Operated by Ateam Inc.

イーデス

個人間融資の掲示板は危険!絶対後悔する間違った即日借入の方法

最終更新日:

個人間融資の掲示板は危険!絶対後悔する間違った即日借入の方法
即日融資
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「個人間融資の掲示板で即日お金が借りられる?」

この記事に訪れた人は、上記のように個人間融資の掲示板での借入を検討しているのではないでしょうか?

しかし、思いとどまらないと大変なことに。

なぜなら、個人融資掲示板は危険が多く、ヘタをすれば犯罪に巻き込まれてしまうケースもあるからです。

そこでこの記事では、個人融資掲示板でお金を借りる危険性をお伝えします。

また、

  • お金を借りたいならどうすべきか?
  • もし借りられないならどうしたら良いか?

といったところまでお伝えし、あなたのお金の悩みがきっと解決できますので、ぜひ参考にしてください。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

最近ではメルカリやペイペイフリマといった、いわゆる「フリマサービス」の利用が広がり、個人間の売買も日常のこととなっています。 初期はトラブルも多発していたようですが、企業が積極的にサービス改善を進めた結果、比較的安心して利用できる環境が整っています。 こうした個人間売買に慣れてくると、なんとなく個人間でのお金の貸し借りも平気に感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。 しかし個人間の「商品売買」と「お金の貸し借り」は、似ているようで全く異なるものなのです。 金融庁や警察などでも個人間融資に関する注意喚起情報を提供していますので、絶対に利用してはいけません。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    個人間融資の掲示板はどういった仕組みか

    はじめに、個人融資掲示板について詳しく知っておきましょう。

    個人融資掲示板とは、その名のとおり個人間でお金の貸し借りをおこなうためのインターネット掲示板のこと。「お金貸して掲示板」または「お金貸します掲示板」とも呼ばれます。

    掲示板の仕組みとして、以下のようになっています。

    1. STEP.1

      お金を借りたい人、または貸したい人が掲示板に書き込みをする

    2. STEP.2

      それを見た人が書き込みに応募する

    3. STEP.3

      メールや電話などで個人的に連絡をとり、お金の貸し借りをする

    このため、個人融資掲示板は消費者金融や銀行のような面倒な手続きや審査などなく、お金を借りることができるという利点があります。

    そして個人融資掲示板は、単なる掲示板にしかすぎないため、サイトの利用手数料も一切発生しません。

    ただし、その利用はすべて自己責任。のため、何かトラブルに巻き込まれてしまったとしても、サイト側は一切保証などをしてくれません。

    どういった内容の書き込みがある?実際にある借り手&貸主の条件例

    個人融資掲示板にはどのような書き込みがあるのでしょうか?

    とある掲示板を調査し、その一例を掲載してみたので参考にしてください。

    お金を借りたい人の書き込み

    住所:神奈川県
    年齢:47歳
    希望額:20万円
    希望返済:分割
    コメント:
    子ども抱えながら仕事を掛け持ちしているシングルママです。 借金の返済期限がすぐ迫ってきているのにお金がありません。 毎月2万円ずつの返済で貸してもらえないでしょうか? よろしくお願いします。

    お金を貸したい人の書き込み

    住所:福岡県
    融資可能額:10万円
    融資条件:電話で状況などの話し合いが出来る方のみに融資します。
    コメント:
    親身になってサポートしますので、どこからも借入できずに困っている ときは私に相談してください。 まずは、相談だけでもかまいませんのでご連絡をお待ちしております。

    細かい部分はサイトによっても違いますが、個人融資掲示板では上記のような書き込みが一般的。

    そして「これは!」と思った書き込みに応募して、個人的に連絡をとり、銀行振込や直接会うなどをしてお金の貸し借りをおこないます。

    しかし、はっきり言って掲示板でお金を借りようとするのは危険なため、おすすめできません。その理由を次章でお伝えします。

    FP2級技能士・宅地建物取引士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    現在稼働していると思われる個人間融資の掲示板を私も実際にチェックしてみました。 いずれも一見すると丁寧で優しい印象を持たれるように苦心している様がうかがえます。 しかし公開されている情報はとても少なく、元金融機関人としては「絶対にこんな得体のしれない相手からお金を借りるなんてありえない」という感想しか思い浮かびません。 しかしながら私が時々利用しているフリマサービスとも雰囲気が似ていると感じてしまったのも事実です。 とは言うものの顔もわからないような相手からお金を借りるなど、危険すぎて絶対にNGです。 一時しのぎにすらならない可能性が大ですから、間違っても相談などなさらぬようにして下さい。

    武藤 英次

    武藤さん

    なぜ個人間融資は危険なのか?

    個人間融資掲示板がおすすめできない理由は、正規の貸金業者ではないため、非常に高金利での貸付をされる可能性が高いからです。

    正規の業者であれば、金利は利息制限法によって「年20.0%」までと決まっています。

    しかし、個人の貸し借りの場合はこれに当てはまらず、「年109.5%」までならOK。

    そのため、正規業者で借入するよりもはるかに高い金利を要求されることが多く、利息もかなりかかってしまう可能性が高いのです。

    また、個人間融資の危険はそれだけではありません。

    個人間融資で起こりうる被害とは

    個人間融資は高金利になる可能性が高いという以外にも、以下のような危険があります。

    • 個人情報漏洩
    • 闇金を利用してしまう可能性がある
    • 逆にお金を騙し取られる
    • 多重債務者に陥ってしまう危険がある
    • 犯罪の片棒を担がされる
    • わいせつ行為の強要

    個人情報漏洩

    個人間融資掲示板での借入は、個人情報漏洩の危険性が高いです。

    貸し手の中には「本人確認のために身分証を確認します」などと言って、身分証の提示を求めてくるケースがあります。

    そうしたケースの中には、個人情報を盗む目的である場合が多くあるのです。

    個人情報を盗まれた結果、あなたの情報が悪用され犯罪に利用されたり、闇金業者などに情報が流れたりする危険があります。

    闇金を利用してしまう可能性がある

    掲示板を闇金業者が利用している可能性も高いです。

    そのため、闇金と認識せずに借入してしまい、法外な金利の請求や、強引な取り立てをされる恐れがあります。

    逆にお金を騙し取られる

    逆にお金を騙し取られる場合もあります。

    「手数料を先に支払ってください」、
    「返済能力を確認するため保証料を振り込みしてください」

    などと言って、数千円~数万円程度のお金を要求されるケースがあります。

    そしてそのお金を支払うとそのまま音信不通になるという、よくある詐欺の手口です。

    多重債務者に陥ってしまう危険がある

    多重債務者に陥ってしまう危険もあります。

    先にお伝えしたように、個人間融資は年109.5%の超高金利が可能。利息が高額になって返済できなくなり、

    新たな借入をくり返して、借金を借金で返済する多重債務者に陥ってしまいます。

    犯罪の片棒を担がされる

    犯罪の片棒を担がされる恐れもあります。

    お金をあげるから仕事をしてくれ」と言われ、薬の運び人やオレオレ詐欺の手先など、犯罪を要求されるケースがあるのです。

    また、「口座や携帯電話を売ってくれ」と言われ、その口座や携帯電話が犯罪に使われるというケースも存在します。

    わいせつ行為の強要

    女性の場合、わいせつ行為を強要されることもあります。

    「肉体関係に応じてくれたらお金を支払います」というものです。

    また、直接的な肉体関係だけでなく、メールでわいせつな写真を要求されるというケースも。

    その結果、その写真がアダルトサイトなどで悪用され、ネット上に流出するという危険も存在します。

    正規の貸金業者で借入できるならそれが一番!

    ここまでお伝えしたように、掲示版を利用した個人間融資は多くの危険があり、利用すべきではありません。

    どう考えてもメリットより、デメリットのほうが大きすぎます。

    そのため、借入するなら正規の貸金業者でするのが一番です。

    とくに即日融資を希望するなら、大手消費者金融系カードローンが最もおすすめです。

    大手消費者金融系カードローンなら最短即日融資が可能!

    大手消費者金融系カードローンなら、すべての業者で即日融資が可能。

    以下のように審査が非常にスピーディーであり、契約後はすぐに融資してもらえますので、申込当日中の借入が可能なのです。

    業者名審査時間融資時間
    プロミス最短3分最短3分※1
    アコム最短20分※2最短20分※2
    アイフル最短18分※3最短18分※3
    レイク申込み後、最短15秒Webなら最短25分融資も可能※4
    SMBCモビット10秒簡易審査最短即日※5

    ※1.申込みの時間帯や利用する銀行によって、当日中の融資ができない場合があります。
    ※2. 審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    ※3.申込の状況によっては希望にそえない場合があります。
    ※4.最短即日融資は21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。初めて利用の方への当日融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。審査結果によってはWebでの契約手続きが行えない場合があります。融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
    ※5.申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    実際、口コミサイトなどを確認しても、早ければ審査は最短20分~30分程度で終わって、多くの人が即日融資を成功させています。
    このため、大手消費者金融カードローンなら当日中にお金を借りることができる可能性が高いです。

    即日融資カードローン選びで悩んでいたら、「【FP解説】即日融資可能なおすすめカードローン5選!審査は甘い?選び方も解説」を是非参考にしてください。

    銀行カードローンは即日融資ができない!

    カードローンには消費者金融以外にも、銀行が提供する「銀行カードローン」があります。

    しかし、銀行カードローンは即日融資ができません。

    銀行カードローンの審査に「警察庁データベースの照会」があり、この照会作業に最短でも1日はかかるため、即日融資ができないのです。

    審査のハードルは高くない!最低限の基準を満たすだけでOK

    大手消費者金融には審査がありますが、そのハードルは決して高いものでありません。

    最低限の基準を満たすことができれば「融資しても問題ないだけの返済能力がある」と判断され、審査に通ります。

    その返済能力を判断されるのは、おもに以下の2つです。

    • 安定収入
    • 信用情報

    安定収入とは

    安定収入とは、その名のとおり「毎月収入があるか?」ということです。

    カードローンは毎月返済していくことを想定した商品であるため、収入の継続性が重視されます。

    なぜなら、毎月収入がない人は途中で延滞や、返済不能になる可能性があるからです。

    よって、融資申込者には収入の安定性が求められるのです。

    安定収入と聞くと、公務員などを思い浮かべるかもしれませんが、普通に働いており、毎月収入があればまったく問題ありません。

    もちろん、アルバイトやパート、派遣社員などの非正社員であっても、大丈夫ですのでご安心を。

    信用情報とは

    信用情報とは、「個人信用情報機関」に記録されている、あなたが利用したクレカやローンなどの記録のことです。

    いわゆる「クレジットヒストリー(クレヒス)」と呼ばれるものです。

    クレジット会社やローン会社などは、提携している個人信用情報機関に、契約情報や返済記録など自社の顧客の利用情報を提供しています。

    大手消費者金融もこの個人信用情報機関に加盟しており、審査時には照会をして申込者の信用情報を確認。

    そして、次のような項目をチェックし、申込者の「お金に関しての信用度」を判断するのです。

    • 他社の借入額や件数が多すぎないか?
    • 返済期日をしっかり守っているか?
    • 事故情報がないか?(2~3ヶ月以上の延滞・債務整理の経験がないかなど)

    このため、上記のような点に問題がないことが審査通過の鍵となります。

    よって、最低限のポイントを満たしていれば良いケースがほとんどなため、特別に信用情報が優れているという必要もないのです。

    金利の上限は年18.0%なので利息も軽減できる可能性が高い!

    大手消費者金融カードローンの金利は、どんなに高くても年18.0%までとなっています。

    業者名金利
    プロミス年4.5%~17.8%
    アコム年3.0%~18.0%
    アイフル年3.0%~18.0%
    レイク年4.5%~18.0%
    SMBCモビット年3.0%~18.0%

    それに対して、個人間融資は年109.5%までOKなため、大手消費者金融カードローンで借りたほうが利息をおさえやすいです。

    では実際にどれくらいの利息差があるのか確認してみましょう。

    10万円を金利「年18.0%」・「年50.0%」・「年109.5%」で借りた場合ですと、以下のような利息差があります。

    年18.0%年50.0%年109.5%
    30日1,479円4,109円9,000円
    50日2,465円6,849円15,000円
    100日4,931円13,698円30,000円

    個人間融資の場合、金利は貸し手によって異なりますので一概には言えませんが、それでも大手消費者金融カードローンよりも高金利になるケースが多いでしょう。

    なぜなら、個人間融資は短期での返済を求められるケースが多いためです。

    よって、返済期間が短いほど貸し手の利息収入は減りますので、必然的にできる限り高い金利で貸そうとするケースが多くなります。

    このため、大手消費者金融カードローンのほうが低金利で借りやすく、利息もおさえやすいのです。

    大手消費者金融カードローンは無利息サービスがある業者も多い

    大手消費者金融カードローンは「無利息サービス」がある業者も多いというメリットもあります。

    無利息サービスとは、サービス期間中は金利0%となり、利息が発生しないというもの。

    大手消費者金融カードローンの場合、次のように「SMBCモビット」以外はすべて無利息サービスを提供しています。

    業者名無利息期間
    プロミス借入日の翌日から30日間
    アコム契約日の翌日から30日間
    アイフル契約日の翌日から30日間
    レイク契約日の翌日から60日間
    契約日の翌日から180日間(借入額5万円まで)

    ※プロミス:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要となります。
    ※レイク:Web以外の無人店舗や電話で申込むと、借入額全額30日間無利息または借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。30日間無利息、60日間無利息(Webでの申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。無利息期間経過後は通常金利適用。貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。

    無利息期間中は利息がつかないため、この期間内に完済できれば利息無料での借入も可能。

    完済できない場合でも、約1月分の利息が無料になるため大変お得です。

    このように、大手消費者金融カードローンは即日融資が可能であり、金利も個人間融資より低金利になる可能性が高く、無利息サービスなどのメリットがあります。

    とはいえ、「正規の貸金業者は審査に通りそうにない……」という人も多いでしょう。

    そうした場合はどうすれば良いか、次章でお伝えしす。

    FP2級技能士・宅地建物取引士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    大手消費者金融は、正規の金融業者であるため、借りる人は「法律でしっかり守られている」という安心感があります。 個人間融資で心配されるような危険は、まったくありません。 ただし消費者金融は金利が年18.0%程度と、決して低金利とは言えないのも事実です。 年18.0%とは10万円を1年間借りたら1万8千円の利息を支払わなければならないことを意味します。(※簡単に考えるために単純化しています) 仮に5年借りたままとするなら最低でも利息は9万円ですから、ほとんど倍の返済になってしまうわけです。 このように長期の借入は非常に不利ですので、1年以内程度に完済できる場合に利用するのが理想と言えるでしょう。

    武藤 英次

    武藤さん

    正規の貸金業者で借入が無理ならどうすれば良い?

    正規の貸金業者で借入が無理な場合

    「正規の貸金業者で借入は無理・・・。でもお金がないと非常に困ったことになる!」このような場合、弁護士などに相談してみるのがおすすめです。

    弁護士事務所の中には、「無料相談」を受け付けているケースも多くあります。

    また、「法テラス」という機関でも無料で相談に乗ってくれます。

    そうしたところで相談をして、状況改善のサポートをしてもらうという手も検討してはいかかでしょうか。

    相談結果によっては、「債務整理」ができる可能性があります。

    債務整理とは借金の減額・免除手続のことで、以下の3つの種類があります。

    • 任意整理
    • 個人再生
    • 自己破産

    任意整理

    任意整理は裁判所を通さない借金減額手続です。

    借入先と交渉をし、借金の減額や金利の再設定をすることにより、無理なく返済できるようにするのが任意整理です。

    借金がなくなるわけではありませんが、生活に支障のない範囲での返済額におさえることが可能。

    そうした事から、「借金を返していきたいけど今よりも負担を軽くしたい」という人に向いています。

    個人再生

    個人再生とは、裁判所を通す借金減額手続きになります。

    基本的には任意整理とおなじですが、裁判所を通す分、任意整理よりも大きく借金を減額できる可能性が高いです。

    このため、「任意整理よりも借金を軽くしたい」という人におすすめです。

    自己破産

    自己破産は、裁判所に借金の支払義務を免除してもらうための手続きです。

    完全に返済不能になったと裁判所に認めてもらう必要がありますが、成功すれば借金は完全に無くなります。

    そうした事から、「お金を返す当てが完全になくなり、もうどうにもならない・・・」という人は自己破産を検討しても良いかと思います。

    ただし、自己破産をすると、「99万円を超える現金および時価20万円を超える財産」を手放さなければいけません

    また、住所氏名が「官報」という国が発行する機関紙に掲載されます。

    官報とは

    官報とは、国立印刷局が行政機関の休日を除き,毎日発行している公告文書になります。この官報には、自己破産や民事再生をした人の名前と住所が掲載されます。

    官報に個人情報が掲載されてしまうと、それを見た闇金などから電話やダイレクトメールが届くことがあるというデメリットも…。

    その他にも、一定期間、警備員や士業など特定の職業に就けなくなるといったペナルティもあります。

    債務整理をすると信用情報に傷がつくので要注意!

    債務整理をすると、信用情報に傷がつくので注意しなくてはいけません。

    個人信用情報機関では債務整理を「事故情報」として扱います。そして、次のように一定期間その記録も残すのです。

    CICJICCJBA
    任意整理X記録日から5年間記録日から5年間
    個人再生
    自己破産記録日から5年間記録日から10年間

    事故情報はいわゆる「ブラックリスト」ですので、その情報が信用情報にある限り、クレジットカードやローンなどの審査に通るのが非常に困難になります。

    債務整理にはこうしたデメリットもあると覚えておきましょう。

    FP2級技能士・宅地建物取引士
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    こちらの項目を読み進められている読者の方は、日々の生活費にも困っていられる方も多いことでしょう。 特にこのところの新型コロナウイルス感染症の影響で、収入が激減してしまったという人も増えています。 「誰も助けてくれない」と絶望的な気持ちになってしまうかもしれません。 そこでこちらでは国などの制度で様々な支援策があることをお伝えしておきたいと思います。 ためらわずにSOSを出すことで、希望を見出した方も決して少なくありません。 たとえば厚生労働省では「生活支援特設ホームページ」を開設しています。 また国民年金や健康保険の保険料免除といった制度も利用できないか確認してみましょう。

    武藤 英次

    武藤さん

    まとめ

    個人間融資掲示板を利用して、お金を借りるのは絶対おすすめできません。

    そもそもどこの誰が分らない人にお金を借りるなんて論外ですし、闇金業者などの違法集団なども獲物を狙って利用しているので非常に危険です。

    実際に様々なトラブルが報告されているため、そうした危険に飛び込んでまでお金を借りる必要はありません。

    そのため、お金の借りるなら消費者金融などの正規の業者からのみにしてください。

    もし、正規の業者の審査に通らないのであれば、弁護士などに相談してみましょう。

    即日融資の関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短18分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※審査時間・融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE