Operated by Ateam Inc.

イーデス

飲食店で会計時にお金が足りないと気づいたらどうする?店を離れる際の注意点も解説

最終更新日:

飲食店で会計時にお金が足りないと気づいたらどうする?店を離れる際の注意点も解説
お金がない
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「自宅に財布を忘れてしまった」「財布の中にお金がほとんど入っていない」など、さまざまな理由で飲食店の会計にお金が足りないこともあるでしょう。

飲食店でお金が足りないと気づいたら、まず店員に相談することが重要です。
対応次第では大きなトラブルに発展することもあるので、適切な対処法を把握しておく必要があります。

本記事では、飲食店でお金が足りないと気づいたときの対処法について解説します。
支払い前に飲食店を離れる際の注意点や飲食店でお金が足りない事態を防ぐ方法についても紹介するので、会計でお金が足りなくて困っている方はぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

  • 飲食店で会計時にお金が足りないときの対処法
  • 支払いの前に飲食店を離れる際の注意点
  • 飲食店でお金が足りない事態を防ぐ方法
塚越一央

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

飲食店で食事をした後、会計のときにお金が足りないことに気づいたら、皆さん慌てますよね。気が動転して、どうしたらいいのか分からなくなってしまいます。そのようなことにならないように、事前に考えておくことが大切です。何事も事前に想定しておけば、そういう状況になっても慌てることなく対処できるものです。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

飲食店でお金が足りないと気づいたらまず店員に状況を説明

飲食店で食事を楽しんだ後、お会計のときにお金が足りなければ、想定外のことに慌ててしまうでしょう。

お金が足りないと気づいたら、まずは店員に状況を説明することが重要です。
店員に何の説明もなしに店を出てしまうと、無銭飲食を疑われる可能性があります。

怪しまれたり、いきなり警察に通報されたりしたらどうしようと心配になる気持ちもわかりますが、それでもまずは店員に事情を話してください。
お金を用意するために、お店側の協力も必要になる場合があるためです。

ほとんどの場合、支払い能力と支払う意思があることを伝えれば、事情を汲まずにいきなり警察に通報されることはないでしょう。
お店にとっても、多少の行き違いはあっても最終的にしっかりと精算されるのであればそれが一番です。

飲食店で会計時にお金が足りないと気づいた場合は罪になる?

飲食店で会計時にお金が足りない場合、詐欺罪の疑いを持たれる可能性があります。
必ずしも詐欺罪が成立するわけではなく、「最初からお金が足りないことを自覚し、お金があるように店側を欺いて飲食物の提供を受けた場合」に詐欺罪が成立します。

無銭飲食の意図が最初からあったかどうかを証明することは難しく、詐欺罪に問われないケースが多いです。
しかし、罪に問われない場合でも大きなトラブルに発展することがあるので、支払えないとわかった時点で速やかに店員に状況を説明し、誤解を解く必要があります。

会計時にお金が足りないことが発覚した時点で詐欺罪に問われることはないものの、その後の対応次第で罪に問われてしまう可能性はあります。
そのため、支払いはまだ間に合うことを前提に次項で紹介する方法を検討しましょう。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
飲食店でお金が足りないと気づいたら、無銭飲食を疑われないためにも、まず店員に事情を説明してください。最初から無銭飲食をする気持ちがあった訳ではないので、事情を説明すれば、店の人も分かってくれます。こちらに落ち度があるときには、正直言うことが大事です。

塚越一央

塚越さん

飲食店で会計時にお金が足りないと気づいたときの対処法

飲食店でお金が足りないと会計時に気づいたときの主な対処法は次の4つです。

  • 現金以外の方法で支払う
  • 最寄りのATMでお金を引き出して払う
  • 家族や友人にお金を持ってきてもらって支払う
  • 飲食店にお願いをして後日支払いをする

飲食店で会計時にお金が足りないと気づいたら、まずクレジットカードや電子マネーなど、現金以外の方法で支払えるか確認してください。

現金以外の支払い方法が利用できない場合は、近くのATMからお金を引き出す、または近くにいる家族や友人にお金を持ってきてもらう必要があります。

しかし、これらの方法が難しい場合には、店側に後日支払いを相談してみましょう。

現金以外の方法で支払う

多くの飲食店では、現金以外に、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などの支払いにも対応しています。
現金が手元にない場合は、普段は現金で支払っているという人も現金以外の決済方法を検討しましょう。

対応している決済方法は、レジ付近に記載されていることが多いです。対応している決済方法がわからない場合には、店員に尋ねてください。

普段から現金払いが多い人だと、現金だけにとらわれてしまっているケースも少なくありません。現金が足りないという焦りから盲点になっている場合もあるため、現金以外の方法で支払えないかまずは確認しましょう。

最寄りのATMでお金を引き出して払う

飲食店が現金以外の支払い方法に対応していない場合、やはり現金を用意する必要があります。
手元にキャッシュカードがあれば、最寄りのコンビニや銀行のATMでお金を引き出して支払うことが可能です。

ATMでお金を引き出して支払う場合には、店員に事情を話し、承諾を得てから店を出る必要があります。お店に戻る目安の時間を伝えておくと、お店側に安心してもらいやすいでしょう。

お店によっては、そのまま無銭飲食をしないために身分証明書を預けておくことを求められます。
免許証などを一旦お店に預け、最寄りのATMの場所がわからなければ店員にアドバイスをもらってください。

家族や友人にお金を持ってきてもらって支払う

財布ごと忘れてしまい、現金はおろかキャッシュカードも何もない場合は、家族や友人にお金を持ってきてもらうしかありません。店員に事情を説明し、家族や友人が到着するまで店内で待たせてもらいましょう。

家族や友人が遠方にいる場合、お金を持ってくることを断られる可能性が高いです。

また、遠いところから持ってきてもらうとなると移動に多くの時間がかかり、店内で待つ時間も長くなります。
すぐに到着する場合はお店に伝えなくてもよいですが、少し長居が必要になる場合は怪しまれても損ですので、先に伝えておいた方が無難でしょう。

店内での長時間の待機は店に迷惑をかけかねないため、店舗の近くに家族や親しい友人がいる場合に相談してみるとよいでしょう。

飲食店にお願いをして後日支払いをする

キャッシュカードもなく、さらに近くにお金を持ってきてくれる友人や家族がいない場合には、後日支払いでも問題ないか相談しましょう。
事情を説明し誠意が伝われば、後日支払いに対応してもらえることもあります。

ただし、店側からすると食い逃げされるリスクがあるので、常連であるなど店との信頼関係がある場合でなければ、基本的には難しいでしょう。

なお、現金支払いの飲食店で手元にクレカしかなく、後日支払いに応じてもらえない場合には、カードローンの利用がおすすめです。

消費者金融カードローンであれば即日融資が可能で、キャッシュカードやローンカードがなくてもコンビニでお金を引き出せます。
申込がWebで完結するものもあり、契約のために店舗に足を運ぶ必要もありません。

「後日支払いも断られ、クレカしか持っていない状況で今すぐお金を用意しないといけない・・・」という人に最適な手段になるため、検討することをおすすめします。

おすすめの消費者金融カードローンはプロミス

消費者金融カードローンでお金を用意する場合にはプロミスの利用がおすすめです。

おすすめポイント

  • 最短3分※1で融資を受けられる
  • スマートフォンで申込手続きが完結
  • セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMでスマートフォンだけで借入できる
金利年4.5%~17.8%
審査時間最短3分
融資スピード最短3分※1
web完結
無利息期間初回借入日の翌日から30日間※2
学生の利用◯(18歳以上の場合)
※申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申し込めません。

※1.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※2.30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスは、実質年率が年4.5%~17.8%のカードローンです。
アプリから申し込むとスマートフォンで申込手続きが完結し、最短3分※で融資を受けられます。
さらに、スマートフォンとアプリがあれば、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMでそのままお金を引き出せるので、ローンカードを受け取る必要もありません。
※申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。

また、30日間の無利息期間を設けている点もプロミスのメリットです。
初めて契約する人を対象に、初回利用日の翌日から30日間は無利息で利用できるため、30日が経過するまでに完済すると利息はかかりません。
※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
飲食店でお金が足りないと気づいたら、まずクレジットカードや電子マネーで支払えないか確認してください。次に、最寄りのコンビニや銀行のATMでお金が引き出せないか、あるいは家族や友人にお金を持ってきてもらえないかを考えてください。それでもだめなら、後日支払えないか店の人と相談してみてください。

塚越一央

塚越さん

支払いの前に飲食店を離れる際の注意点

最寄りのATMでお金を引き出して支払う、または後日支払いをする場合には、一度飲食店を離れることとなります。
その際、大きなトラブルを引き起こさないために以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

  • 飲食店の店員に確認をとること
  • 身分証を提示すること
  • 一時的に貴重品を預けて飲食店を離れること

繰り返しになりますが、無銭飲食と疑われないように、店を離れる前には店員に許可をとっておく必要があります。
その際、身分証を提示し、一時的に貴重品を預けておくと、支払いの意思があると判断してもらいやすいです。

飲食店の店員に確認をとること

支払いの前に飲食店を離れる際は、店員に確認をとらなければなりません。

何も言わずに店を出ようとすると無銭飲食を疑われる可能性があるため、ATMに行く場合にはその旨を伝え、後日に支払いする場合には後日支払いに対応してもらえるか相談しましょう。

身分証を提示すること

飲食店を離れる前に身分証を提示すると、支払う意思がより伝わります。
未払いとなった場合でも、身分証の情報をもとに店側から連絡を取れるため、安心してもらいやすいです。

身分証として提示できる書類には、運転免許証やマイナンバーカード、健康保険証などが挙げられます。顔写真がある身分証は信用を得やすいため、可能であれば優先して提示しましょう。

一時的に貴重品を預けて飲食店を離れること

飲食店を離れる際に貴重品を預けることは、支払いの意思が明確に伝わり、店側の信用を得る効果的な方法です。

スマートフォンや時計、鞄などの貴重品を一時的に預け、店に戻って支払いが完了したら返してもらいましょう。
悪用や誤操作の可能性がゼロではないため、スマートフォンを預ける場合にはロックをかけておく必要があります。

飲食店でお金が足りない事態を防ぐ方法

飲食店の会計時にお金が足りないと、ATMに引き出しに行く、友人や家族にお金を持ってきもらうなど、多くの手間がかかります。店側にも迷惑をかけてしまうため、そもそもお金が足りない事態を起こさないようにしましょう。

  • 飲食店で使える決済方法を事前に確認しておく
  • もしもの場合に対応できる準備をしておく

後からお金が足りないことに気づくなんて、もう二度とないと思うかもしれませんが、一度あることは二度あるものです。
次は絶対にそのようなことがないように、上記の方法を徹底するなどして準備を怠らないようにしておくべきです。

飲食店で使える決済方法を事前に確認しておく

飲食店でお金が足りない事態を防ぐために、事前に飲食店が複数の決済方法に対応しているか確認することをおすすめします。現金不足やキャッシュレス決済の通信障害のような状況でも、そのほかの方法で決済が可能です。

現金のみ対応の飲食店も存在するため、キャッシュレス派は特に事前確認が必要です。

また、近年現金不可の飲食店が増えてきているので、現金派の人も確認しておきましょう。

もしもの場合に対応できる準備をしておく

疲れているときや急いでいるときは、うっかり財布を自宅に忘れたり、どこかに落としたりすることもあるでしょう。

そのようなもしもの場合に備えて、財布とは別で現金やクレジットカードを持ち歩くことがおすすめです。
他にも、電子マネーやQRコード決済など、財布に依存しない決済手段も用意しておくと良いでしょう。

また当たり前のことですが、これから飲食にどれくらいお金がかかるのか目途をつけておきましょう。財布などを忘れて払えないのではなく、財布などは持っているけどお金が足りないでは状況が違います。

前者は物理的な原因ですが、後者は認識の甘さが原因です。
言い換えれば、いくらかかりそうかを甘く見積もらなければ絶対に避けられるということです。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
ATMへ出金に行くまたは後日支払うことになったら、一度店を離れますが、必ず店の人に了解を得てください。勝手に店を離れると、無銭飲食を疑われます。飲食店でお金が足りない事態を防ぐには、事前に飲食店で使える決済方法を確認しておきましょう。また、財布に依存せず、スマホに電子マネーを用意しておくとよいでしょう。

塚越一央

塚越さん

まとめ

飲食店で会計時にお金が足りないと気づいたら、まず店員に相談しましょう。現金以外の支払い方法に対応していれば、クレジットカードや電子マネーなどで支払えば問題ありません。

また、現金以外の支払い方法に対応していない場合には最寄りのATMでお金を引き出す、家族や友人にお金を持ってきてもらいましょう。

これらの方法が難しい場合には、後日支払いを相談することとなりますが、常連客でなければ難しいことが多いです。

最寄りのATMでお金を引き出して支払う、または後日支払いをする場合には、店を出る前に店員に許可をとる必要があります。
身分証を提示し、一時的に貴重品を預けることで支払いの意思が伝わるでしょう。

また、本記事では会計時にお金が足りない事態を防ぐ方法も紹介しました。ぜひ本記事の内容を参考にして、会計を無事に完了させ、またもしものときに備えて準備をしておきましょう。

お金がないの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE