Operated by Ateam Inc.

イーデス

西日本シティ銀行カードローンであなたはどれを選ぶべきかをFPが詳細解説!

最終更新日:

西日本シティ銀行カードローンであなたはどれを選ぶべきかをFPが詳細解説!
カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「西日本シティ銀行でお金を借りたいけど、自分に合ったカードローンがどれなのか、よく分からない」という方も多いのではないでしょうか。

西日本シティ銀行の取り扱うカードローンは、以下のように種類が多く、それぞれ特徴が大きく異なります。

  • NCB キャッシュエース
  • NCB カードローン V CLASS
  • NCBアプリ カードローン
  • NCB EZ教育カードローン
  • NCB学生奨学ローン
  • NCB リバースモーゲージ 輝く明日へ

ですので余計に混乱してしまうという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、あなたに合った西日本シティ銀行カードローンがどれなのかについて詳しく解説していきます。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

西日本シティ銀行では6種類ものカードローンが利用可能となっており、銀行カードローンの中では結構多めのラインナップと言えます。 ちなみにレストランでもメニューが多いと注文に迷いがちですが「鉄板メニュー」があれば選びやすいものです。 西日本シティ銀行の鉄板カードローンは、ずばり「NCBキャッシュエース」で間違いありません。 キャッシュエースは6種のラインナップの中でも、利用のしやすさでは頭一つ抜けています。 決して他の商品が劣っているというわけではなく、守備範囲がそもそも違うということです。 選択に迷ったならキャッシュエースを軸に検討するのがおすすめです。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    西日本シティ銀行カードローンの違い

    西日本シティ銀行カードローンの種類は6つと多いですが、申し込みに共通事項が2つあります。

    1、「西日本シティ銀行カードローン取扱店※の近くにお住まい、またはお勤めの方」

    ※九州地方全域(大分県、宮城県、鹿児島県、福岡県、熊本県、佐賀県、長崎県)+宇部支店、岡山支店、下関支店、下関支店、福山支店

    上記の条件を満たさない方は、申し込んでも融資を受けられません。

    2、「保証会社の保証が受けられる方」

    西日本シティ銀行がお金を貸しだすか審査をするわけではなく、その判断をする与信審査を受け持つのは保証会社です。

    以下の表を見ていただければ分かりますが、西日本シティ銀行カードローンといっても、それぞれが違う保証会社によって審査が行われています。つまり審査基準は一定ではなく、そのカードローンごとの特徴に合わせた審査が行われるといえます。

    西日本シティ銀行カードローン商品詳細保証会社
    「NCB キャッシュエース」アコム株式会社、または株式会社オリエントコーポレーション
    「V-CLASS」九州カード株式会社、九州総合信用株式会社、株式会社オリエントコーポレーションのいずれか
    「NCBアプリ カードローン」九州カード株式会社、またはアコム株式会社
    「EZ教育カードローン」九州カード株式会社または株式会社オリエントコーポレーション
    「NCB学生奨学ローン」株式会社オリエントコーポレーション
    「NCB リバースモーゲージ 輝く明日へ」九州総合信用株式会社

    どのような立場であるかによっても、西日本シティ銀行カードローンでは借入条件が設定されています。

    それをまとめたものが以下の表になります。

    西日本シティ銀行カードローン商品詳細会社員パートアルバイト学生専業主婦(夫)年金生活者
    「NCB キャッシュエース」×
    「V-CLASS」×××××
    「NCBアプリ カードローン」×
    「EZ教育カードローン」×××××
    「NCB学生奨学ローン」×××××
    「NCB リバースモーゲージ 輝く明日へ」

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」はどんなローン?

    ここでは、その中でも最も利便性に高い、西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」を解説していきます。

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」は、福岡県福岡市に本店がある「西日本シティ銀行」が直接取り扱うカードローンです。西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の商品詳細は下記のとおりです。

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」商品詳細
    限度額に対する金利

    (固定金利)

    100万円未満 年14.95%
    限度額に対する金利

    (固定金利)

    100万円以上 年14.00%
    限度額に対する金利

    (固定金利)

    200万円以上 年13.00%
    申込要件・申込時に満20歳以上満69歳以下で、収入のある個人の方※

    ・西日本シティ銀行取引店の近くに居住地または勤務先がある方※1

    ・保証会社の保証が受けられる方

    保証会社アコム株式会社、または株式会社オリエントコーポレーション
    審査時間-
    口座開設必須
    即日融資不可
    土日即日融資不可

    ※新入社員・年金生活者の方も申込み可能。配偶者に収入のある専業主婦(夫)、アルバイト・パート、年金収入のみの方でも50万円まで利用可能
    ※1.東京都内、大阪府内の店舗では取扱いしていません

    ※大手を含むすべての銀行カードローンは、2018年1月より即日審査・即日融資が受けられなくなります。申し込み当日に融資が可能なのは、消費者金融のみとなります。

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の特徴は、「西日本シティ銀行カードローンの中では、多くの立場の方が借入できる」というところです。

    また、利用には西日本シティ銀行の普通預金口座が必須となっていますので、口座をお持ちでない方は窓口で開設する必要があります。

    あなたの希望に合っている?「馴染みある地元の西日本シティ銀行だから」で決めないで!

      • 地元銀行という安心感だけで選ぶと、「急いでいるのに、お金を借りるまでに時間がかかった」「大手銀行の方が低金利だった」「支店数が少なく、働きながら窓口に行きにくい」といった不便さが生じてしまいます。もしかしたら、ほかにもっと最適なカードローンがあるかもしれません。

    ▶あなたのニーズに応えるカードローン

    カードローンは借金なので、できるだけニーズに合った1枚を選びましょう。

    あなたの希望は?おすすめの1枚
    今日中に借りたい

    プロミス

    早さより低金利を優先みずほ銀行カードローン

    大手銀行カードローンと西日本シティ銀行カードローンの違いを徹底比較

    カードローンを利用する際に気になるのは、「大手銀行カードローンと比べて得なのかどうか」という点でしょう。

    ここでは、西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」と大手人気カードローンを徹底的に比較します。
    下記の表をご覧ください。

    西日本シティ銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
    カードローン名金利利用限度額審査スピード口座開設毎月の最低返済額提携ATM
    利用手数料
    西日本シティ銀行カードローン

    「NCB キャッシュエース」

    年13.00%~年14.95%(固定金利)最大300万円-必須(申込時になくても申し込みは可能)5,000円有料(110円~220円)
    みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%※1最大800万円最短当日※2必須
    (同時申込可)
    2,000円原則有料
    (110円~220円)
    三井住友銀行 カードローン年1.5%~14.5%10万~800万円最短当日※不要2,000円原則無料
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」年1.8%~14.6%最大500万円最短即日不要2,000円※3無料
    りそな銀行カードローン年1.99%~13.5%※10万円~800万円最短翌営業日※必須10,000円有料
    (110円~220円)
    楽天銀行スーパーローン年1.9%~14.5%※4最大800万円最短即日※5不要2,000円原則無料※例外あり
    イオン銀行カードローン年3.8%~13.8%最大800万円-不要1,000円イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

    ※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です
    ※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
    ※2.みずほ銀行の口座を持っている場合は最短当日~1週間程度、持っていない場合は2~3週間程度かかります。
    ※3.借入利率が年8.1%超の場合
    ※4.通常金利の場合
    ※5.審査完了までは個人差があります。また土日祝は営業していません。

    他の銀行カードローンと比較した場合に、西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」を選ぶ理由を挙げるとしたら、「すでに西日本シティ銀行の口座を持っている」というケースでしょう。

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」は口座開設が必須ですが、すでに口座をお持ちの方であれば、よりスムーズに利用を開始することができます。

    西日本シティ銀行カードローンの強みや弱みを分析

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」にも当然のことながら長所や短所があります。
    ここでは、西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の強みと弱みを比較します。

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の強みと弱み
    強み弱み
    来店不要でWEBで申込から契約まで完結できる西日本シティ銀行の口座が必須

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の強みは、WEBで申込から契約まで完結できるところにあります。

    対して、西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の弱みは、「契約が地域限定」「口座開設が必須」という点です。

    他社の銀行カードローンには、インターネット上で契約手続きまで完結できる商品が多いため、申込める方以外は西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の強みは特別とは言えません。

    返済窓口については、「カードローンの返済窓口について徹底解説!あなたに合った返済方法」を参考にしてみてください。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    地方銀行のカードローンを利用するか否かの判断ポイントとして重要なのが「申込予定の銀行口座を持っているか」という点です。 さらに給与振込や住宅ローンなどを利用しているなど「メイン銀行」として取引しているなら最優先に検討するべきなのは間違いありません。 取引が多いほど審査に有利になったり、金利優遇を受けられたりするためです。 特に給与振込を利用しているならカードローンの返済は非常にスムーズになります。 逆に言えば取引のない状態から、わざわざ口座を開設してまでカードローンを利用するのはハードルが高いと言えるでしょう。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    FPが教える西日本シティ銀行カードローンに向いている人・向いていない人

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」に向いている人はどのような人でしょうか?
    向いていない人も合わせて、簡単にまとめていきましょう。

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」に向いている人は、以下に該当する方です。

    • すでに西日本シティ銀行の預金口座を持っている
    • 近隣に西日本シティ銀行の支店がある
    • 必要な金額が300万円以内
    • 普段、西日本シティ銀行のATMを利用している


    対して西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」に向いていない方は、以下に該当する方です。

    • 西日本シティ銀行の預金口座を持っていない
    • 近隣に西日本シティ銀行の支店がない
    • 普段西日本シティ銀行のATMを利用していない
    • 利用したい金額が301万円以上

    では、西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」に向いていない人はどのようなカードローンを選択するのがよいでしょうか?

    FPがおすすめできるカードローンを1つご紹介するとすれば、「三菱UFJ銀行カードローンバンクイック」です。

    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックをおすすめする理由は、以下の理由があります。

    • 限度額が最大500万円なので、多用途に利用できる
    • 金利最大500万円と西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」よりも低金利
    • 提携しているコンビニATMで利用できる(手数料無料)

    三菱UFJ銀行カードローン

    三菱UFJ銀行カードローン
    利用限度額審査時間融資までの時間
    最大500万円最短即日最短翌日
    借入金利無利息期間サービス土日の借入
    年1.8%~14.6%-

    ※審査通過後であれば、土日祝でも借入可能

    おすすめポイント

    • 三菱UFJ銀行ATMと提携コンビニATMで手数料が無料
    • 銀行口座を開設しなくても利用可能!
    • 金利年1.8%~14.6%とお得

    西日本シティ銀行カードローンで融資を受けるための流れと必要書類

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」でスムーズに融資を受ける流れと必要な書類は下記のとおりです。

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」で融資を受ける流れ

    1. STEP.1

      パソコン、スマホもしく電話で申し込む

    2. STEP.2

      審査の実施

    3. STEP.3

      審査の回答

    4. STEP.4

      ネット、または郵送か来店で契約手続き

    5. STEP.5

      契約手続き完了後、西日本シティ銀行ATMから現金を引き出す

    申し込みに必要な書類

    • 本人確認書類…運転免許証、マイナンバーカード、パスポート(※)
    • 口座用届け印…口座をお持ちでない方のみ

      ※運転免許証以外の場合は、併せて住民票が必要となります。

    西日本シティ銀行カードローンにおいて融資の方法はATMと自動融資の2つ

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の借入方法は2種類あります。
    こちらでは、それぞれの借入方法について、くわしく解説していきます。

    現金の借入は西日本シティ銀行のATMで

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」は、西日本銀行ATMで借入可能です。
    ATMで「カードローン」「お借入れ」の順番で画面のボタンをタッチし「返済用普通口座のキャッシュカード」をATMに挿入します。

    その後は、普通預金から現金を引き出す操作(暗証番号と金額を入力)と全く同じ操作で現金を引き出すことができます。

    なお預金の「お引き出し」ボタンから操作を始めた場合、預金残高に足りない分だけカードローンから借入する機能もあります。
    たとえば普通預金口座に3万円残っている状態で、10万円の引き出し操作をすると、不足分の7万円分だけカードローンからの借入になるというわけです。

    ATM操作方法によって「全額借入」か「不足分だけ借入か」の違いが出てきます。
    普通預金の残高は事情があって残しておきたい場合などは、必ず「カードローン」取引ボタンから操作するようにしてください。

    ついうっかりの残高不足に対応できる「自動立替機能」

    普通預金で公共料金、携帯電話料金、各種保険料、クレジットカードの支払い等々、さまざまな自動引落しを利用している方も多いのではないでしょうか。 せっかく給料が入っても、続々と引き落としがあって、すぐに残高がピンチになってしまうこともありますよね。

    残高不足になってしまうと、引落ができずに滞納ということになってしまいます。
    1円でも残高不足になると引落不能になってしまうのが中々やっかいなところですね。

    常に残高をチェックできればよいのですが、なかなかそこまでフォローするのは難しいという気持ちもわかります。

    そんなとき西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の「自動立替機能」が役に立ちます。
    万が一普通預金が残高不足で引落ができない場合、足りなかった金額だけを1円単位でカードローンから融資して引落してくれる機能です。

    これによりカードローンの限度額までは「ついうっかりの残高不足での引落不能」の心配がなくなります。
    とくにクレジットカードなどの滞納は「信用情報」に響く場合もあるので、自動立替機能があれば安心できます。

    また普通預金の残高は最後の1円まで引落されるため、不足金額の借入だけで済むのもポイントです。
    たとえば極端な話1円だけ残高不足の場合、カードローンからは1円だけ融資されます。

    必要最低限の借入となるため、支払利息も少なく抑えることができますね。

    西日本シティ銀行カードローンの返済方法

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の返済方法は、「自動引き落とし(口座振替)」のみとなっています。毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に残高に応じた返済額が引き落とされますので、滞納することのないように残高をチェックしておきましょう。

    繰り上げ返済は可能?

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」は、西日本シティ銀行のATMでのみ繰り上げ返済が可能となっています。

    返済期日

    返済期日は毎月10日(銀行の休日の場合は翌営業日)です。
    定例返済日の変更はできません。

    返済シミュレーション

    カードローンを上手に利用するには返済シミュレーションの活用は欠かせません。
    西日本シティ銀行の公式サイトには、残念ながらカードローン用の返済シミュレーターが用意されていません。

    こちらでは借入金額でどのくらいの返済額と支払利息になるのか、簡単に比べられるようにまとめました。

    計画的にカードローンを利用するために、ぜひ参考にしてみてください。

    適用金利毎月返済額返済回数総支払額支払利息総額
    20万円年14.95%5,000円56回278,534円78,534円
    50万円年14.95%10,000円79回787,650円287,650円
    100万円年14.00%20,000円76回1,509,511円509,511円
    200万円年13.00%30,000円119回3,566,276円1,566,276円
    300万円年13.00%40,000円156回6,214,103円3,214,103円

    ※毎月返済額は、借入当初の定例返済金額が完済まで変わらないものとして試算しています
    ※自動返済では、借入残高に応じて返済額が変動します

    ※一般的な元利定額返済シミュレーションで計算しているため、借入日や暦により多少の金額の差が出る場合があります

    この返済シミュレーションからぜひ読み取っていただきたい事実は以下のとおりです。

    • 借入金額が多くなるほど返済回数は多くなり、支払利息が加速度的に増えていく
    • 100万円借入すると利息は50万円に達する
    • 300万円借入した場合、支払総額は600万円を超え、まさに倍返し状態になる

    しかもこの返済シミュレーションでは残高スライドによる返済額の減少を考慮していません。
    決められた返済額だけで満足していると、上記の表よりもさらに支払いが増えることになります。

    カードローンを上手に利用するには「必要最小限の借入額に抑え」「繰上返済で可能な限り早く完済する」ことが必須となるのです。

    貸してくれるからといって、必要以上に借りてしまうと支払利息が大変なことになってしまうので気をつけましょう。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    西日本シティ銀行のカードローンに限りませんが、他の個人向けローンと比較すると高めの金利となっています。 そのため大きな金額を長期的に借りてしまうと、支払利息が想像以上に高額になってしまいます。 これはカードローンの使い方としては決して好ましいものではありません。 カードローンは「短期」&「少額」&「スピーディー」に借入することに最適化された商品です。 そしていつでも自由に返済できることも(見落としがちなのですが)非常に重要な特長となっています。 毎月の定例返済に加えて、どんどん繰上返済をしていくことで支払利息を大幅に節約することも可能なのです。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    西日本シティ銀行カードローンの返済に遅れてしまった場合の対策

    カードローンの返済に遅れるのは、本当は好ましいことではありません。
    しかし遅れてしまったのなら、早急に手を打たなければ、状況はどんどん悪化してしまいます。

    返済に遅れてしまった場合にとるべき行動はただひとつとなります。
    それは西日本シティ銀行の「ローンコールデスク」へ電話することです。

    西日本シティ銀行 ローンコールデスク

    0120-714-919

    受付時間:平日9:00~20:00 土・日 10:00~17:00

    音声ガイダンスサービスメニュー: [1]-[1]カードローン

    (12/31~1/3・5/3~5/5・祝日・振替休日は休業)

    ローンコールデスクのフリーダイヤルに電話を掛け、返済に遅れてしまったことを伝えましょう。
    返済に遅れてしまった日数などにもよりますが、返済期日の延期などの対応方法を相談することができます。

    電話相談では、返済が厳しい状況について正直に相談することが大切です。
    基本的には相談の電話で次回の給料日など「返済可能な日」を約束する流れになるでしょう。

    また本当に返済が厳しいならとりあえず利息だけの支払いにするなどの提案をしてもらえる場合もあるでしょう。

    返済に少し遅れたからといって、いきなり怒られるような心配はまずありません。
    むしろこちらの事情を正直に相談することで、解決に向けた適切なアドバイスをもらうことができます。

    ローンコールデスクの担当者はこちらの味方と思って、遠慮なく相談するようにしてください。

    1日でも速い相談により、最悪の状況になってしまうことを防ぎやすくなるのです。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    返済の遅れは様々なペナルティを受けることにつながるため、決して甘く考えることはできません。 しかし罪悪感などから深刻に受け止めすぎて電話相談をためらってしまっては、さらに事態を悪化させてしまうだけです。 気持ちが重くなってしまうのは十分にわかるのですが、思い切って電話相談すれば高い確率で事態は好転します。 なお電話オペレーターの方は基本的に親切ですが、生身の人間ですので丁寧に話をする姿勢が大切です。 電話オペレーターも真摯な姿勢な顧客には「どうにか力になってあげたい」と思いますが、横柄な態度の顧客であればおざなりな対応になりかねません。 「返済に遅れて申し訳ない気持ち」を持って相談することで、味方になってもらいましょう。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    まとめ

    西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」は非常に利便性の高いカードローンです。ただし、地方限定ですので、あなたにとって利用する価値があるのかをチェックしておきましょう。

    即日融資が可能なカードローンについては、「FPが教える!本当に即日融資が可能なカードローン!最短融資の方法を教えます」も参考にしてみてください。

    西日本シティ銀行カードローンの電話確認実施内容

    西日本シティ銀行の口座がなくても申込できますか?
    はい、 西日本シティ銀行の口座がなくてもお申込可能です。
    ただし、審査後には口座を開設していただく必要がございます。
    口座の開設は窓口で承っておりますので、カードローンの契約手続きと併せてご利用ください。
    西日本シティ銀行ATM以外でも利用できますか?
    申し訳ございません。
    通常利用は西日本シティ銀行のみとなっています。ただし、西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」には「自動融資機能」がついております。
    この機能は、口座に残高が無い状態で引落しがあった場合に自動補填するものです。
    西日本シティ銀行の預金口座に残高がない状態で、提携ATMからお引き出しした場合、この機能が働き借入することができます。その場合、所定の提携ATM利用手数料が発生します。
    ご注意くださいませ。
    口座があっても、窓口へ行かなければならないのでしょうか?
    パソコン、スマホもしく電話で申込ができます。
    最短で融資を受ける方法はどのような流れでしょうか?
    郵送契約以外の方法で契約手続きを済ませるのが最も早い流れになるかと思います。

    地方銀行カードローンの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.