Operated by Ateam Inc.

イーデス

香川銀行カードローン「PaPaっとCard」と大手銀行との違いは?

最終更新日:

香川銀行カードローン「PaPaっとCard」と大手銀行との違いは?
カードローン
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

香川銀行は、香川県の第二地方銀行として機能しており、県内のほかに四国の各県や中国地方、大阪府や東京都にも支店を持つ銀行です。

その香川銀行が提供しているカードローンが「PaPaっとCard(パパットカード)」と住宅ローン利用者専用カードローン「家っとカード」です。

PaPaっとCard(パパットカード)は条件次第でネットで手続きが完了しますし、借入限度額50万円までなら所得証明書もいらないのです。

その名のとおりパパッと簡単に使える「PaPaっとCard(パパットカード)」について、詳しく紹介していきます。

飯田道子さん

飯田 道子 / ファイナンシャルプランナー

【専門家の解説】

ユニークなネット支店名を持つことで有名な香川銀行は、香川県に本店を構える地域密着型の第二地方銀行です。カードローンのラインナップは一般向けのものと、香川銀行で住宅ローンを借り入れている人を対象とした2種類があります。今回は、一般向けのカードローンである、「PaPaっとCard(パパットカード)」を取り上げて解説していきます。

気になる内容をタップ

香川銀行カードローンはどんなローン?

こちらでは、「PaPaっとCard(パパットカード)」の特徴や、借入限度額と金利について説明します。

香川銀行カードローン「PaPaっとCard(パパットカード)」の特徴

「PaPaっとCard(パパットカード)」は、申込みをしてから最短で翌日に融資を受けられる便利なカードローンです。

こちらの申込みについては簡単で、香川銀行の口座を持っていれば、インターネットで手続きをすべて完了させられます。

そして、パートやアルバイトの人だけではなく、専業主婦(夫)や年金受給者も利用できます。その他、会社代表者や個人事業主も、事業以外の個人的な利用ならOKです。

▼年金受給者がお金を借りる方法について詳しくはこちらの記事をチェック

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
ネットで24時間365日申し込むことができ、融資限度額は10万円から300万円まで。金利は、7.000%~14.600%となっており、借入限度額によって、適用される金利は異なります。ただし、それぞれの限度額に金利の幅があります。最高で5.0%程度の差があります。また、主婦や年金受給者、個人事業主なども利用できるなど、幅広い層に対応しています。

飯田道子さん

飯田さん

香川銀行カードローン「PaPaっとCard(パパットカード)」の借入限度額と金利

「PaPaっとCard(パパットカード)」の借入限度額は300万円で、少額からある程度まとまった金額にまで対応しています。
金利は年7.0%~14.6%です。

香川銀行「PaPaっとCard」の限度額と金利
限度額金利
10万円年12.5%~14.6%
10万円超30万円以下年11.0%~14.6%
30万円超50万円以下年10.0%~14.6%
50万円超100万円以下年9.6%~14.6%
100万円超200万円以下年8.55%~11.5%
200万円超300万円以下年7.0%~11.0%

次の章では、「PaPaっとCard(パパットカード)」と大手銀行の主なカードローンについて、どのような点が違うかを比較していきます。

大手銀行カードローンと香川銀行カードローンの違いを徹底比較

香川銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン名金利利用限度額審査スピード口座開設毎月の最低返済額提携ATM
利用手数料
香川銀行カードローン「PaPaっとCard」年7.0%~14.6%300万円-必須5,000円原則有料
(110円~220円)
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%※1最大800万円最短当日※2必須
(同時申込可)
2,000円原則有料
(110円~220円)
三井住友銀行 カードローン年1.5%~14.5%10万~800万円最短当日※不要2,000円原則無料
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」年1.8%~14.6%最大500万円最短即日不要2,000円※3無料
りそなプレミアムカードローン年1.99%~13.5%※10万円~800万円最短翌営業日※必須10,000円有料
(110円~220円)
イオン銀行カードローン年3.8%~13.8%最大800万円-不要1,000円イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

※上記手数料は消費税10%込みの料金表示です.
※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※2.みずほ銀行の口座を持っている場合は最短当日~1週間程度、持っていない場合は2~3週間程度かかります。
※3.借入利率が年8.1%超の場合

※2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資が不可となりました。これは香川銀行カードローンだけでなく、大手を含む銀行カードローンすべてが対象となります。

では、「PaPaっとCard(パパットカード)」について、主な違いを大手銀行カードローンと比較してみましょう。

大手銀行のカードローンと比べて、金利は特別優秀ということはなく標準的と言えます。限度額も最大500万円となっており、平均借入額が10万円以下の方が多いという統計から言えば充分な水準です。金利・限度額面は地方銀行だからといって使いづらいことはないでしょう。

ただ、銀行カードローンのため、即日での融資に対応していないという利便性の低さは否めません。

次の章では、「PaPaっとCard(パパットカード)」が持っている強み、そして弱みについても説明していきます。

香川銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

香川銀行カードローン「PaPaっとCard」のメリット・デメリット
メリットデメリット
融資限度額は年収の1/2までが限度香川銀行の営業エリア内(東京支店・セルフうどん支店除く)に居住・勤務している人しか申し込めない
おまとめ、借り換えにも対応金利の詳細は審査結果が出ないとわからない
会社代表者・個人事業主も利用可能香川銀行の口座開設が必要
利用年齢の上限が65歳まで※400万円以上借入の場合、翌日融資を受けられない
パート・アルバイト、年金受給者、学生も利用OK年金受給者、パート・アルバイト、専業主婦は融資限度額100万円まで
配偶者に安定した収入がある主婦も利用できる学生はアルバイトをしていることを前提とし、融資限度額10万円まで

※申込金額が200万円以上の場合は、満60歳以下の方が対象

「PaPaっとCard(パパットカード)」を利用するとき、強みと弱みを両方理解しておく必要があるでしょう。それぞれについて、詳しく見ていきます。

香川銀行カードローン「PaPaっとCard(パパットカード)」の強み

幅広い利用者に門戸を開いている

「PaPaっとCard(パパットカード)」は、パートやアルバイトの人、年金受給者や学生、配偶者に安定した収入のある専業主婦も利用できます。

会社の代表者や個人事業主も、事業資金以外の目的であれば利用が可能です。

対象者年齢の上限が高め

「PaPaっとCard(パパットカード)」利用できる年齢の上限が68歳までと高めです。
そのため、これまで年齢制限でカードローンを利用できなかった人も安心です。

香川銀行カードローン「PaPaっとCard(パパットカード)」の弱み

香川銀行の該当エリアに在住、または勤務している人が対象

ご利用には、香川銀行の営業エリア内に住んでいる、または勤務している人が対象となります。

具体的な営業エリアは、香川県内を始め四国各県の一部、岡山県や広島県、大阪府の一部の地域となります。東京都に支店はありますが、東京都の人は対象外です。

さらに、店舗を持たないセルフうどん支店を利用している人も申込みできません。

金利が明確ではない

金利については、各借入限度額の中でも幅があり、審査によって決定することとなります。
審査を受ける前にはっきりした金利が把握できないと、若干不安になってしまうでしょう。

借入限度額400万円以上の場合には、手続きに時間がかかる

「PaPaっとCard(パパットカード)」では、早くに融資が受けられるのが強みですが、融資限度額が400万円を超える場合には、所定の手続きを行う必要があります。

融資限度額が400万円を超える場合には、さらに、融資までの時間がかかるとみてください。

パート、アルバイト他、借入限度額に制限あり

年金受給者、パート・アルバイト、専業主婦の人は融資限度額100万円まで、学生はアルバイトをしていることが前提で10万円までという制限があります。

以上の内容を踏まえて、「PaPaっとCard(パパットカード)」の利用にはどのような人が向いているか、また向いていないのはどのような人かを見ていきます。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
香川銀行のカードローンのメリット・デメリットを表にまとめていますので、確認して下さい。特筆すべきメリットは、おまとめや借り換えに対応しているという点です。おまとめで限度額300万円は少ない印象があるかもしれませんが、他社で300万円借りられたということは、およそ900万円の年収があるということ。まとめることで、生活が立て直しやすくなると思われます。デメリットとしては、属性によって借入制限額が制限される点です。

飯田道子さん

飯田さん

FPが教える香川銀行カードローンに向いている人・向いていない人

香川銀行カードローン「PaPaっとCard」に向いている人、向いていない人
向いている人向いていない人
香川銀行の営業エリア内(東京支店・セルフうどん支店除く)に居住・勤務している人香川銀行の営業エリア内(東京支店・セルフうどん支店除く)に居住・勤務していない人
香川銀行の口座を持っている人香川銀行の口座を作るのが面倒な人
インターネットで手続きを完結させたい人即日融資を受けたい人
おまとめ、借換を検討している人融資限度額に応じた金利を審査前に知りたい人
会社代表者・個人事業主の人で個人的に融資を受けたい人融資限度額400万円以上で翌日融資を受けたい人
パート・アルバイト、年金受給者、学生の人年金受給者、パート、アルバイト、専業主婦で100万円より多く借入れたい人
配偶者に安定した収入がある主婦の人学生で10万円より多く借入れたい人
早めに融資を受けたい人融資希望金額200万円以上で61歳以上の人

こちらでは「PaPaっとCard(パパットカード)」を利用するのに向いている人、向いていない人について挙げていきます。

向いている人

「PaPaっとCard(パパットカード)」の利用に向いているのは、以下のような人です。

できる限り早く借入したいという人

「PaPaっとCard(パパットカード)」は、ローンカードがなくても借り入れできるのがメリットです。

そのため、カードの到着を待たずにできるだけ早く借りたいという人に向いています。
最短で契約完了の翌日借り入れも可能です。

おまとめ返済を考えている人

複数のカードローンの返済を行うのは面倒なものでしょう。

「PaPaっとCard(パパットカード)」なら、おまとめや借換にも対応しているので、現在いくつかのカードローンを利用している方におすすめです。

向いていない人

一方、香川銀行の口座を持ってない人は「PaPaっとCard(パパットカード)」の利用には向いていないといえます。
他の銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

数あるカードローンから優秀な商品を1つ厳選するならば、三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」をおすすめします。

1級ファイナンシャルプランニング技能士
監修者 飯田 道子の一言コメント!
香川銀行のカードローンに向いている人は、セルフうどん支店を除いた営業エリアに住んでいる、勤務している人。香川銀行で取引がある人です。その他にも、借り換えを検討している人にもおすすめと言えます。向いていない人は、即日融資を受けたい人、学生でアルバイトをしていて年収が高く、10万円を超えて借り入れを希望する人などです。これらの人は、銀行よりも消費者金融の方が向いていると言えるでしょう。

飯田道子さん

飯田さん

「PaPaっとCard(パパットカード)」に申込んでみようと思った人は、次の章で必要書類について参照してください。

香川銀行カードローンの必要書類

「PaPaっとCard(パパットカード)」の申し込みに必要な書類は、運転免許証かパスポート、健康保険証※、住基カードといった本人確認書類です。

※保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングして提出ください。

インターネットで手続きを完結させる場合、これらのいずれかの書類を画像でアップロードすればOKです。

店頭もしくは郵送で申し込む場合、本人確認書類を表・裏ともにコピーして、申込書と一緒に提出します。

借入限度額400万円以上の場合は、これらの書類に加えて所得確認資料も必要です。

では次に、少しでも早く融資を受けるための方法を紹介します。

香川銀行カードローンで最短融資を受ける方法

「PaPaっとCard(パパットカード)」で最短で融資を受けるためには、どのような方法があるでしょうか。

即日融資の可否と審査スピード

先述のとおり、「PaPaっとCard(パパットカード)」では、即日融資には対応していません。

なぜなら、大手を含むすべての銀行カードローンは、2018年1月より即日審査・即日融資が受けられなくなったからです。これにより、申し込み当日に融資が可能なのは、消費者金融のみとなります。


また、即日審査が不可になったことに伴い、当面の間は審査に要する時間も読めないのが現状です。

上記を踏まえたうえで、「PaPaっとCard(パパットカード)」を利用するうえで、最短で融資が受けられる方法をみていきましょう。

最短で融資を受ける流れ

「PaPaっとCard(パパットカード)」で、最短で翌日融資を受けるには、香川銀行の口座を持っていることが条件となります。パソコンやスマートフォンから「インターネット申し込み」をしましょう。すべての手続きをWEBで完結させることが、最短で融資を受ける方法といえます。


「インターネット申し込み」で融資を受ける流れは以下の通りです。

  1. STEP.1

    香川銀行のホームページから「PaPaっとCard(パパットカード)」のページにアクセスする

  2. STEP.2

    「当行口座をお持ちの方はこちら」というボタンをクリック

  3. STEP.3

    申し込み内容を入力して送信(仮審査の申し込み完了)

  4. STEP.4

    登録のメールアドレスに届くURLから審査結果を確認

  5. STEP.5

    ローンカード暗証番号を登録

  6. STEP.6

    本人確認資料をアップロード

  7. STEP.7

    登録のメールアドレスに契約専用サイトのURLが届く

    (契約手続きをする→契約完了)

  8. STEP.8

    ご利用開始※(お手持ちのキャッシュカードでご利用可能)

  9. STEP.9

    登録後1週間程度で、専用ローンカードが到着

※ご利用の開始は、原則、同意クリックの翌営業日となります。申し込み状況の混み具合によってはお時間がかかる場合があります。

この流れを把握したら、次は審査通過のポイントをみていきましょう。

香川銀行カードローンの審査を通りやすくするコツ

「PaPaっとCard(パパットカード)」の審査に少しでも通りやすくするために注意するべき点とは何でしょうか。

「PaPaっとCard(パパットカード)」は銀行カードローンですから、審査は若干厳しくなると思われます。

過去にローンやクレジットカードの返済、携帯電話の利用料金の支払いなどについて延滞したことがある人は、審査に通るのが厳しくなってしまうかもしれません。

申込みの際には、収入に見合わない多額を希望するのではなく、自分の収入と無理のない返済計画を照らし合わせた適切な金額で申込むのが、コツの1つです。

申込み内容を申請する際も、記載漏れや虚偽の内容などがないように、正直に申請することが大切です。

これらの注意点を踏まえて、無事審査に通過すれば「PaPaっとCard(パパットカード)」の利用が可能になります。

次の章では、返済の方法について説明しています。

香川銀行カードローンの返済方法

「PaPaっとCard(パパットカード)」の返済方法や利用可能なATMは、以下のようになっています。

返済方法と期日

「PaPaっとCard(パパットカード)」の返済方法は、基本的には毎月の返済日に借入限度額に応じた返済額を口座から引き落とされる形となります。

毎月の返済日は毎月4日・14日・24日から、自分の都合のいい日を選ぶことが可能です。

ただし、インターネットで手続きを完了させた場合は、毎月の返済日は4日のみとなります。
これ以外に随時返済も可能です。

返済で利用可能なATM

「PaPaっとCard(パパットカード)」の返済で利用できるATMは、香川銀行のATMをはじめ、セブン銀行やイオン銀行、ゆうちょ銀行ほか各提携金融機関ATMを使うことができます。

香川銀行を利用できるATM一覧
ATM返済可能時間
香川銀行店舗による
セブン銀行平日:7:00~22:00

土日祝:7:00~21:00

イオン銀行平日:8:00~22:00

土日祝:8:00~21:00

ゆうちょ銀行8:00~21:00
各提携金融機関店舗による

まとめ

「PaPaっとCard(パパットカード)」は、簡単に申込みができて、融資までのスピードも最短で翌日と使いやすいカードです。

香川銀行の口座があれば面倒な手続きが必要なく、気軽に申込みができるのです。
香川銀行の営業エリア内に居住・勤務している人には便利に使えるカードローンでしょう。

地方銀行カードローンの関連記事

人気カードローンランキング

プロミス

  • 実質年利:年4.5%~17.8%
  • 利用限度額:最大500万円※
  • 審査時間:最短3分

アコム

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分

アイフル

  • 実質年利:年3.0%~18.0%
  • 利用限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短20分※
  • プロミス※融資時間:申込時間や審査により希望に沿えない場合があります。無利息期間:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。新規契約時の融資上限:本審査により決定となります。18歳、19歳の申込みについて:申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
  • アコム※融資時間:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • アイフル※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。

ランキングの詳細はこちら

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.