Operated by Ateam Inc.

イーデス

引っ越しの初期費用が払えないときの対処法!費用を抑えるポイントも解説

最終更新日:

引っ越しの初期費用が払えないときの対処法!費用を抑えるポイントも解説
お金がない
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

引っ越しの初期費用の相場は、ひとり暮らしで40万円程度、ふたり暮らしで50〜60万円程度です。
初期費用の中でも賃貸契約にかかる費用は原則まとめて支払う必要があり、初期費用が払えないと悩んでいる人もいるでしょう。

そこで本記事では、引っ越しの初期費用が払えないときの対処法について説明します。
引っ越しの初期費用を借りる方法や、借金以外の方法でお金を工面する方法も紹介するので、引っ越しの初期費用の支払いにお悩みの人はぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

  • 引っ越しの際に使える補助金・助成金
  • 引っ越しの初期費用が払えないときの対処法
  • 引っ越しの初期費用を借りる方法
  • ファイナンシャルプランナー

    監修者金子 賢司

    東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、金融に興味を持ち、資産運用やローンなどの勉強を始める。以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はフィットネス。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。

    • SNS
    • X
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

引っ越しの初期費用の相場はいくら?

引っ越す時期や地域、物件によって引っ越しにかかる費用は異なりますが、一般的に、初期費用として家賃の4〜5カ月程度のお金が必要になると言われています。

具体的には、ひとり暮らしで40万円程度、ふたり暮らしで50〜60万円程度です。ただし、これらには引っ越し代が含まれていないため、別途引っ越し業者に支払う料金を用意する必要があります。
※参考元:2人暮らしの引越し費用の相場は?総額の目安と安くするコツも解説|ミツモア
※参考元:一人暮らしの初期費用は40万円で足りる? 家賃ごとの相場と安く抑えるコツ|LIFULL HOME'S

次項から、初期費用の内訳や項目ごとの相場を紹介していきます。引っ越し時にお金が足りないという事態を防ぐためにも、どのような費用がどの程度発生するのか把握しておきましょう。

ひとり暮らしの場合

ひとり暮らしの場合、引っ越しにかかる初期費用の相場は40万円程度です。

以下で、家賃を8万円と仮定した場合の初期費用の相場を紹介します。

初期費用相場概要
敷金8万円(家賃1カ月分)退去時に部屋に原状回復に充てられる費用。故意・過失による汚れや傷が無ければ、全額返金される。
礼金8万円(家賃1カ月分)大家さんに対して謝礼として支払う費用。礼金のない場合もある。
仲介手数料4〜8万円(家賃0.5〜1カ月分)不動産会社に支払う手数料。
前家賃8万円(家賃1カ月分)前払いで支払う、入居する月の家賃。月の途中から入居する場合は、日割りで計算する。
火災保険料1.5万円火災などの被害に遭ったときに備えて加入する保険の料金。
鍵の交換費1万円〜3万円鍵とシリンダーを取り替えるための費用。
保証料4〜8万円(家賃0.5〜1カ月分)家賃の保証会社に支払う料金。原則返金されない。

上記からわかるとおり、敷金と礼金が初期費用の大部分を占めています。そのため、敷金や礼金のない物件を選ぶことで、初期費用の大幅な節約が可能です。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!
火災保険料は初期費用でも必要ですが、基本的に2年に1度更新が必要です。つまり2年に1度、保険料の支払う必要があるため注意しましょう。 賃貸住宅の火災保険は、水漏れで下の階の人の家具や家電を故障させたり、共用部分の損傷させたりしたときも対象になる場合があります。 こうした損失は高額になる可能性があり、火災保険に加入していないと、多額の自己負担が必要になるおそれがあります。

金子さん

金子さん

ふたり暮らしの場合

ふたり暮らしの場合、引っ越しにかかる初期費用の相場は、50〜60万円程度です。

以下で、家賃を12万円と仮定した場合の初期費用の相場を紹介します。

初期費用相場概要
敷金12万円(家賃1カ月分)退去時に部屋に原状回復に充てられる費用。故意・過失による汚れや傷が無ければ、全額返金される。
礼金12万円(家賃1カ月分)大家さんに対して謝礼として支払う費用。礼金のない場合もある。
仲介手数料6~12万円(家賃0.5~1カ月分)不動産会社に支払う手数料。
前家賃12万円(家賃1カ月分)前払いで支払う、入居する月の家賃。月の途中から入居する場合は、日割りで計算する。
火災保険料2万円火災などの被害に遭ったときに備えて加入する保険の料金。
鍵の交換費1万円~3万円鍵とシリンダーを取り替えるための費用。
保証料6~12万円(家賃0.5~1カ月分)家賃の保証会社に支払う料金。原則返金されない。

先述したとおり、初期費用を節約したい場合は、敷金と礼金が0円または低い物件を選びましょう。
また、火災保険は不動産会社から案内されたものに加入する必要はなく、より安い火災保険を自分探して加入することで、節約につながります。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!
賃貸向けの火災保険は一般的な火災保険と、重視すべき補償内容が異なります。 加入する際は家財の火災保険の他に、「借家人賠償責任補償特約」と「個人賠償責任補償特約」があるか必ず確認してください。 自身で安く加入したつもりでも、肝心な補償がついていないかもしれません。 火災保険を自由に選んでも問題ありませんが、加入する前に大家さんや不動産会社に補償内容と補償額について確認してもらうことをおすすめします。

金子さん

金子さん

引っ越しの初期費用はいつ払う?払えないとどうなる?

引っ越しの初期費用は数十万円と高額であるため、すぐに支払えないという人もいるでしょう。
ここからは、いつまでに初期費用を用意しておけばいいのか、費用ごとに支払いのタイミングを紹介します。

初期費用の詳細支払いタイミング
敷金契約時
礼金契約時
仲介手数料契約時
前家賃契約時
火災保険料保険が始まる月の翌月
鍵の交換費契約時
保証料契約時

敷金や礼金、仲介手数料、前家賃などは、契約時にまとめて支払います。

契約時に支払えなければ入居できないため、契約日までに用意しておく必要があります。
火災保険料は、保険会社が指定する期日や払込方法によって異なり、保険会社の期日までに支払わないと補償が受けられないため注意してください。

引っ越しの際に使える補助金・助成金

補助金・助成金の中には、引っ越しの際に利用できるものがあります。基本的に補助金や助成金は返済不要であるため、利用できるものがないか探してみることがおすすめです。

ひとり暮らしの場合に使える補助金・助成金

ひとり暮らしの引っ越しに使用できる補助金・助成金には次のようなものがあります。

ひとり暮らしの場合に使える可能性のある補助金・助成金
補助金・助成金支給額受給条件
移住支援金60万円以内で都道府県が設定する額移住直前の10年間で通算5年以上かつ直近1年以上、東京23区内に在住または東京圏から東京23区へ通勤していた。
住宅確保給付金市区町村や世帯の人数によって異なる・主たる生計維持者が離職・廃業後2年以内である場合、もしくは個人の責任・都合によらず給与などを得る機会が、離職・廃業と同程度まで減少している場合
・直近の月の世帯収入合計額が、市町村民税の均等割が非課税となる額の1/12と、家賃の合計額を超えていない
・現在の世帯の預貯金合計額が、各市町村で定める額を超えていない
・ハローワークなどに求職の申込をし、誠実かつ熱心に求職活動を行う
全国型移住支援金単身者は基本額10万円で最大30万円令和4年4月1日以降に福井県坂井市に移住し、正規雇用で就業または起業した。

※参照元:移住支援金|地方創生離職や解雇、やむを得ない休業等で生活に困窮する方へ|厚生労働省県外から移住される方へ移住支援金(全国型)をサポート!|福井県

たとえば、東京23区に在住または勤務する人が東京圏外に移住する場合、移住支援金として交付金を受けられる場合があります。上記の受給条件に該当する場合には、公式サイトで詳しい要件を確認しましょう。

その他:引っ越しの際に使える補助金・助成金

続いて、ひとり暮らしではない場合の引っ越しに使用できる補助金・助成金には次のようなものがあります。

引っ越しの際に使える補助金・助成金
補助金・助成金支給額受給条件
民間賃貸住宅家賃助成月額3万円

・基準日の前日までに新宿区内の民間賃貸住宅※1に居住し、住民登録の届出を済ませている世帯

・原則として、居住している住宅の借主が、申込者または配偶者である

・基準日時点で、申込者本人が義務教育修了前の子どもを税法上扶養し同居していること

・月額家賃が、22万円以下である

・世帯全員の前年中の総所得合計が、520万円以下である など

結婚新生活支援事業夫婦ともに29歳以下の場合 は、補助上限額60万円。夫婦ともに39歳以下の場合 は、補助上限額30万円。

・婚姻日において、夫婦双方の年齢が39歳以下である

・新婚世帯の合計した所得が500万円未満である

・申請日において、夫婦双方または一方が補助対象となる住宅に住民登録をしている

・申請日より2年以上、継続して本市に居住する意思がある

・新婚世帯の全員に市税の滞納がない

・ほかの公的制度による同種の補助金などを受けていない

・過去に本補助金(ほかの地方自治体での補助を含む)の支給を受けたことがない

・新婚世帯に暴力団員による不当な行為の防止などに関する法律に規定する暴力団員がいない※2

次世代育成転居助成転居前後の家賃差額及び、最大10万円の引っ越し代

・義務教育修了前の児童を扶養して同居する世帯

・転居前後の住宅が、住宅の用に供し区内に所在する民間賃貸住宅である

・転居後の住宅が、建築基準法に規定する新耐震基準に適合している

・「児童」及び「児童と同居している親のうち1名以上(出生前の予定登録の場合は母親)」が区内に1年以上居住している

・申込時に区内民間賃貸住宅に居住していて、区内民間賃貸住宅に転居を予定している など

※1新宿の場合の受給条件であり、自治体によって受給条件は異なります。
※2成田市で実施している「結婚新生活支援事業」の受給条件であり、自治体によって受給条件は異なります。
※参照元:民間賃貸住宅家賃助成|新宿区結婚新生活支援事業|成田市次世代育成転居助成|新宿区

助成金や補助金を実施しているのは、国だけではありません。地方自治体が独自で実施しているものもあるため、公式サイトやお住まいの地域の役所でご確認ください。

引っ越しの初期費用が払えないときの対処法

補助金や助成金の申請要件に該当しない場合は、次のいずれかの方法で引っ越しの初期費用が賄えないか検討しましょう。

  • クレジットカードで支払い、分割払いやボーナス払いを選択する
  • 不動産会社に相談する
  • お金を借りて引っ越しの初期費用を支払う
  • 借りる以外の方法でお金を工面して引っ越しの初期費用を支払う

引っ越しの初期費用が払えない場合には、クレジットカードの分割払い・ボーナス払いでの支払いがおすすめです。
不動産会社がクレジットカード払いに対応していない場合は、不動産会社に分割払いや支払い期日の延長を相談しましょう。

不動産会社が分割払いや支払い期日の延長に応じてくれない場合には借入を検討し、審査に通らない場合には身の回りのものを売るなどして

クレジットカードで支払い、分割払いやボーナス払いを選択する

不動産会社によっては、契約時にかかる敷金・礼金などの初期費用をクレジットカード払いできる場合があります。引っ越しの初期費用をクレジットカードで支払い、分割払いやボーナス払いを選択すれば、支払いの負担を分散できます。

また、クレジットカード払いには、利用額に応じてポイントが還元されるというメリットもあります。
ただし、分割回数が増えるほど手数料も高くなり、支払い総額が増えるため、少しでも手数料を抑えたい場合には分割回数を少なめに抑えておきましょう。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!
クレジットカードの分割払いを利用すると、分割回数によっては手数料がかかります。 クレジットカードの分割払いは手数料が高い傾向があるため、なるべく抑えたいところです。一般的に2回払までなら手数料がかかりません。 また分割払いにしなくても、クレジットカード払いにするだけで、支払いを1、2カ月程度先延ばしにできるため、その期間中に引っ越しの初期費用が用意できないか検討してみましょう。

金子さん

金子さん

不動産会社に相談する

不動産会社によっては、初期費用の一部または全額の分割払いに応じてもらえることがあります。
また、支払い期日を延長してもらえることもあるので、まず払う意思があることを伝え、支払いの時期についてもあらかじめ目処を立てたうえで相談しましょう。

お金を借りて引っ越しの初期費用を支払う

不動産会社が分割払いや支払い期日の延長に応じてくれず、引っ越しの初期費用の支払日が近い場合には、次の方法でお金を借りることがおすすめです。

  • 家族にお金を借りる
  • キャッシング枠のあるクレジットカードでキャッシングする
  • カードローンでお金を借りる
  • 公的貸付制度を利用する

融資までの期間や審査の有無などに関しては、後の章で説明します。

借りる以外の方法でお金を工面して引っ越しの初期費用を支払う

不動産会社が分割払いや支払い期日の延長に応じてくれず、さらにお金を借りられない場合には、以下の方法でお金を工面することを検討してみてください。

  • 身の回りのものを売る
  • 働いて稼いだお金で支払う

それぞれのメリットやデメリットについては、後の章で説明します。

引っ越しの初期費用を借りる方法

ここからは、引っ越しの初期費を借りる方法について説明します。

お金の工面のしやすさだけではなく、融資スピードや審査の有無、借入できる金額などを総合的に評価し、現実的に優先順位が高いものから順に紹介していきます。

対処法融資スピード審査の有無金利
家族にお金を借りる最短即日なし-
キャッシング枠のあるクレジットカードでキャッシングする最短即日※1あり※2年15.0%~年18.0%
カードローンでお金を借りる最短即日あり年3.0%~年18.0%
公的融資制度を利用する1~3カ月程度あり年1.5%※3

※1 クレジットカードにキャッシング枠を設定している場合。これから設定する場合には1週間程度かかる
※2 クレジットカード作成時にキャッシング枠を設定している場合には、審査なし
※3 保証人がいると無利子になる制度あり

引っ越しの初期費用を借りる場合には、まず家族にお金を貸してもらえないか相談しましょう。家族からお金を借りられず、引っ越しの契約日まで近い場合にはキャッシングやカードローンの利用を検討します。

また、引っ越しの契約日まで1〜3カ月以上余裕がある場合には、公的融資制度を利用できないか確認することをおすすめします。

家族にお金を借りる

引っ越しの初期費用を借りる場合には、まず家族からお金を借りることを検討することがおすすめです。
引っ越しは衣食住に関わることですので、「そのためならば」とお金の工面に協力してもらえる場合もあるでしょう。

メリットデメリット
審査なしで借入できる返済が滞ると、関係悪化のリスクがある
返済金額は5,000円~1万円程度で返しやすい利息なしで借入できる

クレジットカードを作成したときにキャッシング枠を設定していれば、審査なしで借入できます。そのため、「クレジットカード作成時にキャッシング枠を設定した」場合におすすめの借入方法です。

クレジットカードにキャッシング枠を設定しているかわからない場合には、カードの会員専用サイトで確認しましょう。

キャッシング枠のあるクレジットカードでキャッシングする

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードでATMから現金を引き出せるサービスのことです。利用限度額内であれば何度でも借入できるため、引っ越しした後に家具を購入する際にも利用可能です。

メリットデメリット
キャッシング枠を設定していれば、最短即日で借入できるキャッシング枠を設定していない場合、借入まで1週間程度かかる
利用限度額内であれば、何度でも借入できるカードローンよりも金利が高い

クレジットカードを作成したときにキャッシング枠を設定していれば、審査なしで借入できます。そのため、「クレジットカード作成時にキャッシング枠を設定した」場合におすすめの借入方法です。

クレジットカードにキャッシング枠を設定しているかわからない場合には、カードの会員専用サイトで確認しましょう。

CFP(日本FP協会会員)
監修者 金子 賢司の一言コメント!
クレジットカードは、買い物代金を後払いにできる「ショッピング枠」と、利用限度額の範囲内であればお金が借りられる「キャッシング枠」の2つがあります。 しかしキャッシング枠を使い過ぎると、ショッピング枠を圧縮してしまい、利用限度額が下がってしまいます。 公共料金は保険料などをクレジットカードで支払っていると、利用限度額オーバーで支払が滞納してしまう可能性があるため、注意が必要です。

金子さん

金子さん

カードローンでお金を借りる

カードローンとは、消費者金融や銀行が提供している個人向けの融資サービスです。
消費者金融のカードローンと銀行のカードローンでは、金利や融資までのスピードなどが異なります。

消費者金融カードローン銀行カードローン
金利年3.0%~年18.0%年14.0%台
融資までのスピード最短即日最短翌日
借入限度額500万円~800万円500万円~800万円

消費者金融カードローンは最短即日で融資を受けられるため、「引っ越しの初期費用をすぐに用意する必要がある」という場合におすすめです。
しかし、銀行カードローンよりも金利が高めに設定されていることから、引っ越しまでに1週間以上余裕がある場合には銀行カードローンを利用するとよいでしょう。

ただし、消費者金融のカードローンは期間内に返済すれば無利息で借りられるサービスもあるため、たとえば1カ月以内に返済の目途がたっている場合は、消費者金融カードローンのほうがすぐにお金を工面できます。

おすすめの消費者金融カードローンはプロミス

引っ越しの初期費用をカードローンで借りる場合には、プロミスの利用がおすすめです。

おすすめポイント

  • 最短3分※1で借りられる
  • 借入までWebで完結
  • 初回借入日の翌日から30日間は利息0円※2
金利年4.5%~17.8%
審査時間最短3分
融資スピード最短3分※1
web完結
無利息期間初回借入日の翌日から30日間※2
学生の利用◯(18歳以上の場合)
※申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申し込めません。

※1.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
※2.30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供しているカードローンです。実質年率は年4.5%~17.8%で、最大500万円※まで借入できます。
※本審査により決定となります。

即日融資に対応しており、Web・アプリから申し込むと最短3分※で借入できる点が特徴です。そのため、「本日中に引っ越しの初期費用を用意しなければならない」という場合に役立ちます。
※申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。

また、30日間の無利息期間サービスが用意されている点も魅力です。初めて契約する人であれば、初回借入日の翌日から30日間は利息0円で借入できます※。
※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

公的融資制度を利用する

公的融資制度の中には、引っ越しの初期費用を借りられるものもあります。公的融資制度を活用する場合でも次のようなメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
キャッシングやカードローンよりも金利が低い融資までに1〜3カ月程度かかる
保証人がいると無利子になるものもある窓口に足を運ぶ必要があるなど、手間がかかる

公的融資制度はキャッシングやカードローンよりも金利が低めに設定されています。
しかし、融資までに1〜3カ月程度の期間を要することから、「引っ越しの初期費用を支払う契約日までは1〜3カ月程度の余裕がある」という場合に限られます。

引っ越しの初期費用を借りられる具体的な公的融資制度として、生活福祉資金貸付制度と母子父子寡婦福祉資金貸付金を紹介します。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者の方が利用できる社会福祉協議会の融資制度のことです。生活福祉資金貸付制度ではさまざまな種類の資金を借りられますが、その中でも引っ越しの初期費用を借りられるのは、総合支援資金の「住宅入居費」です。

住宅入居費の貸付条件は以下となっています。

貸付の対象者

・低所得者世帯であって、収入の減少や失業などにより生活に困窮している

・公的な書類などで本人確認できる現に住居を有していること、または住宅手当の申請を行い、住居の確保が確実に見込まれる

・実施主体及び関係機関から、継続的な支援を受けることに同意している

・実施主体が貸付及び支援を行うことにより、自立した生活を営むことが可能となり、償還を見込める

・ほかの公的給付または公的な貸付を受けることができず、生活費を賄えない

貸付限度額40万円以内
据え置き期間貸付の日から6カ月以内
償還期間据え置き期間経過後から20年以内
貸付利子

・保証人あり:無利子

・保証人なし:年1.5%

※参照元:新しいセーフティネット 総合支援資金貸付

生活福祉資金貸付制度では、資金や礼金など賃貸契約を結ぶために必要な費用を借入できます。

保証人がいれば無利子で借入できるため、利息を抑えたい場合に最適ですが、融資までに1〜3カ月以上の期間がかかることから、「引っ越しの契約をするのは1〜3カ月は先」など、前もって引っ越しを予定している場合に活用できます。

母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子父子寡婦福祉資金貸付金とは、20歳未満の児童を扶養している配偶者のいない女子または男子、寡婦などがお金を借りられる制度のことです。

母子父子寡婦福祉資金貸付金ではさまざまな種類の資金を貸付けていますが、引っ越しの初期費用を借りられるのは、「転宅資金」です。

転宅資金の貸付条件は以下となっています。


貸付の対象者20歳未満の児童を扶養している配偶者のいない女子または男子、寡婦など
貸付限度額260,000円
据え置き期間6カ月
償還期間3年以内
貸付利子

・保証人あり:無利子

・保証人なし:年1.0%

※参照元:配偶者からの暴力被害者支援情報|男女共同参画局

最大26万円まで借入できて、保証人がいれば利息はかかりません。ただし、借入まで3カ月以上かかることから、こちらも前もって引っ越しの予定を立てられている場合に検討できる制度です。

どちらも突発的なお金の工面には対応できないため、引っ越しはできるだけ計画的に行えるのが理想です。

借りる以外の方法で引っ越しの初期費用を工面する方法

お金を借りる方法を複数紹介しましたが、審査に通らないなどの理由で借入できない人もいるでしょう。
そのような人は、借りる以外の方法で引っ越しの初期費用を工面する必要があります。

  • 身の回りのものを売る
  • 働いて稼いだお金で支払う

上記の方法であれば、借金をしなくても引っ越しの初期費用を準備できます。
ただし、短期間で手に入れられるお金は数千円〜数万円程度であり、引っ越しの初期費用を全額まかなうことは難しいでしょう。足りない分を補填するための策として知っておきましょう。

身の回りのものを売る

身の回りに不要なものがある場合、リサイクルショップやフリマアプリで売却することで、売上を引っ越しの初期費用に充てられます。

リサイクルショップでの売却にはすぐに現金化できるというメリットがある反面、査定価格が安い場合があるというデメリットがあります。
一方、フリマアプリで売却する場合は希望金額で売却できますが、長期間買い手が現れない可能性もあります。

そのため、「査定金額が安くても、できるだけ早くお金を手に入れたい」という場合にはリサイクルショップで売却し、「引っ越しの契約日までは余裕があるため、できるだけ高く売りたい」という場合にはフリマアプリの利用がおすすめです。

引っ越しで荷物の整理をするときに、不要なものを捨てずに上記のいずれかで売ることができれば、不用品を片付ける手間と初期費用の足しにすることを同時に実現できます。

働いて稼いだお金で支払う

借金をせずに引っ越しの初期費用を工面したいのであれば、日雇いバイトや単発バイト、パートなどでお金を稼ぐしかないでしょう。労働時間を確保する必要はありますが、確実に決まったお金を稼げます。

日雇いバイトや単発アルバイトは最短即日で現金を得られるのに対し、パートの場合は指定された支払日まで支払いを待つ必要があります。
「引っ越しの契約日が近い」場合には日雇いバイトや単発アルバイトを行い、契約日まで1カ月以上余裕があるという場合にはパートでお金を稼ぐとよいでしょう。

引っ越しの初期費用を抑えるためのポイント

引っ越しの初期費用を抑えると、支払いが難しい状況を解消できる可能性があります。また、借入が必要な場合でも借入額を減らせます。

引っ越しの初期費用を抑えるためのポイントには、以下のようなものがあります。

  • フリーレントの物件を探す
    フリーレントの物件とは、入居後の一定期間の家賃が無料になる物件です。大家さんができるだけ早く入居者を見つけたい場合に、フリーレントにしていることがあります。
  • 仲介手数料の低い不動産会社を選ぶ
    不動産会社によって仲介手数料は異なります。仲介手数料の低い不動産会社を選ぶことで、仲介手数料を抑えられます。
  • 敷金・礼金がかからない物件を選ぶ
    敷金・礼金は、初期費用の大部分を占めています。物件の中には敷金・礼金を0円に設定しているものもあり、そのような物件を選ぶことで大幅に初期費用を節約できます。

まとめ

敷金や礼金など契約に関わる費用を払わなければ入居できないため、初期費用は契約日までに用意しておく必要があります。引っ越しには数十万円もの初期費用が必要であるため、支払いが難しいと悩む人もいるでしょう。

本記事では引っ越しの初期費用が払えないときの対処法として、以下の方法を紹介しました。

  • クレジットカードで支払い、分割払いやボーナス払いを選択する
  • 不動産会社に相談する
  • お金を借りて引っ越しの初期費用を支払う
  • 借りる以外の方法でお金を工面して引っ越しの初期費用を支払う

引っ越しの初期費用がまとめて支払えない場合には、クレジットカードで支払いできないか不動産会社に相談しましょう。
クレジットカードに対応していない場合には、分割払いや支払い記事の変調を相談し、それでも難しい場合には借入などでお金を用意することがおすすめです。

お金がないの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.