Operated by Ateam Inc.

イーデス

みちのく銀行カードローン「トモカ」の強み・弱みとは?FPが徹底比較!

最終更新日:

みちのく銀行カードローン「トモカ」の強み・弱みとは?FPが徹底比較!
カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

青森県に拠点を構えるみちのく銀行では、「トモカ」と呼ばれるカードローンを取り扱っています。銀行系のカードローンですから、消費者金融よりも金利が低めで使いやすいカードローンです。

ちょっとお金を使いすぎてしまったときや、大きな買い物をするときなどに役に立ってくれるでしょう。今回は、みちのく銀行が取り扱う「トモカ」について紹介します。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

各行で力を注いでいるのがローン関連商品なのですが、今回は、個人との取引に力を入れている、東北のみちのく銀行カードローンを取り上げます。みちのく銀行のカードローンは「トモカ」と言い、店頭で申し込むことができる他、Webでも申し込むことができます。「トモカ」には、どのような特徴があるのでしょうか?メリット・デメリットにはどのようなものがあるのか、解説します。

気になる内容をタップ

みちのく銀行カードローンはどんなローン?

みちのく銀行カードローンの特徴

みちのく銀行が提供するカードローンは「トモカ」という名称です。「トモカ」は、みちのく銀行の銀行口座を持っていない場合、店頭での申込みで口座を開設する必要があります。

みちのく銀行の口座を持っている人はWebからの申込みで完結できて便利です。店頭申込みの場合とWebで完結するWebカードローンでは、利用時の条件が若干異なるため、注意しましょう。

銀行系カードローンのため、消費者金融系と比べて金利が低めなのがうれしいところです。利用限度額100万円までですが、パート・アルバイトの人や専業主婦の人でも申込みが可能なので、今までカードローンの利用をあきらめていた人でも安心です。

みちのく銀行カードローンの限度額と金利

みちのく銀行 Webカードローン「トモカ」の限度額と金利
限度額金利
10万円年14.0%
30万円年12.00%
50万円・100万円年10.00%
200万円・300万円・500万円年4.90%

みちのく銀行カードローン「トモカ」の利用限度額は、店頭申込みの場合は10万~500万円、Webカードローンの場合は10万~300万となっています。

店頭申込みとWebカードローンでは利用上限額の最高額が異なるため、まとまったお金が必要な人は店頭で申込みをするのがいいでしょう。

金利に関しては、いずれの場合も4.9%~14.0%となっています。消費者金融の最大金利が年18.0%程度ということを考えれば、十分低い金利といえるでしょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
「トモカ」の金利は、年4.90%~14.0%。銀行の中でも、低めの金利と言えるのではないでしょうか。ここで注意すべきは、申し込み方法によって、借入限度額が変わる点です。店頭で申し込んだ場合は最高で500万円まで借りられるのですが、Webで申し込んだときには、300万円までに留まります。また、200万円以上の借り入れは、すべて年4.9%になっています。利用限度額の大きさにより、金利の優遇差はあまり無いと言えるでしょう。

飯田道子さん

飯田さん

大手銀行カードローンとみちのく銀行カードローンの違いを徹底比較

みちのく銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン名金利利用限度額口座開設毎月の最低返済額提携ATM
利用手数料
みちのく銀行カードローン年 4.9%~14.0%最大500万円(Webカードローンの場合は300万円)必須5,000円原則有料(110円~220円)
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%※1最大800万円必須
(同時申込可)
2,000円原則有料
(110円~220円)
三井住友銀行 カードローン年1.5%~14.5%10万~800万円不要2,000円原則無料
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」年1.8%~14.6%最大500万円不要2,000円※2無料
りそな銀行カードローン年1.99%~13.5%※10万円~800万円必須10,000円有料
(110円~220円)
イオン銀行カードローン年3.8%~13.8%最大800万円不要1,000円イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です
※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※2.借入利率が年8.1%超の場合

みちのく銀行カードローン「トモカ」と大手銀行のカードローンを比較してみます。
最低金利については大手銀行のものには年1.8%など低めのものがあり、それと比較すると金利が高い印象も受けますが、最高金利に関しては大手銀行よりも若干低めです。

利用限度額を比較すると、大手銀行のカードローンでは利用限度額が200万円までと低めのものもあります。「トモカ」の利用限度額は500万円までですから、審査に通過すればより多くの金額を利用できることになるでしょう。

大手銀行の場合、所得証明書が必要になる金額は100万~300万円の借入としているところがほとんどです。「トモカ」では、所得証明書が必要になるのは50万円以上の借入となっています。

※2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資が不可となりました。これはみちのく銀行カードローンだけでなく、大手を含む銀行カードローンすべてが対象となります。

みちのく銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

みちのく銀行カードローンのメリット・デメリット
メリットデメリット
消費者金融系よりも金利が低いみちのく銀行の口座を持っていない場合、申込み時の来店が必要
最高500万円まで融資が可能みちのく銀行の口座を開設する必要がある
パート・アルバイト・専業主婦(夫)でも申込み可能即日融資を受けることができない
みちのく銀行の口座を持っていればWebで申込みが完結パート・アルバイト・専業主婦の利用限度額は100万円まで
提携コンビニATMで借入可能(Webカードローンなら返済も可能)口座を持っていない場合、申込み時に必要なものが多い
公共料金支払いなどで残高不足の場合は自動融資が可能利用限度額200万~500万円の場合、年齢制限は59歳まで
返済は口座から引き落としできるみちのく銀行の支店がある地域の人しか申込みできない
明細書がWEBで閲覧できず書類で送られてくる

みちのく銀行の「トモカ」には、強みや弱みがそれぞれにあります。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
メリットとしては、金利に低さ、パート、アルバイト、専業主婦(夫)でも申し込み可能、みちのく銀行の口座があれば、Webのみで申し込みが完結すること等があります。デメリットとしては、口座がないときには、来店して申し込まなければならない、パート、アルバイト、専業主婦は100万円までしか借りられない等です。メリット・デメリットをチェックして、自分にとってメリットがあるのかを確認することが大切です。

飯田道子さん

飯田さん

強み

他の銀行系カードローンでは、場合によってはパートやアルバイト、専業主婦の申込みができないケースもありますが、「トモカ」ではこれらの人も申込みすることが可能です。
ただし、利用上限額は100万円までと制限されます。

「トモカ」に申込む際は、みちのく銀行の口座が必要になりますが、返済の際はこちらの口座から引き落としが可能です。また、公共料金や各種税金、保険料にクレジットカードなど、銀行口座からの引き落としで残高が足りない場合、「トモカ」の利用限度額の範囲内で自動的に金額を融資してくれるシステムがあります。

その他、「トモカ」で店頭申込みの場合は、利用上限額が500万円まであるため、まとまった金額が必要な人には有利です。Webで完結できるWebカードローンは、申込みの際に店頭に出向く手間が省け、本人確認書類もインターネットでアップロードすればOK。
審査もWebカードローンなら最短で結果が出ます。

弱み

「トモカ」の弱みは、やはり地方銀行のカードローンということもあって、みちのく銀行の支店がある地域に住んでいる、または勤務している場合でないと申込みができない点です。

申込み可能な地域は、青森県全域を中心として北海道・秋田県・岩手県・宮城県の一部となります。みちのく銀行の口座を開設することによってメリットも生じますが、そもそも口座を持っていない人は開設の手続きを取らなければなりません。

また、利用限度額500万円の融資を受けたい場合は、審査に通過することに加えて店頭に出向いて申込むことが必要です。さらに銀行口座の通帳と届け印、そして顔写真つきの本人確認書類など、持参するものが多いことも面倒な点のひとつでしょう。

利用の年齢制限に関して、利用限度額が10万~100万円の場合は64歳まで利用が可能ですが、200万~500万円の場合は59歳までという制限もあります。

その他、利用明細書をWebで確認できるシステムがなく、書類で送付されてくるのも少し面倒です。

また、「トモカ」は銀行カードローンのため、即日融資に対応していません。
本日中など、少しのゆとりもなく即日で融資を希望の人は、消費者金融を検討する必要があります。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
メリット・デメリットは分かっても、自分に向いているのかの判断が難しいこともあるでしょう。その時の参考になるのが、下記の一覧表です。向いている人としては、できるだけ金利を低く借りたい、みちのく銀行の支店と取引があり、近くに住んでいる人などです。向いていない人は、みちのく銀行と取引がない、支店が遠い人。また、銀行は即日融資ができないため、即日融資を希望する人は、向いていないと言えます。

飯田道子さん

飯田さん

FPが教えるみちのく銀行カードローンに向いている人・向いていない人

みちのく銀行カードローンに向いている人、向いていない人
向いている人向いていない人
消費者金融系より金利を抑えたい人みちのく銀行の支店がある地域以外に住んでいる人
みちのく銀行の支店の周辺に住んでいる人安定した収入のない人
パート・アルバイト・専業主婦の人みちのく銀行の口座を持っていない人
まとまった金額が必要な人即日融資を受けたい人
みちのく銀行の口座をあらかじめ持っている人過去にカードローンや携帯料金などを延滞した人
公共料金の支払いをつい忘れがちな人申込み時に来店するなど面倒な手続きをしたくない人(顔写真つきの本人確認書類を持っていないなど)

向いている人

みちのく銀行「トモカ」を利用するのに向いている人は、やはりみちのく銀行の支店がある地域に住んでいる人です。金利について、消費者金融の金利よりも安く抑えたいという人にも向いているでしょう。今まで銀行系のカードローンの利用が難しかったパートやアルバイト、専業主婦(夫)の人にもおすすめです。

審査結果にもよりますが、利用限度額は最高で500万円までですから、まとまった金額が急に必要になった人も安心して利用できるでしょう。

申込みについては、みちのく銀行の口座を持っていること、また開設することが条件となりますから、すでにみちのく銀行の口座を持っている人は有利です。公共料金など口座引き落とし分の金額を口座に入れるのを忘れがちな人も、自動融資を受けられるので便利でしょう。

借入を簡単に済ませたいという人も、提携コンビニATMで手続きを済ませることができます。今月、お金を使いすぎたというときでも、最短で審査が可能なWebカードローンなら迅速に借入が行えて、不足分に充てることが可能です。

向いていない人

やはり、みちのく銀行の支店がない地域に住んでいる人には向いていません。この場合、申込み自体ができないため、全国区の大手銀行カードローンか最寄りの地方銀行のカードローンを利用することをおすすめします。

みちのく銀行の口座を持っていない人は、新たに口座を開設する必要がありますから、これが手間と感じる人にもあまりおすすめできません。カードローンを利用するなら、口座開設が必要ないものを選ぶとよいでしょう。

そんな場合は、三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」をおすすめします。

みちのく銀行カードローンを最短で借りるための流れと必要書類

まず重要なのは、みちのく銀行カードローンは、“銀行カードローンである”ということです。そのため、即日融資に対応していません。審査にかかる時間は未定のため、数日はかかってしまうことが予測されます。

できる限り早めに融資を受けるには、Webカードローンに申し込むとよいでしょう。web申し込みでは、審査も最短で結果がわかるため、通常より早く借入できる場合があります。

ただし、Webカードローンの申込みは、みちのく銀行の銀行口座を持っていることが前提となります。


まず、みちのく銀行ホームページの申込みフォームに必要事項を入力して送信します。その後、審査結果が出てメールが届きます。

メールに記載されたアップロードページにアクセスし、顔写真つきの本人確認書類の画像をアップロードしましょう。書類の確認がとれれば、電話で契約についての確認がなされます。

これが終わると、契約専用のURLが記載されたメールが届きますから、内容を確認して「同意」ボタンをクリック。これで手続きは終了です。

この後、2営業日以降にみちのく銀行のキャッシュカードで融資を受けることが可能になります。カードローン専用カードは、手続き完了から1週間~10日ほどで手元に届きます。

みちのく銀行カードローンの審査を通りやすくするコツ

「トモカ」は銀行系カードローンですから、審査は消費者金融系よりも厳しめです。パート・アルバイトの申込みが可能とはいえ、やはり収入が安定していることは重要でしょう。専業主婦(夫)の場合も、配偶者に安定した収入があることはほぼ必須です。

また、過去にカードローンなどの返済・支払いを延滞すると審査に通りにくくなります。これらの返済・支払いはきちんと済ませるようにするのがコツです。

みちのく銀行カードローンを最短で融資を受ける方法と審査にかかる時間はどれぐらい

「トモカ」で最短で融資を受けられる方法は、前述のとおりWebカードローンの申込みをすることです。最短の融資には審査通過から2営業日が目安となります。

※2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資が不可となりました。これにより、当面の間は審査に要する時間も読めないのが現状です。(2018年12月時点)申し込み当日に融資が可能なのは、消費者金融のみとなります。

みちのく銀行カードローンの返済方法

返済の方法

「トモカ」の約定返済日は毎月5日となっており、店頭申込みの場合は貸越口座からの引き落としとなります。

Webカードローンの場合は、貸越口座からの引き落としに加えてみちのく銀行ATMか、提携銀行・コンビニのATMから返済が可能です。その他、随時返済もできますが、約定返済は期日までに行う必要があります。

利用可能なATM

みちのく銀行を利用できるATM一覧
ATM返済可能時間
みちのく銀行ATM平日7:00~21:00

土日祝8:00~21:00

ローソン銀行ATM7:00~21:00(平日・土日祝とも)
セブン銀行7:00~21:00(平日・土日祝とも)
ゆうちょ銀行平日7:00~21:00

土日祝9:00~17:00

みちのく銀行ATMのほかに、ゆうちょ銀行やローソン銀行ATM、セブン銀行ATMを利用することができます。

まとめ

みちのく銀行「トモカ」は、銀行系カードローンの中では標準的で使いやすいカードローンといえます。ただし、地方銀行であるためみちのく銀行の支店がある地域以外では使用できないというデメリットがあります。

対象地域の人なら、パートやアルバイト、専業主婦でも利用できるのはメリットですから、選択肢の一つとして考えてみると良いでしょう。

地方銀行カードローンの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.