経済状況や支払期日などを鑑みてお金を借りる先を決めましょう。

借りる以外の方法でお金を工面する

何かの事情でお金を借りられない場合、借りる以外の方法でお金を工面する必要があります。借りる方法と同様に、こちらにもいくつかの方法があります。

詳しくは「借りる以外の方法で虫歯の治療費を工面するには」の章を確認してください。緊急性の有無などの条件によって、どの方法が適切なのかが変わってきます。

虫歯の治療費を借りる方法

虫歯の治療費を何かの方法で借りる場合、主に以下の4つの方法が考えられます。なお、紹介する順番は、融資スピードや借入限度額の大きさなどを加味した総合的な評価が高い順にしています。

対処法融資スピード審査の有無金利
キャッシング枠のある
クレジットカードでキャッシングする
最短即日
※すでにキャッシング枠を設定している場合
あり年10.0%~18.0%
デンタルローンでお金を借りる2週間~3週間あり5.0%~15.0%
カードローンでお金を借りる最短即日あり年3.0%~18.0%
家族にお金を借りる最短即日なし-

すでに持っているクレジットカードにキャッシング枠を設けている場合は、キャッシングが最速で工面する方法です。時間に余裕があり、まとまった費用が必要な場合はデンタルローンがおすすめです。

支払期日まで時間がなく、キャッシングではお金を工面できない場合はカードローンでお金を借りましょう。家族にお金を借りることもできますが、家族といっても大きな金額は借りられない可能性もあります。

キャッシング枠のあるクレジットカードでキャッシングする

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードの機能のひとつであるキャッシングを使ってお金を借りる方法です。キャッシング機能を利用するには、申し込み、もしくは発効後に申し込みをして審査を通過しなければなりません。

メリットデメリット
ATMなどで手軽に融資が受けられる金利が高く、無計画な借り入れは禁物
必要な金額だけ借りられるクレジットカードによってはキャッシング枠が設定できない場合がある

申し込み時の年収などによってキャッシング枠(上限額)は変動しますが、使えるようになるとATMなどで手軽にお金を借りられるようになります。反面、設定されている金利が高めに設定されており、返済期間が長ければ長いほど返済総額が高くなってしまいます。また、新規でキャッシング枠を設定しようとすると、1週間~2週間ほど時間がかかってしまうため、即効性に欠けるのも欠点です。

お金の工面を急いでいて、なおかつキャッシング枠で借りられるお金で治療費が払えるのであれば、利用を検討しても良いでしょう。キャッシング枠の設定をしても支払期日に間に合う場合も選択肢のひとつです。

デンタルローンでお金を借りる

デンタルローンとは、歯の治療を受ける際に利用できるローンです。虫歯の治療費だけではなく、ブリッジやインプラントの治療などでも利用できます。キャッシングや、後述するカードローンより金利が低いことが多く、審査に通れば大きな金額でも借入が可能です。

メリットデメリット
まとまったお金が借りられる提出する書類の数が多い
カードローンより金利が低いデンタルローンに対応している歯科医院しか使えない

審査では、ほかのローンの借り入れ状況や個人の信用情報が審査されます。場合によっては連帯保証人を探す必要があるケースもあります。申込みは金融機関や信販会社でもできるほか、デンタルローンを取り扱っている歯科医院の窓口でできるものもあるため、一度相談してみると良いでしょう。

注意点として、審査に必要な書類が多い点、融資実行までに時間がかかる点が挙げられます。時間に余裕があり、書類の手配をする時間も確保できるという人にはおすすめです。

また、デンタルローンに対応していない歯科医院があり、対応していないとデンタルローンでの支払いができません。事前にかかりつけの病院に対してデンタルローンでの支払いが可能かどうかを確認してください。

カードローンでお金を借りる

カードローンとは、専用のカードを用いて借入や返済ができるローンです。銀行が取り扱うカードローンと、消費者金融が展開しているカードローンの2種類があります。それぞれの違いは以下です。

消費者金融カードローン銀行カードローン
金利年18.0%前後年14.0%前後
融資までのスピード最短即日最短翌日
借入限度額500万円~800万円500万円~800万円

銀行カードローンの場合、金利は消費者金融よりも低めであるものの、申し込みをしても最短翌日の融資となってしまうため即金性には欠けます。銀行によっては融資実行までに1週間程度かかることもあるため、利用する場合は少し期間が必要になります。

一方の消費者金融カードローンは、金利は銀行カードローンよりも高めの設定になっていることが多い反面、最短即日で融資が可能というのがポイントです。

メリットデメリット
最短即日、翌日には融資を受けられるほかの借入方法と比較すると金利が高い
収入の状況にもよるがまとまった資金を借入できる銀行カードローンの場合、融資実行までに時間がかかる場合がある

借入上限額は、どちらも申し込み時の収入や借り入れ状況によって変動しますが、即金性のあるまとまったお金の工面が必要な場合には有効な方法です。

カードローンの詳細については、下記の記事を参考にしてください。

おすすめの消費者金融カードローンはプロミス

虫歯の治療費のための借入でカードローンを利用する場合にはプロミスがおすすめです。

おすすめポイント

  • 金利がほかの大手消費者金融よりも低め
  • 契約後すぐに借りなくても無利息期間が減らない

※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

金利年4.5%~17.8%
審査時間最短3分
融資スピード最短3分※1
web完結
無利息期間初回借入日の翌日から30日間※2
学生の利用〇(18歳以上の場合)※3

※1.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※2.30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。
※3.申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

プロミスは、SMBC系列の大手消費者金融です。テレビや電車の中吊り広告などで見かけたことがある人もいるでしょう。大手消費者金融なだけにサポート体制は手厚く、初めてカードローンを利用する人にはおすすめできる1社です。

大手消費者金融の中では低く設定された上限金利のおかげで、返済時の総額が他社よりも少ないという特徴があります。また、審査から融資までが最短3分※で完結するため、とにかくお金を工面しなければならない状況においても心強い存在と言えるでしょう。

※申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。

加えて、無利息期間が30日間設定されています。無利息期間は、初回借入日の翌日から消化されていくため、事前に契約だけ結んでおくという使い方も可能です。

「すぐに使うことはないが、もしものときのために申込みだけ済ませておきたい」「無利息期間を無駄にしたくない」という人にはおすすめです。

※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

家族にお金を借りる

金融機関ではお金を借りられない、あるいは借りたくないという人は、家族に事情を説明してお金を借りるという選択肢があります。家族という近しい間柄であるため、貸す側も借りる側も相談しやすいだけではなく、借入審査や返済時の金利がないのがメリットです。

メリットデメリット
家族間でのやり取りであるため心理的に借りやすい場合が多い多額の借入ができない可能性が高い
融資の審査や返済時の金利がない返済のルールを決めておかないとトラブルにつながる可能性がある

一方、家族の経済状況によっては多額の借り入れは難しい場合もあります。また、返済のルールを決めておかなければ、家族から信用を失って家族関係が壊れてしまうリスクもあります。返済ルールは借りる前にきちんと取り決めるのはもちろんのこと、万が一返済ができない状況になった場合は返済の延期などを包み隠さず相談しましょう。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
虫歯の治療費が支払えないときは、まず病院に相談してみてください。分割払いや後日払いができるかもしれません。それがだめなら、クレジットカードのキャッシングやデンタルローン、カードローンなどでお金を借りましょう。お金を借りる場合は、返済計画をしっかり立てて、必要な金額だけを借りて、早く完済するようにしてください。

塚越一央

塚越さん

借りる以外の方法で虫歯の治療費を工面するには

金融機関からお金を借りたくない、あるいは何かしらの事情でお金を借りられない場合、以下の方法で治療費を工面する必要があります。

  • 身の回りのものを売る
  • 働いて稼いだお金で支払う

いずれの方法も、メリット・デメリットがあるため、それぞれの違いをしっかりと理解しておく必要があります。

身の回りのものを売る

家や個人が所有しているもので、不要になったものを売ることで虫歯の治療費を捻出できます。リサイクルショップに不用品を持ち込んで売る方法のほか、フリマアプリを利用してほしい人に販売する方法があり、どちらか都合がいいほうを選択できます。

リサイクルショップの場合は、不用品を持ち込んだ即日で現金化できることがほとんどで、至急治療費を工面したい場合に役立ちます。ただし、売りに行くものの数や価値によっては少額にしかならないこともあるでしょう。また、リサイクルショップでは買い取れないものも存在するため、持ち込んだだけで無駄骨だったとなりうる可能性もあります。

一方のフリマアプリの場合、自分の言い値で金額を決められます。リサイクルショップでは買い取ってくれなかったものでも販売可能なケースもあるため、自由度の高さでいえばフリマアプリのほうが高いでしょう。ただし、フリマアプリはマッチングが基本となるため、出品している商品がなかなか売れないという状況になることも考えられます。即金性という部分ではリサイクルショップに劣るため、緊急性の高さに応じて使い分けてもいいかもしれません。

働いて稼いだお金で支払う

日雇や単発のアルバイト・パートでお金を稼ぐ方法があります。求人サイトやアルバイトのポータルサイトには日払いの求人も多く存在するため、この方法を採用するのもやぶさかではありません。地域によっては対象となる仕事が少ない可能性もありますが、金融機関でお金を借りられない人はこれらの方法も検討してみましょう。

ただし、働いて虫歯の治療費を稼ぐ場合、病院が支払期日を延ばしてくれることが条件です。もし延納を認めてくれない場合はこの方法を採用できません。歯科医院に相談して、支払日を待ってくれる際には検討したい方法です。

経済的な理由で虫歯の治療費が払えない場合は「無料低額診療」を利用しよう

大前提として、虫歯の治療費が払えないほど経済的に困窮していると、お金を借りることも難しいという状況も考えられます。そのような状況の人には、ぜひ無料低額診療事業の利用をおすすめします。「お金がなくて歯医者に行けない」という人でも治療を受けられる、いわばお金がない人の歯の治療法のひとつです。

無料低額診療とは、社会福祉法で定められた低所得者や生活困窮者の医療費を減免する制度です。全国で約700カ所の病院が実施しており、その中には歯科医院もいくつか存在しています。無料低額診療を利用するには、医療機関が設けている年収などの条件をクリアする必要がありますが、窓口でソーシャルワーカーに相談すれば利用の可否がわかります。

減免が適用される期間は病院によって異なりますが、1カ月~6カ月を基本に見ておきましょう。仮に無料低額診療を受けられなかったとしても、ソーシャルワーカーが公的支援制度などの利用の相談を受け付けてくれます。詳しくは、各自治体のホームページ、または保健福祉センターなどに問い合わせてください。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
虫歯の治療費のお金を借りられない場合は、身の回り品をリサイクルショップやフリマで売ることが考えられます。また、日雇いや単発のアルバイトで、お金を稼ぐことでもよいでしょう。治療費を支払えないほど困窮しているのなら、無料低額診療を利用するのも一つの方法です。病院のソーシャルワーカーに、相談してみてください。

塚越一央

塚越さん

まとめ

虫歯は放置しても完治することはないどころか、歯やほかの部位に悪影響を及ぼす恐れがある恐ろしい病気です。痛みを感じたら即座に治療をすることが重要だとわかっているものの、お金の問題で二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。そんな人は、本記事で解説した内容や制度、お金を借りる方法を活用して虫歯の治療を受けられるようにしましょう。

経済的に難しいという場合は、無料低額診療という方法もあります。いかなる人であっても「体は資本」という考え方は変わらないため、健康な歯を維持するために、虫歯を治療して不自由なく生活するためにも適切な治療を受けられるようにすることが重要です。

お金がないの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE