JCBザ・クラスはJCBの最高峰カード!充実の特典やサービスを徹底解説

ナビナビ
JCBザ・クラス

2022-06-14

クレジットカードを使っているなら、「いつかブラックカードを使ってみたい」とあこがれの気持ちを抱くことがありますよね。

JCBザ・クラスは、日本のクレジットカード国際ブランドであるJCBが発行しているブラックカード。

興味があって公式サイトなどを見ても、直接は申し込めないことから、どうすれば持てるのか、気になる人も多いでしょう。

また、持つとどんなサービスを利用できるのか気になっても、ほとんど公式サイトに掲載されていません。

この記事では、

について紹介します。

ぜひ最後まで読んでいただき、JCBザ・クラスを手に入れる方法を知ってください。


なびすけ

菊地崇仁

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。
【専門家の解説】

最近はプラチナカードも申込制のカードが増えてきました。
今でもインビテーション制のカードは一部となり、ザ・クラスもその1つです。

JCBカードの最高峰カードであり、年会費は5.5万円と高額ですが、年1回送られてくるメンバーズ・セレクションは約2万円相当と他社カードのカタログギフトよりも圧倒的にレベルが高いです。

菊地崇仁さん
菊地崇仁さん

株式会社ポイ探 代表取締役

2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。
約100枚のクレジットカードを保有、年間約150万円の年会費を支払われている、まさにクレジットカードの専門家。
一般カードからプラチナカードまで幅広い層のカードを実際に保有・利用し、日々様々なメディアにて、使った人にしか分からない信用できる情報提供を行われています。所有されているすべてのカードを月に1度は必ず利用しながら、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究されているそうです。

目次

JCBザ・クラスの基本情報をチェック!

JCBが発行する最高峰カードであるJCBザ・クラスの国際ブランドはもちろんJCB。
国内外のJCB加盟店で買い物に使えます。

この章では、JCBザ・クラスの基本情報を紹介します。

くわしく見ていきましょう。  

JCBザ・クラスの年会費

JCBザ・クラスはJCBの発行する最高峰カードとあって、年会費はゴールドやプラチナなど他のカードに比べて高額に設定されています。

JCBザ・クラスの年会費は下記の通りです。

年会費55,000円(税込)
家族カード年会費無料
ETCカード無料
JR東海
「エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)」
1,100円(税込)

JCBプラチナの27,500円(税込)に比べて2倍の年会費が必要など、他ランクのカードより高額です。

電子マネーにも対応

JCBザ・クラスはさまざまな電子マネーにも対応しており、クレジットカードを提示しなくても買い物に使えます。

代表的なのがQUICPayで、スマートフォンで設定するか別途QUICPayの専用カードを申し込むことで利用可能です。

JCBザ・クラスはd払いなどQRコード決済の支払い方法への設定もできますが、PayPayなど決済方法によっては対応していないこともあります。

JCBでのチャージや支払いに対応している電子マネーQRコード決済であれば、支払いへの設定ができますので、活用していきましょう。  

いざという時の補償も充実

JCBザ・クラスは年会費が高額な分、さまざまな保険が付帯
本会員や家族会員、家族特約対象者は補償を受けられます。

JCBザ・クラスに付帯している保険の概要は下記の通りです。

  • 海外旅行傷害保険最高1億円補償
  • 国内旅行傷害保険最高1億円補償
  • 国内・海外航空機遅延保険
  • ショッピングガード保険1年間に500万円を限度に補償
  • ゴルファー保険最高1億円補償

旅行先のトラブルや購入した物の損害など、いざという時も補償されて安心です。  

ポイントが優遇される

JCBザ・クラスのOki Dokiポイント付与率は通常1,000円(税込)利用ごとに1ポイントと、一般カードと変わりません。

ただしポイントの有効期限獲得月より5年間と、2年間の一般カードや3年間のゴールドカードと比べて長く、長期間ためられます。

さらに、前年度の利用額に応じて、JCB STAR MEMBERSでのポイントアップ率が上がります。   

JCB STAR MEMBERSでのポイントアップ率が高い

JCB STAR MEMBERSとは、集計期間中のJCBカード利用額に応じてポイントアップするサービス。JCBザ・クラス含めた上位のJCBカードは、より高くポイントアップします。

JCBザ・クラスのポイントアップ率と対象期間は下記の通りです。

集計期間中の利用合計金額(税込)ランク適用中のポイント
300万円以上70%UP
100万円以上60%UP
50万円以上30%UP
30万円以上20%UP
集計期間メンバー特典適用期間
JCB STAR MEMBERS 20232021年12月16日〜
2022年12月15日利用分
2023年2月〜
2024年1月支払い分
JCB STAR MEMBERS 20222020年12月16日〜
2021年12月15日利用分
2022年2月〜
2023年1月支払い分
JCB STAR MEMBERS 20212019年12月16日〜
2020年12月15日利用分
2021年2月〜
2022年1月支払い分

ゴールド以下のカードに比べてポイントアップ率が高く、続けて使うと効率よくポイントをためられます。  

招待でのみ獲得できる

JCBザ・クラスは他ランクのJCBカードのようにはいきなり申し込めません

公式サイトの「JCBオリジナルシリーズのご紹介」ページを確認しても、JCBザ・クラスのみ掲載されておらず、公式サイトからは申し込めないことがわかります。

JCBザ・クラスは招待制で、特別に選ばれた人だけに案内が届き、その人だけが申込可能です。

もしJCBザ・クラスを手に入れたければ、JCBプラチナJCBゴールドなど、下位ランクのカードで利用実績を重ねていきましょう。

この章では、JCBザ・クラスの基本情報を紹介してきました。

次の章では、JCBザ・クラスの付帯サービスをご紹介します。

JCBザ・クラスの魅力的な付帯サービス

JCBザ・クラスはJCBの最上位カードとあって、魅力的な付帯サービスがたくさん付帯しているカードです。

この章では、JCBザ・クラスの付帯サービスをご紹介します。

くわしく見ていきましょう。  

菊地崇仁

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。
【専門家の解説】

また、コンシェルジュデスクの応答も早く、安心して利用できるのもメリットでしょう。

東京ディズニーリゾート内のJCB Loungeを利用できるのもザ・クラスのみ(USJのJCB LoungeはJCBプラチナなども対象)となり、JCBで最も特典が豊富なクレジットカードになります。

メンバーズ・セレクションなどを考えると、JCBプラチナを保有するよりもメリットがあるため、JCBプラチナからステップアップするのがおすすめです。

ザ・クラス メンバーズ・セレクション

ザ・クラス メンバーズ・セレクションとは、JCBザ・クラス会員が年に1回好きな商品を1つ選んで、無料で利用できるサービスです。
選び抜かれた上質な品々の中から選択できます。

選べる商品は2万円分のJCBトラベルクーポンなど、高額なアイテムやサービスなどです。

毎年無料でもらえる点は、ザ・クラスを使い続けるメリットと言えます。  

ザ・クラス・コンシェルジュデスク

ザ・クラス・コンシェルジュデスクは、JCBザ・クラスの会員が利用できる、手配・予約代行サービス
24時間・365日利用可能です。

サービス内容は旅の手配・予約やゴルフ場のご案内など、さまざまなご相談に可能な限り対応してくれます。

時間を気にせず利用可能、日本時間が深夜であっても気兼ねなく依頼でき便利です。  

グルメ・ベネフィット

グルメ・ベネフィットとは、JCBザ・クラス会員がレストランで利用できる期間限定の優待サービス。

対象となる国内有名レストランの所定コースメニュー2名以上で予約すると、1名分の料金が無料です。

予約は希望日の3日前までに、日時と人数をザ・クラス・コンシェルジュデスクへ電話するだけで済みます。

プライベートな会食はもちろん、ビジネスでの接待など、さまざまなシーンで活用できるサービスです。  

JCBプレミアムステイプラン

JCBプレミアムステイプランは、JCBザ・クラス会員が利用できる、ホテルや旅館の優待サービスです。

有名ホテルのスイートなど上位ランクの部屋を優待利用できるうえ、プラン利用でOki Dokiポイントが5倍付与されます。

利用できる部屋の一例

  • 帝国ホテル東京のコーナースイート
  • ザ・リッツ・カールトン大阪のエグゼクティブスイートダブル
  • 加賀屋の最上階20階の客室

普段なかなか泊まれない高級宿を優待利用できるので、記念日の旅行などに活用するのにおすすめですよ。  

空港ラウンジサービス

JCBザ・クラスはゴールドカード以上で利用できる国内外の空港ラウンジも利用可能。
空港ラウンジで提示するクレジットカードの種類によっては年間の利用回数が制限される場合もありますが、JCBザ・クラスなら回数制限なく使えます

利用できるラウンジは、羽田空港など国内主要空港に設置されているラウンジやハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のIASS HAWAII LOUNGEです。

利用回数を気にせずラウンジを利用可能と、国内線に乗る機会が多い人にとってもメリットが大きいです。   

プライオリティ・パスが無料

プライオリティ・パスとは、世界中の国や地域にある空港ラウンジを無料で使えるサービス。
通常だと年会費だけで99米ドルかかりますが、JCBザ・クラスの本会員なら無料で申し込めます。

プライオリティ・パスの対象となるラウンジは1,300カ所以上あり、日本でも成田国際空港などいくつかのラウンジが対象です。

有料のラウンジを無料で利用して、空港での長い待ち時間も有意義に過ごしましょう。   

ラウンジ・キー

ラウンジ・キーも、世界中のラウンジを使えるサービス。
対象となるラウンジは世界中の空港に1,100カ所以上あります。

ただし、1回ごとの利用料として32米ドルの支払いが必要です。

家族会員も利用できるサービスですので、家族カードの所有者が海外に出かける時に使ってみてください。  

国内観光地でのラウンジサービスもある

JCBザ・クラスを持っているなら、国内観光地周辺のラウンジ利用可能です。
長時間歩き続けた後、わざわざカフェに入らなくても休憩ができます。

代表的なラウンジは下記の通りです。

 ラウンジごとの特徴をご紹介します。   

JCB Lounge 京都

JCB Lounge 京都は、京都駅ビル内にあるJCB専用ラウンジ
JCBザ・クラスの会員が利用できます。

京都に到着して一息つきたい時や、観光を終えて休憩したい時に便利です。

京都だとJCBザ・クラス会員が利用できるレストラン優待サービスの京爛漫もありますので、合わせて活用してください。   

SMALL WORLDS TOKYO

SMALL WORLDS TOKYOは、東京の有明エリアにある大規模な商業施設。施設内にある有料ラウンジは、通常の入場料はワンドリンク付きで500円です。

JCBザ・クラスを提示すれば、2名まで無料でラウンジを使えます。

ラウンジ内には関西国際空港で使用されているのと同じソファが設置されており、ビジネスクラスで旅行しているかのような気分でくつろげますよ。  

クラブオフに無料登録できる

JCBザ・クラスの付帯サービスのひとつであるJCB GOLD Service Club Off(以下、クラブオフ)は、本会員と家族会員が利用可能な優待サービス。

映画館やスポーツクラブ、ファミリーレストランをはじめとする、全国70,000カ所以上の施設を、最大80%引きで利用できます。

クラブオフはJCBザ・クラスの会員なら無料の会員登録さえ行えば利用可能です。
登録するだけで優待を受けられ、活用すると日常的な支出を少しずつでも抑えられます。

この章では、JCBザ・クラスの付帯サービスを紹介してきました。

次の章ではJCBザ・クラスのインビテーションを獲得したい人におすすめのクレジットカードをご紹介します。

JCBザ・クラスのインビテーションを獲得するために使っておきたいカード3選

JCBザ・クラスは直接申し込むことはできません。

しかし、下位ランクのJCBを使っていると招待されることがありますので、JCBザ・クラスが欲しい人は下位ランクのJCBで利用実績を積むのがおすすめです。

この章ではJCBザ・クラスのインビテーションを獲得したい人におすすめのクレジットカードをご紹介します。

くわしく見ていきましょう。  

申し込み可能なJCBカードの中で最上位ランク「JCBプラチナ」

JCBプラチナは、申込可能なJCBの中で最上位のクレジットカードです。

三井住友やアメリカンエキスプレスなどの他社プラチナカードと比較した場合、年会費がそれほど高額ではありませんが、サービスは充実しています。

年会費や主な付帯サービスは下記の通りです。

年会費27,500円(税込)
家族カード年会費1人目無料
2人目以降3,300円(税込)/人

主な付帯サービス

  • プラチナ・コンシェルジュデスク
  • グルメ・ベネフィット
  • プライオリティ・パス
  • JCBプレミアムステイプラン
  • 国内外旅行傷害保険最高1億円補償
    など

一部JCBザ・クラスと同じサービスを利用できます。
JCBザ・クラスの招待をできるだけ早く手に入れたい人や、他社ゴールドやプラチナなどである程度実績がある人におすすめです。

JCBプラチナ
年会費初年度:27,500円(税込)
2年目以降:27,500円(税込)
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短3営業日(通常1週間程度)※
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • 24時間365日利用可能「プラチナ・コンシェルジュデスク」
  • レストランで1名様分が無料「グルメ・ベネフィット」
  • 世界中の空港VIPラウンジを無料利用「プライオリティ・パス」
  • 最高1億円補償の海外・国内旅行保険が自動付帯!
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのラウンジ招待!
\新規入会限定/Amazon.co.jp利用&Apple Pay・Google Pay利用で最大35,000円キャッシュバック!
公式サイトへ

※翌日お届け対象外

他社のゴールドから乗り換えるなら「JCBゴールド」

JCBゴールドは、JCBの発行するゴールドカードで、複数のデザインから選択可能です。

利用を続けて一定条件を満たした人であれば、ワンランク上のゴールドカードである「JCBゴールド ザ・プレミア」や「JCBザ・クラス」への招待を受け取れる場合もあります。

JCBゴールドの年会費や主な付帯サービスは下記の通りです。

年会費オンライン入会で初年度年会費無料
2年目以降11,000円(税込)
家族カード年会費1人無料
2人目以降1,100円(税込)/人
(本会員が無料の場合無料)

主な付帯サービス

  • 空港ラウンジサービス
  • ラウンジ・キー利用権(1回32米ドル)
  • 最短当日発行、翌日受取
  • 海外旅行傷害保険最高1億円補償、国内外旅行傷害保険最高5,000万円補償
  • 国内・海外航空機遅延保険付帯 など

さらに上位のカードへのランクアップを狙いやすいので、これまで他の一般カードを使っていてある程度利用実績があるなら、ぜひ申し込んでみてください。  

JCBゴールド
年会費初年度:無料※1
2年目以降:11,000円(税込)
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短翌日※2
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • JCB最高峰のカードを目指すための登竜門!
  • 【新規入会限定】新規入会&カード利用で最大25,000円キャッシュバック!
  • ゴールドカードなのに翌日発行可能!
  • ハワイや国内空港ラウンジ利用可能!
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険!
\新規入会限定/2022年9月30日(金)までに新規カード申し込み&Amazon.co.jp利用/Apple Pay・Google Pay利用で最大36,000円キャッシュバック!
公式サイトへ

※1 オンライン入会申込限定。資料請求での申込、お切り替えの方は対象外。

※2 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください

クレジットカードの利用歴があまりないならまずは「JCB一般カード」から

JCB一般カードはJCBの発行する一般カード。
若い人やクレジットカードを持ったことがない人でも申し込みやすいカードです。

JCB一般カードの年会費や主な付帯サービスは下記の通りです。

年会費1,375円(税込)
2年目以降条件付き無料
(前年度50万円以上の利用かつMyJチェックの登録)
家族カード年会費440円(税込)/人
(本会員が無料の場合無料)

主な付帯サービス

  • 国内外旅行傷害保険最高3,000万円補償
  • ショッピングガード保険最高100万円補償
  • JCBオリジナルシリーズパートナーでの利用でポイントアップ(セブンイレブン、アマゾンなど)
  • 条件を満たすと翌年の年会費無料
    など

ゴールド以上に比べると付帯サービスはあまりありませんが、とにかく申し込みやすいのが魅力。

いつかはJCBザ・クラスが欲しくても、今はまだクレジットカード自体の利用実績が足りず、ゴールド以上だと審査に通過する自信がない人におすすめですよ。

この章ではおすすめのクレジットカードを紹介してきました。

将来JCBザ・クラスの招待をもらうために、自分に合うクレジットカードをぜひ申し込んでください。

JCB 一般カード
年会費初年度:無料※1
2年目以降:1,375円(税込)条件達成で無料※2
ポイント還元率0.5%~5.0%
国際ブランド
    jcb
電子マネー
    applePaygooglePayquicpaysuica
発行スピード最短翌日※3
限度額公式サイト参照
ETC年会費無料
追加カード

ETCカード

家族カード

マイレージ還元率(最大)0.3%~0.78%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名OkiDokiポイント

注目ポイント

  • 【新規入会限定】新規入会&カード利用で最大17,000円キャッシュバック!
  • 最短即日発行で翌日お届け
  • Web入会なら初年度年会費無料!
  • 【期間限定】お友達紹介で1,500円キャッシュバック!
  • Amazonなどの優待店でもポイントが貯まる
\入会特典/Amazon.co.jp利用&Apple Pay・Google Pay利用で最大17,000円分プレゼント
公式サイトへ

※1 オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料。(本会員の方が対象です。資料請求でお申し込みの方は対象となりません。)※2 MyJチェックのご登録&年間合計50万円(税込)以上のご利用で翌年の年間費無料

※3 平日11:00AMまでに申込完了し、12:00PMまでに「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」メールを申込時に登録したメールアドレスにお送りした場合のみ翌日お届けの対象。なお、未成年・学生の方はオンラインで口座設定することができないため、翌日お届けの対象になりません。

まとめ


くれじい

JCBザ・クラスは、JCBの最上位であるブラックカード。

24時間365日対応してくれるコンシェルジュや宿泊の優待サービス、国内外の空港ラウンジなど、たくさんの魅力的なサービスが付いています。

しかしJCBザ・クラスは招待制で、今すぐ欲しいと思っても申し込めません。
まずは申込可能なJCBカードから使っていくことで、選ばれた人招待が届きます

いつかJCBザ・クラスへの招待を手にするためにも、まずはJCBプラチナなどのJCBカードを申し込んで使い続け、利用実績を重ねていきましょう。

関連記事