Operated by Ateam Inc.

イーデス

プロミス即日融資は何時までか?即日借入への流れを解説

最終更新日:

プロミス即日融資は何時までか?即日借入への流れを解説
プロミス
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「今日中にお金が必要…すぐにお金を用意したい」と考え、プロミスでの即日融資を検討している人は多いでしょう。

プロミスで即日融資をするためには、審査から融資までを営業時間内に済ませる必要があります。

審査回答時間を午前中に済ませることと、さらにいくつかの注意点を把握しておく必要があります。この記事では、以下について解説していきます。

  • プロミスで即日融資を最短で受けられる方法
  • どうすれば時間のロスを減らせるか
  • プロミス審査へ向けての手はずの整え方

なお、お急ぎの方は「プロミスのネット申込みの流れ 」で最短で即日融資を受けられる方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

▼プロミスについてはこちらでまるっと解説しています。

塚越さん

塚越 一央 / 塚越FP社労士事務所 代表

【専門家の解説】

プロミスは即日融資ができるので、大変頼りになります。しかし、即日融資は時間との勝負なので、事前の準備が重要になります。例えば、どういう申し込み方法がよいのか、提出書類は何が必要か、在籍確認の対応はどうすればよいのかなど、しっかり調べてから申し込むようにしてください。

気になる内容をタップ

プロミスで即日融資を最短で受けられる方法

プロミスには、

  1. インターネット、スマートフォン
  2. 電話(プロミスコール)
  3. 自動契約機

という3つの申込方法がありますが、全ての方法で即日で借り入れできるわけではありません

つまり、最短でキャッシングしたいのであれば、それが叶う申込方法を選択しなければならないということです。

プロミスで最短融資できる方法は、ずばり「インターネット」からの申込方法です。

インターネットからの申込であれば混雑等の影響を受けにくく、無駄な待ち時間も発生しません。

ですので、インターネットからの申込をしましょう。

プロミスのネット申込みの流れ

インターネットを利用して申込み、借入までの手順を簡単にまとめると、以下のようになります。

お急ぎの方は、下記のとおり申込すれば最短で融資を受けることができますので、この記事を開きつつ手続きを進めてください。

  1. STEP.1

    ここから「プロミス公式」へ訪問

  2. STEP.2

    プロミス公式ホームページ内の、「24時間いつでもOK!新規お申込み」というボタンをクリック

  3. STEP.3

    画面の指示に従い、情報を入力していく

  4. STEP.4

    「ご契約方法/その他の情報」という欄にある、「ご希望の契約方法」で、「WEBでご契約」を選択

  5. STEP.5

    5の1つ下の欄、「振込融資希望」で「希望する」を選択

  6. STEP.6

    全ての項目を入力したら、同ページ最下部の「同意して入力内容を確認」をクリック

  7. STEP.7

    申込情報を確認し、申込手続きの完了

  8. STEP.8

    プロミスから送られてきたメールから、必要書類(※「プロミスの申込に必要な条件と書類」で後述)をアップロード

  9. STEP.9

    審査の開始

  10. STEP.10

    審査結果の回答

  11. STEP.11

    インターネット上で契約を締結(※)

  12. STEP.12

    指定した口座に現金が振り込まれる

※WEB完結可能な金融機関で本人確認が完了している方。完了していない、または手持ちの金融機関がプロミスと提携していない場合は、最寄りの自動契約機でローンカードを発行しATMで現金を借入する。

インターネットでプロミスを申し込み、借入するまでの手順は以上のようになっています。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
プロミスで最短融資をしたい方は、インターネットから申し込みをする方法がベストです。無駄な待ち時間もなく、24時間申し込みができるので大変便利です。画面の指示に従って入力すればよいので、難しいことはありません。必要書類のアップロードがあるので、必要書類は事前に用意するようにしてください。

塚越さん

塚越さん

プロミスの即日融資には時間のロスをなくすことが重要!

平日に申し込みして即日融資を受ける場合、「当日中に契約手続きを完了すること」が非常に重要なポイントです。

そのためには、まずプロミスのWEB完結を利用して審査をなるべく早く申込むこと。そうすることで、プロミスでの最短融資へ近づけます。

次に平日と土日祝の場合に分けて、「プロミスで即日融資を受けるための条件」をご説明していきましょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
申し込む日や時間帯などタイミングによって時間がかかることがあります。できるだけ時間のロスをなくすには早めに申し込むことです。また、アプリローン®でスムーズにキャッシングするという方法もありでしょう。いずれのタイミングで申し込む場合にも、大切なのは必要な書類が揃っているか、在籍確認が取れるかにかかっています。書類の過不足がないか、在籍確認の電話が無理なときには代替書類として何を準備しなければならないのか事前に確認しておき、過不足なく準備しておくことが大切です。

飯田 道子さん

飯田さん

平日に申し込む場合

平日にプロミスを申し込みする場合に、即日融資を受ける条件は下記のとおりです。

▼ 平日にプロミスで即日融資を受けるための条件

当日中に審査を通過すること(審査回答可能時間帯は9:00~20:00 ※都合により翌営業日になる可能性あり)

基本的にこの1点につきます。審査には勤務先への電話を行う「在籍確認」なども含まれます。

またプロミスは最短3分融資が可能となっていますが、これはあくまでも最短であり、混雑状況によってはもっと時間がかかってしまうことがあります。

プロミスに申し込もうと思ったら、WEB申込などでなるべく早く行動を起こす方がいいでしょう。

融資でローンカードを利用したいのであれば、「WEB申込」にて申込などを行った後に、プロミスの自動契約機コーナーに訪れて契約やカード発行を行うこともできます。

▼こちらでプロミス自動契約機での契約手続きについて詳しく紹介しているので、ご参考にしてください。

土日祝に申し込む場合

プロミスを土日祝に申し込みし、即日融資を受ける条件は下記のとおりです。

▼ 土日祝にプロミスで即日融資を受けるための条件

  • 当日中に審査を通過すること(審査回答可能時間帯は9:00~20:00 ※都合により翌営業日になる可能性あり)

  • 土日祝日でも即日融資に対応できる三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行の口座を持っていること(振込融資を希望する場合)

  • 21:00までに自動契約機(※1)でローンカードを発行する(※ATMで融資を受ける場合)
    ※1 自動契約機により営業時間が異なります。

プロミスで土日祝日に即日融資を受ける場合

・インターネットで契約を完結し、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行口座など対応金融機関で振込融資
・インターネット申し込みの後、自動契約機でローンカードを発行し、ATMで現金の融資を受ける
・「アプリローン®」を利用して申し込み、セブン銀行ATMでカードレスキャッシング

という3つの方法の中から、ご自身にとって都合の良い方法を利用することができます。

注意点として振込融資を受ける場合、金融機関側の営業時間が影響します。

三井住友銀行やPayPay銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行などでは最短10秒で振込してくれる「瞬フリ」サービスに対応しています。

200以上もの金融機関で対応しているのですが、地方銀行など一部の金融機関では対応できない場合がありますので注意してください。

プロミスで土日に即日融資を受ける方法を詳しく解説したこちらの記事も参考にしてください。

プロミスで土日の審査時間はいつ?土日の増額審査についても解説

おすすめの即日融資可能なカードローンについては以下をご参考にしてください。

プロミスで即日借入するための3つの事前準備

プロミスの審査対策として有効とされるのは、前述した「審査をなるべく午前中に申込むこと」以外にもあります。

できることはすべてやり遂げておくことで最善の準備ができます。

他にできる準備として、以下のようなことがあります。

  • 提出する必要書類の不備をなくす
  • 在籍確認の手はずを整える
  • 他社の借入額を返済する(総量規制枠を確保しておく)

1つずつご説明していきます。

提出する必要書類の不備をなくす

何度もお伝えしますが、即日融資は時間の無駄使いを1番避けたいところ。

そうなると、二度手間が時間の無駄遣いとして挙げられます。

その代表的なのが、「提出書類の不備」となります。

プロミスでの審査がなかなか始まらない原因として、以下が挙げられます。

  • 記入漏れ
  • 誤記入
  • 未提出

二度手間で時間の無駄遣いにならないように、細心の注意を払い、頭のなかで何度かシミュレーションを繰り返すことがおすすめです。

在籍確認の手はずを整える

少し先ほども説明しましたが、プロミスでは審査の際に「在籍確認」が必ずあります。

あなたが申告した先の会社で、本当に勤めているのか?勤めているのであれば、収入は確かなのか?

といった事実で返済能力を確認することが目的です。

となると、審査においては大切な要素ですので、書類による在籍確認がいつまでも取れないと、審査は進まないどころか審査落ちにもなりかねません。

プロミスでは原則、電話による勤め先への確認は行いません。※

※ただし、審査の結果により電話による確認が必要となる場合あり

▼プロミスの在籍確認についてはこちらで詳しく解説しています。

他社の借入額を返済する(総量規制枠を確保しておく)

プロミス以外にどこからも借入をしていない方は気にする項目ではありません。

仮に他社からも借入をしているなら、気をつけなくてはいけないのが「総量規制」というもの。

借金の合計額が年収の1/3以上を超えて、借入はできない法律があります。

法律である限り、企業であるプロミスが法を犯してまで融資することはあり得ません。

これから融資してもらう状況なのに、他社の返済をする余裕はないとお考えでしょう?

そうお考えであるなら、今回はプロミスからの借入は止めておくべきです。

なぜなら総量規制枠を確保できないとなると、結果的にプロミスから即日借入することはできず、審査申し込み自体にデメリットしかないからです。

▼総量規制についてはこちらで詳しく解説しています。

▼初めてでプロミスの借入が不安な方は、こちらの記事をご覧ください。

プロミスの審査に落ちる人の傾向

プロミスの審査は、いくつかのポイントから構成されています。

もちろんそれぞれはさほど敷居の高いものではありませんが、だからといって「甘いから誰でも通過できる」というようなものでもありません。

どうすればプロミスの審査に落ちないのか対策を取る必要があります。

プロミスで審査に落ちる人の傾向をまとめると、以下のようにいくつかが挙げられます。

ポイント

  • 年齢が申し込み条件内ではない
  • 安定した収入がない
  • 借り入れ金額が年収の3分の1を超えている

それぞれが重要なポイントになっています。

その点については以下で詳しく解説しています。

プロミス
利用限度額審査時間融資までの時間
最大500万円※最短3分最短3分※
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年4.5%~17.8%30日間

※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

おすすめポイント

  • Web契約で最短3分融資も可能
  • 最短10秒で振込可能(24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること)
  • 申込、借入、返済24時間OK!

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 塚越 一央の一言コメント!
プロミス以外にも借入をしている方は、総量規制に注意してください。借入の合計額が年収の3分1を超えてはいけない、という法律があります。金融機関はこの法律を必ず守るので、プロミスへの申し込み額と他社の借入額の合計が、年収の3分1を超えていたら審査に通らないことを覚えておきましょう。

塚越さん

塚越さん

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
ここで掲げているプロミスの審査が通過できないポイントとしては3つです。いずれも事前に分かることばかりですので、冷静に自分は借りられるかを考えて下さい。その中でも安定した収入がないような場合は、利用限度額をできるだけ低くして申し込んでみても良いでしょう。不安なときは自動契約機に出向いたり、コールセンターに電話をして、相談してみましょう。

飯田 道子さん

飯田さん

まとめ

プロミスでのキャッシングは非常に使い勝手が良く、いつでもどこでも借入することができます。その反面、しっかりと返済シミュレーションを行った上で利用しなければ、無駄な利息が発生してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

ここまでのおさらい

  • プロミスで即日キャッシングするなら「インターネット申込」が最短
  • 審査を申込する前に、できる限りの手はずを整える

これらさえ把握しておけば、プロミスのキャッシングを最大限活用することができるでしょう。

借入する際はご自身の生活状況を正確に把握した上で、決して無理のないように利用なさってくださいね。

プロミスの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.