Operated by Ateam Inc.

イーデス

電気代が払えないとどうなる?滞納リスクと払えないときの対処方法を解説

最終更新日:

電気代が払えないとどうなる?滞納リスクと払えないときの対処方法を解説
お金がない
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

日々の生活に欠かせないインフラの一つである電気は、電力会社へ電気代を支払わないと利用し続けられません。

そのため、毎月の使用量に応じて電気代を払わなければいけませんが、夏場や冬場などエアコンを必要とする時期には電気代が多くなって負担が増えがちです。

実際、電気代が高くなって家計を圧迫し、支払うのが困難な状況に直面している人も多いのではないでしょうか。

本記事では、電気代を滞納した場合のリスクや払えない場合の対処法について解説します。
電気が止まると日常生活に大きな支障をきたすため、支払いが難しくなった場合の対処法はここで押さえておきましょう。

この記事を読んでわかること

  • 電気代を滞納してしまったらどうなるのか
  • 電気代を工面できない場合の対処法
  • 電気代を抑えるための改善案
塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

電気代を支払わないと、電力会社は送電を停止します。電気が使えないと日常生活に支障をきたし、最悪健康を害することになるかもしれません。何とか、電気を止めさせないための対策が必要です。電気代を支払う資金を捻出するために、カードローンを使ったり、公的支援制度を利用するのもよい方法です。

  • ファイナンシャルプランナー / 塚越FP社労士事務所

    監修者塚越 一央

    東京都立大学法学部を卒業後、大手都市銀行および銀行系のシンクタンクに41年間勤務。
    定年退職を機に1級ファイナンシャル・プランニング技能士および社会保険労務士のダブルライセンスで「塚越FP社労士事務所」を立ち上げ、現在に至る。
    日本FP協会東京支部主催の「神保町FPフォーラム」に参加し、相続のセミナー講師および相談員を務める。
    また、外部メディアへの記事執筆や監修、コンサルティング業務を手掛ける。

    経営理念「お客様に喜んでいただき、信頼される仕事を目指します」

    • SNS
  • 株式会社エイチームライフデザイン

    編集者イーデス編集部

    「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

    ■書籍
    初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

    ■保有資格
    KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

    ■許認可
    有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

    • SNS

気になる内容をタップ

電気代を滞納したら、電気はいつ止まる?

電気代の滞納を続けるといずれ電気は止まりますが、滞納したからといってすぐに止まるわけではありません。電気が止まるまでの具体的な流れは以下のとおりです。

  1. 検針(電気の使用量を確認する作業)の約30日後を支払期日として電気代の請求が来る
  2. 電気代の請求に記載されている支払期限の翌日から20日後(検針日から50日後)が、最終支払期限に設定される
  3. 支払期限までに支払わなかった場合、支払期限の翌日から利息が発生(年10.0%の利息が設定されているケースが多い)
  4. 支払期限の翌日から20日後(最終支払期限)を過ぎても支払っていない場合は、送電停止の知らせがくる
    最終支払期限の翌日から電気が止まる

すぐに送電が停止されるわけではありませんが、支払日以降は利息がかかるため、遅れればいずれにせよ自身の負担が増加します。そのため、支払期限と最終支払期限の2つは必ず把握しておいてください

なお、支払期限と最終支払期限を知りたい場合には、毎月送られてくる検針票に記載されている内容を確認すれば知れます。

再通電までの手続き

仮に最終支払期限を過ぎて電気が止まってしまった場合、滞納した料金を支払えば再び電気を利用できます。
ただし、料金は延滞利息を上乗せした額を支払わなければいけないため、最初の請求書の料金だけでは足りない点には注意です。

再通電までの手続きは以下のとおりです。

再通電までの手続き

  1. 支払用紙がない場合、クレジットカードによる支払いの場合は電力会社に再通電を希望する旨を伝えて支払方法について確認する
  2. 料金を支払う
  3. 支払い完了後は再通電の申し込みをする
  4. 送電再開

送電を開始するための申し込みをするためには、まず支払いを終えていることが必須条件です。
そのため、請求書があればそれを利用して支払い、ない場合は電力会社に問い合わせて支払方法を確認しましょう。

たとえば東京電力の場合、ホームページにアクセスすると右下にチャットで連絡できる部分があるため、そこから問い合わせると支払方法を確認できます。チャットは自動対応であるため、24時間対応しています。

電気代を滞納した際のリスク

電気代を滞納すると電気が止まるリスクを抱えるのはもちろんのこと、以下4つのリスクも負うことになります。

利息による金銭的な負担だけでなく、信用情報に傷がつくなど、将来的に不都合が生じるリスクを持ち合わせます。
そのため、これら4つのリスクの重みを理解して支払いに遅れないようにすることが重要です。

遅延損害金が発生する

遅延損害金とは延滞利息のことで、支払期限を過ぎた翌日から加算されていきます。遅れた分だけ支払いに利息が加算されるため、電気代をそもそも支払えなかった人にとっては更なる負担になるでしょう。

遅延損害金の計算式は以下のとおりです。

遅延損害金の計算式

遅延損害金=電気料金×10%×日数÷365日

たとえば、電気料金が5,000円で、支払期限を10日過ぎてしまったとします。そうすると計算式は以下のようになります。

遅延損害金=5000円×10%×10÷365=約13.7円

金額自体は大きくないですが、そもそも支払う必要のないお金を支払わなければいけません。
そのため、仮に期限を過ぎてしまったとしたら、できる限り早く払うことを推奨します。

信用情報に傷がつく

クレジットカードでの支払いをしている人に限りますが、支払いを滞納すると信用情報に傷がつきます。

クレジットカードの場合、電気代を延滞するとクレジット会社から見て延滞状態になり、それが続くと長期延滞として信用情報機関に登録されるでしょう。

信用情報機関とは、クレジットカードなどの情報について加盟する各社が客観的事実を登録する機関です。
ここに延滞履歴等の事故履歴が登録されると、クレジットカードの作成やローンの申し込みなどの際に行なわれる審査に通らなくなる可能性が高くなります。

なお、振込用紙や口座引落による支払いの場合には信用情報に傷がつく心配はありません。

身体的なストレスによる体調不良

電気代を滞納することによって送電が止まってしまうと、普段通りの生活ができなくなるだけでなく、身体的なストレスを負うことにもなります。

具体的なストレスを感じる状況は以下のとおりです。

  • 夏場・冬場に冷暖房が使えない
  • 夜に照明が使えない
  • スマホの充電ができない
  • 冷蔵庫が使えない など

人によってはかなりのストレスを感じるものもあるでしょう。

とくに暑さ・寒さが厳しい時期に冷暖房が使えないと、体調を崩す事態にもなりかねません。
場合によっては熱中症などが原因で命にかかわることもあります。

他にも冷蔵庫が使えなくなれば、生ものを保管しておけなくなる点も大きなストレスの要因です。
また、仮に支払える見込みがあったとしても、数日間冷蔵庫が使えなければ中の食材はダメになってしまう可能性が高いでしょう。

法的措置を取られる

滞納が続いた場合、支払いの未払い分に対する督促は債権回収業者に託されます。
その結果、郵便などの方法によって支払い督促が行なわれるでしょう。

督促がきても支払いをしない場合、最後には法的措置を取られる可能性があります。
たとえば、訴訟や強制執行などが挙げられ、裁判所から家や車といった個人財産を差し押さえられてしまいます。

いきなり法的措置を取られるのではなく、督促状が届くなどのステップは必ず踏まれるため、督促状の支払いを無視しなければ法的措置への移行は防げるでしょう。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!

電気代を滞納しても、すぐに電気が止まるわけではありませんが、遅くとも最終支払期限までには支払うようにしてください。電気代を滞納すると、遅延損害金が発生することもあります。電気代をクレジットカードで決済している人は、延滞の状態がクレジット会社を通じて信用情報に登録されるので、注意が必要です。

塚越さん

塚越さん

電気代が払えない場合の対処法

これまで、電気代を滞納することのリスクについて触れましたが、リスクの内容によっては将来的に都合の悪くなるものもあるため、できる限り支払いは遅れないようにするべきです。

支払いを遅らせないためにも押さえておくべき「電気代が払えない場合の対処法」は以下のとおりです。

支払いを待ってもらう

主に「支払いを待ってもらう」「不足分を用意する」「公的制度を利用する」の3通りの方法が挙げられます。

なお、3つの方法の具体的な手段は5つありますが、どの手段を選択すべきかは自身の状況にも左右されるため、それぞれの詳細を良く理解しておくことが重要です。

電力会社へ支払いの相談をする

電気代を支払えず、最終支払期限までお金を用意できそうにない場合は、直接電力会社へ相談してみるのも一つの方法です。

相談することで、送電の停止を延長してもらえる可能性があります。とくに生活に支障をきたす事情がある人は相談を受け付けてもらいやすいです。

たとえば、生活保護を受給している人や事故・ケガによって支払いが難しい人、一人暮らしの高齢者などは相談を受け付けてくれる可能性が高いでしょう。実際に上記のような人は、東京電力の場合だと相談を受け付けてくれます。

即金性の高い仕事をする

即金性の高い仕事、すなわち単発や日雇いのバイトをすることで電気代の不足分を稼げます。

仕事探しの手段は、タウンワークだけでなく日雇い専用のバイトを扱っている求人アプリなどもあるため、いくつかの手段を利用して探してみましょう。
なお、即金性の高い仕事の例は以下のとおりです。

即金性の高い仕事(例:引越し作業のスタッフ)

  • 稼働時間:4時間~8時間
  • 時給:1,000円~1,200円
  • 日給:8,000円~13,000円

地域によって金額等に差はありますが、上記のように募集されているケースが多いです。

また、総務省の「2022年度家計調査単身世帯の調査」によると、一人暮らしの電気代の平均は6,808円であるため、1日で1万円近く稼げれば電気代を賄えるでしょう。

不用品の売却をする

不用品を売却することで現金化できます。

衣服や小物では大きな金額になる可能性は低いですが、ゲーム機などの家電やブランドものであれば数千円、数万円になる期待も持てるでしょう。

たとえば、ブックオフでゲームを買取してもらうとしたら、ニンテンドースイッチ本体だと約1万円~2万5,000円、PS5なら約5万円と比較的高く売れます。
ゲーム機以外にも売れるものはいろいろとあるため、売却できそうなものをピックアップして見積もりをしてもらうのもおすすめです。

また、フリマアプリを利用するといった方法もあります。フリマアプリなら自宅からでも気軽に売却できるため、利用しやすいです。
ただし注意点として、フリマアプリの場合は現金化するまでに時間がかかってしまうケースがあります

カードローンやキャッシングを利用する

カードローン、キャッシングはどちらもお金を借りる方法です。

カードローンやキャッシングを利用すれば、単発バイトや不用品売却よりも比較的早くて手軽に現金を確保できます。電気代の支払期限が迫っており、急を要する場合には最適でしょう。

即日借り入れできるカードローンもありますし、クレジットカードにキャッシング枠が付帯していれば、こちらも同様に即日借り入れできます。
ただし、カードローンとキャッシングはともに借入額に対して利息がつくため、負担額が増える点には注意しなければいけません。

なお、カードローンの一つである「プロミス」では、最初の借り入れから30日間は利息がかからず、一旦借入して30日以内に返金することで利息による負担を抑えつつ借りることも可能です。

カードローンによってサービスの内容は異なるため、これからカードローンの利用を検討している人は、複数のカードローンサービスを比較検討して自身の目的に合うものを選びましょう。

いくつもあるサービスのなかで、とくにおすすめできるカードローンを3種類ピックアップしました。詳細を確認の上、利用を検討してみてください。

プロミス

プロミスは、初回の借入をした日の翌日から30日間利息0円で利用できる消費者金融カードローンです※。
※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

借入利率は年4.5%~17.8%で、利用限度額は最大500万円※です。
※本審査により決定となります。

30日間の利息0円は、仮に早く返済をしても30日間は利息0円の期間が継続されます。
たとえば、借入して10日後にすべて返済したとして、残りの約20日の間に再度借入しても初回の翌日から30日以内であれば利息は0円です。

また、融資スピードが早い点もプロミスの強みで、最短3分※でお金を借りられます。WebやコンビニのATMで借入できるため、利用もしやすいでしょう。
※申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。

プロミスのおすすめポイント

  • 初回借入日の翌日から30日間利息0円
  • 申し込み・借入・返済が24時間可能
  • 最短3分で借入可能
実質年率年4.5%~17.8%
融資限度額最大500万円※
融資スピード最短3分※
審査時間最短3分
Web完結
土日の対応インターネット・アプリを利用する場合は土日対応有り。
コールセンターを利用する場合は平日9:00~18:00
在籍確認原則、電話による在籍確認はなし
郵便物の有無アプリを利用する場合はなし
カードレス
申込条件18歳~74歳のご本人に安定した収入のある人
返済方法残高スライド元利定額返済方式

プロミス

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

アイフル

アイフルは、プロミスと同様に30日間の無利息期間がある消費者金融カードローンです。

ただし、アイフルの場合はプロミスと異なり、契約日の翌日から30日間である点に気をつけましょう。そのため、契約をしたにもかかわらず融資を受けなくても無利息期間は減っていきます。

アイフルの借入利率は年3.0%~18.0%で、最高融資額は最大800万円です。最短18分※で融資が受けられるため、なるべく早く融資を受けたい人に適しています。

アイフルのおすすめポイント

  • 契約日から30日間利息ゼロ
  • 最短18分※で融資可能
  • アプリがあればセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMでの取引が可能

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

実質年率年3.0%~18.0%
融資限度額最大800万円
融資スピード最短18分※
審査時間最短18分※
Web完結
土日の対応
在籍確認原則、電話による在籍確認はなし
※審査により電話連絡されることもあります。
郵便物の有無なし
カードレス
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する人
返済方法借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

アイフル

アイフル
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短18分※最短18分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

おすすめポイント

  • WEB完結!最短18分で審査完了!
  • 初めてなら最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間相談OK!

アコム

アコムは、10サイトを対象とした調査で、「即日欲しい人向けと思うNo.1」「契約・手続きが簡単と思うNo.1」「はじめてでも安心感があると思うNo.1」と、3つの部門で1位の実績がある消費者金融カードローンです。
※参照元:アコム公式サイト

最短20分※で融資が受けられ、希望すればカードレスでの契約もできます。Web完結での申し込みも可能で、書面等のやり取りは一切不要です。
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

また、アコムには「3秒スピード診断」というおすすめの診断サービスがあります。借り入れ可能かどうかを3秒で診断でき、アコムを利用できるか瞬時に判断できます。

なお、借入利率は年3.0%~18.0%で、最大800万円の融資を受けることが可能です。

アコムのおすすめポイント

  • 3秒スピード診断で借入可能かすぐに診断可能
  • 最短20分※で融資可能
  • 希望によってはカードレスも可能

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

実質年率年3.0%~18.0%
融資限度額最大800万円
融資スピード最短20分※
審査時間最短20分※
Web完結
土日の対応
在籍確認原則、電話による在籍確認はなし
※原則、電話での在籍確認はなく、書面や申告内容での在籍確認が実施されます。
郵便物の有無原則なし
カードレス
申込条件20歳以上の安定した収入と返済能力を有する人
返済方法定率リボルビング方式

※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコム

アコム
利用限度額審査時間融資までの時間
最大800万円最短20分※最短20分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年3.0%~18.0%30日間

※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

おすすめポイント

  • 申込~借入までWEB完結!最短20分で融資可能!※
  • 24時間365日いつでも借入&返済できる!
  • はじめての人は、最大30日間金利0円!

生活福祉資金貸付制度を利用する

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や障害者、高齢者の生活を経済的に支え、在宅福祉および社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

都道府県社会福祉協議会が主体となって実施しており、各県内の市区町村社会福祉協議会の窓口で申し込むことで利用できます。

利用条件等の詳細は以下のとおりです。


貸付対象
  • 低所得世帯:必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
  • 障害者世帯:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人の属する世帯
  • 高齢者世帯:65歳以上の高齢者の属する世帯
貸付条件総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類があり、それぞれ条件が異なる。
電気代の場合は、総合支援資金の一時生活再建費にあたり、条件は以下のとおり。
  • 貸付限度額:60万円以内
  • 据置期間:貸付の日から6月以内
  • 償還期限:据置期間経過後10年以内
  • 貸付利子:連帯保証人がある場合は「なし」、連帯保証人がいない場合は「年1.5%」
  • 連帯保証人:原則必須。ただし、なくても貸付は可能

条件に該当しないと借りられないため、まずは自身の状況が借入できる状況下にあるのかを確認しなければいけません。
条件に該当する場合は、連帯保証人さえいれば無償で借りられるため、負担を最小限に電気代を工面できるでしょう。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!

電気代が払えない場合、電気会社に直接相談するのもよい方法です。一時的であれば、消費者金融のカードローンを利用するのもよいでしょう。金利が高いので、返済計画を立てて、早めに返済できることを確認してから借りるようにしてください。条件によっては、生活福祉資金貸付制度を利用できるので、検討してみてください。

塚越さん

塚越さん

電気代が高く支払いがきつい場合の改善案

これまで解説した電気代の対処法は、支払いがきつくなったときの一時的な解決案でしかありません。
支払いが厳しくなる状況が再発してしまえば、先述した対処法では解決しきれないことも考えられるでしょう。

そのため、払えなくなった際の対処法とあわせて、根本的な解決策として以下の改善案の実施も検討すべきです。

電気代が高く支払いがきつい場合の改善案

電力会社の見直しをすることで、毎月の電気代の負担を抑えられる可能性があります。
また、毎月の支出の見直しや収入増加を図ることで、手元に残るお金が増えるため電気代を工面しやすくなるでしょう。

電力会社の見直し

利用する電力会社は変更ができるため、見直して得する電力会社があれば他社に切り替えるのも一つの方法です。

電力会社を切り替える際は、複数の会社をピックアップしてプランを比較検討しましょう。プランはいくつかの種類があります。
たとえば、固定料金プランや従量料金プラン、時間帯別料金プランなどがあるため、自身の生活状況や使用状況にあわせて選択することが大切です。

なお、電力会社を切り替える方法は比較的簡単で、希望する電力会社にオンラインで申し込むだけで完結するパターンがほとんどです。
必要なものは、自身のクレジットカードなどの個人情報と検針票の情報だけで済みます。

毎月の支出を見直す

毎月の支出を見直すことでムダな出費等に気づけるため、節約によって手元に残るお金を増やせます。
手元に残るお金を増やせれば、その分だけ電気代を工面できる可能性が高まるため、毎月の支払いが厳しくなる事態を防げるでしょう。

毎月の支出を見直す方法として、家計簿をつけることをおすすめします。
家計簿をつけることによって毎月の支出を可視化できるため、ムダな部分を明確に把握しやすいです。

最近はスマホで利用できる家計簿アプリなどのツールも増えてきており、無料のものも多いため利用してみてはいかがでしょうか。

また、支出を可視化して見直す際は、以下のような見直しをしてみることで支出を減らせる可能性が見えてくるでしょう。

  • 通信費(スマホ代など)の見直し
  • 保険費用の見直し
  • 外食費の見直し
  • 接待交際費の見直し
  • 娯楽費の見直し など

注意点として、生活自体にストレスを感じるような、無理な支出の削減はしないようにしましょう。ムダな部分(コンビニでお菓子を買うなど)を少しずつ削っていくことが大切です。

収入を増やす

支出をさげようとしても、ムダな部分がなくてこれ以上さげられない場合には収入を増やす方法を考えましょう。
収入を増やす方法は、転職や副業、バイトのシフトを増やすなどが挙げられます。

転職は今よりも高い給与の職に就ければ収入アップに期待できますが、仕事を探して採用してもらうまでにそれなりの期間を要するため、負担がかかる点には注意です。

副業の場合は、仕事を続けながら収入を増やせますが、自分の自由時間が減ってしまいます。

以上のように収入の増加を試みると、方法次第では自由時間の減少や負担増といった弊害をもたらすため、その点は覚悟しておかなければいけません。

公的機関に相談する

これ以上支出を削減できない、仕事が見つからない、といった場合には公的機関に相談することで就職支援を受けられます。

就職支援とは、職業紹介・職業訓練などの就職活動を支援するもので、最終的には就職するまでをサポートしてくれます。

どういった仕事に就けるかは、そのときの募集状況などに左右されるため、自身が理想とする職に就けるかわからない点には注意です。
仮に理想とする職が見つからない場合は、就職エージェントや転職エージェントといった職探しを助けてくれるサービスを利用するのも一つです。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!

電気代を支払うことができなくなることを回避するために、電力会社を見直すことも大事です。今はいろいろな会社が電気事業を行っているので、自分に合った料金体系の会社を探してみてください。また、生活費の支出を見直すことも重要で、スマホ代や保険料、外食費などを見直すことで、支出を抑えることができます。

塚越さん

塚越さん

まとめ

電気代を支払期限までに払えないと、期限を過ぎた翌日から未払い分に対して利息がつきます。

それだけでなく、滞納を続けて最終支払期限を過ぎてしまえば送電を止められるでしょう。
そして送電が止められてしまうと、冷暖房が使えない、冷蔵庫が使えないといった問題が発生し、日常生活に支障をきたします。

もし、電気代を工面できなくて困っている場合には、電力会社への支払い相談から始め、日雇いバイトやカードローン・キャッシングサービスなどを検討しましょう。
働く負担や借入による利息負担などはありますが、送電を止められる心配はなくなります。

お金がないの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短18分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE