Operated by Ateam Inc.

イーデス

千葉銀行カードローンを検討中の方必見!大手銀行との違いを徹底解説

最終更新日:

千葉銀行カードローンを検討中の方必見!大手銀行との違いを徹底解説
カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

ざっくり言うと...

  • 配偶者に安定収入があれば、専業主婦でも借入可能
  • 銀行なのに、電話申込・相談は毎日9:00~21:00という対応時間の長さが強み
  • 千葉銀行の口座があれば、インターネット申込みによるWEB完結可能

「お金がない!」「ついつい、お金を使い過ぎてしまった…」など、生活するうえでお金の悩みはつきものです。

しかし、お金の悩みを放っておくと、家賃の延滞や支払いの滞納など、取り返しのつかない事態にもつながりかねません。

お金の問題を解決するためには、まずはご自身のライフスタイルを改善する必要があります。

それでもお金が足りない場合は、短期的に「カードローン」を活用するのも一つの手です。

ここでは、地方銀行として大きな規模を持つ千葉銀行が直接取り扱う融資商品「千葉銀行カードローン」について徹底解説します。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

千葉銀行は2022年の地方銀行総資産ランキングで4位にランクインしています。「地銀四天王」と言っても良いほどの有力銀行です。首都圏では横浜銀行と双璧を成すトップ地銀のひとつであり、特に千葉県内では他銀行を寄せ付けない存在感があります。実際に千葉県内に限ればメガバンクですら店舗&ATMネットワークの充実度では足元にも及びません。そのため千葉県民の方であればメインバンクとして長年利用されている方も多いことでしょう。
基本的に銀行カードローンでは、まずはメインバンクを最優先に検討するのがセオリーではあります。千葉銀行カードローンが「絶対有利」とまでは言い切れませんが、様々な角度から検討して本当にベストな選択なのかをチェックして下さい。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    千葉銀行カードローンはどんなローン?

    「千葉銀行カードローン」は、千葉銀行が直接取り扱う銀行カードローンです。

    千葉銀行は、千葉県内において最大規模の地方銀行です。

    また、単独銀行としては横浜銀行に次ぐ総資産を誇ります。

    そんな千葉銀行が取り扱うカードローンは、人気の乃木坂46をイメージキャラクターとして起用した銀行カードローンです。

    千葉銀行が取り扱うカードローンには、ちばぎんカードローンちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>があります。

    千葉銀行カードローンの特徴は下記の通りです。

    ちばぎんカードローン
    利用限度額審査時間融資までの時間
    10万円~800万円--
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年1.4%~年14.8%--

    おすすめポイント

    • 来店不要&WEB完結!
    • 銀行ならではの安心金利
    • 千葉全域・茨城全域・東京、埼玉、神奈川(一部地域除く)で借入れ可能
    ちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>
    融資上限額金利審査時間即日融資
    800万円年1.4%~14.8%--
    担保・保証人自動審査パート・アルバイトお試し診断
    エム・ユー信用保証(株)を保証人とします。(保証料は千葉銀行が負担します。) 担保は不要です-

    千葉銀行カードローンの特徴

    1. 実質年率1.4%~年14.8%と低金利
    2. WEB上だけで全ての手続きを完結させられる、「WEB完結」がある
    3. 月々の返済が2,000円からと負担が少ない
    4. 専業主婦でも利用可能
    5. 電話受付時間が9:00~21:00で安心
    6. 千葉銀行本支店もしくはインターネット支店営業地域内に居住、またはお勤めの方が対象

    それぞれのポイントを解説します。

    1. 実質年率1.4%~年14.8%と低金利

    千葉銀行カードローンは、融資上限額10万円~800万円、上限金利年14.8%となっています。

    この金利は消費者金融に比べて低く、利息負担を軽減することができます。

    ちなみに、銀行カードローンの中では標準的な水準です。

    2. WEB上だけで全ての手続きを完結させられる、「WEB完結」がある

    千葉銀行カードローンは、WEB上で全ての手続きを完了できるサービスを取り扱っています。

    この「WEB完結」サービスを利用する条件として、以下2点があります。

    • すでに千葉銀行の預金口座を開設している
    • インターネットからの申し込み

    「WEB完結」を利用する場合は手続きがカンタンなため、カードローン初心者の方でも簡単に申し込みをすることができます。

    3. 月々の返済が2,000円からと負担が少ない

    千葉銀行カードローンの毎月の最低返済金額は、2,000円から※となっています。

    ※約定返済日前日の最終借入残高が10万円以下の場合

    カードローンは毎月1回返済する必要があり、月々の返済金額はカードローンによって異なります。

    したがって、返済金額の多いカードローンもあれば、返済金額の少ないカードローンもあるということです。

    千葉銀行カードローンは毎月の金額が少ないため、返済に対するプレッシャーも小さくなります。

    例えば、千葉銀行カードローンで5万円を借入した場合、毎月2,000円以上返済すれば滞納になりません。

    ちなみに、毎月の返済金額は借入残高が大きいほど多くなり、小さいほど少なくなります。

    このように、毎月の返済が少ない千葉銀行カードローンを利用すれば、ご自身のライフスタイルに合った返済計画を立てることができます。

    4.専業主婦でも利用可能

    千葉銀行カードローンは、専業主婦の方でも申し込みをすることが可能です。

    ただし、申し込み可能な専業主婦の条件として、「配偶者に安定収入があること」と定められています。

    「配偶者に安定収入がある」とは、毎月安定して収入を得ている状態を言い、正社員限定というわけではありません。

    契約社員、パート・アルバイト、派遣社員でも問題なく申し込むことができます。

    大手銀行カードローンの中では、専業主婦の方の申し込みを不可としているサービスもありますので、専業主婦も申し込み可能な点は千葉銀行カードローンの大きなメリットだといえるでしょう。

    5.電話受付時間が9:00~21:00で安心

    千葉銀行カードローンの電話受付時間は、全日9:00~21:00となっています。

    この受付時間は、他社の銀行カードローンと比べても非常に長く、カードローン初心者の方にとっては、いつでも相談しやすいというメリットがあります。

    6.千葉銀行本支店もしくはインターネット支店営業地域内に居住、またはお勤めの方が対象

    千葉銀行カードローンは地方銀行が取り扱うカードローンなので、申し込み可能な地域が限定されています。

    インターネットから申し込みをする場合、千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県(横浜市、川崎市)の地域が対象です。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    銀行カードローンでは申込した銀行の口座開設が必須となるケースが多めです。特に千葉銀行のような地方銀行では口座なしでは利用できないケースが目立ちます。地方銀行としては可能な限り地元でのシェアを高めたいため、口座開設とセットで取引を広げたい狙いがあるわけです。
    しかし利用者側としては、カードローンのためだけに口座開設をするのは煩わしいですし、返済資金を入金するのも手間に感じられるでしょう。基本的には既に千葉銀行の口座で給与振込を利用している、もしくは千葉銀行に給与振込を移せる方であれば便利に利用できます。逆に口座も持っていない状況であれば、千葉銀行カードローンを積極的に選ぶ理由は特に見当たりません。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    千葉銀行カードローンと大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

    銀行カードローンを選択するうえで特に重要なのは、「他社との比較」です。

    しかし、銀行カードローンには独自のサービスや専門的な名称が多く、一概に比較しきれないケースも多いのが実情です。

    また、カードローン初心者にとっては理解しにくい部分が多々あり、比較するだけでも手間を要します。

    そこで、ここでは大手銀行カードローンと千葉銀行カードローンのサービスをまとめて比較し、分かりやすく解説します。

    千葉銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
    カードローン名金利利用限度額審査スピード口座開設毎月の最低返済額提携ATM
    利用手数料
    千葉銀行カードローン年1.4%~年14.8%10万円~800万円-必須(申込時点では不要)2,000円有料(時間帯により110円~220円)
    みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%※1最大800万円最短当日※2必須
    (同時申込可)
    2,000円原則有料
    (110円~220円)
    三井住友銀行 カードローン年1.5%~14.5%10万~800万円最短当日※不要2,000円原則無料
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」年1.8%~14.6%最大500万円最短即日不要2,000円※3無料
    りそなプレミアムカードローン年1.99%~13.5%※10万円~800万円最短翌営業日※必須10,000円有料
    (110円~220円)
    楽天銀行スーパーローン年1.9%~14.5%※4最大800万円最短即日※5不要2,000円原則無料※例外あり
    イオン銀行カードローン年3.8%~13.8%最大800万円-不要1,000円イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

    ※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です。
    ※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
    ※2.みずほ銀行の口座を持っている場合は最短当日~1週間程度、持っていない場合は2~3週間程度かかります。
    ※3.借入利率が年8.1%超の場合
    ※4.通常金利の場合
    ※5.審査完了までは個人差があります。また土日祝は営業していません。

    上記の表は、有名カードローンと千葉銀行カードローンのサービスや手続きを一覧にしたものです。

    他社と比較した際に、千葉銀行カードローンが優れているポイントは、「毎月の最低返済金額」という点です。

    上記の表をご覧いただくと分かるように、千葉銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンや三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの最低返済金額は全て2,000円となっています。
    ※借入利率が年8.1%超の場合

    つまり、千葉銀行カードローンの最低返済金額の水準は有名カードローンと比べても遜色ないということです。

    千葉銀行カードローンの営業地域内にお住まい、または、お勤めの方で、「今は返済がつらいので少しずつ返済したい」「子供が大きくなるまではゆっくり返済したい」というような方は、特に千葉銀行カードローンに向いているといえるでしょう。

    千葉銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

    千葉銀行カードローンは、大手銀行カードローンと比べても遜色ないスペックを誇る銀行カードローンです。

    しかし、カードローンにはそれぞれ特徴があり、長所もあれば短所もあります。

    ここでは、千葉銀行カードローンの強みと弱みをまとめました。

    千葉銀行カードローンの強みと弱み
    強み弱み
    上限金利が年14.8%なので消費者金融カードローンよりも低金利営業地域内に居住またはお勤めの方しか申し込みできない
    専業主婦の方でも利用できる口座開設が必須
    WEB上で契約手続きを完結できる本人確認書類の提出がFAXもしくは郵送のみ
    毎月の返済額が少ないので返済が楽返済方法が少ない
    相談ダイヤルの営業時間が長く利用しやすい提携ATM手数料が有料
    自動返済で返済し忘れの心配がいらない毎月の返済額が少ないため、完済までに時間がかかる

    強み

    千葉銀行カードローンの大きな強みとしては、「相談ダイヤルの営業時間が9:00~21:00と長く利用しやすい」という点があります。

    千葉銀行カードローンはメガバンク系カードローンとは異なり、地方密着型の銀行カードローンです。

    つまり、ターゲットにしているユーザーに大きな違いがあるということです。

    事実、千葉銀行カードローンはメガバンク系カードローンよりもスペックが低めであるにもかかわらず、非常に多くの既存ユーザーに支持されています。

    通常、銀行カードローンは銀行業務の営業時間の影響を受けます。

    フリーダイヤルが設けられていても平日のみの取り扱いだったり、受付時間が短かったりと、利用する側からすると不便に感じる要因の一つになるでしょう。

    けれども、千葉銀行カードローンの営業時間は長く、さらに土日祝日問わず同じ時間帯で利用することができます。

    相談しやすいフリーダイヤルが設置されている点は、特にカードローン初心者にとって非常に頼もしいサービスだといえるでしょう。

    弱み

    一方、千葉銀行カードローンの弱みは、「銀行カードローンの中では標準的な金利」「口座開設が必須」という点です。

    千葉銀行カードローンの金利は年1.4%~年14.8%となっています。

    この金利水準は、消費者金融カードローンと比べれば格段に低く設定されているものの、銀行カードローン全体で見ると標準的な金利帯です。

    大手銀行カードローンの中には上限金利が年10%を切るものもありますので、その点で千葉銀行カードローンの金利は弱みと言ってもいいでしょう。

    また、千葉銀行カードローンを利用するためには、千葉銀行の預金口座を開設する必要があります。

    すでに千葉銀行の口座を持っている方であれば問題ありませんが、口座を持たない方にとっては新規口座の開設手続きが必要となるため、融資までに7~10日程度の時間を要します。

    他の大手銀行では銀行口座開設不要のカードローンもあるので、この点も千葉銀行カードローンの弱みだといえます。

    このように、千葉銀行カードローンには強みもあれば弱みもあるのです。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    千葉銀行カードローンは消費者金融のアコムと深い関係にあるエム・ユー信用保証(株)が保証会社に入っています。銀行カードローンでは保証会社が実質的に審査の大半を担っていることもあり、どの保証会社が選ばれているかは審査の行方を大きく左右する要因のひとつです。
    エム・ユー信用保証(株)は、消費者金融系ということもあって審査スピードには定評があります。審査の厳しさについては公表されていませんが、銀行だからと言って特別厳しいということはありません。
    ただし近年は銀行カードローン全体的に自主規制が強まる傾向にあるため、以前よりも審査通過が厳しくなっている可能性は否定できません。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    FPが教える千葉銀行カードローンに向いている人・向いていない人

    銀行カードローンにはそれぞれ特徴があり、長所もあれば短所もあります。

    つまり、自分に向いているカードローンを選択する必要があるということです。

    ここでは、「千葉銀行カードローンに向いている人、向いていない人」を解説します。

    千葉銀行カードローンに向いている人、向いていない人
    向いている人向いていない人
    すでに千葉銀行の預金口座を持っている審査が早いカードローンがいい
    いつも利用する地元の銀行ATMを使いたい新たに銀行口座を開設せずに融資を受けたい
    専業主婦である居住または勤め先が千葉銀行の営業地域外
    返済に対する負担の少ないカードローンがいい早く完済できるカードローンがいい
    持っている千葉銀行口座を使って簡単に申し込めるカードローンがいい郵送を介さず取引したい
    居住または勤め先が千葉銀行の営業地域内無人契約機でカードを受け取りたい
    電話で相談しやすいカードローンがいい提携ATM手数料は無料のほうがいい
    毎月の返済にATMを利用したい

    千葉銀行カードローンに向いている人を簡単にまとめると、「居住または勤め先が千葉銀行営業地域内」かつ「すでに千葉銀行口座を持っている」方です。

    千葉銀行カードローンのメリットは既存顧客に向けたものが多いため、「いつも使っているのが千葉銀行」「自宅付近に千葉銀行がたくさんある」という方にとっては非常に使いやすいカードローンであり、千葉銀行カードローンに向いているといえます。

    それ対して、「居住または勤め先が千葉銀行の営業地域外」という方や、「郵送を介さず取引したい」という方にとっては、そもそも申し込みできない、もしくは、申し込みできたとしてもデメリットが多く不向きです。

    その場合、別のカードローンを選択したほうがよいでしょう。

    上記表の「向いていない人」に該当箇所が多かった方に向いているカードローンとして1つ厳選するならば、「三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」」がピッタリでしょう。

    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックをおすすめする理由は、以下になります。

    • 無人契約機(テレビ窓口)でローンカードを発行すれば、自宅への郵送物を無くすことができる
    • 年金受給者でも申し込み可能
    • 提携ATMの利用手数料が全て無料
    • 銀行口座を開設しなくても利用可能

    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは、「便利で使いやすいカードローンを持ちたい」という方や、「カードローンを自宅に郵送されたくない」という方におすすめの商品です。

    ▼バンクイックの審査時間について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

    千葉銀行カードローンの返済額早見表

    カードローンを利用するうえで毎月の返済額です。

    カードローンの毎月の返済額は借入金額によって異なります。

    ここでは、千葉銀行カードローンの借入金額や毎月の返済額を一覧にまとめました。

    借入額想定上限金利毎月の返済額
    10万円年14.8%2,000円
    30万円6,000円
    50万円10,000円
    100万円年12.0%15,000円
    150万円20,000円
    200万円25,000円

    自分に合った条件で実際の返済金額・返済期間・借入可能額が知りたい方は、下記シミュレーターをご利用下さい。

    借入希望額と返済期間から毎月の返済金額を算出します。

    万円
    ヶ月
    %
    あなたの毎月の返済金額予想
    0円になると思われます
    • 最終回のご返済金額は端数調整のため多少変動します。
    • 実際のご利用の際は、月の日数の相違などにより、この表の金額とは多少異なる場合があります。
    • このシミュレーションでの試算結果は参考値です。実際のご返済内容とは異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用してください。

    千葉銀行カードローンがおこなう審査時の本人確認について

    ちばぎんカードローン申し込み時に必要な、本人確認書類や収入証明書について詳しく説明します。

    本人確認書類

    仮審査の申し込み段階で、本人確認書類が必要になります。

    本人確認書類に使えるのは以下の書類です。

    • 運転免許証(両面)
    • パスポート(顔写真、名前、住所等の記入箇所を全て)
    • 個人番号カード(マイナンバーのこと。表面のみ。裏面は個人番号が記載されているため送らない)
    • 在留カード(両面)
    • 特別永住者証明書(両面)

    スマホなどのWEB申し込みの場合のみ、本人確認書類をWEB上で提出できます。

    そのため即座に審査が進みます。

    それ以外の郵送・電話などの申し込みでは、郵送で本人確認書類を提出するために審査開始に数日かかります。

    急いでいる場合は必ずスマホ、パソコンから申し込むようにしましょう。

    収入証明書

    限度額が50万円を超える場合は、以下の証明書のいずれかが本審査前に必要になります。

    • 源泉徴収票(最新のもの)
    • 住民税決定通知書(最新のもの)
    • 給与明細書(支給日または発行日が3か月以内のもの) + 賞与明細書
    • 確定申告書 第一表(「税務署受付印」のあるもの)

    給与明細書は1ヶ月分だけでも審査は可能です。

    給与明細書だけでも審査は可能ですが、ボーナスをもらっている人は賞与明細書も提出しましょう。

    というのも、電話で確認したところ、次のように回答がありました。

    「過去1年分の賞与明細書を併せてご提出いただいた場合、給与明細書の金額に加算させていただきます。」

    つまり、保証会社の審査にプラスに働く可能性があるのです。賞与明細書がある場合は提出することをおすすめします。

    在籍確認で会社に電話連絡などはある?

    審査時には、職場への在籍確認が電話で行われます。

    電話は銀行名ではなく個人名を名乗り、カードローンの申し込みは職場には明かしません。

    もし電話で在籍確認が取れない時は、給与明細などで在籍確認を代用してくれる場合もあります。

    電話での在籍確認が難しい場合は、審査前に千葉銀行にあらかじめ相談してください。

    千葉銀行カードローンを借りるための流れ

    千葉銀行カードローンでスムーズに融資を受けるためには、以下3つの条件を全て満たす必要があります。

    • すでに千葉銀行の預金口座を持っていること
    • 手元にキャッシュカードを用意できること
    • WEB完結を利用すること

    それらを満たしたうえで、スムーズに融資を受ける流れは、下記の通りです。

    1. STEP.1

      1.インターネットを利用し、千葉銀行カードローンの公式ホームページにアクセスする

    2. STEP.2

      2.「ネットでカンタンお申込みボタンをクリック

    3. STEP.3

      3.「当行口座『あり』の方はこちら」ボタンをクリック

    4. STEP.4

      4.必要情報を全て入力する

    5. STEP.5

      5.審査の実施

    6. STEP.6

      6.審査結果の回答(電話)

    7. STEP.7

      7.カードローン入金サービスを利用する

    8. STEP.8

      8.振込融資の実施

    ※平日の午前中に全ての手続きを完了してください。その時間を過ぎると、振込融資を受けられない可能があります。
    ※重要注意点:毎週日曜日19:00~月曜日8:00はWEB完結申し込み不可となるため、注意してください。

    なお、千葉銀行の預金口座を持っていない方は口座を新規開設する必要があります。

    たとえカードローンの審査回答を得られたとしても、郵送でのやりとりが生じるため、融資完了までに1週間~10日程度かかることになります。

    また、2018年1月よりすべての銀行カードローンでは即日審査・即日融資ができなくなります。よって、千葉銀行カードローンの審査回答もすぐにもらうことは難しいでしょう。

    仮審査と本審査の流れ

    千葉銀行カードローンの審査では、「仮審査」と「本審査」という2つの段階を経ることになります。

    これらの流れはアコムやSMBCモビット等の消費者金融カードローンでも採用されています。
    仮審査の段階では、身分証明書等の必要書類を提出せず行われることになっています。

    年収等はこの仮審査でチェックされ、基準より不足しているような場合は、仮審査の時点で審査に落ちてしまうことになります。その後、仮審査を通過した方のみに必要書類の提出フォームが送付されます。

    つまり、仮審査は自己申告による情報がメイン、本審査は書類審査がメイン、というような内容になっていると考えられます。

    千葉銀行カードローンの審査時には、居住エリアおよび通勤先のエリアもチェックされることになります。

    なぜ審査時にこのようなエリアチェックがあるのかというと、千葉銀行カードローンの申込条件として、「お住まいまたはお勤め先の所在地が、千葉銀行の本店営業地域内の方(※インターネット支店の場合は、お住まいがインターネット支店の営業地域内の方)」というように定められているからです。

    もちろん、千葉全域は対象エリアになっています。

    年収等の条件以外にも、このような点がチェックされることを理解しておく必要があるでしょう。

    ちなみに、手続きは全てインターネット上と郵送で完結しますので、千葉銀行へ来店する必要はありません。

    審査報告は電話通知

    審査の結果は、電話または郵送にて通知されるようになっています。

    勤務先や家族に内緒で利用している方でも、故意に周囲にバラすような対応は一切ありませんので、安心して利用することができるでしょう。

    他銀行口座への振り込み融資が可能

    ちばぎんカードローンは、他銀行口座への振り込み融資が可能となっています。

    千葉銀行の店頭で「当座貸越金支払請求書」を使用すれば、「インターネットバンキング、テレフォンバンキング」の利用開始前や、「ICローンカード」の到着前に振り込みをしてもらうこともできます。

    「融資までのスピードをなるべく早くしてほしい!」というときは、上記の方法を利用するのがおすすめです。

    千葉銀行カードローンの審査を通りやすくするコツ

    千葉銀行カードローンの審査に通りやすくするコツは、「希望借入額をできる限り抑えること」です。

    借入希望額が大きいほど高い返済能力を求められますが、借入希望額が小さければ、銀行側の貸付リスクも小さくなります。

    貸付リスクを小さくすることで、審査時に求められるハードルを下げられるのです。

    千葉銀行カードローンの保証会社

    ちばぎんカードローンの保証会社は「エム・ユー信用保証(株)」となっています。

    保証会社とは「保証業務」を担当する会社のことです。

    保証業務とは、お金を借りている人が返済できなくなったとき、代わりに返済するという業務になります。

    つまり、保証人の代わりということですね。

    千葉銀行はエム・ユー信用保証に「保証料」を支払うことで、保証業務を担当してもらっているのです。

    このため、無担保・保証人不要でお金を貸すことができるのです。

    ただし、エム・ユー信用保証も無条件で保証業務をするわけではありません。返済できなくなる可能性のある人の保証業務を避けるため、審査をおこないます。

    そうしたことから、ちばぎんカードローンを利用するには、保証会社であるエム・ユー信用保証の審査に通過する必要があります。

    この審査は、保証業務の審査であると同時にカードローンの審査でもあるため、ちばぎんカードローンの審査は実質的にエム・ユー信用保証がおこなうことになります。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    地方銀行のカードローンの場合、ある程度は銀行との取引状況も審査に加味される可能性があります。具体的な審査基準については非公表であるため、残念ながら断定的なことは言えません。
    しかしあえて審査に有利になりそうな要素を挙げるならば、以下のようなものが有力となります。
    ・千葉銀行との取引年数
    ・居住地区(銀行の重点エリアか否か)
    ・給与振込・公共料金の引落・定期預金・住宅ローンなどの利用実績
    基本的には保証会社の審査の占める割合が高いため「良好な個人信用情報」が重視される点は変わりません。しかし銀行との取引実績も加味される可能性は十分に想定されます。千葉銀行をメインで利用している方は審査に有利に作用する可能性は高いでしょう。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    千葉銀行カードローンは借入れ時に毎回連絡はある?家族には利用がバレる?

    ちばぎんカードローンは、借入れごとに明細が自宅に送られてくるようなことはありません。

    しかし、年に2回(4月と10月)にまとめて利用明細が郵送で送られてきます。

    郵送先を自宅以外にすることはできません。

    そのため、郵便物を通して家族にカードローンの利用がバレてしまう可能性があります。

    なお、契約時と解約時にも必ず郵便物が届きます。

    不要なトラブルを避けるためにも、事前に家族には打ち明けておきましょう。

    千葉銀行カードローンの返済方法

    千葉銀行カードローンの返済方法は、「千葉銀行預金口座からの自動引落し」となっています。

    毎月1日(休日の場合は翌営業日)に毎月の返済額が自動振替で返済されます。

    返済時の注意点として、千葉銀行ATMや提携ATMでも返済可能ですが、毎月の引落しは別途行われます。

    つまり、契約上の返済に口座自動振替以外の手段を利用することはできないということです。

    千葉銀行カードローンを利用できる提携ATMは下記の通りです。

    千葉銀行カードローンを利用できるATM一覧
    ATM名利用可能時間手数料
    セブン銀行ATM原則24時間

    (ただし、日曜日のみ21:00まで。返済は全日手数料無料)

    平日の8:45~18:00は1回につき110円、その他の時間帯は1回につき220円
    EnetATM

    (ファミリーマート等)

    ローソン銀行ATM
    イオン銀行ATM8:00~21:00
    ゆうちょATM・月曜日 8:00~23:30

    ・火曜日~金曜日 0:30~23:30
    ・土曜日 0:30~21:00
    ・日曜日 0:30~21:00

    常陽銀行ATM

    筑波銀行ATM
    東京都民銀行ATM
    武蔵野銀行ATM
    山梨中央銀行ATM
    横浜銀行ATM
    東邦銀行ATM

    8:00~21:00平日の8:45~18:00は手数料無料、その他の時間帯は1回につき110円

    ※利用可能時間は店舗により異なる場合があります。 ※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です

    千葉銀行カードローンの提携ATMは種類が豊富です。

    ただし、ほとんどのケースで手数料が必要となりますので、できる限りまとめて返済するほうがお得です。

    まとめ返済は可能?

    まとめ返済は可能です。

    ちばぎんカードローンは千葉銀行やコンビニのATM、インターネットバンキング・テレフォンバンキングにて随時返済が可能となっています。

    そのため、これらの返済方法を利用してまとめ返済をすることができます。

    まとめ返済をすれば返済期間が大幅に短縮され、利息も大きく減るケースが多いため、余裕があれば実行したいところです。

    千葉銀行の提携金融機関

    ちばぎんカードローンは千葉銀行だけでなく、千葉銀行と提携している金融機関でも利用できます。

    提携金融機関で利用できるのは、借り入れと随時返済(口座振替以外の返済)となっています。

    そこで千葉銀行の提携金融機関を以下に記載しておきますので確認しておいてください。

    • イーネットATM「E-net」
    • ローソン銀行ATM
    • セブン銀行ATM
    • 常陽銀行ATM
    • 東京都民銀行ATM
    • 横浜銀行ATM
    • 武蔵野銀行ATM
    • 筑波銀行ATM
    • 山梨中央銀行ATM
    • 東邦銀行ATM
    • ゆうちょATM
    • イオン銀行ATM
    • ビューアルッテATM

    提携ATM利用時の注意点

    提携ATMで利用する場合、利用手数料がかかるケースが多いので気をつけておきましょう。

    たとえば、「イーネット」や「ローソン銀行ATM」、「セブン銀行ATM」といったコンビニATMですと、借り入れ時には110円もしくは220円の利用手数料が発生します。(返済時は無料)

    提携先によっては利用手数料が割引になる

    提携先によってはATMの利用手数料が割引になることもあります。

    たとえば、「横浜銀行ATM」の場合、平日8:45~18:00まではATM利用手数料が無料です。

    この他にも以下の提携ATMではATM利用手数料が割引になります。

    • 常陽銀行ATM
    • 東京都民銀行ATM
    • 武蔵野銀行ATM
    • 筑波銀行ATM
    • 山梨中央銀行ATM
    • 東邦銀行ATM

    千葉銀行カードローンの増額や増枠の仕方

    千葉銀行カードローンの借入枠を増額や増枠するには、「インターネット」もしくは「千葉銀行カードローンフリーダイヤル:0120-68-7878(土日祝日問わず7:00~23:00、12/31~1/3を除く)」のどちらかを利用します。

    インターネットであれば24時間申請できますが、初回申し込みと同様にいくつか情報を入力する必要があります。

    このとき「面倒な手続きは避けたい」という方は、電話での申し込みを選びましょう。
    電話で申し込んだ場合、質問に回答することで借入枠増額の審査を完了させることができます。

    増額審査にかかる時間は、2018年1月以降は未定ですが、新規申込時より審査の難易度が高くなるため、増額審査で落ちてしまう場合もあります。

    少しでも審査に通りやすくするには、最低でも半年程度は利用実績を積んだうえで増額審査を受けましょう。

    ※2018年1月以降、大手を含むすべての銀行カードローンでは即日審査・即日融資が受けられなくなります。よって即日に融資を受けられるのは消費者金融のみとなります。

    千葉銀行カードローンの解約方法

    千葉銀行カードローンの解約方法は、以下2通りになっています。

    • 電話連絡(0120-68-7878)
    • 来店

    ただし注意点として、解約する前には、必ず約定返済額+その他利息等の合計額を完済しておく必要があります。

    千葉銀行カードローンの返済は借入残高に応じたリボルビング方式です。

    随時ご自身のタイミングで返済することができます。スムーズに解約するためにも、事前に残高をチェックしておきましょう。

    なお、解約後に再度カードローンを申込することも可能ですが、前回と同様の極度額を必ず獲得できるわけではありません。

    したがって、千葉銀行カードローンの解約は十分に検討した上で行うようにしましょう。

    ちばぎんカードローン
    利用限度額審査時間融資までの時間
    10万円~800万円--
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年1.4%~年14.8%--

    おすすめポイント

    • 来店不要&WEB完結!
    • 銀行ならではの安心金利
    • 千葉全域・茨城全域・東京、埼玉、神奈川(一部地域除く)で借入れ可能

    千葉銀行の「プレミアクラス」というカードローンもある

    千葉銀行には「プレミアクラス」というカードローンもあります。

    プレミアクラスは年収600万円以上の方向けのカードローンとなっており、ちばぎんカードローンとは以下のように貸付条件がことなります。

    金利(実質年率)年3.8%~年5.5%
    限度額300万円・400万円・500万円
    使いみち基本自由(事業性資金は除く)
    契約期間インターネットバンキング・テレフォンバンキング・ICローンカード
    返済方法自動引落し
    保証人・担保不要

    プレミアクラスの特徴

    プレミアクラスの特徴は以下の2点です。

    • 金利が年3.8%~5.5%と低金利
    • 限度額は最低でも300万円から

    金利は年3.8%~5.5%!

    プレミアクラスの金利(年利)は年3.8%~5.5%と非常に低くなっています。最高でも年5.5%という上限の利率なので、大変有利な条件で借り入れすることができます。

    このため、利息を抑えて借りることをしやすくなっています。

    実際に通常のちばぎんカードローンと、どれくらい利息差があるのか計算してみましょう。計算方法は借入額を30万円として、「借入額×金利÷365×返済期間」で算出しています。

    返済期間プレミアクラス(金利年5.5%)ちばぎんカードローン(金利年14.8%)
    1年16,500円44,400円
    2年33,000円88,800円
    3年49,500円133,200円
    4年66,000円177,600円
    5年82,500円222,000円

    ご覧のようにかなりの利息差がついています。とくに返済期間が長くなるほどその差は広がっていき、返済期間が5年の場合は139,500円も利息差があります。

    このようにプレミアクラスは大変金利が低いため、利息も大きく抑えることができる可能性が非常に高いのです。

    また、プレミアムクラスは千葉銀行で住宅ローンを利用している場合、金利が年0.20%割引になるというメリットもあります。

    この金利割引を受けられる場合、通常年3.8%~5.5%から年3.6%~5.3%に変更になり、さらに低金利での借り入れが可能です。

    限度額が最低300万円からと高額!

    プレミアムクラスの限度額は、300万円400万円・500万円の3つのいずれかに設定されます。

    最大限度額が500万円と、ちばぎんカードローン(最大800万円)より低いものの、最低でも300万円から適用となっています。

    最低限度額これほど高額のカードローンはあまりないため、この点も大きなメリットです。

    とくに「数百万円単位の大きなお金が必要になった!」という高額の借り入れをしたいときは、非常に最適なカードローンと言えるかと思います。

    プレミアムクラスの申込条件は非常に厳しい

    プレミアムクラスは大変有利な条件で借り入れができるカードローンですが、その分以下のように申込条件が非常に厳しいです。

    • 契約時の年齢が満20歳以上満60歳未満
    • 同一勤務先に3年以上勤務が必要
    • 安定継続した年収が600万円以上あること
    • 千葉銀行で給与振込を利用中、もしくは今後利用すること(住宅ローン契約者を除く)
    • 現在の住まい、または勤め先の所在地が千葉銀行の営業地域内にあること
    • 本人居住用の住宅を保有(同居家族の保有を含む)していること
    • 個人事業主・同族会社オーナ(家族を含む)でないこと(師士業者(医師・弁護士・公認会計士・税理士・不動産鑑定士・司法書士・弁理士)は除く)
    • 「ちばぎん保証(株)」または「(株)ジャックス」の保証を受けられること
    • ちばぎん保証(株)のカードローンや、(株)ジャックス保証付カードローンの契約中でないこと

    プレミアムクラスはこれらの条件をすべて満たす人しか利用できません。

    また、申込条件を満たしたとしても審査に通るかは話しが別です。審査も非常に厳しくなるかと思いますので、利用できる人は限られてくるでしょう。

    それでもこれだけの好条件で借り入れできるカードローンはそうありませんので、審査に自身のある人は申し込みをしてみても良いかと思います。

    まとめ

    千葉銀行カードローンは、既存ユーザーにとってのメリットが非常に高いカードローンです。
    しっかりとポイントを押さえて、計画的に利用してください。

    地方銀行カードローンの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.