Operated by Ateam Inc.

イーデス

きらやか銀行カードローンの強み・弱みを大手比較で検証!

最終更新日:

きらやか銀行カードローンの強み・弱みを大手比較で検証!
カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

東北圏内において高い知名度を誇る、「きらやか銀行」のカードローンを検討中の方も多いのではないでしょうか。

きらやか銀行が取り扱うカードローンには、「Do it 500」「きらやかWebカードローン」という2つの種類があり、概要から金利に至るまで特徴の異なる商品となっています。

しかしながら、それぞれの違いを把握するためには多少の知識が必要となるため、「自分はどちらが合っているのかな」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

この記事では、きらやか銀行カードローンの特徴をわかりやすくご説明し、審査の傾向や返済の方法なども詳しくご紹介していきます。

武藤 英次

武藤 英次 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

きらやか銀行は、第二地方銀行である殖産銀行と山形しあわせ銀行が2007年に合併して誕生した比較的新しい銀行です。 2012年には同じく第二地銀の仙台銀行までもが経営統合(じもとホールディングス傘下)し、東北では第二地銀トップの地位を固めています。 弱者同士による生き残りを懸けた合併とも言えますが、利用者にとっては店舗ネットワークの充実やサービス向上が見込まれるわけです。 実際にきらやかWebカードローンでは上限金利年11.0%(固定金利)と、かなり攻めたお得な金利設定となっています。 またカードローンDo it 500では来店&口座不要と最新トレンドをしっかりと抑えています。 「お得さ」と「便利さ」のどちらを重視する方にも対応できるのは素晴らしいことです。

  • ファイナンシャルプランナー / 美樹ライティングオフィス

    監修者武藤 英次

    成蹊大学経済学部経営学科卒。地方銀行勤務中にカードローンを含む個人・法人の融資業務などを幅広く担当。
    2016年3月に美樹ライティングオフィスを開業し代表を務める。
    趣味は一眼レフでの写真撮影、5人家族でのおでかけ、ピアノ演奏、甲子園を目指す長男の高校野球応援など。
    カナヘイのピスケ&うさぎグッズを大量コレクト中。

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    きらやか銀行カードローンはどんなローン?

    きらやか銀行は、山形県山形市を中心に事業を展開している地方銀行です。吸収合併によって生まれ、東北では認知度の高い銀行となっています。

    そんなきらやか銀行が取り扱うカードローンの詳細は下記のとおりです。

    きらやか銀行カードローン商品詳細
    名称Do it 500きらやかWebカードローン
    金利年4.8%~14.6%年9.0%~11.0%
    限度額500万円200万円
    申込条件
    • 山形県と宮城県に居住の方
    • 契約時に満20歳以上満65歳未満の方
    • 安定した収入のある方
    • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
    • きらやか銀行に普通預金口座を所持の方
    • 満20歳以上満62歳未満で、勤続6ヶ月以上の方
    • 前年度年収が90万円以上の方
    • きらやかカード㈱の保証を受けられる方
    審査時間--
    口座開設不要必須
    即日融資不可
    土日即日融資不可
    特定条件による金利優遇なしあり
    返済方法ATM口座引落し

    上記をご覧いただくとわかるように、「Do it 500」と「きらやかWebカードローン」は、申込条件から金利に至るまで様々な違いがあります。

    簡単な違いを挙げると、以下になります。

    • 「Do it 500」は口座なしで利用できるが、「きらやかWebカードローン」は口座が必要
    • 金利の低さは「きらやかWebカードローン」のほうが有利、しかし審査条件が厳しめ
    • 申し込みの手間が少なく、気軽に利用しやすいのは「Do it 500」
    • 審査にかかる時間は、「Do it 500」のほうが若干短い
    • 専業主婦、年金受給者、学生は「Do it 500」であれば利用可

    上記をご覧いただくとわかるように、きらやか銀行の預金口座をお持ちの方以外は、「Do it 500」を選んだほうが、よりスムーズに融資を受けることができます。

    この記事では、きらやか銀行カードローン Do it 500に絞って解説していきましょう。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    Do it 500は金利等のスペックは、ごく一般的な水準であるかわりに口座レス&来店不要の手軽さや柔軟審査(保証会社が消費者金融系のSMBCコンシューマファイナンス)の特徴があります。 きらやかWebカードローンは、きらやか銀行の口座が必須である反面、銀行カードローンとしては破格の低金利が魅力です。 特に給与振込や公共料金の引き落とし等を利用しているなら最大年2.0%の金利優遇を受けられるというサービスぶりとなっています。 審査はDo it 500よりも若干厳しめと推測されますが、リトライサービス(最大2社の保証審査が受けられる)があるので、借入を急がないならチャレンジしても良いでしょう。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    大手銀行カードローンときらやか銀行カードローンの違いを徹底比較

    きらやか銀行カードローン Do it 500は、申し込み時のスムーズさが特徴のカードローンです。しかし、「他社と比べてメリットの大きいほうを利用したい」という方もいらっしゃるでしょう。

    そこで、他社との違いを一覧で確認してみたいと思います。下記の表をご覧ください。

    きらやか銀行カードローン「Do it 500」と他社カードローン比較一覧
    カードローン名金利利用限度額口座開設毎月の最低返済額提携ATM
    利用手数料
    きらやか銀行カードローン「Do it 500」年4.8%~14.6%最大500万円不要10,000円原則有料
    (110円~220円)
    みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%※1最大800万円必須
    (同時申込可)
    2,000円原則有料
    (110円~220円)
    三井住友銀行 カードローン年1.5%~14.5%10万~800万円不要2,000円原則無料
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」年1.8%~14.6%最大500万円不要2,000円※2無料
    りそな銀行カードローン年1.99%~13.5%※10万円~800万円必須10,000円有料
    (110円~220円)
    イオン銀行カードローン年3.8%~13.8%最大800万円不要1,000円イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

    ※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です
    ※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
    ※2.借入利率が年8.1%超の場合

    ※2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資が不可となりました。これはきらやか銀行カードローンだけでなく、大手を含む銀行カードローンすべてが対象となります。

    他社と比較した際、きらやか銀行カードローン Do it 500をあえて選ぶべき理由を挙げると、「普段からきらやか銀行ATMをよく利用する」という場合でしょう。

    なぜなら、きらやか銀行カードローン Do it 500は、ゆうちょATMやセブン銀行ATMで利用するよりも、きらやか銀行ATMで利用したほうが手数料を節約できるからです。

    カードローンは最低毎月1回以上返済する必要がありますから、提携ATMを何度も利用することで、手数料がかさんでしまう場合があります。

    したがって、普段からきらやか銀行のATMを利用している方のほうが、あえてきらやか銀行カードローン Do it 500を選択するメリットは大きいでしょう。

    きらやか銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

    きらやか銀行カードローン Do it 500は、口座開設不要で利用でき、日常的に活用しやすい商品です。

    しかし、当然ながら万能というわけではないため、弱点も存在しています。きらやか銀行カードローン Do it 500の強み、弱みを比較していきましょう。

    きらやか銀行カードローンの強み

    きらやか銀行カードローン Do it 500の強みは、以下2つです。

    • 口座開設不要、来店不要で手続きを完結できる
    • 専業主婦、学生、年金受給者でも利用可能

    ▼年金受給者がお金を借りる方法について詳しくはこちらの記事をチェック

    特に、「口座開設不要、来店不要」で利用することのできるカードローンは、地方銀行の中では非常に少ないです。

    これらのポイントは、利用者の手間にも大きく影響する部分ですから、きらやか銀行カードローン Do it 500の重要な強みだといえます。

    きらやか銀行カードローンの弱み

    逆に、きらやか銀行カードローン Do it 500の弱みは、以下3つです。

    • 契約書類が郵送となってしまうため、融資までに時間がかかる
    • 銀行カードローンの中では標準的な金利
    • 提携ATMを利用する際、所定の手数料がかかる

    特に注目すべきは、「契約書類が郵送となり、融資までに時間を要する」というポイントでしょう。

    きらやか銀行カードローン Do it 500は、審査は比較的早いといわれていますが、契約をインターネット上で行うことはできず、郵送を介して契約書類の提出が必要です。

    つまり、実際の融資は契約書類がきらやか銀行に到着した後に送付される、ローンカードを受け取りしてからになってしまうのです。

    申し込みから融資までには最短1週間※程度を要しますので、お急ぎの方は注意しておく必要があるでしょう。※審査にかかる時間によって異なります。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    きらやか銀行のカードローンで唯一惜しまれるのは郵送による契約が必須である点です。 ※Do it 500 きらやかWebカードローンのいずれも郵送必須 きらやか銀行から郵送された契約書に記入して返送するため、郵送往復分の日数が必要となってしまいます。 銀行カードローンでは、郵送も不要とする「WEB完結」が最新トレンドですので、「来店不要(郵送は必須)」レベルにとどまるのは残念ポイントと言えます。 ただし明確な弱点となりうるのは「郵送必須」の一点ですので、それさえクリアしていれば誰にでも安心してお勧め可能です。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    FPが教えるきらやか銀行カードローンに向いている人・向いていない人

    きらやか銀行カードローン Do it 500にはメリットとデメリットがあるため、選択する際には、ご自身に向いているかどうかをチェックしておかなければなりません。

    きらやか銀行カードローン Do it 500に向いている人、向いていない人を簡単にまとめていきましょう。

    向いている人

    きらやか銀行カードローン Do it 500に向いている人は、以下に該当する方です。

    • 居住地が山形県もしくは宮城県で、かつ近隣にきらやか銀行ATMがある
    • 店舗へ行かずカードローンを契約したい
    • 職業属性が、専業主婦、年金受給者、学生など

    きらやか銀行カードローン Do it 500は、来店不要で契約可能となっている商品ですので、口座を開設したり、最寄り店へ出向いたりといった手間がありません。

    したがって、スムーズに申し込みを完了することができます。加えて、審査の申し込み条件も広いので、どのような方でも気軽に申し込みできる商品だといえます。

    向いていない人

    対して、きらやか銀行カードローン Do it 500に向いていない人は、以下に該当する方です。

    • できるだけ早く融資を受けたい
    • 提携ATMの手数料を節約したい

    では、きらやか銀行カードローン Do it 500に向いていない人に適したカードローンは、どのような商品なのでしょうか。

    FPの見解から、優秀なカードローンを1つだけ厳選するとすれば、三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」をおすすめします。

    三菱UFJ銀行カードローンは複雑な手続きがなく、できるだけ早めに融資を受けたいという方におすすめのカードローンです。

    きらやか銀行カードローンの必要書類

    きらやか銀行カードローン Do it 500の必要書類は下記のとおりです。

    きらやか銀行カードローン Do it 500必要書類一覧

    本人確認書類

    健康保険証※、運転免許証、パスポートなど

    収入証明書類(申し込み金額が310万円以上の場合)

    源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書、納税証明書、所得証明書、確定申告書などいずれか1つ

    きらやか銀行カードローンで最短融資を受ける方法

    きらやか銀行カードローン Do it 500は、インターネットや電話などの方法で申し込みできますが、最短で融資を希望する場合は「インターネット申し込み」を選択しましょう。

    ここでは、きらやか銀行カードローン Do it 500で最短で融資を受ける方法をご説明します。

    即日融資の可否と審査スピード

    結論からいうと、きらやか銀行カードローン Do it 500で即日融資を受けることはできません。

    なぜなら、大手を含むすべての銀行カードローンは、2018年1月より即日審査・即日融資が受けられなくなったからです。これにより、申し込み当日に融資が可能なのは、消費者金融のみとなります。


    即日審査が不可となったことに伴い、当面の間は審査に要する時間も読めないのが現状です。

    また、きらやか銀行カードローン Do it 500は、審査終了後に契約書類を郵送でやりとりする必要もあります。審査は急ぎ対応してくれるものの、2018年1月以降は審査にかかる時間は未定です。そのため、「どうしても今日中に借りたい」という方には適していません。

    最短で融資を受ける方法と流れ

    きらやか銀行カードローン Do it 500で最短で融資を受けるには、インターネット申し込みを利用することです。

    きらやか銀行カードローン Do it 500最短で融資を受ける流れ

    1. STEP.1

      公式ホームページから審査を申し込みする

    2. STEP.2

      審査の実施

    3. STEP.3

      審査の完了

    4. STEP.4

      契約書類の発送

    5. STEP.5

      契約書類を受け取り、必要事項を記載する

    6. STEP.6

      契約書類の返信用封筒に必要書類の写しを同封し、返送する

    7. STEP.7

      契約書類がきらやか銀行に到着し、問題無ければローンカードが発送される

    8. STEP.8

      後日ローンカードを自宅で受け取りし、ATMで現金を引き出す

    ※ローンカードの到着目安は、契約完了後1~2週間程度となります。

    きらやか銀行カードローンの審査を通りやすくするコツ

    きらやか銀行カードローン Do it 500の審査は、専業主婦や年金受給者でも通過できる基準となっています。

    したがって、記入フォームを正確に記載するようにさえすれば、審査に通過できる可能性は高いでしょう。

    きらやか銀行カードローンの返済方法

    きらやか銀行カードローン Do it 500でお金を借りた後は、毎月最低1回以上返済を行う必要があります。きらやか銀行カードローン Do it 500の返済方法をご説明します。

    返済方法と期日

    きらやか銀行カードローン Do it 500の返済方法は「ATM返済」です。返済期日は15日で、1~15日の間にATMから返済を行います。

    返済で利用可能なATM

    きらやか銀行カードローン Do it 500を返済できるATMは下記のとおりです。

    きらやか銀行カードローン Do it 500返済可能ATM

    • きらやか銀行ATM
    • 山形銀行ATM
    • ゆうちょATM
    • セブン銀行ATM

    ※提携先により、110円~220円の利用手数料がかかる場合があります。

    まとめ

    きらやか銀行カードローン Do it 500は、素早い審査が魅力の商品です。カードローンを利用する際は返済シミュレーションを行い、借りすぎてしまわないよう活用してください。

    ファイナンシャルプランナー
    監修者 武藤 英次の一言コメント!
    カードローンを上手に使いこなすために、手数料無料で利用できるATMは重要な存在です。 手元のお金に余裕が出来たタイミングでサッとATMで返済できたなら、完済までの期間を短縮しやすくなり、支払利息も大幅に節約可能です。 コンビニやゆうちょ銀行のATMが無料で利用できたなら非常に便利ですが、残念ながら有料の扱いとなっています。 しかしながらきらやか銀行には「ふるさと山形ネットサービス」という武器があります。 きらやか銀行の他、山形銀行、荘内銀行のATMも相互に自行のATMと同様の条件で利用できます。 便利に使える提携ATMが近くにないか、チェックしてみて下さい。

    武藤 英次さん

    武藤さん

    きらやか銀行カードローンの電話確認実施内容

    「Webカードローン」と「Do it 500」の大まかな違いを教えてください。
    「Webカードローン」はきらやか銀行の口座をお持ちの方向け、「Do it 500」は口座不要で利用可能な商品となっております。その他、商品内容等異なる部分がございますので、詳しくは公式ホームページをご覧くださいませ。
    きらやか銀行カードローン Do it 500の融資までの流れを教えてください。
    まず、仮審査をお申し込みいただき、審査を完了次第、契約書類をご自宅にお送りいたします。契約書類をご記載いただき、必要書類を同封の上ご返送ください。
    きらやか銀行に契約書類が到着し、内容等に不備が無ければ、ローンカードを発送いたします。ローンカードをお受け取りいただけ次第、ご融資可能となります。
    専業主婦、年金受給者、学生でも利用可能でしょうか。
    「Do it 500」であれば、申し込み可能となっております。
    「Webカードローン」は、原則お勤めの方が対象となっております。
    ローンカードが到着するまで、どのくらいの時間がかかりますか?
    契約完了後、1~2週間程度でお届けいたします。

    地方銀行カードローンの関連記事

    人気カードローンランキング

    プロミス

    • 実質年利:年4.5%~17.8%
    • 利用限度額:最大500万円※
    • 審査時間:最短3分

    アコム

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分

    アイフル

    • 実質年利:年3.0%~18.0%
    • 利用限度額:最大800万円
    • 審査時間:最短20分※
    • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
    • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
    • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

    ランキングの詳細はこちら

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.