Operated by Ateam Inc.

イーデス

【オリックス銀行カードローンの審査前にできること】役立ち情報を徹底解説

最終更新日:

【オリックス銀行カードローンの審査前にできること】役立ち情報を徹底解説
ネット銀行カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

オリックス銀行カードローンの利用を検討しているけど、実際にどんな利点があるの?

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

なぜこんな疑問を持つかといえば、オリックス銀行カードローンがどのような商品なのかを知らないからかもしれません。

オリックス銀行カードローンは、オリックスグループのネット銀行であるオリックス銀行が直接取り扱う商品です。

ここでは、オリックス銀行カードローンの特徴や審査の内容、最短融資の方法も含めFPがわかりやすく解説。あなたの疑問を解決します。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

オリックスという名前は知っているけど、どのような会社なのか、イマイチ分からないという人は少なくありません。オリックスは、大手総合金融サービス企業であり、球団を持っていたり、レンタカー事業も行っているなど、私たちの生活の中で欠かせないサービスを提供している会社です。オリックス銀行ではカードローンの取り扱いも行っていますが、他社とはひと味違う保険がついているなど、魅力的なサービスを展開しています。

気になる内容をタップ

オリックス銀行とは?

「オリックス」といえば大手総合リース会社として有名です。

プロ野球球団のオリックスに、イチロー選手が所属していたことを思い出される方も多いでしょう。
またオリックスレンタカーも全国で展開しているので、旅先などで利用されたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、グループ企業の中に「オリックス銀行」があることは意外なほどに知られていません。
少しばかり謎のベールに包まれている感じのあるオリックス銀行ですが、こちらの項目でしっかりと解説していきます。
金融のプロでもくわしくは知らない方も多いので、こちらを読んでいただければちょっとした会話のネタになれるかもしれませんね。

基本情報

正式名称オリックス銀行株式会社
業種銀行業(信託銀行)
開業1993年(山一信託銀行株式会社として開業)
預金残高2兆2,164億円※
貸出金残高2兆2,214億円※
本店東京都港区 オリックス乾ビル

2024年3月期(中間期)

まずはオリックス銀行がどのくらいの規模なのか、チェックしてみましょう。

規模がわからないとなかなか正確なイメージをつかむのは難しいですよね。銀行の規模を簡単に比較できる数字としては、預金&融資残高があります。

オリックス銀行の預金&融資残高はそれぞれおよそ2兆円です。

いきなり2兆円と言われても全然ピンとこないかもしれませんね。

わかりやすく預金量ランキングでチェックしてみましょう。オリックス銀行の預金量のランキングは、全国の銀行数が123行ある中で、85位前後くらいに位置しています。

これは地方銀行の中にあったとすれば「中位」と言えるでしょう。

ちなみに日本一のゆうちょ銀行は170兆円以上、銀行トップの三菱UFJ銀行は130兆円以上と、ちょっと桁が違います。

ただし預金量が多ければサービスも良いというわけでもありませんので、参考程度に見ていただければOKです。続けてオリックス銀行の歴史・沿革をひもといてみましょう。

会社の歴史・沿革

オリックス銀行の歴史・沿革を見ていただくと、なぜオリックス銀行がカードローンに強みがあるのかイメージしやすくなります。
簡単にまとめましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1993年 山一證券グループの山一信託銀行株式会社として開業
1998年 山一證券の自主廃業をうけ、オリックスが営業譲渡をうける。オリックス信託銀行と改称
1999年 全国銀行協会に加入 無店舗販売方式による「ダイレクト預金」取扱い開始
2011年 オリックス銀行株式会社へ商号を変更
2012年 「オリックス銀行カードローン」の取扱い開始
2016年 「オリックス銀行カードローン」の融資残高1000億円達成
2017年 [eダイレクト定期預金]残高1兆円を達成

じつはオリックス銀行は、オリックスグループが設立したわけではありません。バブル経済崩壊の象徴ともなった「山一證券」が1993年に設立した「山一信託銀行」がベースなのです。

なお1993年は「ヤフオクドーム」やお台場の「レインボーブリッジ」完成した年です。

オリックス銀行が比較的新世代の銀行であることが感じられるのではないでしょうか。1998年に山一證券は廃業となりましたが、山一信託銀行はオリックスグループに入ることで生き残りました。

オリックスが譲り受けた「信託銀行」は普通の銀行と違い、多くの店舗を持たないスタイルで営業しています。

さらに山一信託銀行は開業からわずか5年で営業譲渡したため、もともと店舗数が少なかったのです。そのような事情もあって、オリックス信託銀行は「無店舗販売方式」に力をいれました。

ネット銀行がまだ無かった時代に、オリックス信託銀行の無店舗販売方式はかなり画期的だったと言えます。

インターネットが飛躍的に拡大した時代にフィットして、好調に業績を伸ばしていきます。

2011年には名前を「オリックス銀行」に変え、さらに翌年には「オリックス銀行カードローン」の取扱を開始しました。

カードローン取扱開始からわずか4年後の2016年には融資残高1000億円を達成しています。

オリックス銀行の歴史を知ることで、インターネット時代に強みを持つ理由を感じていただけたのではないでしょうか。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
銀行と言えども、オリックス銀行はインターネットバンク。そのため、なじみのない人もいるかもしれませんね。ただ、歴史を遡れば証券会社のグループ銀行として発足しているため、金融のノウハウは充分にも蓄積されていると言えます。カードローンの融資額も1000億円を超えるなど、多くの人たちから支持を得ていることがうかがい知れますよね。

飯田道子さん

飯田さん

オリックス銀行カードローンはどんなローン?

オリックス銀行が取り扱う融資商品が、オリックス銀行カードローンです。

オリックス銀行は、ネット専業銀行のため店舗を運営しておらずインターネット上で事業を行っています。

オリックス銀行カードローンの特徴を見ていきましょう。

  • ビジネスマン向けカードローン
  • ネット上で全ての手続きを完結できる
  • 口座開設不要で利用できるので、申込から融資までがスムーズ
  • 限度額により段階的に金利が定められている
  • 提携ATM手数料が全て無料

オリックス銀行カードローンでは、インターネット上で契約手続きまで完了できる仕組みが採用されています。

「自宅でゆっくり申込したい」という方や、「面倒な手続きはできる限り避けたい」という方に適したカードローンだといえるでしょう。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
利用限度額審査時間融資までの時間
最高800万円--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年1.7%~14.8%-

※WEB完結について:在籍確認と郵送物はあります。

おすすめポイント

  • 申込みから借入れまでWEBで完結!※
  • 限度額最高800万円!
  • コンビニ提携ATMでも手数料無料

オリックス銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

オリックス銀行カードローンは、利便性が高く利用価値のあるカードローンですが、当然ながら弱い部分もあります。

また、2018年1月以降、大手を含む銀行カードローンは、即日審査・即日融資が受けられなくなります。

したがって当面の間は、審査に要する時間、融資までの日数に関しては読めないのが現状です。 上記を踏まえて、オリックス銀行カードローンの強み弱みをまとめました。

強み

  • 口座開設不要で利用できるので、申込から融資までがスムーズ
  • 提携ATM利用手数料が全て無料で、かつ提携先も非常に多い
  • インターネット上で手続きを完了できる

弱み

  • 融資までに時間がかかる
  • 金利が高い
  • ローンカードの受け取りが郵送のみ

オリックス銀行カードローンの強み

オリックス銀行カードローンの強みは、「提携ATM利用手数料が全て無料」「インターネット上で手続きを完了できる」という点でしょう。

オリックス銀行カードローンの提携先は非常に多く、その中にはコンビニ内の提携ATMも含まれています。コンビニ提携ATMは、利便性が高く営業時間も長いため、無料で活用できるメリットが非常に大きいでしょう。

また、オリックス銀行カードローンは、インターネット上で手続きを完了できるため、初めての方でも申込しやすい点が強みとなっています。

オリックス銀行カードローンの弱み

対して、弱みといえる点は、「融資までに時間がかかる」というポイントでしょう。

融資までの時間については、2018年1月以降未定です。

したがって、「今すぐに融資を受けたい」という方には不向きだといえます。

このように、オリックス銀行カードローンにも長所と短所があるのです。

FPが教えるオリックス銀行カードローンに向いている人・向いていない人

ここまでの内容から、オリックス銀行カードローンに向いている人、向いていない人を簡単にまとめてみましょう。

オリックス銀行カードローンに向いている人は、以下の方です。

  • 店舗に行くことなくカードローンを申込したい
  • 提携先ATMが多く、便利なカードローンを利用したい
  • 面倒な手続きはできる限り避けたい

対して、オリックス銀行カードローンに向いていない人は、以下の方です。

  • できるだけ早く融資を受けたい
  • ローンカードを自宅に郵送されると困る

では、オリックス銀行カードローンに向いていない人に適したカードローンは、どのような商品なのでしょうか。FPの見解から、優秀なカードローンを1つだけ厳選するとすれば、「三菱UFJ銀行カードローン」をおすすめします。

みずほ銀行カードローンは複雑な手続きがなく、できるだけ早く融資を受けたいという方におすすめのカードローンです。

オリックス銀行カードローンと大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

オリックス銀行カードローンを検討している方の中には、「オリックス銀行カードローンと他社カードローン、どちらがお得か?」という疑問を感じている人も多いでしょう。

そこで、大手銀行カードローンと人気銀行カードローンを一覧にまとめ、オリックス銀行カードローンと徹底的に比較してみました。下記をご覧ください。

オリックス銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
銀行種類カードローン名金利利用限度額審査スピード口座開設毎月の最低返済額
都市銀行三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」年1.8%~14.6%最大500万円最短即日不要2,000円※
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%※最大800万円最短当日※必須
(同時申込可)
2,000円
三井住友銀行 カードローン年1.5%~14.5%10万~800万円最短当日※不要2,000円
りそなプレミアムカードローン年1.99%~13.5%※10万円~800万円最短翌営業日※必須10,000円
地方銀行横浜銀行カードローン年1.5%~14.6%10万円~1,000万円最短即日必須2,000円
ちばぎんカードローン年1.4%~年14.8%10万円~800万円-必須(申込時点では不要)2,000円
静岡銀行カードローン年1.5%~14.5%1,000万円-必須(同時申込可能、初回融資分は指定口座に入金)2,000円
ネット銀行auじぶん銀行カードローン年1.38%~17.4%※最大800万円最短1時間不要1,000円
オリックス銀行カードローン年1.7%~14.8%最高800万円-不要3,000円(借入残高が10万円以下の場合)
流通系銀行イオン銀行カードローン年3.8%~13.8%最大800万円-不要1,000円
消費者金融アコム年3.0%~18.0%最大800万円最短20分不要1,000円(一定の割合をかけて計算)
プロミス年4.5%~17.8%最大500万円※最短3分不要1,000円(一定の割合をかけて計算)
アイフル年3.0%~18.0%最大800万円最短20分※不要4,000円

※みずほ銀行カードローンの金利:住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※みずほ銀行カードローンの審査時間:みずほ銀行の口座を持っている場合は最短当日~1週間程度、持っていない場合は2~3週間程度かかります。
※三菱UFJ銀行カードローン:借入利率が年8.1%超の場合
※みずほ銀行カードローン:住宅ローンを利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※auじぶん銀行カードローン:表示金利は、「カードローンau限定割 誰でもコース」です。通常金利(1.48%~17.5%)、カードローンau限定割 誰でもコース(1.38%~17.4%)、カードローンau限定割 借り換えコース(0.98%~12.5%)限度額は通常、カードローンau限定割 誰でもコース:10万円以上800万円以内(10万円単位)、カードローンau限定割 借り換えコース:100万円以上800万円以内(10万円単位)となります。
※アイフル:申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

上記表を参考に、オリックス銀行カードローンを選択する大きなメリットは、「提携ATM利用手数料が全て無料」という点でしょう。

オリックス銀行は、ネット専業銀行ですので自社ATMを運営していません。

その代わり、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、大手コンビニなどの提携ATMを終日無料で利用することができます。

全国で100,000台以上の提携ATMを無料で利用することのできる利便性は、他社にはない大きなメリットだといえるでしょう。
(2020年3月末現在)

「とにかく便利なカードローンを選択したい」という方にピッタリのカードローンです。

評判

オリックス銀行カードローンの実際の口コミを分析してみると、以下のような評判が多いようです。

  • 年10.0%を下回る金利が設定されている人が多い
  • 外国人でも借りられた

オリックス銀行カードローンは、上限金利が年14.8%です。

しかし、口コミ評判を分析すると、実際にはもっと低金利で利用できるようです。

金利面で不安を感じている人でも申し込んでみる価値はありそうです。

また、外国人でも「永住者または特別永住者」であれば申し込み可能です。

幅広い属性が利用できる点もポイントの1つです。

オリックス銀行カードローンで即日融資は可能か

結論からいうと、オリックス銀行カードローンは即日融資に対応していません
なぜならば、2018年1月より大手を含む銀行カードローンでは、即日審査・即日融資が受けられなくなるからです。これは、オリックス銀行カードローンのみならず、すべての銀行カードローンが対象です。

また、オリックス銀行カードローンの審査業務は土日祝日休業のため、平日のみ審査実施となります。
万が一在籍確認が取れなかったり、書類に不備があったりと、何らかのトラブルで手続きが止まってしまった場合には、
さらに、融資までに時間を要します。あらかじめ注意しておきましょう。

加えて、オリックス銀行カードローンは、ローンカードの受け取りが郵送のみとなっています。したがって、ローンカードが手元に届くまでは、振込融資を受けることはできません。

「どうしても今日中に借りたい」という方は、消費者金融を利用しましょう。

オリックス銀行カードローンには30日無利息サービスはある?

消費者金融系のカードローンでは、初回の30日間は無利息で融資を受けられるサービスを提供している金融機関が多く存在しています。
では銀行カードローンのオリックス銀行カードローンの場合も、同じような無利息サービスは存在しているのでしょうか。

残念ながら、オリックス銀行カードローンでは上述した様な無利息サービスは提供されていません。

30日以内で全額を返済する予定の場合であれば、オリックス銀行カードローンではなく消費者金融系のカードローンを利用するようにしましょう。

オリックス銀行カードローンの気になる疑問をQ&A!

「オリックス銀行カードローンを検討しているけど、気になるポイントがある」という方も中にはいらっしゃると思います。

ここでは、カードローン利用者にありがちな疑問をピックアップし、それぞれ回答していきたいと思います。

オリックス銀行カードローンの審査は甘い?

結論からいうと、オリックス銀行カードローンの審査は甘いものではありません。

そもそも、カードローンやキャッシングの審査に関しては、全て独自の基準で行われていますので、正確な情報で甘い、厳しい、という評価をすることはできません。

ただし、カードローン全体の傾向としては、上限金利が低くなればなるほど審査基準も厳しくなる傾向があります。

つまりわかりやすくいえば、比較的上限金利の高いオリックス銀行カードローンの審査に関しては、難易度が著しく高いわけではないと想定できるでしょう。

土日でも借りることができる?

既に手元にローンカードをお持ちの方に関しては、土日祝日問わず提携ATMから借入することが可能です。

ただし、オリックス銀行カードローンの審査業務は、土日祝日休業となっています。

土日祝日にお申し込みした方は、翌営業日以降での審査となります。ご注意ください。

オリックス銀行カードローンは学生でも借りれる?
残念ながら、学生の方はオリックス銀行カードローンを利用することはできません。
オリックス銀行カードローンは自営業でも借りれる?
自営業の方でも、オリックス銀行カードローンの商品説明書内に記載されている条件を満たしている方は、借入可能となります。
※ただし、事業性資金には利用できません。

オリックス銀行カードローン利用時に便利な「メンバーズナビ」について

オリックス銀行カードローンには「メンバーズナビ」という、会員専用のサイトが用意されています。

メンバーズナビとは

メンバーズナビは、オリックス銀行カードローン利用者専用の会員サイトです。

借入残高照会、返済日変更、暗証番号変更、振込融資など様々な手続きをスマホやPCで行えます。

コールセンターに電話をしなくても手続きが行える便利なサービスです。

メンバーズナビへのログイン方法

メンバーズナビへは「スマホ」「PC」より、以下の方法でログインすることができます。

  • 申込時に設定したログインIDか、カード番号を入力
  • パスワードを入力してログイン

メンバーズナビで利用できるサービス

メンバーズナビでは大半のサービスがPC、スマホから利用できます。

利用できるサービス

  • 残高照会
  • 取引明細照会
  • 返済予定表
  • 返済専用口座案内
  • LINEで契約照会サービス
  • 振込融資
  • 増額返済申込
  • パスワード変更
  • 登録口座情報変更
  • お振込専用口座情報登録・変更
  • お届け内容変更(住所、電話番号など)
  • 一括返済シミュレーション
  • Eメールアドレス登録・変更
  • 返済日変更
  • 返済方法変更
  • 返済パターンの確認・変更

携帯電話(フィーチャーフォン)専用サイトは終了しているので注意

2018年7月5日に携帯電話(フィーチャーフォン)専用カードローンサイトのサービスが終了しています。

携帯電話からのカードローンの申し込み、カードローン会員サイト「メンバーズナビ」は利用不可となりました。

携帯電話(フィーチャーフォン)の販売台数が相当落ち込んでいる現状では致し方ないのかもしれません。ちなみにパソコンもしくはスマートフォンからは引き続き利用可能です。

オリックス銀行カードローンの会員サービス

オリックス銀行カードローンは公式スマホアプリをリリースしていません。

そのかわりパソコン&スマホから利用できる、会員専用サービス「メンバーズナビ」が用意されています。スマホアプリにも全然負けない便利なサービスを利用することができますよ。

※「オリックス・クレジット」のアプリは別会社のサービスなので注意してください。オリックス・クレジットでも「VIPローン」というカードローンがあるため、間違えやすくなっています。

オリックス銀行カードローンのメンバーズナビとは?

オリックス銀行のインターネットサービスを利用するための会員サービスが「メンバーズナビ」です。

パソコンとスマートフォンからログインして、いつでもどこでもサービスを受けることができます。こちらでは「メンバーズナビ」のサービス内容を見やすくまとめましたのでチェックしておきましょう。

メンバーズナビのサービス内容

オリックス銀行メンバーズナビは「照会」「取引」「変更」の多彩なサービスがそろっています。

サービス項目サービス内容
照会残高照会利用総額や借入可能額を確認できます
取引明細照会取引期間を指定して取引明細の確認可能です
返済予定表返済額・返済日の予定を最大12ヶ月分確認できます
返済専用口座案内あなた専用の返済専用口座を確認できます
一括返済シミュレーションシミュレーションで一括返済に必要な返済額を確認
取引振込融資指定の口座に融資金を振込できます
増額返済申込口座引落の返済を増額返済(一括返済)指定可能です
変更パスワード変更メンバーズナビのログインパスワードを変更できます
登録口座情報変更登録口座変更の申込ができます(要登録口座変更届)
振込専用口座情報登録・変更登録口座変更の申込ができます(要登録口座変更届)
お届け内容変更現住所や勤務先などの情報が変更可能です
Eメールアドレス登録・変更Eメールアドレスの登録・変更が可能です
返済日変更返済日の変更ができます
返済方法変更返済方法の申込(変更)ができます

さすがに無店舗販売に力を入れてきたオリックス銀行だけあって、サービス内容は充実しています。

じつは銀行カードローンはなかなか会員サービスが弱いところが多いのです。オリックス銀行カードローンの消費者金融にも見劣りしない会員サービスはさすがと言えます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
オリックス銀行のカードローンには会員サービスがあり、パソコンやスマホから利用できるようになっています。サービス内容は、一括返済のシミュレーションや返済や取引などの各種照会、融資の申し込み。登録内容の変更を行うことができます。ただし、一部の内容はスマホでは利用できないサービスがありますので、注意して下さい。

飯田道子さん

飯田さん

オリックス銀行カードローンで融資を受ける流れ

オリックス銀行カードローンで融資を受ける流れは下記のとおりです。

  1. STEP.1

    公式ホームページから審査を申込する

  2. STEP.2

    審査の実施

  3. STEP.3

    審査結果の回答

  4. STEP.4

    インターネット上で必要書類(※下記参照)をアップロードする

  5. STEP.5

    本審査の完了

  6. STEP.6

    ローンカードが発送される

  7. STEP.7

    ローンカードを受け取り、提携ATMから現金を引き出す

オリックス銀行カードローンの融資条件

こちらでオリックス銀行カードローンの融資条件をひととおり確認しておきましょう。

申込条件

・申込時年齢が満20歳以上69歳未満の方
・原則、毎月安定した収入がある方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
・オリックス・クレジット㈱または新生フィナンシャル㈱の保証が受けられる方

資金の使い道自由(事業資金は不可)
利用限度額最高800万円(10万円単位)
借入利率コース利用限度額借入利率(年)
800万円コース700万円超800万円以下1.7%~4.8%
700万円コース600万円超700万円以下3.5%~5.8%
600万円コース500万円超600万円以下
500万円コース400万円超500万円以下4.5%~8.8%
400万円コース300万円超400万円以下
300万円コース200万円超300万円以下5.0%~12.8%
200万円コース150万円超200万円以下
150万円コース100万円超150万円以下6.0%~14.8%
100万円コース100万円
100万円未満コース100万円未満12.0%~14.8%
※利用限度額に応じて適用金利が変わります。
※審査結果により10万円単位で限度額が決定されます。
手数料不要
担保・保証人不要(別途保証料も不要)
返済額約定返済額が確定する基準時は、約定返済日の14日前の午前3:00時点です。
借入残高毎月の返済額
10万円以下3,000円
10万円超30万円以下6,000円
30万円超50万円以下9,000円
50万円超100万円以下15,000円
100万円超150万円以下20,000円
150万円超200万円以下25,000円
200万円超250万円以下30,000円
250万円超300万円以下35,000円
300万円超400万円以下40,000円
400万円超500万円以下50,000円
500万円超600万円以下60,000円
600万円超70,000円
※残高スライドリボルビング方式
返済日毎月10日、もしくは末日

オリックス銀行カードローンの融資条件で目立つのは、以下の1点です。

  • 保証会社が「オリックス・クレジット㈱」「新生フィナンシャル㈱」のいずれかとなる

オリックス銀行カードローンは「オリックス・クレジット株式会社」「新生フィナンシャル株式会社」の2つの保証会社が入っています。

保証会社がどちらになるのかは希望限度額に応じて変わりますので、以下の表を確認しましょう。

希望限度額審査する会社
100万円以下新生フィナンシャル株式会社
100万円超

オリックス・クレジット株式会社※

※オリックス・クレジット株式会社の審査に落ちた場合、次に新生フィナンシャル株式会社にて審査されます。

オリックス銀行カードローンの必要書類

オリックス銀行カードローンの申込の際に提出が必要な書類は下記の通りです。

必要な書類を前もって用意していない場合だと、審査完了までの期間が長引いてしまう可能性があります。
申込や審査をスムーズに進めるためにも、必要な書類は前もって準備をしておきましょう。

必要書類

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 各種健康保険証※1
  • 個人番号カード(表面のみ提出してください)
  • 日本政府発行のパスポート※2
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
  • 所得証明書類
  • 預金口座振替依頼書(※ご返済方法が口座引落の方のみ必要です。)

※1.保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングして提出ください。
※2.顔写真入りのページと所持人記入欄《氏名・住所》のページを提出してください。

オリックス銀行カードローンの審査について

オリックス銀行カードローンを検討中の方にとって気がかりなのは、やはり「審査」でしょう。ここでは、オリックス銀行カードローンの審査について解説します。

審査時の在籍確認・本人確認の方法

申し込みした後、審査が実施されます。

審査の最終段階には、「在籍確認」と「本人確認」が行われ、無事通過できた方にのみ、融資が実行されます。

まず、在籍確認とは、カードローン業者が利用者の勤務先に直接電話連絡を入れることで、在籍事実を確認するための手続きです。

オリックス銀行カードローンも例に漏れず、審査の最終段階で勤務先に連絡が入ります。電話の会話内容としては、「◯◯さんはいらっしゃいますか?」程度の簡単なものです。

周囲にバレてしまう心配はほとんどないでしょう。

本人確認は、申し込みの意思確認や手続きの流れ、間違いなく本人が申し込みしているかなどを確認するための手続きです。

こちらは、ご自身で記載した携帯電話番号に連絡が入りますので、必ず対応するようにしてください。

オリックス銀行カードローンの審査に通る人

オリックス銀行カードローンは信販系の「オリックス・クレジット株式会社」、そしてレイクを取り扱っている「新生フィナンシャル株式会社」が保証会社に入っています。

信販系であるオリックス・クレジット㈱は会社員や公務員など安定した収入のある方へのまとまった融資に強いと言われています。

また、消費者金融商品であるレイクを取り扱う「新生フィナンシャル株式会社」は属性が弱くても、小口の保証には強いと言われています。

そのため全体としては守備範囲が広いのが特長となっています。

基本的には以下の条件を満たしている方は審査通過の見込が高いといえます。

  • 安定継続した収入がある(パートアルバイトでも可)
  • 他社の借入れが無い、もしくは件数が少ない
  • 信用情報に延滞情報などが記録されていない

カードローンの審査は究極的には返済能力の有無のチェックと言えます。

そのためどのカードローン業者であっても返済能力を重点的に審査します。

裏を返せば返済能力に問題なければ、8割位は審査に通ったも同然と言えるでしょう。

軽微な遅延で信用情報に載らないレベルでも、オリックスでは情報が共有されてしまう可能性があるため、注意しましょう。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちる人

審査に通る人の特徴の裏返しが、そのまま審査に落ちる人の特徴となります。

  • 安定継続した収入がない(返済に十分な収入がない)
  • 他社の借り入れが多い。もしくは借入件数が多い
  • 信用情報に延滞などの情報が記録されている

以上のような方は審査否決の可能性が高くなると考えられます。

さきほどお伝えしたとおり、審査は「返済能力の有無のチェック」です。

一般的に、返済できる安全な借入れラインは年収の3分の1が目安です。他社から3~4件以上の借入がある場合は返済困難とみられ、審査通過の見込はほとんどありません。

新規借入ではなくおまとめなど他の手段を考えたほうが良いでしょう。

オリックス・クレジット株式会社の支払いに加えてレイクの返済遅延も審査に影響するでしょう。

新生フィナンシャル㈱はレイクの取扱い会社であるためです。

どうしても審査に通りたい場合は、他の保証会社のカードローンを選んだほうがベターと言えます。

▼カードローンの審査が不安な人は、審査に通るかの判断チェックシートがついたこちらの記事もぜひ参考にしてください。

オリックス銀行カードローンの審査は特殊

オリックス銀行カードローンの審査に関しては、他社よりも特殊な点があります。

それは、“保証会社が2社”という点です。多くのカードローンでは、保証会社は1社のみとなっています。

どちらの保証会社で審査されるのかは希望限度額に応じて変わりますので以下の表を確認しましょう。

希望限度額審査する会社
100万円以下新生フィナンシャル株式会社
100万円超

オリックス・クレジット株式会社※

※オリックス・クレジット株式会社の審査に落ちた場合、次に新生フィナンシャル株式会社にて審査されます。

家族や会社に内緒で利用するには?

家族や会社に内緒で利用するために気をつける点は、「カード」や「利用明細」の保管くらいです。

そもそも、カードローンの申込時にバレる心配はほとんどありません。あなたが申込したという情報は「個人情報保護」によって守らないといけませんので、オリックス銀行側も十分配慮しています。

在籍確認の章でもお伝えしているように、担当者の個人名で電話をするなどの配慮があります。このため、申込時にカードローンの利用がバレてしまう可能性は低いです。

ただし、契約後にバレてしまう可能性はあります!

カードローンの利用が他人にバレてしまうのは契約後であることが多いです。そのおもな原因は以下の2点です。

  • カードを見つかった
  • 利用明細を見られた

オリックス銀行カードローンではカードの発行があります。

カードは誰かに見つかってしまうと、一発でバレてしまう可能性が高いです。
また、利用明細も同様でしょう。明細を見られてしまうと、借り入れの事実が発覚してしまう場合があります。

オリックス銀行カードローンでは、利用明細の郵送はありませんが、提携ATMで利用すると取引内容を記載した明細が発行されます。これには借入額や残高なども記載されていますので、見られてしまうと高確率でバレてしまいます。

こうしたことから、カードや利用明細の保管には十分注意すべきです。

ただし、この点にさえ気をつけておけば、家族や会社にカードローンの利用を知られてしまう可能性は低いです。

審査時の在籍確認とは?

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先に勤務をしているかを確認するための電話です。

カードローンは申込者の返済能力をもとに融資します。

このため、申込者が職についており、継続的に収入があることを確認する必要があるのです。在籍確認はこのための電話となります。

こうしたことから、オリックス銀行カードローンの審査には必ず在籍確認があります。申し込みをすると、申告した勤務先に電話がかかってきますので対応するようにしてください。

なお、「在籍確認によって、会社の人間に借入しようとしていることがバレないか?」という不安のある人もいるかと思いますが、この心配は無用です。

在籍確認の電話は「担当者の個人名」でされます。決して「こちらオリックス銀行カードローンですが・・・」とは名乗りませんので安心してください。

電話内容もただ在籍しているかを確認するだけですので、非常に簡易なものとなります。

スムーズにいけば1分程度で完了するかと思います。

審査に落ちた場合はもう一度チャレンジできる?

保証会社が2社あるということで、審査落ちした場合に再チャレンジできるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

その点については、オリックス銀行カードローンの商品説明書の説明を読むとはっきりと理解できます。

・申し込みに際しては、当社及び保証会社(オリックス・クレジット株式会社/新生フィナンシャル株式会社)の審査があります。

・保証会社の審査は、お客さまの希望限度額が100万円超の場合、初めにオリックス・クレジット株式会社が行い、同社との間で保証委託契約が成立しなかったときに限り、次に新生フィナンシャル株式会社が審査を行います。オリックス・クレジット株式会社の保証を受けられる場合、新生フィナンシャル株式会社による審査は行われません。
 なお、お客さまの希望限度額が100万円以下の場合、新生フィナンシャル株式会社のみ審査を行います。

引用元
オリックス銀行公式サイト「カードローン-商品説明書」より抜粋

「保証会社の審査は、希望限度額に応じて変わります。」ということです。 つまり顧客側からどちらの保証会社かを指定することはできないわけです。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちたならば、希望限度額が100万円超の場合は、オリックス・クレジット&新生フィナンシャルの両方の審査に落ちたことがわかります。

希望限度額が100万円以下の場合は、新生フィナンシャル株式会社の審査に落ちたことがわかります。

ちなみに、再チャレンジが有効となる可能性があるのは「前回審査落ちの理由が解消」された場合のみです。

具体的には以下のようなケースが想定できるでしょう。

  • 前回申込時よりも年収が大幅に増加している
  • 前回は勤続期間が短すぎたが、勤続期間が長くなってきたので再度申込した
  • 不要なクレジットカードや他社カードローンを解約した
  • 信用情報のネガティブ情報が消えてから再度申込した

オリックス銀行のカードローンに限らず、同じカードローンへの再チャレンジは避けたほうが無難です。

万が一オリックス銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合、すこし間を空けて別のカードローンを申込してみましょう。

申し込みをしたのに、オリックス銀行からメールが届かない場合は?

申込み手続きを完了すると、登録Eメールアドレスに「Eメールアドレス確認用URL」が送信されます。

Eメールアドレス確認用URLをクリックして受信確認をしないと審査結果等の案内が受け取れません。

基本的には申込み手続き後すぐにメールは送信されています。

メール受信のタイムラグを考慮しても、10分程度以内に届かない場合は何らかのトラブルが考えられます。まずは以下の点を確認してみましょう。

考えられるトラブルの理由トラブル対処方法
申込時のEメールアドレスの入力が間違っているカードデスクに連絡して再登録してもらいましょう
迷惑メールに間違えて振り分けられていないかを確認する迷惑メールフォルダやゴミ箱からメールを開き、手続を進めてください
URLを含むメールを受信拒否にしているメールの受信設定を確認しましょう
メールの受信フォルダやメールボックス等が容量オーバーになっている容量制限を確認して、新しいメールが受信できるようように調整しましょう
受信文字数制限を超えている携帯電話などで受信する場合、文字数制限の設定の変更で受信でき料になる場合があります
ドメイン指定受信等の設定をしてないか確認する設定変更後、カードデスクに電話連絡してください。Eメールアドレス確認用メールを再送信してもらえます

※ドメイン:bank.orix.jp メールアドレス:[email protected]

メールが届かない場合の問い合わせ先は以下のカードデスクです。平日の営業時間内(9:00~18:00)のみの受付となっています。

オリックス銀行カードデスク

0120-890-693
受付時間 9:00~18:00 
土日祝および12/31~1/3休み

オリックス銀行カードローンを借り入れた際の返済シミュレーション

オリックス銀行カードローンで無事に借入できた後は、毎月最低でも1回以上は返済し続けることになります。

このような場合に重要になるのが、「返済シミュレーション」なのです。

返済シミュレーションとは、ご自身の希望条件で借入した場合の合計支払い利息や、完済までの期間などを試算することを指します。

しかしながら、「計算が面倒だしよくわからない…」という方も中にはいらっしゃると思います。

そこで、オリックス銀行カードローンの返済シミュレーションを一覧にまとめてみました。下記の表をご覧ください。

オリックス銀行カードローンの返済シミュレーション
借入残高想定金利最低返済額完済までの日数合計支払利息総返済金額
10万円年14.8%3,000円44カ月29,571円129,571円
30万円6,000円79カ月169,268円469,268円
50万円9,000円95カ月348,516円848,516円
100万円年14.8%15,000円141カ月1,113,423円2,113,423円
200万円年12.8%25,000円181カ月2,522,744円4,522,744円
300万円35,000円232カ月5,103,608円8,103,608円

※最低返済額を完済まで継続した場合のシミュレーションです。
※オリックス銀行 カードローンの返済シミュレーションツールにて試算しています。

上記表をご覧いただくと分かるように、借入残高が少ないケースに関しては、金利も高い数値が適用される場合が多いです。

返済に関する知識として、オリックス銀行カードローンの金利は限度額によって規定されているため、増額を活用して限度額が大きくなれば、適用金利が低下する可能性もあります。

この点は、オリックス銀行カードローンを利用する際のポイントだといえるでしょう。

オリックス銀行カードローンで10万円を借りた場合のシミュレーション

実際にオリックス銀行カードローンで借りた際の、返済シミュレーションを見てみましょう。

借りた金額と利率

ここでは、10万円を上限金利年14.8%で借りた際の、返済期間と返済総額を計算してみます。

オリックス銀行カードローンは「残高スライドリボルビング方式」を返済方式に採用しています。

借入残高10万円以下では月々3,000円が返済額となります。

  • 借入額:100,000円
  • 返済期間:44カ月(月々3,000円返済、最終月に一括返済)
  • 返済総額:129,571円
  • 支払利息:29,571円

このような結果となりました。

もし可能であれば、随時返済(追加の返済)を行って、少しでも早く返済しましょう。

提携ATMより手数料無料でいつでも追加返済することができます。

計画的な返済をするために返済シミュレーションをもっと活用したい方はこちらの記事も参考にしてくださいね。

オリックス銀行カードローンの返済方法

オリックス銀行カードローンの返済方法は、以下となっています。

  • 口座引落し(※オリックス銀行だけでなく他行口座でも可)
  • 銀行振込
  • 提携ATMから入金

オリックス銀行カードローンの返済日は毎月10日もしくは月末日で、契約時に任意で選択することができます。また、随時返済として、会員サイトから引落し額を増額することも可能です。

オリックス銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
銀行種類カードローン名提携ATM
利用手数料
都市銀行三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」無料
みずほ銀行カードローン原則有料
(110円~220円)
三井住友銀行 カードローン原則無料
りそなプレミアムカードローン有料
(110円~220円)
地方銀行横浜銀行カードローン原則有料
(110円~220円)
ちばぎんカードローン有料(時間帯により110円~220円)
静岡銀行カードローンセブン銀行以外有料(110円)
ネット銀行auじぶん銀行カードローン原則無料
オリックス銀行カードローン全て無料
流通系銀行イオン銀行カードローンイオン銀行ATM・コンビニ提携ATMは無料
消費者金融アコム1万円以下の取引1回につき110円、1万円超の取引1回につき220円
プロミス1万円以下の取引1回につき110円、1万円超の取引1回につき220円(三井住友銀行ATMは無料)
アイフル1万円以下の取引1回につき110円、1万円超の取引1回につき220円

※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です

残高の確認方法

借入残高の確認方法は2通りあります。

  • 提携ATM利用時に発行される明細
  • 会員専用サイト「メンバーズナビ」
    ※暗証番号を入力してログインし、メニューから「残高照会」を選択

なお、銀行の口座引落にて返済した場合は、残高反映まで2~3日かかります。

オリックス銀行カードローンの解約方法

解約するには、まず借入残高を一括返済しなければいけません。

借入残高が1円でも残っている状態では解約することはできません。

一括返済には3つの方法があります。

  1. オリックス銀行が指定する口座への振込
  2. 口座からの引き落とし
    ※メンバーズナビの「増額返済申込」より手続きする
  3. セブン銀行、ローソン、Enet、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行のATM

一括返済して借入残高が0円になったのを確認したら、カードデスクに電話で解約届を請求しましょう。

必要事項を記入して返送すれば解約が完了します。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
利用限度額審査時間融資までの時間
最高800万円--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年1.7%~14.8%-

※WEB完結について:在籍確認と郵送物はあります。

おすすめポイント

  • 申込みから借入れまでWEBで完結!※
  • 限度額最高800万円!
  • コンビニ提携ATMでも手数料無料

まとめ

オリックス銀行カードローンは、高い利便性を誇る商品です。オリックス銀行カードローンを利用する際はこの記事のポイントを踏まえつつ、無理のないよう活用してください。

オリックス銀行カードローンの電話確認実施内容

ローンカードはどのくらいの日数で届きますか?また、郵送の種類はどのような扱いでしょうか?
地域などにより異なるため、一概にお答えすることはできませんが、目安としては契約完了日から数日となっております。郵送の種類は「転送不要の簡易書留」です。ご確認くださいませ。
専業主婦でも申し込みできますか?
大変申し訳ございません。オリックス銀行のカードローンは、「原則として安定した収入のある方」となっておりますので、ご本人に収入のない専業主婦の方は、お申込いただくことができません。
保証会社が2つあるのはなぜですか?
オリックス銀行のカードローンでは、お申し込みいただいた際、まず「オリックス・クレジット株式会社」という保証会社の審査を行います。万が一そちらの審査が通らなかった場合に、「新生フィナンシャル株式会社」での審査を実施させていただいております。そのため、保証会社が2社となっております。
融資を急いでいる場合、ローンカードが郵送されるよりも先に、振込で融資してもらうことはできますか?
大変申し訳ございません。オリックス銀行のカードローンは、ローンカードをお受け取りいただいてからのご利用となります。

オリックス銀行カードローンのCM

オリックス銀行カードローンは長期に渡って女優の篠原涼子さんをCMに起用していました。

目を奪われるのは10年前のCMから若々しさを失わない篠原さんの美魔女ぶり。

デキすぎる部長姿にグッときてしまった方もいたことでしょう。

ただ残念ながらここ1年ほどは新CMの情報がありません。篠原涼子さんのファンの方は続編を期待しているかもしれませんね。

ちなみにオリックスと言えばあの生ける伝説のメジャーリーガー、イチロー選手が有名です。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、数年前にイチロー選手がオリックス銀行カードローンのCMに出演していたことがあります。

CMでのイチロー選手はスーツをビシっとキメています。ユニフォーム姿もイケてますが、スーツ姿はまるで俳優のような良い雰囲気を持っていますね。

篠原涼子さんもイチロー選手もお世辞抜きでかっこ良すぎです。ぜひまた新CMでもお目にかかりたいものです。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
利用限度額審査時間融資までの時間
最高800万円--
借入金利無利息期間サービス土日の借入
年1.7%~14.8%-

※WEB完結について:在籍確認と郵送物はあります。

おすすめポイント

  • 申込みから借入れまでWEBで完結!※
  • 限度額最高800万円!
  • コンビニ提携ATMでも手数料無料

ネット銀行カードローンの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.